【英語訳】社説 朝日新聞 2015.7.25
Mr. Tsurumi Past
Ideas Formed in His Every Actions
on the Editorial of the Rising Sun (Asahi Shimbun, Osaka, Japan)
on 25th July 2015

In a summer when the government of Abe promotes of the bills related to the security, which is trying to turn the path that the post-war Japanese come through steping greatly, Mr. Tsurumi Shunsuke has gone from the world, was 93 years old.
At his speakings and writings by his leberal stand points, given to the post-war thoughts and civilisation a great influence, the philosophist and the critic, who was an intellectual carried through a posture to act for antiwar and peace.
Mr. Tsurumi, at diverse actions, had come through carrying on the central roles: the magazine "Science on Ideas"; "The Assembly of Voiceless Voices" out of citizens which was created since the opposition movement from the '60 securities; "The United Citizens――A Peace in Vietnam! (The United for a Vietnamese Peace)"; "The Assembly for the Article Nine" to keep the Constitution; the motion for getting rid of the atom-genes after the 3.11.
What had been consistent, it is his posture to conceive, to act for an individual, never relied on any specific subject or faction.
On its base, he had his experience and memories on the war.
At his studying stayed in the US Japan and the US started the war, he had gone back home by an exchanges ship for the time of wars, thereafter he had left belonged to the force southward, spent routines felt the "death" closer. To the afters, told "The unexpected that I had not killed anyone", he had seen it an "indebted" him never to show at the war his volition for antiwar by any action. Thereat he had disclosed his incongruous feels of the post-war intellectuals.
He criticised most of them to get on the US policy of the occupation to see that the war there was what some part of the military factions had led, no responsibilities on the people of the nation, "So never grown was any self-consciousness that it is the war any oneself given".
Concluded that it is the "paper tiger of championship on the Constitution" to consider leant on the post-war Constitution that the democracy's established, preached that the democracy is "what exists for a target", so what to carry on any movement to go toward there is some belief as a personal.
Looked out what some part of persons get tractive about the mass at their "absolute righteousness", made some expectations on the "commons gathered like crows", which will get to be some strength as thoughts, by being conscious of its meaning, as any people broken. He had told that the "solidity like an iron" will be going to weaken any ability to consider.
As those are his utterances over 10 years past, to consider of the social situations now, its ideas are rising an importance.
On the politicians seized the authority, has recited about "righteousness" on themselves. Still, on some actions out of the citizens confronted such the politics so seen there is some clear changes.
Against the bills on the security, nationwide have many peoples extended followingly at streets some protestant actions. On a swell of the citizens spreaded by nets, different with such as the former strife on the security, is not the similar to character as factials or as organisation.
At any action thirsted for democracy, moving by thinking on any oneself of everyone, there breathed is the ideas of Mr. Tsurumi.


 安倍政権が安全保障関連法案を強行に推し進め、戦後日本が歩んできた道筋を大きく変えようとしている夏に、鶴見俊輔さんが世を去った。93歳だった。
 リベラルな立場からの発言と執筆で、戦後の思想や文化に大きな影響を与えた哲学者で評論家、反戦平和のために行動する姿勢を貫いた知識人だった。
 雑誌「思想の科学」、'60年安保の反対運動から生まれた市民たちの「声なき声の会」、「ベトナムに平和を!市民連合(ベ平連)」、憲法を守る「九条の会」、3.11後の脱原発の動き。鶴見さんは様々な活動で中心的な役割を担ってきた。
 一貫していたのは、特定の主義や党派によらず、個人として考え、行動する姿勢だ。
 その基底には、戦争の体験と記憶があった。
 米国留学中に日米開戦、戦時交換船で帰国したのち、軍属として南方に赴き、「死」を身近に感じる日常を送った。後々まで、「僕が人を殺さなかったのは偶然」と語り、戦中に反戦の意志を行動で示さなかったことを「負い目」としていた。
 同時に、戦後の知識人への違和感も隠さなかった。
 あの戦争は一部軍閥が指導したものであり、国民に責任はないとする米国の占領政策に大半の知識人がのり、「自分たちがやった戦争だという自覚が育たなかった」ことを批判した。
 戦後の憲法に寄りかかって民主主義が成立したと考えるのは「はりぼての護憲」だと断じ、民主主義とは「目標としてあるもの」で、そこに向かう運動を担うのは私的な信念であると説いた。
 一部の者が「絶対的な正しさ」で大衆を引っ張ることを警戒し、「烏合の衆」に期待をした。違う考えを持つ、バラバラな人々が、そのことを自覚することで、思想的な強さになるのだと。「鉄の団結」は考える力を弱めてゆくとも語っていた。
 10年以上前の発言だが、今の社会状況を考えると、その理念は重みを増している。
 権力を握る政治家たちは、自分たちの「正しさ」ばかりを唱えている。だが、そんな政治に向き合う市民の行動には明らかな変化が見える。
 安保法案に対して、全国で多くの人びとが街頭で抗議行動を繰り広げている。ネットを介して広がる市民のうねりは、かつての安保闘争などと違い、党派性や組織性とは縁遠い。
 一人ひとりが自分の思いで動き、民主主義を渇望する行動の中に、鶴見さんの思想が息づいている。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
  ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-07-27 14:43 | 文明論 | Comments(0)
<< 【調布空港墜落】小型機が「ヒュ... 「え~…」(言い淀み)の多さの... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-14 04:28
【追悼】辰濃和男 元朝日新聞..
at 2017-12-13 23:31
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-12 22:48
【書を読む】古谷経衡 「道徳..
at 2017-12-12 17:36
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-06 23:22
【変な言葉】「肉厚ジューシー..
at 2017-12-06 02:12
【書を読む】 ニュースでわか..
at 2017-12-05 23:49
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-12-05 18:58
【Freesia料理】キャベ..
at 2017-11-30 17:22
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-29 02:44
自民山本幸三氏の「あんな黒い..
at 2017-11-28 17:26
【英語訳】中島みゆき 悪女
at 2017-11-28 14:32
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-26 02:49
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-22 03:07
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-21 23:39
つくばエクスプレスの20秒早..
at 2017-11-21 17:56
衆議院の代表質問 立法はそん..
at 2017-11-21 14:32
福岡ソフトバンクホークスの日..
at 2017-11-16 18:25
【日馬富士暴行】外人力士を廃..
at 2017-11-14 21:50
【Freesia料理】冬眠の..
at 2017-11-14 18:20
最新のコメント
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング