【英語訳】春秋 日本経済新聞 2015.9.6

Springs and Autumns
on News of the Japanese Economy (NIKKEI, Tokyo, Japan)
on 6th September 2015

The chaturanga handed down in India since the old, it is the on-the-board game seen the original type of the shogi and the chess. A charmingly profound is a tradition told on its beginnings. Once, before a king fond of wars a sage visited, showed this game. The king gotten there absorbed lost any mind to do any real wars, upon the earth visited a peace and a prosperity.
▼As the king proposed to offer some reward, the sage answered, "It likes to have some rice above the chaturangas board. So as 1 grain onto the 1st square, 2 grains onto the 2nd square, 4 grains onto the 3rd square". First the king as admired "What a humble request it shall be", tried to begin putting the rice grains onto, he turned pale as soon, because it came to expand since the half way into an excessive amount.
▼The chaturangas board as 64 squares in 8×8, which to get on the last 64th square the rice grains as the number far exceeds 1 trillion. Even if the rate of its variances is the regular on, as it follows ranges on the variances reaches some dizzy scale, means to see well. Of course, at the actual world any multiplyed game to continue long should be had seldom. Only, "The Moore's law" on the semiconductors may differ as some charm to.
▼Capacity of semiconductors tips gets by 2 years roughly double――The 1965's where Mr. Gordon Moore thereafter to be the co-founder of the Intel company published his thesis to be the base of this forecast. A half century since there, the semiconductors industries should have come through attaining by its forces roughly as well as the forecast technological innovations. Now possibility on its change should be the gigantic, so predictable.


 インドに古くから伝わるチャトランガは、将棋やチェスの原型とされる盤上ゲームだ。その始まりにまつわる言い伝えが味わい深い。昔、戦争好きの王のもとを賢者が訪れ、このゲームを教えた。夢中になった王は本当の戦をする気を失い、地には平和と繁栄が訪れた。
▼何か褒美を与えようと申し出た王に、賢者は答えた。「チャトランガ盤の上にコメをいただきたい。1マス目に1粒、2マス目に2粒、3マス目に4粒というように」。はじめ王は「何とつつましい求めだ」と感心したが、実際にコメ粒を置き始めてみて、やがて青ざめた。途中からとんでもない量に膨れあがったからだ。
▼チャトランガ盤は8×8の64マス、最後の64マス目には1兆をはるかに超える数のコメ粒になる。変化率は一定でも、それが続くと変化の幅は目もくらむ規模に達することが、よくわかる。もちろん、現実の世界で倍々ゲームが長続きすることはめったにない。ただ、半導体に関する「ムーアの法則」はひと味違うらしい。
▼半導体チップの性能は2年ごとにほぼ倍になる――のちにインテル社の共同創業者となるゴードン・ムーア氏がこの予測のもとになる論文を発表したのは1965年のこと。それから半世紀、半導体産業はほぼ予測通りの勢いで技術革新をなし遂げてきたそうだ。いまや変化の幅はとてつもないものだと、推測できる。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-09-07 15:34 | 文明論 | Comments(0)
<< 【英語訳】日本経済新聞 新 産... 【軽減税率を潰せ/民主党】麻生... >>