【変な言葉】「◯◯の劣化が止まらない」
 直前の記事に菅直人総理の会見における発言の英語訳を載せた。菅総理は、ありがちなようにも見える言葉に允に深い意味があって相変わらず傾聴する。
 菅総理がかつてとは違うのは頭が禿げていることである。禿げといえばANN報道ステーションの火曜日の解説者である朝日新聞の立野純二論説副主幹が今週は頭の手入れのために出演を休み、ショーン・マクアードル川上氏と木村草太准教授がその穴を埋めて出ている。

a0313715_20561385.jpg さて、立野氏の禿げは極めて美しく保たれているのでそのように言われることはなかろうが、菅総理のはそうでもないのでそのように言われかねない昨今の或る言葉がある。それは「劣化」である。
 「菅氏の頭は見た目も中身も劣化している。」など――
 そのような言葉が見受けられるようになっているのは概ね今年2015年になってである。菅政権の頃は勿論、安倍政権になっても初めの二年程の頃にはそんなものはなかった。主にはネットのニュース記事に見られ、時には週刊誌が遣うこともある。新聞やテレビにはないのはまだしもではあるが、週刊誌といって朝日新聞系の週刊朝日などの高級――たるべき――誌にも遣われていたりする。新聞の信用が低まっていてネットが主要の活字メディアとなっている今やネットが人々の言語能力及び言葉の風土に及ぼす影響は大きく、そのような言葉が遣われているのは允に宜しくない。

 新聞には見受けられないと言ったが産経新聞だけはその「劣化」が多く遣われており、産経新聞が陣頭を取ってそれをネットに広めているのではないかとも考えられる。産経は昨年まではマイクロソフトと提携してインターネットのニュースの配信を極めて重視しているので産経の記事の言葉遣いが中小のネット配信の媒体や個人のネット配信者の言葉遣いに影響を及ぼすことは想像に難くない。他の新聞等も人のことを言えないではあろうが、産経新聞の言葉遣いは世界最悪の品質である。それは恐らく、産経の永年の社是である伝統主義が近年は『伝統っぽい 新世紀の産経新聞』に成り下がって単なるファッションとしての保守性というものが商品化している故であろう。ファッションだけならば、馬鹿でも朝でもごまかせる訳である。言葉に関しても同じくある。難しい言葉や古い言葉、専門性を匂わせる言葉をその意味を考えることなく演出としてだけ遣ってみているのである。故に都留文科大学の新保祐司副学長などの記す『正論』の文もまた気色悪くて目にするのも憚られる。所詮は伝統らしいものを片端から朴って売り物にする、佐野研二郎並みの集団なのである。

 それさえも、「産経新聞は劣化しているっていうことですね。」などと屋上屋を重ねられる。尤も、弊ブログも産経新聞を初めから悪いと思っているのではなく、かつては良い新聞であったとは時折に記事に語ってもいる。「劣化」と言って何を言おうとしているのかを推察するには、『従前は良かったが今は悪い』ということであろうし、そのような意味には弊ブログの産経新聞の見方は凡そ一致する。
 然ししばしば遣われる例は:「大島優子の劣化が止まらない」;「松嶋菜々子の劣化に愕然」;「フジテレビの底なしの劣化」;「日本外交の劣化を止める好会談」……
 YAHOO!検索で「劣化」と入れて検索してみると下の箇所の追加検索の候補の欄には
劣化 芸能人  女優 劣化  芸能人劣化  浜崎あゆみ 劣化  経年劣化  キャメロンディアス 劣化  篠原涼子 劣化  藤原紀香 劣化  ブラッドピット 劣化  ララフリンボイル 劣化  で検索
と出る。

a0313715_20455944.jpg そもそも、「◯◯化」と言う表現からして変である。
 ならば「見える化」も変なのかと揚げ足を取られるかもしれないが、『◯◯になる』ことを何でも「◯◯化」と言うことができる訳ではない。「◯◯化」の表現及び語句が成り立つのはそれが或る特定の人(々)の意思とは関わりなく、物事が自ずと或いは或る条件等の下においては必然に変化することをいう場合である。その総称が外でもなく「変化」の語である。意図的に起こして起こることを「変化」とは言わない、それは単なる「作用」であり「効果」、「結果」、「成果」などである。それらには意図的ではなく自ずと起こる変化も含まれる。
a0313715_20485666.jpg 「劣化」とは本来は物が『自ずと劣ってゆく』、『或る条件の下においては必然に劣ってゆく』ことを意味する。人にも自ずとや必然はあるが人については「劣化」とは言えないし事象についても言えない。物理的物だけが「劣化」の語を用い得る対象である。よって「経年劣化」という言葉がある。物についても、既に完成している個々の物の品質が低くなってゆくことをいい、或る事業者の企画や製造の品質の水準や或る社会等や国(々)の生産の水準が低くなってゆくことをいうのではない。『劣』とは『力が少なくなる』と書く。よって例えば馬鹿が悪いものを供することは力が少なくなることではないので「劣化」とはいえない。人も力が少なくなるが、「劣」の字で言うことはできても「化(か)」の字で言うことはできないのが第二の問題である。

a0313715_20511775.jpg 『化』の字は「か」と読む場合は先述のように物や物事が自ずと或いは必然に劣ってゆく――そこに「劣」がつくと物の場合だけ――ことをいうが、「け」と読む場合には人が意図的に物事を変えることをいう。例えば「化粧」や「道化」、「化身」などである。「変化」も人の場合には「へんげ」と読み意味が異なる。さて、「劣」にその「化(け)」を付けて「劣化(れっけ)」という言葉を作ることは可能ではあるが、さて、「大島優子の劣化(れっけ)が止まらない」;「松嶋菜々子の劣化(れっけ)に愕然」;「フジテレビの底なしの劣化(れっけ)」;「日本外交の劣化(れっけ)を止める好会談」……と言うことはできるであろうか? できるのは「日本外交の劣化(れっけ)」だけであり、それも「止める好会談」と言える状況ではないであろう。『化す(けす)』とは意図的に或いはそれが好いという意思を以て演出しまたは行動することをいうのでどう見ても大島優子が劣りたいと思ってしているとか松嶋菜々子がそうであるとは少なくともない。

a0313715_2053149.jpg 私は人を劣っていると言ってはならないとか人を物のように見てはならないなどと思うのではないので――なやったら警察は要らない。――誰かが劣っていると言うことを必ずしも悪いとは思わず、故にもその観点から大島劣化説や松嶋劣化説などを批判するのではない。但しそのように思う人々――彼等が最も畏れ迎合する筈の、――の不快感または非難を招きかねないことではある。
 彼等が『意図している』のは恐らく「J, A-B-E! 劣化したっていいじゃない」、「皆で『劣化』して同じ安倍の貉になろうよ!!」ということなのである。大島や松嶋などを「劣化している」と言って何も貶める『意図』をも込めているのではない。然し高度情報化社会を生きる人々をそのようなない言葉を遣って自分達の世界に引きずり込み感性を押しつけ、下劣で『誇るべき』国を作るのである。彼等は「「劣っている」とは罰当たりな!」などと思う人々とはそのように人間主義、世俗主義においては共通する。伝統とは似ても似つかない。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-09-10 20:53 | 文明論 | Comments(0)
<< 【変な言葉】「今までに経験のな... 【英語訳】朝日新聞 「新しい運... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
福岡ソフトバンクホークスの日..
at 2017-11-16 18:25
【日馬富士暴行】外人力士を廃..
at 2017-11-14 21:50
【Freesia料理】冬眠の..
at 2017-11-14 18:20
左翼;右翼;革新;保守 メデ..
at 2017-11-09 02:19
最も正しい 左翼と右翼の定義
at 2017-11-08 21:57
最も正しい リベラルと保守の定義
at 2017-11-08 18:09
【日US首脳会談】新しい時代..
at 2017-11-07 23:03
【アベノミクス】「政府が株価..
at 2017-11-07 18:44
中高生の乏しい読解力 大人が..
at 2017-11-07 15:31
「あべいっきょうせいじ」――..
at 2017-11-02 20:24
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-11-02 18:54
「おもてなし」と「公」――日..
at 2017-10-31 22:20
【衆議院総選挙2017】若者..
at 2017-10-25 19:28
【衆議院総選挙2017】それ..
at 2017-10-25 16:56
【衆議院総選挙2017】期日..
at 2017-10-22 15:59
【衆議院総選挙2017】「信..
at 2017-10-18 22:38
【最高裁裁判官国民審査】審査..
at 2017-10-18 19:15
【衆議院総選挙2017】報道..
at 2017-10-18 16:16
【衆議院総選挙2017】各党..
at 2017-10-10 19:21
立憲民主党こそが安倍政治であ..
at 2017-10-03 22:03
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング