【考察英語】A or B but do C.
 今日5日の朝日新聞の社説には戦後70年を記念する安倍談話とそれを受けての外務省の対応についての批判がある。
 安倍談話とは即ち演説であるが、最近の英国のガーディアンの記事には演説についての講義がキャメロン総理の演説の妙を参考として語られている。取り分け重要としているのは言葉の拍子、リズムであり、キャメロン総理の演説だけではなくその記事の文さえもがリズムに富むものとなっている。比較的分かり易いのでこの記事の終わりに全文の引用を載せておく。

 さて、その記事のリンクに労働党のジェレミー・コービン代表の演説の全文の引用がある。コービン氏は最近に前任のエドヲード・ミリバンド代表に代わり就任した人であり、『イギリスの国有化』を訴え、アンソニー・ブレア代表及び総理~ミリバンド代表~コービン代表と代わるにつれて左へ左へと変遷している。
 そのコービン氏の演説に、このような一文があるのでそれを主題としたい。
Treat people with respect. Treat people as you wish to be treated yourself. Listen to their views, agree or disagree but have that debate.

 何となく、新約聖書のイエスの言葉の「自分のしてもらいたいと思うことを人にもしなさい。」とパウロの言葉の「求めなさい、そうすれば与えられるであろう。」をリミックスにしているように見える。訳すと「人々を尊ぶ。願わしくすると自らにも(そのように)される。彼等の見方に聴く、好むにせよ好まないにせよ討議をする。」のようになる。何やら、安倍政権の日本の政治におけるディスコミュニケーションを批判しているようにも見える。

a0313715_20394756.jpg 但し、その一文の"Treat", "Listen"と"have"は命令形のように見えるが命令形ではなく、心に留めるべきことを示す、原形不定詞と見做すべきものである。命令形と捉えても差し支えはないが、少なくとも一方的命令ではないことがミソである。

 "to be treated yourself"は何となく面食らう語法ではないか? "yourself"を代名詞と捉えると文法としては成り立たないかのように見える。"yourself"は"treated"の直接目的語であるかのように見えるが受動態には直接目的語はつかない筈である、"Treat people as yourself wish to be treated as well as."となる筈なのではないかと。
 然しその"yourself"は"Once there was a way to get back homeward..."の"homeward"のような副詞であり、それだけで「自らに」を意味する。"myself"や"ourselves"なども同じである。

 次の"Listen to their views, agree or disagree but have that debate."がこの記事の主題である。
 "Agree or disagree but have that debate."、即ち"A or B but do C."とは如何なる意味なのか?
 それは"Either agree(ing) or disagree(ing) can let us have that debate."と言い換えることができる。然し状況における意味合いの若干の違いがある。"Either agree(ing) or disagree(ing) can let us have that debate."は"agree"の場合と""disagree"場合を並べて比較検討しているような感じがあるが、"Agree or disagree but have that debate."はその比較検討は既に済ませてあって後は実際に選んで決めるだけとなっているような感じがある。コービン氏の演説の場合は討議の相手方となるべくある人々を好むか好まないかは各々の年来の政治的感情として既にあるものと見做されているのである。そして何れにせよ、討議をするべしと説くのである。

 もう一つの要点は"but"の意味である。
 "but"はその場合は"not only A but B."の"but"と粗同じように捉えるとよいかと思われる。
 "but"は日本の学校の英語においてはその"not only A but B."を「特殊な用法」として教える外は前後者の背反を表す接続詞と教えられているが基本としての意味は背反だけではなく『前後者の背反が生じる可能性のあること』を表す接続詞である。背反が生じる可能性が一般論としてはあるだけなので、「憲法に違反する可能性が一般論としてはあるがそのような事例は憲法に違反しない」ではないが、背反が全くなくても"but"を用いる場合はある。その一つが"A or B but do C."である。他には文脈や前後の節の表す状況の関係によって読み取るしかないが、"A but B."が「Aであるが(然し)Bである。」ではなく「Aであり而して(しこうして または そして)Bである。」を意味する場合もある。また、"A, but B"のように読点がつくと「Bであるが、Aである。」と前後者の関係は逆となる。
 いわば、"either"の代わりに"but"が両者の比較検討の状況の変化に応じて現れて来ると捉えられる。

 フランス語では"A or B but do C."のような意味合いと"Either A or B makes C."のような意味合いは何れも同じく"Ou A ou B, faites C."/「AにせよBにせよ、Cをする。」或いは"Ou A ou B font C."/「AもBもCとなる。」と言う。"ou A ou B"のように言うフランス語は「AにせよBにせよ」や「AもBも」のように言う日本語とはそこにおいても近いものであるといえる。


the opinion article on The Guardian, 5th October 2015

In need of a perfect conference speech, David Cameron? Here’s the recipe
Simon Lancaster
Monday 5 October 2015 10.00 BST

a0313715_20255350.jpgThis weekend, David Cameron will have been putting the finishing touches to his conference speech. He’ll have been working on it with his advisers over the summer and, along the way, it will have morphed from a bucketload of vomit into something hopefully more suitable for public consumption. Writing a leader’s speech is never easy. Thatcher’s private secretary said the speechwriting process was always chaos: “No one knew what was going on.” Alastair Campbell described lastminutitis at conference, with Tony Blair storming around shouting “Where’s the fucking speech?” The process can seem strange to outsiders, but there is some method behind the madness. Most speechwriters follow a time-tested and simple three-step process for writing speeches that dates back to ancient rhetoric.

The first step is invention: you find an overall theme for your speech. This theme matches the speaker, audience and issue (the ethos, pathos and logos). During this stage of the process, the speechwriter will be subjected to all sorts of helpful suggestions from advisers and adversaries, family and friends. There will be reports to read, samples to sift and the speechwriter must make sense of them. Generally, this involves blankly staring at your screen for several days until suddenly your body goes into spasms. At that point, a single unifying theme arises.

Every great leader’s speech is built around a single brilliant theme. It might be a vision (“the caring society”), a conviction (“yes we can”) or even just a word (“responsibility”). We expect our leaders to show clarity of thought and the speech should reflect that clarity. It’s the theme that will fill the following day’s papers and which represents the point of persuasion on the audience: the force of energy that will transport them from A (where they are now) to B (where the leader wishes them to be).

The theme must be broad enough to encompass all the separate issues a leader’s speech must cover, from defence to economics to public services, and run through the speech like letters in a stick of rock. Cameron is a past master at this – his 10 conference speeches as leader have all been built around themes which had the simple universal charm of a great pop song. His 2009 speech was “Come together”. His 2010 speech was “Power to the people”. We’ve not had “I am a walrus” yet, but never say never.

With the theme in place, the second step of the process is arrangement. This is where all of the pieces of the speech, the proof points, are placed into the most persuasive order. The most famous edict on speechwriting – “Tell ’em what you’re going to tell ’em, then tell ’em it, then tell ’em what you just told ’em” – is complete nonsense. A good speech is structured more like a story, with a beginning, a middle and an end (Jeremy Corbyn’s speech had a beginning, a muddle and an end).

The speech must take people on a journey. That journey might be from the past to the future, from anger to hope, from humour to humility: the point is that there is momentum, something pulling people along. Without any incentive to listen, people will not listen. A good speech usually starts with statements the audience are bound to agree with – universal truths – and moves forward from there. Cameron’s speech will probably start with tributes to the Queen, the armed forces and some feature of our great nation. The idea is that once people start nodding, they will continue nodding. “We believe Britain is a strong country. We believe Britain must be strong in the world. We believe Britain must be strong in the European Union.” Well, you never know.

While organising the structure, the speechwriter will be concerned not just with the text but the texture of the speech: the feel. Stories are always a highlight: the bits when the audience become most receptive. But, to work, those stories must be authentic – not like Ed Miliband’s hopeless efforts. Cameron is great at this: he tells deeply personal stories, about grief and love. These stories are incredibly persuasive. I remember being moved to tears when I heard him talk about his son Ivan’s death in 2009, but that might have been because I was suffering sleep loss from my own young baby at the time. The fact is, neuroscientists have shown that when we listen to stories, we experience higher levels of oxytocin and cortisol, making us far more suggestible. These are the strongest parts of a speech.

The third step of the process is style. This is the stage at which large chunks of text will be hacked out mercilessly and the draft will be adapted to the speaker’s voice. Cameron has a very straightforward style. It’s ever so predictable. You might know it already. Three super-short sentences, three repetitive sentences, then three contrasting statements. “Fried eggs. Crispy bacon. Sizzling sausages. I believe the British breakfast is beautiful. I believe the British breakfast is brilliant. I believe the British breakfast is the best in the world. Not fatty, but fun. Not naughty, but nice. Not greedy, but a great start to the day.” I analysed Cameron’s style for the Guardian back in 2012. He was still following my style guide in 2014, to the letter.

The one development in his style has been rhyming stanzas. Last year’s conference speech ended with a passage that sounded less prime ministerial than Dr Seuss.

The decisions we make today …

Start next May.

Let’s not go back to square one.

Let’s finish what we have begun.

Let’s build a Britain we are proud to call home …

For you, for your family, for everyone.

Why the rhymes? Well, maybe him and Sam have been huddled up watching Straight Outta Compton. Or maybe he’s read my book, which shows how people are more likely to believe something is true if it rhymes than if it does not rhyme. It sounds inane, but it’s something in our brain. It’s not manipulation, it aids comprehension. When we hear people speak, we match the music and meaning, rhythm and reasoning. I hope we get lots of rhymes in his speech this year, not just because it will make his speech more credible, but because it will give Cassetteboy a great headstart.


←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-05 20:28 | 文明論 | Comments(0)
<< 自民宏池会 憲法9条の改正を考えない 【英語訳】社説 朝日新聞 20... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)と民主党民社協会(高木派)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【解散総選挙】自分の思いより..
at 2017-09-19 21:55
文化放送が他局の出身のアナウ..
at 2017-09-19 19:24
【解散総選挙】安倍自民の勝利..
at 2017-09-19 17:01
【解散総選挙】脳科学で見る ..
at 2017-09-17 19:29
【英語訳】社説 毎日新聞 2..
at 2017-09-05 17:02
【民進党】新しい代表に前原氏..
at 2017-09-01 19:33
【Freesia料理】青椒肉
at 2017-09-01 14:58
進化論は科学ではない――トラ..
at 2017-08-27 01:17
【英語訳】余録 毎日新聞 2..
at 2017-08-26 17:23
牛乳石鹸のCM炎上 問題の根..
at 2017-08-20 01:26
打消し表示が廃止へ 消費者庁..
at 2017-08-18 18:20
【広島・長崎 原爆の日】核の..
at 2017-08-08 19:46
【安倍改造内閣 変な言葉 合..
at 2017-08-04 22:42
【安倍改造内閣】100万円の..
at 2017-08-04 19:19
乳首と監視社会
at 2017-08-01 19:23
【ちょっと知りたいキリスト..
at 2017-07-30 21:14
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-07-30 18:36
青山学院女子短期大学が閉学へ..
at 2017-07-25 18:37
花王ハミングファインの「オト..
at 2017-07-22 23:59
或るプリミティブな大衆迎合―..
at 2017-07-22 17:03
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング