三浦瑠麗氏 産経新聞『正論』の新しい論客に
 今年の秋頃に国際政治学者の三浦瑠麗氏が産経新聞の『正論』の執筆論客に新たに加わるとの知らせがその紙面にあるのを見た。弊ブログの一目おく或る左翼系のブログの評に拠ると「岩波書店の辺りが秘かに右へ舵を切るために用意した隠れ反動学者」とあり、弊ブログも聊かの警戒、即ち眉唾を以て見ていた。リベラルナショナリスト――と自ら称してはいないが、弊ブログの見立てによる――のブログ『ふぇりっくす日記』は三浦氏については是々非々という感じである。弊ブログは三浦氏のウェブサイトなどを見て感じたのは何を言いたいのか今一つ分からない、のらりくらりとしている学者というものである。

 その三浦氏が『正論』に執筆を始めて二三度目となるのであろうその記事が今日28日の産経新聞にある。題して『新たな勢力均衡の時代に備えよ』、新進気鋭――と言う程には最近のデビューではないのかもしれないが、――の論者がそのような題名の論述を出したら目を引かずにはおれない、「さて何を語っているのか?」となる。してその産経新聞を買う。

 読んでみると、「これが産経新聞なのか??」と思うようなリベラル寄りと見える論である。
 この二十年来にあからさまに右傾化を勧めていた産経新聞がここに来てリベラルをも重視し或いはリベラル志向を図っているのか? 少なくともその『正論』の記事は、隠れ反動学者らしい様子は窺えない――故に「秘かに」右へ舵を切る巧妙な仕掛け人と見るのかもしれないが、――

 他の或るブログには尤凄い評がある。
 「この女性学者は藤原帰一の弟子であるが、本当に危ない。」;「日本のリベラル勢力を完全に抹殺するためにアメリカから「ニューリベラル」として育てられた人材だ。」;「「ほんとうに重要な論点」から議論をそらすために「もっともらしい論点」をでっち上げて、それにそって議論を誘導する、しかも女性美人学者が、ということである。」;「三浦は自らニューリベラルを自称しているが、同時に安倍晋三政権の進める政策に概ね支持をしているようだ。」――

 但し、三浦氏の持論とする『戦争をしないための徴兵制を』は「老若男女を問わない」と言うのを除くと弊ブログの持論と粗同じではある。また、志願制を全く否定するのではない。三浦氏も言うように、「自分が戦争に行く可能性がないと戦争のコストを考えにくくなる」ことがその眼目である。
 議論を誘導するというのは、恐らく喋る時の仕草や眼力(めぢから)の加減が恰も周りを誘導しているかのように見えるということであろう。その一こまを捉えた写真を見るに、そうである。弊ブログが分かりにくいと思うのはその主旨と内容であり議論の仕方ではない。尤も、今まで「歯に衣を着せぬ」とか「ぶった斬る!」、果てには「ブタをぶった斬る」と言うような分かり易さが求められ過ぎており分かりにくいが何となく分かるような議論は余りなかったのでそのような議論をする三浦氏は今や求められているのかもしれない。
 因みに弊ブログの原点の一つでもある小林よしのり氏は三浦氏を「香山リカは単なるサヨクだが、三浦氏は本当のリベラル」と評する。本当であろうか?

 少なくともその『正論』を読むかぎり、そのようにも見える。
 また、余り言い過ぎて敵対の意を煽ることは望ましくはないが、「単なるサヨク」などとも呼ばれる左翼とリベラルの区別を確りとつけることは重要でもある。今まではそれらが同じ意味に解されており、弊ブログのようなリベラル保守――或いは『右翼リベラル』――は存在しないものであるかのように思われていた。同じくリベラル保守を自認する北海道大学の中島岳志准教授についても、所謂右翼からは散々な評判であるし、所謂左翼リベラルからは一顧位をしかされていない。評論界やネットには乗らない、例えば彼が常任の解説者として出演しているANN報道ステーションの視聴者の多くが「中々良いのではないか。」と思って聞いていてもそのような声は聞こえて来はしない。それと重ね合せて考えると、三浦氏もまた中島准教授や弊ブログのような、最も『聞こえて来ない声』に近い線を行く論者なのかもしれない。
 とは雖も、所謂左翼リベラルの人々も或る意味では進化しており、それらのようなリベラル保守を自認する人々の語る説を多分謙虚に取り入れていたりもする。昔、1970年代頃までの時代は寧ろ彼等とは対極としてある右翼や国粋主義者、今に言うネット右翼のような人々の説を取り込むことが結構あったらしい。

 三浦氏はその『正論 新たな勢力均衡の時代に備えよ』にイスラム国と対峙するには軍事攻撃では限界がある、非軍事の民間の下支えと宗教における寛容が必要であるなどと語る。それも弊ブログの持論と凡そ同じである。只、非軍事の下支えとは安倍が今年の初めの頃に演説で打ち上げてイスラム国の人質事件の口実ともなった『イスラム国と戦う国々への支援』を直に指すのではないのかと捉えられるかもしれないし、宗教における寛容とは産経新聞などの極右の程に強く持論とするものでもある。「宗教における寛容と融通無碍の精神は日本の伝統である。」などとである。「日本なのだから、そんな懸念はあり得ない。」と言わむばかりである。三浦氏の説は詰りはそのような極右を支持するものとなると思えなくもない。それとは異なるものは何か、それはそこにはやはり見えて来ない。軍事攻撃の限界についても、安倍安保法が制定されてさえ日本の現実の問題としてはそれができないだけのことを「世界の現実に鑑みるとそれはできなさそうである。」と摩り替えて言っているだけと読めなくもない。そこに、「できないならばできるようにせねば。」という機運を誘いかねない。

 軍事介入の可否とは、その適否はともかく、国民国家であることが前提となる。三浦氏の専攻は国際政治学であり国家における政治学ではないのでその観点が余りないのは仕方がないかもしれないが、所謂右翼においてだけではなく所謂左翼リベラルにおいても今やナショナリズムが強まる趨勢にある。国民国家を巡る問題は少なくともこれからの日本を作って行く際には参考としてさえ、避けては通れない。アメリカやイギリス、フランスがイスラム国などに関して軍事介入をするのはそれらが国民国家であるからであるが、日本は国民国家ではなくいわば分断を包み隠してその境目を定めない連合国家である。そこに何歩安全保障の法制を設けて軍事力を強めても他国に関する軍事介入や集団的自衛権の行使は実際にはできよう筈もない。結局はできないので構わないと思うならば大きな誤解であり、実際にはできないのにできるかのように解されることが最も危ぶむべきものである。故にも安倍の答弁の数々はちらちらと揺れ動いていたのである。
 日本が国民国家ではないことの正否はまだ分からない。或いはそれで良いのかもしれない。当分は日本と世界の現況を税と社会保障の一体改革を含めて殊に慎重に見てゆく必要がある。
 尚、今の日本国憲法は何等かの連合国家としても国民国家としても通じるものである。立憲主義と憲法にはそもそも国家についてのそのような主題及び定義は含まれないからである。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションのメーンキャスター(:2016年4月以降)にしよう!!
古舘伊知郎さん――2016年3月を以て退任――、お疲れ様です!ありがとう!!
宮根は『おは朝』に帰れ!!

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15241316.png

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

a0313715_19483789.png

FNN あしたのニュース/すぽると! 23.30~/月~木 23.58~/金
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-28 23:47 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 【考察英語】「お上がりやす。」 【Freesia料理】ハンバー... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党(水月会)と民主党(民社協会)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【Freesia料理 韓国大..
at 2017-05-13 20:30
【フランス大統領選挙】マクロ..
at 2017-05-09 18:45
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-05-06 18:57
憲法記念日と大型連休に寄せて
at 2017-05-06 15:48
【自動車 特別編】日本の名車..
at 2017-04-30 18:46
【Freesia料理】spa..
at 2017-04-26 18:23
【追悼】渡部昇一 上智大学名..
at 2017-04-18 17:34
【コラム 葉がつく】生涯の重..
at 2017-04-12 20:21
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:10
【アメリカのシリア空爆】一石..
at 2017-04-08 18:52
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-04-04 23:11
【英語訳】槇原敬之 どんなときも
at 2017-04-01 19:15
【考察日本語】『吉澤準特【3..
at 2017-03-29 19:34
【書を読む】橘玲 言ってはい..
at 2017-03-25 19:39
【英語訳】社説 朝日新聞 2..
at 2017-03-25 17:16
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-03-22 19:13
新聞の言葉は「脳に良い」のか..
at 2017-03-22 17:13
【Freesia料理】ロース..
at 2017-03-18 17:31
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング