年明けの討論番組を観る 朝日とNHK
 大晦日に買った朝日新聞のテレビ欄、年内最後の一時は何を観ようかと欄の一面をべべ~~と辿ってみるが何もない。そして隅の辺り――そういえばある、年内最後ではなく新年最初ではあるが、テレビ朝日の『朝まで生テレビ』である。然し初夢は元日の夜のではなく2日の夜の夢であるのでその『朝まで生テレビ』も初テレビではないともいえる。元日はまだ前年の夢を引きずるということであろう。

 番組の話題もまた前年の夢を引きずる。テロとの戦争、経済の再生の二つを大きな眼目として安倍政権を論ずるものである。番組の主題として個人名が出るのは初めてなのではないか?

 パネラー(:出演の論客等)はいつも出ている者等ばかりであり新味はないが、うんざりするような者もその日の出演は何故かざんうりと楽しめる感じであった――唯一の例外は東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹である。考えと話の程度が低過ぎる。東京新聞は大中日新聞の東京本社版とは雖も如何に頭の悪い読者層なのか――何しろかつては都新聞という新聞であったし――をも如実に感ずるが、そんな人物が論説委員になることが先ず以て信じ難い。語り口は良心と品位のない者の典型の一つ、その日の彼の日課は「共産党って自由経済を否定する共産主義革命の党なんでしょ!!、そうなんですよ!!皆さん!」を強弁するものであった。――。例えば自民党の参議院議員の山本一太氏、いつもよりも語り振りがはっきりとしていて――何を言っているのか位は分かるということ――確りと与えられている時間に割り込もうとするような『何を慌てているのか?』という感じはない。また、その内容の『丸見え感』、即ち敵方である民主党などの側からすると手を叩いてウケたくなる本音の漏洩が窺われて面白い。例えば自民党はこれまでは反イランのアメリカと西欧に追随してイランへの経済制裁を支持しているが――そもそもの初めは民主党の玄葉光一郎外務大臣とヒラリー・クリントン国務長官の合意であったが、――、その制裁の解除を見越してイランへの接近の機会を虎視眈々と待っている。イランにはロスチャイルド財閥の石油の利権がまだまだ沢山あり、それとの自民党の関係をキープしておきたいからである。この処にロシアの中東における出方が大きな鍵を握っており、欧米日共にロシアとの関係の改善を窺っている今は自民党にとっても民主党にとってもロシア・イランの線はとても重要な政治資源な訳である。山本氏の向かいに席を取る民主党の辻元清美氏はその辺りのロシアを重視する意向、するべくある情勢をかなりあけっぴろげに語ったが、山本氏は思わず漏らした格好となった。民主党はそもそもアメリカとは一線を画しながら良い関係を保つ志向なのでこれからのロシアへのシフトは隠すまでもない。そのアメリカもロシアとの関係の改善を民・共共に(:出演の国際政治学者三浦瑠麗氏に拠る)模索し始めているのが現状である。
a0313715_15463480.jpg 山本氏は北方領土のCMに出演してもおり、ロシア・イランの線は彼にとっての重要な政治資源でもある。それを自民党が政権にある間に確保するのか、民主党が取ることになるのか? 自民党と民主党の政権交代はロックフェラー財閥とロスチャイルド財閥の綱引きの反映である。今世紀は押し並べてロックフェラーが優勢となっており、経済と思想におけるグローバリズムを推し進めている。ロスチャイルドはその力を全く失っているのではないがロックフェラーの主導の下に後塵を拝する格好になっている。その逆転が暫くはあったのが民主党政権である。然し対抗にあるとは雖もRFとRCの一致している課題は脱公共事業政策である。良きにつけ悪しきにつけ、経済と社会の地球化、グローバライゼーションと公共事業政策は相容れ難い――経済政策の主導権や裁量権を各国の政府になるべく与えないようにするため 経済政策だけに関してならば弊ブログも大筋では支持する。――からであり、自民党を主とする公共事業政策への批判が強まり始めたのはグローバライゼーションが端緒に着いて話題となり始めた1990年代からである。その趨勢に対する抵抗勢力は保守党を2000年に立てて後に自民党に帰った二階俊博氏及び彼と伊吹文明氏などによる志帥会、二階派であり、その趨勢を政権交代を機に急進的に推し進めようとしたのは民主党においては例外のロックフェラー閥である前原誠司氏である。伊吹氏が国権の最高機関である衆議院の議長にまでなってやたらと「主権者 主権者」と言っているのは自民党の持つ国内の政策の主導権と裁量権に『国民の主権』という装飾をおっ被せて保持するためであり、主権在民やその民意とは何の関係もない。
 主に民主党を支持するロスチャイルドも自民党との管を一応はキープしており、そのキープ及び利益を手放さないようにするべく山本氏は直滑降を必死に続けている訳である。辻元×山本はその点において実に面白い。

 名前を度忘れした・・・・・小泉政権で金融大臣をしていた慶應義塾大学の経済学者がアベノミクスの策定に関わっているのに安倍政権との乖離が浮き彫りとなる、森本敏教授の口が重い、司会の田原総一朗氏が便所に中座するなど、見処の多い討論であった。新しい年の初めに「わしはね、」の声を聞けたのも良い。

a0313715_15470580.jpg 自民党の地方議員が観覧客にいてアベノミクスについて語ったとは、テレビ朝日の放送倫理の問題ではなかろう。出す側ではなく出る側の問題であり、出す側である局は「え!?、ああ~~……ま、いい、出せ。」という感じで決めたのであろう。それで咎めを受けるのはそのように番組を利用しようとするが恐らくは裏目に出る、意味のないことを大真面目に考える発想の貧困な、出る側に過ぎないからである。そのような者がいることを番組及びその筋の裏情報を通して明らかにしたテレビ朝日は寧ろ賢明である。

 夜から生テレビ

 元日1月1日に買った朝日新聞のテレビ欄――因みに私が昨日に買った今年の元日の新聞はその朝日と産経新聞である。朝日は昼過ぎに買いに行ったら朝日新聞を仕入れないコンビニであったのと、次に行ったコンビニでは売り切れていたのとで買えず、代わりに産経新聞を買った。然しやはり詰まらないので夕方に少し遠くのコンビニへ出て朝日新聞を買う。産経はいわば永年のつき合いである。――を見るとやはり何もない。隅の辺りを見ると「古市憲寿氏 堀江貴文氏 語る」とある。2チャンネルである。その触れ込みに魅かれていつもは観ないその局を珍しく観ることにした。

 すると『朝まで生テレビ』を丸くしたような論座に若手の論客等が並ぶ。
 そこにまたもいたのは三浦瑠麗氏、年末の産経新聞の『正論』と元旦の『朝まで生テレビ』に続いての出演である。『朝まで生テレビ』の黒々な和服は寝ている間に白いアイボリーのワンピースに替わっている。
a0313715_15503790.jpg 何れもそうであったが、三浦氏の語る様子は実に面白い。語尾などの「ね」の入れ具合が独特で言っていることごとが何か新しいことのように聞こえる。或いは何気に鼻で笑う。同時出演の40歳の庶民気質系の研究家のような論客の語る文明の衝突という観点はするべきではないと思うとの論旨に、35歳の三浦氏は鼻で笑って「いや、そ~れは…」と言う。嫌う人々がいるのも何となく分かるが私は良いと思う。野坂昭如も幾らでも鼻で笑っていた。三浦氏は一連のイスラム過激派のテロの潮流は文明の衝突という観点で見ることのできるものであるかは分からないがサミュエル・ハンチントンの著書『文明の衝突』がそれを読む頭のないような人々さえも挙って読み信じることによってそうとしか考えられない人々が状況を動かす中で起こっていることであることは疑いないというようなことを語る。2ちゃんねる用語に言う、脳内現実である。近代ってそんなものなんだということがそこに改めて浮かび上がる。また、文明の衝突そのものは常にある現実と概念であるということを他の誰かが語っていた。

 騙されたのはテレビ欄の「古市;堀江語る」は殆どないことである。古市氏はもう一人との共同司会でそれも場の仕切りは殆どなく、討論を聞いて時折に少し喋るだけである。政治もその位に最小統治ならば良いとは思うが、着るトレーナーが良くない。胸に"WOMAN POWER"と書かれている。何やそれ??
 ホリエモンは会場の論客としてではなく録画で短く語っただけである。「競争はするべきとかしないべきというようなことではない。」とは深く共感する。競争とは必然に生じる状況であり、その是非について理念になるようなものではない。然しそれだけの語る時間を確実に確保していることにおいては会場に出て討論をするよりも寧ろ良いのかもしれない。出れば競争になる。

Obama’s foreign policy to-do list for 2016
the Editorial of The Boston Globe
JANUARY 01, 2016

It’s been a rough couple of years for US foreign policy. But 2016 — President Obama’s last full year in office — begins on a high note on a number of fronts: Iraqi soldiers retook Ramadi from the Islamic State, in what US officials hope will prove to be a turning point in the conflict there. On Monday, Iran shipped more than 25,000 pounds of low-enriched uranium to Russia, a key milestone in implementing a historic nuclear deal aimed at curbing Iran’s nuclear program. And talks aimed at ending the war in Syria are scheduled for later this month.

These are important, if incremental, victories. But far more is needed to safeguard them from spoilers in the months and years ahead. Due, in part, to the extraordinary polarization in Washington, many of Obama’s most significant foreign policy achievements are fragile, reversible, or still awaiting approval from a deeply divided Congress. During his final year in office, the Obama administration must work overtime to ensure that his more important foreign policy achievements will survive the next administration.

Help stabilize Iraq without re-occupying Iraq

To erase the stain of Obama’s ill-fated decision to pull out of Iraq in 2011 — too early, it turns out, for the country to defend itself — the administration must continue to help the Iraqi army and Sunni tribesmen in their effort to expel the Islamic State from Iraq, including Mosul, the country’s second-largest city. The administration is on the right track with its bid to bolster Iraqi Prime Minister Haider al-Abadi, a reform-minded Shi’ite politician who has reached out to Sunnis to heal the country’s sectarian divide. But US officials must be careful to respect Iraq’s sovereignty as they bolster their assistance. Iraqis need and want American aid, but they have no desire to be re-occupied.

“Too often, US officials (and the Pentagon in particular) talk as if the decision about how many and what kind of US personnel should operate in Iraq is a decision that is made in Washington,” said Reidar Visser, a historian who closely follows Iraqi politics. “Without an official US discourse that more clearly emphasizes the need for Iraqi consent, such policies, however well intended, are likely to backfire.”

Help bring about a cease-fire in Syria without committing too many troops

Of all his missteps overseas, Obama’s policy in Syria is likely to be remembered as the most costly. Calling for Syrian President Bashar al-Assad to go — without devising a policy to responsibly bring about that outcome — sent mixed messages across the region. Now the Obama administration is faced with the near-impossible task of helping to broker a cease-fire agreement and midwife a political transition in a country that has been shattered by a proxy war. Peace talks set for Jan. 25 are a bright spot, but might prove fruitless in the end. As long as Assad, Russia, and Iran feel they have the upper hand in the war, they are unlikely to agree to any deal that requires Assad to step down. And as long as Assad remains in power, it’s unlikely that the rebels — or their foreign backers — will agree to stop fighting. The Obama administration will have to use deft diplomacy — and perhaps even additional covert military assistance to allies in Syria — to break the impasse. But US officials are right to steer clear of any plans to commit significant numbers of US ground troops. Such actions would only drag the United States deeper into an open-ended proxy war with Russia and Iran, prolonging the conflict rather than ending it.

Keep the Iran deal on track

The landmark nuclear deal with Iran — which mothballs Iran’s nuclear program in exchange for lifting sanctions — is likely to go down in history as Obama’s most significant foreign policy achievement. But the deal faces continuing opposition in Congress and could easily be reversed by the next president. The Obama administration must ensure that Iran stays on track with its obligations and that the United States meets its obligations as well. Members of Congress who want to scuttle the deal are already attempting to pass new sanctions to put the agreement in jeopardy. Recent changes in America’s visa-waiver program — which require people eligible for the program to obtain a visa if they have visited Iran within the last five years — have sparked accusations in Iran of US trickery, illustrating just how easily this agreement could unravel if the White House fails to adequately protect it.

Push for the passage of the TPP

The negotiation of the Trans-Pacific Partnership, a 12-country free trade deal that encompasses some 40 percent of global GDP, is also likely to be remembered as a key achievement of the Obama presidency. The deal, which sets the ground rules on everything from tariffs, to intellectual property rights , to mechanisms to protect foreign investors, is designed to check a rising China, which tends to play by its own economic rules. But the trade deal has yet to pass in Congress, where many Democrats fear it will hurt US labor. Although opinions on the deal vary widely, one thing is clear: Failure to pass it would be a significant blow to Obama’s foreign policy legacy, as well as to America’s credibility in the world. After more than five years of negotiations, “failure to ratify the TPP would raise fundamental questions about America’s political effectiveness and ability to be a reliable partner to its allies,” writes Richard N. Haass, President of the Council on Foreign Relations. Obama has little choice but to pull out all the stops with Congress — even if it means waiting until after a contentious presidential election to bring it for a vote.

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル・モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ・シアトル・タイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ・トロント・スター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ・ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-01-02 15:43 | 文明論 | Comments(0)
<< 【英語訳】社説 朝日新聞 20... 【コラム 葉がつく】マジックミラー >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)と民主党民社協会(高木派)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【衆議院総選挙2017】各党..
at 2017-10-10 19:21
立憲民主党こそが安倍政治であ..
at 2017-10-03 22:03
立憲民主党が発足 多党制か二..
at 2017-10-03 18:18
【コラム 葉がつく】スーツ×..
at 2017-09-26 20:53
【解散総選挙】都民ファースト..
at 2017-09-26 19:14
【解散総選挙】「大義がない。..
at 2017-09-26 15:38
【解散総選挙】自分の思いより..
at 2017-09-19 21:55
文化放送が他局の出身のアナウ..
at 2017-09-19 19:24
【解散総選挙】安倍自民の勝利..
at 2017-09-19 17:01
【解散総選挙】脳科学で見る ..
at 2017-09-17 19:29
【英語訳】社説 毎日新聞 2..
at 2017-09-05 17:02
【民進党】新しい代表に前原氏..
at 2017-09-01 19:33
【Freesia料理】青椒肉
at 2017-09-01 14:58
進化論は科学ではない――トラ..
at 2017-08-27 01:17
【英語訳】余録 毎日新聞 2..
at 2017-08-26 17:23
牛乳石鹸のCM炎上 問題の根..
at 2017-08-20 01:26
打消し表示が廃止へ 消費者庁..
at 2017-08-18 18:20
【広島・長崎 原爆の日】核の..
at 2017-08-08 19:46
【安倍改造内閣 変な言葉 合..
at 2017-08-04 22:42
【安倍改造内閣】100万円の..
at 2017-08-04 19:19
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング