【漢字の自由化】私の書く文字を検証する

a0313715_22353037.png

a0313715_16015683.jpg


 直前の記事には文化庁がこの程に表明した漢字の自由化の再強化の政策を熱烈に支持する旨を論じた。漢字の書き方には、延いては仮名文字や英数字なども、無限にとはいえないが様々の形がある。それを唯一の共通書体としてそれを守ることを求めることは殊に字の書き方においてだけではなく自己規制や萎縮、面従腹背や媚態などの宜しくはない心性とその反映としての空気が醸し出されることになる。

 さて、それを報ずる24日のFNN『みんなのニュース』を見て私は「ここは一つ、久々に字を気合いを入れて書いてみるか。」と思い、この記事にその直筆の文字を公表する。
 私が近年に、というかかなりの長くに亘り、自らの文字について懸案としていたのは字を真直ぐに書けない、殊に縦向きの線が曲がりがちになることである。そして罫線のない紙に書くと行がどうしても右肩上がりになる。それを改めるように練習をすれば直るかとは思うのであるがその機会がなかなかない。今回のいわば練習ではその弊は直っていない。

 先ずは新聞の見出しを拾い書いてみた言葉等を

a0313715_18143524.jpg

a0313715_18144677.jpg


 さて、その2枚の、教育界における共通書体、所謂学校で習う漢字の書き方とは違うものを見つけると――

選 今 指 想 意 紋 隠 慰 激 亡 所 連 政 出 県 市 生 過 家 直 像 獲 絵 難 東 驚 送 家 飼 時 豚 戸 悶 恐 坊 剖 小 方 辞 迷 云 優 天 瓶 心 神 達 抗 観 安 穿 熊 福 高 徳 山 鳥 広 京 馬

 こんなに出て来る。金銀財宝のようである。
 どこが違うかは画像をクリックすると出る画像を拡大して見て見つけてみられたい。

 但し、同じ字でも共通書体と同じ場合と違う場合があるものもある。上の例には、 芸 愛 がある。「芸」はそこ、「芸術」と書いてある所では「云」の一画目が私の字には多い右下がりの点ではなく横画になっているが、後に出て来る地名の「学芸大学」の箇所では右肩下がりの点になっている。「芸」の場合は一つの単語の一文字目はそこが横画になり、二文字目以降は右下がりの点になることが多い。
 片や「愛」は「愛媛」の所では「心」の左端の画が標準書体と同じく左を向くが、「愛知」の所ではそれが右を向く。その理由は一つには『慣れている言葉である程に右を向く』ことがあろうかと思われる。愛知県は住んでいたことがありまたは余所者としても愛知県宛てに書く機会は多いのでそこが自ずと右を向くが、愛媛県には住んだことがなく馴染みも薄いので何となく左を向くのである。「愛」だけの場合も私はそこを右向きに書く。
 何文字目になるかや言葉の遣い慣れによっても書く文字の形はかわり得るということである。漢字の試験の採点をする教育界はそこが見えていない。
 また、日本の教育界には物事の何等かの特徴を殊更に際立てて表現したがる傾向がある。例えば上にもある「安心」の「安」の字、安倍の「安」でもある。その宇冠の左端を私は大抵はやや内向きに書くが、先の「愛」の「心」の左端のように時にやや外向きに書くこともある。何れにせよその傾きは小さくて目立つものではないが、共通書体においてはそこは外向きに書くものとされる。然も、その外向きの角度たるや垂直線に対して30°近くはあるかと見える程に傾きが強いものである。教師によってはわざとらしく45°程にもして「ここは、こうです。」と書いて見せながら教える者もいそうである――←これを英語で記すと、「教える者もいるべきだ。」と誤訳する向きが多い。――。教育界やその支持層にはそのような大袈裟、わざとらしさ、即ち物事を意図的に際立てることを好む人が多い。それそのものがそもそも非教育的であり反文化的、即ち野蛮人の所業営為であるがそれが教育であり文化であると信じている向きは少なくない。

 次に、地名などを書いてみたものと朝日新聞の22日の天声人語を書き写してその英語の要約をしたものを――
 天声人語のは、きれいに書くことよりも早く書くことを優先してのものであり、「散らかってるんですけど…」みたいに、私の普段の文字により近い。

a0313715_18145742.jpg

a0313715_18150741.jpg

a0313715_18151502.jpg


←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-02-27 19:21 | 文明論 | Comments(0)
<< 【考察日本語と日本料理】薩摩揚... 【漢字の自由化】実は今に始まる... >>