「一番厄介なのが日本人のお客様です。」――カナダの日本人若者を嘆く日本人経営者
a0313715_22353037.png

a0313715_14290984.pnga0313715_14303075.gif


 ヒロというカナダにおいて経営者をしているブロガーの記事がBLOGOSによく見られる。
 そのヒロの今日までの最新の記事は『海外で見る日本の若者』、自らの営むレンタカー屋にしばしば見受けられる日本人の若者の躾の悪さを嘆くものである。

 ゴミを残し、食べ物の袋は散乱し、ドライブしながら食べたであろうお菓子のカスは座席や足元に散らかっています。何故だろうと思うのですが、運転しながらモノを食べて飲む人は日本人に多い傾向があるように思えます。多分、ローカルの人は車を移動の手段と捉えているのに対して日本の方は車の空間を食べ物や飲み物を媒介にして楽しんでいるということなのかもしれません。もちろん、車を掃除するのは我々の仕事、ですので喜んできれいにするのですが、ほかの国の方々は割ときれいな状態で返却されるのが私の実感です。

 本当の問題点は若い日本人のお客様の無謀振りであります。

 タイヤをバーストさせて予備のタイヤを付けて戻してきたあるお客様の車からは異音が、出入り業者に持っていくともう一つのタイヤも空気が入っているのが不思議なほど傷だらけでタイヤは使用不能、そして車の底をみると明白に何かにぶつけています。しかしながら借りた人からは何ら申告なく、知らんぷり。
 他にも「知らないふりをしたのでしょう」、「詫びの言葉は一切もなし」や「言葉遣いの低レベルさは天下一品であります」、自らが語る内に萎えてしまいさえする程に酷いとの話である。「日本人は中韓に比べて優秀であるという自負はわかります。私もそう信じていますが、いざビジネスを通じて直接比較すると思わず、うーんと唸ってしまいます。」

 但しその原因を考えるに、ヒロが日本の親が躾などの教育を子供にしていないからであるというのには疑問を禁じ得ない。
 そうではなく、彼等の親等にとってはそれが躾であり教育である、そこに本質と原因がある。教えていないのではなく、そうするべしと教えられているのである。

 ヒロは経営者なので丁度好い話、ごみを捨てるか捨てないかについては取り敢えずは置いておき、先ずは捨てられているごみをどうするかについて考えよう。
 拾って正しい所に捨てる/その侭にしておく それを、「その侭にしておく」と教えられている人は私を含み、多い。教えられているだけではなく、私もまた原則としてはその侭にしておくことを是とする。
 それは戦後の経済発展と共に誰がごみを拾って捨てるべきかのいわば分業が成り立って普及した故である。戦前は近代産業経済社会とはいえどもそのような分業が成り立つ程の高度化を果たしてはいなかったので若しごみが捨てられておればそれを拾って捨て直す者は原則としてはおらず、その近くの店の主が仕方なくそうするしかなかった。詰り「店の主に拾って捨ててもらう」、なので商店主は街の美化を事実上は請け負う者として尊敬されており商人の美徳というものも当時に形成された。しかしそれは「仕方なく」がいつしか当たり前になってのものなので分業とは異なる。因みに江戸時代以前はそうではなく、「ごみを捨てない」、ごみを街に捨てるなどとは思うべくもない酷いことというのが通念であった。若し捨てる現場を認めたら「捨てたらあきまへんで!」とか「おい!捨てるんじゃないよ!!」と警告する。故に商人の美徳というものは江戸時代以前にはなく、近代に作られた通念である。尤も、それは悪いものではない。
 私はその江戸時代的「ごみを捨てない」と「捨ててあればその侭にしておく」を併せて是とする。ごみには爆弾やら薬物やら、何が着いているか分からないし、捨て直す善意が常に利用されるようになってもならないからである。

 先ずはそこが大前提

 更にヒロの懸念するような彼等日本人若者に付け加わるのが「掃除屋さんの仕事を奪うことになる」という分業主義の徹底である。分業主義そのものは私、弊ブログも必ずしも否定する者ではないが、それをいわば純化して徹底するのが彼等とその親等である。
 例えばフランスなどにも「街のごみは掃除屋が拾うものである」という近代合理主義に基づく分業主義はあるが、それが微妙に「掃除屋さんの仕事を奪うことになる」というサンチマンタリスムを含むようなものに化ける。そのようなle rationalisme modern sentimentalを親が絵本を読み聞かせるように子供に教えている。当のフランスにおいては掃除屋の雇用状況などを考えはしないし――故にも分業主義である。「それは私の考えることではない。」――、逆にごみを拾い直す人を尊敬する心を併せ持つ。ごみを拾い直す人は日本人の彼等にとっては「能く分からない人」でしかない。「本当に大切なのは掃除屋さんの雇用とお仕事、生活であり、尊敬すべきは掃除屋さんな筈だ。」となる。
 そのように彼等は「しっかりと教育」されているのである。

 ――と聞くと嘔吐も出むばかりで、また汚すことになるかもしれない。吐いたものは自分で飲むべきである。

 そして、掃除屋さんのお仕事と雇用を守るためには皆でごみを街に捨てなくてはならない、彼等は大真面目にそのように信じている。
 なので「躾の教育がない。」と批判しても岩盤規制のようにびくともしない、何もならない。不条理ではあるがそのようにしかならないのである。
 故に彼等の行いを改めさせるためには常識の立場から教えること或いは窘めることによってはならず、彼等とその拠って立つ文化との全面戦争でなくてはならない。排斥し殲滅する、それが求められる。
 勿論、戦争は怖いのでそうそうする訳にもゆかない。故に社会的立場が強く然も殺される虞のない力ある人達が彼等との戦争を受け持ってくれる外にはない。彼等を代弁する殺人者も結構いる。

 もう一つの彼等の拠って立つ文化原理は『私権』である。
 レンタカーならば、金を払っている立場なのでその間の車の権利は自分にあるというものである。貸借ではなく購入ならば尚更である。そしてその権利の行使の故に生じた瑕疵についての責任は貸手にあるという。
 誤解のないように言うと、そのような原理は例えば図書館の本を破損したらその責任は貸手たる図書館にあり、借手が責任を負うべきものではないというものとは異なる。図書館は福祉として無償により提供されるものであり、そもそもその受益者の責任を問うてはならないものである。よって図書館や市民プールなどの福祉施設は借手に賠償を求めてはならず、幾らの損害を負っても貸主が責任を負わなくてはならないものである。しかし、レンタカーは営利事業なので貸手と借手の責任の分担があり、金を払っておれば権利が自分に渡るものではない。責任の分担による相互の誠意、それが営利事業の要諦である。
 そうであれば、「ごみを捨てておかないとレンタカー屋さんのお仕事や雇用がなくなる」などという弁明は出て来るべくもないが、彼等は尚もそのように行動し若しくは弁明する。

 厳密にいうと、ごみを捨て去ることだけではなくごみを拾い直すことも私権の原理に基づく行いである。善意や良心と言うのも強ち外れてはいないが、あくまでも私権の原理に基づく善意と良心である。落ちているごみを拾って捨てるべき所に捨てる、そうするのは「私が歩く道だから」であり「皆が歩く道だから」という観点はあり得なくはないが多くの場合はない。それがあり得る場合も煎じ詰めれば「税金を負担している人々の皆が歩く道だから」であり、無条件に全ての民がその「皆」の対象とされるのではない。それがそのような厳密な原理に基づくものとは意識しない程に、ごみを拾って捨てる人の『納税者たる市民』と彼等のための『善意』の観念は染み通って完成されている。日本は納税者だけを有権者とする制限選挙制を廃して無条件に全ての民を有権者とする普通選挙制を求める動きが強くはなかったのでそのような観念を恰も自然なものであるかのように是とする人々は日本には比較的に多い、即ち日本は私権の原理が優位に立ち易い歴史にあり、故にもヒロの懸念するような「躾のなっていない、教育されていない若者」も多くなるのである。

 私権の原理の究極として近年に現われているのは「エスカレーターを歩くな。片側を空けるな、両側に立て。」と主張し或いは宣伝する人々である。モンスタークレーマー並みである。
 その意は「エスカレーターに乗る人々はそこを通るために当然の権利として乗るものである。なのに片側空けによって様々な権利が侵されることはあってはならない、乗る人々の皆がその権利を行使することができるためには一人一人が順番に一定の面積を占めるように乗って隙間を作らないことである。」である。一見は合理的に見えるかもしれないが、そもそも公共の場所と設備であり私権の占有と行使の場ではないエスカレーターを『一人一人の権利』の概念により仕切ろうとすることには根底の矛盾がある。
 彼等は安心安全のためというが、一人一人の権利がそのように確保されても危ない人はいつまでも危ないのである。空けず満載のエスカレーターで突然に倒れる人がおれば周りも倒れ落ちる。空けてもそのような可能性はあるが、空けておれば横に倒れる余地があるので率としては良い。そのような率の良さが安全だけではなく安心をも保証する。片側を空けずに乗ることは全く考えられないことである。
 『エスカレーターの片側を空けて急ぐ人は歩いて昇る』ことと『ごみが落ちていても拾わない』ことは彼等にとっては同根同質のものと見えるであろう。その決まり文句は「世知辛い世の中になったものだ。」や「人にやさしくない世の中になっているなあ。」である。確かに彼等のような私権の原理とそれを保証しようとする屁理屈に拠って立つものではないということにおいては同根同質といえるが、それらにはそれぞれ違う観点や知恵がある。

 先ずは全面戦争とはゆかないまでも、少なくとも彼等を代表する政治の党派をなくすことが求められよう。

 「私が25年、カナダにいる間に数多くの日本人の国際結婚や恋愛を見てきました。しかしそこにはカナダ人の敗北者を相手にするケースをしばしば見かけます。そしてその多くは割とすぐに関係が破たんしています。当たり前です。」とヒロがいうのも、私権競争の世界で敗れた人が別の私権を得ることにより敗れ去った世界に復帰して『リベンジ』を試みることと解釈することができる。勿論、私権に還元することの可能なものを求めてはならないというのではなく、敗れても尚私権の原理に立ち続けようとするテロリズム的根性が宜しからずというのである。外人との結婚にはしばしば、そのような『リベンジ』の動機に基づくものが多い。そして私権は国境を飛び越えて自由に行き交う―?―。
 そのような時代にあっては、ドゥテルテやトランプ、メイが国民の広い支持を得るのは当然のなりゆきでもある。クリントンではテロやモンスタークレーマーを野放しにすることになる訳である。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-10-11 18:16 | 文明論 | Comments(0)
<< 電通過労死認定事件で発狂し出す... 『橋下×羽鳥の番組』で自民×民... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)と民主党民社協会(高木派)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【衆議院総選挙2017】各党..
at 2017-10-10 19:21
立憲民主党こそが安倍政治であ..
at 2017-10-03 22:03
立憲民主党が発足 多党制か二..
at 2017-10-03 18:18
【コラム 葉がつく】スーツ×..
at 2017-09-26 20:53
【解散総選挙】都民ファースト..
at 2017-09-26 19:14
【解散総選挙】「大義がない。..
at 2017-09-26 15:38
【解散総選挙】自分の思いより..
at 2017-09-19 21:55
文化放送が他局の出身のアナウ..
at 2017-09-19 19:24
【解散総選挙】安倍自民の勝利..
at 2017-09-19 17:01
【解散総選挙】脳科学で見る ..
at 2017-09-17 19:29
【英語訳】社説 毎日新聞 2..
at 2017-09-05 17:02
【民進党】新しい代表に前原氏..
at 2017-09-01 19:33
【Freesia料理】青椒肉
at 2017-09-01 14:58
進化論は科学ではない――トラ..
at 2017-08-27 01:17
【英語訳】余録 毎日新聞 2..
at 2017-08-26 17:23
牛乳石鹸のCM炎上 問題の根..
at 2017-08-20 01:26
打消し表示が廃止へ 消費者庁..
at 2017-08-18 18:20
【広島・長崎 原爆の日】核の..
at 2017-08-08 19:46
【安倍改造内閣 変な言葉 合..
at 2017-08-04 22:42
【安倍改造内閣】100万円の..
at 2017-08-04 19:19
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング