「ほっ」と。キャンペーン
【トランプ入国禁止令】国連の非難は韓国の大統領選を下りた潘基文の院政――尚も続くオバマキャンペーン 
 国連のアントニオ グテレス事務総長がアメリカのトランプ大統領による七か国に対する入国の禁止の大統領令を非難した。
 片や、日本などの航空会社等はその大統領令を受けて七か国の人のアメリカ便の搭乗を断る措置を取っており、世界の動きというものが何にせよリアルに感じられる。為政者の一挙一動に、民は動かざるを得ない。

a0313715_17255166.jpg グテレス事務総長の非難は、あくまでも個人的見解の形であり非難決議などではないのでそれが直ちに違法無効の発言というべきものではないが、国連の組織意思に影響を与え得る立場の者の発言であり、見過ごすことはできない。
 日本においても、トランプ大統領のその令状の内容は国際法に照らして合法であり即ち不適切であると断ずることはできないとの意見が国際政治学者の三浦瑠麗氏などにより出ている。安倍総理もその適否については何も申し上げることはできないと国会で答弁している。政策として見ては、その大統領令だけが効果を上げるのではなく後の何等かの政策と併せて効果が上がると考えられるのでそれだけを見て適否を判断することはできず、安倍総理のその構えは至って賢明妥当であるといえる。搭乗者に無用の負担を掛けないようにする航空会社等の判断もまた賢明妥当である。客を乗せることが使命の者が、客が向こうで戦うことを強いることは倫理的ではない。

 にもかかわらず、国際法に基づき国際政治における公正中立を図るべき国連がその大統領令を非難することは極めて不適切であり、仮に何等かの適切があるとしても国連の存在意義には反する極めて異様なことである。

 その事務総長の非難には恐らく、前任の潘基文氏による口利きがあったと考えられる。

a0313715_17275240.jpg それと時を同じくし、潘基文氏は韓国の大統領選挙の立候補を取り止めている。
 その心変わりの理由は彼が韓国の政治に進出するのではなく今までにして慣れている国連の関係の場における活動をすることにしたことにあると思われる。いわば嘱託として留まる訳である。尤も、そんな身分は正式にはないが。
 そして現任の事務総長などとのつながりを持ち、潘基文による国連の院政を敷くのである。グテレス氏によるトランプ大統領に対する非難はその手始めである。

 そこには、潘基文の匂いが紛々と漂う。

 彼が韓国の大統領にはならない理由は簡単、潘基文の匂いとはアメリカの匂いである故に、彼が大統領となることによりアメリカの気配が強く感じられてはその反対派に有利な状況を開きかねないからである。それは日本の安倍政権の反対派が支持率と選挙の結果には現われない或る程度の有利さを持っていることと同じである。韓国はそれが或る程度では済まない虞が大きい。
 なので潘基文の代わりに出る大統領候補はアメリカの匂いがもう少し弱い親米派の者となるであろう。

 潘基文との双璧で語られるもう一人の前職者はアメリカのオバマ大統領である。

 2010年代とは正に、オバマと潘基文の時代であったといえる。またそこに、2010年代の世界を読み解く――というか、どう見ても明白という人もいよう。――鍵がある。
a0313715_17291055.jpg 『オバマの時代』ではなく、オバマと潘基文の時代である。
 『オバマの時代』といえば、それは尚も世界の最高指導国に踏み止まっているアメリカのオバマ大統領が世界を指導して影響を与えたということになる。しかしそうではない、オバマの影響力と何かしらの指導力は潘基文に支えられ、世界秩序の主導は潘基文が担っていた。彼等のコラボにより、'10年代の世界は動いていた。
 寧ろ、オバマの影響力とは日本を含むマスメディアとツイッターなどのSNSにより作られたイメージ映像に過ぎない。オバマの映像により伝えられるものの実体は潘基文である。即ち、オバマには白人の血だけではなく韓国人の血もある。

 マスメディアとSNSに関し、実は日本以外においてはヨーロッパを含み、オバマのイメージ映像はマスメディアを通しては然程に流されてはいない。日本以外における神通力を持っていたのはアカウントを偽ることも可能なSNSである。逆に、オバマをかようにも称揚する報道などをマスメディアを通してしていたのは殆ど日本だけである。尤も、何れにせよオバマの称揚がなされていたことには違いはない。

 ――という話をするとしばしば出て来るのは「プロパガンダ」という語である。しかしそのような工作は少なくとも日本向けに関してはプロパガンダとはいわず、「キャンペーン」という、オバマ キャンペーンである。
 プロパガンダ、宣伝とはその受け手が宣伝の対象に好意を抱くようにすることを前提とするものである。それはテレビCMなどの商業宣伝がその対象となる商品や啓発への好意を感じられなければ意味をなさないことと同じである。無論、客観的に見て良いものであるかどうかはともかく、それを好きになってくれればよい。例えば毛沢東のプロパガンダが中国の人民に彼への好意を掻き立てるようにするものであることがそれである。
 しかし、オバマに関してはそうではない。オバマの映像を通して彼への好意を持った人も多いが、それと同じ程に、彼に対する嫌悪感を持った人も多い。それは心ならずもなった結果ではなく、初めからそれが狙いなものである。そのように、その示すものが好意を得られるかどうかを問わず寧ろ嫌われることを織り込む工作をキャンペーンという。それを嫌う人の対策は大きく分けて二つ:①反論を予め用意しておく、即ち「その良さが分からないのはあなた方が悪い。」ということを主張する ②反論は基本としては無視し、嫌われるに任せる――オバマ キャンペーンが採った対策は②である。オバマ政権に対する諸々の批判や非難が報道メディアを通してもSNSを通しても真面に再反論の対象となったことは殆どない。それらを見ない人々にとってはないのと同じであり、オバマを悪く思う人はいないと思われるようになる。SNSは情報の選択の余地が大きいので反オバマの言説が親オバマの目に触れることを防ぐ必要はなく、親オバマの利用者は次々と瞬時に取捨し、彼には親オバマの言説等しか残らない。テレビや新聞などのマスメディアにはそもそも反オバマの言説はその存在についての言及さえもない。

 その工作方は何故に、オバマが好かれるようにするプロパガンダをではなく、オバマが嫌われることを織り込むキャンペーンを選んだのか?
a0313715_17303658.jpg それはオバマ政権が自らの志向する路線だけではなくそれとは反するブッシュ政権の路線を引き継がざるを得なかったから、それが最も大きな理由である。
 同じことをしてもブッシュがするのは悪くてオバマがするのは良いと云う訳にはゆかない。悪いものは悪い、でも仕方がない、そのような含みを持たせるためにはオバマが嫌なことをやって嫌われるのも仕方がないと踏まなければならない。なので寧ろ、反オバマの声が挙がることを工作方自らが望んでいた訳である。しかし親オバマがそれよりも多く出来なくてはならない、その鬩ぎあいがオバマ キャンペーンである。
 オバマ政権が引き継いだブッシュ政権の路線とは弊ブログも大筋では支持する、テロとの戦いである。
 オバマに関しては彼が好かれるようにするプロパガンダの途を取らないのは彼自らの現実のキャラがその必要もない程に好かれるからである。故に彼の振る舞う侭に任せておけばよい。そうではなく、工作筋が日本のマスメディアに依頼したことは「良い点も悪い点も公正中立且つ不偏不党に報じてほしい、但し何れについても扱う時間は多くしてほしい。」である。すると、良い点はオバマのキャラで悪い点はテロとの戦いで国を疲弊させていることと経済がなかなか上向かないということに自ずとなる。経済に関しては2期目にやや好転しているので悪い点は一つ減ったことになる。
a0313715_17331429.jpg すると、日本の下らないコメンテーター達は「あんなに魅力的で素晴らしい大統領もかねがね続いているテロとの戦いをどうにもすることができないでいる、苦悩は続く。」という調子に語る。即ち、判官贔屓というものである。それが「現実を動かすためには安倍政権のような悪い手口も必要だ。」という調子に展開する向きもある。「苦悩は続く…」型の番組は池上彰の各局のニュース解説バラエティーとTBSテレビの『サンデーモーニング』であり、何れも高い視聴率を持つ。
 池上ものも『サンデーモーニング』も、アメリカの工作筋との密接な関係にある番組である。それらだけではなく、アメリカの工作筋は全局の様々の番組の全部或いは一部を押さえている。それは如何にしてするのかというと、局を押さえるのではなく番組の関係者の全部或いは一部を押さえることである。それは、難しい工作の技を要せず、工作員が自らの身分や名を明かして普通にお願いをしに来て彼等と仲良くなるだけである。中には身分や名を偽ったりする例もあるかもしれないが、寧ろそのようにする例は工作の効果を余り期待してはいない。殊に日本にはアメリカとの『秘密の』パイプを持つことに悦びを覚える人が多いので彼等は直ぐに手を貸す。で、「良い点も悪い点も公正中立且つ不偏不党に報じてほしい、但し何れについても扱う時間は多くしてほしい。」――何かと似ている、そう、萩生田光一補佐官の報道各社への通達である。彼の通達文は故に工作筋による所謂難しい工作によるものであると考えられる。そんなものを突然に書けといわれても困るのが普通であり、池上彰や関口宏にするように普通に説得して頼むだけでしてくれるものではないからである。

 アメリカの工作筋は何故にテロとの戦いを否定的に映すようなオバマ キャンペーンをするのか?
a0313715_17344146.jpg それは「日米安保はテロとの戦いにつながるものではないので安心して維持してほしい。そのためならば安保法制も差し支えない。」と云うためである。視聴者はそこに紛れもなく今に起こっている現実を見るので軍事力の増強は必要ではないかと考えるようになる。そして「しかしそれは決してブッシュ政権から続くようなものではない、アメリカは日本をそんな悪いことに巻き込みはしない、なので安倍さんの安保法制にも誤解をせずに賛成してほしい。」と云う。安倍派と反安倍派が結局は「仲直り♡」するように仕向けられているのである。それでも安倍安保法制に反対してオバマ政権を批判する向きは、基本無視、但しそれは実質としてはオバマ政権の批判ではなくブッシュ政権の批判なので寧ろ工作の狙いを強めるものになり得るしアメリカがオバマを一方的に売り込むものとは見られないためのアリバイにもなるものと見られている。「それを否定したことがありますか?自由ではないですか。」と言われればそれまで。尤も、イラク戦争を始めたのもその工作筋であるという誤認に基づく批判には弊ブログも疑問というか、単純に減点である。工作筋はそもそもイラク戦争には反対であり、それをブッシュ大統領が押さえつけて開戦に漕ぎ着けたのである。その報復として親戚のジェブ ブッシュが大統領選挙の早い内に消された。ジェブさんはオバマ政権にとってはトランプよりも重大な脅威であり、オバマの意向に沿うように動くならば彼を消すのが必然となる。その取る手は簡単、彼を「トランプが予備選で絶対に勝つのであなたには勝ち目はない。」と共和党の政策筋などを通して説得してもらうことである。政策筋にはその見返りとしてジェブの政策をトランプに採用させる。工作筋と民主党はそれを「ハァ~?」と言って国民と潘基文の世界の支持を取り付ければよい、失敗したが。
 もう一人、アメリカの工作筋に消された候補者は自民党の石破茂氏である、再挑の余地はあるが。
 反安倍ならば何で親オバマなの?、そう思うような不可解な声が日本には結構多くありますね。

 対し、トランプ政権は世界の警察官をやめるという点はその工作筋と一致しているが、テロとの戦いは続けるという点では彼等とは真向から異なる。詰り、アメリカの軍事力は当面はテロとの戦いに集中させるべしということである。弊ブログもそれを大筋では支持する。

 潘基文とオバマ、そこに掛けるソースはメルケルである。
 というか、世界における影響力の点ではドイツのメルケル首相はオバマよりも格段に大きい。実力主義の世なのでメルケルを抜きにしては今の世界を語ることはできない。
a0313715_17355481.jpg そこでアメリカの工作筋が援用した映像がメルケルである。但しその出て来る頻度は当然にオバマより少なくする。それにより、『メルケルがオバマの指導力の下で頑張って働いている』かのような印象を与えることができる。「それが今の世界、国際共同体だ。」というものである。
 因みにフランスのオランド大統領は、初めから関心のない人も多い社会党の大統領なのでオバマ政権の主張と同じ高額所得者の増税などの都合の好い所だけで登場させる。というか、日本の報道メディアはそもそもフランスの情報を重視しないのでこれという梃入れを要しない。ヨーロッパについてはメルケル推しが主な依頼の内容である。
 オバマが言うと「また世界に向かって唾を吐いている。」と思われかねないウクライナ情勢とロシアの問題なども如何にも直接の利害の大きそうなメルケルが言えば視聴者はそれを問題ない批判であるかのように見てくれる。すると日本の新聞等がロシアを非難してくれる。
 フランスの女優などがオランドを非難してベルギーへ移るなどと言うと如何にも孤立無援で無謀なことであるかのように映すのに、アメリカの女優などがトランプを非難してカナダへ移ろうかなどと言うと熱そうに映して絶賛する日本の報道メディアって何なんだろう?

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-02-04 17:37 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 「ゴールイン」は強ち誤りではな... 『デジタル女子力』の奨め――日... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党(水月会)と民主党(民社協会)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
The Time on Anywhere
お気に入りブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
教育勅語を読む
at 2017-02-26 18:01
【Freesia料理】本場金..
at 2017-02-25 20:53
【自動車 特別編】日本の名車..
at 2017-02-25 16:00
【自動車 特別編】日本の名車..
at 2017-02-22 19:47
【英語訳】天声人語 朝日新聞..
at 2017-02-22 15:01
【英語訳】天声人語 朝日新聞..
at 2017-02-22 15:00
【書を読む】三浦瑠麗 「トラ..
at 2017-02-21 18:01
【Freesia料理】豚ふわ..
at 2017-02-21 16:24
プレミアムフライデー 肯定論..
at 2017-02-21 14:30
報道ステーション 土井善晴と..
at 2017-02-18 21:58
古谷経衡『「意識高い系」の研..
at 2017-02-18 18:29
【書を読む】古谷経衡 「意識..
at 2017-02-18 15:31
ブログとツイッターの国名の略..
at 2017-02-15 14:56
'00~'10年代は東武沿線..
at 2017-02-11 19:10
【日‐US首脳会談】可もなし..
at 2017-02-11 16:30
恵方巻は社会主義統制経済であ..
at 2017-02-08 16:52
ブログ『Roaming pe..
at 2017-02-08 13:53
長谷川豊氏の衆院選の立候補―..
at 2017-02-07 16:47
「ゴールイン」は強ち誤りでは..
at 2017-02-04 20:46
【トランプ入国禁止令】国連の..
at 2017-02-04 17:37
最新のコメント
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
物価とかの違いではなく、..
by イチロー at 12:00
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 19:03
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング