【英語訳】社説 朝日新聞 2017.6.11
Britain with EU
For a deliberation, way to the quit

on the Editorial of The Rising Sun (Asahi Shimbun, Osaka, Japan)
on 11th June 2017

Britain's politicians, even once more, have got to be made to pay compensation for their conceite despised the will of the people.
At the British general election the Concervatives the government's which PM May leaded got less seats of the Parliament and got short of the majority.
No ways but to an overwhelming win, it was an election seen such. Indeed, upon the dissolution they'd had nearly 20pt. of a great difference at the supporting rate to the Labours the greatest opposites.
Driving that force and hardened the government's base, like to be present at the negotiations for quit with the European Union, EU, will get in the takes hereafter in a stronger postures――Ms. May ought to have such a calculation.
Certainly, last year, since the will of the people for a quit from the EU in a figure of the national referendum shown, voices required remaining in were not a greater in Britain necessarily.
Still, the people can not see to accept about any promoters ways in a hard-liner for a quit. Ms. May seen prior to restriction of the immigrants to the utmost, in a stance never to give it up a withdrawal from the single EU market, however, she needs to reconsider of such ways to the quit.
As well as the other progressive countries, life anxiety could have raised on the British people. By the retrenchment finances the social welfare's budgets got cut down by years. Within a markup on the student's costs and augmentations of unstable employments, never to hold one's consciousness to build a wealthier life than the parents' age.
It is the severer the people's eyes held such discontents given on the politics. Even then at the elections campaign the Conservatives repeated an optimism as if the Britain's quit from the EU just can make solutions of number of the problems. Ms. May denied just her explanation at TV debates.
In contrast, it is the certain the Labours shown the policies closer to the common people to have gained upon on the last stage sharply, such as repletion of the welfare and free of the tuition fees. Successive terrors too got out to let the people's anxiety stronger.
As recalling, last year, it was an impulsive feels of distrust on the EU's intention and decision in an initiative of the elites the one of reasons of the British people's approved quit from the EU contrally to then government's intention.
And this time, against the May's government which has harden a direction for a hard-liner quit by the premier's intention and urged its confidence, asserted majority reversely was the distrust.
Ascertaining national interests ought to see prior, to give thorough disclosure of information and full accountability on any graver policies to sway the future of State. To have a painful rebound by people's will as getting into ideas-forward politics neglected that basic works, Political leaders should engrave it their mind.
Ms. May had a minor political party's taking-in and declared reappointment to the premier. Still, the government's mighty to let the negotiations for the quit go consistently is no longer certain.
Here, about ways to promote the quit from the EU, it would be time to deliberate having times of neat dialogues with the people anew. For that it would be even necessary a courage to stay upon.

イギリスとEU 離脱への道、熟考を
朝日新聞 2017年6月11日

 イギリスの為政者はまたも、民意を見くびった慢心の代償を払わされることになった。
 イギリスの総選挙でメイ首相率いる与党保守党が議席を減らして過半数を割り込んだ。
 圧勝間違いなし、そう目されていた選挙だった。実に、解散時は最大野党の労働党に支持率で20ポイント近い大差をつけていた。
 その勢いを駆って政権基盤を固め、これから本格化する欧州連合(EU)との離脱交渉に強い姿勢で臨みたい――メイ氏にはそんな計算があるはずだ。
 確かに昨年、国民投票という形でのEU離脱の民意が示されて以来、残留を求める声はイギリスには必ずしも大きくなかった。
 だからといって、国民は強硬な離脱の進め方をまで受け入れたとはいえない。メイ氏はあくまで移民規制を優先し、EU単一市場の撤退も辞さない構えだったが、そのような離脱のあり方を考え直すことを要する。
 他の先進国と同様に、イギリス国民は暮らしの不安を募らせている。緊縮財政で社会福祉の予算が年々削られる。学費の値上げや不安定な雇用の増大の中で、親の世代より豊かな生活を築ける自信がもてない。
 そんな不満を抱く国民が政治に寄せる視線は厳しい。なのに選挙戦で保守党はイギリスがEUを離脱しさえすれば多くの問題が解決するかのような楽観論を繰り返した。メイ氏はテレビ討論での説明すら拒んだ。
 対照的に、福祉の充実や大学授業料の無料化など、庶民に身近な政策を掲げた労働党が終盤に激しく追い上げたのは当然だ。相次ぐテロは国民の不安を強める結果にもなった。
 思い起こせば、昨年、イギリス国民が当時の政権の意向に反してEU離脱に賛成した理由のひとつがエリート主導のEUの意思決定への強烈な不信感だった。
 そして今回、強硬離脱の方針を首相の意思で固めてその信認を迫ったメイ政権に対し、大勢が逆に不信を表明した。
 優先すべき国民の関心事を見極め、国の未来を左右する重大な政策には十分な情報開示と説明を尽くす。その基本動作を怠り理念先行の政治に突き進めば民意の痛いしっぺ返しを受けることを政治指導者らは胸に刻むべきだ。
 メイ氏は少数政党の協力を得て首相重任を表明した。だが、離脱交渉を着実に進める政権の体力はもはや心もとない。
 ここはEUの離脱の進め方について、国民と丁寧な対話を重ねながら改めて熟考する時ではないか。そのためには立ち止まる勇気も必要だろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-06-11 17:35 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 【コラム 葉がつく】小林麻央さん逝去 中国にとっての『広島・長崎』と... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-12 22:48
【書を読む】古谷経衡 「道徳..
at 2017-12-12 17:36
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-06 23:22
【変な言葉】「肉厚ジューシー..
at 2017-12-06 02:12
【書を読む】 ニュースでわか..
at 2017-12-05 23:49
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-12-05 18:58
【Freesia料理】キャベ..
at 2017-11-30 17:22
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-29 02:44
自民山本幸三氏の「あんな黒い..
at 2017-11-28 17:26
【英語訳】中島みゆき 悪女
at 2017-11-28 14:32
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-26 02:49
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-22 03:07
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-21 23:39
つくばエクスプレスの20秒早..
at 2017-11-21 17:56
衆議院の代表質問 立法はそん..
at 2017-11-21 14:32
福岡ソフトバンクホークスの日..
at 2017-11-16 18:25
【日馬富士暴行】外人力士を廃..
at 2017-11-14 21:50
【Freesia料理】冬眠の..
at 2017-11-14 18:20
左翼;右翼;革新;保守 メデ..
at 2017-11-09 02:19
最も正しい 左翼と右翼の定義
at 2017-11-08 21:57
最新のコメント
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング