【総括 安倍政権×東京都知事選挙 合併SP】安倍:「こんな人たちに負ける訳にはゆかないんです。」は問題なし
 昨日は弊ブログがかつて総統と呼び習わしていた菅義偉官房長官が久々に面白いことを記者会見で言ってくれた。
 菅長官は安倍政権の一連の疑惑から、それだけではなくもう少し前から、どうも精神崩壊を来していたのではないかと思っている。会見での話の脈絡が滅茶苦茶で、何を言っているのか分からないような応答がしばしばあった。しかし一昨日の東京都知事選挙での大敗けに至り、何か吹き切れるものがあったのではないかと都議選から一夜が明けた昨日の記者会見には感じられた。
 精神崩壊といえば、小学館のSAPIOの最新号に、落合信彦氏がトランプ大統領が自らのツイッターに存在しない単語を打って出しているのを指してトランプ大統領は精神崩壊に至っていると評する。その単語はどう見てもキーボードの普通の打ち間違いではあり得ないような綴りのものであり、そうとしか考えられないという。尤も、落合氏のジャーナリズムには印象操作が含まれることもあるといわれ、本当の処は過酷な勤務による過労がキーボードのあり得ないような打ち間違えを起こさせたと見るのが妥当であろう。しかし、菅長官は今は極右を含む安倍政権に仕えるが元は梶山派の穏健な保守政治家であり、本来の彼の政治性と今の政権の最高権力者としての政治性との矛盾に耐え切れずに精神崩壊を来していることは考えられる。

a0313715_16405922.jpg で、その「久々に面白いこと」とは都議選での安倍総理の東京秋葉原における最初で最後の応援演説での「安倍やめろ!」のシュプレヒコールに対し「皆さん、誹謗中傷からは何も生まれないんです。こんな人たちに負ける訳にはゆかないんです。」との口上で返したことについて訊かれ:「何等問題ないと思います。」――記者:「何故問題ないといえるのですか?」――菅長官:「問題ないからです。」と答えたもの。菅長官の記者会見を見て笑うのは久し振りで、バウバウ爆笑した。
 そのような言辞は論理学の概念では循環論法(トートロジー)と呼ばれ、論理を形成しないものである。答になっていないとか説明になっていない、理由になっていないとしばしばいわれる口上である。
 多くの場合は循環論法は避けるべきものといわれるが、そのような場合は仕方がない或いは有効なものと重われる。
 何故それが問題ないのか、それを論理的に説明しようとすることは難しいし時間が掛かる。安倍総理ならば「ないことは証明できないからです。」というかもしれない――「ないことは証明できない」という命題は誤りで、或るローマ法の法理学を日本の法律家が勘違いして解釈したことがその由来。つまり日本にしかない命題。――。
a0313715_16435737.jpg 世の中には「あるからある。」や「ないからない。」、「良いから良い。」、「悪いから悪い。」としかいいようのない事実や概念は時折にある。古くは社会党の土井たか子委員長が消費税選挙の時に言った「駄目なものは駄目。」。
 政治は議論がものをいうとはいえ、政治家はプロの議論家ではないのでどうしても循環論法で語らざるを得ない場合がある。――勘違いしてはならないのは、議員などの政治家は職業(プロ)ではないということである。議員歳費なんかもアマチュアの活動家への臨時報酬(ギャラ)であり給与ではない。偶にテレビの討論番組なんかで「議員の給料が高過ぎる」などと語る識者がいるがそれは誤りであり、議員歳費は給料ではない。――

 循環論法はしばしば「貴方とはお話にならない、引き取り願う。」という意味合いで用いられ、菅長官のそれは正に「こんな記者に応える訳にはゆかないんです。」ということでもあろう。私も嫌である。
 今村前復興大臣なんかも、その位の弁が立てば問題なかったかもしれない。
 弁が立つとはよく考えているということでもあり、そうであればそもそも「東北でよかった。」などという発想すら出ては来ないのである。

 安倍総理の「こんな人たちに負ける訳にはゆかないんです。」を問題視する人達は自らが責任を負う役目を引き受けたことがないのではないか。
 責任を果たすためには正にそれを果たさせなくするような「こんな人たち」を斥けなければならないことがある。
 殊に民選政治においては、全ての人が等しく納得するような責任はない。「こんな人たち」には振り回されないことが政権交代のある民主的政治である。民主党も、自民党という「こんな人たち」に動かされてはいけないという認識から生まれて成長し、政権を担うに至った訳である。
a0313715_16455034.jpg 故に、「こんな人たちに負ける訳にはゆかないんです。」を非難する人達は政権交代を否定している訳で、ならば自民党永久政権でよいでしょうということになる。
 責任を負う程ではない場合にしても、国民各位は散々「電車で化粧をする人たちを認める訳にはゆかないんです。」とか「暴言や失言を吐く人たちに負ける訳にはゆかないんです、負けてるけど。」と言っている。
 故に、安倍総理の「こんな人たちに負ける訳にはゆかないんです。」の言葉そのものには何の問題もない。「安倍やめろ」を連呼した人達は少なくとも彼等安倍政権にとっては重大な排斥の対象なのである。
 あのシュプレヒコールは国民各位の個人としての思いとは到底に見えない、「人として尊重される」国民の集団として周到に計画されたものであろうと見える。安倍自民党憲法に忠実である。彼等の頭である安倍総理が偶々その任に耐えなくなったから辞めさせて首を挿げ替えて新たに安倍2号を担ぎたい、どうもそれだけのメッセージなようである。
 「国民を「あんな人たち」とは何か?!」、それが正に「すべて国民は人として尊重される」という安倍自民党憲法の論理である。
 故か、安倍政権を支持しない、自民党を支持しない、それもかなり強くそう思う人々に、件のシュプレヒコールとそれに肩入れするように報じた東京新聞を否定的に見るツイートが多くある。翌日のANN報道ステーションなどはそのような見方を一切も顧みずに安倍総理に否定的な報をした。

a0313715_16483776.jpg イギリスのサッチャー総理は保守党の代表として野党であった時には与党、自らの政権を立てた後は野党の労働党を指してしばしばというか年中、「こんな人たちに負ける訳にはゆかないんです」と演説や答弁をしていた。そしてそのように言っていた間は支持が増して常勝であった。
 そこが安倍総理のそれとの違いであり、彼はそのように言い出したら敗けた。同じような調子にせよ、それが「こんな人たち」ではなく「民進党」という組織をいう間は常勝であったが、サッチャー総理が言っていたのは労働党の組織だけではなくそれを支持する個々の人達をも明らかに指していた。安倍総理は「民進党などの野党にも建設的議論に参加してくれる人は少なくありませんが、」と変に控え目である。そこは時代背景や状況に鑑みない、メッセージの持ち得る訴求力を考えない安倍政権の現実味のなさによるサッチャー政権との違いであろう。
 当時の労働党の支持者達は明らかに「こんな人たち」、即ち人にあらざる者であり、彼等を斥けなければイギリスはどうにもならなかった。今の日本にもそのような人達は当時のイギリスよりも多いかもしれない。
 反安倍や反自民を自負する人々にも、思い当るような「こんな人」や「こんな人たち」はいるであろう。
 しかも安倍総理はそんな彼等を直ちに排斥せよというのではなく、「戦って勝たなくてはならない」と言ったのであり――彼等には勝ったが全体では敗けた。――、「こんな人たち」が尚更に寛容で有り難いと思うべきものである。彼等にこそ、安倍の外に相応しい指導者はいない。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_18080681.gif
    ●時事通信(日本 東京)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-07-04 16:50 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 【Freesia料理】黒オリー... 戦後昭和~平成の鉄道車輌 &#... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党(水月会)と民主党(民社協会)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
花王ハミングファインの「オト..
at 2017-07-22 23:59
或るプリミティブな大衆迎合―..
at 2017-07-22 17:03
【Freesia料理】朝鮮風..
at 2017-07-15 19:04
【Freesia料理】黒オリ..
at 2017-07-15 17:50
【総括 安倍政権×東京都知事..
at 2017-07-04 16:50
戦後昭和~平成の鉄道車輌 '..
at 2017-07-02 17:52
【総括 安倍政権】安倍政治と..
at 2017-07-01 21:35
【英語訳】スピッツ ロビンソン
at 2017-07-01 17:35
安倍総理「印象操作」は本当か?
at 2017-06-27 16:30
【追悼】小林麻央 アナウンサ..
at 2017-06-25 17:56
【考察英語】BBCの小林麻央..
at 2017-06-24 17:15
【コラム 葉がつく】小林麻央..
at 2017-06-24 14:43
【英語訳】社説 朝日新聞 2..
at 2017-06-11 17:35
中国にとっての『広島・長崎』..
at 2017-06-10 21:49
【Freesia料理・Fre..
at 2017-06-06 19:10
【英語訳】Mr. Child..
at 2017-06-03 19:45
【英語訳】スピッツ ヘビーメロウ
at 2017-06-03 18:03
Buy America♡――..
at 2017-05-27 20:22
【Freesia料理 韓国大..
at 2017-05-13 20:30
【フランス大統領選挙】マクロ..
at 2017-05-09 18:45
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング