【安倍改造内閣】100万円の札束を突きつけられたような…

 『FNSうたの夏まつり』を何となく観ていると、FNNニュース速報が入り、例の大雨洪水についてかと思えば安倍内閣の改造の人事の内定を告げるものであった。
 内閣の改造でニュース速報が出るのは今までにも幾度か目にした記憶があるが、民主党政権の時の記憶はない。民主党の時も同じように速報を出していたのかとふと疑問になる。
 出していたのであっても、それ程にこの数年の安倍政権へのバイアスが強く感じられているということである。

 安倍内閣の改造がなされた。

a0313715_18512030.jpg その全容が明らかになったのを見るに、先ず感じたのは物凄く馬鹿にされたような感じ。
 人事の内容の一々が馬鹿にしているのではなく、その全容が「安倍政権発足 まずは安全運転」と喧伝されていた2012年末の安倍政権の発足の時の閣僚の人事が連想されたからである。
 厳しい批判と支持率の低下を受けての「安全運転」、それが振出の光景と重なる訳である。当時に戻ったかのような気がする。
 安倍政権が『日本を、取り戻す。』ための新しい政治をしたい。――「でも、これ位に抑え目でないと支持されないよね。」――安倍政権がこれまでの4年半に亘り高い支持率を維持している最も大きな理由もそれにある。「安全運転」を装っていたからであり、この度の内閣の改造もまたその路線(メソッド)に忠実である。稲田朋美元防衛大臣などが安倍思想への忠実さの故に失職することはその意味では計算ずくであったといえる。想定の範囲内のリスクマネージメントなのである。

 その「安全運転」こそが国民の、少なくとも弊ブログの最も忌み嫌う安倍政治の在り方である。この内閣の改造では、それがかなり強く現われる。

a0313715_18523981.jpg 但し少しは違うと思わしい処もある。広く報道も注目している、河野太郎外務大臣と野田聖子総務大臣の起用である。彼等はそれぞれ麻生派志公会と無派閥であり、一概に自民党の現在の反主流派、即ちリベラル派とはいえどもその呼び声の久しい岸田派宏池会――それもこの改造ではかなり重用されている。――とは異なる。彼等は弊ブログの予てより最も注目して期待する政治家の一人である。

 「馬鹿にされたような感じ」・「注目と期待」――それらを兼ね合わせて見ると、「100万円の札束を突きつけられたような感じ」である。たかが100万円で片を付けようとすること・されど100万円が手に入ること、その喜怒相半ば。

a0313715_19123702.png ANN報道ステーションの後藤謙次解説員がそれをメッセージに乏しい内閣と評したが、そうではあるまい。
 メッセージは単刀直入、「安倍総理は初めからリベラルを志向しています。」。この4年半に言われていた所謂安倍政治というものはいわばしたくはないファンサービスである。それが稲田氏の辞任などにも由り、やっと終われる状況になっている。
 政治家安倍晋三にとり、内閣に重用している宏池会は戦争犯罪人の爺が立てたような雑種の派閥とは違い、羨ましくて堪らない、自分の政治に取り込みたいとかねがね思っている存在である。何しろグッドイメージで経済に強い。アベノミクスもそもそもその基本の発想が宏池会的マクロ主義である。麻生派と岸田派の合併による大宏池会構想が報道にいわれているが、安倍総理の宿願は麻生派とではなく自らの属する細田派清和会との合併ではなかろうか?
 さように、安倍総理は岸信介爺や歴代の清和会政治には忠実ではない。そのような見方は反安倍の報道メディアが飯の種にするための妄想に過ぎない。
 それが良いか否かはともかく――弊ブログは良くないと思うが、――安倍政治は左寄りのリベラル志向なものである。今の世界の指導者等で安倍政治に近いのはフランスのマクロン大統領と思われる。
 日本にもこの夏に、マクロン政権みたいな政権が出来た訳である。但し、フランスと日本の大きな違いは官僚の質にある。素人が大統領になったマクロン政権は官僚恃みとなりそうであるが、向こうはそれでも治まる。

 しかしそこで先ずは躓きとなると思われるものは経済である。

a0313715_19164724.jpg 内閣の改造と時を同じくし、企業の一時金の支給額の平均が5年振りの減少となったとの報がある。
 5年振りといえば2012年、野田政権の消費税国会の頃であるが、そこでの減少は経団連が政権交代の布石を打つために態と減らしたものであり、景気は当時が安倍政権となる2013年以降よりも良い状況にあった。
 しかし、今回は態とではなく、一時金の支給可能額が本当に減ったようである。
 基準賃金の平均は漸次に増えているが、基準賃金は景気との関わりはなく上がるものであり、アベノミクスの成功の証にはならない。
 アベノミクスは失敗に終わっていると、如実に示された。
 故に内閣の改造された安倍政権が経済の優先を説くなら、アベノミクスの破綻をも謝罪せねばならない。とはいえども経済の先行きはアベノミクスの破綻と一時金の減少などにより決定的に暗くなったのではなく、これから取り得るのはそれとは異なる新しい経済政策である。河野外務大臣や野田総務大臣を見るに、その望みが自ずと湧き出て来る。面白い時代になりそうである。元々中身のない標語だけを掲げるのが安倍政権の方々の能なので、そこに中身を込めたり或いは標語の一部を変えたりすることは河野や野田がおしつけられた役目である。「太郎ちゃん、聖子ちゃん、何とかできないかな??」。それをおしつけられた役目に終わらせるのではなく如何に河野や野田が自らの務めとするか、自分の意思で治めるかが重要になる。

 もう一つ、そんな気がすることは安倍総理はこの内閣の改造によりこの国の王となったこと。

a0313715_19183049.jpg 先日までは裸になっていた安倍総理が、それではお寒い、地球の裏側は冬だしということでマントを着ることになった。安倍総理が裸マントで凌ぐのがこの内閣である。
 つまり、安倍総理の独自の力は粗なくなったと見える。憲法の改正もまたいつの間にか立ち消えになるかもしれない。後は新内閣による集団統治の適当な雰囲気造りに徹することが安倍総理の役目である。政治学の概念ではa lame duck、腐った阿比留あひると言うが、肉は腐り掛けが最も旨いともいい、政治のa lame duckもまた侮れない状況であるといわれる。女体にも腐ったあひるの肉を盛ると良い。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2017-08-04 19:19 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 【安倍改造内閣 変な言葉 合併... 乳首と監視社会 >>