【英語訳】社説 朝日新聞 2017.3.25
Authorising in the moral studies――Got constrained by an adoption to the subjects
the Editorial of The Rising Sun (Asahi Shimbun, Osaka, Japan)
on Sat. 25th March 2017

The Ministry of civilisation and sciences told to aim at 'conceiving and disputing moral studies'. As the efforts, could be the opinions on the authorisation there, here the textbook.
MCS officially announced the outcomes of the authorisation on elementary schools, under that the moral studies is getting in the subjects since spring of the coming year.
a0313715_17190263.jpgSuch as doing conversing, presenting or playing a role of a hero and considering it: the ways on learning certainly got diverse.
However, the contents vital are in a trussed-up with the guideline on learning.
Try to see some concrete examples on the authorisation.
The guideline puts 22 of points of moral, for the contents of the moral studies, such as 'the honesty and the sincerity', 'the moderation and the temperance', 'the courtesy' and 'the gratitude'.
Different to the other studies, those meant not have any ground neither objective nor scientific. But so those written on the guideline, that the textbooks never getting on as it not covering the all.
Additionally the opinions out of the authorisation have seen that it'd be the improper as that not attaching the concrete items written on explanations of each ones of the points of moral.
For example, the guideline shows for an object of 'the gratitude' the seniors. Therefore that about the gratitude to 'a senior' in a region which some former textbook had was rewritten to 'an old'. 'An athletics' found at explorations in a town, in a reason of 'a respect of the tradition and the bunka', was altered into 'a shop of harps and triple liner strings'.
a0313715_17212267.jpegAmazed on them too much the ladling-ruler. That the textbook first on 'conceiving and disputing moral studies' made by such a constrained posture on the authorisation should be nothing but the irony.
The State rules the contents of points of moral by the guideline and adopts the textbooks made based on it further, the double bound's made the livery textbook. As the Editorial of the Rising Sun has raised a skeptical mind to the adoption of the moral studies to the subjects, the mind just got deeper.
The aim on the moral studies is to let the children's eyes see the challenge of 'how to live'. That should never stay on the frame of points of moral MCS settled originally.
As teachers have a duty to use the textbook, MCS too has never forbidden use of any original teacher tools.
The one we like to request to the leading teachers is a posture that every their idea must be with their pupils and students they are responsible for. We want them to try their guidance to touch the heart, seen any situation surrounds each ones of children or the classes, seen any events around them as the material.
We like the education committees and the heads of schools to respect any intention on the spots as much as they can and to secure rooms on their contriving. For them like to bring it up truly by their mind the conceiving and disputing ability, they should see some classes reading the textbooks critically adapted to the stages of growth, doubting the contents itself.


道徳の検定 教科化で窮屈になった
2017年3月25日(土)

 文部科学省は「考え、議論する道徳」をめざすという。その取り組みが、あの検定意見であり、この教科書なのだろうか。
 道徳が来年春から教科になるのに伴い、文科省が小学校の教科書の検定結果を公表した。
 話し合ったり発表したり主人公の役を演じて考えたりするなど、学習方法はたしかに多様になった。
 しかし、肝心の中身は学習指導要領にがんじがらめだ。
 検定の具体例を見てみよう。
 指導要領は道徳科の内容として、「正直と誠実」、「節度と節制」、「礼儀」や「感謝」など22の徳目を定める。
 他の教科と違い、それらに客観的または科学的根拠があるわけではない。だが指導要領に書かれている以上、教科書はすべてを網羅しなければならない。
 加えて検定意見は一つひとつの徳目の説明に書かれている具体的事項にふれていなければ不適切とした。
 例えば、指導要領は「感謝」の対象として高齢者を挙げる。そのため元の教科書にあった地域の「おじさん」への感謝は「おじいさん」に書き換えられた。町探検で出合った「アスレチック」は「伝統と文化の尊重」を理由に、「こととしゃみせんの店」に変更された。
 あまりの杓子定規ぶりに驚く。「考えて議論する道徳」の最初の教科書がこんなに窮屈な検定姿勢から生まれるとは皮肉以外の何物でもない。
 国が徳目の内容を指導要領で定めてそれに基づいてつくられた教科書を改めて検定する、その二重の縛りがお仕着せの教科書を生んだ。朝日新聞の社説は道徳の教科化への疑念を投げかけてきたが、その思いは深まるばかりだ。
 道徳の狙いは子どもたちを「いかに生きるか」という課題に向きあわせることにある。文科省が決めた徳目の枠内にそもそも収まるはずがない。
 教員には教科書を使う義務があるが、文科省も独自の教材の使用を禁じてはいない。
 一線の先生に求めたいのはあくまでもあらゆる着想は目の前の児童生徒になくてはならないとする姿勢である。一人ひとりの子供や学級をとりまく状況を踏まえ、身のまわりの出来事をも素材にし、胸に届く指導を試みてほしい。
 教育委員会や学校長には現場の意向を最大限尊重して工夫の余地を確保してもらいたい。考え議論する力を本気で育てたいのなら、成長段階に応じて教科書の内容そのものを疑い、批判的に読む授業をも認めるべきだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-03-25 17:16 | 文明論 | Comments(0)
<< 【書を読む】橘玲 言ってはいけ... 【ちょっと知りたいキリスト教】... >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党(水月会)と民主党(民社協会)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【Freesia料理】spa..
at 2017-04-26 18:23
【追悼】渡部昇一 上智大学名..
at 2017-04-18 17:34
【コラム 葉がつく】生涯の重..
at 2017-04-12 20:21
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:10
【アメリカのシリア空爆】一石..
at 2017-04-08 18:52
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-04-04 23:11
【英語訳】槇原敬之 どんなときも
at 2017-04-01 19:15
【考察日本語】『吉澤準特【3..
at 2017-03-29 19:34
【書を読む】橘玲 言ってはい..
at 2017-03-25 19:39
【英語訳】社説 朝日新聞 2..
at 2017-03-25 17:16
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-03-22 19:13
新聞の言葉は「脳に良い」のか..
at 2017-03-22 17:13
【Freesia料理】ロース..
at 2017-03-18 17:31
東急2020系 2018年春..
at 2017-03-18 13:41
北朝鮮大使 persona..
at 2017-03-07 20:09
北朝鮮大使 persona ..
at 2017-03-07 17:22
【考察日本語】「ブーメランを..
at 2017-03-01 16:21
教育勅語を読む
at 2017-02-26 18:01
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング