【解散総選挙】自分の思いよりも相手の矛盾を語りたがる日本の政治

賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 今日の2つ前の記事にも語ったように、解散総選挙への流れを受けて報道や野党が大義のない解散であり身勝手な解散であるとの批判をくれている120.png
 如何なる動機や思わくによろうとも選挙は憲法の定める主権在民を表す重要な行事であり、それを否定するようなことを云っては憲法に反する。尤も、最大野党民進党の前原誠司代表は安倍総理の解散の決断の動機や思わくを自らの政権を巡る問題を逃げるものとして批判するが選挙そのものを不適当としてはいない。しかし他の民進党や共産党、社民党の政治家と諸報道は選挙そのものを否定する批判をツイッターやテレビ報道の会見などにおいてしている。
 また、与党の側に立つ者の中にはそれらの批判を批判するものとして「解散しろと云っていたのは自分達なのに解散はおかしいというのはおかしい。」というように言う。
 弊ブログは「解散しろと云っていたのは自分達なのに」ではなく、「解散は憲法が保障する権限であり、それを受け入れないことは許されない筈なのに」と批判する。

 今般は殊に野党の側に目立つことであるが、与党の側もまた、政治や世事における重大な履き違えがあるといわざるを得ない。
 その履き違えは時に「日本の文化」とも言われるような、日本の重大に悪質な性向と見られる。

 それは自分がどう思うかや物事の道理ではなく、相手がどう思うかを常に基準にしてその矛盾を突くことを以て批判とすることである。ぶっちゃけ、相手が間違ってさえいれば自分が間違っていても全然OK、間違いを突いて暴くことに意義と価値があるとする。

 大義がないとは問題がないということであり、つまり選挙をする必要はないということであり、つまり安倍自民党・公明党政権が続くべしということになる。そんなことを野党と報道が云っている。野党と報道が安倍政権与党に対する国民の批判を封じている訳である。それは森友・加計問題などの安倍政権の疑惑を「悪いことではあるが責任を負うことはない。」と宣言したことになり、延いては自らの悪事に関しても責任を負うことはないと云っているものである。
 余りそれを言うと「ならば野党は駄目、自民党に入れよう。」といわれることになりかねないが、大義がないなどと云う人達の票は要らない。彼等は自分達が国民の何%しかいないのかを調べてみるがよい。彼等の言い草をグロテスクと思う人の票と思いが野党には必要である。

 安倍総理が「揚げ足取りはやめて下さいよ。」とか「レッテル貼りはやめましょうよ。」とか言っているのがおかしいのは自分達自民党もしばしばそのようなことを他党の程に目立つようにではないにせよしているからであるが、そのような文脈を度外視してみればそれらは真面でその通りな指摘といえる。揚げ足取りやレッテル貼りで成り立っているのが今般の野党共闘であり、安倍自民の一強を覆すためにはそんなものは一分でも一秒でも早くなくさなくてはならない。民進党の前原代表の考えもそれに近い。

 「お前のためを思って云ってやっているんだぞ。」――野党や報道が殊に安倍政権に対してしていることはその一言に集約し得る。自分達が何をどうしたいかではなく、人の言うことやすることの矛盾を暴き出して阻む。それは体制の側が異論を潰して抑圧するための常套手段の一つであり、日本以外では自由や民主主義を軽視する独裁的体制の手口である。どちらが野党であり与党であるのか分からない。また、それは予算がどうであるかなどの端的事実の指摘とは全く異なる。「矛盾」――その言葉が日本の政治と社会を解く鍵となるものである。問題にするべきこと、批判するべきことは矛盾の外にも色々とある筈なのに、矛盾にしか関心を寄せない、それが政治というものであると思っているのである。

 そのようなことは宗教のような極めて積極的事柄にも発揮される。
 有名なのは「仏教徒が肉を食べるのは矛盾」や「キリスト教徒が酒やたばこをするのは矛盾」などである。食べ物についてだけではなく性や道徳についてのそのような言い草も日本には多い。「育児を助ける政策を訴える身でありながら不倫をするとは酷い。」というのも同質である。
 尤も、キリスト教徒は酒やたばこを避けるべしという人々はアメリカには多い。日本は明治以来にアメリカの影響を強く受けている故にそのようなアメリカの一部の思想が近現代の日本の思想に影響しているともいえる。但し向こうは周りが皆同じように思うものであり、即ち云う側は相手と同じ思想を共有するものであるが日本はそうではない、あくまでも相手とは異質な者として「云ってやる」のである。
 日本人は自分が何を信ずるかよりも他人が何を信ずるか、信ずる通りにやっているかに関心を持ち、語り、その美しさを称賛し或いは矛盾を突く。
 「信ずる通りにやっている」とは'playing as he believes'、つまり、信仰を演技としか思っていない。政治や生活も全てが演技でしかなく、自分を愉しませるような演技を求める。故に日本の政治は「小泉劇場」や「安倍劇場」などと呼ばれる。
 それは決して他人にとっての自分の尊重ではなく、あくまでも自分に演技を見せるべき他人の「ため」である。一億総舞台監督や演出家であり、土下座も当たり前である。勿論、土下座をさせてはいないと弁明しなくてはならない。

 故に、自分を信じろとか自分に正直になれとかも全ては嘘であり、矛盾を突かれるための題材を作っておくことを求めるものに過ぎない。
 そのような国民性からはなかなか良い野党は生まれないのである。同時に、良い与党もまた生まれない訳である。

 「違うじゃない?、違うじゃない。」、日本の政治家の多くは豊田議論方式である。歴代総理や党の代表には偶々禿は少ないが、菅直人は言われている内に本当に禿げて来ている。

 日本人がそのような国民性になっているのは何故か?
 先の明治以降のアメリカのピューリタンの価値観の影響も一つであるが、他にも幾つかがある。
 重ね重ね言うが、ピューリタンは日本の反矛盾主義とは似て非なるものであり或いは似ても似つかないものである。ピューリタンは自分を大切にする志向が強く、他人のことには構わない。批判精神や身ぎれいを好むとはいえども、自分のことよりも他人のことに関心を抱く反矛盾主義とは異なる。日本にピューリタン的な人々がいるとすればそれは韓国・朝鮮系であろう。
 大きな一因は日本の豊かさにある。その第一期は明治の文明開化と富国強兵であり、第二期は戦後の復興と高度経済成長及びその余波である。
 尤も、経済成長や豊かさが人間を歪めるのではないが、日本のそれには反矛盾主義を生み出すような処がある。
 経済成長とその結実としての豊かさにおいては、自分がどう思うか、何をどうしたいかは必ずしも求められない。それを考えなくても人は一定の地位と所得、生活を得ることができるからである。勿論経済とその成長を生み出すためには誰かがそれを考えなくてはならないが、多くの人は少数の彼等に群がるだけでもよい訳である。無論、本当にそれだけの人が多くを占めている訳でもないが、かなり多いのは確かである。生きるための資源が豊富に揃い、その分配を図る際には分配を受ける側は自分がどう思うか、何をどうしたいかを何も考える必要がない、分配されたいと思うだけでよい。資源だけではなく地位もまた分配の対象であり、高い地位の者が必ずしも資源の量質や出処について考えて分配する側であるとは限らない。
 そのような状況に「どっぷりと浸かって」育って生きて来た人達が社会の指導層を退くにはもう数年は掛かる。今はまだ彼等の下に揚げ足取りやレッテル貼り或いはそれらに対する揚げ足取りやレッテル貼り…をメディアや伝聞を通して観戦させられ続けなければならないのである。安倍晋三総理はその象徴の役を張って来たし、蓮舫はそんな彼等の論理の下でしかものを言えない身を演じて来た。
 豊かな日本の論理とは「何であんな奴(等)がいい思いをしているのか?そんなことでよいのか?」などである。それが政治の主題や課題となっていたりする。あんな奴とかアベとかはどうでもよいのであり、大切なのは自分が良い思いをすることができるようになることな筈であるが、それが政治化された試しは殆どない。日本の政治の良い成果の殆どは時代毎の世界共通の理論の通りにした場合である。
 そのような日本の在り方がしばしば「村社会」と呼ばれることがあるがそれは実在する村社会に失礼であり、正しくは「配給所社会」である。確かに、それなら物資の受け取りを待つ行列を乱すことはできなかろう。東西冷戦は少なくとも日本においては存在しなかったのである。

 配給所社会における自分の意見とは精々、行列を待った末に受け取れた物資についての感想だけである。「物資」と言うが、無形のものもまた物資であり、配給の対象である。よって言論もまたそのような感想と消費の対象としかならない。見るからにその鉄則に忠実な論者は由々しいことではあるが、却って清々しく見えたりする。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土

[PR]
by keitan020211 | 2017-09-19 21:55 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 【解散総選挙】「大義がない。」... 文化放送が他局の出身のアナウン... >>