最も正しい 左翼と右翼の定義
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 直前の記事には『最も正しい リベラルと保守の定義』と題しリベラルとは何か・保守とは何かの疑問を氷解させていただきました。
 何れも時代により変わってゆく相対性と粗変わらない絶対性が絡み合い或いは別れて成り立つ。
 故にリベラル派と保守派をきれいに分けることはできない。

 「リベラルと保守」の他にもう一つある色分けは「左翼と右翼」です。
 そう話を持ち掛けると手頃なAIのように「リベラルは左翼・保守は右翼」と瞬時に仕分けする人々が跡を絶たない。
 先ずはそのような観念は毛頭から切り落として下さい。枝野の毛のような話です。但し誤って耳を切り落とさないように。

 「リベラルと保守」と「左翼と右翼」はそれぞれ別の次元のものであり、それらも時代によって絡み合ったり別れたりして成り立つものです。
 しかし今までの歴史の積み重ねと破壊からの大雑把な区別はあり、この記事にはその区別を解説します。

 リベラル:自由を守り或いは拡げることを志向すること
 保守:自由を守り、それを拡げることには慎重となること

 リベラルと保守は『自由を守る』ことにおいて題目が一致します。しかし題目が同じでもそれぞれのおかれている状況や身上は違い、何をどう守るかについてはしばしば違いがあります。
 弊ブログのいうリベラル保守は是々非々主義で、自由を場合によっては拡げることを認めて場合によっては慎重となることを志向します。何が是となり何が非となるかは個人と社会、国家のそれぞれの伝統や利益を慎重に勘案して決まります。その「慎重に勘案」は「総合的判断」とは異なるものであり、リベラル保守は総合的判断というものを善しとはしません。なので小池百合子東京都知事などの言う「総合的判断」はリベラル保守としてはやや邪道なものとして懸念します。尤も、小池知事は音喜多君のような今時の頭の弱い方々にも通じるような言葉遣いを試みてそのように言っているのであり、彼女自らが総合的判断というものに恃むのではない、その意は「慎重に勘案」の言い換えに過ぎないと思われます。しかし「慎重に勘案」と言うと官僚くさいと思われかねないし、「じっくり考える」と言うと素人くさいと思われかねないので仕方なく頭の弱い人達に合わせてやっている訳です。
 総合的判断とはグローバリズムの根をなす発想であり、英語では'judging globally'、左翼思想の流れを汲み、リベラル保守の観点から見れば警戒すべきものです。つまり、グローバリズムを信じる人は頭が弱い。頭が弱いから油を売るしか能がない。
 尤も、左翼は個人として必ずしも警戒すべきかといえばそうではなく、それについてもこれからの解説で浮かび上がるかと思います。

 総合的判断は栄養バランスとよく似ています。
 人がどんな栄養のあるものを食べるかは彼のいる所にはどんな栄養のあるものが獲れるかに左右されます。どんなに欲しい物もそこになければ手に入りません。
 故に、本当は栄養バランスというものは意味のないものです。
 獲れる物を食べれば自ずと力が出て長く生きられる、それが人の世の常です。
 しかし流通経済の発展により、そのような不可能性は著しくなくなって来ています。流通経済を支える最も大きなものは石油です。
 いつでもどこでも何でも食べられる世界――そこに栄養バランスの概念が生まれた。
 体の求めるものには鈍感でも、栄養バランスを守れば健康になれる、そう信じる人々が跡を絶ちませんが、そもそもがあり得ない状況に基づく思想です。
 総合的判断というものも、本来なら必要のない情報をまでも判断の材料にしてそれらのバランスを図る判断なので、必然に無駄が生じる。無駄は早死にの原因の一つです。
 そんな時代の状況を映すかのように、日本の食糧の自給についての見解は定まっておらず、自由貿易協定の是非を巡りよく分からない紛糾が生じ、何が本当なのか明らかになっていません。

 左翼:何でも自力でしようとする人々
 右翼:人に頼ることを善しとする人々

 食糧に関していえば、左翼は何でも自国の農業を通して調達しようとする。右翼は貿易による調達を重視する。故に左翼は自由貿易の促進には反対して右翼はそれに賛成する。
 ――というと、「あれ?」と思う人が少なくないかもしれません。
 「左翼は自力主義で右翼は他力主義」とは、全く逆なのではないかと。左翼は国に頼りたがるし右翼は自己責任を云う、そうではないのか?
 その見方は1980年代からかなり大きく捩れ(ねじれ)て出来たものです。
 「'80年代」といって手頃なAIで瞬時に算出されるのはサッチャーとレーガン。所謂新自由主義を勧めたイギリスの総理とアメリカの大統領です。
 その捩れは保守が左翼の思想を取り入れ、片や、革新が右翼の思想に影響されたことにより生じたもの。
 サッチャーとレーガンは保守派の政治家ですが、新しい時代を打ち出して支持を得るために旧来の左翼の思想を取り入れた、それが新自由主義であり、元々は左翼思想です。自力主義を基調として政府を小さくする、それは元々は万民の解放を目指す共産主義革命を目指していた労働者階級の思想であり、ソビエト共産主義を倒す傍らでこっそりと取り入れられたものです。ソビエト共産主義を倒す理由は元々は小さな政府を志向していた筈の共産主義革命が実際には大きな圧政の政府にしかならなかったこと、サッチャーとレーガンはいわば本当の共産主義を実現するべく新自由主義的政策を打ち出していたのです。「こちらが本物の共産主義ならばあちらの贋物の共産主義は滅ぶ外はない。」、そういうことです。
 そのように保守は時に左翼的政策を志向することがあります。政府の大小だけではなく、積極的社会政策や貧困の解消などです。捩れを解消するために重ねて云いますが、左翼は小さな政府を志向するものです。
 その意味から見れば、安倍政権の政策が近年に大きく左に傾いているのは保守であるからとはいえなくもありません。但しその傾き具合が緩く、微温的であり、ラジカルではないのが保守らしくない処です。保守は元々、ラジカルなことを好む。自らが穏健中庸である故に自らには元々はないラジカリズムに憧れる処がある。
 安倍総理は保守ではない、急進左翼であるという批判は意味のないものではありませんが、保守は徹頭徹尾穏健中庸でなくてはならないという要求がそこには見え、人間の不思議というものにやや鈍感な感じがします。

 穏健中庸を志向するのは保守の他にもう一つ、革新という勢力があります。
 革新は左翼のようにラジカルではなく、国と社会を穏健中庸に改革してゆこうとする人々。
 今は余り革新とは呼ばれずリベラルと呼ばれることが多いが、リベラルは左翼と右翼の両極ではない革新と保守を大雑把に総称するものであり、革新勢力だけをリベラルと呼ぶのは間違いです。
 その穏健中庸を自分達革新勢力だけではなく保守勢力にも求める。互いに穏健中庸を持して竟には互いに納得づくで政策の合意に達しましょうというのが革新勢力の基本的思想です。納得づくで合意に達するのは穏健中庸な革新と保守だけで、左翼や右翼のような極端な人達は相手にしない、合意に反すれば最大限に非難、それが革新の発想です。
 どこかで見たことがないでしょうか?――2012年の消費税国会を巡る自民党のあり方です。保守の野田総理をしつこく引き摺り回して納得づくの合意を迫る谷垣総裁、私の感想を言うと自民党がかくも卑しく醜くなったのを見たのはそれが初めてですが、それが凡そ革新派の平均的姿です。少なくともあの頃は、自民党は革新政党であったし、今も安倍総裁の下でかなり強い力を保っています。
 ラジカリズムや急進的改革への許容度は、寧ろ革新は保守より狭い、いわば絶対穏健中庸主義。栄養バランス至上主義。

 左翼:何でも自力でしようとし、それではどうにもならない場合のみを国が助けるべしとする人々
 革新(中道左派):自力を基調としつつ、自力の限界を認めて国による分配を是とする人々
 保守(中道右派):世の中には様々な人がおり、自力か他力かは一概にはいえないので是々非々主義の人々
 右翼:人に頼ることを善しとし、国は頼る宛てのない人々のみを助けるべしとする人々

 という四つの政治と社会に関する考え方の類型が浮かび上がる。

 こう挙げると最も常識的なのは保守、中道右派であり圧倒多数はそれ支持するかと見えますが現実はなかなかそうではありません。
 「自力を基調としつつ、自力の限界を認め」――それがより常識的であると思う人々、革新、中道左派が最も多い。
 次いで右翼が多い。
 保守、中道右派は第三の勢力に過ぎない。
 左翼は昔は最大勢力であったが今は形を変えて他の勢力へ移るなどして著しく減り、最少の勢力。

 保守が第三の勢力に過ぎないことは昨今の政局において第三極と呼ばれる党派がしばしばあることからも窺えます。それらが皆保守ではなく、例えばみんなの党は革新であるし次世代の党は右翼ですが、日本維新の会や希望の党は保守であるといえます。今の時代にあっては保守はその位の規模の勢力をしか持てない。
 現代は「世の中には様々な人がおり、自力か他力かは一概にはいえないので是々非々主義」を信念が弱くて日和見主義なことと解する人が多い。或いはそうは思わなくても、そのような人は具体的にどんな人かのイメージを想い描きにくい。自己像、セルフイメージもどうしても希薄で『なりたい自分』とは随分と違うように思える。悪いイメージは湧かないけれど良いイメージも湧かない、希望の党の先の総選挙における公約の示し方にも保守のそのようなイメージを地でゆくようなものが感じられます。

 その四つに随い日本の政党を色分けすると<左から多い順>:
 民主党-民進党: 保守・左翼・革新
 自民党: 革新・保守・右翼
 公明党: 革新・保守
 立憲民主党: 革新・保守
 希望の党: 保守・革新
 共産党: 革新・左翼・保守
 日本維新の会: 保守・左翼
 日本のこころ: 右翼・保守

 どれもごった煮で、革新勢力が最大を占める党が最も多い。革新と保守の総称をリベラルというので、リベラルではない党はないことになる。
 安倍自民党の圧倒多数の票も、革新、中道左派が大多数を占める今の日本や世界の反映です。安倍総理自らは保守派でも、全体としてはどうしても中道左派になるのです。
 その状況を、革新、中道左派を自認する人々が「安倍政治を許さない!」と非難するのは理解に苦しみます。私のような保守やこてこての左翼がそのように言うのは分かるけれど、安倍自民党と同じような発想の人々が反安倍に多い。

 しかも、保守が左翼と時に相通じるのとは逆に、革新は右翼と時に相通じる傾向がある。
 革新と右翼のコラボレーションとして象徴的なのは戦前は岸信介と革新官僚、今は「日本すごい!」のコンテンツの数々。
 「日本すごい!」は右翼が作り出して盛り立てているものと思われているらしく、弊ブログも前はそのように思っていましたが実態は違い、主に中道左派が作り出して盛り立てているものであるらしい。そのことについては最近の記事にも言及し、国の誇りの欠乏を自覚している中道左派の人々がビタミン剤のように服用しているのが「日本すごい!」系であることが最近に読み解けて来た。反日と思われないようにファッションとして観ている、そこで今までは隠していた国粋主義を解放する。そして観終わるとしれっと安倍政権の批判…。
 右翼はそもそもそのようなものを余り観ない。誇るべきものが身の周りにも事欠かず、国の誇りをそのようなコンテンツに求めることがない。「身の周り」、それが右翼のキーワードです。
 身の周りに頼れる人々がおり、故に国に頼らなくてよい。私的関係の重視である。
 しかしあらゆる人々が自分と同じではないので国の助けを必要とする人々もいるが、自分は辞退すべきと思う。――そこでつながってくるのが中道左派の再分配の思想であり、学校の授業料の無償などにおける所得制限を右翼と中道左派は共に支持することになる。自民党は民主党政権が設けなかった所得制限をそれ故に後に導入しました。保守と左翼は法の下の平等の観点から、所得制限を許さない。その点では立憲民主党はその主流ではない保守と左翼をも少しは取り込んでいるといえます。代表の枝野幸男氏は元々は親左翼の保守であり中道左派、革新ではありません。
 生粋の右翼だけではなく、ネット右翼も実は「日本すごい!」系を観てはおらず、中道左派の国粋ビタミン剤でしかないのかもしれない。最大派なので確率的にもそれが最も視聴率を狙い易い。
 テレビのコメンテーターなどによく出る中道左派の論客は最大派の中道左派の中でも「アホノミクス」などと云う少し変わり者な人々で、故に票も議席も大したものではなかろうと思いがちであるが彼等の背後にはその何十倍や何百倍もの数の変わり者ではない中道左派がいて自民党の票と議席の源になっています。それらの違いは鳥越俊太郎氏と増田寛也氏の違いであり、より多くの票を取るのはどうしても保守と紛らわしい風采の増田氏になるが二人の本質は同じ。しかし保守の小池百合子氏も一部の中道左派の票を取り込むことにより圧勝を収めたので余り他人のことを言えない。

 今の自民党が自助や自己責任を云々しているのは自力主義のやや強い中道左派、革新勢力の本質からすれば必然なのであり、サッチャーやレーガンに学んだからではありません。そこに更に私的支え合いを是とする右翼が加われば中道左派の自己責任の思想とそれによる人間性の疎外は一層強固なものとなります。戦前の満洲国の時代にも見られた革新と右翼の結合が今の政治を読み解く肝です。そのような傾向は寧ろ右翼の内でも極端な極右をその結合体と引き剥がそうとすればする程に強まるでしょう。極右を排除する満足感が彼等の自浄能力を損なうからです。そして排除された極右はどこかで形を変えて再び権力に近づくのです。
 反トランプが戦争を起こす、人々を死や不利益に追いやると弊ブログがかねがね云っているのはそのようなことです。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土

[PR]
by keitan020211 | 2017-11-08 21:57 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 左翼;右翼;革新;保守 メディ... 最も正しい リベラルと保守の定義 >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2018-01-17 02:29
【Freesia料理】冬の一..
at 2018-01-09 18:34
【追悼】星野仙一 元プロ野球..
at 2018-01-09 15:09
エルサレムが首都になって1か..
at 2018-01-03 18:43
【2018年 年頭の論説】国..
at 2018-01-01 00:34
今年一年だけではなく半世紀を..
at 2017-12-28 03:03
今年の漢字一字 choisi..
at 2017-12-26 16:51
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-26 15:11
【考察日本語】言い換えるべき..
at 2017-12-20 01:18
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-14 04:28
【追悼】辰濃和男 元朝日新聞..
at 2017-12-13 23:31
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-12 22:48
【書を読む】古谷経衡 「道徳..
at 2017-12-12 17:36
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-06 23:22
【変な言葉】「肉厚ジューシー..
at 2017-12-06 02:12
【書を読む】 ニュースでわか..
at 2017-12-05 23:49
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-12-05 18:58
【Freesia料理】キャベ..
at 2017-11-30 17:22
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-29 02:44
自民山本幸三氏の「あんな黒い..
at 2017-11-28 17:26
最新のコメント
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング