今年の漢字一字 choisi par La Loguerie de la Freesia, Keitan

 今年初めてとなる企画『今年の漢字一字』、弊ブログの選ぶ。
 京都清水寺に対抗し、相模国大山寺の護符のある私の部屋よりお送りします。



 謝罪の「謝」、
 
 ――今年2017年も様々な不祥事から、謝罪が相次ぎました。

 最近では元横綱日馬富士の力士への暴行の事件における謝罪。
 安倍総理は森友・加計疑惑などに関し、自らの政権と与党のあり方について謝罪をしました。
 生活保護の受給者等に対する侮辱の言葉の記された上着を着て公務をしていた職員に関し、小田原市役所が謝罪。
 被曝避難民へのいじめを見過ごしていたことに関し、横浜市教育委員会が謝罪。
 超定員の園児を預かり、彼等に微量の食糧をしか与えていなかったなどの不正に関し、姫路市認定こども園のわんずまざー保育園が土下座をするなどの謝罪。
 格安旅行により劣悪な資金繰りから経営が破綻、顧客の支払代金の殆どの返金が不能となった旅行会社てるみくらぶの社長が謝罪。
 事務所の秘書等への暴言と暴行が明るみに出た豊田真由子前衆議院議員が謝罪。
 製品の品質の設計や検査などの不正に関し、神戸製鋼所、日産自動車、富士重工業や三菱マテリアルなどが謝罪。

 ――今年は殊に、誰がとはここには云いませんが、何を謝っているのか分からない、誠意が感じられないなどの批判が多く見受けられ、不祥事そのものだけではなく謝ることそのものが問われているようです。

 感謝の「謝」、

 年の瀬に心に残る二つのニュース:
 一つは、心臓が体を露出して生まれたイギリスの乳児が心臓を体の中に戻す手術を受けて成功した。
 極めて稀な場合で極めて難しい手術、ANN報道ステーションによると日本にも前に幾つかの成功例がある。
 その喜びを語る彼の母の面持ちに感じられた感謝の「謝」。
 二つは、多忙や貧困などの理由により子供への食事を取れない親と子に無償或いは安価での食事を供する事業、こども食堂のクリスマスの様子。
 「こことおうちとどっちがいい?」との記者の問いに子の答へて曰く:「ここ。」――社会へ育って行く子供の姿がおなかいっぱいに感じられて微笑ましい。
 しかしそれを解説する後藤謙次氏は粗末な原稿を慌てて引き出すように語りて曰く:「そのようなものは本来はあってはならないものなんですね。問題は…」。大衆世論をまとめ上げることに前のめりな信じ難い心なさと今生かされていることを直視しない現実感覚のなさが残念です。他にも今年の報道ステーションには富川悠太キャスターの「私達子育て世代は…」などの、世の中の平均や望ましいあり方を外れる――上にも下にも――人々への蔑みの念が感じられて偏向報道というよりは、非常に心外な番組となっています。

 そして「言を射る」。

 言葉を指先で射るツイッターやインスタグラムなどのSNS。
 今年の始まりを飾ったその射手はツイッターの部の代表、ドナルド トランプ大統領。
 1月にアメリカの大統領に就き、自らのツイッターを通して沢山の伝言を世界に送っています。私も彼のツイッターのフォローをしています。
 英語力が低いとされる日本人、何なら英語の勉強のためだけにでも彼の易しい英語で綴られるツイッターを読めばよいと思いますが、彼の言葉には耳目を傾けたくない、日本語に意訳された情報しかイランと思う人々が少なくありません。
 今年の終りを飾ったその射手はインスタグラムの部の代表、安倍晋三総理。
 10月に衆議院総選挙に勝って新しい内閣を立て、年の瀬にはインスタグラムへの参入を発表しました。
 先だって「インスタ映え」が新語・流行語大賞に選ばれ、総理自らそれを忖度したようです。
 良い映え方もあるし悪い映え方もある。何れにせよ、安倍政権は見えないインスタ映えをこれまでの5年の間にとても重視している政権といえましょう。
 「炎上」や憎悪口上などをも含み、SNSを中心とする「言を射る」ことがますます重要にまたは問題になった一年です。

 もう一つ: フジテレビの三十年続いたお笑い番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が来年の三月を以て終わるそうです。
 思い出深い番組で私も番組から生み出されたとんねるず語を今も時々遣うことがありますが、さすがにお笑い番組が三十年面白く続けることはあり得ないことであり、その温存はフジテレビの緩み弛みの一因とも見られ、弊ブログは近年に打ち切りを提唱していました。しかし下らない番組とか悪い番組とかとは決して思わず、呆れ果てて労いと感謝の気持ちです。

 もう一つ: パンダの香香も「謝謝。」と言っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-26 16:51 | 文明論 | Comments(0)
<< 今年一年だけではなく半世紀を振... 2017年度 今年の番付 その... >>