カテゴリ:文明論( 555 )
【追悼】辰濃和男 元朝日新聞記者 【英語訳】天声人語 朝日新聞 1983.5.19
辰濃 和男  たつのう かずお
元朝日新聞記者

a0313715_23241574.jpg

1930年に東京に生まれる。
東京商科大学、現一橋大学を卒業。
朝日新聞社においては主に社会部の記者を務め、編集委員と論説委員となる。
1975年より1988年まで朝日新聞の1面の日めくりコラム『天声人語』の執筆を担当。
退職の後は朝日カルチャーセンターの社長を務める。
2017年12月6日に老衰により逝去。

 私が『天声人語』の歴代で最も優れる筆者と仰ぎ見る、昭和を代表する新聞報道人。
 簡明且つ精緻、高潔な文体をなし、岩波新書の『文章の書き方』などの著書もある。
 私はその『文章の書き方』と『天声人語「人物編」』、『天声人語「自然編」』を所蔵。

 この記事ではその辰濃氏を悼み、その『天声人語』の1983年(昭和58年)5月19日の巻の英語訳をお送りします。

Heavenly Voices and Human Words
on The Rising Sun (Asahi Shimbun, Osaka, Japan)
on 19th May 1983

Having turned the pages of a New Zealand's magazine over gave a piece of photograph on my eyes, which is an advertisement of a gardening company, a picture had not any technical skill, just photographed some space of residential quarter in New Zealand casually, still, I thought it the one which could tell various things to me as a piece of picture▼First, so splendid is the air of some flowers bloomed overall. As that had an annotation that it is the Mr. someone's house who got to be the premier of a prize on a contest in gardening, indeed the whitey storied house had some admirable flowers surrounded there. No gate or outer wa0313715_23291827.jpgalls dignified, nor telegraph poles, walls of flowers neatly kept made a partition of the garden and a pavement. The flower walls of houses totally being the town's scene. Flowers of gardens may be either the one
of 'private' or even the one of 'public'▼An enviable, it is the pavements roomy. The width of pavements might have six metres. Two third of which is lawn, this either may be someone which Mr. someone's elaborated. On the skirt of the lawn had some flowers bloomed overall. The pavement is a greenbelt, a flower garden, a playing field, a meeting place for the people, even getting a comfortable strolling path▼Between carriage ways and residences had some opening spaces plenty and wide, it is something necessary. Even to see that spaces for vitalising with greenery or flowers, I think it indeed something necessary for the humaa0313715_23565707.jpgn life. The function of streets is not only the transport. Itself is the precious function to embrace wealthy opening spaces▼As it should be the unmatched business to argue parallel of the country has three million of people and this country, it might be necessary an idea of making streets had some opening spaces, at future urban redevelopment. How to make it out on the streets plenty opening spaces?▼'The White Paper on Utilization of the Lands' this time, sees a suggestion to promote making the street side multistory. However, for producing street side had opening spaces, it would be necessary some fundamental policies such as drastic policies to decrease the price of lands markedly or converting the policy since the incentive of self-owned houses to constructing of public rental residences. Further, no planing of utilisation of lands on the all streets side, the suggestion never signified.

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-13 23:31 | 文明論 | Comments(0)
2017年度 今年の番付 その2 テレビCM;芸人;俳優
 弊ブログの毎年恒例の『今年の番付』のテレビCM;芸人;俳優編です。
 昨年までの記事はこちら:

 今年は印象に残るテレビCMが殆どありません。
 昨年までの程には見苦しい、悪いCMは多くありませんが、良いCMも少なくなっている感じです。
 目立たなくても手堅くて良いCMが多くなっているのかとも考えてみましたがそうでもなさげ。やはり広告主も広告業者もCMを作る意欲が昨年までよりも尚なくなっていると見るべきかと思います。電通の労働問題における摘発などもかの社や業界の萎縮を招いたのではないでしょうか。
 出演者も同じ人が幾つもの色々なCFに出ることが多くなり、中には本当に人気の人もいますが供給方(サプライサイド)のごりおしかと思えるような例もあります。CMがどうかという前に先ず出演者だけで引いてしまう、気分が悪くなってしまう。無名でも魅力なCMタレントが今は少ない。

 そのような状況は下手に景気が良いからでもあると考えられます。
 広告主は景気が上向きそうでもまだ上向かない時にはいわば賭けに出るために高い宣伝広告費とそのための手間を注ぎ込むものですが今般のような形で景気が良くなるとテレビCMに頼らなくても儲かるので出演料がやや高額で内容には手を掛けない平凡なものが増える。出演料の安いプランを選ばないのは安全牌を切るためです。しかし高過ぎても駄目なので大御所級の人にはせず、そこに一流ぎりぎりや二流の芸人や俳優のごりおしプランが選ばれるのです。
 人気とはそのようなもの、ビートルズの来日の前のマッシュルームカットの流行のようなものと割り切る向きもあり、そこから本当に人気になる例もありますが人気といわれている人が本当に人気なのかは分かりません。
 良い話の前に先ず悪い話から――2017年のCM出演者のワースト5は: 1位:広瀬すず 1位:羽生結弦 1位:篠原涼子 1位:遠藤憲一 5位:吉田沙保里 :という感じ。吉田は笑かそうとしているだけ、少し順位が下がる。遠藤は何者?感、即ちごりおしブレーク感が強く、商品のイメージを悪くしている。広瀬、羽生と篠原は例年の如く、「自民党、何だか感じ悪いよね。」の如く感じ悪い。

 本当に悪い話から始めなければならない程に、芸人や俳優も今年は不毛の年です、無毛の俊ちゃんではありませんが。

●テレビCM

1位: 大塚製薬 ポカリスエット
  出演:吉田羊、その他
a0313715_20593541.jpg  ――季節毎に編が替わり、全ての編が良いが只今放送中の冬編を特に評価。ポカリといえば夏のイメージが強いが体の渇き易い冬のポカリを重視する新しい切り口が新鮮。但し飲み過ぎると羊が「二倍!二倍!」に?

2位: ニプロ 『信頼の医療器』
  出演:松本さやか、その他
a0313715_21035661.jpg  ――「Pain, pain, go away.……痛いの、痛いの、飛んで行け。」が昨年からお馴染みのCM、他には良いCMがないこともあり、今年の優良CMに認定。
 仕方なく当たった医者が案外と良かったような。

3位: 資生堂MAQUILLAGE ドラマティックルージュP 口紅
  出演:白石麻衣
a0313715_21183751.jpg  ――「3代目ミューズ」ということで、他の用品等のこれからのCMにも出るらしい。
 今年は写真集『パスポート』も買ったし、眉毛の仕立て方も取り入れている――「真似している」とは言わない。――し、今年の最も存在感の大きいタレント。

4位: サントリー 角 ウィスキー
  出演:井川遙
a0313715_21404882.jpg  ――今年は16年前のDVDも買い、-16歳肌。
 酒と同じく、内側から温めてくれる存在感が今年は更に光り、私も-10歳肌が-11歳肌になった。私の好みはオールドとトリスで角はつき合いのみ。
 井川は呑んでも呑まれるな。

5位: ライオン デンターシステマ ハグキプラス 歯磨
  出演:真矢ミキ
a0313715_21304601.jpg  ――只今放送中の新版が好感度更に改善。
 番組は終わっても歯は終わらないように、「歯磨けよ!」、そして「2017年、あばよ!」


●芸人

1位: ブルゾンちえみ
 1990年生まれ、27歳 岡山市出身
 それでも今、名を度忘れしてしまう程に面白い芸人が思い浮かばない。
 今年はぶるぞんちえみ風のシャツを買って着ている。
 意趣替えの余地もあり、伸び代の大きい芸人。
2位: ブラックマヨネーズ 小杉竜一
 1973年生まれ、44歳 京都市右京区出身
 話の面白さ、安心感と容姿の兼ね揃う、当代一の安定感を感ずる芸人、それでもか?
 でも、昨年まではそれに何で気づかなかったのであろうか?
 フジテレビ『ホンマでっか!?TV』などに出演。
3位: 植木理恵
 1975年生まれ、42歳 大分市出身
 事実上は芸人を兼ねる心理学者。
 フジテレビ『ホンマでっか!?TV』などに出演し、私は今年に植木の心理学の軟らかめの著書を1冊買って読んでいる。
4位: 出川哲朗
 1964年生まれ、53歳 横浜市神奈川区出身
 日本テレビ『出川哲朗のアイアムスタディ』などに出演し、今年も彼なりに頑張っている。
 昨年はマンダムのギャツビーシリーズのCMでCM番付1位。
5位: マツコ デラックス
 1972年生まれ、45歳 千葉市稲毛区出身
6位: 高田純次
 1947年生まれ、70歳 調布市出身
 テレビ朝日『じゅん散歩』がお馴染みであるが、今年は他の番組等の出演も増えて存在感がより脂。
 私のツイッターには『高田純次テキトー名言集』と『高田純次_bot』をフォローしてタイムラインに表示しています。
7位: 坂上忍
 1967年生まれ、50歳 東京都杉並区出身

●俳優
 「あれ??何でこっちじゃないの?笑わせてるつもりはあまりないんだけどね…。」ではありません。

1位:真矢ミキ
 1964年生まれ、53歳 大阪府豊中市出身
2位:井川遙
 1976年生まれ、41歳 東京都墨田区出身、韓国籍
3位:高畑充希
 1991年生まれ、26歳 大阪府東大阪市出身
4位:有村架純
 1993年生まれ、24歳 兵庫県伊丹市出身
5位:中条あやみ
 1997年生まれ、20歳 大阪市阿倍野区出身
a0313715_22354231.jpg どちらでしょう?――答は左。
 右の人も近頃はまた良くなって来ています。GUの若返り効果は素晴らしい。
 昨年は中条の出演のハーゲンダッツのテレビCMがCM番付に。
 今年は更に知名度が広まった。

6位:北川景子
 1986年生まれ、31歳 神戸市出身
7位:沢口靖子
 1965年生まれ、52歳 堺市出身
a0313715_22430626.jpg 生まれて初めて好きになった俳優は沢口靖子で、只今放送中のRITZのテレビCMがどうしても印象に残り、原点に還っている。因みに生まれて初めて好きになった歌手は石野眞子。


 ――突然に沢口靖子が出て来た他は昨年と殆ど同じ。真矢ミキの魅力が今年は急上昇。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-12 22:48 | 文明論 | Comments(0)
【変な言葉】「肉厚ジューシーな赤身サーロイン」
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 近頃にしばしば耳目にする変な言葉に「肉厚ジューシーな赤身サーロイン」というようなのがある。

 さてどこが変なのか?
 「ジューシー」?、横文字は良くないから?
 「赤身」?、何か間違った肉の知識に基づいている?

 答は「肉厚」。

a0313715_02170448.jpg ネットのグルメさん達の話だけが遣うのかと思っていたが最近は大手レストランのガストの幟などの宣伝や商品の能書にも「肉厚」という変な言葉が遣われている。果てには高級料理店の料理人も遣い出しかねない勢いである。尤も、高級な料理人が「どうです?肉厚でしょう。」などと自慢げに言う筈はないが。

 遣われる漢字からして肉が厚いということを云いたいのではあろうが、肉が厚いことを漢字だけで言うと「厚肉」。「肉厚」では肉の厚さのことになり、「肉厚ぅ~♡」と言いながら定規を当てないと意味が通らない。
 魚が鮮やかなことは「鮮魚」、売り場にもそう書いてある。決して「魚鮮」ではない、何やらキムチ漬けの魚のようである。

 「肉厚」は獣の肉の厚さだけではなく、材料を加工して造る板状の製品の全般の厚さということにも用いられる言葉である。例えば樹脂(プラスチック)の板の厚さを業界では肉厚という。担当者の腹の肉の厚さのことではない。

 「肉厚ジューシー」や「肉厚でとろーり」などのような言葉の誤りは漢文の授業を少しでも真面目に受けておれば分かる筈なのであるが――私は正に「少しでも真面目に」という程。――漢文の授業を廃止せよと主張する「愛国作家」が現われる今時にはなかなか気づかれないようである。
 漢文を学ぶことはシナを好きか嫌いか、今の日本にとって利か害かとは関わりなく、日本に生きる日本人の用いる言葉の一部がシナの言葉により構成される歴史の故の宿命である。日本語の一部をなすシナ語の文法を無視して「肉厚ジューシー」などの勝手な言葉を作り出すことは許されない。読み方が訓読みなら漢字を引繰り返してよいというものでもない。というか、「厚」は訓読みでも「肉」は音読みである。
 漢文を学ぶべきではないというならばシナの片鱗を少しも残さない純日本語というものを作り上げてから云うべし。

 因みにその「愛国作家」の代表的小説の題名にもある「永遠」も近年にしばしば誤用されている言葉である。
 例えば「消費税を10%に上げないと日本の財政は永遠に改善されない。」など。
 正解から云うと「消費税を10%に上げないと日本の財政は永久に改善されない。」。
 「永遠」は時間の経過とは関わりなくいわば不動のものとして存在することをいい、主に過去に存在したものを年頭においていう場合が多い。しかし「消費税を10%に上げないと日本の財政は  に改善されない。」は日本の財政の現状とその改善の可能性を時間の軸において未来を想定して見て語るので「永遠」ではなく時間を経ても変わらず続くことを意味する「永久」が正しい。
 そのように厳密な意味の知識がなくても普通の人が普通に遣う言葉からしてなんとなく分かる筈である。「こりゃ永遠に片付かないな。」などと言う人は常識のある人にはいない。
 そのような誤用はしばしば、どちらかといえば常識と知識に欠ける人が或る時から知識を身に着けて世を上手く渡りたいと思うことから生じる。今はやりの意識高い系もその一つ。そもそも昭和平成の日本社会は意識高い系みたいなことを煽るような性質がある。全くの非常識人ではなくても、周りの人がどんな言葉を遣っているかをよく聞いておらず、勉強も嫌い、しかし、それでは社会に出て恥ずかしいとばかりに断片的知識をガーっと学び覚えると誤った言葉を正しい言葉と思って覚えてしまう。池上彰がはやるのも昨今の日本はそのような傾向が頓に強く、テレビや新聞がそこにつけ込むことにより広告主を確保しようとするからである。『教養がないと思われないための 大人の日本語』みたいなコンビニ本なんかもその意味では注意を要する。それ系の本はおしなべて二割は誤った言葉が、三割は応用の利かない準死語が載っており、正しくて使える言葉は残りの半分しかない。
 勉強が嫌いでもあの先生は面白いとかあの級友には一目おくなどの尊敬の念があれば違うのであるが変な言葉を遣う人々にはそのようなものは余りないらしい。

 「ジューシー」なら適当な日本語がないのでまだしも、「つゆだくのおでん」や「プリプリの海老」など、真面な文明国とは思えない野蛮な言葉が取り分け食べ物関係に多い。それらが民衆の生の会話から出たとは考えられず、三流の広告代理店やコピーライターなどのそっち系の業界人が考え出して広めたものであろう。
 ファミリーマートの忖度御膳という名の弁当に少しも食欲が湧かないのも煎じ詰めれば同じ理由であろう。現実に、全く売れない地域が多くあったという。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_18080681.gif
    ●時事通信(日本 東京)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-06 02:12 | 文明論 | Comments(0)
つくばエクスプレスの20秒早発の謝罪は自己満足でしかない
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 東京と筑波を結ぶ鉄道つくばエクスプレスが列車を定刻より20秒早く発車させて謝罪をしたことがイギリスなどの新聞等に報じられて話題になっている。
 日本の朝日新聞は今日21日の話題記事『ニュースQ3』にイギリスのガーディアンやアメリカのニューヨーク時報がそれを報じて評したことを紹介している。

 そのようなことがあるといつものように云われるのが「秒単位で時間を厳守する日本の鉄道は凄い、素晴らしい。」というものであるがその朝日新聞の記事は外国の新聞等の評の紹介を主としながらも件のつくばエクスプレスの対応を否定的に見、昨今の日本にはなかなかないものであり感心できる。しかし出来ればもう少し朝日の独自の観点からの批判もほしい。
 殊に、ガーディアンやニューヨーク時報というと、日本の批判における一種のお決まりのパターンとして認識され易く、それらが引き合いに出されるだけで説得力が損なわれかねないものがある。私は普段は支持できないガーディアンのその評を珍しく好く評価するが、そのような批判を所謂反日的難癖として葬り去らせないことが必要である。

 事実に、日本のツイートにもそのつくばエクスプレスの対応を理解不可能などと批判するものが今度はかなり多く見られる。
a0313715_17514154.jpg 時間を守る必要はないなどとはいわないし、時間の通りに管理する日本の鉄道の技術は大切ではある。ニューヨーク時報は「ニューヨークの地下鉄なら、謝罪だけで何人の職員を要するか?」などと嫌味を垂れるだけであるが、ガーディアンもそれを高く評価している。
 しかしその日本の鉄道においても今般のつく急の20秒の早発を謝罪するような事例はない。大抵は短くても45秒以上の誤差で謝罪が検討される。
 新興で歴史が浅いつく急は何をどう謝罪するべきかの認識がなく、とにかく少しでも異常が生じれば謝るべしとしているのではないか。それは朝日の記事も指摘している。
 そのような態度は謙虚さや安全と仕事の意識の高さではなく、朝日は形式主義とするが、不安全や客への迷惑を考えるのではなく、例えばダイアグラムという自分達の掟だけに忠実たらむとする自己満足主義の現われであろう。ダイアグラムだけではなく万事にそのような自己満足主義があるのではないか。
 謝罪はインターネットのかの社のサイトに行われたが、仮にその件が謝罪を要するような迷惑であったとしても多くの客はそのサイトを観る訳ではないので謝罪にはならず、誰を向いて仕事をしているのかを疑わざるを得ない。2020年に大挙して押し寄せる外人観光客を向いているのか?、そうであればつくばエクスプレスのような自己満足のおもてなしに余念のない業者が彼等を扱うことのないようにするために東京オリンピックを中止とするべきであろう。

 人が求めないことには熱心で求めることは何もしない、典型的なプロ気取り、職人気取りである。
a0313715_17555562.jpg プロ気取り、職人気取りは他にも法令の軽視など、日産自動車などの自動車メーカーによる完成検査の不正にも見られる日本の大きな問題である。上手く出来れば資格なんて要らない、腕には自信がある、そのような気取りが日本の企業やその他の社会、延いては家庭にも少なくない。職人技や一流の振舞い、所謂「神業」や「神対応」などを殊更に称賛してそのようなコンセプトを商品化しさえすることにも現われている、そのようなものを人が求めてはいないにもかかわらず。
 そのような風潮は日本を戦後に発展させて来た先達の人々の物わかりの良さの故でもある。彼等の蓄えた知見が継承されない侭に彼等が引退して世代が交代したので、後の世代は何も知らない侭にそこそこの年頃になればプロや職人を気取り或いはそれらを他に探し求めて商品化するしかなかったのである。1960年頃に社会人になった人々が1995年に60歳、その頃に提唱されていた新しい時代への改革変化の案とそれを支える気風が彼等の重い存在感を掻き消してしまった。
a0313715_17533701.jpg 尤も、日産は四十年近くに亘り不正を重ねており、'90年代に後の世を誤導した新世代のような人達は低成長の時代に入ったばかりの'70年代にもいたのであろう。何れも低成長が基調の時代であり、技術を高めて売上を上げる正攻法が限界に来る頃に出て来る悪い思想である。限界が来てもやはり限られた中で正攻法を守り続けるしか道はないが、彼等はそれを時代にそぐわない間違った考えであるといい、自己満足とそのグローバル世界へのアピールを説く。その手合いの一つがつくばエクスプレスこと首都圏新都市鉄道であろう。

 「秒単位で時間を厳守する日本の鉄道は凄い、素晴らしい。」というような話に騙されない人が今時に案外多くいることが分かり、一先ずは安心している。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2017-11-21 17:56 | 文明論 | Comments(0)
【日馬富士暴行】外人力士を廃止せよ――国際化原論
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 寝耳にビール瓶。

 昨日はアメリカ南部の名物ジャンバラヤと焼酎をたっぷりと食べて報道ステーションが終わる頃に寝に入り、セーターと黒タイツの侭たっぷり12時間眠った。そして目が覚めると横綱日馬富士の暴行の疑惑のニュースがチャンネルその侭のテレビに映っている。
 お話にならないとはそのことである。

 人を殴るためにある物を使って殴るなら、許容されることもある。
 ビール瓶、何のためにあるものや?

 その問題の根は日馬富士の個人的人間性もさることながら、外人力士を受け入れる相撲界とそれを支持する一部の世論にもある。
 どちらがより悪いかましかではなく、相撲界や世論とそれに乗って日本の相撲界に入って来る力士達の共謀の関係。正に共謀罪というべき状況がその出来事にもつながっている。

 相撲界や世論は外人力士が増えて中には横綱となる者も多くいる昨今の大相撲を、相撲の国際化などといい擁護している。
 しかしハワイやモンゴルなどの彼等の出身国は皆日本との関係が良く、関係が良いだけではなく日本を熱烈に好きで媚びてくれる国の人達である。「大好きな日本の国技に入ることができるなら人を死なせてもいいという思いでございます。」――「その意気買った!」。
 そもそも、日本との良い関係の傍らで北朝鮮との関係も良いモンゴルを、単純に親日国といって歓迎するのはおかしいではないか。大体、モンゴルは元寇の国、即ち日本を侵略しようとした国である。日本の歴史を愛する私などからすればモンゴルが本当に親日国であるとは思えない。
 オバマ大統領が天皇陛下にお辞儀をしても、おかしいと思わなければならない。自国に媚びて好いてくれる国だけを受け入れて国際化というのは自国中心主義、国粋主義の言い換えに過ぎない。外人力士の受け入れを擁護するリベラルといわれる人達の言うことは国際化とは何の関係もない。

 私などは日馬富士の媚びている態度が気に入らない、その顔面を蹴りたい。なのに、その彼が後輩の力士の態度が悪いと言い暴行をするとは如何なものか?そもそも悪いのは彼のその日本に媚びている態度である。
 外人力士を受け入れることがそのような態度を生む。そのような態度しかないような奴等が日本の相撲界を目指す。

 心理学か社会学かは忘れたが、日馬富士のその暴行は過剰適応という概念で説明し得る。
 過剰適応とは或る状況や環境に普通に求められる条件とは並外れて適応すること。尤も、普通よりも良いことを否定するものではなく、その適応に何等かの異様な様相があることをいう。
 或る種の「社畜」もそれに当て嵌まる。会社への忠誠は否定されるべきものではないが会社そのものの存立を損ないかねない程の忠誠は過剰適応である。意味のある適応や忠誠と意味のないそれらがある。
 日馬富士などの外人力士は日本人ではない立場で日本の国技に適応や忠誠を求められるために過剰適応のリスクが元々高くなる。中でも酷いのが日馬富士であるが彼の暴行を受けた力士にも外人である以上はそのようなリスクがある。しかしその力士は多分そのようなリスクの余りない、媚びや偏愛もないような人であり、故に日本への媚びや偏愛に余念のない、それが『横綱の品格』であるとさえ思っている日馬富士の機嫌を損ねたと考えられる。
 その力士は日馬富士が日本の国技に携わる者として相応しくないと思うような反日的態度を取った故に暴行被害に遭った。しかし本当に日本の人として望ましい普通の態度なのはその力士であるかもしれない。過剰適応と適応の違いである。
 過剰適応は田舎者が東京の言葉で話すことを求めることにも当て嵌まる。似ているのどころではなく普通に当て嵌まる。訛りや語彙を咎めて東京の言葉に「直」させること、日馬富士がしたのはそれと同質のことである。その程度なのでよいということではなく、その程度と思うことが日馬富士の暴行と同じなのである。
 田舎者は東京を偏愛して東京に媚びるためにそのようなことを他の田舎者に求め、果てには東京の出身の人にも求める。「その言葉、変じゃない?」――決して通じないことはないような言葉にさえである。そもそもその「東京の言葉」を直されなくてはならないのは彼であるにもかかわらず。

 日馬富士の過剰適応から出た所業は延いては「忖度」と呼ばれる政治や社会の事柄にも関わって来るであろう。

 過剰適応を良しとする傾向は『選択と集中』や『最適化』などのビジネス界の風潮思想も作り出しているものである。
 『選択と集中』は「◯◯バカ」や「◯◯気違い」を生み出し、『最適化』は自己満足を生み出す。吉田沙保里や羽生結弦などのスポーツが出来るが人間的に歪んでいる人々を生み出しているのが『選択と集中』であり、ネットの隠語から出た「俺の妄想」などの自分にとって最適な状態を作り上げることを良しとする非現実的思想が『最適化』である。何れも過剰適応を理想として求めることである。
 日馬富士などを生み出す相撲界は彼等にとっての選択と集中に最適化された世界となっている。それは先にも述べたように、どちらがより悪いかましかではなく、彼等の共謀により出来た状況である。

 日本の大相撲は、というか大相撲は日本にしかないが、先ずは日馬富士を追放して外人力士の受け入れを廃止し、アメリカ大統領の被選挙の条件と同じく、日本国に出生した日本国籍を持つ人だけによるものとするべきである。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-11-14 21:50 | 文明論 | Comments(0)
中高生の乏しい読解力 大人が擁護――問題の根は何か? 国立情報学研究所の検査
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 私のツイッターの今日のタイムライン(時々刻々)を見ると、フォローしているツイーターのツイートにこんなのがある。

 何の話かというと、中高生の読解力を測る試験がなされたことについての話――
a0313715_13361737.jpg

 国立情報学研究所が行った『リーディングスキルテスト』。
 一言突くと、『読む技術の検査』と題するべきであろう。考える側が国民の国語力を損なっている訳である。

 中学生は2割にも、高校生は3割にも満たないとは驚くべき結果である。

 先のツイーター氏はそれを「問題文が悪い。」などとして子供達を擁護する大人達を批判している。「これは我々にも分からない。仕方がない。」というのである。
 大の大人が「分からないのは先生の教え方が悪いから。」とか云うのである。

 その問題文は:
 メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身であるが、その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ35%である。

 これは指示語の問題であると見える。

 「それ」が何を指すか?

 誤答の多くがその「その」を「メジャーリーグの選手」と取ったらしい。
 若しそうであれば、問題文はこうなる筈である。

 28%をアメリカ合衆国以外の出身者が占めるメジャーリーグであるが、その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ35%である。

 指示語は或る一文の内の主節を受けるものである。
 主節とは一文の全体において主語の役割をする部分である。

 例えば:
 
先生の教え方が悪いので私はそれが分からない。
 と言う際、その構文だけを見れば、主節は「私はそれが分からない。」である。他の部分は従属節。
 ではその「それ」の指す主節は何かというと、その構文の前にある。
 
私はその授業でおたまじゃくしの成長について習った。先生の教え方が悪いので私はそれが分からない。
 緑色の部分が主節である。
 彼が分からないのは:①「おたまじゃくしの成長」;②「その授業」;③「私はその授業でおたまじゃくしの成長について習った」の3つを指すと考えられる。
 「分からない」心持が①⇒②⇒③と拡大してゆき、竟には「先生の教え方が悪いので」と心持ちが最大値の③が同格として結びつく訳である。しかしそれはあくまでも従属節であり、彼がそれらを同格と思っていても客観としては本当に同格といえるかどうかは分からない、そうではないと思う人もいる。
 但し、少なくとも文法としてはその「それ」が指すのは「先生の教え方」ではないことは確かである。

 野球の選手の話に戻る。

 問題文を英語に訳すと:As 28% of players in the Major League are ones who come from the other countries than USA, to see their home country, the most is 35% of the Republic of Dominica's.

 「その」は英語では'that'や'it'だけではなく人称代名詞になることもある。
 「…が、」は'as ...,'。それにより、その一節が主節であることを表す。
 その問題文は 主節;副詞節;主節 で構成される。

 逆に、主節にある指示語が従属節またはその内の何かを指すことはあり得ない。従属節は主節がないと成り立たないのでいわばまだ出ていない節を指すことになる。
 例えば:暑いので水を飲みたい。
 「暑いので」が従属節であり、「水を飲みたい」が主節であるが、それが「暑いのでそれをしのぐために水を飲みたい。」とはなるようでならない。なるのは「暑いのをしのぐために水を飲みたい。」である。
 但し文学的文章には前者と似て非なる表現があり得、「それをしのぐために水を飲みたい――不条理な暑さ。」みたいになる。

 国語の問題ではなく算数の問題として考えればもっと簡単であり、外国の出身者が28%の処に或る外国の出身者がそれよりも多く35%いる筈はない。但しその問題の場合は偶々数値がそうなのでそれだけでも分かるが場合に由っては分からない。

 ――さて、老いも若いもそれを読み解くことができないのは何故なのか?

 例えばこんな口上が横行しているから――
 希望の党とか立憲民主党とか五重塔とか、離合集散に明け暮れている今の政治ですが、国民が(そこに)求めているものは一体何なのか?、ここで私が一刀両断!
 多くはその「そこ」などの指示語は略される。いわば無言の指示語が用いられる。
 そのような無言の指示語は日本語には欠かせないものであり、それそのものが悪いものではないが指示語を必要な処にも遣わない例が多い。指示語がないのが日本語らしさであるという変な思い込みである。
 また、その一文の問題はそれだけではなく話の照準が最大化されることにある。話の照準とは何を主題とするかのこと。それを最も大きな事柄へ持ってゆきたがる傾向である。その場合は「政治」で、『国民が政治に求めることは一体何なのか?』である。しかしそこで主題となり得ることは他にも「希望の党」、「立憲民主党」と「離合集散」があり、政治の話といえば本来はそれらのように個別の政策や政治の動きについてするもの。いきなり「政治」と振られても何を語るべきか分かるものではないが、『政治を一刀両断に語る』みたいになってしまう。そのようなマスコミと口コミのありようからは内容のある話、分析や提言はなかなか生まれない。その「一刀両断」を更に「独断と偏見」で飾り立てる。
 先の野球選手の出身国のものと同じく、その一文の「そこ」が指すのは「希望の党や立憲民主党に見られるような離合集散」と解するのが正解である。しかしそれを一体に「今の政治」と来ると、責任の主体が曖昧になる。曖昧で何が「一刀両断」か?
 そのように話題を最大限に大きくすることが老いも若いも、思惟と言論の不毛を生み、指示語の指すものも曖昧で分からなくなり、子供の国語力の低下にもつながる。抽象的で多幸的といわれる意識高い系の思惟と言論のあり方にも通じる。

 もう一つ、「それが重要です。」と言うべき際に「これが重要です。」と言う喋り手や書き手が非常に多い。
 中国語の「その」に当たる「此」を「この」と読むことから生じたかなり古くからある混乱かと思われるが、日本語では「そ」と「こ」、または「あ」は明確に異なる指示語である。中国語は日本語より多い指示語を厳密に使い分けるが、「これが重要です。」と言う人はそのように厳密に使い分けてはいない。リア充の真似をする意識高い系と同じく、中国の真似をする日本人である。
 「これが重要です。」と来ると、何やら物凄く切迫して重要であるかのように見えるが、現実にもっと重要なことは沢山あり、人々の意識を一点に集中させて本当の問題とは逸らさせて遠ざけるための策略言語であるといえる。

 指示語を含む日本人の国語力の問題の根を浮かび上がらせ得る重要な意味のある検査である。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_18080681.gif
    ●時事通信(日本 東京)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-11-07 15:31 | 文明論 | Comments(0)
2017年度 今年の番付 その1 アナウンサー;テレビ番組
 弊ブログは昨日11月1日に新年度に入りました。
 弊ブログは毎年11月~翌年10月が一年度です。
 11月に新嘗祭が行われることに由来し、新嘗祭はいわば新年会、10月末のハロウィーンの祭は年末の祭ということになります。

 それに併せ、ブログの名を旧年度までの'The Logry Freesia'、英語が'La Loguerie de la Freesia'、フランス語に変更になります。
 意味は何れも同じ、「ブログのある所 自由な国」。
 'freesia/フリージア'は花の名でもありますが、その場合は'La Loguerie du Freesia'と、冠詞が男性になります。このブログの題名としては「自由な国」という意味を併せ持つので冠詞を女性としています。国の名には'la France'など、女性名詞が多いからです。因みに花の名のフリージアもイタリア語では女性名詞、la fresiaです。

 弊ブログの毎年恒例の色々な番付を今年もしますが、前年まではグレゴリオ暦の年末12月の発表であったのが、今年からは弊ブログの新年度の始まりの時期にその前年度分のものを発表することに変えます。年末は色々と忙しい感じになることも繰り上げる理由の一つです。

 さて、番付の一つ目は恒例のアナウンサー番付。
 高齢のアナウンサーは西山喜久恵――フジテレビの『めざましどようび』の司会にこの10月になっています。彼女が長老なんて信じられない時代です。――。

 凡例:( )は昨年度の順位;一昨年度の順位

●女子の部
 1位:阿部 華也子 局外(2; ―)
 a0313715_18083568.jpg

 フジテレビ『めざましテレビ』天気
 ニュースが詰まらない分、天気やエンタメを担当する者の評価が相対的に上がっている。
 2017年はCanCamのスタイリストによる衣装が冴えていた。

 2位:永島 優美 フジテレビ(1; ―)
 a0313715_18105338.jpg

 『めざましテレビ』司会
 ニュースが偏向している分、ニュースだけを読む者の評価が相対的に上がっている。
 惜しくも二連覇はならないが、掛け合いが巧くなっている。

 3位:小川 彩佳 テレビ朝日(3; 3)
 a0313715_18150754.jpg

 『報道ステーション』副司会
 2014年度までは二連覇となったが三年連続の3位と低迷。
 実力と魅力は尚も強いが局の番組作りに潰されている感。

 4位:堤 礼実 フジテレビ(7; ―)
 『めざましテレビアクア』;『めざましテレビ』
 立居振舞が2年目にしてはかなり安定している。
 地味に美しい、新しい型の(…)アナウンサー。

 5位:林 美沙希 テレビ朝日(圏外; 1)
 『Jチャンネル』
 2016年は報道ステーションを退いて圏外へ急落したが2017年は報道に復帰し、現地報告も多い。

 6位:竹内 友佳 フジテレビ(初)
 『ユアタイム クイック』;『ユアタイム』
 番組は散々でこの9月に打ち切りとなったが厳しい表情と声が光り初の番付入り。

 7位:宮司 愛海 フジテレビ(次点; ―)
 『めざましテレビ』;『さまぁ~ずの神ギ問』
 『めざましテレビ』の『伊野尾慧のいのお飯』など、随所で愉しませる。

 8位:竹内 由恵 テレビ朝日(9; 5)
 『Jチャンネル』

 9位:久冨 慶子 テレビ朝日(次点; 8)
 『Jチャンネル』;『おかずのクッキング』
 落ち着きが増して来た。

 10位:加藤 綾子 局外(初)
 『ホンマでっか!?TV』

●男子の部
 1位:三宅 正治 フジテレビ(初)
 a0313715_18180829.jpg

 『めざましテレビ』
 頑張っているのは分かるが今一つ寒いと感じていた近年――今年は何かが違っていた。

 2位:立本 信吾 フジテレビ(1; 3)
 『めざましテレビ』

 3位:生田 竜聖 フジテレビ(3; ―)
 『めざましテレビ』
 3位を維持するも、昨年程の輝きは感じられない。

 4位:藤井 弘輝 フジテレビ(5; ―)
 『めざましテレビ』
 番付が1つ上がったがテレビ朝日が酷過ぎるだけ。昨年程の熱さは感じられない。

 5位:向井 政生 TBSテレビ(4; 1)
 JNNニュース
 有無をいわさぬ厳粛感
 
 <総評>
 初の番付入りは竹内友佳だけ。新しい発見に乏しく、総じてアナウンサーが詰まらない年であったと感ずる。

 二つ目はテレビ番組の番付――

1位:ホンマでっか!?TV  フジテレビ(初)
 それが1位になるとはテレビも落ちぶれたもの。
 中野信子や磯野貴理子など、この番組を通してそれまでの嫌悪感を見直した者もいる。人を育てる力が番組にあるということか。

2位:痛快TVスカッとジャパン  フジテレビ(初)
 それが2位になるとはテレビも落ちぶれたもの。
 初めは「全員スカッと!」でわざとらしさ、しゃんしゃん感が鼻についたが、スカッとボタンを押さない人が増えて面白くなって来ている。弊ブログはMEGUMI推し。

3位:あのニュースで得する人損する人  日本テレビ(初)
 最も完成度と安定感の感じられたバラエティー番組。
 観ていて今一つ面白くないと思うことがない。

4位:めざましテレビアクア/めざましテレビ  フジテレビ(2; ―)
 相変わらず良いが主にエンタメニュースに出る女子ナレーターの言葉と喋り方がうざく感じる。

5位:みんなのニュース  フジテレビ・FNN(5; 3)
 今年最も信頼できる報道番組に育っている。

6位:白の美術館  テレビ朝日(初)
 茂木健一郎の回は笑えた。宮沢りえの絵の作品なども物思いを誘う。

7位:林修の今でしょ!講座  テレビ朝日(1; 1)
 昨年度まで二連覇であったが、今年は掴みが足りず。

8位:ANN Jチャンネル  テレビ朝日・ANN(6; 10)
 『みんなのニュース』と比べると特集の下世話感が強くやや劣るがスタジオ陣の品質は高い。

9位:Mr.サンデー  フジテレビ・関西テレビ(7; 6)
 観るととりあえず安心する。

10位:ひるおび  TBSテレビ(初)
 最悪の番組であったのが今年は10傑入りするまでに改善されている。
 特別賞に留めようかとも思ったが思い切って10位に。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

[PR]
by keitan020211 | 2017-11-02 18:54 | 文明論 | Comments(0)
文化放送が他局の出身のアナウンサーを2人採用 テレビも続け
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 「-も続け」と、何やら朝日新聞の社説のような言い回し。

 因みに一昨日17日の朝日新聞の社説はオリンピックの存続を問う主題で、暗に2020年にオリンピックの開催が予定される東京をそれに相応しくはない都市であると示唆する内容である。昨今に何かと不信の種の多い朝日新聞であるが、朝日社説の底力をそこに見る。私のツイッターの名称は'keitan No! Tokyo2020'、東京オリンピックを潰してくれれば願ったり叶ったりである。ANNニュースステーションのメーンキャスターであった久米宏氏も東京オリンピックに反対の声を上げている。

 さて、何が「-も続け」なのか?
 ――東京及び関東地方のAMラジオ局文化放送が今日19日にNHKの契約社員のアナウンサー2人を自局のアナウンサーとして採用すると発表した。
 契約社員ならあり得る話と思われよう。正社員のアナウンサーが他局に転ずる話は今までに聞かれたことがない。しかしそれも今までにはなかったことであり、嫌味ではなく斬新である。
 また、その採用は一般公募であり所謂引抜きなどのような採用側の私的意図によるものではないという。そのことが逆に「それなら良いかも」と、アナウンサーの雇用の良い意味での流動化に「歯止め」となってしまう可能性もなくはない。一般公募であろうと内々であろうと、アナウンサーが局に縛られずに活動するためにはフリー(自由業)として成功しなくてはならないという「旧態依然の社会における例外的栄華」の通念がなくなる必要がある。アナウンサー以外にもそのような通念が支配することは少なからずあるのであろう。

 何れにせよ、フリーではない局アナとしての転職の前例が出来たことは望ましいことである。

 因みにこれまでにフリーに転じて大きく成功したアナウンサーには前出のTBSの出身の久米宏、テレビ朝日の出身の古舘伊知郎、フジテレビの出身の逸見政孝、中京テレビの出身の北島美穂やABCの出身の宮根誠司などがいる。フジテレビの出身の加藤綾子は昨年の春から新しい成功を目指している処である。

 「局アナ⇒フリー」の方程式が強くあるこれまでは彼等もまた出身の局の思想やイメージに縛られる傾向が強くあった。個人事業とはいえ自らを育てた出身局と違うことをしたり言ったりしては信用されないという通念が今もある。良し悪しはともかく、久米や古舘がなんちゃらステーションのキャスターとしてしばしば批判を受けるのもTBSやテレビ朝日の思想やイメージを守って務めることを猶も求められているからにほかならない。フジテレビは右派系という根も葉もないレッテルの下、逸見や加藤はそれに当たり触らないようにフリーとなってからはバラエティー番組を専らとしている。そのようなものがないのはキー局の出身ではない故にそのようなことが問われることの余りない北島や宮根などである。
 局の思想やイメージは大切ではあり、不偏不党というものは全く無意味であるが、現実を見ればそのようなものは存在しないし、存在しても出身者が出身局とは違う思想やイメージを持つことは自由であり、視聴者国民もまた色眼鏡を掛けずにテレビなどのメディアを見るべきである。

 弊ブログが今のアナウンサーの顔触れから良いと思うのはテレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが同局を辞めてフジテレビ或いはテレビ東京へ移ることである。
 日本を代表する報道番組である報道ステーションの副キャスターとしてプレミアムな働きをして来た小川が来れば、低迷するフジテレビにとっては渡りに船となろう。この9月を以て打ち切りとなる『ユアタイム』などに見るように、同局が永年来に弱いとされる夜の報道番組の強化の助けにもなる――「やっぱり夜なんだね。」……――。また、小川は経済に強いというので経済報道に強いテレビ東京には適うかもしれない。
 フリーとして成功する程の個人経営の力はないと思われるので局アナとしての転職が望ましい。今までにフリーの道を選んでいる者にしてもそれが本当に良かったのかといえば必ずしもそうはいえない。
 そうなるとテレビ朝日の地盤沈下が進むことになるというかもしれないが、テレビ朝日も他局のアナウンサーを引き抜けばよい。尤も、それが余り頻繁では業界のたらい回しの様相を呈して局の思想やイメージは絶無になってしまう。どの局も違わないのが現状でもある。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

[PR]
by keitan020211 | 2017-09-19 19:24 | 文明論 | Comments(0)
進化論は科学ではない――トランプ時代は進化論を覆すか?
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 アメリカのトランプ政権の発足により日本においても俄かに静かに注目されることになった、アメリカの極右勢力――
 主に共和党の支持層の一部をなし、新キリスト教の信仰に厚く家族を一とする強固な近代的価値観を持ち、先の事件で表沙汰になった白人至上主義との歴史的関係もあるといわれる。
a0313715_00570867.jpg その強固な近代的価値観はそれが既成事実として保守されるものとなっていることからしばしばアメリカの伝統主義とも呼ばれる。尤も、今のアメリカ連邦をなす国にはそれを遡る伝統はないのでそれがそこの伝統とされるのも無理はない。しかし普通は近代以前からの、多くは古代から、更に遡れば人類の誕生の昔から受け継がれるものを伝統といい、アメリカのそれは世界の通念から見れば単なる近代主義に過ぎないとは私の思想の原点の一つである西部邁氏なども説くものである。近代主義とは人間の理性を限りなく賛美して社会及び世界を合理的に設計して造り上げてゆく、それが人間の進歩というものであるという思想である。その原点は西ヨーロッパにおけるルネサンス、人間性の再生の運動と宗教改革、フランス大革命にあるとは歴史の定説である。アメリカはそれらの原点を最も忠実に受け継いでいるとされる――否、もっと忠実なのは日本であるとの説もある。――。

a0313715_00592726.jpg 詰り、世界の伝統通念から見ればアメリカの保守と呼ばれる勢力はこてこての左翼である。例外として本当に保守なのは南部の民主党の支持層である――それと東部の旧支配層――。南部の民主層は市民戦争、または南北戦争の将等の像を今も大切にしている人々であり、彼等の一部が複雑な歴史の経緯を経て白人至上主義の勢力を形成している。というか、白人至上主義は元々は南部保守層の周縁をなす人々であり、奴隷制の時代の南部社会を主導していた人々ではない。そもそも、奴隷を囲うことのできる富裕階級は財産があるので奴隷を失っても然程には困らない人々であり、奴隷制の廃止を損得勘定から受け容れた。白人至上主義を立てた人々は従来の奴隷に代わり富裕層の雇う新しい下層労働者となることを快しとせず、新しい白人下層労働者階級と旧来の富裕階級との間で宙ぶらりんとなって宇達を上げることのできなかった人々、言わば柄の悪い中間層である。実はそれが20世紀に興って今に至る主に民主党を支持する柄の良い―?―リベラル中間層の原形となってもおり、リベラル中間層こそが白人至上主義や人種差別を隠し持っていたりする。彼等はそれを隠す、棚に上げるために今のトランプ政権を差別主義といって非難している訳である。トランプ大統領がそれらについて言ったのは'Blame both sides.'、「両者を非難する。」であり、日本の報道筋が誤訳をしている「どっちもどっち。」ではない。白人至上主義と現在のリベラル民主層は根が同じ、故に受けるべき非難も同じであるというのであり、どっちもどっち、喧嘩両成敗などというようなものではない。
a0313715_01022323.jpg リベラル中間層は市民戦争に勝った北部の工業地域に主に増えて根を張っているために、根の柄の悪さは同じでも所得と生活の水準、延いてはそれを通して得られる知識は南部の白人至上主義者達より格段に高い。彼等が南部の保守富裕階級とその下の労働者階級が主流であった民主党を乗っ取って今に至る。クリントン家の夫ウィリアム ジェファーソンは南部の保守富裕階級の流れを汲み、その妻ヒラリー ロダムはリベラル中間層の労働力を通して得られる利益を積む北部の財界や経済界の流れを汲む。言わば民主党史一冊分を体現するかのような政治家夫妻である。
 要は、ヒラリーは自分の支持層に日本の全共闘も顔負けの自己批判をさせてしまった訳である。

 というか、白人至上主義も彼等や日本などに思われているような程には酷いものではない。
 白人至上主義、the white supremacistsとは政治的支配における白人による独占を是とする思想であり、人種や文化の優劣を問うようなものではない。
 政治的支配に関していえば、アメリカは紛う方なく白人が立てた国であり、その原点をあるべき姿と見做す人々がいて何の不思議もない。要は国民を予め格差づけることの是非を問うものであり、それを非とするならば白人至上主義は全くの誤りという結論になる。しかし実際にはそれが結果としての格差の拡大を抑えるかもしれず、何の意味もない思想とはいえない。正にその点を捉えたのがトランプ大統領とその公約である。
a0313715_01065101.jpg 日本の報道の多くが白人至上主義を人種差別や文化絶対主義と混同して非難の論調を取っているが、批判するならば正しい知識に基づくべきである。只、人種差別やアメリカ文化絶対主義のような雰囲気も白人至上主義と同時にトランプの選挙戦を通して発煙しているので何も知らずに観ておれば同じであるかのように映ってしまうかもしれない。とにかくアメリカの色々な恥部がトランプの金の口を好機として同時多発で現われている。
 白人至上主義者は事実上は白人の白人による白人のための政府から、巨額の再分配を引き出して何とか生き永らえた――地元の資本を引き出す程には知識も意欲もなかった。――。それもまた後の民主党の政策の原型となっている。

 白人至上主義と並ぶアメリカの極右思想といわれるのは反進化論である。
 アメリカはダーウィンの提唱した進化論を否定する人が世界で最も多いといわれる。
 それが何かを知らずに◯や×を付けて質問に答える人も第三世界などには多いと思われるのでその本当の数がアメリカは世界一なのかどうかは分からないが少なくとも統計上はそのように出ている。
 進化論を否定する最もベタな根拠は「聖書に書かれていることではないから」。聖書の初めをなす『創世記』には神は人を造ったと記されている。人は神が造ったものであり何ものかから転じたものではないという。しかし「神が造る」とは何もない処に一から造ることであるとも書かれてはおらず、聖書には実際にはどのようにして初めての人が生まれたのかを特定する手掛かりはないというのが最も不偏不党な見方である。そもそも、光が造られる前にあったと記される「地の面」はいつの間に出来たのかも分からない。
 聖書を如何に読むにせよ読まないにせよ、確かなのは進化論は科学ではないということである。
 科学とは手短に言うと、仮説の実証である。仮説を立てる際にはそれがまだ実証されていなくてもよいがそれが然るべき道筋を通して実証されなくてはならない。実証されない説は科学とは認められない。尤も、結果としては実証に至らなくてもそのための過程を守ることもまた科学である。要は先ず結論ありきではならない。先ず結論ありきが求められるのは論争であるが、科学は必ずしも論争には馴染まない。何しろ誰も知らないことを研究するので、論争の相手がいようもない。しばしばいるのは知らないのに鶏知をつける人――それがしばしば「論争が巻き起こる」と云われるが、本当はそれは論争ではない。――、必要なのは実証を目指す過程を批判的に確認する者であることは日本においても近年に重大な問題を通して改めて知られるものとなった。
 進化論はその極一部すら、実証されたことがない。
 偶に実証されたとされることがあるのは進化論の総体を構成する論旨ではなく論旨と本当に関係があるかどうかは分からない細々とした部分事実だけである。例えば遺伝子の在り方や可視特徴の似ている動物がいるとかである。それらを繋いで見てゆくと一連の進化の過程が浮かび上がるというが、そもそも繋がるのかどうかは全く分からない。同じ遺伝子の在り方や可視特徴がそれぞれ初めから別に存在し始めたと見ることもできる。
 ――と言うだけでは能く分からないかもしれないが、能く考えてみれば分かる。一つの個体の誕生と成長という変化はあっても或る生物が他の生物に変わることは説明づけられているとはいえない。故か、反進化論のアメリカ人は進化、the evolutionの語を一つの個体や物事の誕生及び成長のことにのみ用いる。進化論なんかはなかった前近代までのその語の意味はそれであった。その意味で用いられている一例は日本の三菱自動車のランサー エボリューションという車である。
 詰り、進化論とは科学ではなくあらゆる生命体を含む世界の全体を一つの個体或いは物事として認識するイデオロギーに過ぎない。
 詰り、アメリカの反進化論は近代主義の一つの流れではあるが近代主義の一端をなす進化論だけは受け容れないものである。平たくいえばそれは近代主義の「行き過ぎはいけない。」と思う人々である。
a0313715_01162311.jpg 近代、the modernと言えば聞こえは良いが、進化論の実態は怪しげな自己啓発セミナーの教えのようなものである。或いは立派なカルト宗教といってもよい。進化論を常識と見做す日本人などはカルト宗教が無難な宗教を馬鹿にしているようなものである。何しろ、全世界を一つの個体や物事と見るもの、進化の現象そのものの存在についてはさておき、そんな見方からは何も見える訳がない。世界とは固有の事象等の寄せ集めに過ぎない。故にもトランプ政権の'America First'の考え方は出るべくして出た正論である。

 人は初めから人であったというのも実証されてはいないが、より単純で無難なのはそれであるのは確かである。人以前の存在は分からないから考えないということであり、それが何等かの正しくて確実な事実や知識と反することがない。進化論はそれらとの様々な背反や妄想を生む。日本が頽廃して弱体化しているのも進化論、ダーウィン主義の支持率が100%に近いからであろう。それがトランプの時代に打ち壊されることを望むが、向こうは'America First'なのでその余波が日本へ届くかどうかは分からない。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

[PR]
by keitan020211 | 2017-08-27 01:17 | 文明論 | Comments(0)
【英語訳】余録 毎日新聞 2017.8.23
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

The Remained Records
of The Daily Mail (Mainichi Shimbun, Tokyo, Japan)
on 23rd August 2017

'On the pavements the terrible. So that getting on the carriage ways,'. On the words his acquaintance who uses the power wheelchair repeated, Mr. Saiki Keizou, 61, Toyonaca City, Osaca MP amazed▲The acquaintance too many times fell down at the height of steps on the kerb with his wheelchair. He has got standstills unable to take U-turn on the pavement opposed to a buffer pole. Mr. Saiki began a research on the pavements in the all region of Toyonaca City has its extent from the east to the west 6km., the south to the north 10km., 'As having some map seeing situations on the pavements I will be able to get out without any anxiety.' That was one in 2003 he had his duty for a teacher of junior high school▲On holidays he continued it alone. Spent 11 years for completing the pavements map, distance he walked got more than 1000 km. On the map he shown at website, explained ones by marks such as height of the kerbs, existence of buffer poles or gutters and slants, which sees in a sight whether those are easy to use for the handicapped and the aged▲The barrier-free in the railways and the buses progressed, even legislation encouraged such of the Act for solutions on the discrimination of the handicapped. The Government this year settled measures of action's plan. Which is the one aims at making streets easier for the handicapped and at education holding mind of sympathy▲The social consciousness changed, seems that the height of steps got less higher. Even by that still there are many barriers for the handicapped to get a step outside his home, Mr. Saiki's map indicated▲As Mr. Saiki proceeded a second research gotten down the end of the last year by ill, the administration began an improvement of the pavements based on his points. Seeing the map anyone to know that it is never the one particular in Toyonaca City, should get on the track to let any pavement dangerous for the wheelchairs less on the outskirts of homes and anyone's scenes.

「歩道は恐ろしい。だから車道を通る」。電動車椅子を使う知人が繰り返す言葉に、大阪府豊中市の齊喜慶三(さいき けいぞう)さん(61)は耳を疑った▲知人は何度も縁石の段差で車椅子ごと転倒した。車止めのポールに阻まれ狭い歩道をUターンできず立ち往生したこともある。齊喜さんは「歩道の状況が分かる地図があれば安心して外出できる」と、東西6キロ、南北10キロに広がる豊中市全域の歩道の調査を始めた。中学校教諭を務めていた2003年のことだ▲休日になると独り調べ続けた。歩道マップの完成には11年かかり、歩いた距離は1000キロを超えた。ウェブサイトで公開した地図には、縁石の高さ、車止めや側溝の有無、傾斜などを記号で説明している。障碍者や高齢者が利用しやすいか一目で分かる▲鉄道やバスのバリアフリーが進み、障碍者差別解消法などの立法も勧む。政府は今年行動計画を策定した。障碍者に優しい街づくりや思いやりの心を持つ教育を目指すものだ▲社会の意識は変わり、段差は低くなってきたように見える。それでも障碍者が自宅を一歩外へ出るとまだまだ障壁は多いと、齊喜さんの地図が示している▲再調査を進めていた齊喜さんは昨年末病気で倒れたが、行政は指摘を基にして歩道の改良を始めた。マップを見ていると、豊中市に限られることでないことに誰しも気付くだろう。自宅の周辺や外出先から車椅子にとって危険な歩道をなくしていく手がかりとなる。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2017-08-26 17:23 | 文明論 | Comments(0)



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-14 04:28
【追悼】辰濃和男 元朝日新聞..
at 2017-12-13 23:31
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-12 22:48
【書を読む】古谷経衡 「道徳..
at 2017-12-12 17:36
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-06 23:22
【変な言葉】「肉厚ジューシー..
at 2017-12-06 02:12
【書を読む】 ニュースでわか..
at 2017-12-05 23:49
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-12-05 18:58
【Freesia料理】キャベ..
at 2017-11-30 17:22
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-29 02:44
自民山本幸三氏の「あんな黒い..
at 2017-11-28 17:26
【英語訳】中島みゆき 悪女
at 2017-11-28 14:32
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-26 02:49
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-22 03:07
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-21 23:39
つくばエクスプレスの20秒早..
at 2017-11-21 17:56
衆議院の代表質問 立法はそん..
at 2017-11-21 14:32
福岡ソフトバンクホークスの日..
at 2017-11-16 18:25
【日馬富士暴行】外人力士を廃..
at 2017-11-14 21:50
【Freesia料理】冬眠の..
at 2017-11-14 18:20
最新のコメント
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング