<   2015年 12月 ( 55 )   > この月の画像一覧

【コラム 葉がつく】マジックミラー

a0313715_15341990.png葉がつく 2015年12月31日

 カーテンと聞くと先ず思い浮かぶのは白いレースのカーテン、地域や趣向による違いはなく、何処にでもある。それが至って普通と思う人もいるし、それが最も高級なものと思う人もいる不思議なものである。本当に高級なものは得てして普通の趣向であったりする。要はその材質や手の掛け方の違いである▼レースのカーテンは内側からは外が見えるが外側からは内が見えない。本当にそうなのか、確認を念入りにしたことがある。部屋をなるべく明るくするために、レースの白いカーテンだけを架けることにしたからである。して外を見ると、何でも見える。但し、自分の気づいていないものはどうであれ見えない▼外へ出て部屋を見る。照明を点ける/消す。昼の場合/夜の場合――心配の余り見えるかのような気もするが、何れも見えないことが、分かった。それでも不安で堪らないならば厚手のカーテンを使い或いはそれと二重に架けることである▼世の中も似ている。違いは見えないようにすることが正しいのか見えるようにするのが正しいのかにあるが、『内側』に身をおいていると、何でも見えるかのような気がして来る。実際に、粗何でも見える。然し、その外側からは、自分の姿は見えていない。世界はマジックミラーのようである▼処が、或る時に見えてしまうことがある。その時がいつ来るかは全く分からない。分からないことに『備える』ことはできないので見えるようにするべきである。見せたいものや見られても構わないものをだけではなくそうではないものも見えるようにするには自分達だけがそれを考えて決めるのではいけない▼今年もそんな一件が幾つも伝えられた。伝える立場のそれもまた問われる。『安』らげる心は着るもの、食べるものや住む所だけではなく、知るべきことを外へ如何に知らしめるかにもある。それが『公』であり、一人一人にその責任がある。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションのメーンキャスター(:2016年4月以降)にしよう!!
古舘伊知郎さん――2016年3月を以て退任――、お疲れ様です!ありがとう!!
宮根は『おは朝』に帰れ!!

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15241316.png

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

a0313715_19483789.png

FNN あしたのニュース/すぽると! 23.30~/月~木 23.58~/金
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-31 21:05 | コラム 葉がつく | Comments(0)

杉尾;三反園――報道人の政治への進出が相次ぐ 

 まだ話題を呼び起こしてはいないが、年末に少し目に留まったニュースはTBSの報道局編集センター解説・専門記者室長である杉尾秀哉氏が民主党の参議院議員の候補として検討されているとのものとテレビ朝日の報道記者である三反園訓(みたぞの さとる)氏が鹿児島県知事選挙の候補となることである。
杉尾氏は1990年代にはJNNの夕方のニュース番組『ニュースの森』のキャスターを務めた。三反園氏はANNの夜のニュース番組『ニュースステーション』の解説などを務めた。そのメーンキャスターの久米宏氏が折々に「三反園君、どうですか?」と呼んでいたのでその名と顔を憶えている人もいよう。

 ニュースステーションは私の指定番組であったので言うことはないが、『ニュースの森』は反TBS・JNNの私としても中々受け入れられるニュース番組であり、杉尾氏の実力と存在感も確かなものであったと思う。当時の私の主指定局であったフジテレビ・FNNの裏番組の『スーパーニュース』(:安藤優子;木村太郎)にも遜色はなく、事実上の同時間帯の準指定――巡視艇ではない――の番組であった。
 1990年代のTBS・JNNのニュース番組である 朝:『あなたにオンタイム』;夕:『ニュースの森』;夜:『筑紫哲也NEWS23』は何れも信頼できるものであり、それぞれフジテレビ・FNNの裏番の『めざましテレビ』とは充分に代用が可能であり、『NEWS JAPAN』は番組の在り方の違いの故でもあるが『NEWS23』に全く及ばないものであった。
 事情は分からないが、杉尾氏の信頼感はやはり個人の力であろう。その気合いの前には信頼感は絶無の最劣等局TBSもその力を認めざるを得ないのである。恐らく安倍政権なども認めざるを得ないのではないか?
 何も、民主党の候補になりそうなので掌を返すように褒めちぎっているのではない。杉尾氏が単なるTBS・JNNの報道人ならば候補への登用に反対するであろう。彼はTBS・JNNの報道人ではなく、一人の報道人である。大歓迎である。
 最近も他局の番組などにも出て緊張感に富む質疑を誰かにしていた。議院でもそのように願う。
 但し、一抹の不安もある。それは民主党の杉尾氏の登用は元総理の菅直人氏とその一派、即ち旧社民連系を追放する工作の一環なのではないかというものである。そのために前原派などの反菅の勢力が杉尾氏を招聘しているのではないかと勘繰れなくもない。
 杉尾氏と菅氏には直接の関係はないが、杉尾氏が『ニュースの森』で共演していたTBSの久和ひとみアナウンサーは菅氏の愛人であったとされる。久和氏は2001年に逝去した。その訃報及びその周辺情報には菅氏の愛人であったとの話も出ていた。15年の後の今、忘れた頃に菅氏に久和氏の影をちらつかせるべくその共演者であった杉尾氏を民主党内に歩かせ、菅氏をいたたまれない思いにさせて引退を誘おう、菅派も後継者難で自然消滅させようとの目論見なのではないかとも考えられる。

 尚、杉尾氏はテレビ朝日のANN報道ステーションの次のメーンキャスターの候補にも上がっていると聞くが(:フジテレビ/関西テレビ『Mr.サンデー』に拠る)杉尾氏の力がTBS・JNNと関係のあるものではないとは雖も一見はその影響があるように見えてしまうのでテレビ朝日・ANNの番組の主要の役処には相応しくない。同じく候補に上がっているとされるTBSの安住紳一郎アナウンサー;アナウンス部次長の起用にも反対である。俗に『リベラル派の砦』といわれていた『TBS-テレビ朝日』及び『毎日・朝日』の線をもはや形成してはならない。その線は日本弁護士連合会(日弁連)などの諸業界の利権や思想統制の巣窟でしかないものであり、リベラルとは何の関係もない。被差別部落ではないが、テレビ朝日と朝日新聞はTBSや毎日新聞の名がどこかに付いていたらどんなに実力や良心があっても排除するべし。

 三反園氏については表方の人ではないので余りよく分からない。久米氏が当時は自民党の田中眞紀子氏にと並び、絶大な信頼をおいていたと聞く。今の処は田中政治のように――??――地方の格差を改善したいと表明している。三反園氏の出る鹿児島県のある九州地方は取り分け子供の貧困が深刻であると言われる。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションのメーンキャスター(:2016年4月以降)にしよう!!
古舘伊知郎さん――2016年3月を以て退任――、お疲れ様です!ありがとう!!
宮根は『おは朝』に帰れ!!

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15241316.png

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

a0313715_19483789.png

FNN あしたのニュース/すぽると! 23.30~/月~木 23.58~/金
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-31 19:44 | 政治、社会 | Comments(0)

『映るとチャンネル替えたくなる芸能人』

 或るアンケートで『映るとチャンネル替えたくなる芸能人』と題するものがあり、その2位に坂上忍がなったという。
 他は、1位:みのもんた;3位:ホリエモン;4位:知らないので省略;5位:石橋貴明 とある。

 知らないので省略の4位の者を除き、何れもかつては極めて有名であったが――ホリエモンもいるので「極めて人気」とは言えない。――、今はだらだらと流すように出続けているだけという印象で見られているであろう者である。とんねるず及び石橋貴明――と木梨憲武――を知らない人も今はいるのではないかと思う程に石橋は今や数少ない自分の番組の他に出ることはなくなっている。然しその自分の番組が終わる気配は一向にないのは不思議である。その番組を放送するフジテレビはスポンサーを下りられるのを恐れて一応の視聴率を稼げるその番組を終わらせて新しいのを作れないでいるのであろう。私はとんねるず及び石橋を不快とは思わないがその番組が続いていることには聊かの不快感はある。日枝と一緒に早く切るべしと思う。

 ホリエモンは弊ブログの今年の芸人番付の10傑に上る高感度の芸人でもあり、不快とは理解できない。あり得ても、さして面白いとは思わないという程のものではないか? プロの芸人ではないのでそう思う向きはあって当然ではある。
 みのもんたは不快であるとは幾らか分かる。然しチャンネルを替えたくなるというよりは、見たいと思う番組には当て嵌まらないので必ず替えるか或いは初めから回さない。嫌いであるからではなく興味がないからである。然し、その背後には彼を支持し信頼する人々もその1位と同じ程にもいるので侮れない。私が不快に感ずるのはみのもんたをではなくみのもんたを絶大に支持し信頼する人々及びそれに応えようとするテレビ局である。企画する番組がそのようなファン感謝デーズには馴染まないものである筈なのにである。それはフジテレビととんねるずのこととも相通じるがとんねるずはお笑いなのでファン向けになることは考えられる。

 然し、坂上忍を不快とはホリエモンについてよりも理解し難い。ホリエモンを不快とか不徳という人々は相も変わらずいることは既に織り込み済みであるが、坂上はそうではない。余りそれに頼り過ぎるのも阿呆らしいが、昔の人気の芸能人を呼び戻して再び使い回すことはいわば視聴率や評判の底入れを手軽に図れる方法である――例外は杉田かおるである。彼女は本当に不快である。――。よってその方法論を不快と思うのはいつでも幾らでも新しい様式や企画が出て来ると思う聊か贅沢過ぎる感覚である。
 坂上忍もホリエモンと同じく、弊ブログの今年の芸人の番付の10傑の次点に上がった者である。

 一方では私の理解できる或いは全くそう思うような番付の結果や指摘などもあるので凡そ満足するべきなのではあろうが、一方では全く理解できない或いは呪うべきようなそれらも今や多く、実感としては後者が著しく目立ち多いような気がする。故にもこれまでの2010年代は民主党政権を除くと押し並べて悪い時代であると認識せざるを得ない。
 例えばBLOGOSの最新記事に上がっている小林よしのり氏の『たかみなは母性を感じる』との一説である。「たかみな」とはこの程に退団となるAKB48の高橋みなみの略称である。前の記事に小林よしのりの女の好みは例えば仲間由紀恵などについて、不可解であると語ったがここでも小林は不可解な女の好みを披瀝する。はっきり、悪趣味と言わせていただく。
 小林はそこに明らかに高橋みなみには強い母性があるという何等かの事実について語るのではなく、高橋みなみには強い母性が感じられるので好きであると語っている。高橋の母性についての何等かの事実ならば私も多分そうなのであろうと思いはする。母性の強い人は魅力や実力とは関わりなくいるものである。
 高橋を貶める訳ではないが、その強い母性とはいわばヤンキーがママになると得てして人並み外れる母性を発揮していつしか性格もかわって柔和になるというようなことであろう。私が高橋に感ずるのはそれと似るような可能性であるがそれを魅力とは思わない。何しろ、本当のヤンキーではないからでもある。
 また、前にも語ったように高橋は清潔感に欠ける。押し並べて人並みの豊かな育ちをしている人がヤンキー風を気取るような或る種の不潔感である。かといって、如何にも育ちが良さそうにとか人並みっぽく振る舞うべしとは思わない。

 アイドルが消費者金融のCMに出て悪いとは思わないが、そこに出演した高橋みなみはこう言う:「僕には僕の使い方 僕のレイク」
――不潔感満点である。それを見て「たかみなのファンやめよう。」と思った人もいるのではないか? 何といっても良くないのは「僕には僕の」という、喧嘩腰を想わせまた聊か小理屈っぽい言い回しを宣伝文句にすることである。喧嘩腰とは、「僕には僕のやり方があるんだ!構わないでくれ!!」――その人称代名詞や語尾は何でもよい。――などであり、小理屈っぽいとは「人には人の生き方や考え方がある。」などである。小林よしのりも忌み嫌う価値相対主義そのものを感じさせ或いは少なくとも想わせるのである。「・・・・・私には私の味わい、ネスカフェ ゴールドブレンド」などと言っていたらその演出が幾ら上品でゆるりとしていても売れない処か既存の客も離れて行くであろう。
 で結局は「では、レイクでなくても全然構わないということか。」となり、宣伝効果さえも低まる。全てにおいて最悪なCMがそのレイクのである。
 そこにおける高橋の顔をくしゃくしゃさせて喋る仕方とやたらと黒い化粧で眼つきがぎらぎらとして見えるのも不快感が強い。口紅の濃い目のピンクも安っぽい。振付の仕草も下卑ていて品がない。高橋一人ではなく他のAKBの一員等も出るのでその髙橋の演出がAKB48における高橋のキャラでもあるのかと解されかねない。

 で、そのような表層、即ち一般視聴者に見える側面だけで判断することしかできない筈なのに、小林はその髙橋を好評する。理解できない。秋元康の裏話でもあるのか?その辺りも感じられない。ぶっちゃけ、高橋が務めていたAKBのリーダーはどうしているものなのかさえ、熱心なファンを含む一般視聴者には分かる筈もないので高橋の人徳についても分かるものではない。

 それでもまあ、高橋みなみが出ていてチャンネルを替えたくなる程ではない。小林の好む仲間由紀恵は替えたくなる。どうでもよさげな深夜などはテレビを消すことになるが、そこで消すと残像が残る虞があるので仲間の姿と声が消えて更にもう暫く経ってから消さざるを得ない。然し偶にその間に今度は上戸彩が出て来て――然もその上戸の別のCMが続くことも一頃はあった。――上戸の残像を消すためにまた電源を切るまでの待機を延長しないとならない。上戸については最近は一人の私人としてはいい人なのかも知れないと思うようにはなり、上戸の出るCMなどもその業者について――詰り、上戸を指名し或いは広告代理店のお任せを承諾する感覚を疑うということ――を除き、一頃の程の拒否感はない。

 映るとチャンネル替えたくなる芸能人はまだ何人かいる。

 その一人は羽生結弦である。

 仲間由紀恵や上戸彩のように俳優や芸人ではないので番組そのものをキャンセルすることができない場合が多く、替えたくても替えられないのが更に苛つく。目を逸らすか彼の話が終わるまで戸締りの確認や明日の予定の確認などの何か別のことをするしかない。比較的替えたり消したりすることのできる場合が多いのはフジテレビの『すぽると!』で今の時代のスポーツの全般に興味がなくオリンピックに関わる報や逸話などもあって不快に感ずることも多いので観るのをキャンセルする。殊にANN報道ステーションに羽生が生出演した時は本当に困った。フィギュアスケートの放映権を多く取っている故もあり弊ブログの主指定局であるテレビ朝日は羽生の放映または出演がやたらと多いのも困る。
 余り多言をしたくはないが、一言で言えば羽生は単なるスケート気違いである。放送禁止用語ではあるが、そうである。よって滑走の安定と確かさは疑うべくもなく高いがそこに乗る演技の動作や意匠はお世辞にも美しいとはいえない。かつては言われていた日本のフィギュアスケーターの『優雅さのなさ』を更に酷くしたような悪趣味の極みが羽生の演技である。なまこを引き延して氷の上でぶよぶよと踊らせているような気持ちの悪い動作である――森喜朗総理の表現術を少し倣ってみた。――。
 その際の表情も何かする毎に一々「ハァーー!!」とか「フゥ~~…」とか言っているのがありありと映り――映るだけではなくすることそのものが――、これまた気持ちが悪い。
 スケート気違いであるとは、即ち知性においても馬鹿であるということである。
 尤も、知性をスポーツ選手に望むべきではないとは昔からいわれることではある。スポーツができれば立派であるとは私も分かる。然し昨今はマスコミがスポーツ選手に知性や知性的人徳を見ようとする風潮が出て来ており、スポーツ選手等もその期待に応えようとして自らの知性を磨こうとする向きが多いらしい。期待に応えようとすることは必ずしも悪いことではないが羽生延いてはその一門は痛過ぎる程に頭が悪い。
 単なる◯◯気違いに喝采を送り、当人も国民も頽廃し破滅してゆくことは歴史に幾度かあったようである。『健全なる精神は健全なる肉体に宿れかし』とは私が小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』を通して覚えた諺である。得てしてそうではないという反語の意味なそうである。

 長沢まさみは多分心身共に健全なのであろう。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションのメーンキャスター(:2016年4月以降)にしよう!!
古舘伊知郎さん――2016年3月を以て退任――、お疲れ様です!ありがとう!!
宮根は『おは朝』に帰れ!!

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2015-12-30 22:20 | 生活 | Comments(0)

思えば便利になったもんだ

 いつの間にか年の暮れになっていて年の瀬という感じがしない。

a0313715_19352308.jpg 処が報道ステーションはすとんと終わるし――先週の23日が年内最終回――、武井咲が着物を着て「倍返し!」と言っている。年明けが近づいている兆候である。

 そんな感じなので初詣と年越し蕎麦はもう先日27日に済ませたが、年末年始に確認しておくべき諸々の情報をまだ確認していなかった。その一つは銀行の営業日である。
 昨日29日に何気なく家を出ると或る時に突然に思い出した。29日には銀行はカードサービスコーナー――三井住友銀行の名称 その他はクイックコーナーなど――も閉まってがしんがしんに鍵が掛かって真っ暗になっているのではないか?、折しもその日は気温が一際に下がり、明らかに寒いと感じられる日となったのでその恐ろしさに寒気を感じた。所持金は千円余りである。

 帰りに電車に乗る駅の傍にある横浜銀行のATMだけの出張所を見ると電燈が点いている。先ずそこでSMBCの支店のカードサービスコーナーも開いている可能性はぐんと高まった。然し開いているのは横浜銀行だけでSMBCは休みなこともあり得る。まだ安心はできない。

a0313715_19004995.jpg 降りる駅に着く。パスモ(:首都圏の鉄道とバスの共通ICカード)は難なく通る。因みに若し残額が沢山あっても再現金化はパスモを解約しないとできない。
 恐る恐る駅を出て銀行へ歩く。銀行の看板は照明はないので遠くから見ても開いているか否かをそれで判別することはできない。気のせいか、看板の辺りが一段と暗く見える。

 すると宵時の空に現われたのは吉高由里子――

 「安心して下さい。ちゃんと開いてますよ。

 そして銀行の入口の近くに到る、・・・・・開いている。

 掲示を見ると、今日30日まで通常営業、即ち窓口も開いていたようである。
 更には、カードサービスコーナーは年末年始も無休で営業とある。

 いつからそうなったのかは知らないが、思えば便利になったもんだ。
 昔は28日か29日で年内の営業は終わっていた。年始の営業も5日に始まるとかであった。何れもATMは同じ期間か或いはそれより少し短い休業期間であり、故にも12月29日は極めて微妙な日である。
 コンビニATMもあるが、私のキャッシュカードは生体認証カードなので銀行の店舗のATMをしか使えない。コンビニさえも休みであった時代もあった。

 その代わりに長期休暇ができたりするであろうか? 出来て欲しいと思う。国民の祝休日の増設によって休暇を多くするのは無意味である。

 序に西田敏行も出て来た。

 「安心して下さい。ちゃんとかぶってますよ。」

 ――益税の話か――税金の筈のものに利益がかぶって来る――?、それとも確り取られているということか? 何れにせよ安心はできないという人々もいる。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-30 18:55 | 生活 | Comments(0)

国民国家による他国への軍事介入

 二つ前の三浦瑠麗氏について語った記事に、他国への軍事介入は国民国家にしかできない、日本は国民国家ではなく連合国家なのでそれは不可能であると論じた。

 すると、イギリスは連合王国と称する連合国家ではないか、然しイラクやリビア、イスラム国に次々と軍事介入をしているではないかとの疑問が起こるであろう。

 確かに、イギリスは連合王国と称し、連合国家を形成している。然しそれはグレートブリテン及び北アイルランドの他の同盟の独立国や植民地を含めて連合王国、連合国家と見做すべくあるものであり、通常はイギリスと呼ばれるグレートブリテン及び北アイルランドは実質としては連合国家ではない一つの国民国家である。

 故に、イングランドにおいては連合王国独立党(UKIP)がナショナリズムの勢力として近年に台頭しているし、イングランドの主導による実質としての一つの国民国家に留まるか脱するかを問うてスコットランドは独立を期している訳である。スコットランドはイギリスに留まっても脱してもその前提は『イギリスは一つの国民国家』であり、連合国家としての連合王国の一員であり続けるかなくなるかという論点ではない。処がイングランドの選出のキャメロン総理の政権は独立の断念と引き換えに『高度の自治権』を賦与すると表明した。それはキャメロン政権が現下の外国への軍事介入の政策を行く行くは廃して元の連合国家に返ることをその具体策はまだないが、考えていると暗に示すものである。
 元の連合国家に返るとは、今は一つの国民国家であることは初めからそうなのではなく或る時から趨勢として強まっていることである。その趨勢の一つは先のUKIPの台頭であり、彼等は他国への軍事介入を支持するのではないが、その思想の間接の帰結としてイギリスが軍事介入を続けることになっている現状がある。いわば「笛を吹いたら踊ってしまった」訳である。UKIPの台頭と国民国家イギリスの強化はイラク戦争などの軍事介入を国民一般が支持し易い状況を生み出した。肝は国民一般の支持である。国家が他の国への軍事介入をするには国民一般の理解と支持を取り付けることができなければならず、その条件となるのは自国は国民国家であるという認識、即ちナショナリズムの一端である。自国の安全保障だけに関わる軍事行動或いは戦争は自国を巡る状況によって否応なく選ぶべくなるものである故に国民国家の認識も国民一般の理解と支持も然程に必要とはならない。極端な話、事後報告だけでも構わないものである。然し、他国に関してはそのようなことをする必要はないと見る向きは多いものであるし、今正に日本の政権が問われているように勝手な政策判断と解される場合がある。故にそれを認容させるべく俗に戦争の大義などと呼ばれる、国民の合意の形成を要す。日本やかつてのイギリスは連合国家であり国民国家ではない故にそのような合意の形成は極めて難しいか或いは不可能である。
 イギリスがかようの国民国家に変貌している要因はUKIPの他に労働党がある。ブレア政権による労働党の再生と保守寄りの層の認知の浸透はイギリスの合意の形成を容易とした。保守党とその支持層が絶対に容認しないような諸政策を捨てて選択可能な党とした。ブレア政権が容認したイラク戦争はその結果はともかく、イギリスの政治を『決められる政治』にした一つの要因となったことにおいて意義がある。然し、せっかくのそのような流れをイラク反戦派は『一つの国民国家』となること、それにアメリカとの提携関係の強化だけを維持して他を否定し、故に因習でもあるイングランドの絶対主導の傾向を生じてイギリスを無気力で詰まらない国にしている。今のキャメロン政権はその後始末をしている訳である。汚しているのは旧自由党系のグローバリストとジェレミー・コービン代表による労働党の新体制、即ちブレア改革の否定と基本路線の転換である。その流れは日本にもかなり深く影響しており、安倍政権は日本を国民国家と見立てて国民におけるその意識を強めさせようとし、悪化する昨今のイギリスのような状況を生み出そうとしている。

 三浦氏も言う、軍事介入ではない人道支援なども政府の主導によってするならば国民国家でなくてはならず、日本はそれも不可能である。人道支援も金を出す、物を出すそして人を出すことには違いはなく、その可否を巡る国民の合意の形成は欠かせないからである。それがなくても可能なのは民間の企業や諸団体或いは個人の有志による支援であり、国民の認知を図ることは広告宣伝だけで済む。それも現下のようにテロの脅威が強まっている状況においては難しいので政府の外交による状況の変化は必要となる。慰安婦問題の韓国との『不可逆的解決』がその契機の一つとなるかについてはまだ考え中である。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル・モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ・シアトル・タイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ・トロント・スター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ・ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-30 17:52 | 政治、社会 | Comments(0)

【考察英語】「お上がりやす。」

 今日30日のテレビ朝日の『ワイド!スクランブル』に中国人のマナー違反についての特集があった。中国人の蛮行の数々を紹介し、京都や奈良、東京のそれらに遭った店の人々にその感想を聞く。その場所を日本の歴代の政府の地だけにするのが、中国人の批判とは雖もどこか良心的と見える。

 「マナー違反」は英語では"going against manners"、「それはマナー違反です。」は"It is going against the manner."となる。強い非難や注意を以て言う場合は"violating manners";"You are violating the manner."となる。法に反することを"to violate"と言うので「マナーに違反する」と聞いても同じく"to violate"が思い浮かぶがマナーは法のように一律の明文となるようなものではなく、あっても色々と違う本になるものなので"to violate"は或るマナーが殊に強く要請されるような公の場や格式のある場においてだけ用いるのが無難であり、普通には"going against"でよい。
 尤も、格式のある場では尤遠回しの言い方が望まれる場合が多く、例えば"Crows to get blue as your reddish visage."などは如何であろうか? 説明を加えると粋ではないが、"your reddish visage"は恥ずかしげな顔という意味の他にフランス人の顔という意味がある。日本語に訳すと「お顔が赤くて烏が蒼ざめます。」となる。さて、その答は"Your elders have yielded the blue crows; our elders hoisted a red visage, a third of."とでもなろう。変なものは何でも英米人が作り出す、青い烏が気に入らないならば明け渡すべし――そこには言ってはいないが、恐らく「日本人にでも」ということ――、彼等は友愛のために戦っているのでそんなことを気に懸けている場合ではないという意味である。故に、恥は三分の一程で済むし、『逆に』貴様如きに蒼ざめるのは我々である。ということでもある。更には、彼等は黒いものを青と言い包める(いいくるめる)だけであり白と言い包めはしないということでもある。

 "going"は現在分詞の近接未来の用法であり、それを用いてマナー違反と言うとそれを言っている現在だけではなく行く行くにもマナー違反を重ねることになると注意を喚ぶ(よぶ)含みがある。"It is going against"で現在進行形と解すべきではない。

 その特集に、中国人が旅館か何かで土足で上がって来るとのものがある。
 日本式の旅館は靴を脱いで上がるのに中国人は構わずにそうするとである。

 その「上がる」は英語では何と言うのか?
 また、「上がる」は場に入ることだけをではなく食べることをも言う。何れも「お上がりやす。」と言う。「食べる」の「上がる」は英語では何と言うのか?

 「入る」の「上がる」として私が先ず思い浮かんだのは"rising"である。"rising"と言うと"The sun is rising."、「日は昇る。」が思い浮かぶ。玄関で靴を脱いで入る際には段差を昇る訳で、故に"rising"とである。
 然しそれは、昇り降りの動作を伴うことを説明する際には用いられる言葉であり、実際にそのようにすることを言いはしない。"Raise your feet and rise on the steps."、「脚を上げて段を昇る。」と説明する。では「中国人は靴を脱がずに中に上がる。」はどうか?
 "Chinese ones come into (the inner) without undressing one's shoes."、"to come into"が「上がる」である。
 "to come"には『出来上がる』またはそれに『近づく』という意味がある。また、"come at"は「迎える」の意味であり、"Come at the guest on our hall."、「お客様をうちの玄関で迎える。」または「玄関のお客様を迎える。」――後者がより厳密な訳――などとなる。玄関は主に空間として捉えられるのではなくいわば『玄関の床を踏む』、延いては『玄関にいる時を過ごす』イメージを以て捉えられるものなので"on our hall"、他所ならば"on their hall"或いは"on the hall"となり"in our hall"や"in their hall"や"in the hall"ではない。"in the hall"と言うと玄関ではなく劇場などのホールのこととなる。劇場のなどもそこで人に会う話ならば"on the hall"となる。
 家に上がることはその段取りが出来上がることなので『出来上がる』またはそれに『近づく』を意味する"come"及び"in"或いは"into"で"come in the house"となる。"to come"には「来る」の意味もあるが、「上がる」の"come in/into"は呼ぶ側だけではなく呼ばれる側も同じくそのように言い、"go in/into"とは言わない。よって「私は挨拶をして上がらせていただいた。」は"I had bowed to and let me come in."となる。「させていただく」はそうする前については"need to do"となるがそうしている時及びそうした後については"let me do"となる。「サービスさせていただきます。」は"Let me do a service (here)."と、「上がらせていただけますか?」は"Could you need me to come in?"となる。

 因みに、「脱ぐ」は"put off"や"take off"とも言うが、それもその動作だけを或いはそうする必要についてだけを言う場合に適い、実際に脱いでいただく(:"need the one to put off some wares")ことを言う場合は"undress"が宜しい。客を迎えたり迎えられたりする場面には"You may put off your shoes."では何やら偉そうに聞こえるからである。脱ぐことがそこにおいては正しく装うことになるならば「靴だけを着ないで上がって下さい。」という意味合いで"You may undress your shoes here."、「ここではきものを脱いで下さい。」と言うべくなる訳である。

 「食べる」の「上がる」は「いただく」や「取る」と同じ"have"となる。「いただく」;「取る」をもてなす側からいう言葉が「上がる」であるが、英語は立場の違いを問わずに間接に両者をいう言葉が多い。「入る」の「上がる」は日本語も英語の"come in/into"と同じく間接に言うものであり、その違いには注意を要す。
 「お上がりやす。」は"Let you have it."或いは"Do have it."となる。"Let you have it."はより格式的であり、"Do have it."は親しみ易い感じがある。また、上がらせるべくある料理がそこ、即ちそこにとっての「ここ」にあるが、"Let you have this."とか"Do have this."とは天地が引っ繰り返っても言わない。但し"Let you have here."や"Do have here."とは言う。"this"とは日本の謙遜の美徳と同じく、それそのものを遜らせ(へりくだらせ)て言う言葉なので相手が上がるべくしてあるものを"this"と言うと悪いものを食べさせているかのような感じになる。その他、"this"は失礼となる場合が多いのでなるべく遣わないようにするべし。"This kind of matter is what..."、「この手の事柄は…なものである。」も余り良くはなく――話を独りで進めているような感じを与える/受ける。――、"Such kind of matter is what..."「その(ような)類の事柄は…なものである。」と言うべし。――なのにその"this"が英語の授業で最も初めに習う語であるとは…

 また、「もてなす」は"make the one belonged here."が最も正確と思われる。"make"が「なす(成す)」で"belonged"「もて(持て)」である。"belong here"は「ここに居る」ということであり、"make the one belonged here"で「その方をここに居させる(ようにする)」、即ち「もてなす」となる。名詞の「おもてなし」は"making belonged"となる。"belong"には「属す」の意味もあり、当店の顧客に属す、即ち「常連を増やす」とか「会員を獲得せよ!」というような意味合いにもなる。
 敵に塩を送るようなことになるが、2年前のあれから出て来た「hospitality; reception; treatment; service; entertainment」――どれもかなり外れである。塩を盛らせていただく。
 如何にもニアピンぽく思われているのであろう"treatment"-"treating"は髪のトリートメントのようなきめの細かさというような意味合いはない。単に客扱いをする、捌くことを"treatment"と言う。きめの細かさを言う場合は"treatment cares"と付け加えないとならない。「トリートメント/treatment」だけでは髪の痛みの「処置」の意味になる。CMの映像や音楽、動作に騙されて意味を取り違えている訳である――昔は後姿だけのが多いものであったし。――。
 "hospitality"とは『行き届くこと』というような感じの言葉であり、行き届いているもてなしの行動そのものを指すのではない。詰り、もてなされる側の論理でありもてなす側の論理ではない。もてなされたいだけなのに「おもてなしの国」なのである。恥ずべし。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションのメーンキャスター(:2016年4月以降)にしよう!!
古舘伊知郎さん――2016年3月を以て退任――、お疲れ様です!ありがとう!!
宮根は『おは朝』に帰れ!!

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-30 15:24 | 文明論 | Comments(0)

三浦瑠麗氏 産経新聞『正論』の新しい論客に

 今年の秋頃に国際政治学者の三浦瑠麗氏が産経新聞の『正論』の執筆論客に新たに加わるとの知らせがその紙面にあるのを見た。弊ブログの一目おく或る左翼系のブログの評に拠ると「岩波書店の辺りが秘かに右へ舵を切るために用意した隠れ反動学者」とあり、弊ブログも聊かの警戒、即ち眉唾を以て見ていた。リベラルナショナリスト――と自ら称してはいないが、弊ブログの見立てによる――のブログ『ふぇりっくす日記』は三浦氏については是々非々という感じである。弊ブログは三浦氏のウェブサイトなどを見て感じたのは何を言いたいのか今一つ分からない、のらりくらりとしている学者というものである。

 その三浦氏が『正論』に執筆を始めて二三度目となるのであろうその記事が今日28日の産経新聞にある。題して『新たな勢力均衡の時代に備えよ』、新進気鋭――と言う程には最近のデビューではないのかもしれないが、――の論者がそのような題名の論述を出したら目を引かずにはおれない、「さて何を語っているのか?」となる。してその産経新聞を買う。

 読んでみると、「これが産経新聞なのか??」と思うようなリベラル寄りと見える論である。
 この二十年来にあからさまに右傾化を勧めていた産経新聞がここに来てリベラルをも重視し或いはリベラル志向を図っているのか? 少なくともその『正論』の記事は、隠れ反動学者らしい様子は窺えない――故に「秘かに」右へ舵を切る巧妙な仕掛け人と見るのかもしれないが、――

 他の或るブログには尤凄い評がある。
 「この女性学者は藤原帰一の弟子であるが、本当に危ない。」;「日本のリベラル勢力を完全に抹殺するためにアメリカから「ニューリベラル」として育てられた人材だ。」;「「ほんとうに重要な論点」から議論をそらすために「もっともらしい論点」をでっち上げて、それにそって議論を誘導する、しかも女性美人学者が、ということである。」;「三浦は自らニューリベラルを自称しているが、同時に安倍晋三政権の進める政策に概ね支持をしているようだ。」――

 但し、三浦氏の持論とする『戦争をしないための徴兵制を』は「老若男女を問わない」と言うのを除くと弊ブログの持論と粗同じではある。また、志願制を全く否定するのではない。三浦氏も言うように、「自分が戦争に行く可能性がないと戦争のコストを考えにくくなる」ことがその眼目である。
 議論を誘導するというのは、恐らく喋る時の仕草や眼力(めぢから)の加減が恰も周りを誘導しているかのように見えるということであろう。その一こまを捉えた写真を見るに、そうである。弊ブログが分かりにくいと思うのはその主旨と内容であり議論の仕方ではない。尤も、今まで「歯に衣を着せぬ」とか「ぶった斬る!」、果てには「ブタをぶった斬る」と言うような分かり易さが求められ過ぎており分かりにくいが何となく分かるような議論は余りなかったのでそのような議論をする三浦氏は今や求められているのかもしれない。
 因みに弊ブログの原点の一つでもある小林よしのり氏は三浦氏を「香山リカは単なるサヨクだが、三浦氏は本当のリベラル」と評する。本当であろうか?

 少なくともその『正論』を読むかぎり、そのようにも見える。
 また、余り言い過ぎて敵対の意を煽ることは望ましくはないが、「単なるサヨク」などとも呼ばれる左翼とリベラルの区別を確りとつけることは重要でもある。今まではそれらが同じ意味に解されており、弊ブログのようなリベラル保守――或いは『右翼リベラル』――は存在しないものであるかのように思われていた。同じくリベラル保守を自認する北海道大学の中島岳志准教授についても、所謂右翼からは散々な評判であるし、所謂左翼リベラルからは一顧位をしかされていない。評論界やネットには乗らない、例えば彼が常任の解説者として出演しているANN報道ステーションの視聴者の多くが「中々良いのではないか。」と思って聞いていてもそのような声は聞こえて来はしない。それと重ね合せて考えると、三浦氏もまた中島准教授や弊ブログのような、最も『聞こえて来ない声』に近い線を行く論者なのかもしれない。
 とは雖も、所謂左翼リベラルの人々も或る意味では進化しており、それらのようなリベラル保守を自認する人々の語る説を多分謙虚に取り入れていたりもする。昔、1970年代頃までの時代は寧ろ彼等とは対極としてある右翼や国粋主義者、今に言うネット右翼のような人々の説を取り込むことが結構あったらしい。

 三浦氏はその『正論 新たな勢力均衡の時代に備えよ』にイスラム国と対峙するには軍事攻撃では限界がある、非軍事の民間の下支えと宗教における寛容が必要であるなどと語る。それも弊ブログの持論と凡そ同じである。只、非軍事の下支えとは安倍が今年の初めの頃に演説で打ち上げてイスラム国の人質事件の口実ともなった『イスラム国と戦う国々への支援』を直に指すのではないのかと捉えられるかもしれないし、宗教における寛容とは産経新聞などの極右の程に強く持論とするものでもある。「宗教における寛容と融通無碍の精神は日本の伝統である。」などとである。「日本なのだから、そんな懸念はあり得ない。」と言わむばかりである。三浦氏の説は詰りはそのような極右を支持するものとなると思えなくもない。それとは異なるものは何か、それはそこにはやはり見えて来ない。軍事攻撃の限界についても、安倍安保法が制定されてさえ日本の現実の問題としてはそれができないだけのことを「世界の現実に鑑みるとそれはできなさそうである。」と摩り替えて言っているだけと読めなくもない。そこに、「できないならばできるようにせねば。」という機運を誘いかねない。

 軍事介入の可否とは、その適否はともかく、国民国家であることが前提となる。三浦氏の専攻は国際政治学であり国家における政治学ではないのでその観点が余りないのは仕方がないかもしれないが、所謂右翼においてだけではなく所謂左翼リベラルにおいても今やナショナリズムが強まる趨勢にある。国民国家を巡る問題は少なくともこれからの日本を作って行く際には参考としてさえ、避けては通れない。アメリカやイギリス、フランスがイスラム国などに関して軍事介入をするのはそれらが国民国家であるからであるが、日本は国民国家ではなくいわば分断を包み隠してその境目を定めない連合国家である。そこに何歩安全保障の法制を設けて軍事力を強めても他国に関する軍事介入や集団的自衛権の行使は実際にはできよう筈もない。結局はできないので構わないと思うならば大きな誤解であり、実際にはできないのにできるかのように解されることが最も危ぶむべきものである。故にも安倍の答弁の数々はちらちらと揺れ動いていたのである。
 日本が国民国家ではないことの正否はまだ分からない。或いはそれで良いのかもしれない。当分は日本と世界の現況を税と社会保障の一体改革を含めて殊に慎重に見てゆく必要がある。
 尚、今の日本国憲法は何等かの連合国家としても国民国家としても通じるものである。立憲主義と憲法にはそもそも国家についてのそのような主題及び定義は含まれないからである。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションのメーンキャスター(:2016年4月以降)にしよう!!
古舘伊知郎さん――2016年3月を以て退任――、お疲れ様です!ありがとう!!
宮根は『おは朝』に帰れ!!

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15241316.png

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

a0313715_19483789.png

FNN あしたのニュース/すぽると! 23.30~/月~木 23.58~/金
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-28 23:47 | 政治、社会 | Comments(0)

【Freesia料理】ハンバーグソース

 先週末に作ったハンバーグソースを紹介しようと思うが、材料等はそれで全てであったかと、正確に憶えていない。
 そんなたどたどしい記憶に基づく記事で申し訳ないが、多分これでOKと思うハンバーグソースを紹介する。

 弊ブログは少し前に『珠玉の生姜ハンバーグ』などのハンバーグを紹介したが、それらは何れも醤油仕立てのソースによるものである。この度はウースターソース仕立てのいわば『洋物っぽい味』を存分に求めて作った。

●用意するもの

ウースターソース  推奨は カゴメ 中濃ソース
牛肉だしの素  推奨は CJ ダシダ

胡椒  推奨は S&B テーブルコショー
砂糖  推奨は 三井製糖 三温糖 ――入れたか入れなかったかを忘れた。自己責任で失敗を恐れないならば試して下さい。

●作り方

 それらを量を念入りに確かめながら混ぜる。
 酢とダシダは『多くない程』。
 牛肉だしのダシダはブイヨンを以て代えても良い。こっくりとした味にするならばダシダ、爽やか目の味にするならばブイヨン、と言うとブイヨンにする人が多いであろうか?
 ここでは少しだけの説明に留めるハンバーグに使う挽肉は牛豚合せで牛が70%;豚肉が30%のものである。そこにダシダなどの牛肉だしのソースを充てると牛の比率が上がり、偽装することができる。

 ハンバーグのつなぎは弊ブログの定番の推奨である小麦粉で、それに磨り下ろしの玉葱――それも多くは刻みの玉葱――、微量の塩、少量の胡椒と少量のオリーブ油を加えて捏ね合わせる。
 押し並べてパン粉がハンバーグのつなぎとしては多く用いられるが、小麦粉を用いると絹のように滑らかで柔らかな質感になり、ナイフが要らない。――パン粉の硬いのでもフォークや箸だけで切ろうと思えば切れるが、小麦粉の程にスムーズにはゆかない。――。スパゲティーにナイフを使うの逆である。
 
 そこに前記のハンバーグソースを蒔く。

 付け合せはもろこしもやし、もやしと缶詰のスイートコーンを塩で炒める。そこにはソースを混ぜず、皿に載るその端っこが偶さかハンバーグのソースにつく程が良い。

 思い出した!!

 入れたのを忘れていたのは赤ワインとココナッツミルクである。よって先の『●用意するもの』の項に「赤ワイン 適量」と「ココナッツミルク 適量 推奨は エルビー ココナッツミルク」を付け加えて下さい。
 入れるのを忘れていたではなく入れたのを忘れていたである。
 好みにより白ワインでも良いが、ロゼワインは多分いけなさそうである。『いけない味』を楽しみたいならばロゼワインでも良いかもしれない。

 味わってみると、かなり塩辛いと思う人も少なくはないのではないか。
 確かに、ソースだけを舐めてみると私もかなり塩辛いと感ずる。然し、それをハンバーグなどの料理に合わせると丁度良い甘辛具合となる。
a0313715_22091056.jpg その理由は推奨のカゴメの中濃ソースにある――批判ではない。それを奨める理由の説明である。――。
 一つは価格が安いこと、弊ブログのお馴染の推奨理由である。
 もう一つはそれが本場英国のワーチェスターソース、ではなくウースターソース、Worchester sourceの味に近いことである。カゴメはその中濃ソースよりも更に濃い『こいくちソース』というのを出しており、押し並べて日本の他社のウースター類のソースよりも味が濃く、また華々しい味付けはない質素な味がする。B社などの他社の味が劣るのではないが、それらは既成のソースだけで完成されて然も華々しさのある味であり、手を加える余地が余りない。とは雖も、それをその侭でハンバーグのソースに使うのは適うとはいえない。手を加えて味の濃さを抑えて使う――醤油の味の薄さを補って使うの逆である。――、それに適うのが料理店による指定が多く器の体裁も業務向けっぽい――瓶の高さがB社のものは高く形が細目で角ばり気味であり、さっと取ってさっと注ぐには余り適わない。そこで手首が返り、動作の妨げとなる。背の低いのも一応はあるが余り売っていない。カゴメのソースの瓶はそれが低く構えており、料理人の動作に適う。高いのも一応はあるがB社のものよりも形が太目で丸っぽく手に掴み易い。――カゴメのソースである。
 B社の他には、いかりソースもまた単体での完成度は高いが手を加えるに適うとは見えない。

 そこにココナッツミルクを加えて甘味ととろみを増す。
 料理用のココナッツミルクも色々とあるが、そのエルビーの飲むココナッツミルクで充分と思う。

 合わせる料理との兼ね合いを考えながら作る、万能の味もなくはないが、それがソースやドレッシングを作る肝である。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションのメーンキャスター(:2016年4月以降)にしよう!!
古舘伊知郎さん――2016年3月を以て退任――、お疲れ様です!ありがとう!!
宮根は『おは朝』に帰れ!!

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2015-12-28 20:58 | Freesia料理 | Comments(0)

【Freesia料理】年越し蕎麦――あり合わせでも奮発でも

 直前の記事に大山詣を語ったが、その帰りに当地伊勢原の東急ストアで揃えて作った年越し蕎麦を紹介する。
 年明けまで五日、でもいつかの願いを込めて早々と年越しの蕎麦である。

●揃えるもの

鰹節  適量 推奨は『ヤマヒデ 削りぶし』
薄口醤油  適量
味醂(みりん)  適量 推奨は『タカラ本みりん』
砂糖  少量 推奨は『三井製糖 三温糖』
蕎麦  一人前~一人半前 推奨は『サトウ食品 深大寺そば』
牛肉  細切れを少量
大根  薄輪切りを2枚と葉を適量
椎茸  1つ
サラダ油  少量

a0313715_18485672.jpg 先ず思うのは「大山詣に深大寺蕎麦か?」である。
 大山の伊勢原と深大寺の調布は四五十kmも離れている。
 然しそれらにはつながりはなくはない。
 大山の大山寺は修験道の道場を由緒とし、現在は真言宗大覚寺派に属する。派閥は異なるが、京王沿線の名刹である高尾山薬王院や高幡不動尊(:真言宗智山派)との『密な』つながりがある。
 片や深大寺は伝教大師最澄の天台宗の寺であり、弘法大師空海の真言宗と並ぶ日本の密教を代表する寺である。何れも基とするのは般若心経である。

 折しも――と言って、何が「折しも」なのか能く分からないが、――今年2015年の夏には『世界で一番臭い花』といわれる燭台大蒟蒻(しょくだいおおこんにゃく)の花が深大寺の近くの神代植物公園にて開いたのが話題になった。当所における開花は毎年あるが今年はANN報道ステーションなどのテレビ番組にも取り上げられ、世界で一番香しいアナウンサーであるテレビ朝日の林美沙希アナウンサーがお天気の時間で紹介した。皆さんも世界に一つだけの花を目指して精進しよう。

 ということで、今や深大寺が旬である。他にも深大寺そばがここに紹介する年越し蕎麦に相応しい理由があるので後述とする。一つは価格が安いこと、アベノミクスの破綻を記念するのに相応しい。もう一つは何か?――

●作り方

a0313715_19000673.jpg 鰹節を鍋の水に入れてだしを取るために時間を掛けて――二三十分程――煮込む。
 水の量は蕎麦の丼一杯ともう少し飲むだけの量とする。
 鰹節の量は少し勿体ないかとも思う位にたっぷりと、鍋の水の面をこんもりと覆う程の量を入れる。
 因みに、プロの推奨する本式の鰹だしの取り方は、沸騰した水に火を止めて鰹節を入れ、1~2分程晒すだけで取れるそうである。それを一番だしと呼び、その残りを使うのが二番だしでそれも3~5分程で取れる。然し鰹節の量を見ると弊ブログのここに説明する「鍋の水の面をこんもりと覆う程の量」とはかなり違う、「鍋一杯にどっさり」という感じである。よって二三十分程煮込むとの弊ブログの説も誤りではないと思われる。

 鰹のだしは、だしの専用の鰹ではないかとの声もあろう。確かにだし専用のパックは売っている。
 然し家庭用としてはだしは鰹節御飯に使うような普通の鰹削り節で充分に取れるし、プロもそれで作り方を紹介している――にんべんのウェブサイトを参照 写真も同じ。――。
 だしが出ただし水を漉し笊(こしざる)で漉して別の鍋に移す。鍋が一つしかない場合は一旦は丼に移してそれを鍋に戻す。
 残る鰹節は茄子の炒め物などに後で使うために水を切って冷蔵庫に入れておく。

a0313715_19033163.jpga0313715_19011727.jpg そのだし水に薄口醤油とみりんを味を逐一確かめながら少しずつ足して混ぜる。醤油はつゆの全体が薄茜色になる位とし――2つ前の記事の倉田まり子の写真の肌を照らす色のような――、みりんと砂糖でその旨味を調整する。

 細切れの牛肉をフライパンで少量のサラダ油を以て焼き、椎茸を切らずに丸毎、そこで軽く炒める。
 大根は2枚の薄輪切りを各々円周6等分に切り、12枚を取る。及び、葉を細切れにして取る。
 それらについては好みによるので要はあり合わせの材料で作るのが良いが、その牛肉、椎茸と大根の取り合わせは年の締め括りに態々買い揃える価値もある。
 
 蕎麦を茹で、まだつゆを入れていない丼に盛る。そこに出来上がったつゆを注ぎ、牛肉、椎茸と大根を乗せる。

 出来上がり


 ミソは、と言ってみそ味ではないが、つゆを丼に先に入れない、蕎麦を先に入れてそこに注ぐことである。拉麺や通常のお手軽蕎麦とは逆となるのは蕎麦を何も入っていない真新(まっさら)な丼に盛ることにより、素の蕎麦を笊(ざる)に盛るイメージを保つためでもある。

 併せて食べるのにお奨めなのは胡麻飯である。それと合わせ、『白い米に肉のスープ』となる。私は白磨胡麻とした。その日に詣でて来た大山の護摩秘法に因むものでもある。

 深大寺そばがそこに相応しいのは蕎麦がつゆに好く絡むことである。先程の答である。
 そのつゆは、「蕎麦のではなく、きつねうどんのなのではないか?」との声もありそうではあるが、きつねのつゆのだしは昆布であり、この蕎麦のは鰹である。鰹の旨味を蕎麦に絡ませるために、つゆはきつねのを僅かに上回る程の茜色の濃さにする。蕎麦の香りが何よりも大切であり、そのつゆはそれを引き立たせる。
 余り言うと、深大寺そばの当地の店が「うちらのは蕎麦の香りを直に味わう、本当の蕎麦好きには適わないということか?」と思うかもしれないので「し~!…」である。当地の店のつゆならば蕎麦の香りが損なわれる訳ではない。――何やら持明院統と大覚寺統のような話になって来た。
 ネットの記事等を見ると、意外とプロにも「きりっと仕上げるため塩気の強い薄口醤油を必ず使ってください。」などと薄口の蕎麦つゆを支持する声が多い。『楽天レシピ』の天ぷらそばも、つゆの材料には薄口醤油とある。

 つゆを飲む。
 先ずは蕎麦湯を暫く待ち、その侭のつゆを
 ――飲み進める毎にこくが深まり、初めはその薄さに違和感を感じていた人もそこに納得、大山納豆も食うになる。
 そして蕎麦湯を注ぐ。
 すると弘法さんの杖で突いたように、湯で薄めた筈なのに何故かその前よりも味が濃くなったように感じる。
 その理由の一つはつゆを作る工程で漉してもだし水に僅かに残る鰹節が丼の底に沈み、蕎麦湯を注ぐとそれが浮いて広がるからである。それに蕎麦湯の蕎麦のだしが加わって更にこくの深い旨味となる。

 私はそれらに残り物のコロッケを1枚添えた。コロッケとそばは能く合う。稀にコロッケそばも売っている。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-28 19:05 | Freesia料理 | Comments(0)

【Freesia観光】初詣はここ!

 昨日は初詣に行って来た。
 12月27日日曜日、年明けまで五日が残っているが何でも早目を心掛けようと、昨日は大山阿夫利神社と大山寺のある丹沢大山に行って来たのである。

 修行なので朝は何も食べず、コーヒーだけで昼頃に家を出る。「家を出る」と言って出家ではない。
 前日の天気予報では真冬の冷え込みとの触れ込みであったが、起きてみると然程に寒くない。羊のように分厚いセーターを着て行こうかと思っていたが、薄手のベストで済みそうであった。それにスエードの短いオーバーコート、出てみると、現地に着いてみると、それがベスト――寧ろ山登りなので暑い程になり、山中でマフラーを外す。消音器ではない。

 小田急の伊勢原駅に着き、Odakyu OXコンビニで弁当を買う。何にしようか、昆布に。コンビニで昆布に――受けて下さいよ!! その日高昆布のおにぎり一つに『箱根生まれの天然水仕立て 箱根の森から 緑茶』、何しろ修行である。それだけで宵まで過ごす。
 大山ケーブル下駅行の神奈中バスで三十分程、310円、更にケーブルカーに乗ると大山寺には往復で600円、阿夫利神社には往復で1100円となる。それら全てに小田急電車を合わせると概ね三千円が交通費だけで掛かる。よって――何が「よって」なのか分からないが、――それらを全て乗るのは来賓の方をお連れしてもてなす場合だけとして私はケーブルカーには乗らず、大山ケーブル下駅と大山寺とを歩いて登った。因みに、阿夫利神社へは本格的登山となるので生涯の取っておきの一時にのみ、それ程に容易くは行けない、聖なる所なのが大山である。考えてみると、神社の護符は年毎に燃やして替える必要がないので一度買わせていただいたら永久版――では寺のは永久ではないのかは、何とも言いようはないが、――、故にそう何度も行く必要はない訳である。私はまだ行ったことはなく、大山も初めてとなる。

 大山ケーブル下の駅前に小さな駐車場と休憩所が合わさる場所がある。そこが大山詣の唯一の喫煙所である。駐車場には電気自動車の充電器があり、その脇に腰掛ける処がある。充電――
 そこに『運だめしスロット』がある。廻してみると、「そこそこ」、確かに、余り良いのが出ると気負ってしまう年頃なので寧ろ嬉しい。或いは、「そこそこ」の所に錘(おもり)が付いているのかもしれないとも思う。

 バスターミナルと駅とはアーケードの商店街が隔て、登山道の入口へはそこを潜り抜けて行く。
 湯豆腐や猪鍋・・・・・044.gif修行である。
 但し、土産物屋で一つ、般若心経の鍵架、キーホルダーを買う。
 今まで使っていたキーホルダーは名古屋時代の十年程前に名古屋栄の東急ハンズで買ったもので、皮の色が粗全て剥げ落ちている。十年一昔とは能く言うものである。その新しい般若心経の刻まれた木筒のキーホルダーとの交代とした。

 山道の入口は男坂と女坂に岐れ、阿夫利神社へは男坂を、大山寺へは女坂を行く。
 女坂は登山道とは雖も石段が着いており、登山靴を履かないでも登れる。然し雨が降ったら石段も登れなかろう。――大山は亦の名を雨降山(あぶりやま または あめふりやま)という。降っていなくても降っているような積りで登るべし。
 登り始めると程なく清流を渡る橋がある。その橋の名は真玉橋という、多分――読みにくい。――。
 その流れの一角には弘法大師空海が杖を突くと忽ち出たといわれる湧水がある。高野山や満濃池の弘法さんが「ここまで来たのか」と感心するばかり。私の生涯もここまで来た。
 弘法さんの言い伝えはもう一つあり、『大山の七不思議』の一つとして「弘法大師が自らの爪だけで彫った石地蔵」である。『弘法や筆を使はず』である。先の、襟巻を外して直ぐ後に目にしたのがそれである。

 そう長くはない山道ではあるが散歩としてはかなりきつい。然し私はそれを少し位しかものともせず、ぐいぐいと石段を登って行った。
 最後には整っている石段が大山寺の本堂に向かって真直ぐに延びる。山道の石段とは勾配が何気にかわり、足を運ぶのにはかなりの注意を要する。ケーブルカーに乗って来た人はその石段だけとなる。

 辿り着くと、小さくて見栄えもない本堂が立つ。それが、名高い大山寺である。

 取り敢えず長椅子に腰掛けて休む。そこに目に入ったのは早速や英語である。大山寺について紹介する一文が英語で記される。読むと分かり易くて中々良い英語の文である。それを息の切れている処にたどたどと目を辿って読むのである。結構な自信がつく。英語の自信だけではなく視力の自信もである――アフリカ人か!?――。

 本堂に入り、拝む。今年と◯十年のこれまでの生涯の歩みの感謝である。

 そこで買わせていただいた護摩秘法の切札は今朝にコピーを三枚取っておいた。

 その日は本尊の御開帳――喜捨400円――があったが私はけちなので入らずに思い浮かべてみるだけにした。そこに浮かぶのはすっきりと質素な釈尊である。

 堂を退き、庭で弁当を食べる。そのおにぎりを手に振り向くとネットで見た、大山に見下ろす伊勢原市街が広がる。――ふりむけばイセハラ――4時頃であったがまだ日は落ちておらず、夜景ではないが、澄み渡る景色である――伊勢原たそがれ――。

 来た道を戻って山を下りると忽ち寒くなって来た。
 山は日差しの熱を溜め込み、木々が風を遮るので冬でもやや暖かいが、その麓は吹き晒す。然しその寒さは何処か優しい。先程の休憩所で休み、土産に大山のワンカップ酒を買う。
 帰りのバスは、猛烈に眠くなり、気がつくと伊勢原駅前の商店街に入っていた。

 伊勢原駅の東急ストアで年越し蕎麦の買い物をしたが、その年越し蕎麦については次の記事にする。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル・モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ・シアトル・タイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ・トロント・スター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ・ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-12-28 16:47 | 生活 | Comments(0)