<   2016年 07月 ( 56 )   > この月の画像一覧
アメリカのエンタメは自国を賛美することに熱心である??
a0313715_22353037.png

a0313715_14290984.pnga0313715_14303075.gif


 直前の記事にはブスと付き合うと碌なことがないということを語った。いわば人を容姿により見ることを肯定するものである。

 弊ブログが2か月前までは支持していた民主党(現:民進党 以下:民進党)、その民進党に致命的に欠けているといわざるを得ないものの一つは『人を容姿により見ること』である。
a0313715_00351697.jpg 嘘800という人もいよう。元帝人ガールの蓮舫が議員となり、大臣となり延いては次の代表に相応しいといわれるまでになっていることを念頭においてのものであろう。そんなことは人を容姿により見る人々を代表する党でなければある訳がないと。
 しかし蓮舫は民進党においては例外的である。例外的なのに票を取れるので無視できないものとみられて代表への呼び声が聞かれるまでになっているに過ぎない。
 今はやりの山尾志桜里は容姿もそれなりに良いがその評価のミソは容姿ではなく元検察官であることにある。その経験が国会における鋭い質疑を可能としていると、本当かどうかは分からないが見られているのである。山尾は時におっさん面を見せることもあり、必ずしも美人とはいえない。
 自民党にはそれがあるのではないが、民進党は自民党よりも容姿を軽視する。民主党政権において更迭された閣僚の多くは容姿に難がある。閣僚を選任するためには所謂身体検査だけではなく容姿の検査も必要と感じさせる。
a0313715_00365818.jpeg 民進党がかようなのはその支持層には人を容姿により見定めてはならないと信ずる人々が少なくはないからである。ミスコンは女性に対する差別であるなどと言い立てる人々の票は自民党のものになることもあるが昨今は多くの場合は民主党及び民進党のものとなっていよう。
 彼等は人間性は容姿に表れることが多いという真実を弁えていない。無論、容姿の生まれつき良い人が全て良い人間性になる訳ではないが、容姿は人間性に応じてかわり、良くなる。
 自民党の支持層にもそれを分からない人々は少なくはないが民進党の支持層と比べるとそれを分かる人は多いと思われる。民主党であった頃は結構多くいたが今は離れてしまって日本ブス産党になっている。

a0313715_00382300.jpg 同じ名前――でした――でもその点が違い過ぎるのがアメリカの民主党である。
 米民主党には永らくハリウッド派というのがある。ハリウッド俳優の多くが民主党を支持する故であり、いわば美人の票田である。後に共和党の大統領となったロナルド レーガンもその一人である。
 更にはその民主党の大統領候補にヒラリー クリントンという女優ではないが絶世の美女がなるまでになっている。また、既になっているのはキャロライン ケネディ駐日本大使である。
 民主党は美人は素晴らしい、容姿は人の大きな価値であると憚ることなくいう党である。そこには人間性が容姿を美しくし延いては経済力や政治力につながることもあるという認識がある。逆に、共和党はそれを認めることをやや憚るような処がある。女の人間性や経済力はその夫たる男のそれらに左右されるものと見る発想が強い故でもある。男目線はしばしば容姿を曇らせる。

a0313715_00393204.jpg 日本の民主党はアメリカの民主党がそうであるようなそのような発想を竟に認めることができなかった。党が出来て勢力が拡大していた頃は初めからそのような発想の人々の支持も多くあったがそれが失われると容姿の価値を否定する人々しか残らなくなっているのである。故に過剰に左に傾く。今日の東京都知事選挙の候補武井直子氏の入党も近かろう。
 日本には日本の民主党があるというのも尤もではあるが、アメリカの民主党が友党である以上はそのような基本的価値の共有はしないとならない筈である。処が精々日本一の美女吉永小百合が単身で民主党の創立に大きな影響を与えた細川護煕氏の東京都知事選挙の立候補を応援しただけに留まる。彼女が日本の芸能界を動かすには至らなかった。故にも今度こそ、細川氏と同じ緑色で都知事選に出ている小池百合子氏の当選及び都知事の就任を願うのである。民進党は既に民主党の後継の党ではない。小池氏に本来の民主党を見る。小池新党が噂されているが、その場合は憚らずにその名称を民主党として欲しい。 …そうだーーーーー!!!!!!!!!

 ハリウッド俳優は主に映画の出演であるが、その下にはテレビの俳優がいる。日本には余り名を知られないがテレビの俳優にも美人は多い。
 弊ブログのお気に入りブログとなることが決まった『Roaming people』の5月30日の記事がアメリカ製のドラマの殆どはアメリカを賛美することと正当化することに熱心であると語っている。
 ――本当にそうであろうか?

a0313715_00404728.jpg 私なんかはアメリカの映画といえば――そこでテレビと一緒にして語るのは不適当であるかもしれないが、――ジョディ フォスターの主演の『ジャック サマースビー/Sommersby』なのでアメリカを賛美しているという感じはしない。その作は市民戦争の時代のアメリカの南部の社会の拗けのようなものを端的に映し出すものであり、「それがアメリカ!イイよね!!」などと云ってはいない。
 幼い頃に観た『E.T.』は後の日本の総理大臣も出演する全くの幻想物なので現実のアメリカの善し悪しとの関係はない。
 アメリカのテレビドラマは観たことがないので何ともいえないが、その基調は映画とそう違わないものであろう。
 アメリカの映画なりテレビドラマなりを観ると、確かにアメリカが美しく描かれる。
 しかし自国を舞台とする劇作においてその舞台を美しく描くことはどこの国も同じ、アメリカだけが特異なのではない。寧ろ、日本の劇作が日本を美しく描くことには聊かアメリカのものにはない、狂気じみたものがある。美しく描いている積りなのではあろうが美しくない。
a0313715_00424681.jpg アメリカの自国の賛美や正当化と見えるものは恐らく現実のアメリカを前提とするものではなく未来に望むべきアメリカを描くものであろうと思う。作り手も受け手も、それが今のアメリカであると思ってはいない。一つの未来絵図を見せられてそれを望ましいと思うか思わないかに意味があるのである。望むべきものは美しいに決まっている。それが現実をかえる想像力というものである。人は自らの想像することのできないことを実現することはできない。

 多くの場合は今の現実とは違うことが前提なので、エンタメを国のあり様を表すものとして見ることには無理がある。「アメリカはそうだから素晴らしい。」と思っている視聴者はいない。

 日本には平成ジャンプのような男が事欠かずいるのか?
 その前に、日本には高倉健のような男がいるのか?
 ――そんな筈はないとはいわないが、そうではない。アメリカもそれと同じである。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-31 00:44 | 文明論 | Comments(0)
優生思想ではないが、ブスはやはりブス――吉田沙保里の報道に対する圧力
 津久井やまゆり園事件の犯人が自らの犯行動機にヒトラーと優生思想に関する言及があることから俄かに脚光を浴びている『優生思想』――

 優生思想とは一定以上の優良な条件のある人ではない人々を劣悪な人として排除し若しくは抹殺しようとする、延いては優良な条件を持つ人々に有利な国家社会の構造を作ることを図る思想といわれるが、明白な排除または抹殺とは見做されない何等かの評価や措置も含まれ、現代社会にも見受けられることである。
 犯人の意図や動機はどうでもよいが、それについて意見を語る人々が優生思想とは何かをそもそも理解していなかったり自分もそれに関わっていることを棚に上げて非難する姿勢は見苦しい。
 大体、日本のヒトラーとも呼ばれる安倍晋三が彼に有利な国家社会の構造が期されるような優良な条件のある人であるか?安倍政権の支持者の多くは優良な人々であるか?どう見ても優良ではないし、寧ろナチスドイツにおいては劣悪とされていたようなユダヤ人寄りぽい人々も多く、そんな話は或る種のギャグにしかならない。
 そのような無知を少しでも正す参考として『ブス』について語る。

 世の中には美人といわれる人々がおり、そうではない人々は普通及びブスといわれる。
 美人とは客観的にはともかく、容姿や行動の在り方などに一定以上の優良な特徴のある人をいう。そうではなく人並みな人を普通とそして劣悪な人をブスという。

a0313715_22452689.jpg 人を容姿により見定めてはならないとしばしばいわれる、人の価値は容姿にあるのではないと。
 しかし「人の価値」と言うだけで何等かの優良と劣悪の評価や若しくは評価に適わない人を排除若しくは抹殺しようとする発想や或る場合には行動があるということである。その人は価値を容姿にはおかないだけであり他の何等かのことを以て「人の価値」を測る。

 人は人の価値を測ることをやめることはできない。容姿や経済力による評価を否定する者も「安倍は人殺し」と呼び人の価値をためらうことなく測っている。弊ブログは彼が安倍総理を人殺しと呼ぶことを強ち否定しないし彼のような訴え方も場合によっては良いとさえ思うが容姿や経済力などの或る価値の分野をなくするべしということは他者がそれをどう思うかより先ず自らが損をすること或いは情けないことになることにつながるのではないか。
 障碍者の排除は絶対悪であるとはいえ、健常者と障碍者を分ける評価の必要や健常であることの価値は変わらない。手がなければできないことや足がなければできないことは多いからである。よって価値とその評価が排除につながり得る優生思想に対する批判も自ずと慎重でなくてはならないがかの事件を通して出ている声の多くには慎重さは全く感じられない。それらを言っている人々がいつ掌を返すか分からない。

a0313715_22471157.png 弊ブログは慎重にも慎重を期して言う、「ブスはやはりブスでしかない。」と。また、ブスとつきあうと碌なことがないと。
 しばしば男はブスとつきあいたくはないものといわれるが、男のブスの忌避は得てして願望に留まるようである。実際にはブスと結婚して幸いならなそうな風采の男をしばしば見掛ける。願望に過ぎず確信がない。
 しかし私にはブスは不幸の元であるという確かな確信がある。

 その確信を改めて確認させられたのは久本雅美と吉田沙保里についてのネットニュースの報である。前者は芸人であり後者はレスラーである。

 久本雅美は自らが司会を務める先日に放送された日本テレビの『メレンゲの気持ち』という番組で出演者の蛯子能収の手持ちの台本を幾許かの口論の末に奪い取りスタッフの陣地へ向かい投げ捨てたという。
 久本は夙にブス芸人として有名であり、悪感度も高い。それが容姿だけに依る偏見ではないかとの見方も今までにはあったがその悪感度が偏見ではないことを証する出来事である。ブスはそのようなことを平気でするのである。詰り、ブスは人としても歪んでいることが多い。

 吉田沙保里は自らの取材に対し3万円の料金を課することを決めたという。
 吉田が今までにテレビのCMやバラエティー番組に出たのは本来はスポーツ選手を芸能人として扱うべきではないという常識のない一部の企業等や放送局等が日本のスポーツの強さに浮かれて出していたからであり何等かの芸の能が彼女にあるからではない。また、スポーツに関する取材も当人が成果を出さなければ直ぐに引いてゆくべきものである。スポーツなどを通して日本を称賛する昨今の雰囲気はその当たり前の認識を失わせて日本が強ければ自分にも取材や出演の話が来ると思わせているのであろう。そのような思い上がりが吉田の「取材には3万円」である。
 そもそも吉田はメダルを噛むことにも明らかなように人としての基本的心得がない。そのような人間性が容姿にも反映されてかのような醜い顔になる。
 金の故ではなく、報道メディアは一介のスポーツ選手に過ぎない吉田に愚弄されて萎縮を求められていると認識するべきものである。安倍政権と同等のメディアへの圧力である。
 弊ブログは吉田沙保里がリオオリンピックの出場を辞退すれば、できれば日本選手団の多くが彼女と同じ日本の代表たることを恥ずべしとして辞退すれば2020年の東京オリンピックの開催を認めてもよいと思う。

 彼女等のようなブスは確かに排除の対象とせねばならない。共生は不可能である。

 それと、犯罪者を一々「美人」と書くのはやめるべし。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-30 22:35 | 文明論 | Comments(0)
【変な言葉】コメント
a0313715_22353037.png

a0313715_15091116.jpga0313715_15031449.jpg

フジテレビ 関東:8ch 東海:1ch 近畿:8ch
指原カイワイズ  24.25~24.55/水

a0313715_20551195.jpg 「事柄の性質上コメントは差し控えたいと思います。」
 ――天皇陛下の生前退位の報を受けて取材に応じた安倍総理の言葉である。

 「コメント」――バブル時代(1990年頃)の辺りから頓に耳につくようになっている訳のわからない言葉である。バブル時代とは昭和天皇の崩御のあった頃でもある。

 細かいことを言うと、本当は「天皇」も適切ではない言葉である。
 天皇とは既に崩御あらせられた帝の尊称であり、陛下たる帝、即ち現役の帝を天皇と呼ぶことはない。しかし何れにせよいつかは崩御するものなのでそれを先取りして天皇と呼ぶのも強ち誤りとはいえない。但し報道などにおける正しい呼び方は「明仁陛下」または「明仁帝」である。

 しかし、「コメント」は強ち誤りである。
 先の安倍総理の言葉を素直に解釈すると「事柄の性質上その件についての理解を図る積りはありません。」となる。天皇のことを知ることは不敬であるということか?

 英語には"I have no comment."と言う言い回しがある。
 それを日本語に訳すと「分かりません。」である。
 "comment"とは「知る由」というような意味なので「私には知る由はない。」でもその訳になる。どちらかというとその人はその物事に関心がなく関心を持つ積りもないという意味合いになり、関心があるけれど何も言えないというような意味ではない。若し後者ならば"...I have never known enough of it."などと言う。
 しかしそれが「私には言うことがない。」のような意味であると思う向きが多い。関心を持って何かを言うべきとは思うが今は何も言えないので考えておくというようにである。

 「知る由」を人に与えるのが解説であり、故に"comment"には解説の意味もある。
 私の知る限り、テレビにおいてその専任の出演者を初めて置いたのは1985年に始まったANNのニュースステーションである。メーンキャスターは広く知られる久米宏であり、副キャスターは小宮悦子でコメンテーターは東京銀行の元行員である若林正人氏である。番組や局と東銀とに何等かの縁があるのではなくコメンテーターを公募により選び出した<下の写真の右端は朝日新聞の小林一喜氏>。
a0313715_20595483.jpg そのコメンテーターとは紛れもなく「解説者」であり、ニュースのあらましを「知る由」を視聴者に与える者である。先ずはそのニュースが何なのかを知らしめないと話にならない。基本としてはキャスターがそれをするものではあるがキャスターによる手短な従来の解説よりももう少し詳しく深く知ることを目的としてのものである。野球の解説者と同じことである。

a0313715_21043480.jpg 処がニュースステーションのコメンテーターは若林氏が退いて後の朝日新聞の委員によるものを含み、ニュースのあらましの解説だけには留まらずにコメンテーターの小分析や意見を含むものとなった故か、本来は尾鰭な筈の分析や意見が「コメント」であるかのように思われ出した。その誤解とそれに基づく誤用は今も正されず、ネットにおけるブログが始まった際には読者の分析や意見、平たく言うとつっこみを記して投稿する欄が「コメント」と称されるようになった。
 弊ブログもブログなのでその「コメント」を歓迎する故に、その名称の言葉の誤用は何とかならないのかと思う。コメント、your commentではなく「御意見、your opinion」や"on your views"などとすべきものである。
 先の安倍総理の「事柄の性質上コメントは差し控えたいと思います。」も、「今の処は申し上げられることは何もありません。」の意味であると思っているのであろうか? 安倍総理だけではなくあらゆる与野党の政治家やその他のテレビに出る人々、果ては学校の研究課題の発表の時間にまで「何かコメントはありませんか?」や「ちょっとコメントしていいですか?」と遣われている。頭悪過ぎる。聴き手(the audience)が何で発表者の述べたことに「誰かこの人の言うてること解説したってな。」とか「姉ちゃん解説させてんか?、ちょっとやないか…」と言うのであろうか?「言うてるあんたが分かってないんやで。」と頭から決めつけている訳である。

a0313715_21065553.jpg 「今の処は申し上げられることは何もありません。」の意味合いならば"I have nothing to tell you for now."や"I can not tell you about it for now."となり、"I have no comment."とはならない。よって安倍総理が外交の場で何か、例えば汚染水の状況などを尋ねられて"I have no comment."と言ったら忽ち外圧による辞任に追い込まれるであろう。「私は知りません。」と言う指導者を迎え続けることはできないからである。

 近年はコメンテーターとは呼ばずに「解説は…さんです。」と言う例も稀にではあるが増えて来ているが未だにコメンテーターとは分析や意見を言う者であると思う向きが多いらしい。分析は「アナリスト、the analyst」の、意見は「オピニオンメーカー、the opinion makers」の役割である。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-30 21:07 | 文明論 | Comments(0)
【東京都知事選挙】石原慎太郎とネットの言葉
a0313715_22353037.png

a0313715_15091116.jpga0313715_15031449.jpg

フジテレビ 関東:8ch 東海:1ch 近畿:8ch
指原カイワイズ  24.25~24.55/水

 石原慎太郎元東京都知事が明日31日に行われる東京都知事選挙における自民党と公明党の推薦の候補者である増田寛也氏の応援演説で競り合う候補者の小池百合子氏を「あんな大年増の厚化粧ではいかん。」と罵倒して増田氏の女性有権者の支持が失われているという。

a0313715_17521942.jpg 石原氏の初めての失言というべきものであり、弊ブログの支持しない増田氏の陣営の失点とはいえども頭を抱えざるを得ない。
 因みに、弊ブログは増田氏の小池氏への追い上げは報じられているよりも凄まじく弊ブログの支持する小池氏の落選はあり得ると見ていた。しかしその石原氏の失言により再びかなり開いていようと見ている。しかも安倍総理も竟に増田氏の当選を詮めて小池氏を密かに支持しているとの報もある。

 「あんな大年増の厚化粧ではいかん。」、殊に自民党の支持層の女性の反感が多くあったというが、その言葉は昔からよくあるような文句でもあるが昨今にしばしば見受けられるネット用語と相通ずるものがある。
 ネット用語の特徴はその大年増の「大」や厚化粧の「厚」のように量が大きくて内容が疎で軽いような感じのあるものが多い。今はかなり減っているが「DQN(ドキューン)」や「妄想」などがそうである。「妄想」はネット用語に留まらずテレビや日常会話にも出て来て久しい。
 その「妄想」には更に、本来は悪い意味の言葉を良い意味か或いは良くも悪くもないが平気なものの意味かに用いられる特徴がある。同じ「妄」の字の語でも「妄言」はかわらずに悪い意味にしか用いられないが妄言と見做される対象は著しく拡がっている。「妄想」もまたその対象が止め処なく拡がり、「これ俺の妄想なんだけどさ、」などという普通は話がそこで止まってしまうような用例がある。余りの拡がりに、相模女子大学の中吊広告の「発想女子」のコピーが「妄想女子」と書いてあるかのように見えたことがある。「大年増の厚化粧」もまた小池氏を「妄想女子」という訳であろう。言う石原も一時代のアメリカ車のような、量が大きくて内容が疎で軽い感じ、言われる小池はそのような女に石原氏に見立てられている訳である。

a0313715_17540122.jpg かように古い言葉が新しいネットの言葉と相通ずる、それは悪い言葉はいつの時代もかわらないということである。唯一つのそれらの違いは日常会話に出て来るか、テレビに出て来るか或いはネットに出て来るかの違い、即ち流通経路の違いによる出方の印象の違いである。出方が違うとその存在感や違和感も違うように感じられる。そして、化粧とは出方を形づくることでもある。
 石原の小説『太陽の季節』が人気を博した理由もその文芸がネットの言葉によるネットの世界のような大量空疎な存在感、興味のない人にとっては違和感でしかないものが当時の彼の支持者には魅力的に感じられたからであろう。小説は活字によるものであり、または見たいものを任意に選べるものであり、日常会話やテレビよりネットに近い体裁なのでその存在感や違和感も比較的近い。作家にして政治家の石原慎太郎は夙にネットの住人なのである。

 そのような言葉を受け入れない、自民党の支持層はかわって来ている。
 昔は、悪い言葉は世の中の活気を徴すものなどといわれてこの国の発展と共に在った自民党の支持層はそれを認める向きが多いものであった。非自民の支持層にはその傾向は今もかわってはいない、故に宜しからざる党派と思う向きが多いようであるが現実はそうではない。

 石原氏の言葉とネットの言葉の相通ずる処はもう一つあり、それは自らの発言を予め自らだけの思いによるものであると断りをつけるかのような構えを取ることがあることである。
 ネットにおけるその例は「独断と偏見で」や先の「俺の妄想では」、「勝手に言わせてもらうと、」などである。それらもまた普通は話がそこで止まってしまうものである。独断や偏見、妄想、勝手にと聞いてそれを聞きたいと思う人は普通はいない。私もそのように記されるネットのサイトやその記事を読むことはない。
a0313715_17564389.jpg 「独断と偏見で」と初めて言ったのは1970年代の上岡龍太郎であるという。
 やや旧い例は小林よしのりの漫画『ゴーマニズム宣言!』における「ゴーマンかましてよかですか?」である。それが出た当時は、私は福岡弁によるその語感に釣られてそれを良いと思っていたが後に気づくと何のことはない。「独断と偏見で」や「俺の妄想では」、「勝手に言わせてもらうと、」などのディスコミュニケーション(不疎通)な言葉と同じである。丸山眞男風に言うと蛸壺な言葉である。
 英米の学校の国語の授業、即ち英語の授業においてはそれらのようなネットの世界の匂いのない"I think"(私は思う)の多用や不適切な箇所における使用も添削の対象になることが多い。大統領などの演説なんかには"I think"は粗絶対にあり得ない言葉である。
 それと似るようなものでネットの言葉として増えているのは「…と考える。」または「…と考えます。」と言う奇妙な言葉である。それなんかもそれらと同じくディスコミュニケーションを促進するような心理や意図がある。国や社会に影響を与えることを詮めさせられた人がネットを見る他者を自らと同じ「考えるだけ」の境遇に追い込もうとする心理作戦として遣っているのである。

 私は石原氏の発言の内容を好ましくないと思ったことはないが、そのようなディスコミュニケーションな『語りの型』については好ましくないと思うことが度々ある。例えば都知事であった頃の「三国人」は、その話の内容と語彙には何の問題もないが知らない人の今や多い「三国人」の語を皆の前で遣ってみせてやろうと恐々と意気込む感じにしょうもないだささを見る。若し敢えて用いるならば「えー、三国人……この言葉を知らない人も多いかとは思うんだけどね、……という意味だ。で、その三国人が犯罪を増やしている、その状況を…」とでもなろう。

 趣は石原氏とかなり違うがやはり同じようなディスコミュニケーションの語り或いは行動の型のある自民党の政治家は先の参議院選挙の長野県選挙区で民進党の杉尾秀哉氏に敢えなく敗れた若林健太氏である。趣が違うとは、石原氏のようなドン キホーテ的迫力は絶無で情けない程に弱々しい個性なことである。
a0313715_17505002.jpg 「落下傘より健太さん!」――先ずは「らっかさん」と聞いて「落下傘」のことと分かる人は殆どいないのにそのような言葉をキャッチコピーに用いる想像力のなさ、そもそも「落下傘」とはニュースの世界の言葉に過ぎず一般に用いられる言葉ではない。それが杉尾氏のことであるとは尚更に分からない。独りで、というか内輪だけで、ネット用語を駆使しての罵倒のような批判を敵方に浴びせる。もうそれだけで情けない訳であるが、竟には若林氏自らが演説で「昨日今日来たような人に、この長野を任せる訳にはいかないんです!」、喋りながら独りで怒りに目を潤ませており、若林氏のとんでもないネット右翼的排外主義が見て取れる。それでも当地の自民党の支持層の底堅さにより一応の格好のつく票となったが、あれなら杉尾氏の圧勝は当然と見ていた。『民進党即0』を望むその参院選であったが、その弊ブログも杉尾氏だけは密かに応援していた。利敵行為ではない、あれでは本当に当選させられない。応援したくもならない。
 石原氏とは格が違うが、若林氏には石原氏と相通ずる深刻な弊がある。寧ろ石原氏よりも大きな自民党政権の下における政治と社会風土、そして個人の心得の問題と考えるべきものである。「昨日今日来た人」と「大年増の厚化粧」は意味の含みが粗同じである。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-30 17:48 | 政治、社会 | Comments(0)
【津久井やまゆり園事件】単なる殺人事件と何故見れないのか?
a0313715_22353037.png

a0313715_15590389.gif
a0313715_15551142.jpg


 テレビなどの報道においては「相模原19人刺殺事件」などと呼ばれて連日に亘り大きく報じられているあの事件――
 その事件の名称を「津久井やまゆり園事件」と決定しました。

 ――「相模原」、今の当地の住所は相模原市緑区千木良となっているが、相模原市が2010年に政令指定都市となるまでの住所は津久井郡相模湖町千木良と称していた。相模湖町などの津久井郡の町等が相模原市に編入されてのことである。因みに相模原市を政令指定都市とすることを閣議決定したのは鳩山内閣である。
 事件の現場となった神奈川県立の障碍者養護施設津久井やまゆり園はJR中央本線の相模湖駅を東に5km程の;京王高尾線の高尾山口駅を西へ5km程の国道20号線甲州街道沿いにある。やまゆり園の名は、人里離れて寂しげな山奥のような感じがするが意外と分かり易く国道沿いにある。
 私などのような旧人類は――その最後の位の年代ではあるが、――当地を今も何となく相模湖町や津久井町、藤野町、上野原町という感じに見る。そこが相模原と云われてもややずれているように感ずる。「原」とは平らな所であり、そこは山なのでイメージが違ってしまう。よって「相模原19人刺殺事件」ではなく「津久井やまゆり園事件」と呼ぶのである。

 津久井やまゆり園とは障碍者養護施設の名であり、故に「津久井やまゆり園事件」と呼ぶとそれが障碍者養護施設における事件であることの察しがつく。
 とはいえ、その事件の被害者の全てが障碍者なことには実は何の意味もない。被害や命には障碍者も健常者もない。当たり前である。

 処がその事件と報を受けて「声を上げることのできない障碍者への犯行」などと、事件の被害者が障碍者であることに意味があるかのような見方や評が相次ぎなされている。声を上げることができないのは誰であろうと同じ、偶々上げられるのは運が好いだけである。
 では19人が死亡し並びに二三十人が重傷となった故に大量殺戮と見るのはどうか?それならば幾らかの意味はあろうがしかし死ぬ人数や傷つく人数には意味はない。1人でも害を被れば全て重い事件である。

 障碍者であるから;人数が多いから;手口が残忍であるから……そのように事件の重さをその内容により量ろうとするニュースの眼が昔からとはいえども、昨今は余りに猖獗を極め過ぎている。故にそのようなニュースの眼は単なる興味本位のものでしかない。ネットの論評等も酷いものである。

 「障碍者と共に生きる社会を実現したい」、そのような声明を出したのは当のやまゆり園であり、当施設の理念としてはそれは確かに重いものではある。しかしその言葉が被害者とその関係者ではない人々から出る際には、事件とは何の関係もない興味を述べ立てるものに過ぎない。また、やまゆり園などにおいても犯人の犯行予告を知り得ていながらそれに対する緊張感をやや欠いていた故の犯行の遂行となったのではないかとは考えられなくもない。若しそうであったならば自社の理念を機に応じて主張するだけでは誠意のある対応とはいえない。そもそも、障碍者の養護施設は障碍者と共に生きることを多かれ少なから断念し或いは放棄する処に成り立っているものであり、その理念を完く実現するならば全ての障碍者が自宅に暮らすことができている筈である。
 共生の断念或いは放棄、それは端的に見て隔離の容認である。健常者や自民族などとは異なる人達を隔てて暮らす、それにはやむを得ず容認されるものと容認されないものがあるが、「やむを得ず」とは何かはしばしばええ加減に決められるので「やむを得ず」とは安易に言うことはできない。

 そのように隔離を認めていながら犯人が傾倒していると報じられるナチスなどのような優生思想、殊に障碍者の排除をおぞましいものとして非難することができる神経が到底に分からない。先ずはやまゆり園が存在していることそのものが軽度の優生思想の反映であるにもかかわらず、当園とその入園者、そしてそれを是認している自分を優生思想とは無縁のものと云い立てる。所謂安全地帯からものを言うことの典型である。先ずは犯人に手を貸しているのは自分自身であることを悟るべきである。

a0313715_15423224.jpg 優生思想を共有していることだけではなく、色々と考えられている犯行を防げなかった原因、それを作り出し及び放っておいているのも自分自身でありまたは自分が支持する近代的価値に基づく社会である。その最も大きな原因は犯人が犯行予告を出していた時に犯人を直ちに殺すことのできない捜査と安全保障の体制である。事件の当日までには少なくともやまゆり園の周辺の厳重警備体制が敷かれて侵入を図る犯人をその場で銃殺することができるようにしていなければならない筈である。処が現在は銃殺が認められるのは大都市圏を管轄域とする警察の附属の特殊部隊だけであり、一般の警察官には認められてはいない。全ての警察官にとはいわないが、銃殺の権利を一般の警察官にも拡大するべきである。そもそも、そのような事態ならば特殊部隊の出動の余地も大いにあった筈であり、現行の制度を生かすことがより、改革に先立ち求められる。

a0313715_15453093.jpg 「障碍者への犯行は障碍者を排除する思想に基づくものであり、卑劣で許せない」そう云っている人達が最も障碍者と共に生きる意(こころ)のない人達である。無論、障碍者を排除する思想を認められるものではないが、犯人と思想を同じくしている人達が最もそのように云う様には目も当てられないということである。谷垣禎一はその一人なので彼には辞めていただかねばならない。鳥越俊太郎はその一人なので知事にしてはならないだけではなくジャーナリストをもやめていただかねばならない。鳥越のような人が最も言論や表現における自由を奪い、自らとその支持者に同調しない人を排除するのである。先ずは谷垣や鳥越の排除をしなければ優生思想のない社会、障碍者と共に生きる社会は実現しない。彼等は端的に犯罪者である故である。

 津久井やまゆり園事件のニュースの扱いが足りないと云う論者がいるが、足りないのではなくその切り口が根本的に誤っている。扱う量はもっと少なくてもよい筈である。犯人が如何なる者であるかや如何なる思想を持つのか、それが如何に事件に反映したのか、この国はその事件を機に――何かの機会になる事件なんてない。ふざけるのも大概にせえとはそのことである。――何を学ぶべきなのかなどには普通の視聴者は誰も興味がない。興味本位の、それこそがワイドショー的というべきものであり、犯人の論理と手口に乗ることなのであり、如何なる事件報道であれそのような切り口は廃されるべきである。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションの富川悠太アナウンサーの次のメーンキャスターにしよう!!


■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

a0313715_14142680.jpg

FNN ユアタイム~あなたの時間~ 23.30~/月~木 23.58~/金
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-30 15:46 | 政治、社会 | Comments(0)
判官贔屓(ほうがんびいき)と東京都知事選挙
a0313715_22353037.png

a0313715_20240705.jpg


フジテレビ/関西テレビ 関東:8ch 東海:1ch 近畿:8ch
Mr.サンデー  日曜22.00~

 判官贔屓(ほうがんびいき)――私はホーガン贔屓である。
 私の最も好きなプロレスラーはハルク ホーガンである。
 勿論、アントニオ猪木や長州力、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田などをアメリカのプロレスの力には及ばない所詮は判官贔屓の対象でしかないものと思いはしない。アントニオ猪木も私の最も好きなプロレスラーの――または政治家としても――一人であるしその他も好きである。
 ホーガンの良さは日本のプロレスを判官贔屓の対象となるようなものと思ってはいないこと、アメリカにおいても日本においても常に胸を借りて攻める真剣勝負にある。
 ホーガンと並び最も好きなのはスタン ハンセンである。彼もまたホーガンと同じく。その入場歌である"Sunrise"には日本を意味する『日の出る』の意味があるのかは分からないが彼は間違いなく日本を自らの本当の戦場であると思っていたのであろう。「日本は本当の戦場」、戦争のことではない。

 弊ブログが幾度か見ながらお気に入りブログにしようかどうかを迷っているブログ"Roaming people"の最近の記事に日本人と判官贔屓についてのものがある。かのブログは日本と世界を日本が一方的に学ぶべき対象としての世界との比較においてではなく公正に比較して是々非々の比較及び評価をしようとするものである。
 その記事は、自民党の推薦を得られず然も同党の関係者に非難をされながら東京都知事選挙に出ている小池百合子氏は有権者都民の支持を判官贔屓の対象として得ているのか否かを考察している。
 面白いことにというべきか醜いことにというべきか――政治における醜さには永らく慣れているので面白いと思いもする。――、彼女は逆に判官贔屓などはかけらもないかのような強者の代表と見る向きもある。主としては小池氏と自民党・公明党などの推薦の増田寛也に続き3位、即ち事実上の最下位となっていると目される民進党や共産党などの推薦の鳥越慎太郎氏を支持する向きである。彼等にとっては鳥越氏こそが判官贔屓の対象としてもっと支持されるべき候補であり小池氏にはそのようなものはないという。

 鳥越氏を判官贔屓の対象と見るのは尤も、というかかのブログも論ずる『判官贔屓』の意味を全く地でゆくことである。
 弊ブログと同じく、彼のブログにはコピーの禁止の仕組みが備わるようでありその記事の引用をすることは殆どできないが、面倒臭さを忍びコピー&ペーストを使わずに引用すると

 いじめられていてもしおらしくして逆らわない人こそが判官贔屓の対象になる。


 それが判官贔屓の厳密な意味である。
 自力で事態を変えようとするかしないかを問わず、逆らうと判官贔屓の対象にはならない。
 小池氏は逆らわずに耐える風を演じているので都民の判官贔屓の対象となって支持が伸びているという。なるほど、そのような一面も確かに見て取れる。
 しかし小池氏は本当に逆らわずに耐える風を演じているだけであるか、演説の文言の端々を見てもかなり逆らっているのではないか? 故に小池氏はその支持を判官贔屓の念から得ているとは凡そいえない。片や、鳥越陣営に聞こえてくるような強者の代表を以て任ずるのでもない。強者とか弱者とか中間層とか、そんな切り分けに基づきはしない広範の人々に訴えて支持を得ていると思う。そのような支持層や政策の対象の切り分けには既に意味がない。

 片や、鳥越氏もかなり逆らっている。何しろ権力に逆らうことを信条とするジャーナリストの出身である。
 但し、彼はぎりぎりの処では、というか本質的には何も、権力に逆らっていはしない。彼のジャーナリストとしての自意識と業績はあくまでも日本の体制がジャーナリズムとジャーナリストを御用連の一つとして公認した舞台におけるものに過ぎない。然るに彼は少なくともこの都知事選の候補者としては最も、または政治に関わる人々の一般としても、体制そのものである。維持するべき体制のではなく倒して跡形もなく踏み潰すべき体制のである。小池氏とは逆に、耐えることを演ずるのではなく逆らうことを演ずるだけの茶番の士である。反骨を演じないと世界が日本を自由世界に属する国と認めてはくれないからである。
 それだけでもないよりはましというなかれ、あってはならないものが鳥越氏の世界である。
 故に、鳥越氏は本質的には「いじめられていてもしおらしくして逆らわない人」であり、彼への支持は厳密な意味における判官贔屓であるといえる。
 つまり、判官贔屓は卑怯なことである。違法無効な体制の維持を図る最も手の込む術が判官贔屓である。
 弱いか強いか何れでもないかを問わずに自らの信をおく者を支持すること、それが正しい。すると、多くの都民や内外の都知事選の観察者にとっては小池氏しか選択肢として残らない。そこはざっくりと「消去法」といってもよい。増田氏は判官贔屓の対象でも強者の代表でもないが自らの信をおくだけの価値があるかどうかの観点に見るとやや弱い。彼の売り処は人柄しかなかろう。その点は弊ブログも増田氏を高く評価する。鳥越氏は厳密な意味における判官贔屓の対象であり、即ち弱者を虐げる強者そのものの代表でもある。週刊文春による姦通の疑惑のスクープは仮にそれが事実に反するものであれど、弱者を虐げる強者そのものの代表としての鳥越氏の本質を巧く表現する文学としての価値があると見做すべきである。何しろ『 』という雑誌である。
 そもそも、『癌検診の100%実施』を現行の国民健康保険の制度をベースとしてどう見れば社会保障と呼べるのか? つまり、それは癌の治療に金を掛けられる人の「癌の検診と治療位はできないと駄目な時代ですよ。」と云う自慢話でしかないではないか。カナダのように医療費が無料となれば『癌検診の100%実施』は自ずと実現するのでそれを公約とするまでもない。弊ブログはカナダ型の社会保障と税制を支持する故もあり、鳥越氏の主張と行動は端から無意味である。

 文句があるならば今からでも鳥越氏は新しい政策を考え出して云うべきであるし、鳥越氏を支持する人々は小池氏を批判する主旨の意地汚い小咄をするだけではなく何か理のある主張や反論をするべきである――「対案を出せ。」のような話ではなくてね。――。しかし予想されるのは「どうせそうですよ。私達は負けるしかないんですよ。」と弱い立場を装い結局は体制に逆らわずにしおらしくする振舞いとその後の生き方だけである。
 また、鳥越派は何故に増田氏の批判を少しもしないのであろうか?「自公」と言えばそれだけで批判になっていると思うのであろうか?人柄の良い人を批判してはいけないと思うのであろうか?
 全てが胡散臭いのが鳥越陣営である。

 かのブログ"Roaming people"の記事の最後の§に、自民党を絶対に支持したくはないと思う人々は戦後の農地改革で土地を取り上げられた人々の子孫であるとの行がある。
 それなんです。
 とはいえども、それは鳥越陣営や今の民進党のことではない。逆に何となれば自民党を支持したくてたらたら、民主党なんか初めから作らなければ或いは入らなければ良かったけれど後に引けないと思っているのが民進党とその推薦の都知事選の候補者である。
 私、弊ブログは「戦後の農地改革で土地を取り上げられた人々の子孫」に近い。この5月までは15年に亘り民主党及び新装発足して間もない民進党を支持しており、自民党に再び投票するようになることはあり得ないと確信していた。しかしこの7月の参議院選挙では15年振りに自民党に投票している。2枚ともである。逆に今後は余程のことがなければ自民党を支持し続ける積りでいる。
 15年前までは自民党を支持していたのは日本の政党は自民党の他には政権を前提とする政党はないと思っていたからである。いわば消極支持である。しかし私の生まれる前には鳩山一郎や池田勇人、田中角栄のような素晴らしい自民党の政治家とその政権があったことを知るや消極支持ともいえない尊敬の念を抱くようになった。
 しかし1990年代になると、そして私が選挙権を得る頃になると自民党を支持する強い理由はなくなっていた。やがて自民党には絶対に投票したくないと思うようになる、それが旧安倍政権(2006~2007年)の時代である。
 私は土地を取り上げられたことは土地を買ったこともないのでないが、色々な身の上のことが本質的には土地の没収に似るようなものである。土地の没収を推進したのは戦後のアメリカを主とするGHQである。私はGHQの全てを否定するのではなく憲法の改正や日米安全保障条約の基本的枠組など必要であった、戦争とそれを支えた体制と文化においては日本が確かに悪いことであったとすることも多いが農地改革と財閥の解体だけは否定する。いう人によってはそれを心の芯までアメリカという人もいよう。弊ブログは反米ではないし、アメリカの素顔については肯定し延いては是とする事柄も多いがアメリカの手下になる日本はアメリカそのものとは似ても似つかないので大いに否定する、よって自民党を再び支持することはあり得ないと思っていた訳であるがどうもこの処は民進党がアメリカの手下となることを模索しているらしい。アメリカを発祥とする格差社会論が日本においても席巻しているのはそのような愚劣な服従の意思によるものである。福祉国家の先鞭をつけて小格差の西欧には格差社会論なんて受け入れられていない。大きな格差が当地にはないからではなく、思想と政策の根本としてヨーロッパには馴染まない、アメリカには尚更のものがあるからである。処が民進党などは格差社会論を世界共通の常識であるかのように云い立てている。アメリカにおいても一部の人々がマニアックに信じているだけのものである。
 政権(2009~2012年)の頃までの民主党はそのようなものとは相容れず、農地改革や財閥の解体などのような反格差の思想や政策を受け入れないことを明確にしていた。鳩山総理がアメリカに従わないかのような姿勢を取っていたのもその故である。逆に自民党は戦後からのその悪弊を脱却していない処が多分にあった。鳩山政治に対する非難はGHQに従う政治と反格差に基づく戦後民主主義そのものである。新安倍政権(2013~)を消極的にも支持することにしたのは安倍総理はその本音においては鳩山政権が自らの望む道を敷いてくれたと思っていようからである。そういえば、今も反安倍を「貫く」人達は鳩山政治を決して良く評価しない。民進党への期待も当時までの民主党とは異質なことばかりである。鳥越氏などの反安倍もまたGHQ以来のアメリカに従う政治と社会なのである。勿論、それは彼等の空想にしかない存在しない『アメリカ』に従うことである。アメリカ俊太郎である。

 今日27日のANN報道ステーションの報に見た、アメリカの民主党大会を受けて決起集会を開いたバーニー サンダース氏の支持者等による反クリントンのシュプレヒコールが欧米にはあり得ない7拍子であることに驚愕の合点がゆく。7拍子は日本の3-3-7拍子に典型を見るように凡そ日本にしかないガラパゴスリズムである。それがアメリカのサンダース派には存在するのである。彼等の7拍子は勿論英語ではあるが、小日本軍国主義と見紛う締まりのなく且つ喧しくまくし立てるような趣。それではあかんねと改めて合点がゆく訳である。

 お気に入りブログの指定は尚も迷っているが、ブログ"Roaming people"、弊ブログとは異なる見方も無論しばしばあるけれど、面白いので是非読んでみて下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2016-07-27 23:52 | 政治、社会 | Comments(0)
【書を読む】中谷彰宏 一流の人は、◯◯しない。 うまくいく人がしない70の習慣 その8:『一流はお辞儀の頭をパッと上げない。』
a0313715_22353037.png

a0313715_14290984.pnga0313715_14303075.gif


 「お辞儀で大切なのは頭をゆっくり上げること」
 ――二流の人は、即ち私の概念にいう三流の人はその「ゆっくり」の意味を分からない。分からないのに分かっていると思い込む人もいる。
 二流がそのようにしてみると何故か、上げる頭の速さが異様に遅くなるのである。然も不均一な速さである。

 直前の記事にテレビの論理とテレビマンの横暴について語ったが、そのような異様な動きがしばしば見られる原因の一つにはテレビの影響があると思われる。
 テレビにはビデオの再生による遅回し(スローモーション)や早回しの技がある。家庭用のビデオ映像ではその映りがぼやけて悪くなるが、放送用のビデオ映像はそうはならず遅回しや早回しが通常の映像と同じ映りでできる。
 それを利用してのスロー映像が用いられることがある時代から増えた。殊に多いのは感動の場面を演出するものであり、或いは、競馬の上がりの場面の写真判定や野球の投手や打者のフォームや球筋を見るなどの実用の用途もある。感動の場面として知られるのは日本テレビの『びっくり日本新記録』やドラマの再会の場面などである。
 実用の用途を除き、演出としてのスロー映像は多くの場合は非現実的描写となる『あり得ない映像』となる。実際にはそのような速さで動いてはいないからである。速いものは速くまたは遅いものは遅く映すことが現実的描写というべきものである。そうであれば「ゆっくり」と頭を上げることはどんなものであるかも勘として分かる筈である。
 しかしスロー映像の見過ぎにより「ゆっくり」とはスロー映像のような速さのことであると思われるようになっている。あり得ない映像が現実に求められることの基準とされているのである。延いては『スローライフ』なるものもそのようにあり得ない空想である。本当に豊かな暮らしをする人が自らの暮らし振りを「スロー」や「ゆとり」などという訳はない。
 私はそもそも実用外のスロー映像そのものを嫌う。

 処が、テレビマンはそれを現実味を感じる良い映像と思うらしい。それでは一般市民にもテレビの出演者にもお辞儀をできず延いては挨拶さえしない人が増える筈である。昨今のバラエティー番組の殆どには始まりと終わりの挨拶がない、無礼である。然もそれが一局だけの特徴ではなく全ての局においてそうなっている。昔は上岡龍太郎や横山ノックなどが丁寧に挨拶をしていたし、行儀の悪いビートたけしも会釈やギャグによる挨拶をかましてはいたものである。
 テレビ番組に挨拶がなくなり始めたのは正に上岡龍太郎が引退した2000年代の初めの頃である。彼がテレビを去ったことによりテレビマンの無礼に止め処がなくなり出した訳である。そのような進歩派のテレビマンに忠実な進歩派の視聴者はそのような現状を何も疑問に思わないようであるが、見ている人は見ており、テレビがバラエティー番組を主として観る価値のないものになっていると思う人々が多い。その理由はネットの普及では決してない。テレビの人気の低迷をネットを口実にして語るのは允に見苦しい。中でも俗悪なのは弊ブログが予てより批判しているように、料理や食べ物に関する或いはそれらが出て来る番組やCMである。

 あり得ない映像のような動きや速さはお辞儀にだけではなく歩き方や様々な動作にも見受けられる。あり得ない「ゆっくり」の逆の「パッと」もまたテレビの影響によるあり得ない動きである。古くは魔法使いもののドラマに始まり、電子レンジやクッキングペーパーなどの厨房物のCMにおけるそのようなあり得ない動きは今も見受けられる。それらの題材でありつつそうではない数少ないものは武井咲が「パパンでおいしい魔法♡」と言う、ハウス食品の『パパン』のCMである。
 食べ物を箸などで摘まみ上げて画面に見せる場面もあり得ないことであり、そのようなことをする人はいない筈である。いればならず者である。しかしそれがテレビでは連日連時のように行われている。そんなことをしておればテレビ離れが増す筈である。

 芸能人のお辞儀の頭の上げ方を特集する番組をしてみて欲しいと思う。如何に挨拶のできない芸能人が多いかを公に晒さないとテレビ界はどうにもならなかろう。最近にブレークしたという者で私がそのように見て取るのはトレンディーエンジェルというコンビの斉藤という人である。喋り方や振る舞い、表情の全てが下劣であり、初めて見た時からさように気分が悪くなる芸人も珍しい。彼が挨拶をしてみると恐らく、人を下から眺め回して怪しむかのような所作となるであろう。
 それと、人のいない位置に向かって挨拶をするローラなど:「おっはようございまーす!」、目が斜め下の床を見ながら。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-27 21:53 | 生活 | Comments(0)
【ポケモンGO】さんまに引退勧告を おまけ:木佐彩子の若さについて
 昨日の記事にJNNの『NEWS 23』と一部の芸能人が反ポケGOキャンペーンの態勢に入っていることにつき語った。
 そこに出た者はやくみつる氏や小林よしのり氏などであるが、今度は明石家さんまが加わったという。

 昔から、さんまを少しも面白いと思ってはいない。子供の頃は何でそんな芸人に人気があるのかと訝しんでいたし、成長して大人になっても彼の面白さを一つも見出すことができない。
 昨今の芸人が詰まらなく且つ下品なのはさんまを未だに大先輩として立て続けなければならない故でもあろう。さんまをお笑いの権威と思っていては面白い芸や魅力的振舞いが育つ筈もない。

 そのさんまが或るテレビ番組で「テレビの視聴者がネットやゲームに奪われている。ポケモンGOは敵や。」や「ポケモンGOを良く言った。よって敵と見做す。」などと語ったという。
 依然として面白くはないが、さんまとテレビを不可分ではないものとして、各々別物として見るならば、理屈としてはなかなか奥の深いパフォーマンスではある。さんまがテレビと不可分の存在で彼がテレビの論理を代弁しているとすればさんまのそれらの発言はテレビとその試聴者に媚びる悪質なものといわざるを得ないが彼が独立の存在としてテレビの論理を何気に曝露したとすればなかなかの意味のある発言となろう。

 そのテレビの論理とは『テレビの国民的価値を脅かすものを許さない』・『テレビの国民的価値を認める視聴者を見下す者を許さない』である。
 最も分かり易い例はNHKテレビの大晦日の歌番組『紅白歌合戦』である。
 彼等はこのように『紅白歌合戦』に「NHKテレビの大晦日の歌番組」などとの説明を付けることを先ずは許さない。テレビの国民的価値を認める人ならば『紅白歌合戦』に説明を付けてはならず、または『紅白』と言って通じなくてはならないとする。そのような傾向はかつてにも増して強まっている。故にテレビや新聞の報道は先ずはそのニュースが何について喋っているのかが分からないことが多い。よって『ポケモンGO』も、それだけでまたは『ポケGO』とだけ言って語るのは宜しくはないというような批判ならば弊ブログにも分かる。「ゲームメーカー任天堂のスマートフォン向けの最新のゲーム『ポケモンGO』」などと言うべきである。
 尤も、テレビは映像を説明的補助として用いることができるのでそのような口頭や文章の説明を必ずしも要しない特色があるのは分かる。『ポケモンGO』をしながら歩いている人の姿を映し示せばそれが何であるのかについての大体の予測はつく。しかしそれを一つの一般的論理としてテレビの外の世界にまで広めることは宜しくはない。しかしテレビの論理を一般世界に広めてそれを常識であるかのように言い立てるテレビマンや一般市民は少なくはないらしい。さんまの言う「テレビの視聴者がネットやゲームに奪われている。ポケモンGOは敵や。」や「ポケモンGOを良く言った。よって敵と見做す。」はそのようなテレビの論理とテレビマンの横暴を浮かび上がらせる即興芸と見做すこともできなくはない。

 テレビマンは『ポケモンGO』を何としても征伐したいのである。
 何しろそのメーカー任天堂はテレビマンにとってはテレビジョン受像機のチャンネルを近畿地方は1に、東海及び関東地方は2に固定させてテレビ番組を観るための器具ではなくした永年の敵である。
 そのような営利上の敵意に、進歩派による文化支配の動機が加わる。テレビは元々進歩派の影響力が強く、テレビマンや芸能人自らが進歩派として語ることが多い。その際には自らが進歩派であることを明かす――例えば「僕もベトナム戦争の時は反戦デモに行きたいと思っていたんですよ。」などと 勿論、ベトナム反戦デモに行くことは良いことではあるがそこを進歩派だけの独壇場と思ってはならない。――ことは稀であり、例えば愛川欽也がそうであったことを知らない人も老若を問わず多い。
 「営利上の」とは言っても彼等はテレビの営利は視聴者を対象とするものではない故に一般の企業における営利とは異なる大義と見る。よってその大義により『ポケモンGO』などのノンポリ(:非政治的)且つテレビの影響力と営利を脅かすものを低俗なものなどとして攻撃する。
 テレビマンだけではなく彼等に電波を通して育てられているリベラル左派などが『反ポケGOキャンペーン』に同調する、「さあ、ポケGOいじめの始まりです。」である。

 そもそも、所謂歩きスマホの問題そのものが彼等が数少ない事実を多く見られるものであるかのように誇張してでっち上げたものである。
 歩きスマホは必ずしも悪いことではないし、実際にしている人はそう多くはない。なのに、増えているかのように、悪いことであるかのように云う。
 歩きスマホをしている人にぶつかられて迷惑と云う人々は本当は自分が歩きスマホをしている人にぶつかったことを隠しているか或いはそうではないと自らに反射的に言い聞かせて相手がぶつかって来たと信じ込む。そもそも自らが人にぶつかるなどをしないように気をつけて歩く人が歩きスマホをしている人がいることに気づかない筈はなく、若しぶつかったらそれは歩きスマホなんかしないという自分が悪い。自分が気をつけて歩いていない故に歩きスマフォアーとぶつかるのである。
 尤も、歩きスマホなどをせずに前を見て歩いているかのように見えながら見ておらずにぶつかって来る人も多く、そのような例は自分ではなく相手が悪い。得てしてそのようにぶつかって来る人が歩きスマホや『ポケモンGO』を危ないなどと云い否定する。
 重ね重ね云うが、歩きスマホをしている人が道におれば自分が気づく筈である
 そんな当然のことを、テレビマンや進歩派的視聴者はひた隠し或いは気づきさえしない。小林よしのりなども進歩派である。さんまはグレーである、若し彼等の悪を明かすための発言ならば少しは認めてもよい。それでもさんまが司会を務める『ホンマでっか!?TV』(:フジテレビ)の根本的だささなどは宜しくない、カトパンやマツコが下品に見えてくる番組である。

 おまけに、元はフジテレビのアナウンサーの木佐彩子が或る日に出たテレビ番組を観た人々が彼女が若い頃と全然かわっていなくてかわいいと評していることについて――

a0313715_20540346.jpg 確かに大まかな印象はかわっていないが肌の弛みというか、女々しい感じが少しする。三雲孝江アナウンサー(:TBS)の横幅を縮めたような、安ぽい嫋やかさ(たおやかさ)が頬の辺りにある。
 弊ブログは木佐をANN報道ステーションの次のメーンキャスターに推すキャンペーンをしているが、かつてはなかったその女々しげな趣は今後もなくして欲しいと思う。そうであるとどうにも女性であることを売りにするかのように見たりもしてキャスターとして相応しい趣とはいえない。
 因みに一昨日25日よりJNNの『NEWS 23』の副キャスターとなっている雨宮塔子アナウンサーはその点はとても良く、頬の辺りそして何より口と顎の周りなども能く締まっている感じである。
 そのためには、食べる時に30回程噛むとよいという。しかし能く噛むとはいえど40回や50回…となると逆効果となる。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-27 20:30 | 生活 | Comments(0)
【自民党】谷垣幹事長の留任がなさげに――自転車負傷事故
a0313715_22353037.png

a0313715_15091116.jpga0313715_15031449.jpg

フジテレビ 関東:8ch 東海:1ch 近畿:8ch
指原カイワイズ  24.25~24.55/水

 そうなるともはや憐れむべき有憐会というほかはない。
 自民党の幹事長で自らの派閥有隣会の長の谷垣禎一氏が先日に自転車を転倒して負傷入院をしており、その容体が懸念されて幹事長の職の留任が危ぶまれていたがこの程に頸髄損傷と明らかとなり、その留任はなさげとなっている。
 谷垣氏は夙に自らは競技用の自転車を趣味とすると公にしており、2009年の総裁の就任の頃に一度自転車の事故により負傷している。

a0313715_18044197.jpg 「そうなるともはや…」とはその趣味は決して良いものであるとはいえないということである。
 今度のような重傷となってはいなければ、谷垣氏は自業自得といわれるべきものである。重傷ならば自業自得ではないとはいえないかもしれないが、そうなると自ずと自ら反省せざるを得ないこともありまたは客観的に憐れむべき事態であることもあり、責めてばかりはいられない。
 とはいえ、谷垣氏の不幸を機にという訳ではないが、競技用自転車の公道における走行の禁止、即ち締め出しが検討されて実現しなくてはならないことを改めて感じさせる。
 谷垣氏が乗っているような競技用自転車の公道における走行はいわば公道を競輪場にするようなものである。実際には競走をしているのではないが、端的現象は競輪と同じである。舗道と車道の通行帯の何れにも接する路肩を音もなく高速で走る。僅かに聴こえる車輪の回る音は蚊のように鬱陶しい。

 尤も、彼等が信号無視などをしなければ或いは歩行者が信号無視をしなければ歩行者との接触の危険はないともいえるが交差点で間近を横切る威圧感と違和感は公道に相応しいものとはいえない。殊に車椅子の人からは自転車の通り抜けを感じる位置は自らの目線より高く、何か侮られている感じさえしよう。
 更には身体に密着するライダースーツの装いは何か非人間的実在感を醸し、それが自転車に乗っていてもコンビニエンスストアなどで下りて歩いていても不気味である。「健全なる精神は健全なる肉体に宿れかし」、スポーツを語る諺であるが、その姿は健全なものとは到底にいえない。谷垣氏もまた不健全なスポーツの精神を趣味として体現する不健全な政治家であるとは総裁の頃にも今の幹事長としてもしばしば感じられる。

 谷垣氏は競技用自転車の特徴であるa sharpness on the speedとは聊か縁のない官僚の世界の出身である故にそのようなsharpness on the speedへの憧れが殊の外に強くて自転車に手を染めたのかもしれない。霞が関名物の不効率や地味さを克服させてくれる魔法の機械、それが彼にとっての自転車である。
 彼だけではなくそのような自転車を趣味とする人々のもまた、彼のようにどこか所謂官僚的性格を感じさせる。「合法なんだからいいじゃないか。」や「日本は自由主義の国だ。」など、官僚の答弁のような正当化が聞こえてきそうである。

a0313715_18070933.jpg 谷垣氏が総裁と幹事長を歴任している自民党はその一部の反(アンチ)を含み、或る人は官僚の答弁のように、或る人は本質的に官僚の答弁と同じ意味合いの日常語のように、そのような不健全なスポーツの精神や人にやさしくない国、延いてはそれを正当化する法治国家論や自由主義論を常とする風土を持つ党派である。それはいわば舛添要一前東京都知事も好む鹿鳴館や迎賓館のようなものであり、西欧の本物とは似ても似つかない紛い物の風土である。永らく民主党を支持していた私、弊ブログは今や自民党を支持するとはいえ、そのような年来の自民党の風土を肯定することはできない。自民党が主にそのようなものとなったのは二大政党のもう一つのものとしての民主党が出来た頃からであり、それらが健全な野性と人にやさしい国を志向する民主党――民進党ではなく――に対抗するための価値観として是とされて強化されたのである。その行き着いた先が球界における野球賭博や覚醒剤、その他のメダルを噛むなどの品行愚劣な日の丸アスリート達、そして東京オリンピックである。
 民主党がなくなり民進党となってそのような自民的風土に屈した今や、それを懸念する空気は寧ろ自民党と自民層に徐に強まって来ているのではないか。そんなことではいけないと何となく感ずるようになって来ているのである。競技用自転車の危なさと頽廃性は『ポケモンGO』の比ではなく大きい。
a0313715_18033125.jpg 戦後昭和の旧い自民党に戻ってはならないがそのような風土と風潮を善しとはしない当時の自民党の風土にはためらいなく回帰するべきである。本来はそれを民主党に望んでいたが既にない。自民党は自民党なりに『新しい自民党の時代』を脱却しなくてはならない。そのためには当の谷垣氏などが指導者であっては全く話にならず、彼にはそれを機に引退していただき、当分は安倍晋三総理総裁を支えて彼と共存しつつ、次の指導者が控えるべきである。それに最も相応しいのは石破茂氏である。自転車会館の隣に本部をおく宏池会(:岸田派)ではいけない。
 そして出来れば自民党は発展的分裂をして『旧自民A対旧自民B』による政権交代のある二大政党制を実現して欲しい。小池百合子氏が自民党の公認や推薦を受けずに東京都知事選挙に立っていることはそのような政界の最後の再編への良い機会となろう。
 石原伸晃氏や萩生田光一氏など、彼女を追放しようとしている側は競技用自転車に見るような従来の『新しい自民党の時代』を承継する人達となろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-27 18:07 | 政治、社会 | Comments(0)
【東京都知事選挙】社民福島氏「小池氏は女装しているけれど中身は鷹派の男性」
a0313715_22353037.png

a0313715_15590389.gif
a0313715_15551142.jpg


 「ジャーナリストは取材の相手の机の中の書類を盗み出すなんて当たり前だ。」との歪んだ見方をする東京都知事選挙の候補者鳥越俊太郎氏を野党連合として支持する社民党の福島瑞穂氏が鳥越氏並みに歪んだ見方に基づく評をしたという。
 福島氏は都知事選の候補者である小池百合子氏について「小池氏は女装しているけれど中身は鷹派の男性」と語った。

 小池氏が鷹派であるのか否かや鷹派をどう思うかは問題ではない。小池氏は鷹派であると見える面もあるしそうではないといえる面もある。鷹派を支持し得るか否かはどちらでもよい。因みに私、弊ブログは鷲派である。

 福島氏は男性は非平和的で女性は平和的であるという根も葉もない偏見に基づきそのようなことを言う。
 また、鷹派であることには男も女もないし、鳩派や鷲派に関しても同じである。洋の東西を問わず鷹派の女政治家は夙に多い。

 報道に拠るとその福島氏の評は小池氏がかつて子宮筋腫により子宮の全摘出をしている、所謂石女であることを念頭に小池氏を「女ではない」と言った、故に差別的意図があるのかといわれる。
 差別的意図があるのか否かはともかく、弊ブログはそれについては問わないことにする。それは福島氏をその上で批判すると小池氏の演説における鳥越氏に対する「病み上がりの人を」の発言を鳥越氏が「癌と闘う人々に対する侮辱である。」といい非難したのと同じことになるからである。小池氏をネタにして子宮のない女性を侮辱するものと見ることもできる。尤も、小池氏には癌と闘う人々や鳥越氏をさえ侮辱する意図はないが、福島氏にそのような意図があると見做すと小池氏にはそのような意図があると事実上は認めることになる。

 意識していないのではあろうが、福島氏は『やられたらやり返せ。』の心理からそのようなことを言ったと考えられる。そのような凶暴さを『鷹派の男』と言わずして何と言うか?

 石女は女ではない――否、それについては問わないのである。
 但し福島氏などが女が所謂『産む性』であることをして平和的存在であると決めつける歪んだ思想を持つことがそこに明らかである。逆に、『産む性』ではない男は平和的存在ではないとする。
 『産む性』を称揚する思想はナチズムなどの極右思想の特徴であり、安倍政権は集団的自衛権の行使の容認についての公の説明の時に安らかなることを願う母子の絵を説明図として示した。武力に依るか否かの違いだけであり、『産む性』を称揚して排他的防衛領域をそれに与えることは福島氏と安倍政治は同質である。
a0313715_16082117.jpg そもそも、軍に赴くのは多くは男であり、女はそうすることを求められない、自らすることではない故に戦争や侵略を平気で支持する傾向が歴史的に強い。本質においては男も女もなく人による違いに過ぎないが、歴史的には女は非平和的で凶暴である。『産む性』を口実にするならば尚更である。
 今は戦争もスイッチポンの時代なので武力の行使はより女に向くものであるともいえる。PAC3迎撃ミサイルなどを見せつけられる度にそう思う。

 尤も軍に入ることはないではあろうが、小池氏は政治家として、軍事防衛を少なくとも自らすることではない故に平気で支持することができるものと思ってはいなかろう。しかし、そのように思う女は少なくはなく、福島氏はその一人である。福島氏の考案に依る「戦争法案」の言葉の響きにはどこかそのような掌返しの虞が感じられる。また、高市早苗総務大臣を男という小林よしのり氏も福島氏と同じく鷹派たることを男と結びつけて女をそうではない平和的存在と位置づける歪んだ思想の持ち主である。

a0313715_16095897.jpg そもそも、小池氏は福島氏などとは異なり、女であることを売りにしたことはないので「女装しているけれど」の評もあたらない。
 私は元々この都知事選までは小池氏に関心がなかったが日本新党の政治家として出始めた頃の女を売りにすることのない、細川護煕総理や小沢一郎氏などの間に自然に存在する小池氏の雰囲気はなかなかさすがと思っていた。逆に、男のような感じも全くない。

 福島氏などの左翼がかのように歪んだ思想を持つのは日本の左翼は明治の時代から、体制に守られる存在であったことに因るものなろう。その庇護の下に『産む性』としての特権を賦与され、その夫たる男共々民衆の権利や労働者の権利を自ら求めたことがない。故に弱者のための政策も体制の都合により与えられる恩賞のようなものとして見、当然のものとすることがない。弱者政策や社会保障は彼等日本の左翼にとっては常に「あったらいいな。」と願うものに過ぎない。因って人権の概念も彼等にはない。
 取り分け女は体制に守られるべき存在であり、福島氏のような日本左翼は体制に密かに取り入って恩賞を引き出すことにより野党を偽る。

 福島氏が仮に女性には子を産まない生き方もある、それを尊重するべきであると云う際にはどこかに、本来はあってはならない生き方を特別に認めてやるというような態度が滲む。彼女はリベラルではないのである。「認めてやる以上はそれ以上の文句を云うな。」、子を産まない生き方への深い侮蔑の念が感じられる。

 女の腐ったような奴、その形容が福島氏の程に似つかわしい者はいない。

 そして当分は自民党の一党独裁と小池氏などの党内野党との対立に基づく政治が続くであろう。
 日本に必要な唯一つの政治体制である、政権交代の可能な二大政党制の実現は自民党の分裂、穏やかに言えば暖簾分けによってしかあり得ない。
 福島氏の属する社民党や民進党はあってはならない勢力であり、速やかに放逐しなくてはならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションの富川悠太アナウンサーの次のメーンキャスターにしよう!!


■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

a0313715_14142680.jpg

FNN ユアタイム~あなたの時間~ 23.30~/月~木 23.58~/金
[PR]
by keitan020211 | 2016-07-27 16:10 | 政治、社会 | Comments(0)



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党(水月会)と民主党(民社協会)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【Freesia料理 韓国大..
at 2017-05-13 20:30
【フランス大統領選挙】マクロ..
at 2017-05-09 18:45
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-05-06 18:57
憲法記念日と大型連休に寄せて
at 2017-05-06 15:48
【自動車 特別編】日本の名車..
at 2017-04-30 18:46
【Freesia料理】spa..
at 2017-04-26 18:23
【追悼】渡部昇一 上智大学名..
at 2017-04-18 17:34
【コラム 葉がつく】生涯の重..
at 2017-04-12 20:21
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:10
【アメリカのシリア空爆】一石..
at 2017-04-08 18:52
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-04-04 23:11
【英語訳】槇原敬之 どんなときも
at 2017-04-01 19:15
【考察日本語】『吉澤準特【3..
at 2017-03-29 19:34
【書を読む】橘玲 言ってはい..
at 2017-03-25 19:39
【英語訳】社説 朝日新聞 2..
at 2017-03-25 17:16
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-03-22 19:13
新聞の言葉は「脳に良い」のか..
at 2017-03-22 17:13
【Freesia料理】ロース..
at 2017-03-18 17:31
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング