<   2016年 10月 ( 50 )   > この月の画像一覧
【アメリカ大統領選挙】ピコ太郎とオバマ
a0313715_22353037.png

a0313715_20240705.jpg


フジテレビ/関西テレビ 関東:8ch 東海:1ch 近畿:8ch
Mr.サンデー  日曜22.00~

 昨日10月29日、ジューシーな肉の日に北海道日本ハムファイターズが日本シリーズの優勝を決めた記念すべき日、朝日新聞には『オバマとは何だったか』と題する大きな評論の記事がある。

 「あの人、何者?」、そんなやや失礼な感じもなくはない。尤も、来たる年明けにはアメリカの大統領を退くバラク フセイン オバマ大統領による政権の8年の総括を試みる評論であり、その歴史的意義を問うものとしては重要な主題である。

 答は明瞭、ウィンドウズのフォントはメイリオ、「オバマとはピコ太郎である。」、それだけ。

 '80年代風のパンチパーマぽい髪とちょっと絢爛なヤンキー服にサングラス、しかし、そのパフォーマンスは'90年代にも'00年代にも'10年代の今までにもない斬新な味――「あの人、何者?」、そんな第一印象を抱かせもするのがパフォーマンス歌『PPAP』がこの程にネットの閲覧数などでギネスに認定されたピコ太郎である。『ラッスンゴレライ』や「安心して下さい、ちゃんと穿いてますよ。」と同じ趨勢を辿ることは織り込み済みで大いに盛り上がっている今年の瞬発ブームである。彼等と少し違うのはそのブームが世界大となっていることである。

 さすがに'80年代にはかように洗練されたスーツ姿の人はなかなかいなかったが、'90年代ないしは'00年代に掛けて日本においても浸透している黒基調のビジネススーツ、彼がその姿で一躍世界大に有名となったのはそのスーツルックの全盛期にあった2008年のアメリカ大統領選挙である。それがオバマ、『核のない世界』のメッセージと『PPAP』には抑止力論などのうじゃうじゃと小難しい議論をさておき単純な目標を示すことに相通じるものがある。『核をなくすこと』・『筆を取ること』と『林檎を食べること』――筆と林檎にも色々と小難しい理屈や技はついてまわる。何も考えることなく林檎を食べに掛かれば歯茎に血が出る。核をなくすことも何も考えずになくするだけではいけない。しかしその難しい話は一先ずは置いておき、取り敢えずは単純な目標を示した点においてオバマとピコ太郎には世界大の意味がある。何より、それらを語る共通語は何れも英語である。

 悪く言えば、スタイリングとパフォーマンスだけ、他には何もなかったことも、オバマとピコ太郎に相通じる総括である。しかしそれがあらゆる内容を保証するかのように、オバマとピコ太郎は絶大な人気と信頼を得てもいる。
 そこには、8年でも数か月でも、真面目に全うすれば結果は後についてくるという感じがする。オバマはアメリカ史上初めて―?―、任期を誠実に勤め上げることに最も大きな意義のあった大統領である。何をするかよりも、とにかく続けることが大切、即ち『継続』の価値をアメリカと世界に教えた、オバマはそんな大統領である。だから、安倍もなかなか辞める訳にはゆかないことになる。
 若しや、これからのアメリカには日本的雇用といわれる終身雇用や年功賃金が新たに導入されることになるかもしれない。オバマのスーツ姿を見ているとそんな気がして来る。
 片や、かつて日本的雇用を下から支えていたのがピコ太郎の姿のようなヤンキーの世界である。ヤンキーもまた若い年頃に限ってではあるが、定年のある終身制であり各々は年功により報いられる。

 問題はオバマが徴していたそのような価値により近いのはクリントンであるかトランプであるかにある。
 表向きの政策の路線についてはクリントンが自らオバマを継承すると語っているが、その底流にある価値の点に見ると、クリントンがオバマを受け継ぐとはやや考えにくい。アメリカの既成の価値をかえずにその効果の改善を目指して或る程度は実現することは考えられるが、クリントン2号政権が日本的雇用などの新しい価値を取り入れるとは余り考えられない。それがよりあり得るのは寧ろオバマが非難する企業家の出身のトランプではないか。彼は今までの経営者としての価値観をこの機にかなり変えて来るであろう。

 ということで、オバマ大統領の花道にはピコ太郎が招かれるかもしれない。夢の揃い踏みである。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2016-10-30 18:31 | 政治、社会 | Comments(0)
【日本シリーズ】祝!!北海道日本ハムファイターズ優勝
a0313715_22353037.png

a0313715_14290984.pnga0313715_14303075.gif


a0313715_17142532.png 福岡ソフトバンクホークスの日本一から1年、ホークスのその前の日本一から2年…
 昨年も一昨年も、ホークスの優勝が決まると缶のデザインがホークスのユニフォームの色に近い麒麟淡麗生を買いに行って一杯をしていた。
 私はホークスの工藤公康監督や秋山幸二前監督の出身の西武ライオンズのファンなので必然に日本シリーズはパリーグを応援するし、彼等が監督のチームならば尚更である。
 しかし、今年のパリーグの優勝は北海道日本ハムファイターズなので工藤ホークスを叩き潰してもファイターズを応援、日本シリーズの開幕を控えては北海道に因みサッポロビールの黒ラベルや麦とホップを日々呑み、日本ハム製ではなく元西武のファミリーマートの品であるが、ホットドッグやアメリカンドッグを併せて食べてファイターズの日本一を願う。
 そして日本一への王手の掛かっている広島市民球場での第6戦を迎え、テレビの中継の供に用意したのはイタリア赤ワインと中華ステーキ、豆板醤や中華香辛料を用いての特製ステーキソースによる牛肉ステーキ、ハロウィーンに因みかぼちゃ添えにライオンズの本拠地所沢に程近い埼玉県入間市産の小松菜の中華スープである。やはりそこはライオンズファンなのでファイターズの祝賀を待つ夕食もライオンズ寄りの献立とした。

 食べるといえば、「先ずそんなことをしているようでは負けるでしょう。」と広島東洋カープについて思ったのは広島のカープファンが集う店がハムカツを臨時に「ハム喰い」に改称して供していたとの話である、ハムカツやとファイターズが勝つことになるので「ファイターズを喰う」ということでその名としたと。
 発想が貧困過ぎるし、食べる物は好きなので食べるものな筈、故に「ハム喰い」では「ファイターズ好きっす!」と言っているのと同じになる。今時の人の多くは知らない、「喰」の字を知っているのがせめてもの知性か。

 しかし、第6戦、観始めた時には流れがカープに向き出していると見えていた。ファイターズが4回に一度は逆転したが、6回に再び同点とされ、その時点では第7戦での大谷の二度目の先発での登場を待つような感じとなっていた。確かに、客観的に見て盛り上がるのはそうなった場合であろう。

●バース様!

a0313715_17161646.jpg バースはやはりバース様であった。

 4-4で迎えた8回表、カープの投手はジャクソン、ファイターズは安打を重ねて2死満塁、打者中田に絵に描いたようなストレートの押し出し四球を出す――ジャクソンの逃げっぽい変化球が次々にひょろんひょろんと外れてゆく。「おっし!」というよりも、先ずは呆気に取られる。

 そして続く打者はバース投手である。
 そこで私は確信した。必ず打つ。
 ――何しろ、バース様である。
 彼の落ち着きと気合いに満ちる眼差しと構え――
 すると、それもまた絵に描いたような、必要充分な速さと弧を描いて投手の頭を越えてゆく…
 「ライトへレフトへ」ではなく、ど真中への中前適時打である。
 勿論私は球に当たった瞬間にガッツポーズ。

●MVPへの満塁弾

a0313715_17175836.jpg それだけではない。
 尚も満塁に、レアードが満塁本塁打で10-4(:その侭最終結果)に。

 尚も栗山監督の表情は厳しいのが印象的である。それが敵失と大当たりに頼るからなのは昔のライオンズの森監督であるが、栗山監督のそれは「この後は、1点でも縮めさせない。」という冷徹な決意の表れであろうと思う。第1戦では大谷が崩れたりもするなど、投手の抑え込みが足りないとは私も感じていた。この日は、残りの2回を完璧に行く――

●そして来季への布石

a0313715_17191861.jpg 更に素晴らしいのはファイターズの8~9回裏の救援投手の谷元などもそうであるが、より素晴らしいと感じたのはカープの恐らくは敗戦処理として出た若手投手大瀬良の投球である。カープのベンチと一塁側が一気に沈みゆく中、登板を快諾してマウンドに向かう様と以降のファイターズの攻撃を粗全く止める様は来年につなげることを深々と感じさせた。その大瀬良をこの日本シリーズの影のMVPとしたい。

 昨年や一昨年のホークスの優勝を受けての一杯は痛快な味であったが、今年のファイターズの優勝を受けての一杯は喜びと共に重々しいものをも感じる。緒戦の2連敗やエース大谷の不振など、苦々しい中での4連勝を徴すようでもあり、「今年もまたこの季節が来て終わって往った。」と思うと我が身の悲しさをも感じずにはおられない。しかし苦しい時には何故かそこにいつも、ファイターズの勇姿そして勝利がある。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-10-30 17:23 | 生活 | Comments(0)
【ドゥテルテ大統領帰国】フィリピンは日本を赦しに来た
 先程にフジテレビの『ワイドなショー』を観ていたら、ドゥテルテ似の日本の大物芸人が先に日本を訪れて帰国したフィリピンのドゥテルテ大統領についての所感を語っていた。「ドゥテルテだの、習近平だの、プーチンだの、トランプだのと、本心を明かさない覆面レスラーが入り乱れていて安倍さんが正統派に見えてくる。」――その芸人は非正規社員の就職情報誌のCMに出てもおり、バスケットボールのシュートの練習をしている女が球を投げると高所足場にいる彼がその球を取り、その真下のゴール籠に垂直に落として入るというものである。どうもその彼の『アシスト』もまた日本の近海に立つドゥテルテ大統領に見えてくる。日本に来て安倍総理に語った南シナ海対中紛争の棚上げ、そして「時が来れば必ず日本の側に立つ」との外交言辞は日本にとってのすっぽりアシストとなるのであろうか?

a0313715_15211890.jpg 「日本においても大人気」と報じられる。それを聞いて画面の向こうを見ると初めはそれは在日フィリピン人の熱烈歓迎の様であったが、そして彼が来て数日もすると日本人においても人気が高まっているという。
 弊ブログは彼による彼の国の麻薬中毒者の取り締まりの強化の政策の様相が報じられて朝日新聞の『天声人語』などがそれを批判した時に、彼を真先に擁護した。今後の東アジアの安定に寄与するかもしれず、どちらかといえば支持の見解を示した。帰国後に「もう暴言吐かないよ。」と語り、彼が排外主義を煽りまたは法の支配を損なわせる極右政治家ではないことは何となく明らかとなって来ている。尤も、そう言ってもまた暴言が出はしよう。
 また、日本におけるドゥテルテ大統領の人気はどちらかというとかつては朝日新聞に学んでいた左派に多い。それを右派にいわせると、日本の左派は自国の人権のことについてはうるさいが外国の人権については恐ろしく甘いか無関心であるかであるということになろうが、今般はどうもそんな昭和的風景ではないような気がする。先の弊ブログの『天声人語』の批判のように、南シナ海対中の棚上げなどにより安倍安保体制をいつの間にか立ち消えにさせるような、左派の主張に有利な情勢となることへの期待、米軍のフィリピンの撤退の促進により東アジアにおけるアメリカの臨在が逓減してゆくことへの期待――そのような政治効果は左派にとってだけにではなく右派や中道にとっても可及的に願わしいことである。気のせいか、ドゥテルテ政権についての日本の右派による著しい批判や懐疑の論は見受けられない。歓迎の左派と静観の右派という様相にある。
 日本における知名度が斯くも上がっているのは来月の上旬に行われるアメリカ大統領選挙とのリンケージによる報道メディア等の盛り上げによる処もある。『クリントンにドゥテルテ』や『トランプにドゥテルテ』の未来予想図のイメージトレーニングをそれを通してさせる、そんな思わくがそこにはあろう。
 日本と共に東アジアにおける中国の一連の衛星圏であるフィリピンや脱原発を表明した台湾に目を向けることにより、安倍現政権を含む日本の政治のこれからの望ましい在り方を吟味させる意味もある。日本人のその数珠繋ぎ地域の関心が俄かに高まったのはフィリピンのマルコス政権の時代である。そこがフィリピンの高度経済成長の時代であa0313715_15232724.jpgったが、台湾もまた経済発展を堅調に遂げており、数珠繋ぎ地域におけるアメリカの安全保障と経済的影響が磐石であったことを思わせた。一方ではもう一つの当該圏の国沖縄における米軍基地についての抗議の運動が高まり始めてもいた。アメリカ安保の磐石さに一石を投ずる動きである。その第一次東アジアブームが終息したのはマルコス政権の失脚を経て十年以内の、東西冷戦の終結である。西側のアメリカ安保に対する東側の雄中国の脅威がその頃にはなくなりつつあるかのように認識され、日本人の関心はバブル経済の崩壊を見ての国内の政治経済の立て直しに集まることとなった。その動きと共に発足したのが弊ブログがこの春までは15年に亘り支持していた、アメリカ安保にやや懐疑的な鳩山由紀夫の創立による民主党である。それから二十年を経て今、ドゥテルテ大統領はいわばワルな鳩山である。

 若し彼の訪日に鳩山氏との会談が組まれておれば、鳩山氏は土下座をして謝罪したであろうか?

a0313715_15251806.jpg その訪日の当面の最も大きな意義はそこにあったと思われる。
 具体的外交の方針に関しては、安倍政権であれ何政権であれ、日本はまだ今後を推し測ることが難しい。日本だけではなくアメリカなどもまた当面は静観の内に情報の収集に努める段であろう。但しドゥテルテ新政権によるアメリカとの訣別の表明までは想定の範囲内であろう。フィリピンの言う中国との『棚上げ』が具体的に如何なる状況を生むのか、棚上げの不履行は恰も日本によるフィリピンへの不介入の不履行が太平洋戦争の主因となったように、アメリカと中国との戦争を招くのか、非常に微妙な処である。

 しかし、フィリピンは何故斯くもアメリカに対する『恨』ばかりを殊の外に語り、同じく彼の国を植民地としたスペインや日本のことについては何も云わないのであろうか?考えてみれば不思議なことである。歴史の話を聞けば、スペインに対する『恨』や日本に対する『恨』もまた確かにあるというが、それらは決して表には出て来ないのである。
 一つは、スペインのことは既に歴史の教科書に所蔵された話でしかなくなっており、それがアメリカに代わったことにより自ずと解決してしまったという見方であるが、どうもそんな単純なことだけではなさそうである。若しそうであるならば日本のこともまた同じくなる筈であるが現実にはそうでもないらしい。
 そこは日本とも似てというか、フィリピンにはアメリカに対する『恨』の一方にはマルコス時代を受け継ぐ熱烈な親米派もいる。『アメリカとの訣別』を宣するドゥテルテ政権が二言目にはアメリカとの経済関係の維持発展をこれからも重視すると語る所以である。しかし『アメリカに対する恨』は俄然に重要なのである。日本に対してはしれっと「日本の側に付く用意はある」と親日の念を示す。

 どうもそれは、そこに云う『アメリカに対する恨』の内には『日本に対する恨』が抱き合わせで含まれており、「アメリカ」と言えば自ずと日本をも指すということなのではないか。しかし日本を直接に語る際には徹頭徹尾親日の文脈に化ける、そのようなことなようである。
 処が、「日本の側に付く用意はある」との歴代の政権と比べるとやや厳しめで確約を避ける言葉によるのは、やはり『日本に対する恨』をも日本側に何気に匂わせる必要はあるとの認識によるものと考えられる。若し日本の側がそれを「裏のある嫌らしい外交の言葉」などとは受け止めずに極めて理に適う言葉と受け止めるならば、フィリピンは大東亜戦争を巡る日本に対する恨を赦すであろう。戦争責任に関しては韓国や中国についてだけの話ではない。

 『スペインに対する恨』のことが殆ど聞かれないのは、スペインによる植民地支配とアメリカや日本による植民地支配には大きな違いがあった故であろう。
a0313715_15271044.jpg スペインによるそれは後世に話が大きくされて如何にも酷いことのようにいわれてもいるが、現実にはその特色は不介入主義にある。経済利益において享受すべくあるものに関しては惜しみなく享受してゆくが、フィリピンの国体を変形させるような積極的政治支配を行ってはいなかった。それはアメリカが日本の天皇制を廃止させなかったことも少し似る処があるが、アメリカがスペインに少し学んでのものであろう。アメリカは日本に関しては以後、日本の積極的政治支配を行ってはおらず日本の再軍備を支持してもいる。寧ろアメリカを日本に引き止めたのは日本である。
 スペインは要はフィリピンの港の周りで商売を続けていただけであり、当地における行政や軍事は中国や日本を刺激しないためにも必要最小限であった。しかし、その必要最小限たることが後にアメリカに敗れた一因となる。
 在比スペイン人によるフィリピン人との通婚は『両性の合意のみに基づく』至って穏当なものであり、その点は台湾人と通婚するシナ人と似ている。尤も、スペイン人やシナ人には「何であんな茶色い女が欲しいのか?」とか「何a0313715_15292642.jpgであんな色白美人だが教養のない女が好いのか?」と思う人々もおり、彼等によるフィリピン人や台湾人に対する差別もあったことは確かである。台湾の蔡新政権はそのような歴史における台湾人に対する差別を最近に公に謝罪した。フィリピンのスペインに対する『恨』とは主にそのような私的差別、延いてはそれが公の差別に及ぶことについてのものであり、支配そのものについてではない。
 しかし、アメリカと日本はスペインや台湾におけるシナ人政権のような不介入主義ではなかった。経済支配もあるが粗常に政治と軍事による支配が優先し、またそれは『善意の介入』においてなされていた。学校を作ったろう、教会を作ったろう、――その点は、日本はアメリカと実に能く似ており、同質ではあるが内容の異なる路線、methodがそれらによるフィリピンの支配には採られていた。それが台湾には大いに認められているのは偶々時宜が良かっただけである。または、「スペイン語と英語に加えて更に日本語をも身に着けなければならないのか、面倒臭い。」という感じもフィリピンにおける反日感情には手伝っていよう。『善意の介入』に加えて間の悪さ、それは『恨』というよりは不可解の念がより強いかもしれないがアメリカの程には支配が長く大きくはならなかったことが日本が彼の国の反日感情の強化を免れている理由でもある。とはいえ、フィリピンにとっては日本とアメリカは同列同質と捉えられており、ドゥテルテ大統領の『訣別』を機に、積極的平和主義とはそのような善意の介入主義なのではないか、そもそも日本の文化がそのようなものになってはいなかを考え直してみるべきである。そうしないと、三浦瑠麗氏も説く『東アジアの時代』は日本の望ましい未来予想図とはならないであろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-10-30 15:08 | 政治、社会 | Comments(0)
めざましテレビ 弊ブログ×東急電鉄 で弊ブログに軍配――『電車での化粧』について
 今朝のフジテレビの『めざましテレビ』の阿部さんはシンデレラであった。
 阿部さんとはその番組のお天気キャスターの阿部華也子さん、弊ブログは彼女を応援することから「阿部さん」と呼び習わしている。その阿部さんがこの秋一番の冷え込みとなった今朝は、シンデレラの服を纏う。肩が丸見えであるが、何故か寒そうには見えないだけの笑顔の力がある。この冬も笑って乗り越えたいが、フジテレビの番組等はなかなか寒いのが現状である。自ら「寒いーーー!! 寒いーーーーー!!!」と歌い出す番組さえある。
 今朝のシンデレラもかなり掴むが、私の一番の掴みは昨日の朝の兎さんの姿である。例の大分弁の処での「ぴょん♡…ぴょんぴょん♡」は忘れられない一場面となりそうである。但し風の強さの故に、天気を告げる処では耳を外していた。

 その今朝の『めざましテレビ』の昔のその番組の『めざまし調査隊』のような一企画に、例の東急電鉄のネットマナー広告が炎上したことについてのものがあった。電車で化粧をすることをやめさせるなどの主旨の広告であり、弊ブログはそれに対する批判非難を先日の記事に語った。いわば『弊ブログ 対 東急電鉄』の図式が成り立つ。尤も、弊ブログが電車での化粧を容認する全ての人々を代表するものではないが、少なくともここでの話としてはそうなる。弊ブログとしては従来は優良企業と認めてそれなりの支持をしていた東京急行電鉄及び東急グループに対し国際政治における経済制裁の水準の扱いとすることを検討している。但し制裁なので不承認と決する訳ではない。
 例えばお歳暮の包みが東急百貨店のであれば、「ありがとうございます♡…でもその包装紙は剥がして渡して下さいませんでしょうか?、来年も宜しくお願い致します。」、そのようにして「東急で買って贈ると喜ばれない」という新しい通念を醸す、或いは、東急電車の駅で「すみません、小田急相模原という駅にはどの列車に乗れば行けるんでしょうか?」、駅員が説明したら「だって東急でどこへでも行けるんじゃないんですか?いつからそんなに小さい会社になったんですか?」、或いは、自動改札機を指して「これは何ですか?」、駅員が説明したらパスモのカードを翳して「あふぁぁぁぁーーーー!!!!、あふぁぁぁぁーーーー!!!!、なーんだってこれは??? ふはあはは……あたしゃ齢取って…この光が、眼が痛いんだよ… ふはあはは……」などなど。

 数々の非難を、無視すべからざる問題としてか、『めざましテレビ』もそれを早速や特集とした訳である。

 先ずは男性等3人に街頭での聴き取りをして3人共が、女性等3組の内の2組も「電車での化粧は駄目」と言うなど、勘違い右派に配慮した出だしとなったが、いつもしていると語る女性と番組のスタッフが各々、走るワゴン車にて化粧をしてみる実演を行うなど、総じて「電車での化粧は必ずしも駄目とはいえない」という見方に立つものである。終りに示す調査の結果の数値が「男は容認せず/女は容認」といわれる通説とは逆なのも印象的である。女性は『◯か×か』の問いに対する答えと具体的にどう思うかについての答えがしばしば違うことが多いといえそうである。男性は「×です。」――「何故ですか?」――「え?それはそうでしょ。あれだし、それだし…」或いは「◯です。」――「何故ですか?」――「いや別に、何故って言われても…悪いことじゃないと思うんで。」という型が多いということである。
 弊ブログもそれを容認しないことを強ち否定するのではないので勘違い右派に配慮しながら総論としては容認とする『めざましテレビ』の構えに近い。
 その手の事柄を扱うと、多くの局や及び番組、延いては諸媒体は「論争が巻き起こっているようですが、さてどうなのでしょうか?」と有耶無耶にして逃げる形のものが多い。所謂ニュースの言葉による企画作りである。『めざましテレビ』は断言を避けることにおいてはそれらと同じとはいえなくもないが、「容認」をその構成で明確に示す。寧ろ、その反対派である容認せず派だけが目立って断言やそれに近い感想を述べることにより、それが個人の好みに過ぎないという印象を与える。実に、個人の好みに過ぎず、或る状況における外はマナーの問題と見做すべきものではない。

 ワゴン車を列車に見立てて実演するのは、示唆的である。
 そのワゴン車はトヨタ ハイエースバンであり、商用車としては卓越の快適さの車である。
 それが示唆的であるとは列車、鉄道とはそもそもワゴン車のようなものであるという本質である。
 昔の鉄道車輌は皆対面座席、クロスシートであった。その列車に乗り、遠くへ出掛ける――今の鉄道、殊に都市部の通勤列車とは比べものにならない程に目的地までの時間が掛かり、列車に乗ることはそれまでの間に行く先への準備をする場所である。いわばワゴン車である。そこには化粧なんかも必然に含まれるものである。尤も、夏目漱石の『三四郎』などを読んでも女が列車の席で化粧をする場面が出ては来ないので分からないが、実際には多くいたであろう。
 都市部の通勤列車にあっても、空いておれば本質的には昔の列車と同じ、座席の向きが違うだけである。

 容認しない派がしばしば論拠とするものの一つに、外人に訊くと決まって「うちの国では考えられない。そんなことをする人は娼婦しかいない。」と言うというものがある。
 しかしそのように答える外人は列車で化粧をする人を偶々見たことがないだけなのである。今時の鉄道はおしなべて速いし、取り分け西欧には高速列車の網目が発達している。また、通常は自家用車を使う人が多く、彼等にとっては鉄道とはそのような現代的高速列車だけを指す。適当に食事をして談笑をしておれば直ぐに目的地へ着くので更に化粧をするだけの時間はそこにはない。
 片や、日本においては在来線や地方交通線と呼ばれる昔ながらの列車に乗る人々はそのような彼等とは明確に異なる人々であり、彼等の眼中に入ることは余りない。そこには列車での化粧をする人も幾らかはおり、極めて稀にそれを見掛けると物凄い田舎娘に映り或いは娼婦を目指して都会へ行くのかなどと勘繰ったりする。それが「そんなことをする人は娼婦しかいない。」との言であり、半ば想像の限りでテキトーに語っているだけなのである。
 田舎娘なのは本当であっても、娼婦ではない。寧ろ、娼婦は化粧のための動かない場所を独自に確保している筈であり、娼婦が化粧を列車ですることこそあり得ない。そもそも娼婦は列車には余り乗らない。街を歩くか客の車に乗せてもらうかである。

 因みに昔の日本には女性は鉄道には弱いことを印象づけなくてはならないという奇妙な風習があった。日頃に使うけれどもいつも乗る列車のことをしか知らないというのが最も多いが、中には電車そのものが慣れない、全然分からないという強者もいる。自動車化の時代であって車が主流の乗り物たるべしという思想もそこにはあるが、『女は適度に娼婦のようであるべし』という当時の性の観念の故でもある。そう言うと男社会が強いものであったということかと思われるかもしれないが、男だけがそう考えていたのではなく女もまたそう考えていた。少なくとも『夫の前では娼婦のようにあるべし』ということを昔の女性は大真面目に信じていた。そのことと娼婦のように「電車そのものが慣れない、全然分からない」にはつながりがある。
 しかし、今は所謂女鉄オタ、即ち鉄道好きの女性が激増している。弊ブログは夙に私鉄の専門の鉄道好きであるし、モデル兼キャスターの市川紗椰などは有名な鉄道マニアである。その背景にはそのような、「鉄道のことが分からない=娼婦のような女」という、現代史についての直観があるのではないか。

 すると腑に落ちるのが、鉄道には著しく弱くて娼婦のような昔の女性には「電車でお化粧するなんて絶対に考えられない。」という人が多いことである。先述のように、本当は娼婦は列車に乗らないのでそこで化粧をすることもあり得ない。逆に「堅気の女になるなんて絶対に考えられない。」と言っているのと同じであることに彼女等は恐らく生涯気づかないであろう。同じく、東急もまた堅気の企業ではなくて客も堅気お断りという訳である。道理で芸能人や怪しげな商売の方々が多く沿線に住む訳である。
 大真面目に信じていることなので一概に断ずることはできないが、勘違い右派は、または二言目には「私は日本を愛し、日本人であることを誇りに思う」と言い訳がましく語る一部のリベラル左派も、そのように怪しげな『日本女性』を望ましい女性像としている。
 日本らしさということならば、場の空気に応じて認めたり認めなかったり或いはしたりしなかったりすることが最も日本らしくて望ましいことになると思うが、そこまでの趣旨が『めざましテレビ』には込められているのかは分からない。

 その件について取り上げたもう一つの報道メディアはイギリスのBBC、電子版のニュースにその報の記事がある。
 その記事の所在を知ったのはYAHOO!のニュース録にある日本語訳を載せて解説する記事である。処が、その日本語訳に怪しい匂いを感じて直ちにBBCのサイトの英語の原文を読んでみた。
<日本語訳> しかし、多くの人は東急電鉄の広告を支持しており、電車の中での化粧は排泄と同じだという意見さえあった。
<英語原文> However, many have supported the message of the advert even comparing applying make-up in public to defecating.

 "many have supported the message of..."、その部分が如何にも曖昧で、報道の文章としては先ずあり得ないようなものである。しかもその日本語訳が「多くの人は…を支持しており」と来る。
 "many have..."と言うと、「いやー、多いんだね。」みたいな感じとなる。他との比較はともかく、それそのものの存在感としてはかなり大きいと先ずは見えるということである。ではそれが如何程で他と比べてどうか、それを示すのが報道というものであり、「多い。」では分からない。
 更にはそれが「多くの人は」は"many"よりも更に多く見積もっていることになる。「多くの」とは絶対多数に及ぶということであり、それが英語では"most of the people have supported the message of..."となる筈。更に"most (people) have..."となれば「殆どの」となる。
 或いは比較して多いならば"more have..."となる。
 私も実は"many; more; most"の用法については年来にあやふやでそれが遣われる一文には騙され易いものであった。実に今も"more have"とすべき処を"much have"と言いそうになった。

 詰り、英語の原文もええ加減で且つその日本語訳も明らかな誤訳である。屋上屋である。
 その一文は先ずは英語の原文が「列車での化粧は駄目」というバイアスを誘うような曖昧な文を記し、そこに案の定、「列車での化粧は駄目」を駄目押ししようとする嘘の訳を記している。

 事情を知る人には常識であるかもしれないが、外国の新聞やテレビなどの大手報道メディアにおける日本についての報の記者の多く/most of the reportersは日本人である。向こうのメディアのその国の人の記者が日本を本場の英語などで報じているかのようにいわれることがあるがそれは間違いであり、日本人の記者が祖国日本を向こうで解説しているに過ぎない。
 そのBBCの報の記者も日本人、世界の中心英国の良識家が鋭い眼と筆で語るのではない。
 ぶっちゃけ言うと、その記者のその記事は世界の中心英国の人々に、必死になって「日本人はそんなことをしません。皆さんと同じくマナーを知る常識家です。」と訴える一文な訳である。

 先ずは英語の原文として相応しい表現は:However, there are many ones either who supported the message of the advert such by comparing the make-up at public places to the defecation.
 その日本語訳は:しかし、公の場での化粧を排泄に擬えるなどしてその広告のメッセージを支持する人々も多くいる。

 There are many ones either who've reported as the massage for the foreign people, which is the ugly Japanese. ともいう。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-10-28 22:55 | 生活 | Comments(0)
【追悼】三笠宮殿下 崇仁親王
a0313715_22353037.png

a0313715_14290984.pnga0313715_14303075.gif


●三笠宮殿下 崇仁親王 みかさのみや殿下 たかひと親王
1915年(大正4年)東京市生まれ 澄宮の諱を受ける 東京市麹町区出身
父は大正天皇嘉仁であり、昭和天皇裕仁の弟
1935年(昭和10年)の成人の折に三笠宮の宮号を受ける
大東亜戦争においては陸軍大尉として南京の支那派遣軍総司令部に赴任した。
戦後には東洋史の研究活動を始め、学会や研究団体などの長などの要職を歴任した。
また、レクリエーションやスポーツなどの風俗の発展のための活動をし、自らも西洋式の踊りの才などを発揮した。
2016年(平成28年)10月27日に薨去

a0313715_20080361.jpg 或る外人ならば、「昭和天皇の兄弟達は皆出来が良くて人間的魅力に富む、但し裕仁を除いては。」とでも言うであろう。
 裕仁天皇の出来や人徳がどうであったかはともかく、皇室が戦後の日本において生き残りそして国民の敬愛を広く得るに至ったのは確かに裕仁の弟達の力に依る処が大きい。例えば昔、私が生まれ育った頃でさえ、左寄りの人々が天皇を敬う念を示してその弥栄を願うことを公言することはあり得ないことであった。左寄りの人々は皆天皇制を否定し、将来は共和制を目指すべしと異口同音に云っていたものである。
 三笠宮殿下もその弟達の一人であり、戦後から現代に亘り、否、伝えられる処に依れば戦前戦中から、皇室があらゆる国民に国民の自由と共に親しまれるようになるために身を尽くしていたと改めて感ずる。彼等がいなければ、裕仁天皇は早くに退位あらせられており、帝の退位の制度も既に確立していたかもしれない。
 薨去の報の渡る東京の空を何気なく穿って見れば、『平成』の元号さえ、三笠宮殿下が発案したのではないかと思えて来る。――そう思えるのは、薨去の報と共に「また一つ昭和が消えてゆく」との評が聞かれたからである。「それはなかろう。」、それが私のその評への感想である。三笠宮殿下の生涯は『昭和』などという狭い時代認識に還元することのできるようなものではなかろう。彼は紛れもなく、昭和の先を戦前から見据えていた筈である。戦中に軍人として日本の戦争政策を批判した時にも、既に彼の見ていたものは『平成』であった。いつの時代の人というならば、三笠宮殿下は平成の人であり、彼だけではなく様々な人物が一人また一人と世を去ってゆくこの時に、一つまた二つと昭和の灯をわざとらしく点けては消し点けては消しを繰り返さないでほしい。

 三笠宮殿下の薨去を受け、今になって、その兄昭和天皇裕仁の素晴らしさを初めて深く感ずることができたように思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-10-28 20:08 | 政治、社会 | Comments(0)
【放送倫理】TBS『オール芸人お笑い謝肉祭'16秋』についての雑感
a0313715_22353037.png

a0313715_15091116.jpga0313715_15031449.jpg

フジテレビ 関東:8ch 東海:1ch 近畿:8ch
指原カイワイズ  24.25~24.55/水

 直前の記事にはTBSテレビの『爆報!THEフライデー』が大麻所持の高樹沙耶容疑者を出演させてその逮捕に結びつけたことについての批判を語った。TBSのしたことは出演者に対する背信行為であるということである。

 その記事を上げて程なく、他のネットのニュースに『「裸になれば笑いがとれるという低俗な発想」;「股間を触る下品な内容」TBSバラエティーがBPO審議入り』というものがあるのを見つけた。産経新聞の記事である。BPOとは放送倫理番組向上機構の略である。

 その手の所謂低俗ものに関しては「問題なし」の裁定を下すことの多い弊ブログであり、それについても『爆報!THEフライデー』とは違い問題ではなさそうと思ってその記事を読んでみたが、やはり問題はあると見て取る。

 但し「委員会によると、視聴者から「男性が男性の股間を無理やり触る行為などがあった。内容が下品、子供に説明できないような番組はやめてほしい」;「浜辺で芸人がローション階段を全裸や下半身露出で滑り落ちるシーンが放送された。裸になれば笑いがとれるという低俗な発想が許しがたい」などの意見が寄せられたという。」については、TBSの番組に期待をする貴方が悪いと思うしかない。意見を番組に寄せるとは番組を観たということであり、では何でそもそも観ているのかという話になる。彼等にはTBSの番組に関する永年のイメージと期待というものがあり、そこで抗議をするとは偏にその偏った期待が裏切られたと感じたに過ぎない。なので低俗なのは貴方であると言わざるを得ない。
 それでも断固不断にTBSを支持する、滅多なことでは抗議しないと心に決めている人ならば構わないと思う。何歩悪くても一蓮托生でTBSを観る、それはそれで素晴らしいことである。

 とはいえ、やはりその『オール芸人お笑い謝肉祭'16秋』は産経新聞がそこに伝える情報を見る限りにおいても問題が大きいといわざるを得ない。
 想像するに、その「男性が男性の股間を無理やり触る行為」や「全裸や下半身露出で滑り落ちる場面」には彼等TBSの視聴者が問題としている当該の箇所を隠して見えないようにする映像の加工が加えられていたと見られる。先ずはそこに根本的矛盾を感じなくてはならない。
 映し出したくはないと思うものが含まれる映像を、何故に加工を加えてまで映すのか?
 逆に、それを映し出してはいけないと思う理由は何なのか?
 映し出したくはないならばその場面を映さなければよい、逆に、映したいならば加工を加えるべきではない。
 それはTBSだけではなく最近のテレビ朝日の番組にもあり、極めて不快に感じたことである。また別のテレビ朝日の番組には、武蔵野市の井の頭公園にある裸の人の青銅像等を映すがそこには加工がない。それらの像を司会者のタモリや大久保佳代子が見て回って評するものである。本物の人ならば加工するのに人の像ならば加工しないだけではなく平気で論評する、それもおかしなことで、テレビ朝日の俗悪と欺瞞をそこに感じた訳である。「裸になれば笑いがとれるという低俗な発想が許しがたい」というのとは違う意味における俗悪がそのテレビ朝日の番組にはある。
 裸になって笑いを取るのも悪くはないが、ではそこに訳の分からない映像加工をするのは如何なものか?
 そのような訳のわからない制作の意図が放送倫理に反する点である。どこがどう倫理に反するというよりは、貴方方の存在そのものが倫理に反する。

 やや話は逸れるが、下穿きを穿いておれば裸になって笑いを取ることができる、そのようなものも倫理に即ち反するとはいえないが、反倫理に結びつくような芸風である。『穿いていないように見せる』ではなく。

 もう一つ、謝肉祭とは春の行事であり『秋の謝肉祭』はない。
 その春の謝肉祭は貴方方が思っているような、『これまでの欲望とは今日まででさようなら、明日からは欲望を捨てて行きましょう。』ということではない。
 先ずはそこからして人類の基本的倫理に反する。故に、日本とは正に被爆するべき国であると見做されるのも仕方がないのである。『被爆国として』などということを金輪際云わないでいただきたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土

[PR]
by keitan020211 | 2016-10-26 19:30 | 文明論 | Comments(0)
【ジャーナリズム】高樹沙耶の逮捕にTBSの番組が寄与
a0313715_22353037.png

a0313715_15590389.gif
a0313715_15551142.jpg


 女優の高樹沙耶が大麻の所持の疑いで逮捕された。
 それについて語り合う今日のフジテレビの『バイキング』における坂上忍の語りが面白い。
 しかしこの記事は坂上の話についてではなく――こけっ――その逮捕のきっかけの一つとなったといわれるTBSテレビの番組についてである。

 その番組は『爆報!THEフライデー』、「爆報」にスクープを売りとする写真週刊誌の名でもある「フライデー」と来れば、「際どい情報行きましょう。」みたいな番組であることの察しがつく。
「2016年10月7日に放送された同番組は『大麻報道で芸能界を干された女優高樹沙耶は今…石垣島で驚きの生活を送っていた!』というもの。もちろん、国政選挙に出た時点でもかなりマークされていたはずですが、テレビを通して彼女の主張を扱われることは捜査当局にとってはかなりセンシティブであるため、これ以上主張されてはたまらないと早くなったのではないでしょうか?メンツもありますから。

 さて、それを真実を明るみに出すジャーナリズムと呼んでよいものかどうか?

 近頃は週刊文春がスクープを立て続けに出して力を持っているが、週刊誌はそもそも取材の対象を一方的に調べ上げて記事にすることがその在り方であり通念でもあるものである。「一方的」と言えば聞こえは悪いが、要はその取材はその対象の直接の取材ではなくてもよく、当人には一つもアポを取ることなく情報を得て記事を書くことができるということ、その点は週刊誌は経済的でもある。週刊誌の記事に対する訴訟には被告の出版社が勝つことが多いのもその故である。書かれた側には書く側と会ってはいない故に、その名誉が傷つけられたと感じることが余りないので名誉棄損で訴えたりしても「本当はそう思ってはいないんでしょ。金だけが目当てなんでしょ。」とその本音を見透かされ易い訳である。
 しかし、テレビの取材は違い、その対象とは会わずに情報を得て番組にすることもできはするが、会って直に情報を得て出演をもさせる場合が多い。すると、人を呼びつけて会わせておいてそんな番組にするとは如何なものかと、名誉が傷つけられたと強く感じ易い。またそれでいて、テレビは大抵はそんな悪いことをしないものであるという先入観があるので書かれた側がテレビ局を訴えることは少ない。中小零細企業の多い出版社とは違い、相手のしていることが正しいのではないかと思い込まされてしまうようなものがある。

 今般のTBSの『爆報!THEフライデー』は正にそれであり、高樹沙耶の疑惑を暴こうと意図するTBSが高樹の謎の生活を取材して番組にするもの、そこには「この人犯人ですよ!」と小声で呼び掛けるようなものがある。
 勿論、公正中立を規定する放送法があるために、そこには高樹の大麻を合法化したいなどの主張も一方では盛り込まれるが、全体としては高樹を嵌める趣旨のものである。

 犯人の逮捕は望ましいことではあるが、報道メディアの務めはそのようなことではない。
 報道メディアが明かすべき真実とは犯人のことならば犯人の逮捕に結びつくか否かを問わず問題となっている事柄についての正確な情報をより多く取って示すことにある。また、高樹などが疑惑となるならば、彼女を出演させる必要はない筈である。テレビ出演とは出演をさせる側とする側の信頼があってなされるべきものであり、公党の政治的主張などの特殊な場合を除いては敵対者を出演させるものではない。それは新聞も凡そ同じであり、『悪い例』を示すために取材をして語らせる記事を、例えば朝日新聞が安倍総理のインタビュー記事を出したり産経新聞が菅直人総理のインタビュー記事を出したりなどをしてはならないものである。
 逆に、高樹を擁護するための出演であったとしたら、それが逮捕に結びつく可能性を考慮してはいないということであり、擁護の対象である高樹を欺くことになる。出演者に対する背信行為である。

 また、テレビ局が警察に先んじた、延いては報道とは警察であるという認識が社会に広がるとどんな風潮を招くか、安倍政治の処では済まされないことである。

 一般に、企業などの団体や個人が捜査に協力してはならないものではない。但しそれぞれの本分を弁えることなくなされるものであるならば結果の如何を問わず悪いことである。殊に報道メディアは人権を守ることをその務めとするものであり、TBSのその件などのようなことは人権が損なわれることにつながりかねないとても悪質なことである。

 何となく感想を言えば、弊ブログも高樹沙耶は怪しいと思う。何であれ選挙に出る時点でお話にならない。但しその人が悪いかどうかを問わず、自分達がすることの悪質さを先ず問うべきものである。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_13053612.jpg木佐彩子(きさ あやこ:BS朝日『いま世界は』のキャスター;元フジテレビアナウンサー)を
皆様の! 皆様の! 皆様の! お力で!!
ANN報道ステーションの富川悠太アナウンサーの次のメーンキャスターにしよう!!


■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

a0313715_14142680.jpg

FNN ユアタイム~あなたの時間~ 23.30~/月~木 23.58~/金

[PR]
by keitan020211 | 2016-10-26 18:18 | 政治、社会 | Comments(0)
鉄道のマナー啓発広告 効果を考えているものは少ない
a0313715_22353037.png

a0313715_20240705.jpg


フジテレビ/関西テレビ 関東:8ch 東海:1ch 近畿:8ch
Mr.サンデー  日曜22.00~

 直前の記事には東急電鉄の最新のマナー啓発広告についての批判を語った。とにかく最悪でお寒く、直ちに中止とするべきである。

 少し前のネットの記事に、日本とフランスのマナー啓発広告の在り方の違いの比較についてのものがあった。
 日本のそれはおしなべて「他者の迷惑になる」ことを訴えようとするのと比べ、フランスのそれは「自分にとって良くない」ことを訴えようとするとの指摘である。
 フランスの広告等の例を見ると確かに「自分にとって良くない」と云わむとするような仕立てのものが多い。「身を滅ぼすのは貴方です。」ということである。
 他者の迷惑にせよ自分にとっての良し悪しにせよ、マナーを守らない人々と守る人々の認識の在り方には違いがあるものではないのでその国の全ての人が同じような認識をするものと仮定してのことであろう。無論、実際には日本にもフランス流が効く人々は少なくはないしフランスにも日本流が効く人々は少なくはない。

 但し弊ブログなどからすると、マナーなどの啓発の広告は無難が一番であると思う。
 訴えたいことを端的に分かり易く示す、その分かり易さを妨げかねないような演出や装飾をなるべくしない、商品の宣伝とは違い、啓発とは固有性の薄く普遍性の高い事柄のものであり、それが訴えるためには誰にでも分かるものでなくてはならない。
 その観点に見ると、フランスのマナー広告でさえ演出や装飾が多いと見做さざるを得ず、日本のマナー広告はそれらが過剰で啓発のための広告効果をなしてはいないといえる。マナーポスターが幾ら作られてもマナーの改善の気配は一向に見えずに屋上屋を重ねている様相にある。寧ろ、マナーポスターがマナーを悪化させる元凶なのではないかとさえ見える。

 殊に日本のマナーポスターがそうであるのは先の「他者の迷惑になる」ことに訴える在り方が全くなくはないが現実には余りそうでもない、その記事の指摘は偏にフランスのそれとの分かり易い対比を示すために少ない例を掘り出して来て示しているような感がある。
 日本のマナーポスターに多いのは現実には「他者の迷惑になる」ことを訴えるものではなく、「そんなことをしない貴方には弊社の御利用を続けていただきたい」ことを訴えるものである。
 詰り、マナーの悪い客の存在は既に織り込み済みで改善を訴える積りはもはやなく、マナーの悪くない客またはマナーの良い客を極力暗に褒めそやして持ち上げることにより自社の評判を高めようとするものなのである。啓発広告の演出や装飾が過剰となる傾向には、啓発の効果をではなく自社の企業イメージを良くしようとすることをしか勘案しない、目的意識の欠如がある。
 演出や装飾が多くなると必然に費用が高くなるので注文枚数が自ずと少なくなって広告期間が自ずと短くなり、効果が出ない侭に次のマナーポスターを考えることになる、その繰り返しとなる。次を考えている間にはマナーポスターがなかったりする。自社の事業所である駅や列車内に掲示する印刷物ならば貼り続けても費用が上がることはない筈ではあるが、他の広告が次々と入るので剥がさざるを得ない訳である。かくして瞬間視聴率的に話題を得て終わりとなる。
 広告に金を掛けることは一概にいって良いことではあるが、啓発物は違う。そればかりは最小費用で最大効果としなくてはならないものである。啓発広告は自社の宣伝ではなく公共の指導である。鉄道会社等と広告代理店にはその認識がない。

 以下にはそのような無意味且つ品性に欠ける或いは全くない日本のマナー啓発のポスター等を紹介する。
a0313715_16055144.jpga0313715_16054176.jpga0313715_16052680.jpga0313715_16050926.jpg

――東急電鉄のもの
 「どっちがへん?」と問うて考えさせるような体裁となっているが、何歩考えてみても『どっちが』の処か、それらの絵が先ず何を示そうとしているのかが明らかとはならない。比較的明らかとなるのは上右の優先座席のものであるが、それも、ではどっちがというと、どっちもへんではないのかとしか思えない。
 「要するに、あなたは何が言いたいのですか?」、それが分かりにくいの処か全く分からないものである。
 作る側は作りながら、ユーモアのセンスに富む力作とか思い込んでいよう。

a0313715_16170535.jpga0313715_16164721.jpga0313715_16163293.jpg

――小田急電鉄のもの
 要するに何を言いたいのかが分かり易いのは良いが、絵がマナーの悪い人には訴えない。
 マナーの良い人が「そうだねえ。」と思うような感じはあるが、それだけ。
 大体、マナーの悪い人が自らをアフロヘアの兄ちゃんのイメージと重ね合わせる筈はない。マナーの悪い人の程に得てして自らを普通の風采と思っている。なので彼がそれを見れば他人事としか感じない訳である。「?…はーん。……」
 また、御苦労にも「そんな駄目な兄ちゃんも席を譲ることがある、いいことじゃないか!」みたいな物語を込めているらしいが、一連の作品等を通して見る人はいないのでそんなことには誰も気づかない。「小田急の客はマナーが良いだけではなく人情も深い。」と宣伝したいだけの広告なのである。

a0313715_16303221.jpg


――京阪電鉄のもの
 京阪沿線の京都市伏見区にはかっぱのCMで知られる黄桜酒造があり、「マナーを守るとちょっといい気持ち」と言いたいのかもしれない。
 しかしその広告には幾つもの難がある。
 『野外では人気者 車内では◯◯者』――先ず以ては何かを訴えたい時に「◯◯」などと放送禁止用語のような記し方をしてはいけない。マナーの悪い人は恐らくそこに恨みの念を抱くであろうし、マナーの良い人或いは悪くはない人のいわば持続心をも損なわせかねない。
 また、車内の迷惑者が野外では人気者である訳はなく、駄目なものはどこであろうと駄目である。そこには「他所ではそうでも構わないがうちの電車にお乗りの際には守ってほしい。」という京阪電車/京阪グループの側の公共心のなさが窺われる。
 しかも、放歌はマナー違反であるだけではなく軽犯罪法違反であり、啓発するならばそのことをも「公共の場では許可を得ることなく歌うことは犯罪です。」などと併記することが望ましい。
 また、何やら愉しげなモチーフの図案であることにより、「はは…ええやないの。」と感じてしまう人もいるであろう。
 あらゆる面から最悪の啓発広告である。
 因みに京阪電鉄は元は東急田園都市線と同じ澁澤財閥系の鉄道会社であった。西でも東でも、愚民の多い沿線とそれを作る企業は同じような感性な訳である。

一方、以下には比較的ましなマナーポスターを幾つか紹介する。
a0313715_16493595.jpg

――西武鉄道のもの
 要するに何が言いたいのかが明確で、図中の人達が良い人なのか悪い人なのか分からない感じなのも、マナーの良い人と悪い人の何れにも受け入れられ易いものである。
 先の小田急のアフロ兄ちゃんは、作る側は「そうではない。」と言うではあろうが、「アフロ=悪い」と印象づけようとして採用していることが明らか。
 他にも西武には窓に貼るステッカーの形式の『それが、マナー』シリーズなど、単純に訴えるものが多くて良い。
a0313715_17003430.jpg――阪急電鉄のもの
 主題がマナーの良い人にもありがちなことであるために、直截的訴求力を寧ろ弱めるべき処を巧く考えている作品である。但し他の主題についてもそうあるべきとは必ずしもいえず、他のポスターを見てはいないので分からない。

a0313715_16563619.jpg

――西日本鉄道のもの
 これも何が言いたいのかが分かり易い。
 正義漢は得てして周りの迷惑を考えないという故事をも想わせて知的でもある。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2016-10-26 17:05 | 文明論 | Comments(0)
東急電鉄のマナー広告 東急ブランドが失墜した
a0313715_22353037.png

a0313715_14290984.pnga0313715_14303075.gif


 全くの想定の範囲外ではない、しかし、そこまで酷いことをするとは思っていなかった。
 伏線は近年の東京急行電鉄の有価証券報告書などに載る社の沿革の項に、東急の前身は目黒蒲田電鉄であるとの記述があることである。
 素人にもかなり有名なことであるが、その記述はいわば歴史修正主義というべきものであり、東急の前身は東京横浜電鉄である。五島慶太がその創業者である。現在の東横線がその直系の路線であり、その沿線にある東急百貨店と東急ストアも元の名は東横百貨店と東横ストアである。罷り間違っても田園都市百貨店や田園都市ストアではない。
 目黒蒲田電鉄は現在の目黒線、大井町線と田園都市線を敷いた企業であり、五島東急財閥ではなく澁澤栄一の澁澤財閥の系列の鉄道会社である。それが東京横浜電鉄と合併して現在に至る東京急行電鉄となった。
 故にもというか、何を支持しようと人の勝手ではあるが、私は東急といえば東横線を総本線と見做し、田園都市線も本線の一つではあるがあくまでも傍流のものと見做す。
 近年の東急はその社史を捻じ曲げて目蒲電鉄系が恰も主流であるかのように資本家に自己紹介をしている。

 もう一つ二つの伏線は東急電車の駅の駅名標の書体が従来のゴナ書体をモリサワ新ゴシック体に改めたこと――
a0313715_14313103.jpga0313715_14315443.jpeg

 そのモリサワ新ゴシック体は小田急、京王や東武なども2000年代に採用し、また鉄道においてだけではなく様々な所にやたらと用いられている書体である。モリサワ新ゴシック体はPCによるデザインに対応しているがゴナ書体は写真植字印刷のみとなっている事情はあるが、鉄道会社の総予算と比べれば駅名標や各種の表示板の書体の使用料の違いは寸分の違いでしかなく、写真植字で作ったら費用が高騰するなどとなることはあり得ない。費用の無意味な削減とそれを支えるグローバリズムの風潮に、当時の東急も乗った訳である。
 また、東急が従来は普通列車の表示を無表示としていたのが大井町線の溝の口への延伸の頃からかわり、「各停」の表示が行先表示にされるようになったことである。
a0313715_14250849.jpga0313715_14252864.jpg

 前世紀までは各停と略される各駅停車の名称は極一部の鉄道会社だけが用いるローカルルールに過ぎず、多くは普通と称するものであった。東急はそれらの間を取り、音声案内においては各駅停車と呼ぶが文字表示においては何も表示しないものとしていた。表示部に色が付いていると普通列車ではないと誤認されて来た列車に乗らずに次の普通列車を待つということが起こり易い。殊に青色は東急と小田急においては「各停」、即ち普通列車の表示色であるが相鉄と京王においては「快速」のものなので東急や小田急の普通列車が快速列車と思われてしまうことがある。普通列車または各駅停車は黒一色や白一色という通念があればそのようなことは起こらない。
a0313715_14452481.jpga0313715_14453457.jpg

 東急がかつては間を取っていた理由は隣の沿線地域を占める小田急が各停と称するからである。地下鉄日比谷線を通して直通する東武は普通と称することからもそれを標準とすべきものではあるが、近場の小田急沿線の利用客の便宜を音声案内においては優先した訳である。それが今は文字表示においても「各停」となり、東急は野蛮小田急と違わないものとなってしまっている。
 普通列車が各駅に停車するのは当たり前であり、そんな当たり前のことを逐一案内及び表示するのはテレビ朝日の『ワイド!スクランブル』の下らないコメンテーター水谷修のようなものである。

 関東随一で日本と世界においても有数の安心安全のブランドである東急/TOKYUが今世紀にはかなり剥げ落ちて来ていた、それが「想定の範囲内ではあるが、」ということである。
 他にも、列車の正面衝突事故が雪の日に起きたりと、その体たらくは時々見られている。

 この程に見る東急ブランドの失墜を示すものは駅などに掲示されるマナーの啓発のポスターとウェブサイトにおける動画である。

 他にも幾つかの編がある。
 先ずは上掲の一つ目の整列乗車編からして寒過ぎる。
 割り込みや譲り合いのなさを戒めることを一概に否定しはしない。東急の寒過ぎるのは『目指すゴールは空席ですか?』のコピーの無能さとそれを乗せる音楽の下品さである。
 座席を確保したくて割り込みをする人々のゴールが空席にあるのではないことは明らか、空席はゴールではなく中継点、即ちピットである。なので『目指すゴールは空席ですか?』と言っても何も彼等に訴える筈がない。――ゴールじゃないんだから。彼等だけのではなくそんなことをしない人々の反感をも買う。
 そこにはマナー啓発の広告をマナーの啓発を目的とするのではなく広告作りのための広告にしていることが明らか、税金対策であろうか?
 そして何かを騒ぎ立てるような音楽、無能なだけではなく人としての感性が最劣等人である。
 確かに、東急沿線には良識ある人々が首都圏では最も多いだけではなく最劣等人も意外に多い、東急は自社の顧客の低水準または劣悪な方に合わせてしまっている訳である。勿論、前世紀にはそんなことはなかった。

 整列乗車編の批判は見る限りでは弊ブログが初めてなようであるが、既に出ている批判は車内の化粧編であるという。
 それを報じているのは『スマダン』という情報サイト、他の近い話題には東京メトロの先日に批判の対象となった所謂パンティーが透けている広告についてのものがある。細かいことを言えば、パンティーとではなくショーツと呼んでほしいと思うが。
「車内化粧篇」の動画は主人公の女の子の「都会の女はみんなキレイだ」というナレーションからスタート。しかし車内で化粧をする女性たちが映されると「でも時々、みっともないんだ」というナレーションが流れ、女の子が「みっともな…」と吐き捨てる。その後、この広告シリーズではお決まりになっているらしいハイテンションな曲とダンスに合わせて「お出かけ前になぜできない?」;「みっともないないない~」という歌が流れだす。
ポスターにも同様に「都会の女はみんなキレイだ。でも時々、みっともないんだ」という文言が書かれており、これらの広告に対して女性たちからは「何で化粧だけ叩かれなきゃいけないの?」と批判の声が上がっている。

 弊ブログも列車内の化粧については望ましいとはいえないが擁護する、即ち必ずしも悪いとはいえないとの旨のことを語ったことがある。
 問題は今般に上がっている批判や弊ブログの論旨と違うことにあるのではなく――というか、それもそうではあるが、――、そのようなことをしない人々を誉めそやす意図に貫かれるものであることにある。要は忠告や警告ではなく「そんなことをしないこと」における自己満足を誘うことであり、化粧がしばしば自己満足の種であるのと比べてより自己満足的無意味なことである。化粧などの身繕いには自己満足は不可避のものであるが、マナーは寸分たりとも自己満足であってはならない。その手の「そんなことをしない人々の側」に立つ同じく列車内の化粧についてのマナー啓発はNHKがその番組においてしていたことがある。東急にもNHKにも公共心とその指導の責任の観念が恐ろしくない。マナー啓発とは指導であり嫌がらせではない筈である。

 また、各編に共通して現われる「上京したての女子」や「都会の女はみんなキレイだ」にも、品性のかけらもない下劣さが見て取れる。
a0313715_21292708.jpg 人が都会に集まることや移って来ることは悪いことではないが、少なくとも鉄道会社の主要の顧客は沿線住民とその訪問者である。なので広告などもそれら主要顧客を題材とすべきものなことは明らかである。自社の顧客となって間もない或いは初めての人々を題材とすることは品性の問題の前に先ずは極少数派である故に利益に結びつかないことであるし、品性においても殊にその広告は「上京したての女子」を蔑み、辱め或いは沿線の或る大学の学生等のように強姦するようなものである。
 寧ろ、その東急の広告のいう「でも時々、みっともないんだ」と思うような車内化粧の女のような人がちらほらと見受けられることが強姦や痴漢の抑止力となってさえいるかもしれない。但しそれはあくまでも直観に基づくものであり立証を要するものではある。古くよりある説では、犯したい願望とは整然たる秩序においてそれを毀したい欲望に基づくものであり、性欲とは無関係、よって整然さを構成しない車内化粧のような因子は犯したい願望を持つ者を自ずと斥けるものとなる。毀すものがなければ毀したいと思う筈がないからである。詰り、その排除に反することを啓発と称して勧める東急は民進党と同じく、強姦犯であり痴漢犯なのである。

 あの東急を相手としてさえ、反車内化粧などの啓発もどきの奇声に対してさように多くの批判が出ていることは或る意味においては喜ばしいことでもある。昨今の風潮を鑑みれば、仮にそれを国際興業バスがしていたら幾らかの批判が出ていたかもしれないが東急がしたら安倍政権に対する自民党のように無批判となっていたと考える処ではあるがそうはなっていない。そんな情けないことにならずに、弊ブログは少し安心してもいる。

 東急電鉄の公式サイトに拠るとその広告シリーズの次回作は2017年1月に公開の予定というが、無駄なのでやめるべし。『啓発をする必要もない程に良い環境の東急』を決め込めば必ずそうなる。他所と同じことをしようとするから、ブランド価値が下がって劣悪な客が増えるのである。
 また、その広告シリーズの発表をするPR文書のPDFを読むと、その場でゲロを吐いてマナー違反と咎められそうな程に気色悪い一文が記されている。主人公の女子がそれを通して成長してゆく様を描く、云々――単なる啓発に物語、ストーリーを求める感性が信じ難くキモヲタである。しかも、出来上がっている作品を見るとストーリーという程のものはなく、即ちある積りなのではあろうが見る側には全く理解不可能であり、アダルトビデオのストーリーと同じな訳である。踊りの場面はもち、本番の場面。
 逆に、その広告を非難するツイッターを見ると、その全てのツイートに賛成する程であり、東急には100%理がないし、全ての担当者に対しては譴責の処分とすべきである。繰り返し云うが、続編の公開は中止とせよ。そしてその件の謝罪文を全駅に掲示するべし。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-10-25 21:30 | 文明論 | Comments(0)
【Freesia料理・健康と美容 合併SP】・牛煮込 ・パスタを参考とする、『フィットネス』の思想
 今朝は【Freesia料理】と【Freesia健康と美容】の合併スペシャルとします。

 【Freesia料理】はそもそも、健康と美容を骨の髄まで実践することを旨とする料理を考案して紹介する弊ブログのシリーズ記事であり、『健康と美容』の要素が元々詰まっています。血管が詰まってはいません。
 【Freesia健康と美容】はそのような体の中身を実現することを踏まえ、その中身に相応しい演出、即ち見た目を考えてゆくものです。
 故に両者は両輪であり一体を志向するものなので今更に『合併SP』という必要もないかもしれませんが、取り分けその両輪一体を考えてみるのがこの記事です。

 既に日が傾きかけているのに「今朝は」と言うのは私が今朝に食べた料理がこの記事に紹介する牛煮込であるからです。更に言えば、その朝食は昨日の夕食の残りです。
 それと、平幹二朗氏が亡くなられたので何となく「今朝は」と言ってみたくなった――能く分からない話はおいておきましょう。

 先ずは牛煮込

 関西においては、牛肉を牛肉とは余り言わない。肉といえば牛肉のことであり、他を豚や鶏と言う。なのでこの牛煮込もその慣習に随うと単に煮込というべきかもしれないが肉のあるものだけが煮込ではないことから牛煮込と言う。
 尤も、その関西の慣習には幾らかの――或いはかなり――見栄があり、豚肉や鶏肉をしか食べられない経済状況の人も皆「肉といえば牛肉」と言う。私もそれが見栄でしかないような経済力ではあるが、それでも関東などの人々が「今日は牛(ぎゅう)だ!」というのを聞くと少し引いてしまうのである。では吉牛を「肉丼」と呼ぶのかというとそうではないが。

 近頃は永らく健康に不利といわれていた豚肉の健康効果が見直されて来ており、また、元々体に良いといわれている鶏肉の健康有利性に関するステータスが更に高まっているので牛肉を殊更に求める必要も薄いかもしれない。鶏肉は私も最もよく用いる肉である。焼鳥のお奨めは吉祥寺のいせやである。

 肉の推奨度が斯くも高まっている背景には若者の体力と運動能力の著しい低下の傾向がある。取り分け大阪府は橋下徹前知事が「勉強もできなくて体力もない」と懸念する程に深刻であるという。また、スーパーマーケットのマルエツには精肉の特売日には「おにく~!おにく~!!おにく~~~!!!――今日はお肉の日~!」とドラフト会議の司会者のような声で連呼する案内放送がある。
 肉と体力の関係については、やや複雑な原理がある。
 肉は体力、即ち機動力そのものをつけるものではない。機動力を発揮させる体そのものを形成するものである。尤も、図体だけが出来て機動力がないのでは良くないが、図体のない処に機動力だけを溜めることは尤意味がない。トヨタ クラウンマジェスタのエンジンをダイハツの軽自動車に搭載するようなものである。そもそも溜める器がない処に補充するので、流れ出してしまう。そこに流れ出すものとは主に穀物や野菜、殊に穀物である。野菜は摂取による積算量が多くはならないので器が小さくても流れ出すことは少ない。

 健康のためには肉を食べずに野菜を食べるのが良いと思う人が今時は多い。
 しかしその思想は健康というものを『ダイエット』の概念により考えるものである。
 ダイエットが必ずしも悪いものであるとはいわないが、ダイエットには一つ重要な欠落がある。それはダイエットは体の余分なものを単純に削ぎ落とす効果はあるが体の望ましいものを調える効果はないことである。
 能く出来ているダイエットの方法論にはその『体の望ましいものを調える効果』を担保するように、『控えながら排し過ぎない』ことを説くものが多い。その一つが肉と油である。または、後に語るパスタや穀物などの炭水化物である。
 弊ブログはその『体の望ましいものを調える効果』を主眼とし、ダイエットではなく『フィットネス』を説く。フィットネスと聞くと昔はやりのフィットネスクラブを想う人が多かろうが、それも一つの有効なものではあろうが、食べ物を通してのフィットネスをいう。フィットネス、the fitnessの原義は『求められる状態や目的に適う質』を調えることである。そこには幾らかの自己満足を保証するような『なりたい体』というようなものを実現することも含まれるが主としては日常の行動や自然との調和を実現することである。

 ――そのために要るものが肉である。削ぎ落とすだけではなく調えることが必要である。逆に、調えることが削げ落ちることにつながりもする。
 削げ落ちるべきものが削げ落ちるためには、確保するべきものが確保されなくてはならない。そうでなければ、削げ落ちるべきものは削げ落ちることを渋って体に留まる。無駄なものがその空しい生き残りのための総力戦をし始めるのである。
 よって先ずは太ることを懼れずに肉や大豆を増量して食べなくてはならない。痩せるなどのことはそこから先の話である。誰かが昔に同じようなことを説いていたが、弊ブログは尿を飲めとは云わない。

●揃えるもの

牛ブロック肉  厚切り027.gifで4~5枚
大根  厚切り027.gifで2~3枚
竹輪  2本
長葱  厚切り027.gifで適量
煮干し  4~5尾
白みそ  適量  推奨は:AEON TOPVALU 米こしみそ
味醂  適量、甘味が明確につく程
胡麻油  適量
薄口醤油  少量  推奨は:マルキンしょうゆ うすくち
片栗粉  適量

●作り方

 白みそ、味醂、胡麻油、薄口醤油と片栗粉を混ぜ合わせる。水は加えない。
 煮干しのだしを鍋①で取る。
 牛ブロック肉と大根を長めの時間を掛けて鍋②の薄い塩水で煮ておく。但しブロック肉は何歩時間を掛けても柔らかくはならないので血が少し残る程になるまででよい。
 鍋②に出た牛肉のだし汁は灰汁をなるべく避けながら鍋①に移す。また、煮えたブロック肉と大根も鍋①に移す。
 先の混ぜ合わせを鍋①に入れて更に煮込める。適当な時に、竹輪と長葱を入れる。

 出来上がり

 牛肉の煮込というと、牛筋肉や角煮用の牛肉が想い浮かぶ人が多いかと思うが、この牛煮込においては『量感』を重視してブロック肉とする。質についてはその計算が少なくとも素人には不可能なので、先ずは量が質を保証することを期待して分厚いブロック肉を選ぶ。
 また、「牛が柔らかくて美味しい~♡」みたいに、柔らかくすることは考えない――結果として柔らかくなればそれも良いが電気代も掛かるし、多分ならない。――。硬めのブロック肉の煮込を丁寧に噛み砕きながら食べましょう。寧ろその歯応えにほのかに感ずる柔らかさが貴方の肌の柔らかさにつながる。または、それが噛み砕かれた弁舌や解説にもつながる、下らないコメンテーターさん達、聞いてますか?柔らかい肉を食べるだけでは柔らかい肌の女を囲うだけなのと同じである、そんなのも活用してよいとは思うが。
 そこで牛肉の旨味を湯のだしと共に口で搾り取る、即ち牛を搾取する。
 柔らかさはその代わりに、竹輪で味わう。
 肉の油に胡麻油――、更には先日の残りのさんまの油――、それが消化を助ける。油論は、それもまたいつもの【Freesia料理】にある通りであるが、油をいつの間にか摂っているのではなく能動的に摂ることによりその長期的制御が可能となるとここに付け加える。『油分ひかえめ』が健康のためというのは全くの誤りである。こってりと行きましょう。

 私はそれを昨晩と今朝に食べたが、正に夕食にも朝食にも良い。大根の煮る時間を節約したい人は、大根を朝に残しておくと一晩の間に柔らかくなっている。

■パスタを参考とする、『フィットネス』の思想

 先に述べたように、肉や大豆、木の実による体の『器』のない処に穀物や野菜を充填してもそれは流れ出すだけとなる。
 なまぐさはどうしても好かないという人は大豆物を多く食べましょう。私も多くはそうである。
 例えばサラダには、みそ汁や参鶏湯を付ける。それが「お身を付け」となるのである。

 野菜と共に、主食とはいいながら実は『主』ではないのが穀物である。
 食べても良いけれど、本当は副食である。否、デザートといってもよい。
 なので今朝の牛煮込と共にする米の飯は逆に、いつものみそ汁に使う小さな椀に盛って食べた、牛煮込は大椀。
 新嘗祭や大嘗祭は米などの穀物のそのような複雑な事情、聞こえの悪い言葉で言えば嫌らしさを宥めるための祭であり、それが本質として『主』であるからではない。TPPの議論も本当に嫌らしいし。

 その嫌らしさは世界一薄い麻薬ともいわれる炭水化物の故である。
 米やパンなどの穀物は炭水化物が主成分なので場合によっては害となる危険が他の栄養素と比べ大きい。日本人は麻薬中毒なので今訪日しているあの大統領に注意すべし。
 『白い米と肉のスープ』の力点も先の牛煮込のような『肉のスープ』にある。"white rices and meat soups"ではなく"meat soups with white rices"がその正しい解釈である。

 パスタもまた炭水化物を主成分とするものであるが、穀物と比べるとその含有率が格段に少ない。
 例外的にその含有率の少ない穀物は玄米であり、私も新社会人の頃には玄米をよく食べていた。私の三十年来に応援している西武ライオンズの広岡達朗元監督が玄米を常食とすることを当時の選手等に奨めていたことを念頭においてのことである。今は白米と押麦である。玄米のその含有率は八分の五チップスではないが、白米の八分の五である。
 パスタはその玄米の更に八割、白米の半分以下なのであの大統領に殺される虞もない。

 何しろ、私は大のパスタ好きである。これまでの【Freesia料理】にも幾つかのパスタを紹介する記事がある。
 肉不足や大豆不足により食べたものが流れ出す虞の低いのがパスタである。
 また、炭水化物がかように少ないことにより、逆にそれが不足した場合の補充にも用い易い。多ければ補充というべきものにはならない。

 同じくパスタが省炭水化物で体に良いことを説くサイト『東京バーゲンマニア』の記事には大筋では正論でありながら若干の誤りがある。それはこの記事の先述の「ダイエットだけではいけない」と「こってりと行きましょう。」には真向に反し、「とはいえ、ソースがクリームやバターを大量に使ったこってり系では意味がありません。野菜をたくさん使ったり、スープパスタや和風パスタにしてみたり、ちょっとした工夫をすれば、おいしく無理なくダイエットができますね。」とカレーの福神漬のように締めていることである。
 『野菜を』、『スープ-』や『和風-』、根も葉もないデマが三拍子揃う。スープに関しては弊ブログの先述のように事実上の主食といえはするが、そこに云う『スープ-』はそのような認識によるものではなかろう。野菜も先ずは体の器が出来て調っていることが前提の補充物であり、それが体を支えるものとなる訳ではない。補充物が足りないということよりも、先ず以ては器が罅(ひび)割れていたり変形していたりする人が多いのが今時である。それがかなり出来ていると思しい私も念には念を入れて体の器の再整備、即ち『食べるだけでフィットネス』に着手しているのである。

 序に、前にも幾度か言及しているが、パスタを食べる際にスプーンを使うことはマナー違反である。パスタはフォークだけで食べるものである。パスタが良いと聞いて勢い余ってスプーンを用意したりしないようにして下さい。パスタをスプーンの上で巻いている貴方、その姿は見苦しいと皆が思っています。恨まれると面倒臭いので誰も咎めないだけです。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-10-25 18:12 | 生活 | Comments(0)



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党(水月会)と民主党(民社協会)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【Freesia料理】spa..
at 2017-04-26 18:23
【追悼】渡部昇一 上智大学名..
at 2017-04-18 17:34
【コラム 葉がつく】生涯の重..
at 2017-04-12 20:21
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:11
【2017衆議院総選挙?】政..
at 2017-04-12 17:10
【アメリカのシリア空爆】一石..
at 2017-04-08 18:52
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-04-04 23:11
【英語訳】槇原敬之 どんなときも
at 2017-04-01 19:15
【考察日本語】『吉澤準特【3..
at 2017-03-29 19:34
【書を読む】橘玲 言ってはい..
at 2017-03-25 19:39
【英語訳】社説 朝日新聞 2..
at 2017-03-25 17:16
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-03-22 19:13
新聞の言葉は「脳に良い」のか..
at 2017-03-22 17:13
【Freesia料理】ロース..
at 2017-03-18 17:31
東急2020系 2018年春..
at 2017-03-18 13:41
北朝鮮大使 persona..
at 2017-03-07 20:09
北朝鮮大使 persona ..
at 2017-03-07 17:22
【考察日本語】「ブーメランを..
at 2017-03-01 16:21
教育勅語を読む
at 2017-02-26 18:01
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング