明日の朝刊を予想 【読売】
 島根県や京都府などの地域において暴風雨による浸水被害を齎した9月の台風のように現れては鎮まる、10月の報道はそんな様となりそうである。

 消費税の2014年度の8%への増税を巡り突然に現れたのは讀賣新聞の社説である。
 8%への増税を取り止め、2015年度の10%への増税に一本化せよ、軽減税率を導入して新聞もその対象とせよと。
 然しそれは台風のように鎮まりそうである。10月1日に政府においては2014年度に8%、2015年度に10%への消費税の増税を閣議決定として安倍総理はその旨を発表した。
 如何なる内容においてであれ消費増税への反対の途はそこに完全に断たれた。凄まじい気圧の変化が感じ取られる。
 それでも渦々と残るのは軽減税率であろう。然しそのようなものを反対派は求めてはいないであろう。軽減税率を求めるとは即ち消費増税を是認することであり、消費増税に反対ならば軽減税率などの追加の政策は出よう筈もない。
 
 讀賣新聞は恐らくこのように社説を記すであろう――財政再建への途として消費増税を決断した安倍総理を高く評価する。然し財政再建と同時に推し進めなくてはならないもう一つの大きな課題は景気の回復と経済の再生である。そのためには猶も懸念が残る生活者への一層の配慮が必要である。軽減税率を一として明日への安心を促す取り組みを強めてもらいたい。

 いつの間にか公明党のようである。
 全か無かの内の『無』を求める向きをそこに完全に遮断してしまい、消費税+そのバリエーションの世界に国民を引き込もうと言うのである。
 なくなった選択肢がないのは当然ではある。然しバリエーションにおいてしか語られない論議とは現実味がない。そうではなく、決まったことしか認めない、そのようなデジタルな対応が求められるのではないか?


政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-10-01 20:23 | 政治、社会 | Comments(0)
うら悲しさと安心と――堺維新、藤村そして菅
 21世紀の政治を見ているとしばしば幾つかの出来事が予め日程を合わせて行われているかのように見えることがある。
 最もそれらしいのは福田康夫総理の就任の後364日にての辞任である。
 日本においてだけではなく国際政治や外国の国内政治においてさえも『日程合わせ』と思しい出来事は細々とある。
 2013年10月1日の報道を飾った出来事は堺市長選挙における現職の竹山修身市長(自民、共産)の当選による日本・大阪維新の会の危機(選挙と初報は9月30日)、民主党の藤村修前官房長官の引退と菅直人総理の御遍路(四国88か所霊場巡り)の踏破である。更に付加価値となるのは政府における消費税の増税の閣議決定であり、予定の通りに2014年4月の8%への増税が決まった。

 予定通りだ!予定通りだ!

 予定通りに維新は堺市長選挙に敗れ、予定通りに藤村氏は引退し、予定通りに菅総理は御遍路を成し遂げ、予定通りに消費税は増税される。

 「達成感と終わってしまう寂しさ」とは菅総理の感想である。
 私は消費増税の決定を除くそれらの3つにうら悲しさと安心を感じる。
 維新の敗北はどちらかと言えばこの際には望んでいた。長期的には発展されたいが目先の幾つかの選挙は敗けても構わないし、本当に『大阪都構想』が実現してほしい訳ではない。それらを勘案するとこの度の敗北には維新の当局には気の毒ながら安心した。今までの歩みは評価する。今日から引き続き公務である。それだけである。

 藤村氏の引退はそのこれからの可能性を勘案すると官房長官より大きな任務には期待し得ない。野田政権において藤村、玄葉と輿石の三人は私にとっては心の支えであった。
 藤村氏だけではなく日本は総理には恵まれなくても官房長官には恵まれている。内閣官房長官は実質的には政府の長である。小泉政権には福田官房長官が、安倍政権には塩崎恭久と菅義偉官房長官が、菅政権には仙石由人官房長官が就き、何れも総理ベースにおける政治の混乱を抑止していた。麻生政権の河村建夫官房長官と鳩山政権の平野博文官房長官についてはよく分からないが多分良かったのであろう。
 総理になりたい人などはそんなものと言えばそれまでであるかも知れない。直接に支持率を取られて毀誉褒貶に晒される、堅実な総理などいる筈はないと。然し私は日本には地味で堅実な総理が是非とも必要であると思っている。それ故にも藤村官房長官は日本の最高権力者と見做す存在であった。
 その政治の経歴は細川政権の成立より20年、『失われた(とされる)二十年』と共にあった。

 菅総理の御遍路の踏破は2004年より88箇所を巡り、足掛け10年となる。
 常に同じ格好をしてするからではあるが、巡り始めた10年前の光景に戻ったように感じる。『諸行無常』処か何も移ろい往かない十年に改めて気付かされるうら悲しさと十年前がここにある安心感に何を評すれば良いのか分からないでいる。

 そして菅総理の公約である『消費税10%』は予定通りに実現するのであろう。
 そう思えるかは分からないが、菅総理がその選挙において敗けてもその公約が実現することとなったように維新もまたこの選挙において敗けても何かを実現する政党になられたい。


政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-10-01 19:10 | 政治、社会 | Comments(0)
【芸術の秋 芸術的切り抜き】 進歩? 公務員の乱れ?
a0313715_1793456.png

2013年9月28日の毎日新聞です。進んでます。


政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-28 17:10 | 政治、社会 | Comments(0)
構造改革特区構想 政権の内に横槍
 さて、本分である安倍政権への批判に戻る(↓前の記事を参照)。

 田村厚生労働大臣は一定の条件を満たす企業の解雇の要件を緩和するなどの規定される構造改革特区(新聞などにおいては『解雇特区』と呼ばれている。)の構想について「憲法が保障する労働者の権利(人権)が特区の内と外において異なるのは果たして認め得るのか」と27日に閣議の後の会見において述べ、特区の構想に慎重な見方を示した。
 安倍政権を批判する権利もまた内閣の内と外においては異なるのかは常識にて判断されたい。

 その構想においては労働契約法や労働基準法の適用の要件を特区の内においては緩和するようになっている。特区の内においては取り分け従業員の解雇が容易となることに関してこの処にメディアの批判がある。

 田村氏はそこに憲法の重視を強く打ち出しているが、それを結果的に憲法の改正への世論誘導とも見做し得る。現行の憲法がそれを認めないのであれば改正するより外はないとの論理となる。逆に、否、少しも憲法の上には問題はないでしょうとなるならば憲法の改正はない。大抵の問題においては私は後者のようなええ加減主義を取り推奨するが、果たしてこの問題においては如何なのであろうか?

 憲法の適用が国の内において異なる場合があると少なくとも前提とするとは即ちそこには別の主権が存在すると謂うことである。大雑把に言うと、『そこは日本国ではない』。
 その概念に基づいてあるのは香港である。香港は中国における『一国二制度』により成り立つが、それを純理論的に解釈すると『一つの中国の内に香港と言う特別の地域がある』のではなく『別の国家である香港をより大きな国家主権を有する中国に従属させている』のである。即ち香港は中国の植民地である。
 そのような加工処理が出来たのは香港は元はイギリスの植民地であったからであり、その従属元をイギリスから中国に替えただけである。

 そのようでなければ憲法の適用を異ならせることは認められないのである。よって構造改革特区はそれが合法性を持つためには憲法に準じる法律の制定によりその特区には日本国の主権は完全には及ばず、尚且つその特区の主権は日本国の主権に従属する旨を規定しなくてはならない。
 その原則を厳密に追求すると、例えば免税地域はその存在をそのように憲法に規定されなくてはならない。そうでないと課税の公平の原則と財産権の保障に反するからである。
 それらは主権の分割を可能とする見地からも不可能とする見地からも理解し得るであろう。理解し得ないとすればそれは単に現実にそのような経験がないからである。

 改正への世論誘導ではなくても憲法の問題はその構想においては避けては通れないのである。

 その他にも、構造改革特区の構想は囲い込みにより経済の実体を不自然とし、また在日外国人の特権を強めることとなるので断固反対である。
 田村氏は政権がその構想を断念するに際して面子を失わないようにリスク・コントロールを図る役割を取るべきではないか?


■枝野幸男 民主党憲法総合調査会長

 表現の自由をめぐる現行憲法と自民党草案について、もし裁判官が同じと理解して判決を書いたら「アホか」と言われる。同じではない。オウム真理教事件を憲法のせいにしたがるが、(事件は)法の運営と行政の問題だ。役所というのは、いろんなところからたたかれそうになると抑制的になる側面があり、憲法上の問題じゃないのに憲法のせいにしてオウムに手を出すのが遅れたと言う。憲法の条文を変えても何も変わらないし、むしろマイナスしかない。
<仙台市内の討論会で>



政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-28 16:06 | 政治、社会 | Comments(0)
今年初めての国益――シェールガスの輸入の促進
a0313715_15213713.jpg 安倍政権がその発足より以来に初めて国益に寄与した。273日目となるその日が早いのか遅いのかは分からない。

 24日に行われた日加首脳会談において安倍総理とカナダのハーパー首相は現在にカナダにおいて開発が進んでいるシェールガスの日本への輸入への取り組みを進めることを合意した。
 その会談においては併せて国際連合平和維持活動(PKO)や災害などにおける現場における物資の融通に関する協定の締結に合意した。

 シェールガスによるエネルギー供給を導入するとエネルギー費用の大幅の低減が見込まれ、電気料金の据え置き或いは値下げを実現し得ると言う。アメリカによる液化天然ガス(LNG)の輸入に対するブロック効果もあり、より優越性(superiority)のあるエネルギー資源となる。

 そのような国益外交に水を差す積りは全くない。全く以て宜しいと言う外はない。
 寧ろ、安倍政権を支持する向きの程にその外交の成果を過小評価し、それを飽くまでも民間の要求に応えて儀礼的会談を行ってきただけであろうと見るのではないか? 然もその相手はG8の末席を財政破綻国と争う中堅国家に過ぎないと。

 若しそのように見るならば日本は世界の主体的立場には立たずに超大国に寄り添って国益を確保するだけの国となるべきであろうと思っていることとなる。
 日本とカナダは何れがより上であるかを争いたいのではない。主体的外交とはカナダなどのような中堅国家と確かな関係を作り維持し得る外交と国際政策を謂うのである。
 カナダもまた安全保障や情報などにおいてアメリカへの依存が強い国であるが、そこに言う『依存』とは量的依存であり、アメリカから送られるものをカナダの需要に応じて読み直し血肉とする力がある。日本も従来に何程かにはそのようにアメリカから送られるものを血肉としてきたが現在にはかなり消化不良や使い捨て、過剰在庫が多くなっているのではないか? "MADE IN USA"は"MADE IN USO"と見分けが付き難くなっている。

 民間の要求に応えているだけとの見方も浅いであろう。確かに、利益政治にばかり明け暮れてはならないが、貿易には凡そ必ず政府の関与が要る。雑多の民間の要求を調整しなくては具体的な外交行動を取ることはできない。その調整には公共の観点がなくてはならない。
 そのような取り組みを安倍政権は初めてしている。若しシェールガスの貿易と普及の体制が確立されれば安倍政権はその他の全てを反故にしても価値のある政権であったこととなる。日本の歴代内閣に無効な内閣(正統性のない政権)があってはならないのでそればかりは倒閣のために妨げたくはない。

 産業と経済だけに留まらず、カナダは真のナショナリズム(国民主義)の伝統が生きる国として学ぶべきものは多い。安倍総理はそれが頼まれて行って来ただけであれども貴重な経験として大切にされたい。
 また、その会談の際に着ていたグレーのスーツは安倍総理に最も似合う。黒や紺は聊かどぎつい印象となるのでこれからはグレーを推奨したい。

<写真:朝日新聞>



政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-28 15:14 | 政治、社会 | Comments(0)
久々に幽体離脱を
 先日に私は久々に幽体離脱となりました。
 なんでやろとその度に思うのですが、それに先立って幾つかのいつもとは違うことがあったのでそれらを手掛かりに幽体離脱の原因について考察してみます。

●いつもとは違うこと

 ―歯科に通い始め、その日には一度目の歯の治療をした。
  ・病院に向かう時に「ここで亡くなる人がいるのか」と思いを巡らす。その病院は隣の市の山の中にある。
  ・麻酔を打つ。
  ・歯に切削機が入る。
  ・ポケモンのような閃光の出る器具が使われる。その間は眼を閉じよと命じられてそうする。一度位だけ薄目を開けてそれを見てみる。
  ・暫くの間は物を口に入れないようにせよと命じられてそうする。
  ・治って感動する。
  ・帰り道を歩く感覚がそれまでとは変わる。今日に二度目に行く際には背骨の違和感が取れて身体が真っ直ぐになったような感じとなる。

 ―脳科学者の茂木健一郎の深夜番組を観た。人の認識能力が如何に弱いかを幾つかの実験を通して語っていた。

 さて、それらが幽体離脱に関係しているのかは分かりません。
 然しそれらを勘案しながら考えてみるとある一つの観点が浮かび上がりました。

   ――所謂記憶装置である脳にはもう一つ(或いはそれより多い)の、スペアがある。

 二つあって各々に働きが違うのは右脳と左脳ですが、それとは別に、同じ記憶装置が一つの脳には二つ或いはそれより多く備わっている。
 眠ってから、それまでに作動していたメーン・パートが休止となって稀にその間にサブ・パート(或いはメーン・パートのコピーとも呼べる。)が作動し始める場合がある。
 するとそれらに従って働く眼はメーン・パートの作用により見える像とサブ・パートの作用により見える像の二つが同時に存在し、休止しているメーンの像は見えずに作動し始めたサブの像だけが明瞭に見え、メーンの像はその時に微かに目覚めて少しだけ見える。
 それらの像は横になって寝ている場合には上下にずれて成り立つのでそれらの内の上に見えている像は下の像を見下ろすように離れた位置に見える。

 そこに、何故脳のサブ・パートが作動し始めるのか?――それはメーン・パートが通常の身体の作用を維持し難い程に何等かの限界に達しているからである。
 或いは、歯に打たれた麻酔が身体の他の所へ回って身体の作用を鈍らせているからかも知れない。或いは閃光を見るなと言われているのに見たのでそれが脳の二つの視覚を切り替えさせたのかも知れない。或いは単にいつもとは違うことをするだけにより脳の作用が切り替わっているのかも知れない。

 また、この度に特徴的であったのは幽体離脱が起こっている時に然して苦しくないのにいつもとは違う声で以て「苦しいよー。苦しいよー。」と言っているのである。
 その時に『上の自分』は全く苦しくなく、『下の自分』も然して苦しいとの程ではないが急に意識が身体から引っ張られるように離れて行くような感じに恐れをなしているのを感じた。「苦しいよー。」とは『下の自分』が言っていたのは明らかである。

 それから何日かが経って背骨の違和感が直ったのもまた『脳のMAIN/SUBの切り替わり』が影響してのものではないかと思われる。
 即ち、純然たる生理現象であり、死後の世界などとは関係がない。


生活・文化(全般) ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-26 19:44 | 生活 | Comments(0)



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2018-01-17 02:29
【Freesia料理】冬の一..
at 2018-01-09 18:34
【追悼】星野仙一 元プロ野球..
at 2018-01-09 15:09
エルサレムが首都になって1か..
at 2018-01-03 18:43
【2018年 年頭の論説】国..
at 2018-01-01 00:34
今年一年だけではなく半世紀を..
at 2017-12-28 03:03
今年の漢字一字 choisi..
at 2017-12-26 16:51
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-26 15:11
【考察日本語】言い換えるべき..
at 2017-12-20 01:18
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-14 04:28
【追悼】辰濃和男 元朝日新聞..
at 2017-12-13 23:31
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-12 22:48
【書を読む】古谷経衡 「道徳..
at 2017-12-12 17:36
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-06 23:22
【変な言葉】「肉厚ジューシー..
at 2017-12-06 02:12
【書を読む】 ニュースでわか..
at 2017-12-05 23:49
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-12-05 18:58
【Freesia料理】キャベ..
at 2017-11-30 17:22
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-29 02:44
自民山本幸三氏の「あんな黒い..
at 2017-11-28 17:26
最新のコメント
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング