早速出た
 「もう平気だ」とばかりに早速に出た3200㏃/ℓ――福島第一原子力発電所の放射能汚染水の貯蔵タンクの近くの地下水より検出されたとの号外が9日の20時頃に出た。

 この処に出続けているのでその流出も一連の現象である。東京オリンピックの当選によって気が緩んだわけではないが『喉元を過ぎれば暑さを忘れる』の処か、墨が付けば何処に吹く風かと汚染水が嗤っているかのようである。

 物にはそれを扱う人(々)の心が乗り移る。大切に扱われれば物は慎ましく存在し、粗末に扱われれば物も傲慢となる。
 それは単に物理的に考えるだけでも明らかであり、異常な負荷を掛けると物は異常な作用を起こす。
 我々は原子力を大切に扱いまたはそうなるように合意の形成を図っていたのか? そうであったならば私は原子力発電が必ずしも廃止されなければならないとは思わないがそうではないようであるので大きく減らさなくてはならないと思う。
 或いは政治的見地から見れば違う見方もあろう。政治はあらゆる観点を瞬時に勘案して決断をしなければならない(少なくとも理想はそうである。)。国民が原子力を大切にしているかどうかの観点はその一つに過ぎない。

 使用済みのオリンピック施設が気安く取り壊されたり野晒とされたりとなる惧れは確かに東京にはない。然しそれは熱心に取り組むものへの偏愛でしかないかも知れない。他方には粗末に垂れ流されているものも沢山ある。

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-09 20:52 | 政治、社会 | Comments(0)
民主党の憲法9条の改正素案 急造品の感じが否めない
 先日に民主党の組織改革の一環として発足した憲法総合調査会(枝野幸男会長)は日本国憲法第9条の改正の場合の素案を示した。

 今の処は民主党においては憲法を改正するべきであるか否かは決定的な党議とはなっておらず、この程の案は憲法を改正するとした場合におけるその内容の指針ではある。よってそれがその侭に本番の改正案となる訳ではなくこれから更に内容の発展や詰めが望まれよう。

 私は先日に判例が付いている六法全書を購入した。岩波書店の刊行となるものであるが、例によって初めに載っている日本国憲法の条文とその判例に早速に目を通してみた。
 無論判例は裁判所の判決によるものであり、その六法全書の刊行元が作ったものではないが、憲法を巡る裁判の判決が結構ええ加減であり疑わしいものであるのはよくあるようである。殊にその妥当性が問われるのは『通念』についてである。判決が「社会通念に鑑みても原告/被告の係る言い分は適切であると見做せる」、などなどと言っているのが果たして本当に社会通念となっているのか、若しそれが本当であれば原告或いは被告が裁判において示した『社会通念』の論拠または証拠にも言及しないと、判決文を読むだけでは誤解が生じないか?

 この程の枝野氏以下の民主党が示した素案は憲法の改正の論議が一般において興ったこの二十年来に語られている『憲法改正の通念』に乗っかっているだけのような感じが否めない。今、読売憲法改正草案の頃には幼児であった前田敦子が『のっけるふりかけ』のCMに出て飯を食っている。民主党の素案も自民党の飯にのっけられるふりかけに留まらないように憲法の理解と制定の実践を根底から考えなくてはならなかろう。

 その『憲法改正の通念』とは 「急迫不正」、「必要最小限の範囲内で」、「国際法規に基づき」、「重大かつ明白な」、「最高指揮官」、「緊急を要する場合」、「明確な意思決定」、「普遍的国際機関」 などのあやふやな現代用語がそこにも鏤め(ちりばめ)られていることにも見て取れる。それらのような言葉は自主憲法の制定を改正派は如何に真剣に考えてはいないかを浮き彫りとする。仮に現憲法が焼け野原の空論或いは山河の空論であるにしても改正派の論議は机上の空論なのである。『国家を設計する』ような発想から少しも出てはいない。

 そして何より重要なのは条文作りよりも国民へ理解を求めるための語り掛けと語り合いである。新聞に発表をして事を足らせている自民党の憲法論議とはそのように一線を画すべきである。

 但し、集団的自衛権の範囲について、それを政権が決めることができるのではなく予め憲法により定めておくとの発想は良いのではないか。現行の規定においては集団的自衛権は無制限に認められるのが原則となっている。その原則に臨時の制限を設けているのが内閣法制局の解釈である。現下に検討されているその解釈の廃止は本来の原則に戻る意味を持つ。然しながら、本当に原則の通りで充分なのかとの疑問は絶えず、そのためには憲法のそのものを改正して制限の規定を明らかとする必要がある。実際にどんなものとなるかは分からないが何であれ制限は許されるとのような規定であってはならない。国際法の見地においては無制限が原則であるが日本国としてはその全ては享受しないとの構えが重要である。

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-09 15:13 | 政治、社会 | Comments(0)
芸術の秋 芸術的切り抜き【『ウォッカを酌み交わす仲』編】
a0313715_156753.png


 2013年9月9日の朝日新聞デジタルです。

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-09 15:07 | 政治、社会 | Comments(0)
目覚めれば東京――オリンピック当選
 昨日日曜日の朝、目が覚めてテレビを点けるとテレビ朝日のオリンピックの投票の特別番組が放送されていた。
 悪い予感は当たるものである……投票日が迫る8月の末より9月の上旬に掛けてテレビの各局は福島の原電汚染水の問題による東京のオリンピックの選出が危ぶまれるとの報道がなされており、一般の予想においても選出の可能性の予想は急速にマドリードやイスタンブールにより迫られて東京の落選の可能性がかなり高まっているとされていた。取り分けテレビ朝日の報道ステーションは東京への応援を控える慎重さを以てしていた。
 然しそれが却って東京を有利としてしまうのではないかと私は危惧していた。先ず以て汚染水の問題は問題となるのが遅すぎる。それまでに有利となっていたのが竟一旬のネガティブキャンペーンにより覆るとは思えない。そのネガティブキャンペーンの主は英国のジャーナリズム筋であり、如何に英米のジャーナリズムや政治的活動の力が劣ってきているかをそこにも感じ取った。時宜の遅さの問題だけではなく『懸念される』や『危惧される』と言う程の批判に依っては結果を動かせない。初めから東京を落選させる目的を明確として長期に亘り『当選させてはならない』との主旨により批判し続けなければ意味がない。何しろそれを報道する日本のメディアが大抵はその主旨の通りに批判し続ける訳はないからである。昨年のアメリカの大統領選挙において共和党の陣営が失敗したのもそのような『直前の追い込み』だけにより状況を動かそうとしていたからである。
 それだけではなく、汚染水の問題のそのものも東京におけるオリンピックの開催の妨げとはならないのもその理由である。その点には日本オリンピック委員会(JOC)の竹田理事長の見解は正しい。放射能が来るから問題なのではなく東京の存在が放射能である。
 如何に東京が伝統のあるオリンピックの開催地として不適切であるかがキャンペーンされ論議されなければならなかった。
 因みに朝日新聞は公式ツイッターの速報において「東京落選しました」と打ち、数分の後に訂正を打ったと言う。落選(などの反対や失敗などの結果)を願っているか予想していると何等かの曖昧な状況には予断が判断を急がせて早とちりをし易い。当選(などの賛成や成功などの結果)であるならば動揺が起こっても予断(即ち上手い話)はないので早とちりをしない。その朝日の記者は念じているだけではなくややその立場に外れても落選への働き掛けをなすべきであった。どうも近頃の朝日は左翼と間違われるのを恐れてか『念じるだけ』が目立つようになっている。ローマの大衆の如く唯星に願いを手向ける様は昨今の悪い保守化を物語るようである。或いはそれは高校野球の影響か?

 投票結果の発表の時は暗澹たる思いである。後は開催までの7年の間に東京オリンピックへの国民の関心が薄れるのを願うばかりである(無論私はオリンピックのそのものを好まないのではない。)。

 曾てプロ野球にベンジャミン・オグリビー(近鉄バファローズ)と言う選手がいた。短距離走者のベン・ジョンソンと同じ名を持つオグリビー氏は本塁打を打った時には決してガッツポーズをしないことが野球ファンに知られていた。その理由は自らに打たれた投手や相手方の選手に失礼であるからとのことである。
 最高度のスポーツマンシップであり、普通は斯様までをも求められる訳ではない。とはいえ、その精神はあらゆるスポーツ選手にまた勝ち負けのあるあらゆる局面に求められよう。
 然しどうか。東京の当選が決まった猪瀬・安倍の御一行はその場に立ち上がってガッツポーズ(と同じようなこと)を取るのを憚らなかった。――マドリードが最下位に終わりイスタンブールが2位に残ったのは猪瀬東京都知事が「戦争ばかりしている」と貶めたイスタンブールをその侭に最下位に終わらせないようにする配慮があったからであるかも知れないにも拘らずである。そして後は「おやりになりたければどうぞ」とばかりに東京への投票である。
 政治家や事務方だけではなく、スポーツマンシップの当事者である選手等もまたそうであった。取り分け昨年のロンドンオリンピックにおいてはメダルを噛んだりCMに出演したりと下劣な行動が目に余った。
 曾て落合信彦が『ugly Japanese(醜い日本人)』と語った時代よりも尚現在の日本は醜くなっている。寧ろその当時にはそれ程とは思っていなかったが。

 テレビ朝日の特別番組の司会を務めた川平慈英もまた酷い。川平がテレビマンとしてデビューしたのは丁度落合信彦の日本における全盛期である。その頃はニュースステーションのスポーツコーナーのパーソナリティーであったが、斬新な時代の雰囲気を作り出しており私も然程に川平氏を悪いとは思っていなかった。
 処がこの程の特番には、舞台のど真ん中に立って放送時間の半分以上はオーバーアクションによる東京の応援が占める程にスポーツマンシップとは掛け離れる所作となっていた。またゲストの松木安太郎は東京の選出が決まるやカメラに尻を向けて立ち上がり他のゲスト出演者とのハイタッチに興じていた。
 ブエノスアイレスの投票会場と東京のテレビスタジオ――その何れにも他者と謂うものがない。

 それから凡そ2~3時間、フジテレビの『新報道2001』に出演しているのは前東京都知事の石原慎太郎氏である。
 石原氏は東京オリンピックに賛成の立場であるが、ほぼ唯一共感し得る語りはそこにも聞かれた。
 シナの選手団をどうしろのような話ではない。高円宮妃殿下による招致活動への参加への宮内庁の対応についての批判である。何しろ小澤一郎氏(当時は民主党の幹事長)も宮内庁に妨害されて政権への信用が下がってしまった。自らの嫌う小澤氏を念頭に置いてはいないかも知れないが、確かに近年の宮内庁にはマイクを向けられれば浅墓なコメントを垂れるような自らの立場への認識のなさがしばしば見受けられる。
 石原氏は東京都知事として2016年のオリンピックの東京への招致活動をしていたが、落選となったコペンハーゲンの投票会場より日本へ帰る飛行機の中で涙を流していたと言う。
 悪いことではないが、泣くとは即ち負けると思っているからである。自らの予想の通りに負けると人は痛ましさを感じて泣く。何故に負けるのか、それは石原氏が如何に考えていたのかは分からない。或いは本音には東京オリンピックに賛成していたのではなく東京都知事の立場として必然に支持の任務を負っていたのかも知れない。何しろ石原氏は元々は東京の人ではなく湘南の人であったり小樽の人であったりしていた。詰りは日本におけるオリンピックを「目の黒い内に見たい」のであり、偶々自らが東京都知事となっていた折にその鉢が東京に来たに過ぎない。
 当選の朝の石原氏には笑顔はなかった。兎に角疲れた……それが本当に物事の立ち上げに与る者の感慨なのである。私が東京オリンピックに決して賛成し得ないのも(石原氏が実際にそう思っているのかは兎も角)アルベール・カミュの語るそのような不条理の故である。

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-09 14:19 | 政治、社会 | Comments(0)
アメリカはシリアへの軍事介入を断念か?
 国際連合のサマンサ・パワー大使(アメリカ)はイギリスが起草しているシリアへの軍事介入の国連安全保障理事会の決議案について述べ、ロシアによるその賛成の可能性が薄いのでアメリカは当決議を断念して軍事介入を行う可能性が高いとの見解を示した。

 但し、ロシアはシリアにおける化学兵器の使用の証拠が明らかとなれば当決議案に賛成する可能性をも否んでいない。

 それらのアメリカとロシアの現況から鑑みるに、パワー見解とプーチン・スタンスが意味するのはアメリカとロシアの軍事介入についてではなくフランスの軍事介入の正当性を強めることであり、アメリカの軍事介入の決行の可能性は寧ろ低くなったと思われる。ロシアにおいては、これからの親シリア派に対する説得への流れを強めるための「必ずしも否定はしないが」のスタンスである。ロシアが若しこれからもシリアにおける権益に留まるにせよ或る程度の譲歩は避けられないからである。

 フランスの正当性と共にアメリカは軍事介入を断念する替りに、フランスへの後方支援の正当性がパワー見解により保たれる。国連大使が国連決議を要しないとすることが重要な処である。前任のスーザン・エリザベス・ライス大使は一貫に国連決議の採択を前提としてシリアへの軍事介入の可能性を探っていた。パワー見解はそれを疑問視する単独介入派にも考慮した形となった。正にパワー・ゲームにある。


[ワシントン 5日 ロイター] アメリカのオバマ政権がシリアに軍事攻撃を行った場合、イラクにあるアメリカ大使館などを攻撃するようにイランがイラクの武装組織に指示したのをアメリカが傍受したとウォールストリート・ジャーナルが5日アメリカの当局者らの話として伝えた。
同紙によると、標的となる可能性があるのはイラクのバグダッドにあるアメリカ大使館などアメリカの権益に関わるものだが、当局者らは詳細を明らかにしていない。
この指示は過去数日の内に傍受されたものであり発信源はイラン革命防衛隊の精鋭コッズ部隊の司令官である。イランが支援するイラクのイスラム教シーア派の武装組織に送られたものだという。
この件に関してアメリカ国務省と中央情報庁(CIA)はコメントを差し控えた。



 一先ずは軍事介入を単独にて行うフランスに後方支援としてイギリスとアメリカが付くと見るべきであろうか。そして更にその後方に本音には国連決議に賛成したいロシアと中国、更には伏兵として北朝鮮が控える。それが軍事の観点から見て充分であるかは分からないが、アサド政権の打倒を目的とはしないとするアメリカとは一線を画してフランスは恐らくはアサド政権の打倒を図るであろう。
 既にベイルートにアサド氏の座席は確保されている……。

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
 
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-06 19:02 | 政治、社会 | Comments(1)
婚外子の相続の平等の判決 家族観の論議は門違い
 子への相続などに関する婚外子への差別と見做される現状について最高裁判所は現行の民法の規定に憲法違反の判決を下した。その対象となった民法900条は1898年に定められ、115年を経て憲法(1947年に施行)違反と審判された。それを受けて政府においては本条の改正が着手されるとの表明が菅官房長官より表明された。

 そこに訳の分からない波紋が出ている。それは与党自民党が本条の改正に意欲を見せており、法務省においても「漸く法案の提出の機会が来た」と語られているのにメディアは「だが、「伝統的な家族観」を重視する自民党の腰は重く」<毎日新聞>とか「但しそれを覆す最高裁判所の判断は法律に拠る婚姻家族を否定するものではない。法律婚は日本に定着しており、重婚、事実婚、非婚や不倫を助長するものではない」、「法律婚により築かれる家族は尊重され保護されるべき社会の最小単位である」<産経新聞>などと家族観の論議を持ち出してそれを語っていることである。

 誰もそのような事柄に話を及ばせている訳ではないのに(判決は及ばせているが裁判の本分には反する。近年は価値観を以て裁くような判決がしばしば見られ、私は危惧している。)、何を怯えて予防線を張っているのか。

 毎日の「自民党の腰は重い」とは単に事実に反するし、産経の「家族は社会の最小単位」とは家族の本質に反する。
 自民党の法務大臣が民法の改正の意向を表明しておればそれは全面的に自民党の意向である。仮令党内にそれに疑義を呈する少数派がいても与党の意思としては無視されるべきものである。毎日は反対派に与しているとも見える。
 また、家族は社会ではない。然も『最小単位』とはより大きな単位に従属するものであるかのようである。
 儒教においては家族は国家のそのものである。国家のそのものとは社会とは別のものであると謂うことである。国家とはその存立の根拠を幾多の家族に依存するものであるので『国』と言う。決して一方が他方に含まれるようなものではない。
 朝鮮や韓国においてはそのような儒教の伝統が根付いているが、日本には儒教の伝統はない。産経教とも儒教とも異質な国家と家族の伝統がある(私は儒教の思想に近いので『朝鮮党』と呼ばれる民主党を支持する訳であるが。)。然しそれが如何なるものであるのかは一様ではないので『日本の家族観』を語ることはできない。そこに家族観について語るのは全くの門違いである。それらの新聞は家族観に言及している判決に疑義を呈してはいない(それは讀賣新聞もそうである。)のも不審である。

 ひゃああ、恐ろしい。リベラルを自負する皆さんはくれぐれもニュースのテロップと判決の要約だけを見て騙されないようにして下さい。私も迂闊に「それは允に良かった」と盲判を捺く処でした。

 そもそも、彼等に『壊され兼ねない伝統』などはない。最も伝統と縁のない向きが伝統を守れと語るのは控え目に言っても無意味である。身内のエゴイズムを国の尊重され保護されるべき伝統などと僭称してはならない。

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
 
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-05 17:40 | 政治、社会 | Comments(0)



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)と民主党民社協会(高木派)を支持します。 ●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【衆議院総選挙2017】各党..
at 2017-10-10 19:21
立憲民主党こそが安倍政治であ..
at 2017-10-03 22:03
立憲民主党が発足 多党制か二..
at 2017-10-03 18:18
【コラム 葉がつく】スーツ×..
at 2017-09-26 20:53
【解散総選挙】都民ファースト..
at 2017-09-26 19:14
【解散総選挙】「大義がない。..
at 2017-09-26 15:38
【解散総選挙】自分の思いより..
at 2017-09-19 21:55
文化放送が他局の出身のアナウ..
at 2017-09-19 19:24
【解散総選挙】安倍自民の勝利..
at 2017-09-19 17:01
【解散総選挙】脳科学で見る ..
at 2017-09-17 19:29
【英語訳】社説 毎日新聞 2..
at 2017-09-05 17:02
【民進党】新しい代表に前原氏..
at 2017-09-01 19:33
【Freesia料理】青椒肉
at 2017-09-01 14:58
進化論は科学ではない――トラ..
at 2017-08-27 01:17
【英語訳】余録 毎日新聞 2..
at 2017-08-26 17:23
牛乳石鹸のCM炎上 問題の根..
at 2017-08-20 01:26
打消し表示が廃止へ 消費者庁..
at 2017-08-18 18:20
【広島・長崎 原爆の日】核の..
at 2017-08-08 19:46
【安倍改造内閣 変な言葉 合..
at 2017-08-04 22:42
【安倍改造内閣】100万円の..
at 2017-08-04 19:19
最新のコメント
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 18:55
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング