消費増税が今後を分ける道州制
 10月に安倍政権によりその結論が発表されると予定されている消費税の増税、その予告編としてこの処に小出しに語られている『8%(予定通り)と経済対策』にて行くであろうとの予断が大勢を占めている。

 予てより私の主張しているのは『2014年度に7%、2015年度に10%で追加政策なし』であるが、何れにせよ消費増税の程の如何は長らく懸案とされている道州制(とそれに基づく地方分権)の行方を決めるものとなるであろう。
 消費税の導入より程なく提唱され始め、憲法の改正と並び1990年代より二十年に亘り道州制の是非については論議がなされている。道州制の論議の最も大きな問題は国民の多くがそのあらましを知らない(一方に知っているつもりで知らないTPPの論議もある。)ことであり、その論議世界の閉鎖性が際立っている(単にマニアックなだけとの説もある。)。
 何れにせよ道州制は地方と国家の財政に直接に関わる主題であり、消費税の在り方は道州制の成否を分けるのである。日本・大阪維新の会が消費税を地方税とせよ(また併せて地方交付税を廃止せよ)と主張しているのもそれを意識しての布石としてである。税の要となる消費税の全てか或いは多くが地方の財源となるならばそれが前提となる地方分権と道州制は中央の権能を著しく縮小するドラスティックなものとなるであろう。然しながら、それにより外交力は著しく強化されるかも知れない。

 道州制の導入に決め手となるのは恐らくはこのような命題である。

――誰に得をさせれば最も広汎に人々(主に国民)が得をするようになるか

 如何なる行政も全ての国民に公正とならなくてはならないのは言うまでもない。然し未だ実際に何も始まってはいない処に初めから公正を期せよと言われてもそうはならないものでもある。物事が動き始めるや直ちに公正を期し始め、片端から是正を図るのが宜しい。
 その前までは誰かに不公平に得をさせて物事を動かさなければ改革は始まらない。

 無論、不公平とは即ち不法ではない。
 例えば小泉政権において「断固やり遂げる!」と推進されていた特殊法人改革は、その対象は元々はそのように『誰に得をさせれば最も広汎に人々(主に国民)が得をするようになるか』との観点より権益を得るように選ばれていた人々である。特殊法人が得をすれば並べて国民も得をする時代があったのである。
 然し今はそうではなくなった。なので解体の対象となった訳である。
 道州制もいつしか断固解体の対象となる時代が来るかも知れないが、今の処は有望であろうと語られている。

 社会主義の陥り易い弊は経済的に不公平を許さない一方には権力における不公平が罷り通ることである。
 誰かに得をさせる政策を提起するならば社会主義者は「…いや、それは駄目だ。」とその左手を軽く払うであろう(左手は左団扇を持つ手である。)。処が物事が本決まりとなって実行の段となるや様々の差別待遇が横行し始める。或る時にはそれは準備における評価の反映であったりする。昨今主張されている『実力主義・業績主義の導入』とはそのような社会主義的差別待遇の正当化と制度化であるのは凡そ疑いない。故に進歩主義者が保守を僭称して政権に就いたりする。
 聊か露骨ではありながらそのように社会主義的ではない大改革を実行したのは田中政権であった。経済的不公平は権力の公平を生み、やがては経済的にも広汎に潤うようになった。その恵沢は長くは続かなかったし全く同じようにすることもできなかろうが、橋下大阪市長が「今必要なのは独裁だ」と言うように何等かの不公平政策を改革への発電機(ジェネレーター、即ち維新)とすることは必要であろう。それが道州制であるかは未だ分からないが。


政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-20 12:16 | 政治、社会 | Comments(0)
オバマ大統領「それがアメリカの別格な処」の波紋
 「仮令有権者が阿呆であろうとも」(自民党の脇雅史参議院幹事長)と語られる一方に、その友好国の大統領は「それがアメリカの別格(exceptional)な処である」と語っている。――シリアにおける化学兵器の使用の事態に際して10日に行った演説においてオバマ大統領は然るべき行動をアメリカ国民に呼び掛けた。
 それに対してロシアのプーチン大統領はニューヨーク・タイムズに意見を寄稿して「自分達を特別と人々に考えさせるのは極めて危険である」と述べている。
 そのようなプーチン大統領に対してアメリカの政治家等より続々と非難の声が挙がっている。

 一言に済ませなくてはならないならば、それらの非難の一人であるカーニー報道官へ「おどれの幼稚な面を見てから言え」と私は言うが、一言では不充分である。
 何故ならば私はアメリカがその初めから持っている国是としての『別格』を基本的には肯定するからである。
 即ちその原点がアメリカの歴史を通して如何に変化しているか、それを勘案することが先ず以て要となる。
 その国是の意味を端的に解釈するならば、『アメリカは別格である』とは或る種の奇跡信仰のようなものであり、国民の常識として信じるには値しないものである。然しそれが国家の成立の初めから存在することにアメリカのそのような国是は意味がある。日本にもそのような類の奇跡信仰は幾つかある。例えば神風が吹いて元寇を退けたと謂うのもその一つである。然しそれが何故に意味を持つかを考えるならば『天は自ら扶くる者を扶く』そして『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』と謂う言葉をそれと兼ね合わせて初めて意味を持つと見定められる。それは正にアメリカの国是と同じくあるものである。

 また、アメリカは『別格』であるとの国是は国民が或いは国家がそのようにあるためには如何にしなくてはならないかと謂う命題を深く考える(即ち哲学をする)ことを求めるものであり、何の条件もなくアメリカが別格となると言っていたのではない。
 オバマ大統領を支持し、プーチン大統領を非難する彼等は如何程かにもそのような命題を深く考えたことがあるのであろうか? とてもそうは思えない。彼等の祖先と彼等は最早無縁の存在であると見て差し支えはないと思われる。彼等の振る舞いは歴史から来る制約の中に懸命に生きているプーチン大統領などに対して余りにも不遜である。
 私はオバマ大統領には何の哲学も人徳もないとは思わないが、残念ながらそれらが政権に生きてはいない。それは恐らく有権者が阿呆であっても立派な政治家が選び出されるように政党が厳正な手続きをしていないからでもあろう。その意味においては民主党と共和党の何れも政党の態をなしていないと言える。両党が掲げる政策や主張も酷いものである。

 日本もまた、1990年代頃からプロ野球において"Make miracle."との標語が出て何等の省察もない奇跡信仰が蔓延し始めた。安倍政権の『美しい国』や『日本を、取り戻す』と言うのもその延長にあるものである。奇跡信仰とは即ち、奇跡を起こすために予め現実を最大限に悪くしておくことである。それ故に所謂『9.11』がアメリカが予め望んで起こしたことであろうと見られても当然なのである。
 メンデネス氏(元老院議員)が何歩吐こうとも、世界はアメリカと日本の斯様の夜郎自大を非難し続け、アメリカは既にジェファーソンやワシントンがいたアメリカとは無関係であると認めさせなくてはならない。全く以てそうであると思うアメリカ人も少なくはないではないか。

 因みに、"exceptional"の語には『異常な』との意味もあるようである。全く以てそうである。


政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-19 12:58 | 政治、社会 | Comments(0)
「選ぶ人が阿呆でも選ばれる人は立派」――自民党の参議院幹事長
 自民党の脇雅史参議院幹事長は18日に行われた自民党の女性議員の集いにおける挨拶において「今の制度は政党における選挙の候補者の選定が未熟です。政党が真に正しい意味において議員を選べるか、それさえ確かならば余り大きな声には言えないが、選ぶ人が阿呆でも選ばれる人は立派です。」と語った。また、「国民の水準を上回る議員は出て来ないと謂うが、尤議員の選び方を厳正とする仕掛けが必要です。」とも語った。

 それを有権者の軽視と見る向きもあるようではあるが、全く問題はないのではないか。

 その発言は飽くまでも政党が候補者を選ぶ責任について語っている。
 先ずはその問題意識に立ち、彼等の努力によりその責任を果たすならば仮令有権者が愚かであったとしても政治の側の責任が国を確かとする、そのような意味であろうと思われる。現に有権者が愚かであると言ってはいない。
 寧ろ政治家が無暗に国民を賢いと言うならばどうであろうか? 現実に存在する問題や危機から目を離れさせ、根拠もなく自らを賢いと思い込む国民を増長させるのではないか?
 或る問題発言において題材とされたドイツのナチスはそのようにドイツ国民を何等に根拠もなく賢いと誉めそやして国と世界の現実を見えなくさせた。脇氏の属する党の指導者もまたそのように、世界一を目指せる国民、強く美しい国の国民と日本国民を誉めそやして現実を見えなくさせている。――若しそうであるならば今このように語っている御前(私)は何故に現実が見えているのか?と問う向きもあろうが、それは私が全く安倍政権とは無関係に生きているからである。
 その安倍総裁はその集いに臨席しており、脇氏のその挨拶に対して「ちょっと…」と制止したと言う。自らを選び出したものを阿呆と言われた……単にそれだけの認識しか安倍総裁にはないのであろう。

 脇氏はそうではなく、国民が何歩阿呆であろうとも自らはその責任を引き受けると言っているように思われる。何しろ良識の府にその任務を得ている者である。
 また、貴方方の功は何もないと総裁と幹事長に言われた新人議員等の功を認める意味をもその発言は持っている。女を別物と見做すのではないが、女性議員に対してならば尚更に斯様の執行部の仕打ちは後の生涯にも悪い影響を残す。それが女性議員の集いにおいて語られたのは允に意義深い。貴方方は然るべく選ばれたと信じるべきであると言うのである。何しろ安倍総裁と石破幹事長が就任したのはそれから程なく行われた衆議院総選挙と参議院選挙における候補者が粗全て選ばれ決まった後にである。その二人は候補者の選定には殆ど関わっていなかった訳である。

 これは民主党にも関わる問題であるが、候補者の選定もされば党の代表が選挙を前にして選ばれることが及ぼしている影響は尚更に懸念されるべきであろう。鳩山総理もまた小澤氏の総理への就任が見込まれていた最中に選挙の直前に小澤氏に代わり代表に選出となり、衆議院総選挙における勝利と共に総理に就任した。その故かは分からないが、鳩山総理は必ずしも自らの長期政権には拘っておらず、故にその辞任も自らにとって余り心外ではなかったらしい。然しそのような割り切りは有権者の承知する処とはならず、国民は鳩山総理の辞任に大いに戸惑った。
 故に、海江田代表は決して自らの総理への就任の可能性を度外視とはせずに総理への就任を目指されたい。考えように由っては海江田代表程に国家の指導者として相応しい人物は今の処はいないとも言える。

 脇氏は、そのように深い意義を持つ自らの発言を迂闊に撤回したりしないように望まれる。

■海江田万里 民主党代表

 民主党が党組織の立て直しを行うことは喫緊の課題です。これを避けては民主党の再建、民主党の政権構想はあり得ません。UAゼンセンの皆様方は、大変厳しい状況の中で着実に組合員数を伸ばしています。皆様方の組織活動も参考にしながら、地域にしっかり根の張った組織にしなくてはなりません。これはまさに私どもが痛感しているところです。
<仙台市でのUAゼンセン(全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟)の定期大会において>


■岸田文雄 外務大臣

 「派閥はもう時代遅れなのでないか」、「脱派閥が時代の流れである」、「人事でももう力がない」などという議論がある。宏池会(岸田派)として、そのような議論に謙虚に耳を傾けなくてはいけない。一方で、そのような議論は今までの派閥の物差しで論じられていると思う。派閥も世の中が変わっていくと変わらなくてはいけない。派閥がどうあるべきなのか、どんな物差しで論ずるべきなのか。そのような論調にどう答えを出すのかの課題に取り組まなくてはならない。研修会を通じて宏池会のありよう、派閥のありようについても思いを巡らせて考えてゆきたい。
<山梨県における岸田派の研修会のあいさつで>



政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-19 11:19 | 政治、社会 | Comments(0)
「肝炎基本対策法案を反故にしたから絶対に民主党を支持しない」の身勝手
 何やら創作なのではないかと思う程にお馬鹿な記事を見掛けた。かなり古くなるが2009年に民主党が衆議院総選挙において勝利した丁度その頃のものである。

 その筆者は民主党の強い某県の方であり、曾てC型肝炎の患者となっており、詳しくは語られていないがいつしか完治したと言う。
 彼は年来の民主党の支持者であり、肝炎の患者への支援とその医療の体制整備に関して定める肝炎基本対策法案の成立を願っていたが麻生政権(自民党・公明党)におけるその審議を民主党が問責決議案の採決を口実に拒否し、当法案は反故となった。

 先ず以て、その時に彼がC型肝炎を未だ患っていたのか既に完治となっており他の患者のためにそれを願っていたのかは明らかとされていない。
 色々と苦労はあったであろうと思われるが、治ったのならば対策法がなくても構わない筈である。他の患者にとって逆に余計な法律の存在のために無用の苦労が増したならばどうなのであろうか? その法律がそうであるとは分からないがそのような場合もあり得る。

 結局、2009年12月(鳩山政権)に当法律は制定された。それにより彼が民主党を再び支持するようになったのか否かは明らかとされてはいない。然しながら、その記事には「民主党は政争の道具として患者達を弄び、希望を闇に葬り去ったのである。」と語っている。
 2009年11月26日の衆議院本会議において全会一致にて可決、それに先立つ衆議院厚生労働委員会においても全会一致にて可決した。法案の提出は民主党だけではなく幾つかの政党の有志による立法である。
 詰りは法案の可決は粗楽勝の運びとなっており、またそのために民主党を支持しなくてはならない理由はなかった筈である。それを偶々に民主党が一時的に遮ったら「政争の道具だ」と非難するとは立法を願う当事者としてそれに真剣に関わっていないからではないのか? また、それより先に民主党が審議の拒否をしなくても麻生自・公政権が当法案に反対して否決されていた可能性がなかったと何故に言えるのか?(『捩れ国会』であったから?? それでも参議院の多数であった民主党が反対しない保証はない。)

 更には、当法律を成立させなくてはならない義務も民主党にはない。多党の有志による立法であるからではなく、先にも述べたように法律がなくても治るものに義務を負うような政治は何処の世界にもあろう筈はない。
 菅直人氏が厚生大臣として偶々に薬害エイズ問題に道筋を付けたのでそこから何か勘違いがされ始めたのか、民主党は一部の圧力筋により利用される政党とされていたようである。自民党との違いは圧力筋が大きな団体であるか草の根の個人であるかである。確かに菅氏は『草の根民主主義』を提唱してはいた。然しそれは利益政治(メリットクラシー)の意味ではない。
 元を糺せばそのような草の根の圧力筋は当時頻りに(しきりに)自民党が追い出し部屋を作っていたかは分からないが、切り捨てたがっていた勢力である。自民党はその頃までは似非人権筋の巣窟であった。

 その筆者のような方に民主党の支持を止められたのは寧ろ有り難い。自民党も出て行けと言っていたが民主党としては尚更に出て行ってもらいたいのである。
 病人やその仲間ならばゴネが通ると思ってはならない。 

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-17 15:35 | 政治、社会 | Comments(0)
【訃報】 豊田英二氏 トヨタ自動車最高顧問
a0313715_13502144.jpg トヨタ自動車の最高顧問である豊田英二氏が2013年9月17日に愛知県豊田市にて逝去しました。

 豊田氏は1913年に愛知県西春日井郡金城村(現:名古屋市西区)にて生まれ、東京帝国大学(現:東京大学)工学部を卒業した後に豊田自動織機に入社しました。

 小型乗用車カローラの販売が開始となった翌年1967年にトヨタ自動車工業の社長に就任しました。

 トヨタの社訓の一つである『良い品 良い考』は豊田英二氏によるものであり、経営者として『ジャスト・イン・タイム』を一とするトヨタ生産方式の具現化に努めました。

■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-17 13:50 | 文明論 | Comments(0)
野党 リベラル勢力の結集――効率の高い選択
 憲法の改正や原発の再稼働に批判的な民主党の一部と生活の党、社民党などのリベラル勢力が統一会派の成立などを軸とする結集を検討している。
 彼等は今民主党と維新の会、みんなの党による野党の再編の構想を保守二大政党への動きであるとして警戒している。

 その選択は政治における観点からも経済(即ち国民の生活)における観点からも効率の高いかなりクリーンヒットなものであろうかと思われる。一方のDRY方面は大きな当たりを狙っているような感があり余り感心し得ない。

 経済における効率が高いとはリベラル勢力が万年野党となることにより自民党の一党支配が還り、日本株式会社が軌道に乗るとのことではない。では何なのかと言うとそれも皮肉のように聞こえるかも知れないが経済に関しては基本的に無策の勢力が確立して政権を取るようになると経済効率が高まるとのことである。先の民主党政権において経済が引っ詰まったのは民主党に経済政策をやりたがる勢力があり、デフレの脱却や円高の脱却などに手を染めたからである。
 そのような経済志向、即ち統制主義はDRY方面もまた抱えている。維新はそうではなく主に民主とみんながそうであるが、反統制主義の維新もDRYのパワーバランスの変動によっては民主とみんなの統制主義に屈して維新の五年来の歩みが瓦解する惧れがある。
 経済学者に頼る安倍政権の真似をする訳ではないが、経済政策は優良な経済学者や財閥の研究所に任せればよい。自民党政権と野田政権が如何に彼等の力を無駄にするかが重々に悟られれば彼等を民主党に引き寄せることはできる。

 単に小澤一郎氏が民主に還って来る(再合併は難しいであろうが)だけでも大いに意味がある。
 従来は小澤氏に歪んだ期待を寄せて「小澤革命政権を」などと言っていた筋もあったが、そのようにリベラル色を鮮明にすれば寧ろそのような小澤氏により形成される政局の成り行きに便乗して極左的企図を通そうとする向きを完全に排除することができる。殊に特別警戒体制を敷くべきなのは植草一秀、副島隆彦と佐藤優に対してである。新リベラル勢力が確立すれば恐らく彼等は自民党に退散して行くであろう。

 また、結集により社民党を名実共に終焉させられる。何しろ、社民党を引き受けた村山富市総理が自ら「社民党の名に拘る必要はない」と語っている。村山総理としては自らの原点である反帝国主義が尤現代に生かされるべきであると思っているであろう。然し社民党が歩んで来た途はEUの破綻と小日本軍国主義に見られる帝国主義への潮流に手を貸すことでしかなかった。如何に体制に都合の良いように国民を思考停止にするかを社民党は追求していた。
 無論それは社民党の面子を潰して選挙の駒として利用だけをせよとの意味ではない。従来の政治理念や政策観念(反格差社会など)を捨てて各々が人として民主党や生活の党と共に歩むことに意義がある。同じ党ともなれば連立政権の脱退もできない。

 残る問題は『リベラル』が何を意味するかである。
 それが政治的自由主義を意味するものであってはならないことは至上命令である。
 政治的自由主義とは単に政治における自由に過ぎない。それは自由民主党の『自由』である。
 それは政治家の外には言論や社会的特権に関わる人々だけの自由でもある。所謂『新自由主義批判』などはその最たるものである。批判者は自らに同意する者だけの自由を求め、国民の自由を全く無視する。そのような人々に国を動かされ言論を支配されてはならない。
 何故そのような人々がいるか、それは明治維新より以来に日本の権力筋はそのような見せ掛けの批判勢力を作り出して育て上げてきたからである。20世紀の末に一度は彼等の潰滅が図られたが失敗し、結局は小泉政権の時代より再び増長するに至ってしまった。保守言論人も彼等の軍門に下り、彼等と結託するようになった。それが本質的には進歩主義勢力である安倍政権である(内田樹神戸女学院大学教授は明確に安倍政権は急進的左派政権であると評している。)。
 新リベラル勢力はそのような『新自由主義批判』などに与してはならない。
 『リベラル』とは読んで字の如くに、自由に感じられればよいのである。

政治 ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2013 ウェブサイト版は
⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
[PR]
# by keitan020211 | 2013-09-17 13:08 | 政治、社会 | Comments(0)



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
芸術(音楽、文学など)
ランキング投票(世論調査)
他のブログへのトラックバック
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
2017年度 今年の番付 そ..
at 2017-12-12 22:48
【書を読む】古谷経衡 「道徳..
at 2017-12-12 17:36
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-12-06 23:22
【変な言葉】「肉厚ジューシー..
at 2017-12-06 02:12
【書を読む】 ニュースでわか..
at 2017-12-05 23:49
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2017-12-05 18:58
【Freesia料理】キャベ..
at 2017-11-30 17:22
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-29 02:44
自民山本幸三氏の「あんな黒い..
at 2017-11-28 17:26
【英語訳】中島みゆき 悪女
at 2017-11-28 14:32
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-26 02:49
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-22 03:07
最も正しい リベラルと保守;..
at 2017-11-21 23:39
つくばエクスプレスの20秒早..
at 2017-11-21 17:56
衆議院の代表質問 立法はそん..
at 2017-11-21 14:32
福岡ソフトバンクホークスの日..
at 2017-11-16 18:25
【日馬富士暴行】外人力士を廃..
at 2017-11-14 21:50
【Freesia料理】冬眠の..
at 2017-11-14 18:20
左翼;右翼;革新;保守 メデ..
at 2017-11-09 02:19
最も正しい 左翼と右翼の定義
at 2017-11-08 21:57
最新のコメント
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
大企業に入れない奴隷階級..
by 在日ですか。 at 11:57
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング