【英語訳】夢十夜 夏目漱石
 夏目漱石の『夢十夜』の『第一夜』を英語に訳した。
 昨日の昼より始め、東京にて新幹線に乗り博多へ着く時間が掛かった。
 然しながら、他の9夜は如何にも難しそうであるが『第一夜』は日本語も易しく、然程には難なく訳せた。

 但し注意しなければならないのは英語訳の(とは雖も私の訳においてではあるが)人称代名詞である"one"である。それが先ず以て面食らうものと思われる。
 "one"とは日本語の原作において用いられている『自分は』、『自分を』、『自分に』である。夏目の作品にはそれが用いられるもの(←これも"one"、普通は)が多い。
 で、その所有態においては"one's"となる場合と"its"となる場合がある。構文において他の人称代名詞との見分けが就きにくくなる場合には"one's"とし、そうではない場合には"its"としている。
 実はそれが夏目の文学を読み解くには重要な要素となるのである。
 日本語を読んだだけでも或る程度はかなり味わえるが、英語にすると尚更に深く味わえる。
 「百年経って逢う」ので「百合」と言うのは日本語か中国語でないと分からないが、英語では場や所作の様子がより鮮明になるので一体そこに何が起こっているのかが明確に本質的に見えるのである。
 或いは夏目は初めに英語で以て書いてからそれを日本語に訳して発表したのかも知れない。因みに夏目の日本語は極めてstrict、厳密であるが、現代はその意図が誤解されて言わば『漱石の真似(dead copy)』が横行していると思われる。意味が分からないのに形だけを真似てはいけない。大体、「漱石」、「漱石」と馴れ馴れしい。吉本芸人ではない。
 で、彼も猫であるらしいのに小説の主語は"one"。即ち自分のことを書いているのではないからであろう。"one"は普通は『(抽象的に)人』を意味する。夏目の小説に「自分」と書いてあるならば読み手はそれをその侭に「その人」と解せばよいのである。その「自分」にとっては『私』な訳である。

 実際に英国においては自分を"one"と言う人が上流階級を主として結構いるらしい。一般には理解が不能、よって彼等はテレビには出させてもらえないそうである。
 因みに、先日に浦和レッズのサポーターの"JAPANESE ONLY"が問題となったが、英国においてはそのような差別発言は当然である。日本においてはその程度のことが大問題になるのかと英国人はきょとんとしているかも知れない。
 テレビ局には年中、出演者の言葉が汚いので出演させるななどとの苦情が寄せられ、実際にテレビ局はそれを理由として出演を打ち切ることもあるそうである。無論それは"ENGLISH ONLY"などのような差別発言の類によってではなく(それは苦情を寄せる側である)日本ならばそれにより現行の出演者の三分の一程が出演することができなくなろう程のものである。
 で、差別には厳しいアメリカも殊、その件となると日本の当局やメディアの対応に疑問を感じる人がリベラル派にも多いのではないか? アメリカならばそこに犯罪の意図などがないかを見極めるために極秘の或いは公開の捜査や事情聴取が入ったりはするがクラブや競技場が制裁を科したりメディアが批判をしたりすることは余りないと思われる。何のことはないならば不当な介入になるし、犯罪に関係するならば安易に騒ぎ立ててはならない微妙な問題であるからである。当局の制裁や報道が引き金となって人が殺されでもしたら一体何が人権や道徳と言うのか? それは自分の乏しい正義感を殊更に大きく見せるために社会を利用している自己中心的なものである。
 日本においてはリベラル派だけではなく安倍政権などの国粋主義的右派もまたおしなべて"JAPANESE ONLY"を非難して浦和レッズの当局の対応を支持しているようである。所謂朝日新聞だけではなく日本の全てのメディアはそこに何も言う権利をなくしたのである。
 本当にリベラルならば多少の差別にも寛容でなくては嘘ではないかと私は思う。よって大阪市役所が入れ墨あきまへんと言うならばそれも自由なのである。
 アメリカにおいては差別的行為をした者がいてそれをクラブや競技場が好ましくはなく思うならば精々、そのお偉いさんがその場に出て来て「ふてえ奴らだ!来るんじゃねえ!!」と怒鳴りつけて追い出す。それでまた来ても仕方がないと言うような感じであろう。それにしてもかなり田舎にしかなく、埼玉のような大都会のクラブや競技場がおっさん経営者の怒鳴り付けよりも甚大な制裁を大真面目そうに組織的にするのは考えられない。大真面目そうに見えて実際にはそんな大騒ぎに加われるのが嬉しくて仕方がないのであろう。

 "one"に戻ると、英国の上流階級がそうしているような通常の言葉としては分かりにくいが英国に留学をした文人夏目漱石がそれを『自分』と訳して文学に用いるととても便利なのである。誰が主役なのかがそれにより一目で分かるからである。『私』や『僕』などは何人もの登場人物が言う。「私」と言ってどの『私』なのかは平面な紙の上においては掴みにくい場合がある訳である。実際の場においてならばそれは声や距離の感覚を以て分かる。

 今一つには、日本語の原作はどちらかと言うと清廉な感じがあるが、英語に訳すとかなりエロい。
 流石に初出が新聞小説であるだけはある。
 全く同じ言葉なのに趣が大きく違うのは読み手の日本語圏に関する理解と英語圏に関する理解の違いの大きさにもよるので誰が読んでも趣が違うと思う訳ではないではあろうが、私にはかなり大きな違いに見える。即ち、『英国とはどういう感じ』と言う先入観が英語訳のイメージに影響する。
 文人や時代によっては日本がよりエロティックであったり、一概には言えない。私の出身地は谷崎潤一郎が越して来た所であるが、私の見るには当地には谷崎文学のような趣がある訳ではない。人間は同じものをどう見るかは分からない訳である。

 尚、その『夢十夜 第一夜』の英語訳はウェブサイト版(の『資料』の項)に掲載した。
 下部に或るリンクよりアクセスしてお読み頂ければ幸いである。


人気ブログランキングへ
■CYBER ECOLOGY 2014 ウェブサイト版は ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211

[PR]
by keitan020211 | 2014-03-20 19:35 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(2)
Commented by 清瀬 at 2018-09-29 03:43 x
リンクから飛ぶことが出来ません。
どうしても読みたいので、対応お願い致します。
Commented by keitan020211 at 2018-10-01 20:24
> 清瀬さん
そのリンク先の記事は廃止されており、ありません。
弊ブログをお読みいただきありがとうございます。
<< 【英語訳】夢十夜 第二夜 夏目漱石 【英語訳】吐息でネット 南野陽子 >>



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
My Tweets
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 15:08
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 14:34
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 14:09
「「褒める教育」は伸びない」..
at 2018-11-18 09:22
ZARDのアルバムを再購入―..
at 2018-11-18 06:59
2018年度 なんでも番付
at 2018-11-18 03:36
産むことの権利と性差――Ab..
at 2018-11-14 02:46
恋愛に「告白」は要らない――..
at 2018-11-11 06:02
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-11 01:50
「適切な努力を」――当たり前だ。
at 2018-11-10 01:39
電子たばこを導入 Ploom..
at 2018-11-09 22:39
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-09 00:06
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:24
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:23
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:22
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:21
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:19
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:17
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:16
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-06 17:15
最新のコメント
> 清瀬さん そのリン..
by keitan020211 at 20:24
リンクから飛ぶことが出来..
by 清瀬 at 03:43
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング