ゆとり教育とグローバリズム
 先日13日の金曜日の(:「まだいるのかそんなことを言っている奴が」と思う人もいるであろう。)朝日新聞に文部科学省の小学生の学力調査についての記事があり、児童の正答率が押し並べて高まっており、脱ゆとり教育の成果が表れていると見るべきかとの記事がある。久々に明るい心持ちになる報である。
 端から政治的な話になるが、2000年代になされていたゆとり教育とは何となく、当時の国民的合意(コンセンサス)として自ずとそうなっていたかのように思う人が多いかもしれないがゆとり教育とは全くの党派的思想であり、当時の自民党政権(小泉政権と安倍政権)が推し進められていたものである。弊ブログを御覧頂いている方々は既知のことであるかと思うが、弊ブログは安倍政権に関しては凡そ全面的に否定するが、小泉政権に関しては概ね肯定する。然し何れもゆとり教育を推進していた政権ということに関しては等しく否定する。
 ゆとり教育の推進派には正体不明な処がかなりあるのでそれが自民党のものであるとは余り知られていない。中には自らの否定するものや気に入らないものは全て民主党のものと見做す人々もおり、彼等はゆとり教育は民主党の思想であると思っているかもしれない。然し民主党は押し並べてゆとり教育には否定的であり、教育と学力の水準を可及に高めることを期する向きが多い。それは教育は平等化の有力な要素となるからでもある。逆に国民を可及に不平等にしたいならば教育の水準を低め、一部の優良校と気に入った学校等だけに肩入れをすればよい。それが一度や分かると何と言うことのない単純な原理であるが考えてみたことがないと中々ぴんと来ず、「ゆとり教育て民主党なんじゃないの?」などと思ってしまうこともあるのであろう。

 ゆとり教育とグローバリズムの関係について論ずる言説は弊ブログが初めてではなく結構あるらしいが、弊ブログはそれについてもう少し原理主義的に考察してみたい。ここに言う原理主義とは思想と行動の原理主義ではなく物事の原理を探るとの意味における原理主義である。

 ゆとり教育が始まったとの話を2000年代に耳にした時に、私は何が起きたのか能く分からず少し混乱した。それはゆとり教育はかつて行われていて既に廃されたものであると思っていたからである。ゆとり教育の提唱は1980年代までになされており、その頃に導入されて程なく破綻したものと思っていたのである。処が事実は、まだ導入されたことがないのがやっと陽の目を見て意気軒昂に普及を期していたとのこと、先の13日の金曜日ではないが、まだそんなことを考えている人々がいるのかと聊か暗澹たる気がした。実際にテレビのバラエティ番組などにおいてもゆとり教育への批判は平気でなされており、取り敢えずは志を共有する人々もいることが分かるだけでも安心していた。今までに或る特定の思想や合法的行動が大手メディアなどにより然様にも公然と否定された例は<1位>民主党と<2位>岸信介総理に次ぐものであると思われる。共産党は尤酷い目に遭っていたが公然たる批判は然程にはなかったであろう。
 そして安倍政権は2010年代となって頓挫したゆとり教育を隙あらば再び導入しようと虎視眈々としているであろう。その企ては必ず阻止しなくてはならない。何しろ、安倍政権の提唱する道徳教育はゆとり教育が基本のプラットフォーム(、或いは前提)となるからである。道徳教育は必ずしも悪くはないが安倍政権などの多くの場合の自民党政権による道徳教育はゆとり教育を前提とすることと処世術に過ぎない道徳(morals)を倫理(ethics)と混同する点において排するべきものである。道徳教育を導入するならばそれは処世術の教育であると言わば割り切ってなすべきである。「モラルと言う点において…」と言ったらそれは「ペイしない(:割に合わない)のではないかと…」と言う意味なのである。

 さて、ゆとり教育はグローバリズムと密接な親和性があり、恐らくは今の程には有名ではなかった頃(1970年代頃までの)のグローバリズムが作り出したものであろうと思われる。
 「グローバリズム」と一聞に聞くと多くの場合は『地球』のイメージが思い浮かぶかと思われる。訳すと「地球主義」、私も多くはそのように訳しているが実はそのイメージと訳はグローバリズムの本当の意味を表してはいない。地球は"the globe"とも言うが"the earth"とも言う。『地球』のイメージがより馴染むのは"the earth"であり、"the globe"ではグローバリズムとの区別が一聞だけでは明らかとはならない。グローバリズムの時代を逆手に取って読者を"the earth"、『地球』のイメージと意味に引き寄せようとしているのが朝日新聞の付録の"THE GLOBE"と弊ブログの右欄外にある"GLOBAL TIME"である。但し、朝日新聞には一部にグローバリズムに毒されていると思しい記事等もある。
 そもそも、『グローバル/global』の意味は地球よりも『総合性』と言う観念にある。地球は丸くそこに経緯線が入っているのでその『総合性』の観念を象徴するものと見做されている故に『地球』の意味も追加されているである。地球を実体としてよりも象徴として捉えることがそのミソである。

 その『総合性』がゆとり教育の核をなす思想である。
 然しそこに言う『総合性』とはかつて日本において求められていた"generalist"の"generals"、即ち広い分野に堪え得る意欲及び能力を持つ人々と言う意味ではない。言わば"globalism"の『総合』は日本語にある『総合』と言う言葉の裏の意味(、或いは裏社会的意味)と言える。
 教科や学問の「こまごまとした文言」、即ち詳細を学び構築することにではなく先ず以ては『総合性、globals』のイメージと観念を植え付けることが主眼であり、そのためには教育の水準を可及に低めて殊にその量を減らさなくてはならないとされる。量を減らすことは質の向上を生むとはグローバリズムの最も特徴的な信念である。なのでその意味においては金融緩和によって紙幣の枚数を増やすことはグローバリズムとは矛盾するのである。グローバリストの側の論理に随うと、金融緩和は『グローバリズムをまだ理解していない、量を追求する人々を当面は納得させておくための方便』に過ぎない。故にも弊ブログは金融緩和は単なる方便としてではなく、するならば真面目に誠実にして欲しいとしている訳である(元々は弊ブログは金融緩和には反対であった。)。
 とにかくそのような観念さえあるならば学力などはどうでも宜しい、グローバリズムを支配する人間に従うようにしておれば良いという言わば地球規模の全体主義の初歩がゆとり教育である。
 すると、自民党が21世紀になって殊更に日教組への糾弾を強化し出した動機も明らかとなる。所謂日教組教育にも問題はない訳ではないが、グローバリズムに基づくゆとり教育を推進する上では日教組教育は最も手近な妨げとなる。良くも悪くも昭和的日教組教育にはゆとりと言うべきものはない。学力の水準に関しては現場任せである。グローバリズムは単なる形式、或いは象徴的イメージとしての国家を肯定して実体としての国家を否定するために国旗と国歌を見合わせることは否定の対象、厳密に言うと嘲笑の対象となる。

 とは雖も、量を減らすことは何でも悪いのではない。少食は健康の秘訣とも言われる。経済的にもそれが要求される場合もあるであろう。然し体重を減らすことや体脂肪を減らすことに関しても嘘や迷信は少なくない。例えば油を多く摂ると太るとか寿命が縮むとは全くの嘘である。所謂ヘルシー・メニューには(多くはそれ自体がではなくそれを習慣とすることが)早死にや低効率化の元凶となるものも多い。ヘルシー・メニューもまたグローバリズムの産物なのかもしれない。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。
■CYBER ECOLOGY 2015 ウェブサイト版は⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13493577.gif●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


[PR]
by keitan020211 | 2015-02-16 21:20 | 文明論 | Comments(0)
<< ゆとり教育とグローバリズム 2 【英語訳】八代亜紀『舟唄』 >>



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
My Tweets
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-16 02:03
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 22:51
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 20:27
安倍を支持する男・安倍を支持..
at 2018-12-12 01:55
高輪ゲートウェイだけではない..
at 2018-12-09 20:31
林修先生の「質より量」は「量..
at 2018-12-06 01:51
JR山手線の新駅が高輪ゲート..
at 2018-12-04 18:17
一流の人は決して遣わない 品..
at 2018-12-02 00:50
日産が撞く晩鐘――コンビニ形..
at 2018-11-25 18:24
【日産ゴーン氏逮捕】今批判を..
at 2018-11-21 03:15
ZARDのアルバムを再購入..
at 2018-11-18 21:20
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 15:08
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 14:34
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 14:09
「「褒める教育」は伸びない」..
at 2018-11-18 09:22
ZARDのアルバムを再購入―..
at 2018-11-18 06:59
2018年度 なんでも番付
at 2018-11-18 03:36
産むことの権利と性差――Ab..
at 2018-11-14 02:46
恋愛に「告白」は要らない――..
at 2018-11-11 06:02
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-11 01:50
最新のコメント
> 清瀬さん そのリン..
by keitan020211 at 20:24
リンクから飛ぶことが出来..
by 清瀬 at 03:43
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング