【英語訳】社説 朝日新聞 2016.1.1
The world to be divided
A year to confront a reviving of the solidarity
on the Editorial of The Rising Sun (Asahi Shimbun, Osaka, Japan)
on 1st January 2016

The earth's come through the wounds at the new year.
Ethnics, religious, economics or on the generations......, everywhere has some fissures dashed upon. The global world what should mean any space without the borders of countries, now, pretty ironically has been covered with much of dividing lines.
In order to restore that, encouraging reconciliations, making no inequalities, realising relievable societies――.
It'd be that the missions for the leaders. Still, rather so some politicians, religious persons or opinions men who have taken advantage of the divisions upon the societies appeared, have often been amid cheers.
However, making the fissures up and seeking any shape on a new solidarity, such motions either have come out. For example, The end of the last year, at the United Nations Framework Convention on Climate Change, or COP21 in Paris, every nations have agreed on a new framework on the measures against the global warming. They've got bound for a very solution out of the thoughts on each ones.
A trial on the new year shall begin since confronting one by one the crisis on the solidarity and sympathies.

■The politics deepened its gulf

The "Islamic State", or IS is an extremist party advocated some fanatic doctrines to conspire divisions on the people, who is not only to murder it made any people never obey them at the regions in whose dominance subjected. Seen any other religious or civilisations the subject for their hatred and they are trying to make a deep gulf between themselves and the Muslims.
The side who had their blade given, how have they tried to respond to?
In the Europeans, has a cautious feel on the refugees out of the Mideast or the layer of immigrants got intensive sharply. Such in France, had a high support on the exclusivist right wings political parties. In the US at the selection of the presidential candidate in the Republicans has a popularity on Mr. Trump followed random talks such of "(Get) Muslims into a prohibition on the entrance," never declined.
Opposed with some dividing by some dividing, those are agreeing each other at respect that the influences which should have been hostile each other are going to divide the world.

<omitted>

The Japanese also has never meant to get rid of many gulfs here seen.
Never seen it the country sensitive at respect of reception of refugees amounted to several tens million over the world. There had it less consciousness of a problem on the crisis upon the solidarity.

■A stray in the consciousness of the "brethren"

The rate of poverty in the children and the rate of irregulars in the employment have so risen. The figure of the former nation in equality has been left far behind. Although, the universal reform on the social security and the tax either has never been in, the social solidarity in these nations has got weaker about.
The issue on the base of the US Forces in Okinawa either has yielded upon the Japanese a division. What most of the people in the prefecture requires to the mainlands is a sharing on the burden too much grave on the prefecture alone, that is a request of supports to the "brethren" by the "brethren".
But the response from the mainlands has been chilly. The politics should reduce the issue to a composition of factional oppositions over the security. There has it no shadow to see on the original nationalism to bring some sympathy on the "brethren" and solidarity about.
The nationalism leans to "elimination" than to "comprehensibility" divides the societies than unifies it as well as the populism.
For its conquest what'd be the necessary?
The agreement in COP21 would be the outcome made by the every nations in which some practical concepts have seen commonly that ones at trying to avoid any burden on themselves would never let the problem be consequent to any true solution.
And, either Professor Ide Eisak of the faculty of the economics of Keio-gijuku University who was named for the Daibutsu Jiro's prize of the opinions world about his "The terminators of the era of the economy" which he had considered by his viewpoint in the economics of the division upon the societies, points an importance of practical ways to conceive.
According to the professor, between the layer of middle and higher incomes and that of lower incomes in Japan got a gap out, has the sympathy among the people to get extinct. He talks: "The necessary is a viewpoint to see that we are to gain on helping each other, so ourselves to be a receiver of the benefit, to be happy," for its restoring, not any ideas.
Extending a comprehension for a practical solution than ideas, which would be a hold important for making it possible some effort for reviving the solidarity and sympathies.

■In anticipation of destroyer on the democracy

The social division is the threat for the democracy. As having less sense to see "settled by everyone of us", got the people will never let themselves respect any political decision. And that will invite a vicious circle to subdivide further the societies.
Viewing directly the pathology of the division the societies on ourselves carry, we can not go on as never making it stronger the politics or opinions which do never take advantage there, in anticipation of it got serious as much as it made the democracy even to be null.

分断される世界 連帯の再生に向き合う年
2016年1月1日

 地球が傷だらけで新年を迎えた。
 民族や宗教、経済、世代……、あらゆるところに亀裂が走っている。国境のない空間を意味するはずのグローバル世界は今、皮肉なことにたくさんの分断線におおわれている。
 それを修復するために、和解を勧め、不公平をなくし、安心できる社会を実現する――。
 それこそが指導者の使命であろう。だが、むしろ社会の分断につけこむ政治家や宗教者、言論人も登場し、しばしば喝采を浴びている。
 他方、亀裂を埋めて新しい連帯の形を探す、そんな動きも出ている。たとえば昨年末、パリの国連気候変動会議(COP21)で、各国は地球温暖化対策の新しい枠組みに合意した。それぞれの思惑を出て真の解決のために結束した。
 新年の挑戦は連帯と共感の危機にひとつひとつ向き合うことから始まる。

■溝を深める政治

 「イスラム国(IS)」は狂信的な教義を掲げて人々の分断を謀る過激派組織だ。
 支配地域で従わない人々を隷属し殺害するだけではない。ほかの宗教や文化を憎悪の対象にしてイスラム教徒との間に深い溝を作ろうとしている。
 その刃を向けられた側はどう応えようとしているか。
 欧州には、中東の難民やイスラム系移民層への警戒感が急速に強まった。フランスなどは、排他的な右翼政党の支持が高い。米国は共和党の大統領候補選びで「イスラム教徒を入国禁止に」などと放言し続けるトランプ氏の人気が衰えない。
 分断に分断で対抗する。敵対し合っているはずの勢力が世界を分断するという点では奇妙に共鳴し合っている。

<中略>

 日本もこうした多くの亀裂を免れているわけではない。
 世界の数千万にのぼる難民の受け入れという点で積極的な国とは言えない。そこに連帯の危機への問題意識は低い。

■「同胞」意識の迷走

子どもの貧困率や雇用の非正規率も上昇している。かつての平等な国の姿はすっかり遠くなった。にもかかわらず、社会保障と税の一体改革もままならず、この国の社会的連帯は弱まるばかりだ。
 沖縄の米軍基地問題も日本に分断を生んでいる。県民の多くが本土に求めるのは一県には重すぎる負担の分担だ。「同胞」から「同胞」への支援要請である。
 しかし本土の反応は冷たい。政治は問題を安全保障をめぐる党派的対立の構図に還元してしまう。そこに「同胞」への共感と連帯をもたらす本来のナショナリズムは見る影もない。
 「包摂」より「排除」に傾くナショナリズムはポピュリズムと同様に社会を統合するより分断する。
 克服には何が必要だろうか。
 COP21の合意は自分の負担を避けようとするだけでは問題のほんとうの解決にはつながらないと各国の間で実際的考えが共有された成果ではないだろうか。
 また、経済の視点から社会の分断を考察した『経済の時代の終焉』で大佛次郎論壇賞に決まった慶応義塾大学経済学部の井手英策教授も実際的な考え方の重要性を指摘する。
 教授によると、日本では中高所得層と低所得層の間に溝ができ、人々の間の共感が消滅しつつある。修復には理念ではなく「お互い助け合った方が得をする、自分も受益者になる、幸せになるという視点が必要だ」と話す。
 理念より実際的解決への理解を広める。連帯や共感の再生への取り組みを可能にするための重要な手がかりではないか。

■民主主義壊れる前に

 社会の分断は民主主義にとって脅威だ。「私たちみんなで決めた」という感覚がなければ、人々は政治的決定を尊重しようとはしなくなる。そしてそれはさらに社会を細分する悪循環を招く。
 民主主義さえも台無しにするほどに深刻となる前に、私たちの社会が抱える分断という病理を直視し、そこにつけ込まない政治や言論を強くしていかなければならない。


←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2016-01-02 17:08 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 年頭の社説 四大新聞の比較 と... 年明けの討論番組を観る 朝日とNHK >>



政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ ●希望の党民社協会(高木派)と自民党水月会(石破派)、志公会(麻生派)を支持。●"Logry Freesia"とは『ブログのある所 自由な国』の意味です。
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
コラム 葉がつく
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
The Time on Anywhere
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【4月新番組】フジテレビ 石..
at 2018-04-17 15:06
小田急ダイヤ改正の風景を撮っ..
at 2018-04-10 19:22
【Freesia料理】生姜焼..
at 2018-04-10 15:29
【Freesia料理】バター..
at 2018-04-10 15:06
産経新聞を抜き打ちで査察する
at 2018-04-10 14:47
【書を読む】満員電車がなくな..
at 2018-04-03 14:20
Internet Explo..
at 2018-03-27 19:34
健康診断の結果から見る 生活..
at 2018-03-27 15:30
今の経済は不足供給の時代――..
at 2018-03-15 15:28
【英語訳】安室奈美恵 CAN..
at 2018-03-13 12:19
北朝鮮とアメリカ 首脳会談は..
at 2018-03-11 20:23
報道と権力 そもそもの関係に..
at 2018-03-11 20:21
買った、大島優子の写真集『優..
at 2018-03-01 18:28
京王ライナーに乗ってみた
at 2018-03-01 17:32
東京メトロ副都心線を撮影 +..
at 2018-02-14 18:56
あなたは如何程に東京に詳しい..
at 2018-02-11 20:55
あなたは如何程に東京に詳しい..
at 2018-02-11 19:52
あなたは如何程に多摩・武蔵野..
at 2018-02-08 01:17
あなたは如何程に多摩・武蔵野..
at 2018-02-08 00:40
あなたは如何程に神奈川に詳し..
at 2018-02-07 21:43
最新のコメント
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング