貧富の差を計る数値――何故 中央値 を取るのか?
 森友・加計疑惑や財務省の事務次官の不品行の疑惑などに隠れ、今年は貧困や貧富の格差についてはあまり語られなくなっているようです。果たしてそれらの問題が国民の貧富に関わるものなのかは分かりません:幼稚園を永らく経営してきた学校法人がその小学校を新しく創りたい、それに係り財務省が学校を建てるための用地を前例のない大幅の値引で譲渡しようとした;獣医学部のある大学が地元にはないのでそれを実現したいと志している或る学校法人や地元の自治体がその設立の認可を優先して与えるように政府に要請した;財務省の事務方の代表である事務次官がテレビの報道記者による取材に応じた際にその記者に卑猥な言辞により取材を妨害した。
 政府が或る者をその権力を用いてを不公平に優遇したり抑圧したりすることがそれらの特定の者だけにではなく巡り巡って国民の全般の不公平につながることはありそうとも考えられるしなさそうとも考えられる。勿論、それぞれの国民の受け止めようにもよるでしょう。若しそれがあり得るならば、それらの疑惑について考えることは貧困や貧富の格差についての問題意識ともつながるのかもしれず、それをそっちのけにして衆目を引くような疑惑に注目しているだけとはいえないでしょう。

 因みに、私は弊ブログのこれまでの記事等にも時折に語っているように、貧困や貧富の格差については絶対格差、gapsについては問題ありと思いますが相対格差、differenceについては問題そのものが存在しないと思います。日本においてはそれらの何れも十把一絡に格差と呼ばれて問題にされていますが、幸福を追求することなどの人権に関わるのは絶対格差、gapsだけであり、相対格差、differnceは人権とは関わりがなく、精々が経済論的問題に過ぎません。相対格差の存在は人々にとっての変わることのない所与の条件でもあり、当然に生じ続けるものですがあまりに大き過ぎる相対格差は経済を成り立ちがたくさせるという説もあります。

 しかし「大き過ぎる経済格差」とは一体、何を基準にするものなのでしょうか?

 それを解く鍵が格差、取り分け所得格差の計り方にあります。

 先述の疑惑の話に出て来た、学校や放送事業者においては多く平均値というものが用いられます。
 学校においては考査の平均点、或いは、数値にはならない「生徒達の平均的志向」などがいわれます。放送においては全ての時間帯に亘る平均視聴率が算出されます。平均視聴率と相対する数値は瞬間視聴率です。
 では、国民の所得や生産額も平均値で計ればよいのではないかと思うかもしれません。実際に平均所得という数値は統計されて官民において発表されます。しかし平均所得は他の事柄には役に立つことがあっても、格差を計ることには役に立ちません。
 他には、平均値が重視される事柄には株価を平均する日経平均株価というものがあります。今は電算機と通信装置の時代なので日経平均株価を算出することはその数式を知る人なら誰でも容易くすることができますがそれらのなかった時代には膨大な数の銘柄の株価を全て計算せねばならず、故にその担当者しか計算をしないものであった訳で、日経平均株価の担当者はかつては他に代わる者のない名誉職であったといえます。

 何故に平均値ではならないか?

 それは平均とはその基となるもの、例えば所得なら国民の総所得と個々の所得が一体のものとして互いに相関することが前提となる概念であるからです。平たく言うと、自分の所得と他人の所得または皆の所得の総合計は同じ土俵で比べることができる、そうであって初めて平均値は意味があります。それを数値の有機性と呼びます。
 しかし所得とはそのようなものではありません。先ず、時間賃金、いわゆる時給が千円であることの正当性には貨幣の価値の相対性などからして絶対の根拠はありません。千円の時間賃金はそれが千円なることに意味があるのではなく八百円より高いことや二千円より安いことに意味があります。先ずそこからして平均所得を格差の基準にすることの意味のなさが何となく分かります。皆が誰の千円をも等しい価値と見做していなければ平均額は価値を表す数値とはならないのです。
 政府が平均所得を統計するのは政府が貨幣の価値を制御することの能う立場にあり、正しく制御されておれば同じ金額は等しい価値を表すと推定することができるからですが現実には必ずしもそうではありません。政府の役人等も一市民としてはそのように思ってはいないでしょう。

 貨幣価値だけではなく、賃金とそれに基づく所得の決定には絶対の根拠はないことは業種の違いや地域の違い、労働者や経営者の能力の違いなどにもよります。それらを一様に金額に換算することはできません。唯一の決め手は支給者が支払えるか支払えないかです。
 故に同一労働同一賃金というものも不可能であると分かります。同じ雇用者、事業者の中でも賃金額を同一の基準により決めることは不可能です。実はそれを最もよく知るのは同一労働同一賃金ではなく同一雇用者同一賃金を原則とする共産党です。賃金の総額を単純に被雇用者の頭数で割るだけ。
 しかし何故か、自由主義資本経済を信ずる人達が同一労働同一賃金を実現するべしと主張しているのは貨幣価値などの相対性を前提とする自由経済の根本を理解していないということであり、不可解です。
 全体と個別の価値を有機的に金額に換算することができる、そのような国家社会主義的経済観が平均所得の大前提です。少しずつでも平均所得に近づくように同一労働同一賃金などの政策により国民の所得を高める。――本来の自由主義も共産主義もそれとは異なるものです。

 中央値の意味を説明することよりも平均値の意味のなさを説明することが長くなりました。
 さて、中央値とは何か?

 1; 2; 3; 4; 5――この五つの数値の平均値は7.5ですが、中央値は3です。
 1; 2; 3; 4; 5; 6; 7; 8; 9; 10――この十の数値の平均値は27.5ですが、中央値は5.5です。
 ――中央値とは複数ある数値の丁度真中、どまんなかにある数です。どまんなかの「ど」の漢字は「度」。
 そのような等差数列では分かり易いですが、偏差数列では少し難解です。
 1,856,475,219
 8,546,135
 7,954,264
 4,264,789
 3,786,451
 それらの五つの数値の平均値は376,205,371、3億7620万5371ですが、中央値はぐいと下がり、7,954,264、795万4264で、3番目の数値と同じです。5つある内の度真中は3つ目であるからです。
 つまり、中央値を出すには数値が奇数個なら計算を全く要せず、偶数個なら個数/2つめと個数/2+1つ目の数値を平均すればよい。計算の力よりも表を作る力を要します。
 何故度真中を取るだけの数値が中央値になるのか?、それにはどんな意味があるのか?そもそも計算しなくてよいなんて信用できる数字とはいえないではないかと思うかもしれません。
 それが正にですね、或る数値を決めるものには絶対的根拠はないということなのですよ。
 数値そのものに意味があるのではなく、偶々真中になったことに意味がある、それが世界の真中で輝くということなのかどうかは分かりませんが。
 それらの五つの数値には先に平均値の処で説明した同じ土俵での比較が可能な有機的関係はなく、只それらの五つの数値が発生して存在するだけです。所得(円)なら、それらの五人の所得額はそれぞれ無機的に、即ち無関係に決まって貰っているものです。無関係なら平均値を取っても意味がありません。なので金額を計算するのではなく順位に着目する訳です。
 
 格差の研究をする人達がそれに所得の中央値を用いることを思い立ってしているのは画期的であると思います。従来の経済社会観とその格差についての見方がそれにより根本的に変わっているからです。
 従来のものとは先に説明した平均所得を基準とするものです。その平均所得には全体にも個別にも意味のある数値として認識されていたものが、そうではない、数値そのものではなく順位が重要なのであると喝破しているのです。つまり、二位では駄目なことは全くなく、二位には二位の価値があることになります。
 度真中の順位には、それを上回る者と下回る者が同じ数だけいます。つまり、他者や世の中を中立に曇りなく見ることができる可能性が最も高いと仮定することができます。勿論それは最上級や最下級の人のものの見方は常に偏っているということではありません。最下級の人達も適当な知識や心得があれば物事を公正中立に見ることができますが所得の低さから来る教育の機会の不足などにより偏らざるを得ないのが実情です。彼等のやや偏っている主張を民意の一部として取り込むためには現行の放送法を擁護する人達のように公正中立不偏不党を振り翳す訳にはゆかないでしょう。不偏不党とは主張してはならないということであり、そのようなことを求めることが公正中立な筈はありません。
 但し、格差の是正には関心がないとされるネット右翼には中央値に近いかそれをやや上回る所得の人が多いとされるのが何故かは謎です。最も中立的と思しい所得水準なのに彼等のものの見方はかなり偏っている。考えられるのは所得の高さを自分や子供の教育に向けるのではなく実力の行使に向けることです。知識も心得も乏しいのにそれを主張する機会と装備能力だけは高い。

 格差とは中央値との差をいいます。
 その差を相対として計る際には、差の大きさは問題があるものと捉えられます。
 しかし二位には二位の価値があるのと同じく、最下位には最下位の価値があります。それはそれぞれの順位の者を絶対として見る場合です。それらの順位の間には有機的関係はないのでそれが可能になります。平均値との差で計る場合には有機的関係における差なので最下位には最下位の価値があるとは見做されず、価値がないとされます。
 昨今に格差の問題に関心がある人達には、格差がそのように中央値との差で計られていることを知らずに平均値との差の観念で見て語っている人が少なくないように見受けられます。故に格差を空けられている者はどこまでも疎外されている、それを解決するためには一億総中流の時代の水準を取り戻さなくてはならないと主張することになるのです。ものの見方の前提が格差を作り出しているとされる側と同じ。3億7620万5371円の所得の人はいないのに恰もそれがいるかのような前提で語っている。一概に格差を是正して所得水準を高めるべきとはいえども、存在しないものを想定してはいけません。
 また、問題の意識とその解決を求めることが「解決するまで待て。」という状態を生じてそれが長引くことにつながることが日本の特徴です。無論、待っている間は何も改善されません。それは日本だけでは必ずしもありませんが、その点からも今までの格差社会についての問題意識は百害あって一利ないものであったといえます。

 中央値はMicrosoft Excelの関数にもあり、=MEDIANがそれです。物事の意味によってそれを計る数理も違うものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
by keitan020211 | 2018-04-25 15:41 | 政治、社会 | Comments(0)
<< 報道ステーションの壁紙を作りました。 【Freesia料理】羊丼 >>



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
My Tweets
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
国民民主党は「5%の国民」に..
at 2019-01-08 22:12
2020年代は「住」の時代―..
at 2019-01-03 20:35
地下鉄三田線@6000系車輛..
at 2019-01-02 03:44
【2019年/平成31年 年..
at 2019-01-01 00:00
写真映りを良くしたい。上手く..
at 2018-12-28 00:43
写真映りを良くしたい。上手く..
at 2018-12-27 21:16
クリスマスに考える 男女交際
at 2018-12-25 20:39
冬のコーディネートを考える ..
at 2018-12-22 13:38
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-16 02:03
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 22:51
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 20:27
安倍を支持する男・安倍を支持..
at 2018-12-12 01:55
高輪ゲートウェイだけではない..
at 2018-12-09 20:31
林修先生の「質より量」は「量..
at 2018-12-06 01:51
JR山手線の新駅が高輪ゲート..
at 2018-12-04 18:17
一流の人は決して遣わない 品..
at 2018-12-02 00:50
日産が撞く晩鐘――コンビニ形..
at 2018-11-25 18:24
【日産ゴーン氏逮捕】今批判を..
at 2018-11-21 03:15
ZARDのアルバムを再購入..
at 2018-11-18 21:20
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 15:08
最新のコメント
> 清瀬さん そのリン..
by keitan020211 at 20:24
リンクから飛ぶことが出来..
by 清瀬 at 03:43
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング