高齢運転者の事故の多発 運転免許の返納は無意味
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!


 テレビ朝日のJチャンネルがまた相次ぐ高齢運転者の事故を特集しています。
 ここ数年に亘り、高齢運転者による自動車の事故が増えて今も多く発生しています。それについての報道の特集はテレビ朝日だけがしているのではありません。

 そこに、しばしば提起されているのは高齢運転者の運転免許の返納を促すべしとの意見です。高齢者は認識能力などの自動車の運転に要する能力が自ずと低くなるので高齢者が運転を自粛するだけではなく運転免許を返上することは当たり屋池上のクラッカーであるというのです。――「当たり屋池上のクラッカー」とは昭和の時代にはやったギャグ「当たり前田のクラッカー」を今風に捩ったものです。
 そのような意見はネット世論には頓に多く、近年はネットに飛び交う情報の後追いに甘んずることの多いテレビ報道もまたそれを後追いして後押ししている形にあります。動かない自動車の後押しではありません。

 高齢者の運転免許の返納を促す意見には以下の誤りがあります。

①運転の能力に関し、認知能力を偏重する。
②事故が多発している高齢者とはいつの時代の高齢者であるかを明らかにせず、高齢者の全般を運転の能力に劣るものと見做す。

①運転の能力に関し、認知能力を偏重する。

 痴呆症、呆けが認知症と言い換えられている時代にあります。
 痴呆症や呆けと言って何の問題もない筈ですが怪しげなイデオロギーを信じている人達はそれを許さず、認知症と呼ぶことを求めています。
 そのイデオロギーは人間の能力というものに関し認知能力を偏重することが特色の一つです。

 話が逸れますが、痴呆症が彼等により差別語と見做されるのは「痴」の字が「乱痴気騒ぎ」の語にも用いられることから生じた勘違いと考えられます。乱痴気騒ぎは紛れもなく悪いことですが、「痴」の字の意味は漢字辞典を引くと「愚か」や「戯け(たわけ)」ということです。「愚」や「戯」の字にはそもそもは然程に悪い意味はなく、単に通常とは違う、異常な状況ということに過ぎません。そうではなければ、誰が「愚」という字を遣う名を子に付けて彼が一国の君主になるでしょうか?彼の名である「泰愚」は通常とは違う状況に泰く構える、即ち非常時に強いということです。また、衆愚政治としばしば訳されている'ochlocracy'には「愚か」という意味すらありません。ochlocracyとは群衆による政治ということであり、選ばれた者のみによるものではない通常とは違う状況における政治ということに過ぎません。選ばれた者による悪政は'cachistcracy'と言い、その原義は遠慮なく大笑い、哄笑をするということです。日本における'standing ovation'もそれに当たるでしょうか。笑いではなく拍手ですが、本質は同じです。議場が皆電波少年となっている訳です。
 「痴」、「愚」や「戯」:それらは乱痴気騒ぎなどのような紛れもなく悪いことに偶々用いられているのであり、その悪い意味合いから字そのものをも悪い意味と見做す勘違いが痴呆症を廃語としようとしている風潮なのです。呆け老人はどう見ても「痴呆」であり、認知症などという分かったようなことを言うべきものではありません。
 因みに'cachistcracy'にはあらゆる物事を自らの専門の知見だけに基づいて見るような最劣等人間による支配という意味もあります。「こだわり」や「独断と偏見」、「一刀両断」、「ズバッと斬る」などもその類です。彼等はしばしば選ばれた者を意味もなくなけなしの古語を拾って「選ばれし者」と言うのも特徴です。

 運転免許は紛れもなく、選ばれた者に与えられる資格です。

 認知能力は紛れもなく必要なものではありますが認知能力とは単に認知する能力ということに過ぎず、認知するだけでは何にもなりません。人間は認知を基に行動して何歩のものです。
 よって運転の能力を測るには認知能力だけではなく行動する意思とそれを可能にする体力が測られるべきものです。
 行動する意思とは「走る;曲がる;停まる」を基本として運転を安全に遂行しようとすることであり、時には救護や救援をすることです。そのためには骨、血や肉などの健康な体力が必要となります。
 それらを総合的に勘案すると、運転に相応しい高齢者は少なくはなく、免許の返納を視野に入れている高齢者の率96%<:テレビ朝日 Jチャンネルに拠る>の大半は自動車の運転に充分な能力を具えているでしょう。しかし認知、行動と身体の内の認知の部分だけが偏重されることにより、非高齢者と比べ相対として劣るだけの理由により、高齢者の全般が運転をするべきではない欠格者とされているのです。俗に認知症と呼ばれる痴呆症が増加の傾向にある、ならば高齢者の全般の認知能力は劣っている筈であるというのです。
 尤も、認知能力だけではなく行動能力と体力もまた相対として劣るものではありますが、では、非高齢者のそれらが果たして何歩のものであるかは推して知るべきものです。高齢者の事故率と非高齢者の事故率または全体の事故率を比較する基本の数字さえ明らかになってはいません。只高齢者の自動車の運転における交通事故の件数が増加の傾向にあることのみを以て彼等の運転免許の返納を促す世論が現出しているのです。

 寧ろ、認知能力を偏重するからこそ、高齢者による自動車の運転における事故が増えているのです。

 事故を起こす高齢者は自らの認知能力を過信しているだけではなく、そもそも認知能力の偏重の風潮を作り出した人々です。
 つまり、云う側も云われる側も同じイデオロギーを信じている。そのような場合は、意見や批判は公論ではなく私的指摘に過ぎません。同じ共同体の内にしか通用しないのが私的指摘です。公論とは異なるイデオロギーや思想の者の間においても通じ得る意見や批判のことであり、それが成り立ち得るのが自由で民主的な国家です。

 それが②、「事故が多発している高齢者とはいつの時代の高齢者であるかを明らかにせず、高齢者の全般を運転の能力に劣るものと見做す。」につながります。 
 
 事故多発高齢世代、それが認知能力の偏重の風潮を作り出した張本人達であり、その支配の下に育って現役世代となっている非高齢者もまた同じイデオロギーを信じて風潮を再生産しています。

 事故多発高齢世代が運転免許の取得の条件たる年齢に達した時代は自動車化、the motorisationの始まった時代です。高度経済成長の始まりでもあります その頃にトヨタ自動車工業、現トヨタ自動車がトヨペットクラウンを発表。トヨタは後発の自動車メーカーですがその頃から日本の産業界における頭角を現し、先発の日産自動車やプリンス自動車がトヨタを追う情勢になりました。プリンス自動車とは後にその一部が日産に併合された現在のスバルこと富士重工業の前身です。
 自動車メーカーは何れも自動車そのものを作ること及び自動車を生かせる社会を提案することが仕事であり、認知能力の偏重の風潮とは何の関係もありません。私も元トヨタマンとしてそのようなイデオロギーを教え込まれたことはありません。トヨタが自動車の運転に関し教えているのは:車間距離を充分に取ること;「かもしれない運転」を実践すること;飲酒運転を絶対にしないこと:などです。但しトヨタグループの中でもそれらの実践に関し温度差があるようですがトヨタ自動車株式会社は特に厳格にその実践を求めています。

 「かもしれない運転」とはトヨタが発明したものではなく警察の運転教本にも載っているものですが、警察用語ではそうは呼ばず危険の予知といいます。予知とはまだ分からないことを考えることなので、認知能力が幾ら高くても追いつけないものであり、どちらかといえば安全に運転しようとする意思をいいます。考えられる状況についての知識を得ると共に、その意思を片時も絶やさずに運転をすること、または、或る場合には運転を控えることが「かもしれない運転」です。
 トヨペットクラウンやそれに無謀にも挑むような車が出た時代には、まだ認知能力の偏重のイデオロギーが現れてはいなかったと思われます。とにかく車は恐いので気をつけろ、そのような原初的慎重さが強く生きていた時代であったでしょう。
 それが立ち現れたのは高度経済成長の成功が確認されて自動車の普及が愈々(いよいよ)増して来た昭和40年代であったと思われます。ベトナム反戦運動などが興った'70年代と五年ずれて重なる時期です。
 高度経済成長の昭和30年代は豊かになるための意思と体力の時代、やがて経済力が高まり、初志と原初性を離れてより知的なものを求めることから、昭和40年代は認知能力が重視されるようになったのです。
 しかし知性の結晶のような営みたる諜報、the intelligenceを引き合いに出すまでもなく、真の知性は意思と体力に支えられなくてはならず、認知能力だけでは何もなるものではありません。それは昭和天皇が「なせば成る なさねば成らぬ 何事も」と歌っている通りです。

 2年しかない平成30年代には、自動運転の実用化が現実味を帯びています。
 自動運転は運転に要する認知能力をより少なくしようとすることであり、それが半世紀も続いた認知能力の偏重の風潮を変えるきっかけの一つになるかもしれません。しかし一般には誰もまだ自動運転を経験していないので多くの人が高齢者の運転に関する問題を手動運転の永続を前提にして考えています。手動運転の継続については半分はその通り正しいといえますが認知能力を偏重していては手動運転も成り立ちません。意思と体力については下手をすれば、或いは、上手くしても、高齢者におけるよりも、現役世代の弱みであり続けています。まだ現役世代となってはいない子供にあっても、体力の水準の低下が今は著しくなっています。私は意思と体力によって一命を取り留めたことが幾たびかあります。その時に瞬発で適切なハンドルを切らなければ大きな事故になっていたけれど私にも車にもかすり傷一つをも負わなかった事例が愛知県、静岡県と神奈川県のそれぞれ三つにおいてあります。他の二つは自責で高速道路におけるものですが、その内の神奈川県におけるものは同県に広く営業網を持つ某バス会社の側方不注意による発進に巻き込まれそうになった他責によるものです。そのバス会社はおしなべて運転のマナーが悪く、踏切で一旦停止をしただけで後ろから警音器を鳴らして来たりします。多分、籠池のおやじではありませんが、被差別部落民を追い出してその土地を安く買い叩いていたりするのでしょう。いや、籠池ではなく安倍昭恵が悪いのか。

 今の高齢者より旧い世代の人々は高齢になっても然程に事故を起こすなどの危険を生じてはいませんでした。その事実をなかったことのようにして高齢者は自動車の運転には相応しくないと断ずるのは如何なものでしょうか?
 また、老害といわれる人は若い時から害であったのであり、故に老害などと呼ぶべきものではなく、若い人が先ず自らを省みるべきです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2018-05-01 13:33 | 文明論 | Comments(0)
<< 【Freesia料理】龍馬の酢の物 報道ステーションの壁紙を作りました。 >>



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
My Tweets (2 of the accounts)
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
【Freesia大特集201..
at 2018-10-11 02:33
【Freesia大特集201..
at 2018-10-11 02:17
【Freesia大特集201..
at 2018-10-11 01:59
小田急電鉄は車輛の小型化で速..
at 2018-10-01 21:12
【自民党総裁選挙】『地方創生..
at 2018-10-01 20:32
【英語訳】天声人語 朝日新聞..
at 2018-10-01 20:26
樹木希林の死去と自民党の総裁..
at 2018-10-01 20:21
アイロン掛けは後ろから――ア..
at 2018-09-14 13:54
【英語訳】国民 新代表に玉木..
at 2018-09-14 13:06
【Freesia英語】「つぼ..
at 2018-09-14 13:02
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-09 02:28
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-09 01:02
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-08 23:36
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-08 21:25
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-08 19:19
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-08 17:30
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-08 15:47
続:講演での座席を取る位置..
at 2018-09-06 21:20
続:講演での座席を取る位置に..
at 2018-09-06 20:05
安倍晋三と細川護煕、実は性格..
at 2018-09-04 21:19
最新のコメント
> 清瀬さん そのリン..
by keitan020211 at 20:24
リンクから飛ぶことが出来..
by 清瀬 at 03:43
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング