人気ブログランキング |
クリスマスに考える 男女交際
a0313715_20282461.jpg 今年の私のクリスマスは勤務を定時に終了の後にカトリック教会の降誕祭のミサ聖祭に参り、新百合ヶ丘で母へのクリスマスの贈り物を選びました。その品はLAURA ASHLEYの純白のハンカチ。
 白のハンカチというと葬儀の引出物みたいで、今話題の女優ローラの署名運動に因む訳でもなく、私が今よりも貧乏であった頃になけなしで買ったLAURA ASHLEYの中古で難ありのシャツを自分で縫って直して着始めたことを思い出すつもりでのもの。
 しかし、クリスマスに葬式みたいなものをというのはキリスト教におけるクリスマスには意味のあることであるといいます。
 聖書の福音書に記されるイエスの誕生の話にはそれを祝うために東の国を来た三人の博士の一人が没薬をイエスに贈ったとあります。没薬とは金正日将軍の御体にも遣われている、遺体の保存料。イエスは生まれた時から死ぬことが視野に入れられていたのです。普通なら縁起が悪いとされてしまいます。
 日本の葬儀の慣習は逆に死の時にも生を思わせるということなのかもしれません。

 生といえば性。

 私はクリスマスが今は死語となっていますが、「性夜」と呼ばれたりして恋の日とされることをなかなか良いことと思います。
a0313715_20362513.jpg 山下達郎の『クリスマス イブ』は特に好きという程ではありませんがそれなりに良い歌と思いますし、私が好きな恋系のクリスマスの歌はマライア キャリーの'All I want for Christmas is you'です。渡辺美里の『クリスマスまで待てない』も好き。
 但し'White Christmas'などの、色々な歌手が歌い回す定番の歌の数々は何故か下手な歌手が多く、街や店に流れていると違和感があります。殊に男性の歌手のものは良いのがない。
 それが何でかを考えるに、男性は小さな声で話したり歌ったりすることが不得意な人が多いからであろうと思われます。故に静謐を醸し出すクリスマスの歌には合わないのです。
 男子は何かと堂々と大きな声で話せと云われて育ちます。それは決して良いことではないと思うのですが、平和的な人なら堂々と自説を述べて聴く人を説得するため、闘争的な人なら相手を圧倒し若しくは威嚇して屈服するため。何れにせよ、声が大きくないと男らしくないとされるので小さくてよく通る声で話したり歌ったりという教育をされてはいません。
 男性が小さな声で喋る時とは多くは秘密のことをひそひそと話す時と自信のないことをぼそぼそと話す時です。ひそひそ話、即ち囁き声は今は女性にも時に見受けられますが、元々は男性の習慣であり、外に洩れてはいけないことを仲間に告げる際の話し方です。女性のそれはそのような男性の習慣を身に着けることにより男性や男性社会に取り入って寵愛を得るためのこと。囁きは女性や非男性社会――:「女性社会」とは限らない。――の蔑視が根底にあり、品のあるできる女は決してすることがありません。そもそも耳元で声を出されたら気持ちが悪いではありませんか。
 小さくてよく通る声、即ち声を絞って話すこと、それが歌の上手さにもつながります。多くの学校の音楽の授業は逆に大きな声で元気に歌いましょうと教えるので音痴を量産してしまいます。音痴なだけではなく歌うことをさえ嫌わせてしまうことにもなっています。歌うとは勿論、鼻歌や街中で歌うこと――:軽犯罪法違反です。――ではなく、キリスト教会を含む式典、カラオケなどの歌うことを求められる場で歌うことです。
a0313715_20313376.jpg 音楽用語でいえばpianissimo、それが喋るにも歌うにも基本です。それが身に着いていない男性にそれを求めると失語症になるではないかといわれるかもしれませんが、pianissimoは寧ろ失語症の予防にもなります。失語症とは要は息切れの際にパニック状態が起きて言葉が出なくなることです。それを防ぐには息切れを起こさないような、声が小さくて息と音を長く保てる喋り方をする必要があります。もう直ぐ皇后になる皇太子妃殿下はその点があまり教育されておらず、とにかく働く女は格好いいという感覚でおられたのでしょう。なのでビオラの音ももう少し絞るとよいかと思います。

 街や店がそんなクリスマスの歌ばかりなら、クリスマスはつまらない、要らないと思ってしまうのも仕方がないでしょう。殊に田舎は場所を選ぶ余地が少なく、同じ歌をいつも聴かされて同じ電飾をいつも見せられることになり、クリスマス嫌いが多くなり易いといえます。
 しかしクリスマスを嫌う人が増えて来ている今時は決して良いことではありません。
 クリスマスをハロウィンやバレンタインデーと並び「もてない人にとっての苦痛の日」と主張する人達が近年に目立ちます。また、クリスマスはキリスト教の行事であり仏教国の日本には馴染まないという真面目振った主張もあります。
 クリスマスは昨年以前の弊ブログの記事にもあるように、元来はキリスト教の行事ではありません。西ローマ帝国などの冬至の祭に由来し、それをキリスト教会も暦に取り入れて冬至の一時を楽しむものです。なので日本の冬至の柚子湯もクリスマスですし、仏院の僧侶がクリスマスを祝っても何もおかしいことではありません。夏はビアガーデン、冬はビアホール、厳しい季節を乗り切るための景気づけです。それをおかしいというなら、冬を乗り切れずに凍え死んでもよいということになります。というか、そういうタイプの人が多いようです。

 クリスマスの排斥にも見られるように、今時の日本は男女交際を忌避する傾向が強いようです。
 クリスマスを排斥する方々は昔から思い続けていることを今や何らかの機会を得てその声を大きくしているのかもしれません。
a0313715_20382844.jpg 男女交際の忌避の傾向についての考察は弊ブログが前の幾つかの記事にしています――改装で非公開にした記事もあるので全てがお読みいただけるようになってはいないかもしれませんが、――。その要点はバブル時代の負け組、即ち当時にもてなかった人々が社会の指導層になって来るにつれ国民に彼らと同じ思いをさせようとして反恋愛教を陰に陽に宣べ伝えているということです。バブル時代の勝ち組、即ち当時にもてたりお金で何とかなった人々は後にあまり出世していない。いわば下剋上が起こっているのです。プロ野球のクライマックスシリーズもその傾向を支えています。その下剋上が彼らより下の世代のもてないことを自負する人々にとり「もてない人を虐げるな。」とかいう主張の機会になっている。
 フランス大革命にも見るように、下剋上のもたらすものは多くの場合は恐怖政治であり、全く以て良いことではありません。
 
 二十年前のフジテレビのドラマ『Love Generation』は『Lost Generation』に改題されています。今の四十代を主とするいわゆるロストジェネレーションを作り出したのもバブル時代のもてない負け組です。彼らはバブル時代には負け組になりましたが後のグローバリズムの時代には「ほぼ勝ち組」になりました。そして自分達の直ぐ下の世代が幸せになっては気に入らない、困る、立場を脅かされかねないというので今の四十代を経済的社会的になるべく排除しているのです。世代は様々ですが、安倍政権を中核として支える人達なんかも塩崎恭久を除いてはもてなさそうな人ばかりです。

 今時の若者の安倍政権の支持率が高いというのは もてる/もてない の判定が下されることを懼れてのことと考えられます。もてない人達が指導する政権と社会ならその判定のために当落線上の自分が不利になることはなさそうと思う訳です。私は今時の若者が好きですが、当落線上男/当落線上女が著しく多くなっていると見えます。私の若者の頃など、昔はもっともてる人ともてない人の格差が大きく、自責であれ他責であれその不利を埋めることはかなり難しいと思われたものでした。しかしそうしなければどうにもならないという認識があり、もてない人も多くは良くも悪くももてる人になろうとしています。
 クリスマスの排斥などに見られる「もてない人を虐げるな!」の運動の主はそんな私の同世代、いわゆるロスジェネと今時の若者の中間の世代と見られます。ロスジェネとは四十代で今時の若者とは二十代、つまり三十代が中核。因みにその今の三十代は格差というものに非常にこだわり、殊に先天的格差を重視してそれを解消すべしといいます。つまり、自責主義も困りますが、彼らは他責主義です。自らの負う不利を自分の力で適切な他者の助けを請いながら埋めるという発想がありません。ロスジェネといわれる人々はそんな他責主義の方々の不適切な助けを借りてもより悪くなるだけと思うのがロスジェネ対策の動きが政治的社会的に出て来ない一因でもあり、その理由は決して覆らないでしょう。助けられた末に非モテ同盟などに入れられては困る訳です。そんなものに入ったら人間として終わりです。

 彼らの云うとおりにクリスマスがなくなったら、今度は花祭がもてる人々の日になったり――釈迦ももてたといわれます。――正月が新年早々もてる人しか出歩かない日になるでしょう。確かにそこまで男女連れしかいない街並になったら私も違和感がありますが、今時は男女連れが殆ど見受けられません――東急池上線とその沿線だけは比較的に多く見受けられますが、――。

 因みに、よくある勘違いは大学のテニスサークルは恋人づくりが目的というもの。
 下衆の勘繰りとしかいいようがありませんが、恋人を作ることが目的なら会員の人数には限りがあるので入っても相手が見つからずに程なく辞める筈です。
 テニスサークルに入って四年続く人達はその中で結果として恋人ができる場合があっても、それを目的として入る訳ではなく、男女が隔たらずに愉しく過ごせることを求めるのです。
 尤も、そのような感覚はより恋愛に辿り着きやすいものですが、それが目的であろうというのは僻み根性です。
 クリスマスも別にそれが唯一の目的として成り立っているものではなく、そうなる場合もあるだけのことです。どんなにもてる人もクリスマスV9などはあり得ません。そしてそれが素晴らしく良い一時であれば歌になったりインスタになったりします。しかしそれを排除して「クリスマスは家族でほっこりするもの。」や「クリスマスを廃止せよ。」などという政治宣伝をするのは如何なものでしょう?逆に日本への世界の不可解視延いては蔑視を増すことになるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
by keitan020211 | 2018-12-25 20:39 | 文明論
<< 写真映りを良くしたい。上手く映... 冬のコーディネートを考える 一... >>



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
My Tweets
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
井上靜 網誌
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
国民民主党は「5%の国民」に..
at 2019-01-08 22:12
2020年代は「住」の時代―..
at 2019-01-03 20:35
地下鉄三田線@6000系車輛..
at 2019-01-02 03:44
【2019年/平成31年 年..
at 2019-01-01 00:00
写真映りを良くしたい。上手く..
at 2018-12-28 00:43
写真映りを良くしたい。上手く..
at 2018-12-27 21:16
クリスマスに考える 男女交際
at 2018-12-25 20:39
冬のコーディネートを考える ..
at 2018-12-22 13:38
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-16 02:03
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 22:51
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 20:27
安倍を支持する男・安倍を支持..
at 2018-12-12 01:55
高輪ゲートウェイだけではない..
at 2018-12-09 20:31
林修先生の「質より量」は「量..
at 2018-12-06 01:51
JR山手線の新駅が高輪ゲート..
at 2018-12-04 18:17
一流の人は決して遣わない 品..
at 2018-12-02 00:50
日産が撞く晩鐘――コンビニ形..
at 2018-11-25 18:24
【日産ゴーン氏逮捕】今批判を..
at 2018-11-21 03:15
ZARDのアルバムを再購入..
at 2018-11-18 21:20
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 15:08
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
その他のジャンル
記事ランキング