人気ブログランキング |
2020年代は「住」の時代――1年早く考え始めてみる 私と皆の住まいのこと
 昨年の10月から11月に掛け、2020~2030年代が「住」の時代になるということを語っています。 1860~'70年代:「衣」の時代
  西洋装の導入
  スーツ(セビロ);西洋式軍衣;散髪脱刀令 ※主に男子
 1880~'90年代:「食」の時代
  西洋料理の導入
  西洋料理店の増加;カレー;とんかつ(豚カツレツ)
 1900~'20年代:「住」の時代
  近代建築による住宅の導入
  文化住宅;和洋折衷様式
 1920~'30年代:「衣」の時代
  世界的'belle époque'と呼ばれる民主主義の揺籃期
  女子の西洋装の普及;百貨店におけるファッションショー
 1940~'50年代:「食」の時代
  大戦による食糧の欠乏とその解決
  じゃが芋鍋;水団;蝗(いなご)や鼠などの調理;脱脂粉乳
 1960~'70年代:「住」の時代
  高層建築による住宅の普及
  高層アパート;団地;マンション;住宅ローン
 1980~'90年代:「衣」の時代
  世界的好況の下での民主主義の成熟
  デザイナーズブランド;アイビールック;渋カジ;ユニクロ
 2000~'10年代:「食」の時代
  後進国の経済発展と先進国の飽食及び健康
  名店の味を模する即席麺;デパ地下;食レポ;糖質制限

 江戸幕末と明治維新の1860年からの日本はきれいに20年毎に「衣」、「食」と「住」の時代を繰り返しています。
 当時の時代が大きく動いてもまだ国民の住む家を直ぐに換える訳にもゆかないので、その時代の動きと共に先ずは変わったのは「衣」でした。衣料は食料のように腐らないし住居のように造るための大きな手間が掛からないので比較的に手っ取り早く変えることができます。
 「衣」はしばしば自己存在とその同一性の拠り処となりますが、それは「食」も「住」も同じであり、殊にカール マルクスは史的唯物論において「住」により既定される自己存在と同一性を問います。住居などという物質が人のあり様を形成するというものです。
 明治以後の日本において初めて「住」が国民的関心となったのは明治の末期から大正、昭和初期に掛けて。明治時代に目まぐるしい変化を遂げた「衣」や「食」に続き、その時代には竟に「住」が西洋発の術理を用いる近代建築の産業化により変わり始めました。

 語弊はあるかと思いますが、1980~1990年代の「衣」の時代から2000~2010年代の「食」の時代、そしてこれから迎える二十年の「住」の時代は明治維新に代わる昭和維新の時代であるといえます。
a0313715_20333860.jpg その間に31年間の平成の時代がありますが、歴史の大きな流れで見ると'80年代以来まだ昭和の延長です。平成初期にソビエト連邦などの共産圏の崩壊がありましたがそれは'80年代からの既定の流れであり、その崩壊の実現と共に何かが始まったのではありません。平成はいわば少し長い大正のようなもので、事実に、平成の後期は大正時代の流行の再来のようなタックのない紳士のスラックスがはやりました。資本主義が強化されて持株会社制などの業務のあり方が出来たことにおいても大正時代と平成時代は相通じます。
 今の日本はまだ昭和の世であります。昭和生まれのDNAの保存の願望ではなく、現実がそうです。平成時代は日本と世界の基本のあり方を何も変えてはいません。
 1970年代までの日本は明治維新の後始末の時代、その後始末に一区切りがついた'80年代からそれまでのあり方を変えようとする昭和維新が始まり、それがまだ終わってはいません。
 因みに「昭和維新」は大日本愛国党の創立者赤尾敏氏が昭和末期に提唱したものでもあります。

 前回の「住」の時代、'60~'70年代は主に高層建築の発達による賃貸住宅の普及と住宅の自己所有のための住宅ローンの普及の時代。
 次の「住」の時代となる'20~'30年代はその見直しを要する時代です。

 高層住宅も住宅ローンもなくなることはありませんが、不動産価格や賃貸/賃借料の相場がこの国の賃金や社会保障の水準に見合うのか、或いは、住宅ローンの審査のあり方は人生百年時代といわれ労働市場の流動性の増すこれからの時代に見合うのか、そのようなことが先ずは問われるべくあります。
 そして住宅の品質の問題。この国の住宅は本当に居住者の安全や利便を保証するものなのか、若し保証することが叶わないなら居住者は何を心得て自己防衛に努めればよいのか、そのようなことが問われるべくあります。
 それらを改善しまたは解決するには政治経済のあり方も見直されなくてはなりません。市場の構造を改善するには民間の企業努力は勿論不可欠ですがそれだけで全てが成る訳ではなく、政治や経済界の働き掛けが必要です。「企業は人なり」といわれますが、民間の企業努力や政治経済界の公的働きを実現するためにはそれに意欲と責任を持つ人間の育成、即ち教育が必要です。
 ギリシアやローマなど、古代の遺跡の多くは建物です。ギリシア人やローマ人がどんな服を着てどんなものを食べていたかはあまり知られてはいません。建物、「住」は人間の文明の根幹をなすものであることがその事実から分かります。

 また、どんな住居に住むか、住めるようになるかだけではなくどんな所に住むかも重要な事柄です。
a0313715_20352028.jpg 毎年に住みたい町の番付が発表されますが、'00年代から'10年代に亘り高い人気を保っていた武蔵野市の吉祥寺(東京と15km)の順位が少し下がり、代わって横浜市西区(東京と25km)が首位となるなど、関東地方においては人気の地域が東京と更に遠い所になる傾向があります。近畿地方においては昔から京都や神戸などの大阪と遠い所の人気が高く、関東もまた近畿と同じく巨大都市を避ける傾向になってきています。'00年代は六本木ヒルズなどの東京市街の住宅のブームがありましたが'10年代の後半からはそれが変わって来ています。そして既にそれらの中間の世田谷区や練馬区、江戸川区などの東京市街と10km程の地域の人気と影響力は衰退しており、2020年以後は粗何の付加価値もない地域になってゆくでしょう。しかしそうなる故にそれら10km圏の安全や衛生、治安が劣悪になってゆくことがあってはなりません。
 首都圏とそう遠くはない静岡や高崎などの比較的に大きな都市がこれからより重要な役を持つことも望まれます。私は日本の首都を静岡とするべしと思います。行政機構の全てを移転することは難しいですが国会と総理官邸だけでも静岡に移るとマスコミのあり方も変わって来るでしょう。
 全国の津々浦々を満遍なく活性化させて発展させることは無理です。それをしてみても格差はどうしても出ます。故に重要となるのは良い土地の選択であり、それを通して醸し出されるブランド価値、即ち安全、利便と充実です。良い土地の良い場所がそれぞれに価値を発信して伝え続けることがいわゆる東京的価値ではないこの国の価値の真の多様化をもたらします。

 着る物や食べる物についての話は愉しいですが、住む所についての話は何かと堅くて面倒なことが多いものです。
 しかしそのような堅くて面倒な主題をこれからの二十年に考えてゆかなければ着る物や食べる物の確保も覚束なくなります。
 今年2019年はその新しい二十年に先立つ、時代の転換の準備の年となることが望まれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
by keitan020211 | 2019-01-03 20:35 | 文明論
<< 国民民主党は「5%の国民」に支... 地下鉄三田線@6000系車輛・... >>



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
My Tweets
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
井上靜 網誌
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
国民民主党は「5%の国民」に..
at 2019-01-08 22:12
2020年代は「住」の時代―..
at 2019-01-03 20:35
地下鉄三田線@6000系車輛..
at 2019-01-02 03:44
【2019年/平成31年 年..
at 2019-01-01 00:00
写真映りを良くしたい。上手く..
at 2018-12-28 00:43
写真映りを良くしたい。上手く..
at 2018-12-27 21:16
クリスマスに考える 男女交際
at 2018-12-25 20:39
冬のコーディネートを考える ..
at 2018-12-22 13:38
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-16 02:03
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 22:51
日本にはナショナリズムが存在..
at 2018-12-15 20:27
安倍を支持する男・安倍を支持..
at 2018-12-12 01:55
高輪ゲートウェイだけではない..
at 2018-12-09 20:31
林修先生の「質より量」は「量..
at 2018-12-06 01:51
JR山手線の新駅が高輪ゲート..
at 2018-12-04 18:17
一流の人は決して遣わない 品..
at 2018-12-02 00:50
日産が撞く晩鐘――コンビニ形..
at 2018-11-25 18:24
【日産ゴーン氏逮捕】今批判を..
at 2018-11-21 03:15
ZARDのアルバムを再購入..
at 2018-11-18 21:20
【書を読む】中谷彰宏『一流の..
at 2018-11-18 15:08
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
その他のジャンル
記事ランキング