カテゴリ:生活( 25 )
洗濯は こまめ か 溜める か?――汚れのより落ちる洗い方
 近頃に、洗濯はなるべく溜めて洗濯機が芋を洗うように洗う方が良いという説がテレビやネットなどに散見されます。
 しかもその説を私もとても好きな、影響力の強いマツコ デラックスが推したりしている――:フジテレビ『ホンマでっか!?TV』――ので尚更に正しいかのように思われているようです。
 その洗い方をすると洗濯物が互いに擦れ合って汚れが落ち易くなるというのです。

a0313715_13191199.jpg しかし洗濯物が幾ら多くてもそれらが互いに擦れ合うことはありません。脱水の時にも、くっ着いて固まるだけで擦れ合いはしません。仮に擦れ合ってもその摩擦は手揉やブラシなどの摩擦と比べ殆どない程のものです。
 つまり、洗濯物を溜めて洗うと汚れがより落ちるというのは迷信であることが明らかです。
 但し余程に造りの悪い洗濯機ではなければ洗濯物の重さが機械を傷めることはないので少々の重量超過でも大丈夫です。

 洗濯機は水流により生じる水圧の力で汚れを落とす仕組みであり、洗濯物が多くて洗濯槽が密になると水流が着物の隙間に入りにくくなって汚れが落ちにくくなります。
 水圧の強さは水の量×洗濯槽の回転により生じる重力加速度。水が多い程に汚れが落ち易くなります。水が相対として多くなるためには洗濯物の量をなるべく少なくすることを要します。つまり、洗濯はなるべくこまめにする程に汚れがよく落ちてきれいになります。
 汚れは放っておくと着物に固着して来るので溜めて洗うとそのリスクが高くなります。洗濯の水の量をなるべく多くすることは汚れをなるべく早い内に落とすことにもなります。

 全自動洗濯機でも、水の量などを手動で設定することのできるものが多く、全自動は余程に忙しくて拙速でよい時だけに使うべきでしょう。
 水の使う量を多くすると水道代が掛かるのでよくないという方がおられるかもしれませんが、必要な処には充分に使うことが他のことにおける無駄を少なくする、節約ができることにつながります。

a0313715_13214816.jpg もう一つ、水の量が多くなればそれだけ多い量の洗剤を使うことができます。
 水の量が多くても洗濯物の量が多いと一つの着物に使われる洗剤の量が少なくなってしまいます。水を多くして洗濯物を少なくすれば水量相当の洗剤が一つ一つの着物により多く働くことになります。
 勿論、水の量に見合わない程に多い量の洗剤を使ってはなりません。水量相当の規定量ならば洗剤の量は多い程に良いのです。

 洗剤は、少し前まではP&Gのアリエールを使っていましたが今はライオンのトップを使っています。
 アリエールは汚れ落ちが大体良くて洗い上がりの匂いが爽やかなのが良さですが、汚れ落ちが今一つな面もあります。トップに替えたらそれまでは落ちなかった汚れがもう少しよく落ちるようになっています。トップは但し匂いが今一つ良くはなく、それぞれに一長一短があります。
 以上に述べた水の量及び洗剤の量を相対としてなるべく多くすることを厳守しておればアリエールが最強なのかもしれません。トップは多少のずぼらでも助かる。
 漂白剤はアリエールにもトップにも、ライオンのブライトWを使っています。
 一長一短は台所洗剤にもあり、P&Gのジョイが総合力では最良ですが油汚れのみを見るとライオンのチャーミー マジカが最強、但しチャーミー マジカは油汚れだけはよく落としますがその他の汚れがなかなか落ちなかったりします。しかし専門馬鹿という程の弊害や欠陥はありません。他に良いのはイオン トプバリュのマスカットフィズ、総合力でジョイに引けを取らない。

 洗濯槽の回っている処を見れば、どう見ても汚れを落とし得る程の洗濯物の摩擦なんて起こってはいないことは明らかなのですが――回る毎に浮き上がるし。――、どこに目がついていたらそんな根も葉もない説を思いついてマスコミにまで垂れ込めるのでしょうか?さながら汚れが服に垂れ込むかのようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg
ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN サタデーステーション 20.54~/土
ANN サンデーステーション 16.30~/日
[PR]
by keitan020211 | 2018-07-21 13:23 | 生活 | Comments(0)
【Freesia健康と美容】「熱中症の対策には水」は危ない
 先日のANN報道ステーションに、例年のように猛暑の警告があり、そこで司会者が「寝る前にはコップに一杯の水を。」と奨めていました。
 報道ステーションの他にも猛暑による熱中症の対策として水分の補給を奨めるテレビ番組が多く見られます。

 熱中症の対策における水分の補給を一概に否定しはしませんが、水分をということでその中でも最も純粋な水分である水を奨めるのは如何なものかと思われます。

 水分は水だけではありません。
 また、水は人の体には必要とされるものではありますが、無条件に安全な訳ではありません。

 弊ブログは5年前に始めたばかりの頃に『暑さには塩水を』と題する記事を出しています。その記事は先日に一新をしてその殆どの記事を非公開にしている今も特選の記事として残って公開しています。
 その記事を記す動機となったのも同じ報道ステーションです。当時は古舘伊知郎氏が司会でした。その時には寝る前には水だけを飲むのは良くない、スポーツドリンクを飲むと良いと奨めていました。
 それが一転し寝る前には水を飲むと良いと云うようになっています。
 更に「コップに一杯の」が付け加わっています。
 「コップに一杯の」がなければ水を飲むべき量の制限はないことになり、制限と解釈することもできる一言が加わったことで改善と見做すこともできなくはありません。しかし逆に、「コップに一杯の」という一言に感じられる「一杯のかけそば」にも似る感傷を呼び覚ます効果を考えると悪いことを良いことであるかのように云って旧い習慣の改善や変更を妨げるものと考えられなくもありません。

 水ではなく塩水をと弊ブログが奨めるように、水だけでは何かと逆効果が考えられます。

 水には基本としては水素と酸素しか含まれません。
a0313715_20254184.jpg 水道水には他に塩素などの消毒素が含まれます。塩素の危険性についてはここには触れません。因みに、水道水の塩素の含有量は地域により違いがあり、東京都水道局などのように安全と見做せる地域とそうではない地域があります。塩素の他にも浄化が不充分なことによる危険性も水道水にはあります。因みに因みに、弊ブログは水道の民営化には条件付きで賛成です。その条件とは民営化の明確に不要な地域については従来の公営による水道事業の維持を認めることや経営の主体となる企業の資本力や技術力などの条件を厳格に問うことなどですが、恐らく少なくはない地域が民営化を要すると思われます。

 水素と酸素には熱中症やその危険(リスク)を和らげ或いは予防する効果は全くありません。
 故に、水は熱中症の対策にはなりません。

 水素は爆弾の材料です。水素から造られる爆弾は水素爆弾といい、核兵器の一種に数えられます。
 爆弾の材料となるとは、発熱の可能性が高いということです。
 実際に、水を火に掛けると程なく熱せられて高温になります。
a0313715_20274181.gif 人の体には火の程に強い発熱の力はありませんがそこまでではなくても結構な加熱の性能が人体にはあります。尤も、それは他の事柄には必要な力です。
 また、水に含まれる酸素は呼吸により人体に取り込まれる空気に含まれる酸素とは違い不安定な状態であり、他の元素との化合により危険な物質が生じる可能性のより高いものです。例えば水の酸素、Oが吸気の酸素、O2と合わさるとオゾン(O3)が生成されます。オゾンは大気にあれば紫外線(UV)を抑える効果がありますが人体には有害です。紫外線の過度の抑制が人体におけるビタミンDの自己生成――或る栄養素を食べなくても体が自ずと作り出すこと――を妨げることからも明らかです。

 寝る前は放心で体や心が不安定な状態になり、そのような無防備な状況で水を飲むと通常は必要なものであっても、悪い効果が生じる可能性が高いのです。
 よく眠るとその不安定な状態が自ずと回復します。

 また、水は粗無味無臭である故に、寝る時のように心を落ち着けることを要する際にはその透明感が雑念を呼び覚ますことにもなり易い。
 せっかく頭を無地に直した積りでも、そこにまた色々と思い浮かぶのです。それを消そうとしてもまた出て来て悪循環です。
 性格や風采の無味無臭な人、即ち至って普通で変わり映えのない人を見ると何かとむかつくという人がいますが、故のないことではないのです。尤も、そのような凡庸な人にも個性を見出すことが必要であり、そのような努力を怠らない人、変わり映えがないとつまらないとは思わない人がむかつくことのない人です。一部の反安倍の左派の人達にはそのようなむかつきが見受けられること、即ち凡庸を否定する人――「凡庸は右翼の始まり」みたいな。――が少なくはなく、危ない性格の方々であると思います。

 水の悪い効果を抑え或いはなくすのが塩です。
 塩分と呼ばれ、通常は摂り過ぎると悪い塩が寝る前には水の危険を抑え或いはなくすものとなるのです。
 故に、寝る前には塩水を飲むことが奨められます。 
 塩は葬儀の後に地に盛って踏むなどの厄除にも用いられますが、寝る前には体の厄除けになります。
 よって糠床の糠を舐めることも寝る前には奨められ、そうすると塩水を飲むことも要しません。
 夏は殊に疲れにより塩分を通常より多く要する季節です。年中を通して塩分依存症――日ごと家ごと地域ごとの塩分依存症もあるそうですが、――ではなければ暑い夏には塩分を積極に取ると良いかと思われます。

 水を飲むことが良く若しくは熱中症の対策になり得るのは起きて働いている日中です。
 暑い時に体を動かしていると水素や酸素が欠乏してくるのでそれらを補う必要があります。補われると目が冴えてきて力が出ます。
 それと同じことを寝る前にしたら、どうでしょうか?
 目が冴えて眠れません。眠れないと寝不足になり、明くる日に差し支えるかもしれません。
 報道ステーションは不眠を奨めている訳です。自分の睡眠不足をそんなに世に広めたいのでしょうか?
 然も、飲んだ水は体の加熱の機能により、飲んだそばから熱せられます。故に日中も水を飲み過ぎてはなりません。寝る時なら尚更で、水を飲んで寝ると寝ながらにして体がどんどん熱くなり、眠りに必要な深部体温の低下が覚束なくなります。
 つまり、報道ステーションは熱中症による死亡を煽ってさえいます。勿論、私は報道ステーションのいうことを何でも信じはしない――というか、殆ど信じていない。――ので死にましぇん。
 たった今も、「死刑の執行は被害者に何を与えたのでしょうか?」と云っていますが、論点のすりかえですよね。刑罰は被害者のためになされるものではありませんし、されなければ何かを与えることになるのでしょうか?死刑を廃止するべしと思う私がそう思うので間違いありません、報道ステーションは何を語る資格もありません。

 寝る前に水を飲むと眠れなくなる。――そんなことを防ぐにはどうしたらよいか?

 そこで強く奨められるのは牛乳です。
 寝る前には牛乳を飲む。

 昔、寝る前に牛乳を温めて飲むとよく眠れるというのを聞いたことがないでしょうか?
a0313715_20300885.png 主に寒い冬のことですが、暑い夏は逆に冷たい牛乳を寝る前に飲むと良いです。

 昔という程でもなく今も冬にはそのようにしている人も少なくないかもしれませんが、近年は牛乳有害説の流布により牛乳の人気が低くなっていることなどにもより、あまり聞かれなくなっているかもしれません。牛乳有害説とは牛乳は乳癌の原因になるというものや体内の既存のカルシウムの流出を生じて骨粗鬆症や骨折の原因になるなどというものです。乳癌の原因説は殊に昨年の独立アナウンサー小林麻央の乳癌による逝去を受けて風説の飛び交いがちなネットにだけではなくテレビ報道にさえもその筋の医者等を動員して主張されていました。
 更にその前年の元日の産経新聞は主に骨粗鬆症や骨折の原因説を焦点として牛乳有害説が根拠のない風説、いわゆるトンデモ説であることを指摘しています。出来れば小林麻央の時にもその声を大にしてほしかったと思います。近年は乳癌による死亡者が増えて乳癌検診が奨められていることもあり、その時にかなり広く牛乳有害説を信ずる人が増えてしまったと思われます。
 乳癌の原因説は恐らく、自らの母乳を子供に与える「崇高な役目」のある人間が牛ややぎなどの母乳を飲むことは人間の尊厳を傷つけるという人間至上主義や母性崇拝の思想からのもの。獣の乳が人間の乳を汚して病を招くという訳です。肉は好いのに乳はならじというのが理解不可能ですが、科学の世界にもそのような迷信のバイアスが掛けられていることが少なくありません。
 骨粗鬆症や骨折については、カルシウムの流出は如何なる時にも普通に生じるものであり、骨の疾患や負傷との因果関係はありません。そもそも栄養は旧いものが流れ出ないと新しいものが取り込まれず、骨のカルシウムなどの流出も過剰ではない限り必要なことであり、それにより骨が新しくて強くなる訳です。また、成長期には怪我をし易いのと同じように、栄養に富み体が新しくなっている時の程に地の力が強くても怪我をし易いことも理由かと考えられます。
その原因説は恐らく、一度出来上がった体の部分は終生その侭の状態で維持されまたは追加されてそれが衰えれば終わり、死ぬという思想からのものと思われます。新陳代謝というものが当たり前にいわれている今もそのような「人体の建設」の思想が根強くバイアスを掛けているのです。因みにその原因説を主張しているのは『できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !』というコンビニ系の本です。その本の奨める少食や半断食は確かにその通りですが、それだけでは如何にも本としては当たり前に過ぎて面白く感じられず、話を大きくて面白くするためには牛乳は体に悪いというような迷信、即ち言論の食品添加物を盛り込む訳でしょう。しかし当たり前のことを面白く語るのが本やネットの記事を書く人の力というものです。

 牛乳を寝る前に飲むと良いのは水素と酸素若しくは塩素だけの水とは違い、カルシウムやナトリウムなどのより熱伝導性の高い栄養素が含まれることにより、それらの栄養素が体の熱を吸収して全体の体温、殊に深部体温を下げるからです。熱伝導性の低い気体を基とする元素は体温を吸収せず、全体の体温や深部体温を温存或いは増長してしまいます。それは体温を下げる必要のない日中の働いている時などには有為ですが体を休めようとしている就寝時には妨げになります。   
 それらは体温の吸収などの薬効だけでも意義があり、必ずしも栄養として取り込まれなくてもよいのです。風邪薬や頭痛薬などの様々の薬の効果もまた、熱伝導性の高い成分による体温の吸収が大きな役目を占めます。よって比較的良心のある医者等、即ちましな医者等がしばしば奨める、カルシウムの消化吸収にはビタミンDを併せて摂ることが必須であるというのは必ずしも意識する必要はありません。それは確かに一面の正論ですが、栄養素の消化吸収をあまりにも余すことなく、無駄なく実現しようとするのはその試みそのものが無駄になってしまいかねない、いわば三日坊主を保証することになりかねません。しばしば専門家はそのような無駄をなくそうとする無駄を考えず、実際にはあり得難い理論を主張します。
 カルシウムの消化吸収を高めたいならばカルシウムとビタミンDそれぞれの通常の取る量を多めに確保しておき、その都度その都度意識するのではなく率を高める習慣をつけるべきです。

 水でも、塩水はナトリウムが含まれるので真水よりは熱伝導性による体温の吸収が生じ易く、牛乳の程に強くではありませんが奨められます。

 自ら寝る前の牛乳を試してみましたが、効果は絶大です。
 先の水曜日はその前の晩に報道ステーションに云われてグラスに一杯のサントリー南アルプスの天然水を飲んで寝ました。しかしなかなか寝つけず、明くる朝は朝食を確りと食べて職場に出ましたが、一日中暑さが体に溜まってしんどい感じでした。それを少し和らげたのは昼食の自前の白菜と大根おろしを加えたインスタントのキムチ拉麺です。
 木曜日の晩に牛乳を飲んで寝るといともあっさりと寝つけ、明くる朝は朝食なし、お茶だけで職場に出ると暑さによるしんどさは全くなく、昼はマクドナルドのマフィンを二つだけでがっつりと一日中行けました。木曜日の大雨による陽気の変化もあるのかもしれませんが、昨日13日の金曜日は最高気温32℃(:予報値)でも涼しいと感じる程の一日でした。その晩も牛乳を飲んで寝た翌土曜日の今は33℃ですが全然涼しいです。
 ミネラルウォーターにはカルシウムやナトリウムなどの栄養素が僅かに含まれ、水道水よりはましである、リスクが低いといえますがそれでも寝る前には逆効果が大きい。

 因みに、化粧(メーク)は確りとする方が涼しい。お化粧は暑いと思っている人は考えを改めましょう。少なくともベビーパウダーだけでもしないと却って暑くなります。フルメークとベビーパウダーを比べるとベビーパウダーだけではどうしてもより暑いですが何もしないよりはましです。ベビーパウダーの最も大きな意義は時間の節約と感触の心地良さです。
 「寝る前には水を飲むと熱中症の予防になる。」や「夏の化粧は暑苦しい、自然体で涼しく。」などなど、誤った通念が時代が変わっても不健康の新陳代謝のように出て来ています。
 昭和の時代の誤った通念は単なる迷信でしたが、平成の時代の誤った通念は迷信が科学の体裁をして罷り通っているので尚更にたちが悪い。証拠を「エビデンス」と言い換えるなどがその象徴であり、そのような言葉を遣って物を語る人が本式の科学の方法論を心得ているのではなく、自分に都合の悪い考え方や言説を斥けるために「エビデンスはあるのか?」などと言っています。尤も、証拠を正しい日本語で証拠と言ったり正しい英語で'some evidence'と言っても証拠の捏造などがあったりしますが。

 牛乳有害説が流布しているもう一つの理由は世界遺産に選ばれもした和食のブームが象徴する、外来の文物、殊に食べ物における外来品の排斥の気運でしょう。
a0313715_20365561.jpg 文部科学省がパン屋について記す教科書の検定を不合格としてそれを和菓子屋に書き換えさせたことが昨年にありました。その出来事は広く輿論の批判を受けもしましたが、そのようなことが公正中立の期されるものである官界にも罷り通っていることは国民の気運がそれを支えていることの現れといえます。
 時折りしも、官界の首領安倍総理がアメリカのオバマ大統領の広島への訪問に際し戦後の我が国を救ったのはアメリカのくれた脱脂粉乳でしたという演説をし、今の日本の国民と政権の全てがそのような排外主義になっているのではないことが示されました。
 当時を知る人々には脱脂粉乳は信じ難い程に不味いという人が少なくありません。彼等は安倍総理のその演説を聞いたら目を剥いたことでしょう。「そんな不味いもの」を日本に与えたアメリカに対する不信のようなものもあるのでしょう。しかし戦後の貧しい状況では仮に脱脂粉乳が然程にも不味いものであったとしてもそんなことをいうべき状況ではない筈です。どうも日本人らしい日本人を自負する人達は現実の認識が甘くて無用の贅沢をいう人達なようです。
 その反脱脂粉乳の念が今の牛乳有害説に粗直接に結びついていると思われます。牛乳は嫌いなので有害、アメリカはむかつくので有害、そういう訳です。それを支持する医者はTPPが国民健康保険を毀すとか日本の食文化なるものを毀すなどと本気で信じているのかもしれません――医療費が無料になるためには寧ろ毀してほしい程ですが、――。
a0313715_20383144.jpg 因みに私が今飲んでいる牛乳は脱脂粉乳入りの近藤乳業の湘南牛乳です。脱脂粉乳入りではない標準の牛乳がより美味しいとは思うけれど、脱心粉乳入りが不味いとか著しく劣る、出来れば飲みたくはないとは少しも思いません。因みに牛乳のお奨めは何れも神奈川県のメーカーである、高梨乳業とその近藤乳業です。雪印、森永、名糖やオハヨーのも普通に奨められます――名糖には先述のビタミンD入りのものもあります。――が、明治乳業のはお奨めできません。多分、明治の牛乳や菓子の「ごってり味」が好きで味覚の狂っている人からするとさらさらとした味である脱脂粉乳は不味いと思うのかもしれません――反アメリカというよりは本当の意味での反日です。――。
 それと然程には多くないでしょうが、貧しくて牛乳は買えないので有害という理由もあるかと思われます。学校の皆はいつも牛乳を飲むのに自分の家は貧しくて飲ませてもらったことがない、すると、給食に出た牛乳を不味い、嫌いというようになる。そしてその侭大人になって子供の頃の根拠のない感慨に色々な理論武装をするようになるのです。それっぽいと思わしい言論家がテレビや新聞などにも結構見受けられます。尾木直樹なんかもそれ系でしょう。

 塩水や牛乳の他にもう一つ、寝る前に飲むことが奨められるのは茶です。
 緑茶でも紅茶でも、何でもよいです。
a0313715_20403089.jpg 寝る前に茶を飲むと目が冴えて眠れなくなるとはしばしばいわれますが、実は茶は眠れなくなるのではなく、その時にしたいと思うことをし易くしてくれる効果があります。眠気が来て辛い、目を覚ましたいと思いながら飲めばその通りに目が覚め、眠れないけれど眠りたいと思いながら飲めばその通りに眠くなります。いわばお茶は人の意思を支えてくれる飲み物です。
 その理由の一つは塩水や牛乳と同じく、熱伝導性の高い栄養素が茶には含まれること。
 二つはカフェインの働きです。
 カフェインは興奮して眠れなくなるのではなく、意思を刺激して実現し易くするのです。故に眠りたい意思が刺激されて寝着き易くなります。
 茶を飲んだら眠れなくなったというのは眠りたいと思っていないからです。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2018-07-14 20:41 | 生活 | Comments(0)
【Freesia作法】食事の配膳 汁物を左に・御飯を右に
 夕飯時に耳の痛い話をします笑。

 先程にツイッターに簡単に述べてもいますが、このブログの記事には食事の配膳のし方について語ります。

 この春に読売テレビの『秘密のケンミンSHOW』に初耳なことが紹介されていました。
a0313715_20591990.jpg それは食事の配膳が東京においては汁物、汁椀を右に置いて御飯物、飯椀を左に置く――以下:②式と呼ぶ。――とのものです。
 そしてその逆の汁物を左に置いて御飯物を右に置く――以下:①式と呼ぶ。――私が当たり前と思っている配膳のし方は粗大阪においてしか一般なものではないと云います。
 更に問題なのは番組の出演者の一人である、京都に生まれ育つ本田望結が京都は②式ですと語ること。番組は『京都女vs大阪女』と題する特集をしばしばしているのでそのように京都のし方と大阪のし方が違うと言われるといかにもそうであるかのような気がします。しかし私は出身の神戸においても京都でも②式を見たことはありません。しかし、東京で改めて見てみると確かに②式の配膳が多いのに気づきます。番組に、東京の街角の男性達がそれらの違いを説明されると「うーっそ?!、信じられない!」と言います。

 しかし、その番組の伝えることが事実の誤認を含むことがネットに出ているこの記事に明らかです。
a0313715_19214741.jpg

 大阪が①式で東京が②式なのは事実ですが、①式が広く守られているのは大阪だけではありません。本田の地元京都も①式であり、主に西日本の全般、または東日本の一部にも「汁物を左に・御飯物を右に」が一般である地域があります。
 西日本において②式が一般なのは徳島県のようにソースを御飯に掛けて食べるという下品な風習のある地域の他に、鳥取県や島根県のようにかつては情報が立ち遅れていた地域や鹿児島県のように明治以降に東京志向の極めて強い地域だけです。それと比べて見ると、福島県が東日本でありながら①式なのは薩摩と会津の確執が食事のし方にも反映されているかのようで面白いことです。
 意外にも薩摩との盟邦長門のある山口県は東京流に毒されてはいない、食べ方の汚いことが有名な安倍晋三総理はどちらなのでしょうか?

 
 番組の司会で唯一の東京都民として出演のみのもんたが「東京のし方――:②式――は懐石料理から来てるんだよね。」と示唆深いことを語ってその特集が終わりました。

 懐石料理、皆さんはそれがどんなものかを御存じですか?

 「和食の代表でしょう。」――不正解。関口宏のクイズ番組なら×印が2つは出ます。

 しかしそう思っている人が少なくないようなので懐石料理とは何かを簡単に説明します。
 懐石料理とは辞書を引いて見ると:

 茶の湯の席でもてなされる小料理

 :とあります。
a0313715_21025596.jpg つまり、お茶が主で料理はおまけなので、懐石料理とは食事ではなくおやつであり、懐石料理屋とはそのような茶の湯の在り方を受け継ぐ、スナックのようなものであるといえます。但しカラオケはありません。
 和食といえばそれは食事であり、量も質ももっと本格の料理をいいます。つまり、懐石料理は和食の代表、粋であると思っていて田舎の旅館によく出る炙り焼き鍋御膳などを莫迦にする人は実は何も分かっていない知ったかぶりのど田舎者であるということになります。しかしそのようなど田舎者が今の日本には最も大きな影響力を持っており、懸念されます。『秘密のケンミンSHOW』も大阪のテレビの番組ですが、日本一、世界一の発行部数のある読売新聞の傘下であるからか、少しそのような処があります。
 私は懐石料理には何の興味もないのでそれがどんなものであるかについても今までは全く知らず、寧ろ懐石料理に粋を感ずるという人を「へー、ほんまか?」と思っています。
 どう見ても、懐石料理は小さくて量が少なく、食事といえるような感じのものではありません、旅館の炙り焼き鍋御膳の牛肉なんかもかなり薄くて少ないですが。

 茶の湯においてはお茶が主なるものなので、料理はおまけ。そこに更に御飯と汁がつくのは更におまけです――今は懐石料理も大衆化しているのでまあ分かりませんが、――。
 おまけのおまけであり普通に出るものではないことを示すために各々のお椀の置き方が逆なのです。

a0313715_21045509.jpg それと、もう一つ茶の湯には敵方の者が誘われて席を共にすることがあります。小さくて出入りのしにくい躙口などもそのことを示すものの一つです。そして敵もお茶を共にする時には和やかになろうという訳です。
 しかし時には何等かの悪い企みを以て茶席に来る人もいます。
 人は何かを企む時には得てして脇が甘くなりがちです。浮足立つとか前のめりともいいます――拙速とはいいません。拙速があり得るのは逆にもてなす側であり、「つまらないものですが、」と言うのがそれです。――。
 「汁物を右に・御飯物を左に」する②式の配膳のし方はそのように脇が甘くて前のめりな人の粗相を誘いやすく、そこでもてなす側は粗相をした客に何気に睨みを利かせ若しくは刀を抜くことができます。
a0313715_21054795.jpg 汁物が右にあると、それを左手で上げ下ろしをする訳で、脇をかなり意識して締めるか――:脇の甘くない人――またはかなり不自然な取り方をして無理をし――:脇の甘い人――ないとこぼしたり落としたりしてしまいます。粗相を必ずしもするまでもなくそのように著しく不自然で無理な体勢からも人物を見定めることができます。
 茶の湯にはそのような武士の世界の深謀遠慮の反映もあります、本来はそんなことを考えなくてもよいのが何よりなのですが。
 そしてそのような②式の配膳のし方に如何にも池上彰がひけらかしそうな表向きの説明をつけるために、「日本においては古来、左大臣と右大臣の序列などにも見られるように左側が優越するものというしきたりがあり、この配膳のし方もその反映です。」といわれるようになりました。敵方の客の粗相を誘うためという本当の理由を隠すための嘘なので、敵方なら誘わない、刀は持ってもならないという今の時代にもその説明を作法の正しい説明と思っている人もまた知ったかぶりのど田舎者です。

 かつての茶席とはかように緊張を含むようなものであったので、仮に粗相をされて畳が汚されても直ぐに張り替えれば済むという考え方でした。畳の普及の始まりもそれが理由であったのかもしれません。尤も今の時代も、食べ物をこぼされたら退席させる料理屋はありません。
 家族の食事や家に人を招いて食事をする際にもこぼしたら勘当とか帰ってもらうことはありませんが、茶席や料理屋におけるより直ぐに替えればよいとか掃除が簡単にできるものでもなく、粗相をしてほしくはないのが本音です。
 故に、②式のように厳しい位置、いわゆるシビアなポジションになる配膳のし方は普通には取られません。お茶のおまけではない本格料理を供する店も同じです。
 ②式を常とする地域においても、普段はそこをもう少し緩くして右の汁椀が真中の辺りになるようにして左の飯椀をかなり左寄りに置くのではないかと思います、想像の限りですが。
a0313715_21082538.jpg 懐石料理の本場京都も、一般には①式です。なのに何故か『秘密のケンミンSHOW』は京都の人はいつも懐石料理のようにして食事をしているに違いないと思っているようです。京都はしばしば東京の権威づけの道具にされるので、京都のし方が東京のし方と同じであれば都合が好いということでまだ育ち盛りの本田望結に嘘を語らせている訳でしょう。
 そういえば皇室や皇族の人達が御飯と汁物を召し上がる場面が映ることはなく、宮中晩餐会の献立は粗必ず西洋料理ですね。多分、皇室や皇族も東京のし方とは逆の①式であろうと思いますし、江戸時代までの江戸も水戸徳川家の茨城県や東京電力の原子力発電所のある福島県が尚も①式を守っていることから推察できるように、今とは違い①式であったのではないでしょうか。「汁物を右に・御飯物を左に」の東京式が正しい作法であるというのは殆ど江戸しぐさのような風説の類であります。
 また、大阪と同じといわれると不都合とばかりに言うではありませんが、大阪にしかないといわれるものの殆どは大阪だけのものではない日本の或いは世界の正しいあり方です。但しエスカレーターに乗る際に空ける位置は大阪式の左側ではなく東京などに広く見られる右側が普通でもよいと思います。

 また、ブログに載せる画像は、写真の全体の構図が右へ向いておれば記事の右に配置し、左へ向いておれば左に配置するのが基本技です。

 障碍などはありませんが、これだけの記事を書くのに二時間余りも掛かるようになってしまっています。齢なのかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2018-06-30 21:11 | 生活 | Comments(0)
2018年上半期 南多摩地域の鉄道の写真 特選
 私がこの2月にデジタルカメラを初めて買ってから撮っている色々な写真の内の、私の地元南多摩地域の鉄道の写真を選りすぐり紹介します。

 南多摩地域とは:川崎市高津区;宮前区;多摩区;麻生区;町田市;相模原市;稲城市;多摩市;日野市;八王子市:をいいます。旧地名では橘樹(たちばな)郡西部、高座郡北部;津久井郡と南多摩郡。
 橘樹郡東部は川崎地域、高座郡南部は高座地域または県央地域と呼び分けており、他に南多摩地域に隣接するのは田園都市地域、愛甲地域、北多摩地域と武蔵野地域。
 その南多摩地域を通る鉄道等は:東急田園都市線;小田急小田原線;小田急多摩線;京王相模原線;京王線;JR横浜線;相模線;南武線;中央本線;多摩モノレール:ですが、この記事にはJRは除き、東急、小田急、京王と多摩モノレールの写真等を紹介します。

a0313715_14592414.jpga0313715_15050146.jpg
多摩市の小田急多摩線の唐木田駅に停まるGSEこと小田急70000形の試運転車。前の記事には「口紅が走るよう」と評す。
a0313715_15073197.jpg
同じく唐木田駅に停まる小田急3000形の新百合ヶ丘行普通と東京メトロ16000系の我孫子行急行。
 この3月の小田急のダイヤ改正により地下鉄千代田線との直通列車は多摩線には来なくなった。この写真はその最後の頃の貴重なもの。
 小田急3000形は従来の小田急の車輛の在り方が全く変わった意義深い車輛。取り分け壁と座席が濃淡のピンク系の内装色は優雅な感じがする。
 東京メトロ16000系は私の最も好きな鉄道車輛の内の一つであり、小田急3000形と対照な深く爽やかな青系の色取りの内装が快適。昔は青系の内装色といえば冷たいとかどんくさいという印象のものが多くあって今時の新型車等にも時折に見受けられるがこの車輛のそれは断然に違う。
a0313715_15190919.jpg
 川崎市麻生区の新百合ヶ丘駅に停まる小田急8000形の唐木田行普通。
 私が小田急では最も好きな車輛であるが、今年に出た70000形GSEがそれに迫っており、追い抜かれるかもしれない。
 先述の青系の内装の冷たさやどんくささを拭い去るような爽やかなデニム調の青の内装色で1982年に登場したが、今はより無難にきれいな白い壁とピンクの座席に改められている。
a0313715_15304889.jpga0313715_15384651.jpg
 多摩市の多摩センター駅に停まる多摩モノレール1000形の上北台行。
 暈けまくりの写真ですが、雰囲気は寧ろ良く出ています。
 西武ライオンズの本拠である西武ドームにはこのモノレールを終点の上北台まで乗ると行けます。なので私は多摩モノレールを西武山口線のレオライナーと並び、多摩レオライナーと呼びます。
a0313715_15400960.jpg
 同じく多摩センター駅に停まる京王8000系の橋本行普通。
 私が学生の頃はこれが京王の最新型で京王の顔。しかし、今は三番目に新しく、二番目に旧い車輛となっており、昭和の時代ならそろそろ廃止になる年数。
 近年の改造により扉の窓の形が小さくて丸こくなっているのは残念、昔ながらの京王の扉窓の形を守ってほしい。
a0313715_16045476.jpg
 川崎市麻生区の新百合ヶ丘駅に停まる小田急1000形の新宿行急行。
 あまり好きではない車輛なので義理で撮ってあげたような写真ですが、映りが良いので載せています。
 デザインは悪くはないが、走りが貧弱で内外装の造りも貧弱。更に派生車として扉の幅を広くしてある1500形や2000形があり、その意味のなさと品性のない形は見る度に醜い、国鉄-JR103系などをも凌ぐ鉄道史上最悪の車輛。京王がそう悪くもないデザインと性能の6000系の5扉車を導入して程なく惜しげもなく廃した傍らに、小田急1500形や2000形はいまだに意味もなく使い続けられている。
 1000形は小田急では唯一つ残る行先表示が方向幕仕様の車輛であるのも貴重。京王には7000系の一部に方向幕仕様車が残る。
a0313715_16190320.jpg
 川崎市麻生区の京王相模原線の若葉台車庫に停まる京王9000系。
 東を見れば山肌を抜ける隧道が、西を見れば西日の差す大きな車庫が見える好環境。
 9000系は'00年代に大量に生産された京王の二番目に新しくて最も多い車輛。
a0313715_16251968.jpg
 同じく若葉台駅に停まる東京都地下鉄10-000系の橋本行区間急行。
 地下鉄新宿線の車輛は新しいのが出る毎に改悪されてゆき、昨年に廃された初代の10-000系より良いものはないが、2代目のこの形は許容できる。
 小田急3000形や東急5000系と共通の設計であり、高速性能が初代と比べ著しく向上しているのは認めざるを得ない点。デザインに関してもこの2代目は無難な外装でありまた室内には埋込型のLED照明を備えるなどそれなりの品位が感じられるが最新型の3代目は外装が酷過ぎる。
 京王電車の近年の停車駅の増加の傾向は、区間急行が出た処までは許容できたがこの2月のダイヤ改正により特急の停車駅が増えたのは理解不可能――準特急は構わないが、――、新たに分倍河原と北野に停まるようになった。元々それらの駅に停まる準特急や急行があるならそこで特急に乗る/乗せる必要はない筈。
 また、京王ライナーはあっても構わないが名称はそれをやめて通勤特急にし或いは廃止するべきあろう。
a0313715_16342103.jpg
 横浜市緑区の東急田園都市線の長津田駅に停まる東京メトロ8000系の中央林間行普通と東急8500系の渋谷行普通。
 田園都市線の通る横浜市青葉区と緑区や都筑区は私の地域区分では田園都市地域であり南多摩地域ではないが隣接で東急が当地を多摩田園都市と称することから南多摩地域におまけで含めることもある。川崎市高津区、宮前区と町田市は南多摩地域である。
 そこに並ぶ二つの車輛は田園都市線が出来た頃からのものであり、当線のだけではなく昭和平成の歴史を物語る名車でもある。
 先述の東京都地下鉄新宿線の10-000系の初代型もそうであるが、何れも高速性能はやや低い。しかし普通列車などの低中速域における安定感に優れる。肌色と茶色を基調とする東急8500系の内装や自然色と真紅を基調とする東京メトロ8000系の内装もまた気品が感じられて素晴らしい。
a0313715_16512319.jpg
 横浜市青葉区の東急田園都市線のあざみ野駅を出る東急8500系の押上行普通と擦違いに着く東急5000系の中央林間行急行。
 5000系の側面の上にある色の線は東横線が桃色で田園都市線が緑色、真中の赤色だけでは今一つそれが東急電車であるという印象が薄いので良いものと思う。8500系などの旧い車輛には側面の赤の線はなく、平成になった頃に出た9000系や2000系からは赤の線が側面に入るようになった。
 駅の乗場扉が導入されつつある今や高い位置に色線が入る意義が増しており、乗場扉がまだ殆ど普及していなかった'00年代に出た東急5000系はそれを先取りしていたといえる。
 最近に出た最新型車は赤色の線は廃されており、路線毎に全て異なる色の線になっている。
a0313715_17040172.jpg
 同じくあざみ野駅に着く東急5000系の中央林間行普通。
 近年はJRなどとの共通の設計による車輛――おぞましい傾向。――が増えておりこの東急5000系もその一つではあるが、細かい所の作りに独自性があり、他社の共通設計車等とは一線を画するものがある。内外装だけではなく走行性能も共通設計車は皆同じではない。
 それらの中の最も「恥ずかしい」例は京成3000形や東武70000系であろう。東急や相鉄などが既に脱共通化を模索している中、京成や東武はいまだにそれが最新最良の考え方と思っているらしい。京成3000形は厳密にいうと他社との共通設計車ではなく京成グループの共通設計車であるが'90~'00年代の共通化の志向に最も強く感化されたものといえる。
 東武は東急田園都市線に乗り入れる日立製の50000系が独自色を強く出しており好感するが近畿車輛製の最新の70000系は「東京らしくて格好イイ!」といわれる車輛になってしまっている。安倍内閣の世耕弘成経済産業大臣が賞を授けるとはつまりそれ程に低水準なものであるということ。
 京成は南多摩方面に乗り入れては来ないが、東武とその沿線民は乗り入れて来るので自重してほしいものである。また、昔は先掲の地下鉄半蔵門線の8000系などの名車を作っていた近畿車輛が今はそんなものをしか作れないのも残念である。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg
ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN サタデーステーション 20.54~/土
ANN サンデーステーション 16.30~/日
[PR]
by keitan020211 | 2018-06-05 17:29 | 生活 | Comments(0)
東急田園都市線を撮る 長津田;あざみ野
 昨日は雲一つ位しかない晴れ渡る青空。
 久々に東急田園都市線に乗りがてら、長津田駅とあざみ野駅で列車等の写真を撮って来ました。
 前に乗ったのは池上線の五反田~旗の台を乗って東急全線の乗り潰しを遂げた時にその帰りに大井町線及び田園都市線の旗の台~溝の口を乗った時、2010年です。
 因みに私が既に全線を乗り潰しているのは:
  ・神戸高速鉄道
  ・北神急行電鉄
  ・北大阪急行電鉄
  ・横浜高速鉄道
  ・江ノ島電鉄
  ・小田急電鉄
  ・相模鉄道――近々東京方面への新線が出来ると記録消滅。
  ・多摩都市モノレール
  ・東京モノレール
  ・新京成電鉄
 あと僅かなのは:
  ・山陽電鉄  飾磨~網干
  ・阪神電鉄  武庫川~武庫川団地;大阪難波~西九条
  ・長野電鉄  信州中野~湯田中
  ・横浜市地下鉄  センター南~中山
  ・京浜急行電鉄  川崎大師~小島新田;金沢八景~新逗子;堀ノ内~浦賀
  ・京王電鉄  高尾~高尾山口
 ――京王はあとたったの1駅です。

 ということで、早速やその東急田園都市線の写真を紹介します。
 主なお目当ては私とためで先の長くない8500系の撮り納めとこの春に新しく運用に入った新型の2020系ですが、2020系は残念ながら来ずに撮れませんでした。その代りにというか、意外な車輛が運よく来て撮れたのでここに収めます。

a0313715_13223727.jpg
 もう数少なかろうと思っていたら案外とすんなり来ていた8500系。それに東京メトロ8000系、理想な撮り合わせが初端から出来た。いつの時代の写真か分からないともいえます:窓が縦長に改造された東京メトロ8000系の扉が写ると近年のものと分かります。
 その8500系の東京方面行が発車する処がこの動画:
 続けての動画は到着の東武50000系:
 尚、動画はSDカードも本体もメモリーが足りなくなって殆ど撮れませんでした137.png。お目当ての8500系の動画があまりないのは残念です。
 到着した東武50000系の写真:
a0313715_13470126.jpg

a0313715_13464463.jpg

a0313715_13475970.jpg

a0313715_13470112.jpg

a0313715_14271981.jpg


 1本しか撮れなかった8500系の動画:
 時代の重さと儚さが感じられます。
中島みゆきの『時代』もこの車輛と同じ昭和50年、私が生まれたのも同じ昭和50年。
a0313715_13581583.jpg

a0313715_13582461.jpg

 東京メトロ半蔵門線の8000系の到着:
a0313715_14010367.jpg

a0313715_14013534.jpg

a0313715_14004072.jpg

 2000年代の新型車5000系:a0313715_14012798.jpg
a0313715_14010845.jpg
a0313715_14151645.jpg
 5000系は青蛙こと旧5000系と並び、私が歴代の東急車では最も好きな車輛。時代の思い入れの点では8500系ですが、車輛そのものとしては安定性や静粛性が増して内外装も変に気合の入っていないスタイリッシュネスの感じられる5000系が勝る。変に気合の入っていないスタイリッシュネスにおいては当時なりに優れていた8500系は走りの音と揺れに難があるが全てにおいて最低限度以上の性能と品質が確りと確保された好車輛。
 橙色の東武車の出て行く乗り場に写る非常囲いは長津田駅の乗場扉(ホームドア)の設置工事のためのもので、来年2019年までには出来上がるといいます――予定より早く出来ている例が幾つかあり、今年中になる可能性もある。――。他の写真をよく見ると黄色の線の辺りが刳り抜かれて準備してあるのが分かります。
 既に田奈~江田の各駅には設置されており、この長津田駅と後に写真を紹介するあざみ野駅にはまだ設置されていません。乗場扉が出来ると写真が撮りにくくなるので思う存分に撮るなら今の内です。私も運が良いです。a0313715_14281670.jpg

 長津田駅は京王の若葉台駅と同じように車庫や工場のある所。そこに収められているずらりと並ぶ車輛等を見るには中央林間方面の列車や長津田駅で乗り換えのJR横浜線の車窓を見ないとならず、東急の駅では見えません。
 但しその片鱗の見える所が東急電車の中央林間行の乗り場の最前部です。以上の写真等の信号機の写るものはその箇所で撮ったもので、そこにある乗り場を昇って行く白い階段は東京方面の乗り場との乗務員専用の跨線橋。着いた列車を降りてそこを昇ってゆく小太りの人は客ではなく、出勤する私服の乗務員でした。
a0313715_14401522.jpg

 この「入信確認」は「車掌台で」と書いてあるので乗務員室に届く信号の確認のことかと思いましたがそうではなく――それなら「信入確認」になる筈。――、車庫との入替信号の確認の確認を促すための見える化ツールと分かりました。線路に英数字以外の標示があるのは珍しい。

 東急電鉄の乗務員は皆楽しそうなのが特色。
 いつも何かの重圧に圧されそうな感じがない、勿論気楽とか軽いということではないけれど。
 その違いは東急電車は先進の運用体制が早くから導入されており、それぞれの業務に他と比べ少ない重圧で臨めることが理由かと思われます。直前の記事に語った京王電車の良い運転が良い客を生むということとは少し違いますが、東急は良い装備が良い業務を生む典型といえそうです。どんな事も、良い技術を身に着けるためには良い道具が必要であり、「弘法は筆を選ばず」や「馬鹿と鋏は使いよう」とは極限られた場合にのみいえることなのでしょう。
 a0313715_15093751.jpg
 乗場の真中にある客用の跨線橋を渡り、あざみ野駅へ行くために東京方面の乗り場へ。
 エスカレーターを降りるとそこに東急ならでは!――本来はそれが普通でなければならないけれど。――と思うようなものが目に入りました。
 それが上の写真、「ここで立ち止まらないで下さい。」。
 東急の駅はおしなべて広々とした乗り場が多くて他の駅にはあまり必要のないものでもありますが、長津田駅は乗り場が広くはなく、そこに整列をする訳の分からない人々がいかねません。事実、小田急やJRなどの他の鉄道等の駅には階段・エスカレーターの前を塞ぐように並ぶ人が多くいて閉口します。そうしていて気づかないのが信じられません。
 そのようなことを防ぐために――JRとの乗換駅でもあるし小田急沿線とも近いので――乗り場のよく見える所にそのような標示を付けているのでしょう。
 他社にはしばしば放送による口頭の案内で「階段の付近には立ち止まらないようお願い致します。」というのがありますが、多くは階段の脇の狭い所では列車を待たないようにすることと解されているようです。勿論そのようなことではないのか案内する側もそのことと思っているのかは分かりませんが、私は階段の脇の狭い所で列車を待つことが多いです。
a0313715_15102260.jpg

 昔懐かしい様式の、停車駅の案内板。LEDやLCD式のものが増えている今は、このような点灯式のものは殆ど見掛けない。

 来た列車は5000系の急行。
 あまり揺れない東急電車ですが、連結位置の脇に座ったのでかなり激しく揺れました。
 扉のステッカーのくまのプーさんはまだ健在、1990年頃から続いています。
 田園都市線の5000系車輛に乗るのは初めてなので、田園都市線の列車の内装が薄紫色であることは初めて知りました。一昔前の私の通勤車であった東横線の5000系は薄桃色です。
a0313715_15361280.jpg
 典型な東急の駅という趣のあざみ野駅、2線に2面の乗り場で、乗り場の幅がゆったりと広いのが特徴。
a0313715_15422386.jpg

a0313715_15430616.jpg

 例によって東京メトロ半蔵門線の8000系から。
 二昔程前までの田園都市線は東京メトロ車――:当時は営団地下鉄と呼ばれる。――が大半を占めており、8500系を一とする東急車は稀にしか来ませんでした。なので私より旧の年代の人々は田園都市線といえば先ずこの半蔵門線の車輛が思い浮かぶ人が多いかと思います。
a0313715_15494834.jpg
a0313715_15534324.jpg
a0313715_15574103.jpg

 先程に長津田駅で撮った中央林間行の8500系の25番車輛がいつの間にか折り返して来て東京方面押上行の列車になっています。同じ車輛を両方面で二度撮れるとは、何やら縁起の良さを感じます。
 8500系の最後の写真はこれ、10両の全部を収めています。
a0313715_16024006.jpg

a0313715_16024892.jpg

a0313715_16152809.jpg

 昨日はこの冬に買って使い始めているデジタルカメラに慣れてきていることもあり、焦点暈けや過剰露出、構図の傾きが殆んどなく良く撮れまくりました。良い鉄道は良い撮影者を生むということでもあるのでしょうか?列車の咄嗟の動きにもひょいひょいと機敏に対応して安定した写真が多く撮れています。三脚を使ったのは動画だけでした。
 但し昼時の角度の大きい逆光だけはどうしても蜃気楼を反映して淡々と写ってしまいます。その中でも味のあるのだけを選びここに幾つか載せました。

 そして意外にも来たのがこれ:
a0313715_16172472.jpg

a0313715_16175346.jpg

a0313715_16181009.jpg

 1992年に出た2000系。東横線のみで運用されていた9000系の田園都市線仕様としてのもの。
 その番号も2001と、縁起が良い。
 多分乗ったことも見掛けたこともないので大変に運が良い。
 その2000系があまり多くは造られなかったということで+20で新しく出来たと思われる2020系はその日には来ませんでした。
 2020系は前の記事に評した通り、ステンレス車に特有の銀色を捨てて総じて白ぽい外装色になったのが好感で少し丸ぽさを取り入れた形も良い――というか、私の生まれていない頃に出来た大昔の東急車はそうであった。――、但し、前面の艶黒は今一つ東急らしくない、製造側の説明のように卵を想わせるようにしたというならば白かベージュが良いと思う。内装は粗完璧に良い。
a0313715_16395859.jpg

 あざみ野駅の北出口。
 写った自家用車が全てトヨタ車なのも運が良い。白いのはポルテで青いのはラクティス、ヴィッツなどと共に2000年代のトヨタを牽引した新コンパクトカー。
a0313715_16400826.jpg

 乗り換えの横浜市地下鉄ブルーラインの入口。
a0313715_16402803.jpg
 駅前の東急バス。虹が丘営業所の車輛はいすゞエルガが主要。
a0313715_16404644.jpg

 小田急電車の駅へ行くのは小田急バスの路線――一部は東急バスも運行する路線あり。――。写真は町田営業所のいすゞエルガの新百合ヶ丘駅行。
a0313715_16410678.jpg

 あざみ野駅を出る小田急バス/東急バスの終点小田急新百合ヶ丘駅の南出口。
a0313715_16405824.jpg

 私が乗って来て新百合ヶ丘駅に停まるあざみ野駅行の東急バス。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2018-05-23 16:56 | 生活 | Comments(0)
小田急ダイヤ改正の風景を撮って来た。
 昨3月17日に運行ダイヤが改正された小田急電鉄。
 前2月には京王電鉄がそれに先立ってダイヤの改正をし、多摩~東京の輸送を巡る競争が初めて起こることが話題になってもいます。

a0313715_17000465.jpg '70年代に多摩新田ニュータウンが開発された初めから相模原線を営業して多摩センター~東京新宿の運行を行い45年になる京王、但し1974年の多摩センター駅の開業までは京王線の聖蹟桜ヶ丘駅が真新しい、というか更地が大半を占める多摩新田の玄関口でした――写真を見ると北朝鮮のよう。――。今も両駅はバスで程近く、聖蹟桜ヶ丘駅を利用する当地の人々も多くいるようです。
 片や1975年に多摩センター駅を開業した小田急の多摩線は東京への直通列車を設定せずに新百合ヶ丘駅での折返での運行としてそれが長らく続いたために利用客の数は京王が小田急の最大で六倍を占める優位を保っていました。
 ’90年代に栗平駅の近くに小田急電鉄・小田急不動産の分譲による栗木台地域の開発が始まり、小田急多摩線の利用客の数はやや増えましたがまだ殆ど栗平専用線というような状況でした。
 それが変わり始めたのは今世紀になってから。2002年に地下鉄千代田線との直通の多摩急行の運行が始まり、小田急が初めて多摩~東京の直通の列車を設定し、利用客はそれから順調に増え続けています。しかしそれでも京王の利用客は小田急の二倍か三倍を保っています。

 多摩センター駅は元々の計画の時の仮称は多摩中央駅でした。
 今もそれを前提として名づいた所が僅かながらあるらしい。私も今からでも遅くはないので多摩中央に改称したら良いと思います。

 さて、この記事ではその小田急のダイヤ改正の後の風景を多摩線のもう一つの終点新百合ヶ丘駅を主として収めた写真を紹介します。先日の記事にも言及したように、新百合ヶ丘駅は同じく川崎市内の向ヶ丘遊園駅と並び、東京方面に登戸駅まで新しく出来た複々線の運用に関しとても重要な位置を占めます。登戸駅まで4線で来た夥しい列車がその先は2線に収めないといけないからです――但し登戸~向ヶ丘遊園は3線――。そこで6線ある新百合ヶ丘駅が著しく活性化したことはその記事に語りました。

 ダイヤの改正で新しく出来た列車などが満載です。
 ※:このブログは本文の部分が透過色になっており、そこに載る写真等はブログのデザイン色が透けて見えることにより写っている本当の色とは多少違って見えます。本当の色の画像を見るには写真をクリックして下さい。

a0313715_17231405.jpg
新百合ヶ丘駅の改札口の中にある列車の発車案内板
 このような液晶現示(LCD)式は消費電力が大きいなどして高価なので新宿駅や新百合ヶ丘駅などの大きな駅にしかない。

a0313715_17031241.jpg
新百合ヶ丘駅の2番乗り場に停まる唐木田行急行
 2002年から唐木田~地下鉄千代田線に運行されていた多摩急行はこの程に廃され、急行、通勤急行と快速急行が運行されることとなった。
 写真の列車は1987年に出て31年になる方向幕式行先表示器の1000形車輛。

a0313715_17084155.jpg

新百合ヶ丘駅の2番乗り場に停まる小田原行急行
 東京~小田原を結ぶ小田急の屋台骨をなす列車。
 写真の列車は2001年に出て17年になる幅広扉仕様の3000形車輛。
 発車の場面はこちら:
a0313715_17191641.jpg
新百合ヶ丘駅の1番乗り場に停まる伊勢原行普通
 以前は本厚木駅までのものであった準急と普通の多くがその2駅先の伊勢原駅までとなっている。伊勢原は大山阿夫利神社や大山寺のある丹沢大山の下車駅。
 写真の列車は1987年に出て31年になる方向幕式行先表示器の1000形車輛。

a0313715_17304325.jpg
新百合ヶ丘駅の6番乗り場に停まる新宿行普通
 1番~5番乗り場までは色々と新しいが、そこ6番乗り場だけは無風なよう。
 写真の列車は28年を経た2015年に改造新調なった1000形車輛の初期車。
 1000形の初期車は経年劣化ではなく、その新造の初めからステンレス製の車体板の曲面の部分が波打っていたり走りが鈍いなど粗雑な作りで私の評価も低いものであったがデザインはなかなかで、改造新調でそのような欠陥も解消されて良い感じになっている。
 新しい趣になった室内はこちら:a0313715_17401184.jpg

a0313715_17442968.jpg
a0313715_17444287.jpg
新百合ヶ丘駅の3番乗り場に停まる片瀬江ノ島行特急ホームウェイ号
 以前は多摩線の専用の乗り場であった3番乗り場が以後は江ノ島線との共用になっている。
 写真の列車は2005年に出て13年になる50000形VSE、内外の5つの賞を受けた'00年代の名車。
 到着の場面はこちら:

新百合ヶ丘駅の2番乗り場に着く小田原行快速急行
 8000形なら少しは快速急行らしい感じがする。次の新型車からは車体色を白に戻してほしいです。
 動画の列車は1982年に出て36年になる8000形。
a0313715_18423577.jpg
新百合ヶ丘駅の1番乗り場に停まる伊勢原行準急と小田原行急行
 写真の列車は準急が2010年に出て8年になる東京メトロ16000系で急行が小田急1000形。
a0313715_18215715.jpg
新百合ヶ丘駅の駅名標
a0313715_18230294.jpg
百合ヶ丘駅の出入口
 駅の南側に一つだけあり、北側へは線路を跨ぐ陸橋で出られる。
a0313715_18384731.jpg 左手に見えるのは小田急系のパン屋 HOKUO(北欧)。創業者がキリスト教の熱心な信者であった小田急は北欧がかなり好きであるらしいが沿線の風土は少しも北欧的ではなく、首都圏で最低一二を争う格差社会。
 百合ヶ丘・新百合ヶ丘駅近く及び多摩線の沿線は小田急沿線には随一の風光明媚な町であり、外国に擬えるとモントリオール(:横浜)の郊外という感じ。
a0313715_18330168.jpg
百合ヶ丘駅前にて西方を望む。
 小さな商店街があるが、至って簡素でありながら丁度好い。
 近くには弘法の松公園という横浜山手町の港の見える丘公園を小さくしたような高台の眺めの良い公園がある。
 因みに百合ヶ丘駅は準急と通勤準急が停まる。何れも各駅停車である小田原・藤沢方面へ行くには急行や快速急行の停まる新百合ヶ丘駅へ歩いても行ける。
a0313715_18402232.jpg
百合ヶ丘駅前に停まる小田急バスの聖マリアンナ医科大学行、車輛はいすゞエルガの2012年型。因みに私の好きなバスの車輛は1980年に出た三菱K型、三菱エアロスターの1984年型と日野ブルーリボンの1995年型、2007年以降の型。昔のいすゞ車は乗り心地がもっさりとしていて好きではなかったが近年はかなり改良されてなかなか好きになっている。
 聖マリアンナ医科大学とその病院は麻生区の隣の宮前区の山の中にある。多摩区生田の辺りから山並みの続くその山を私は向丘山(むかいがおかやま)と呼ぶ。

百合ヶ丘駅を擦違いに通過する2本の特急列車。

a0313715_18491787.jpg
a0313715_18492832.jpg
多摩センター駅のエスカレーターの点検工事

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土
[PR]
by keitan020211 | 2018-04-10 19:22 | 生活 | Comments(0)
Internet Explorerの英数字の書体の変え方
 Windowsの標準装備のウエブブラウザーであるInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)、略してIE。
 因みにexplorerとは探索や探検という意味です。探検は手探りでゆっくりと行くので、IEは動作が遅い笑、どうしてもネットサーフィンというような感じではありません。
 しかしそれは昔の評判であり、今のIEは動作の速さなどがかなり改善されており、時にはGoogle Chromeなどの他の速いと評判のブラウザーより速く滑らかに動くこともあります。そのような改善が著しくなって来たのは私のこのWindows Vistaに搭載のできる最後の版であるInternet Explorer 9以降のもの、現在の最新版はInternet Explorer 11です。

 さて、IEを初めに使うと、ウェブページに表示される文字について或ることに気づくでしょう。
 それは英数字の書体と日本語の書体が合っていないことです。
 既定の状態では日本語はMSゴシックで表示されており、英数字はTimes New Romanで表示されています。
 MSゴシックは私は嫌いで殆ど使いませんが、Windowsの使い手の多くには極めて支持の高い書体であり、日本語の書体がMSゴシックに設定されているのは納得する人が多いのですがゴシック体にはゴシック体――:正しくはSans Serif体、後で解説。――で表示されないと気持ちが悪いと思うかもしれません。私もそのように日本語と英数字の書体が合っていないのは大いに疑問に思い、IEはあまり使わずにSafari――:現在はWindows向けのものはなくて使えない。――を主に使っていました。先日にWindows Vistaを導入した今はGoogle Chromeを使っています。

 しかしMicrosoftのメールサービスであるHot Mailを使いたい場合などはそれを開く際には同じMicroSoftのIEでしたいと思うでしょう。GoogleのGmailを併用する場合はどちらも一つのChromeで使って違和感はないものですがHot MailだけなのにそれをChromeで使うのはちぐはぐな感じがします。私は今はGmailだけなのでそれをChromeで使っています。
 ――そこでIEを使おうとするとちぐはぐな書体でしか文字が出てこない。書体を変えようと思っても日本語のしか変えられない。IEの不評と支持率の低さの理由はそこにもあると考えられます。

 処が、

 英数字の書体の変え方が実はあります。
 私も今まで知らなかったか一度知っても忘れていたかです。

 パソコンに詳しい人にそれを訊くと多くは「CSSを使う。」と答えます。
 CSSとはcascade style sheetのことで、ブラウザーやウェブサイトなどの表示の仕方を独自のプログラムで設定するものです。私もネットでそれを調べて使っていたことがあります。
 しかしその必要はありません。もっと容易く、IEの機能を使って英数字の書体を変えることができます。ほんまに、何やそれだけのことかという感じです。
 それを使うとIEで見るウェブページの見栄えががらりと良くなり、Hot Mailなどの電子メールのページの見易さも良くなります。
 つまり、そんな訳で多くの人々はパソコンをあまり使わなくなってスマートフォンを専らとするようになってしまったのでしょう。しかし、それだけでパソコンの普及度が再び上がる可能性があります。それと、Windowsのサポートの終了が恰もPCの安全に差し支える、故に旧いOSは速やかに買い替えなくてはならないという強迫観念的喧伝もパソコンの衰退とスマートフォンの普及に一役を買っているのでしょう。買い替えなくてはならない――でも面倒くさいしお金もないということでWindows XP――:2001~2014――まででやめている訳です。そんな状況に、Microsoftはあくまでも強気の姿勢でおり、サポートがないことがPCの危険につながる訳ではないことを消費者に理解してもらおうとするアカウンタビリティーに欠け、かようの強迫観念の醸成に作り手もまた一役を買ってしまっています。Microsoftの最も大きな問題はアカウンタビリティーの欠如です。

 その英数字の書体の変え方――

 IEを開くと既定の状態ではこんな感じになっています。
a0313715_18542137.jpg
 日本語はMSゴシックで、英数字はTimes New Romanです。

 それを変えるために:a0313715_19000354.jpga0313715_19020032.jpg

 :してみても…a0313715_19043341.jpg
 英数字はメイリオにはならず、そのままです。
 それはウェブページの作り手のプログラミングの仕方にもより、作り手が表示の書体を全て指定しておればその書体で出ますが指定しなかったり英数字を'Sans Serif'や'Serif'という指定の仕方をしているとそのように出ます。インターネット検索サイトの多くはそのようなプログラミングをしています。

 それを英数字も変えるにはこうします。a0313715_19132933.jpg
a0313715_19133959.jpg
フォントの設定の欄の「言語セット(L)」の所からラテン語基本」を選び、その下のフォントから好きなものを選びます。私のお奨めは日本語がメイリオで英数字(ラテン語基本)がSegoe UI。
 「英数字用フォント」とは記されないし、「英語」とか「フランス語」とかもありません。それがこの機能の気づかれにくくて分かりにくい処です。英語もフランス語もラテン文字であり、それらを一括で設定する訳です。楽といえば楽ですが、ヨーロッパ系の言語については各々の言語別に設定し分けることはできません。

 しかしまあ、Windows XPまででパソコンをやめてスマートフォンだけにしている人はメイリオを知らないかもしれません。MSゴシックよりはきれいでスマートフォンのフォントよりはきれいではない、微妙な立場ですが、Windows Vistaが出た2007年にMicrosoftの大英断で導入された意義深い書体です。一方のSegoe UIはWindows Vistaのヨーロッパ各国版やアメリカ版などの標準の書体となったものです。

 また、英数字の書体におけるSans Serifとは日本語のゴシック体のようなもの、Serifとは明朝体のように文字の線の端が出るように設計されたものです。'sans(サン)'とはフランス語の'without'や'-less'のこと。
 Google ChromeやMozzila Firefoxなどのフォントの設定はそれらを別々に指定するようになっており<写真はGoogle Chromeのフォントの設定の欄>、a0313715_19485781.jpg新聞の記事が全てゴシック体みたいになったり見出しも明朝体みたいになったりすることがありません。しかし日本語についてはゴシック体と明朝体を設定し分けるにはFirefoxは標準装備でできますがChromeは拡張機能を付け加えることを要します。
 Segoe UIはSans Serif書体ですが如何にもゴシックぽい感じのないスマートな形で本来はSerifにすべき部分に用いられても違和感がありません、なのでそれらを設定し分けることのできないIEには必須のものです。

 どんな物にも一番良いのは純正部品。Windowsの純正部品であるInternet Explorerを眠らせておくだけではなくもっと生かしてみては如何でしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2018-03-27 19:34 | 生活 | Comments(0)
東京メトロ副都心線を撮影 +小田急・京王
 そろそろ少しずつ暖かくなって来るというので昨年の正月に明治神宮で初詣をして来てから1年振りに東京へ行き、東京メトロ副都心線などを撮って来ました。
 東急東横線との直通が出来てからは初めて乗る副都心線になります。

a0313715_17223237.jpg
 東京メトロもまたモリサワ新ゴシックの軍門に下ろうとしていて情けないことです。
 遠くから見ると一見は私の好きなIPAゴシックのように見えるのがこの副都心線の駅名標ですが写真をよく見直すとモリサワ新ゴシックであることが判明。
 我が国の誇りを懸けてモリサワフォントを放逐しましょう。
a0313715_17334134.jpg
 明治神宮前駅に着く和光市行普通、横浜高速車。
 十年前、横浜開港150年『Y150』のイベント車が走っていた頃は私がいつも乗っていた車輌です。
 前照灯の迫力に押され、こちらが少し焦点暈になってしまいました。
a0313715_17384652.jpg
 明治神宮前駅を出ようとする横浜元町・中華街行普通、西武車。
 明治神宮前駅の副名称は原宿ですが、全国に有名な原宿には特急も急行も停まりません。
a0313715_17442302.jpg
 渋谷駅。
 1~2番線は田園都市線の乗り場で、東横線は3~6番線。
 変わり果てた東横線渋谷駅、途切れる間もなく列車が入っては出る様に目が回る程に圧倒されます。
a0313715_17484760.jpg
 渋谷駅の5番線に着く東京メトロ10000系。
 千代田線の16000系と共通する部分の多い設計ですが、青色を基調とするその爽やかな趣と比べ茶色を基調として深みのある暖かい趣で、つかみます。
a0313715_17534961.jpg
 渋谷駅の5番線に続いて着く東急車の清瀬行普通。赤色ともう一つの帯の色はやっぱしピンクですよね!
a0313715_17592958.jpg 東横線渋谷駅の駅名標。デザインは良いですが、やはり、ポッピーなモリサワ新ゴシックは堅実な東急らしくないのでやめてほしいです。
a0313715_18031090.jpg
 渋谷駅の構内の案内表示。
 これを分かり易いと感じるか分かりにくいと感じるかは微妙に人それぞれ。私は日本語の「東横線」と「副都心線」の文字が小さ過ぎるかと思う。
 「井の頭線方面」の案内表示を見ながら新しい地下空間を移動、地下通路のど真中にかつては地下鉄銀座線の出口の前にあったミスターミニット(:鍵や靴の直し屋)が出来ていたりと、「どうなってるんや?」感を抱きながら歩く。
 すると何と!
 地下鉄半蔵門線・東急田園都市線の乗り場へ下りるものと見える階段があるではないか!
 新しい渋谷駅は東横線と田園都市線が直結している、即ち乗り場へそのまんま入れるのであります。
 そんなことは知らなかったのでそこで半蔵門線・田園都市線の列車の写真をも撮ることになるとは全く考えていなかったです。
a0313715_18064482.jpg
 私の好きな、半蔵門線の8000系。得した気分。この写真は先日に撮った小田急8000系の写真との2枚、現像もしました。
a0313715_18170407.jpg
 今年で43年になる、即ち私と同い年の東急8500系の押上行普通、得した気分。乗って表参道駅と往復すれば良かったかも。
 副都心線の旅は以上です。
a0313715_18220671.jpg
 小田急新宿駅にて、4000系の小田原行急行。
a0313715_18243646.jpg
 同じ列車を違う白均衡°と露出°で撮ったもの。
a0313715_18272127.jpg
 先週の記事では最新型GSEの写真を紹介しましたが、今回は'90年代に出たEXE。この場所のこの眺めは昔から寸分も変わりません。
a0313715_18303295.jpg
 京王渋谷駅にて、1000系の吉祥寺行急行。
 地下鉄副都心線と井の頭線と、初めて通る地下道を来た訳ですが、地上へ出る所までの方向感と距離感は正確で、上がるべき階段をぴたりと掘り当てました。
a0313715_18343296.jpg
 隣の乗り場へ着た吉祥寺行普通。こう見ると井の頭線のというよりも玉川電車の乗り場のように見える。
a0313715_18364893.jpg
 京王桜上水駅にて、5000系の若葉台行普通。
 明大前駅の先発列車がそれなので若葉台駅と同じく車庫のある桜上水駅まで試しに乗ってみた。室内の感じはなかなか良いがいかにせよ外観が幼稚で良くない。座席の番号の表示板を荷棚の目立たない所に配置しているのは目障りさがなくてとても良い、よく考えたものです。
a0313715_18440121.jpg
 京王多摩センター駅にて、7000系の橋本行普通。今話題の5000系に先立つこと34年、座席の座り易さというものが通勤列車史上初めて考えられた車輌。
a0313715_18504984.jpg
 京王多摩センター駅の名誉駅長のキティちゃん。
a0313715_18481776.jpg
 多摩センター駅はサンリオピューロランドの下車駅で、京王は多摩市と共に特にタイアップに力を入れている。この写真は改札口の前にあるサンリオのステンドグラス。
a0313715_18521820.jpg
 キキララのララ。
a0313715_18533956.jpg
 キキララのキキ。
a0313715_18544158.jpg
 けろっぴ。

 その日の晩に家で撮ったおまけ――
a0313715_18552792.jpg
a0313715_18561386.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_13041605.jpg

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日

[PR]
by keitan020211 | 2018-02-14 18:56 | 生活 | Comments(0)
戦後昭和~平成の鉄道の名車 'They're the trains'
 弊ブログの選ぶ、日本の戦後昭和~平成の魅力ある鉄道車輌です。
 地下鉄については今年の1月に番付5傑+次点を発表しています。

 近年は魅力ある車輌がとんと少なくなっています。
a0313715_18135877.jpg 最近に関東の私鉄京王電鉄と西武鉄道が座席指定の通勤車を新しく発表しており、首都圏の通勤事情を少し変えるのではないかと注目されています。弊ブログのそれらについての評価はまずまずで、外装については1990年代~2000年代の不作続きからかなり改善されていると思います。内装については関東の私鉄やJRには今までになかった質の向上があります。
 私は元々は通勤車の全座席指定には否定的であり、全座席自由或いは一部座席指定が良いと思っています。しかし京王と西武のそれは通常の全座席自由としても座席の位置の切り替えにより使うことができるといい、その便利さに注目しています。
 とはいえ、全座席指定は「座らせろよ、おらー!…」みたいなおっさんの論理を感じて嫌な感じです。座る必要のある障碍者などのバリアフリー策に関しては縦置長座席(ロングシート)が設計の観点からは有利であり、何も健常者が座れることにこだわることはない筈であるからです。
 魅力ある車輌が少なくなっているのは’90年代から勧められているステンレス鋼製車輌の導入及びJRなどの他社との設計の共通化が原因です。それらにより、首都圏の鉄道はどこも同じような車輌が走ることになっています。安ぽくて景観にも悪いし、経済的にも実は何も良いことがありません。製造や保守の経費の削減は需要を少なくしてしまうし、鉄道関係会社だけではなく乗客一般にもそのように誤った経済観念を植え付けています。
 どこも同じような列車が走ると、沿線地域の印象の格差は小さくなります。それにより、人気の沿線地域の生活様式などを真似る所謂意識高い系が跋扈することになっています。よって意識高い系を別名「ステンレス電車系」と呼ぶことにします。既存の別名は「スタバでマック系」。
 京王と西武の新車輌がそんな時代を終わらせるきっかけになれば良いですが、それでもまだまだ心許ないのが現状です。

 そんな時代になる前の、素晴らしい鉄道車輌の数々を以下に紹介します。

●西鉄2000系
a0313715_16031727.jpg

1973年~2010年
川崎重工製

 「美し過ぎる電車」と呼ぶと田舎の議員みたいに聞こえてしまうが、そのような今様の言葉の遣われ方のようにではなく本当に美し過ぎるといえるのが西鉄の主に特急に用いられていた2000系である。
 前面のデザインは路線バスの名車三菱エアロスターの1980年型に似ており、その姿には日常と非日常の織りなす機微が感じられる。
 2扉で車内は全席自由の転換式横置座席であり、他には関西の阪急6300系や国鉄117系などがその方式を採る。関東の京急2000系が転換式ではなく双方向設置の固定式ではあるが類似の方式である外は関東には全くないもの。
 私は西鉄電車には一度大宰府天満宮へ行く時に乗ったことがあるが、その時には現在の主力である8000系が福岡天神~二日市までの特急であり――それも感動的であるが、――、二日市~大宰府は他の3扉車であったので2000系には一度も乗ったことがない内に廃止となってしまった。
 他にも、西鉄には福岡の洗練されたイメージに相応しい車輌が多い。

●西鉄8000系
a0313715_16232079.jpg

1989年~
川崎重工製

 前書の、鉄道車輌が魅力をなくしてゆく時代の変わり目に出たのが西鉄の主に特急に用いられる8000系、先の2000系の後継車である。
 そこで時代の流れとは一線を画しながら良い所だけを取り入れる、絶妙な立ち回りによる新しいデザインは美し過ぎる2000系に見劣りすることのない鮮やかな印象である。
 先述の通り、私が初めて乗った西鉄車である。

●西鉄5000/6000系
a0313715_16342971.jpg

5000系:1975年~近日全廃
6000系:1993年~
川崎重工製

 西鉄の主に急行以下に用いられる。
 デザインは何れも粗同じであり、側面の扉が5000系は3扉で6000系は4扉、窓が5000系は2段式で6000系は1段式。
 装備類は一新されて別物となっている。6000系が出た’90年代の前半は三菱電機がVVVFインバーター制御装置を開発して全国の鉄道車輌に次々と導入されており、6000系もそれ。
 前面の非対称形のデザインは他に余り例がなく、数少ない例は関東の京王6000系など。何れも運転席のない右側の窓を思い切り節約している。使うべき所には使い、要らない所には使わない。――そんな真当な経済観念が形にも表れている名車である。
 自動車では日産自動車のコンパクトパフォーマンスカー キューブが後面の扉(バックドア)を2002年以降の型式で非対称形としている。
 31アイスクリームことバスキン ロビンスのダイキュリーアイスを想わせる緑色も、夏には涼しく冬にはほの暖かい感じで私好みである。

a0313715_18475373.jpg174.png西海九州の雑学
◯佐賀県には何故西武ライオンズのファンが多い?
 全国47県の最もファンの多いプロ野球団を示す地図が先日にツイッターに出ていました。
 そこで、私のファンである埼玉西武ライオンズは、佐賀県と滋賀県の2つ。ライオンズの地元の埼玉県は読売ジャイアンツが最多と出ています。
 滋賀県は西武財閥の創業家の出身地であり、近江鉄道はライオンズのレオ印をあしらう車輌があるのでそこにライオンズのファンが多いのは何となく分かりますが、しがさが違いの佐賀県に多いのは何故でしょうか?
 ――ライオンズは元は福岡を本拠地とする西鉄ライオンズ、よって昔は福岡を中心として九州にはライオンズのファンが多くいました。しかし、今は福岡ソフトバンクホークスがあり、福岡のライオンズファンはホークスファンに変わってゆきました。しかし隣の佐賀県はライオンズ離れが余り起こらず、今も残党が根強く残っているのです。
 因みに私の地元神奈川県は埼玉県とは逆に、意外にも―?―地元横浜ベイスターズのファンが最も多く、ジャイアンツを上回っています。
 西鉄は佐賀県を通りませんが、県域に最も近い所にある駅は福岡県小郡市の大牟田線の味坂駅です。

●阪急6300系
a0313715_17200183.jpg

1975年~現在稀少
アルナ工機製

 阪急京都線の特急に用いられるものとして出た2扉の転換式横置座席車。
 現在は嵐山線の普通にも用いられる。
 公衆電話機を備えるなど、一般車としては最高級のおもてなしを持つ。しかし、今は携帯電話が広く普及しており、時代が変わっていることがこの車輌からも感じられる。
 京都線は25km程の宝塚線や30km程の神戸線とは違い路線の距離が50km近くあるため、居住性の高い特急車を要する訳である。かつての特急停車駅は大阪梅田;十三~京都大宮;烏丸;河原町、大阪と京都の間を無停車で直行していた。'90年代に中間地点の高槻市に停まるようになり、今は更に増えてかつての急行と粗同じになっていて残念である。
 西鉄の特急や京急の快速特急と同じく、座席指定はないので気軽に乗れるのが魅力である。

●阪急9300系
a0313715_17352623.jpg

2001年~
日立製作所;アルナ工機製

 前項の6300系の後継車であるが、2扉が3扉になっている。
 特急の停車駅を増やす目的から来るものなので率直に良いとはいえないが、物としては鉄道車輌がますます詰まらなくなってゆく2000年代にあって孤軍奮闘の力作といえる。

●阪急8000系
a0313715_17433481.jpg

1988年~
アルナ工機製

 阪急の'90年代の主力車。
 更新工事によるデザインの変更が最も多くなされた型式でもあり、上の写真は前面の銀色の帯板が取り除かれた第2期型。更に前面の車番の表示位置の変更や彫をなくして斜め切りにするなどの型がある。どれもそれ自体は良いが様々の駅地域に応える停車駅の増設と同じく、様々の好みに応えようとする余りに節操がない感じがする。やはり最良は初期型である。通勤車として最も安心して乗れる車輌。

a0313715_18534575.jpga0313715_18494967.jpg

 今は上の写真にはない広告向けのような書体に変わっており、安ぽくなってしまっている。
 嵐山線用の木目地に毛筆書体はおぞましい程に俗悪。

●阪神8000系
a0313715_13572740.jpg

1984年~
武庫川車両工業製

 阪神電車の永年の平凡なイメージを変えた'80~'90年代の主力車。
 上の写真は特急または快速急行、急行に用いられる旧塗装であり、普通車は下半が紺色で上半が肌色。
 '90年代後半に薄紫と白の二調塗装やステンレス時に赤帯などの新塗装が出たが、最新のものは橙と白の二調となり、8000系も今はその塗装に変わっている。
 橙と白はプロ野球の読売ジャイアンツを想わせるとの苦情が今年2017年の阪神電鉄の株主総会においてあったという。阪神といえば甲子園、甲子園といえば阪神タイガースということであるが、時にはタイガースの図柄を車体にあしらう列車もある。
 室内は大阪~神戸で競り合う阪急電車の木目の内装とは異なり、よくある白の壁板であるが、他のそれと比べ一際に綺麗で落ち着きが感じられる。
 前面のデザインは同時代の阪急8000系に似ているが、阪急の彫の深さと比べ阪神は滑らかな感じでより日本的美しさといえる。
a0313715_18583806.jpg

 今は青字にUFJ銀行の案内板と同じポップ調の書体のものに変わり、阪急と同じく俗悪化している。

●近鉄3000系
a0313715_14163705.jpg

1979年~2012年
近畿車輌製

 京都と奈良とを結ぶ近鉄京都線の専用車であり、京都市地下鉄烏丸線に乗り入れられる。
 屋根の冷暖房機が前を後へ一連に繋がっており、当時は主流であった分散式冷暖房機の凸凹な感じがなく美しい。
 近鉄電車の当時の塗装色は真紅一色であり、3000系だけが違うステンレス地に真紅の帯が入るもので一際目を引く。
 近鉄車に特有の重たい感じは3000系も同じであるが、その重たさにもどこか賢く爽やかな感じが漂う。
 それまではステンレス鋼製の車輌は東急車輌のみがアメリカのバッドカンパニーの特許により製造できるものであったが、近鉄3000系は東急車輌の外では日本に初めてのステンレス鋼製の車輌となった。それも、東急の特許が切れたのではなく特許に抵触しない製造法を用いることにより実現した。
 因みに当時は東急車輌製も、東京急行電鉄の外にはステンレス鋼製の車輌は殆どなく、地下空間の湿気に由る車体の腐食が懸念される地下鉄でも東急東横線との直通運転のある営団地下鉄日比谷線の3000系や東京都地下鉄三田線の6000系、新宿線の10-000系など数える程しかない。ステンレス鋼製車輌が広く普及し始めたのは'80年代の半ばの頃からであり、話がこの記事の前書に戻る。

●近鉄3200系
a0313715_14374075.jpg

1986年~
近畿車輌製

 前項の3000系に続く京都線及び地下鉄烏丸線の専用車。
 地下鉄の車輌には多い、前面の貫通扉が中央ではなく脇寄りにある設計であるが、ステンレス鋼製ではなくアルミニウム鋼製に近鉄の定番色の塗装がなされたものである。関西には他にも阪急7000系や前出の8000系など、地下鉄以外におけるアルミニウム鋼製車体の車輌は比較的に多くある。自動車ではドイツのアウディなどが採用しており、製造費用は高くつくが耐性が強くて結局は得をする。
 外装だけではなく内装の白を基調とする落ち着き感も、京都の雰囲気に好く適う。

●近鉄21000系
a0313715_14573719.jpg

1988年~
近畿車輌製

 アーバンライナーと呼ばれ、大阪~名古屋の名阪特急に用いられる。
 その2002年の改良型として21020系があり、アーバンライナーネクストと呼ばれる。
 私のかつて住んでいた神戸を、名古屋へ行く際には大阪でJR東海道新幹線に乗り換えて行く経路があるが、費用対効果を考えると大阪のミナミに立ち寄り、難波を出て近鉄アーバンライナーで行くのが最良である。
 昭和の名車としてビスタカーと呼ばれる二階建の30000系などがあり、アーバンライナー21000系にはそのような出色のものはないが、座り心地や乗り心地、夢み心地などの質の高さでは後者が全国一の優れものであり、日本史上最高の観光特急車といえる。
 車窓風景の優れ所は何といえども、室生口大野や東西青山を通過する三重県西部の山なりの村々である。それだけを日本の原風景といっては他に失礼ではあるが、昔話によく出て来るような所謂日本の古典的風景がそこにある。

a0313715_19033199.jpg

 書体がモリサワ新ゴシックに変わった上にデザインが白地に変わり、阪急や阪神のように俗悪ではないがかなり改悪されている。

●国鉄-JR西日本;JR東海117系
a0313715_15141947.jpg

1979年~2014年
川崎重工;近畿車輌;日本車輌;東急車輌製

 既になくなっているであろうと察しがついてはいても、いざその事実を知るとなるとなかなか辛いものがある。
 国鉄大阪支社管内の東海道-山陽本線の新快速などに用いられ、主力を退いた後は白地に橙色の帯のJR東海色に着替えて関ヶ原越えの普通などにおいて用いられていた117系――
 しかし、意外と最近である。私が東海へ移った'00年代の半ばにはまだ辛うじて目にしていたが、後に関東へ移ってからは全く音沙汰がなく、その間に'10年代を見ることなく全廃となっているであろうと思っていたが、今の新安倍政権の時代まで生き残っていたとは。
 「高かろう悪かろう」といわれる国鉄では出色の質の高さが魅力、それが当時に検討されていた民営化の後を見据えての布石であったのか或いは駄目企業国鉄が最後にやってみた贅沢であったのかは明らかではない――というか、根からの民営企業にもない程の空想的資本主義に依って立つJRも違う意味で駄目企業であるが、――。

●JR西日本221系
a0313715_15352886.jpg

1989年~
近畿車輌;川崎重工;日立製作所;JR西日本製

 平成の世の始まりと共に出た、JR西日本東海道-山陽本線の新快速などに用いられる車輌。
 JRの発足から3年目で、正に国鉄との違いを鮮烈に印象づけた。
 お蔭で、それまでは京阪神間では圧倒的に優位にあった阪急電車の利用客が少なからずJRへ流れ、'90年代から今に至る阪急の苦戦につながった。
 私の住んでいた神戸の岡本は、阪急岡本駅とJR摂津本山駅が歩いて3分程、阪急は'90年代に特急が停まるようになって地域客のJRへの流出が食い止められたようであるが、それでも、普通しか停まらない本山駅を出て隣の芦屋駅で新快速に乗り継ぐと阪急よりも早いような気がする。尤も速いことでは前項の117系の新快速の頃からであるが、それに更に車両の快適さが加わった。取り分け側窓の大きいことによる車窓風景の眺めの良さが群を抜く。
 ということで、JR221系を平成名物電車と呼ばせていただく。

●JR西日本207系
a0313715_15531851.jpg

1991年~
川崎重工;近畿車輌;日立製作所;JR西日本製

 前項の新快速と快速用の221系と共に、普通用として出た。
 今は321系や323系が主力となっているが、そのデザインには基本形としては従来型に乗かっていながら枝葉末節で無理矢理に新時代風をこねくり出そうとしているような感じがして良くない。新しい標準―?―を作り出した207系の淡麗さには劣る。
 207系というと、JR東日本にも207系があるが全く違う型である。東日本の207系は常磐線と営団地下鉄千代田線の直通に用いられるものであり、かつて山手線など全国の電車特定区間に用いられていた205系をベースとするもの。
 221系と同じく、西日本の207系は阪急などの高品質な私鉄とも全く互角な快適さと信頼性の高い車輌である。

a0313715_19074548.jpg

 デザインは今も変わってはいないが、書体がモリサワ新ゴシックに変わり安ぽくなってしまっている。鉄道ファンとはそのようなことを何とも思わない人達であるらしい。

174.png近畿の雑学
◯「大阪嫌い」と一口にいえど…
 大阪を嫌う人は多いといわれる。
 '90年代の前半、地方分権が本格的に提唱されて自民党の一党支配が崩れ去ろうとしていた時代に『全国住みよい都市番付』というのが出たが、大阪は六百数十ある市の内の六百数十位となっている。感性における好感度だけではなく実際にも良からぬ評価を受けている。最近にも、経済力や学力、治安などで最下位級或いはまんま最下位となる番付が多く出ている。
 その'90年代はそんな低い評価にありながら、大阪の好感度は寧ろ高まっており、それが反転し出したのは'00年代以降である。当時は谷村新司の歌によるJR西日本の『三都物語』のテレビCMや大阪ビジネスパークや京阪奈学研都市の造成など、大阪-近畿圏の再生が盛り上がっていた故でもあるが、今はそのような景気の良い話を余り聞かない。'00年代以降の大阪の不人気の一因は弊ブログがかねがね指摘しているように、大阪芸人の質の低下である。昭和関西芸能界の大御所上岡龍太郎が20世紀最後の年2000年に突如に引退し、その後の後継者が育っていない。大阪芸人の全国向け番組における登場の数は前世紀よりも増えたが詰まらない芸人が多くを占めており、未だに笑福亭鶴瓶や明石家さんま、桂文枝などの旧人類に頼らなければ消極的視聴率は得られてもリアルに笑いを取れる率は激減にあるのが現状である。本当にどうしようもなく下らない――しょうもなくおもろいのではなく。――のが今の関西芸能界である。
 しかし、一口に大阪といえど、大阪には様々な顔がある。
 歴史的に大別すると:①摂津難波宮以来の大阪;②大阪城代松平忠明以来の大阪;③明治文明開化以来の大阪;④箕面有馬電軌(現:阪急電鉄)以来の大阪:がある。
 '90年代の俄か大阪景気は①と②を合わせたものであり、いわば大阪の伝統への回帰の試み。
 '00年代から現在のどうしようもなく下らない大阪は③で、大阪近代主義への回帰の試み。
 ④は戦前大正と戦後昭和の時代を牽引した当時としては新しい大阪の姿であり、一世を風靡した読売テレビの『11PM』などの関西お色気ものも④の流れ、平成生まれの人々は知らない。
 ③の明治文明開化における大阪は薩長藩閥の大久保利通の肝煎りにより大阪に大日本帝国の権力と経済力を担保するべく生まれたものであり、中央の力に乗っかって成り立っている。薩長藩閥の末裔の一人は現総理の安倍晋三であり、よって安倍政権の下の現在は『明治文明開化の大阪』の復刻が試みられている訳である。そんな流れを利用するように、大阪維新の会が出て来て一世を風靡している。
 今時の大阪人に、どこかいいようのない権威主義が感じ取れて鼻につくと思う人は少なくないと思われる。その権威主義というのも、大阪が偉い、一番であるということでの権威主義ではなく、「東京と一緒、安倍さんと一緒で日本の大阪」ということでの権威主義である。
 但しそのような流れを拓いた大阪維新の会の橋下徹元大阪府知事または大阪市長は議会において公明党と敵対している。公明党は元々は「東洋のマンチェスター」の美名の下に大阪を煙塗れにしていた③に与するものではない下層労働者階級の勢力であったが、'00年代以降は自民党と中央政府に近づくことにより③への仲間入りを果たそうとしている。そもそもが近代人間主義を是とする公明党、明治文明開化の流れとは相性が良いのである。
 ③の流れから出た橋下が、③と敵対して戒めているのが面白い。橋下がそうなのは彼が大阪の出身であると共に東京の出身でもあることからのことであろうと考えられる。橋下にとっての大阪とは主に江戸の薫る②である故に、③は歴史の現実の一部ではあれども覇権を許すべきものではないのである。
 私、弊ブログも③の意味における大阪についてなら、大阪嫌いといえる。

●名鉄100系;200系
a0313715_16163779.jpg

1979年~
日本車輌製

 前出の西鉄2000系と共に、美し過ぎる電車。乗って行けば何か良いことがありそうな、という感じ。
 主に豊田線及び名古屋市地下鉄鶴舞線、名鉄犬山線に用いられ、その都会風景と田園風景に良く馴染む。
 今は珍しくなくなっているが、当時は通勤車としては珍しい、窓の開かない設計。
 しばしば、窓が開かないなんて風情がないという人がいるけれど、冷房があれば窓が開く必要はない。そのような合理的発想も当時としては斬新で、魅力に感じられる。

●名鉄1000系
a0313715_16282028.jpg

1988年~
日本車輌製

 従来の展望車7000系のパノラマカーの後継としてパノラマスーパーと呼ばれる。
 7000系の展望席は乗務員室が2階にあって1階が先頭部まで丸々客室になっているものであるが、1000系のそれは乗務員室が半地下型になっており、その頭上が眺望できるようになっているもの。
 特急券を要する特別車と要しない一般車が半分ずつ編成され、観光や遊興にも通勤にも気軽に乗れる。但し、犬山~常滑線の特急は全車特別車の列車が殆どを占め――それでも安く、偶には通勤利用もする気になれる。――、一般車が付くのは主に名古屋本線の特急である。
 パノラマカー7000系は歴史的名車といわれ、私も幾度か乗ったことがあり、やはりその通りと感じさせる味があるが、靴跡を真横に広げたような形の前照灯やレジャー感覚の溢れる逆さ富士形の行先表示板など、デザインがもはやあり得ない程に旧過ぎる。

a0313715_19121177.jpg

 近鉄やJR西日本と同じく、デザインは変わらないが書体がモリサワ新ゴシックに変わって安ぽく改悪された例。
 前の書体はゴナであった。 

174.png東海の雑学
◯名古屋は西日本か東日本か?
 名古屋を中心とする東海圏は中京圏とも呼ばれる。中京とは明治時代の一頃に西京と呼ばれていた京都と新しく名を受けた東京との間に位置する都市圏ということでの名である。
 中間域なら、話は早い、「中日本」が正解である――そのような呼び方もありはする。より多く用いられるのは「中部日本」。
 しかし「中」はなしに、日本を西と東の二つに分けるなら、名古屋は西なのか東なのかはしばしば見解が分かれるようである。
 私は予てより名古屋は東日本と見ており、近年はテレビや新聞、雑誌などのメディアにおいても名古屋を東日本と見るのが優勢になっているようである。
 昔は東日本といえば東京を中心としてその直接の影響の及ぶ地域のことと解され、故に名古屋は直接の影響はなくて東京圏とは異質であるから西日本であると思う向きが多いものであった。色々な風習にも見られる名古屋の独特さが注目されていたのである。しかし、名古屋名物のコメダ珈琲店や寿がきやラーメンなどが関東に進出するなどすると共に、名古屋は今時は独特と見做されることが余りなくなっている。寧ろ名古屋流がリアルに充実を感じられて好ましい、日本の新しい標準(ニュースタンダード)と思われさえしている。前述の大阪の更なる不人気の一因は近年の大阪芸人のどうしようもない下らなさだけではなく、前世紀には考えられない現象であった名古屋流の鯱の如き躍進台頭により相対的に支持されなくなったことにもある。
 即席食品の味のつけ方なんかも、東日本向けはおしなべて三重県までが扱い範囲となっているものが多い。三重県は名古屋の更に西であり、それもまた近畿地方か中部地方かとの論争のある地域である。近畿地方が東日本とされる程ならば、名古屋は悠に東日本であるといえる。
 もう一つの理由はこれも平成生まれは知らない、電気製品の周波数の違いによる製品の仕様の違いの解消である。昔は静岡県の富士川を境に西は60Hzで東は50Hzと流れる電気が違い、故に電気製品はその境を跨ぐと使えないことが常であったが、今は何れにも対応できる製品が殆どを占め、そのことを考えることを要しなくなっている。故に名古屋と東京の断絶も認識されなくなり、普通に関東の隣と感じられるようになっている訳である。

●長電0系;10系
a0313715_16443854.jpg

1966年~2003年
日本車輌製

 廃止されたのは2003年であるが、その後14年に亘り須坂駅に留置されて物置として使われ、今年2017年の春に改めてお別れ会が催されてその直ぐ後に解体処分された、最期が変わり種な車両である。
 そもそも、長野には4扉の車両を要するのかとの疑問が湧くかもしれない。その疑問に応えてか、1980年に0系の改良型として出た10系は3扉になっている。3扉車は普通は車体長が18mないしは19mであるが長電10系は4扉車と同じ20mで、珍しい規格である。
 また、長電長野線の長野市街の区間は地下線であり、それも長野のような地方都市には例のない珍しいものである。長野人はとにかく、大都市と同じようなものがなければ気が済まないのである。
 しかし、その見栄張りも尽きてか、10系の後には自社調達の車輌は一つもない。東京メトロ日比谷線の3000系や東急8500系、小田急10000系などを譲受して用いられている。
 地方私鉄の車輌の事情を見ると、自社調達の可能性はやはり日本経済の成長力にあるのかと思うばかりである。

a0313715_19175102.jpg

 他にも色々とあり、その度に大きく変わっているがどれも良い。但し一つだけ、国鉄書体を用いるものがあり、変である。

174.png信濃の雑学
◯「北信と南信」とは何か?
 長野県に行くと、偶に「北信」や「南信」という言葉を耳にする。
 それが何かはテレビの天気予報を見れば一目瞭然で、それぞれ長野県の北部と南部のことである。長野県の旧称は信濃国であり、その北と南である。北信は長野市を中心とし、南信は松本市を中心とする。
 観光需要では、北信は主にスキー場の多いことから冬が売りで南信は山間の高原の多いことから主に夏が売りとされる。
 産物は、北信は野沢菜や善光寺七味唐芥子などの辛いものが多く、南信は果物などの甘いものが多いとされるが、長野県産の代表的果物である林檎や葡萄の多くは北信で採れるものである。味は辛いも甘いも北信である。
 それらには気質の違いはあるのか?
 何となくではあるが、かなり明らかな違いがあると見える。
 南信は、教育県長野の先駆けである開智学校が創られた地でもあり、知識に訴える人が多いとされる。
 北信は知性を軽んずるものではないが、知識よりも智慧を重んずる人が多いとされる。
 観光客の迎え方なんかも、南信は豊富な―?―知識を武器として客に合わせてゆこうとするが、北信は智慧を用いて客を自分達の世界に招き入れようとする。故に南信を訪れると自分の所と違う所に来たという感じが余りしないが、あくまでも余所者扱いに留まるような感じがする。北信を訪れると如何にも敷居が高そうな感じがするが、数日もいればそこの機微に分け入り或いはそこの人になったかのような感じがする。
 南信の出身の有名人には池上彰や美川憲一などがおり、北信の出身の有名人には7&Iの鈴木敏文やエイベックスの依田巽などがいる。何れにしてもスターダムには乏しい地味な人物が多いが、南信は芸能やスポーツに強くて北信は政治や学問、商業に強いといえそうである。芸事は客の好みに合わせてゆかなければ見向きもされないが、政や商は有権者や客のペースに乗せられれば損をすることもあり、説得力が必要なものである。

●富山地鉄14760系
a0313715_17025630.jpg

1979年~
日本車輌製

 前項の長電10系と同じく、富山地鉄の最後の自社調達となった車輌。
 後には、京阪3000系などを譲受し、主力となっている。
 デザインは1983年に出た小田急8000系に通じるような、前面の角丸の広い長方形の連続窓が斬新である。真直ぐ-真直ぐ、角は丸く――そのような形は一過性に終り今時の車輌には殆ど見受けられないが、もっと普及するべきであったと思う。
 アイボリーホワイト地にダークベージュと真紅の塗装色も洗練されており、今の黄土色とエメラルドグリーンの塗装色に変わっているのは残念で、田舎は田舎らしくしろという圧力があったのであろうかと思うようなだささである。

a0313715_19221614.jpg


174.png北陸の雑学
◯北陸は何故自民党王国なのか?
 北陸四県といわれる福井県、石川県、富山県と新潟県――
 それらの内の福井、石川と富山は自民党王国であり、一頃に例外がありはしたものの、自民党の候補者が選挙の度に圧倒的に勝つ。新潟県だけは元は自民党の地盤を持っていた田中角栄の田中家の娘が民主党に移ってその主力の政治家となったために民主党及び民進党がやや優勢な地域である。
 その理由は当地の自民党が近年にいわれるように著しく右寄りではないからであると考えられる。
 昭和時代の自民党のように、右も左も保守も革新も何でもオールインワンで自民党に属す。なのでどんな考え方をしていても支持する政党は選ぶ余地がなく自民党になる訳である。
 寧ろ、当地の自民党は初めから他地方と比べて左寄りであり、高福祉路線である。それは今は鷹派であるかのようにいわれている石川県の森喜朗元総理なんかも同じである。北陸地方はいわば日本の北欧である。
 尤も、そんな北陸もおしなべて低福祉な日本と共にあるのでその願いの悉くが叶えられている訳ではない。願いの半分に達するかしないかな程であろう。それでも高福祉で安心できる社会は北陸人の宿願であり、その願いが今も自民党に託されているので民進党が何歩その政策を左めかしてみても一度は見向きされただけで終わった訳である。話は逸れるが、故に民進党はそんな北陸自民党との競合や重複を避けて理念や政策をもっと右に――それこそ台湾の民進党のように。――構えなければならない筈である。例えば中福祉中負担を具体的に打ち出すなどである。

●京急2000系
a0313715_14491582.jpg

1982年~
東急車輌;川崎重工製

 主に快速特急に用いられるものとして出た、2扉固定式横置座席車。
 固定式横置座席の配置は車両の真中に向かい同じ向きになるように並ぶものであり、真中の所だけが向い合せとなる。国鉄-JRなどに多い向い合せ型の配置は自由席では知らない人と向い合せになるのでかなり鬱陶しく、京急2000系のその座席の配置はなかなかよく考えられたものといえる。とはいえ、関東においては何故か転換式横置座席の車輌は絶無なのが残念である。
 2000年までに3扉に改造されて2扉車はなくなり、2000系の座席は縦置長座席となって塗装色も白の帯が上の写真のように窓の周りを塗り潰すものが窓下の帯に変わっている。
 直線と曲線が融け合う'80年代デザインの結晶というべき、形や各部の質感に至るまで美しく出来ている。

●京急800系
a0313715_15041220.jpg

1978年~
東急車輌;川崎重工製

 前項の2000系に4年先立ち主に普通と急行に用いられるものとして出た。
 4扉縦置長座席で形は2000系とは大きく異なるが、基本設計が共通しており、2000系を先取りするものとなった。
 片開扉は当時には殆ど作られなくなっており、粗史上最後の片開扉の新型車であったがそのデザインの新しさは今も古びずに現役にある。

●京急2100系
a0313715_16090252.jpg

1998年~
東急車輌;川崎重工製

 前々項の2000系の後継車として出、主に快速特急に用いられる2扉車。
 2000系の横置座席は固定式であるが、2100系からは転換式が採用され、関東では初となる。但し進行方向のみに自動のみで換わるため、乗客が任意に手動で換えることはできないのが他地方には元々ある自動転換式との違いである。
 デザインは良い意味で'90年代風の新しいものとなっており、デザインの共通化されたステンレス鋼製車輌が主流の当時の下らない鉄道車輌の数々とは明確に一線を画す。
a0313715_13210655.jpga0313715_13211767.jpga0313715_13214087.jpg

 下の写真が今のもの。
 かつては今の京急の名のつく駅名は全て京浜とついていた。その頃のものが上左の写真、ローマ字の書体だけがセリフ書体――:日本語や中国語の明朝体に当たるもの――でお洒落である。上右の写真の白地のものは最も馴染み深く、京急の他とは異なる趣を感じさせる。その京急も残念ながらモリサワ新ゴシック――下の写真――を採用しているが、全国で最後まで粘ってゴナ――上右の写真――を堅持していた。

●江ノ電1000系
a0313715_16240822.jpg

1979年~
東急車輌製

 前出の京急2000系や800系と設計の随所が共通する。
 例えば室内の窓枠には強化プラスチックが用いられ、よくあるスチール製の窓枠より見た目がきれいで然も堅牢である。
 強化プラスチック製窓枠はそれらの後には余り採用されていなかったが2001年に出た小田急3000系や2007年に出た小田急4000系が久々に採用している。窓ガラスが一連となることも相俟り窓の眺めが良く見えるのも特徴である。江ノ電における窓の眺めとは勿論水面に光の揺れる湘南海岸である。

a0313715_13370736.jpga0313715_13371478.jpg


●小田急8000系
a0313715_22253973.jpg

1982年~
日本車輌;川崎重工;東急車輌製

 小田急の主力汎用車として大量生産された5000系の後継車として出た。
 5000系と同じく、営団地下鉄千代田線への乗り入れはできず、小田急線内と箱根登山線内のみの運用のもの。
 一連であるかのように見える前面窓は当時としては斬新であり、'80年代の新しい時代の到来を感じさせた。
 ブラックアウトと呼ばれる、黒色を効果的に用いて窓の形をごまかす良く見せるデザインの手法は1979年に出た国鉄201系がはしりであり、それから全国の鉄道車輌が我も我もと取り入れていた。中でも小田急8000系のそれは素晴らしい。そもそも、黒は青と合うものであり、黒い窓に青の帯は大変に高級感がある。ブラックアウトは今は自動車にも取り入れられている。
 側面の造形も後に普及したステンレス鋼製の車輌にはあり得ない、鉄鋼製の造形の極致なる美しさ。その仕上がりは35年を経る今も少しも崩れることなく保たれている。
 屋根上の冷暖房機が集約分散型と呼ばれる2基となっているのも当時としては斬新で今としても最良である。分散型――:4~5基――のような凸凹感がなく、集中型――:1基――のような寂しい感じがない。
 乗り心地も並な感じの5000系やかなり悪い9000系と比べ著しく改善されており、今時の車輌等よりも乗り心地が良い――改悪されることがしばしばあり得るのは5000系と9000系の比較に明らか。――。

a0313715_13444643.jpga0313715_13450536.jpg

 左の写真のゴシック4550によるものは右の写真のモリサワ新ゴシックによるものが導入されている今も幾つかの駅に残っている。20世紀末から21世紀に掛けて新しく設けられた駅や高架への移転などにより新調或いは改造された駅は、その頃には駅名標がまだ旧型であったため。
 ローマ字の表記法が'Odakyu-nagayama'のようにではなく'Odakyu Nagayama'のようになっているのは良い。

●東急5000系
a0313715_16582877.jpga0313715_17002490.jpg

1954年~1986年/2002年~
東急車輌製/東急車輌;総合車両製

 全く異なるような上の写真の2つの車輌――実はどちらも同じ東急5000系である。
 既に廃止された車輌の型式番号が後に再び付くことは近年にはしばしば見られるものになっている。小田急が3000系と4000系を――いずれも通勤車であるが前者は元は特急ロマンスカーの型式番号であった。――新たに用いているなどである。京王は近くハイパフォーマンス通勤車5000系――元の5000系も'60年代の当時としてはそう。――を導入する。番号を使い果たし、一巡している訳である。
 しかし東急5000系は単なる番号の再利用ではない。よく見ると、旧5000系と新5000系はよく似ている。前面の傾きとその裾の部分の引込み具合が先ずそうである。また、窓も作り方は時代を反映して違うが、大き目で眺めの良いことが似ている。それも京王旧5000系や8000系などのように前面窓が側面へ回り込むようなパノラマなものではなく普通に前面に張るだけで広い視界を確保する、東急らしい、贅沢感のない機能性の高さである。
 今や日本の田舎の風景を語るには欠かせないものとなっている1962年に出た7000系以降は、東急電車の車輌は取り敢えず今様の形になっておればよいというような詰まらないものが多いものであったが、新5000系が出たことにより華が取り戻されたように感じられる。とはいえ、新5000系の設計は'90年代から今'10年代に首都圏を主として占めているJR東日本との共通化設計車輌がベース、側面のデザインは小田急3000;4000系と全く同じであったりするが、東急新5000系はそれらの中でもどこかそれらとは一線を画するような高品質感と独自の存在感がある。同じような座席に同じような液晶案内画面を見ていても、東急のそれにはまやかし感がなく信頼して乗れる。
 旧5000系の車体は東京の渋谷駅西口の広場に展示されており、テレビの街頭インタビューにもしばしば映る。

●東急7000系
a0313715_17364744.jpg

2007年~
東急車輌製

 前項の5000系に次ぎ、旧型式番号の再利用となる。
 旧7000系が出たのは1962年であり、派生車の7200系と共に多くが地方私鉄へ譲渡されてそれぞれの当地の顔となっている。首都圏の近場では静岡の静岡電鉄がそうである。
 新7000系は元は池上電鉄という東横電鉄の東急とは前身の違う池上線とその隣の多摩川線の専用車であり、その設計やデザインにもどこか他の東急電車とは違う趣がある。池電と東横の他にもう二つあるのは目黒線、大井町線、多摩川線と田園都市線を持っていた目黒蒲田電鉄と新玉川線と世田谷線を持っていた玉川電鉄であるが、旧目蒲向けの最近の新型車は旧池電向けの7000系や5000系と比べ趣味が悪い。田園都市線は今は2つの本線の一つとなっているので旧東横の東横線と同じ5000系が導入されているが目黒線と大井町線は聊か別世界というような様相である。
 ステンレス鋼はかつては曲面加工が難しく、東急車には平面的デザインしかなされていなかった。それを敢えてしたのは1987年に出た小田急1000系であるが、新造導入から何年も経たない内に曲面が波打ったり、そもそも等しい寸法と形になっていなかったりと、日本の産業経済の凋落をその数年前に暗示するかのような見るも無残な試みとなった――小田急1000系の無残な試みはもう一つ、扉の幅が2mのワイドドア車がある。デザインも利用感覚も破綻しており、鉄道史上稀に見る無用の長物となっている。――。しかし、今は曲面加工が発達しているらしく、東急新7000系はその大成功作となっている。
 室内は総木目調となり、温かみが感じられる。総木目調の内装はそれまでは阪急電鉄だけが用いるものであり、阪急以外または関東では初。座席の色模様が阪急の渋緑茶のような単色とは違い明るく爽やかなエコロジーカラーなのが池電らしい雰囲気を感じさせる。外装色も従来の東急にはない派手な意匠となる。

a0313715_13582729.jpga0313715_13583973.jpg


 左のものと右のものとの間にもう一つ、線がピンク色で書体がゴナのものが1990年代頃にあった。それが私の最もお気に入りの東急の駅名標であるが2000年代から右の写真のものに替わっている。

●京王5000系
a0313715_18130166.jpg

1963年~1996年
日本車輌;東急車輌;日立製作所製

 室内の幅が広く、縦置長座席でありながら空いている時には至って快適で、京王の永らくの売りである高尾山などへの観光輸送にも充分に耐える。寧ろ脚を伸ばせたり座席に寝れたりで横置座席よりも良いと思える程である。
 乗り心地も絶対値としては今時の新型車と同じ位、当時としては最先端の良さである。鉄道や乗合自動車の乗り心地が進歩改善されていたのは概ね'90年代までであり、以後はやや退歩改悪されている。つまり、京王5000系は今の時代に粗その侭復刻製造されても今の最新鋭の車輌等と互角の性能と利便性があるということである。逆に、平成30年は昭和30年と同じ水準であるともいえる。

●京王6000系
a0313715_18270917.jpg
 
1972年~2011年
日本車輌;東急車輌;日立製作所製

 日本らしさを特徴づけるもの、即ち日本と他国を明確に分けるものの最たるものは左右非対称にあるとされる。色々と言い立ててはみても殆どの「日本らしさ」は世界のどこにでもあるようなものであるがそれだけは歴然と日本にしかないといわれる。
 前出の西鉄5000;6000系もそうであるが、京王6000系は前面の窓の配置が左右非対称であるのが大きな特徴である。右側は停止位置指標などの右下にあるものだけで他には何も見えなくても実は困らない。故に左側の窓だけを充分に大きくする訳である。
 逆にシナなんかは左右対称が絶対的常識であり、何を作るにも左右非対称は考えられないらしい。
 昭和47年といえば、高度経済成長が終わり、所謂西洋並みの生活水準に追いつくことが至上命題であったそれまでとは物の見方が変わりつつあった時代である。そこで左右非対称などのような独特の姿、取り分け日本の独自性というものが様々に模索されて或るものは支持や普及を得ていた。
 窓だけではなく、その上にある行先表示部も独特。それが単なる奇抜ではなく実用品としてすんなりと受け容れられるようなものとなっているのは当時の活力である。
 そんな6000系は二度目の経済成長期となる'80年代に亘っても次々と増備された。'90年代には5扉仕様車も出、その活力は留まる処を知らず、6年前に全廃となるまで39年に亘り就役していた。私が鉄道車輌の解体作業を見るのはそれが初めてであり、インターネットの恩恵である。

a0313715_14063249.jpga0313715_14065235.jpg

 かつては線の色が臙脂色に近いダークローズであったが1990年頃からのCIによりピンクと紺になっている。京王バスもそのCI色を取り入れていたが近年は紺色のみになっている。
 書体は1980年代の中頃までは細丸ゴシックであり、それがデザインは同じな侭に左の写真のものに替わった。
 京王は案内表示などに用いる書体を他社のように色々と使わずに物によらず隅々まで残らず同じにし、そのための取換は時間を置かずに一気に進められ、それだけは昔も今も変わっていない。京王の歴史を紐解くと、府中までの京王電軌と府中が起点の玉南電鉄の合併のための線路の改軌の工事も短い工期で直ぐに出来たという。

174.png神奈川の雑学
◯「神奈川の基地負担をなくせ!」との声がないのは何故か?
 この「基地負担」とは自衛隊の基地ではなく、アメリカ軍の基地のこと。
 神奈川県にはアメリカ軍の基地が16か所、横田基地、多摩サービス補助施設、府中通信施設と清瀬の大和田通信所を加えると20か所もある。
 その数は全国47県の内の2位であり、1位は57か所がある沖縄県である。
 沖縄のUS軍基地にまつわる今日2017年7月28日までの最新の話題は太田昌秀元知事の沖縄県民葬、そこには安倍晋三総理や鳩山由紀夫総理などの中央の政治家も招かれて参列したが、献花の時に、鳩山総理の時だけ拍手が起こった。一見は自慢話のようにも見えかねないが、鳩山氏は今日の自らのツイッターにそのことを「私だけが!」と語っている。鳩山総理は沖縄のUS軍基地の負担を減らすべく、普天間基地の日本への返還に伴うその移転先を「最低でも県外へ」として自らの政権(2009~2010)の時にアメリカ政府などへの働き掛けをした。永らく知られるように、沖縄にはUS軍の駐在を好ましく思わない人々が多い。
 面積も人口も沖縄県の何十倍もあって基地の数は三分の一もない神奈川県及び多摩・武蔵野地方なら、沖縄の程にはそのような声が出ては来なかろうとの見方もできるが、その他と比べれば神奈川のUS軍基地の負担は抜き出て多い。沖縄と神奈川の以下に比較的に多いのは北海道の18か所、青森県の6か所、広島県の7か所や長崎県の13か所である。
 昔は神奈川にもUS軍基地を退かせようとする動きがあった。1964年に大和市と町田市に、1977年に横浜市青葉区に、厚木基地のUS軍の飛行機が墜落する事故があり、US軍と日US安全保障体制に対する抗議の運動が神奈川にも興った。
 バブル時代には逗子基地に対する抗議運動が興ったが、粗それを最後に神奈川の反US軍基地の動きはない。
 その理由として考えられるのは一つには沖縄のそれとの密度の大きな違いであるが、もう一つは神奈川人は自国日本の軍を信用することはできないということである。
 日本史を紐解くと、神奈川は古代から栄えており、鎌倉時代には政府の所在地にもなり、或る意味では歴史を通して京都にも勝る程の政権体制の安定や繁栄を日本に及ぼしていた。
 古代にも鎌倉時代にも、神奈川には軍人が多くいたが、明治時代以降の近代日本の軍延いては自衛隊は昔の神奈川の軍とは路線(method)が違う。「鎌倉武士」などというが、近代軍は鎌倉武士ではない。
 神奈川人が憲法の改正を云うのは、鎌倉武士とは違う今の軍なんかは子供騙しなのでそんなものはなくして新しい軍を創れということ:神奈川人が憲法の護持を云うのは鎌倉武士とは違う今の軍なんかは子供騙しなのでそんなものはなくしてとりあえずはアメリカ軍に頼ってごまかせということ。何れにしても自衛隊ではいけないということは同じ。
 私、弊ブログも本音はそうであるが神奈川以外の世論を勘案するととりあえずは自衛隊を能うべく改善する外はないと考えており、憲法の改正の必要はないとしている。新しい軍を創るにも憲法の改正の必要はない。何れにせよ、自衛隊は災害における活動など、日本の誇るべき独特な防衛組織であると思ってはいない。災害の援助などは当たり前にも当たり前の軍の任務であり、それを称賛する今時の報道のありようは愚かである。
 尤も、近代軍ではない軍は世界のどこにもあったことはなく、鎌倉武士を軍事の理想とすることは単なるロマン主義でしかないかもしれない。しかし少なくとも日本の政府や近代軍は神奈川人にとっては信用ならないものなのである。因みに神奈川県の出身の内閣総理大臣は有名なあの人唯一人。
 自国を信用することはできないから、アメリカ軍に頼っておくしかない。故に神奈川における反US軍基地の動きは興りにくい。
 そこが自国への信用を求めて延いてはアメリカへの信頼をも求める安倍政権との違いであり、また、日本が自国ではない沖縄との違いであるが、反安倍でも反沖縄でもない。沖縄については「そういう所も日本にはある。」というような認識であろう。
 自国の歴史を誇りながら自国を信用しないことを、政治思想学の概念ではアナーキズム(無政府主義)という。私、弊ブログの思想の原点でもある。アナーキズムを信ずるのは昔は文化や政治、経済などにおいて強い力を持っていた地域、殊に農業を本位として独立性と中央との関わりを上手いこと保っていた地域に多く、日本語の「無政府主義」というように本当に政府を無用とすることではなく、現在の政府を無用と見做して自地域が主導の政府をしか望ましい政府とは認めないということである。尤も、昔の程にではないが、神奈川は現代の今もかなり強い文化と経済の力を持ってはいる。しかしその力はマスコミベースでは見えては来ない。

●西武30000系
a0313715_14321744.jpg

2007年~
日立製作所製

 いつも定刻に走り、何となく見ている電車――
 するとどうしても気づかないが、この30000系は西武鉄道が社運を賭けて導入した重みのある車輌であるという。
 その社運とは上場廃止に因る経営の再建、2004年、総会屋への利益の供与と有価証券報告書の虚偽記載による証券取引法違反の責めを問われてのことである。当時のニュースを陣取っていたが、電車はそれでもいつものように動く。
 『Smile Train〜人にやさしく、みんなの笑顔をつくりだす車両〜』の考え方の下にプロジェクトチームが組まれ、殊に内装は十人余りの女子社員のみが担当した。
 外装は地下鉄以外では関東には珍しいアルミニウム合金製であり、塗装はないがステッカーで色を配し、塗装のある車体と遜色のない質感がある。前面のみ白の塗装があり、同じく前面塗装ありでも京王などのような強化樹脂製ではなくアルミニウム合金に直に塗装がしてある。
 全体として卵のような丸みを出すためでもあるが、前照灯は今時には珍しく丸形なのも嬉しい。

●西武40000系
<a0313715_14524632.jpg

2016年~
川崎重工製

 この記事の前書にも言及した全席座席指定の列車のために導入された。
 その全席座席指定の列車の通称はS-TRAINといい登録商標となっている。そのS-TRAINの社外の解説の記事を見ると、「着席保証列車」と呼ばれている。――「着席保証列車」、何とださい、勘違い真面目な言葉であろうか。勘違い真面目とは、「稲田朋美さんを将来の総理大臣に!」というのと同じような語感。
 単純に考えるだけでも、座席指定券を買って乗っても、そこに無断着席をしている人がいることはあり得、保証されたことになってはいない。
 それを確実に保証しようとするとそのための駅員の案内が大きな声で何度も言わねばならず、乗るまでの快適さは損なわれることになる。「指定券のないお客様は御乗車にはなれません。指定券のないお客様は御乗車にはなれません!!、危険です!乗らないで下さい!!」
 それに違反した際の増料金の徴収をするかしないかなど、運用の既に始まっている今も色々と不透明な問題がある。
 そのような問題点はとりあえず置いておいて、「置いといて。」、車輌だけを見るとかなり良い。近日導入の京王5000系も基本としては同じ内装の造りをしているが、西武40000系のそれの唯一つ残念なのは内装色が青基調で、座席の色の趣が国鉄じみていることである。
 そもそも座席指定は国鉄-JRの急行と同じ発想である。JRは昨年2016年に急行を廃止しており、今やJRにもない前時代なものを京王や西武などの私鉄がする理由は理解できない。これからは逆に田舎の人に笑われることになる。
 私の取り分け好きな点は側面の窓の周りが橙色に縁取られていることである。40000系もまた前項の30000系と同じくアルミニウム合金製の車体にステッカーによる色取り。

a0313715_16001960.jpga0313715_16003474.jpg

 今まで気がつかなかったが、西武はモリサワ新ゴシックを採用していない。駅名標などの案内表示の書体がモリサワ新ゴシックではないのは大手鉄道会社等では他に西鉄、阪急、阪神、南海、相鉄、京成とJR東海だけ――8社/19社である。
 西武が今は用いる右の写真の書体は現在のANN報道ステーションの字幕にも用いられるものであり、私も好きな書体である。
 左の写真の、昔の丸ゴシックのものも焦茶色が落ち着きを醸し出していて良い。駅名標の常套である横線がないのが独特である。文字というものはきっちりと整理整頓をして記せば一々線を引かなくてもよいということがそれから分かる。

●東武50000系
a0313715_15262030.jpg

2005年~
日立製作所製

 日立といえば20世紀末の頃から経営不振がニュースに伝えられ、如何にも斜陽の企業という感じであった。
 家庭用電気製品なんかも、日立は’80年代までは普通に見掛けられていて私の出身家も地元の電器屋が日立の代理店であったこともあり日立製品を支持していたが、'90年代からはとんと見掛けない、会社が存在さえしているのかという感じ。
 その日立の業績を回復させた立役者が2005年のこの東武50000系と前出の2007年の西武30000系である。
 鉄道車輌だけではなく、近年は日立が元気である。広告なんかを見ても、今時の企業広告に多い、頭の弱い無能経営者の説教を安倍晋三が演説の原稿にしそうな日本人英語を交えてまとめたような、下らないコメンテーターが喜びそうなグローバリズム広告ではなく、企業の政策を面白真面目に訴えて好感度な広告が日立には多い。残念ながら、今時は三菱さえその手のグローバリズム広告である。
 東武50000系はいわば「走るプレミアム文房具」である。プレミアム文房具とは銀座伊東屋に売っていそうな文房具のことである。
 別に伊東屋でなくても売っているが、私は永年にシュテットラー(STEADLER)を愛用しており、東武50000系の姿は宛ら走るシュテットラーの繰出鉛筆である。
 因みに日立について言うと、私の家の冷暖房機は'10年代製の日立の白くまくんであり、電気代がとても助かっている。
 丁度東武50000系が出来た頃には日立のドライヤーを買って使っていたが性能もデザインも落ち着きに満ちていてなかなかである。風の出方のプレミアム感が素晴らしい。

a0313715_16153394.jpga0313715_16154551.jpga0313715_16155919.jpg

 伊勢崎・日光線と東上線は駅名標の意匠が昔から異なる。上右の写真は今の伊勢崎・日光線のものであり、下の写真は東上線のもの。
 東武は駅名標のデザインをくるくると変え、案内表示板をイメージ作りに役立てようという発想はないらしい。逆にいうと、東武以外の案内表示板は印象操作の道具であり政治的に好ましくないということでもあろうか?

●JR東日本651系
a0313715_16224041.jpg

1988年~近日全廃
川崎重工製

 東京と仙台とを結ぶ常磐線の特急スーパーひたちに用いられていた。
 当時の鉄道車輌の最先端が注ぎ込まれて出た新時代のJR特急であったが、制御装置には当時に既に出ていたVVVFインバーター制御を採用せず'80年代までの主流であったサイリスター制御を守っているのも好感である。
 651系に代わる新しいスーパーひたちとしてE657系が2010年に出たが、何の進化もないだけではなく、改悪である。デビルマンが迫って来るかのようである。2010年に世に出た良品といえば、マイクロソフトのOffice2010であるが、その他はおしなべて'10年代の新製品は良くない。
 尤も、651系のデザインは旧世代の国鉄特急の183系がその侭新時代向けにデジタル的にリファインされたような感じであり、技術ともてなしの外には目新しさはないともいえる。しかしそのリファインの妙こそが魅力であり、E657系などのように独創性などといいながら下らないものを垂れ流し続ける今の時代とは似ても似つかない。

174.png関東の雑学
◯「寄合所帯」は関東の家芸
 京急~京王の項の後の『神奈川の雑学』では神奈川と日本の軍について語った。
 軍といえば文民統制(シビリアンコントロール)、強制収容所へ送ることはシベリアンコントロールと言うが、この『関東の雑学』では関東と政党政治の関係を語る。
 日本の大政党には自民党と民主党の二大政党と公明党や共産党などの中小政党がある。
 民主党政権についての批判から、民主党はしばしば寄合所帯といわれる。党における諸派閥が互いに合意をなさずに党の統率や理念の共有がないということである。しかし、その特色は民主党だけではなく自民党も永らく同じといわれており、その民主党との違いは合意と統率、共有のない党が或る利益のためには一致することにある。その利益とは'50年代には憲法の改正、頓挫:'60年代には高度経済成長、成功:'70年代には列島の改造、疑問が残りながらも成功:'80年代には民営化、成功とされながら破綻が生じているも無視:'90年代は自民党の不毛の時代で'00年代は国民の誇りを取り戻すこと、現実には存在しない潮流――
 国民の誇りは利益としての計量が可能なものではないが、'00年代から今の自民党政権はそれを国益の確保や実現のためには欠かせないものであるという。尤も、物事は軽量の可能な事柄だけで成り立つものではなく、誇りなどのような或る種の精神主義は何にでも必要ではある。
 軽量の可能なものは文明の基であり、それを押さえている人達が国の実際の権力である。東京を中心とする関東には軽量の可能なものを押さえている人々が多い。それが一概に同じく寄合所帯とはいえど、民主党と自民党の違いを生み出す。
 とはいえ、私などは料理の調味料の量を一々匙やカップで量る気には到底なれない。直観と常識が頼りであり、その点は私は民主党的気質が強い。
 関東は民主党の支持層にせよ自民党の支持層にせよ、寄合所帯を常とする。人の居る所や集まる所は何でも、支配的権力や理念というものはあり得ない。関東の南隣にある神奈川を政府とした源氏が三代で滅んだ理由もそこにある。源氏は皇室を由来とする古代以来の日本の支配的権力であってしばしば理念を生み出す。それが、支配的権力や理念を嫌う栃木県の足利氏や東京の近代権力にとっては脅威なのである。学校なんかを見ても、理念を大切にする学校の多くは本部が東京にあってもその主要の校地(キャンパス)を神奈川に設ける。埼玉や千葉の学校は単なるブルジョワ主義、即ち経済力に任せて子供に金箔を貼るものに過ぎない――ブルジョワ主義も理念の一種ではあるが、――。そしてそんな関東の土地柄に妥協して権力を得て立ち回りの文化を広めたのが源氏に替わって幕府を持つことになった北条氏である。
 その観点から見ると、自民党も民主党も関東の政党、東京の政党であり日本の政党ではないともいえる。しかし公明党もまた自民党における利益による一致の代わりに信仰による一致を保つだけであり、その現世的現実はやはり寄合所帯の原理であり、自民党との連立政権を常とするようになっている今はその傾向が一層強い。
 寄合所帯の原理にも有意義なものはあり、政党や企業の多様性はこれからも大切にするべきではあるが、関東のそれは殆どイスラム原理主義に近い原理主義といえる。合意の形成などはありはしない。故に自民党の利益や公明党の信仰のように、目立つ処だけは皆同じ共通の様式で統一するのであり、その一例が駅名標などの案内表示板におけるモリサワ新ゴシック体の書体や共通語と呼ばれる、NHKという放送局が作り出した言葉やそれをベースとした新語・流行語などである。

a0313715_16423096.jpga0313715_16424600.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
■政治家のブログへのリンク(:自由民主党;民主党)⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505979.png

ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
ABCテレビ おはよう朝日土曜日です 6.25~8.00/土

a0313715_19554738.jpg

フジテレビ めざましテレビアクア 4.00~5.25/月~金
フジテレビ めざましテレビ 5.25~8.00/月~金
フジテレビ めざましどようび 6.00~8.30/土


[PR]
by keitan020211 | 2017-07-02 17:52 | 生活 | Comments(0)
【自動車 特別編】日本の名車列伝 その1:トヨタ自動車 後編
◯コロナ CORONA
1964年 T4; T5型
a0313715_14522693.jpg

 今なら、ピックアップトラックではないかというような重心の高い構えとフォルムである。
 そのことは、乗用車の運転もトラックの運転と然して違わないという本質が物語られるようで意味深い。

2007年 T26型(プレミオ PREMIO)
a0313715_15013889.jpg

 1990年代のトヨタが試みた、『高級車からのダウンサイジング』はコンパクトカーの人気の点では当たっていたがコロナ級の中堅セダンには向かわなかった点では外れたといえる。
 当時はメルセデスベンツのAクラスがはやったことを、その人気の要因を大きさではなく価格と見做してしまったのであろう。ベンツAクラスを買う人々はその小ささに魅かれていたのであり、国産のコンパクトカーより値が高いことに魅かれていたのではない。
 その苦境を打開すべく2001年に出たのがコロナの後継車プレミオである。その名の通りに高級感を高めて『高級車からのダウンサイジング』ではなく逆に『もっと上をゆく選択』を感じさせた。それは寧ろトヨペット コロナの原点に帰るものであった。それが功を奏してデフレ傾向の下にあっても堅調好調な販売が続いた。

◯プリウス PRIUS
2003年 NHW20型
a0313715_19322060.jpeg

 こう見ると、2003年型の魅力は失われてはいないと気づく。
 ――何かといえば、2008年型のプリウスが2003年型を陳腐化させるような形でのモデルチェンジであったことである。'08年型は'03年型の全体のデザインを踏襲しながら、端々の盛り具合をかえて出た。故に人によっては'08年型はより高級感を増して程良くスポーティーで格好良くなったと思えるであろう。
 しかし私は'08年型を運転してみると、他のセダンと違わない、良く言えばコンベンショナルな感じのものにかわっているのに物足りなさを感じた。私が運転免許を取って初めて運転した'03年型のプリウスとは中身が全くかわってしまっている。何よりも先進的感じが薄れている。
 NHW20型プリウスが出た'00年代の前半は凄い時代であったと改めて感じる。
a0313715_19454182.jpg

 プリウスに次ぐトヨタのハイブリッド車であり今の日本一売れている車となっているアクアもまた、デザインが完璧で走りも多分素晴らしいが、乗ったことがないのでこの名車列伝に準ずる評価とする。

◯ヴィッツ VITZ
1999年 SCP; NCP1型
a0313715_15240199.jpg

 「時代がかわった」、それが感じられたのはヴィッツからである。
 それまでの軽自動車を含むハッチバックのコンパクトカーは三扉が主であったが、ヴィッツからは五扉が殆どを占めるようになった。’90年代の『高級車からのダウンサイジング』の故もあるが、それを単なるダウンサイジングではなく一つの理想のスタイルを確立させた意義は大きい。
 私がそのヴィッツを初めて名古屋のトヨタレンタカーで借りて運転した時は愉しくて堪らなく感じて然も疲れない。

2005年 KSP; SCP; NCP9型
a0313715_15342473.jpg

 丸々としている1999年の初代型と比べ精悍な趣となるが、初代型に感じられる全体のかわいらしさは確りと受け継がれている。三代目はそれがなくなってヴィッツではない車になってしまった。

◯パッソ PASSO
2004年 XC10型
a0313715_15403836.jpg

 ヴィッツなどの'00年代を彩ったコンパクトカー等の特徴はリアのフォルムの安定感が半端ないことである。どっしりと構え、全体の小ささの故に尚更に力強く見える。また、使い易さを重視して傾斜角が抑えられていることが無理のない美しさを感じさせる。
 パッソは殊に高速走行における切れがよく安定感も良い。

◯マスターエース サーフ MASTERACE SURF
1982年
a0313715_15540453.jpg

 キャブオーバー型のワゴン車を初めて格好良いと感じたのがマスターエースサーフ。
 日本ではライトエースやタウンエースのプレミアム版として出たが、元はアメリカのトヨタバンの日本仕様として出た逆上陸車である。
 後のミニバン、ガイアやアイシスにも連なる存在感と洗練が素晴らしい。

◯ガイア GAIA
1998年
a0313715_17101153.jpg

 ミニバンであるが後扉がスライドドアではなくよりセダンベースのワゴンに近い。
 同じような形で当時に人気であったホンダ オデッセイの対抗車として出たというが、販売台数はオデッセイには遠く及ばない。
 私は寧ろ、オデッセイと比べることより、マスターエースサーフなどのトヨタのキャブオーバーワゴンの存在感を受け継いでいることに価値を感ずる。しかも前世紀末の時代の洗練が余すところなく感じられる趣である。

◯アイシス ISIS
2004年
a0313715_17322638.jpg

 それもニュースステーションと報道ステーションの関係についてと同じくか、トヨタはアイシスをガイアの後継車と位置づけてはいないという。しかし端的に見ればそうであることは明らか。
 尤も、今は『既存のものの後継』ということが望まれない思潮があり、今時の人々は「だったら初めから名前をかえるな。」と思ってしまうらしい。「無関係」の主張はそのような要望に応えるべくしてのイメージ戦略ということもできる。
 そんな時代の中、2004年に出たアイシスは尚もモデルチェンジがなく、今も13年に亘り生産及び販売されている。先ずはその事実だけでも名車と呼ぶに相応しい支持の厚さである。
 私としては初めてのマイナーチェンジの前のカジュアルな趣の内装のものが好みである。マイナーチェンジによりラグジュアリーな趣にかわり、それもまた良いには違いないが、前世紀の『何でも柔らかい車』に逆行したかのように感じて物足りない。

◯ポルテ PORTE
2012年 NP14型
a0313715_17462036.jpg

 2004年に出た初代型も驚くばかりの斬新さで運転のし易さも素晴らしいものであったが二代目のNP14型はそこにデザインの洗練も加わり、今の時代のライフスタイルと自動車の在り方の一つの理想を体現している。
 その形で高速走行の安定も良い。
 同じような大きさのシェンタも良いが機能性の高さなどの気合いの入り具合の半端なさではポルテに若干の引けを取る。

◯ライトエース・タウンエース LITEACE; TOWNACE
1996年 R40; R50型
a0313715_17545749.jpg

 商用バンといえばいかにも平凡な運転感覚、そんなイメージはそこには既にない。
 ボンネット形となった故もあろうか、ライトエース・タウンエースバンの運転感覚は至ってスポーティーで疲れ知らずである。トラックも実に能く馴染む。
 取り分け旋回時、特に右折の時の旋回の姿勢が従来のキャブオーバーバンにはない安定感と美しさであり、正に逸品。

2008年 S402M; 402U型
a0313715_18054576.jpg

 先のR40;50の程ではないが、運転のし易さは尚も抜群である。素人目には寧ろS402M;402Uが乗用車に近くてより馴染み易い運転感覚となろう。

◯ハイエース・レジアスエース HIACE; REGIUSACE
2004年 H200型
a0313715_16241881.jpg

 元々ハイエースはトヨタのキャブオーバーバン・ワゴンの永年来の旗艦車であるが、2004年に出たH200型はその存在感が更に揺るぎない、世界のハイエースと感じられるものとなった。
 車体や内装など、至る所の剛性が高く、全てに不安感の全く感じられない完璧な車である。
 しかし殊に愛知県においてはそのハイエースバンのトヨタのエンブレムをレクサスのそれに付け替えるお馬鹿が多くおり、痛々しい。品質の圧倒的高さをいいたいのではあろうが、そのハイエースの品質を実現しているのはトヨタでありレクサスではなく、トヨタのブランド価値に対して失礼なことである。

◯レクサスLS・トヨタ セルシオ LEXUS LS; TOYOTA CELSIOR
1989年 F10型
a0313715_18214297.jpg

 止まっている時も高級感を漂わせるが、走る時は更に躍動感が加わる。
 高級セダンがかくもスタイリッシュになれるものかと、その今までにないデザインに驚いたものである。

2006年 F40型
a0313715_18291593.jpg

 2000年の前代型は『和装の外人』を想わせ、アメリカ人受けを狙うジャパニズムやオリエンタリズムの匂いがして良くなかったが、2005年のレクサスの日本上陸に合わせて出た2006年のF40型はそのような媚びのない、純粋に『良い車 良い形』が追求されていて素晴らしい。
 クラウン マジェスタとの比較となるが、加速の滑らかさと鋭さではマジェスタが勝る。LSが勝るのは停まる時の安定感であり、加速に関してはやや機械的で感動が薄い。

◯レクサスGS LEXUS GS
2005年 S19型
a0313715_19074602.jpg

 正直にいうと、運転のし易さの点では私には余り合わない。ゆったりとし過ぎていて却って安心できない。
 しかし、GSは元々は日本においてはトヨタ アリストと称して出ていた車であり、そのアリストのキャラは『運転し易い』というような趣ではなく、人が車に合わせてゆく、その車を知ってゆくことに価値のあるものである。そのように見れば、「三代目アリスト」でもあるS19型は初代GS・アリストからの在り方に忠実である。
 アメリカの出身のレクサスのGSであるが、S19型は外装のデザインがヨーロピアンスタイルで洗練されている。

◯レクサスIS・トヨタ アルテッツァ LEXUS IS; TOYOTA ALTEZZA
1999年 GXE; JCE10L型
a0313715_19061560.jpg

 日本向けのアルテッツァはセリカ系の4気筒の原動機であるが、アメリカ向けのISは全車が直列6気筒であり、またアルテッツァの程の積極的スポーツ色はない。
 同時代のヴィッツが今までにないコンパクトカーであったのと同じく、アルテッツァは今までにないセダンと鮮烈に感じさせた、「こんな車が本当に出来るようになったのか!」。
 '90年代までの車が『より大きく』を志向して豪華で優美なデザインを究めてゆこうとするものであったのと比べ、21世紀を控える当時の車は『存在感の確かさ』と『かわいらしさ』が志向されるようになったといえ、IS・アルテッツァもまたその流れの一つである。

2005年 GSE2型
a0313715_19100776.jpg

 世界のあらゆる車で最高
 そのGSE2型のISを上回る車はあらゆる面においてもはや出ては来ない。
 写真で見ると大き目の高級車のように見えるが、現物はもっと小さくてコンパクトな高級車である。
 運転のし易さではレクサス車で一番、トヨタ車と世界でも屈指である。
 全く新世紀の車でありながら前世紀の様々な車の面影が巧く残っているのも心憎い。
 コンバーチブルのIS-Cもセダンと共に世界一。

◯レクサスSC LEXUS SC
2001年 UZZ40型
a0313715_19203149.jpg

 世界一のオープントップ車IS-Cに次ぐ世界二のオープントップ車がSCである。三位はメルセデス ベンツ。
 ISに勝るのは操舵感、ステアリングフィールのエロさである。それは如何にせよISにはなく、いわばdesexualizingといえるものであるかもしれないが――私はdesexualisingには賛同しない。なのでISをそのように「嫌らしくない美しさ」と見ることには理解できない。単にSCと比べて丸くないだけである。――、SCは微に至るまでがsexyである――勿論、電動ルーフの開き方や閉まり方まで。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-02-25 16:00 | 生活 | Comments(0)



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...
My Tweets (2 of the accounts)
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
日本の夏には半袖は合わない―..
at 2018-07-22 05:08
洗濯は こまめ か 溜める ..
at 2018-07-21 13:23
【Freesia料理】焙茶の..
at 2018-07-21 11:55
【Freesia健康と美容】..
at 2018-07-14 20:41
【Freesia料理】辛い韮..
at 2018-07-07 15:40
【Freesia料理】夏の湯..
at 2018-07-07 15:31
【Freesia料理】夏の湯..
at 2018-07-07 15:31
【Freesia作法】食事の..
at 2018-06-30 21:11
【弊ブログ5周年】ブログをリ..
at 2018-06-27 20:04
【Freesia料理】蝦(え..
at 2018-06-27 11:37
【Freesia料理】辣油を..
at 2018-06-13 13:02
2018年上半期 南多摩地域..
at 2018-06-05 17:29
【Freesia料理】辣油を..
at 2018-06-05 13:15
東急田園都市線を撮る 長津田..
at 2018-05-23 16:56
京王と小田急 吊り手につかま..
at 2018-05-15 18:18
【Freesia料理】英国風炒飯
at 2018-05-10 14:48
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2018-05-09 03:15
【Freesia料理】レバー..
at 2018-05-06 15:05
【Freesia料理】鶏レバ..
at 2018-05-06 14:56
【Freesia料理】鯖の砂..
at 2018-05-06 14:52
最新のコメント
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング