<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
【Freesia料理】豆ちゃんこ
a0313715_19250265.jpg ちゃんことは関取の部屋の定番の料理であり、舞の海ならば棺にさえなるかのような巨きな(おおきな)鍋に特製のみそ汁と様々の野菜を煮込むものである。

 私がちゃんこを初めて食べたのは初めて就職した頃に神戸のちゃんこ屋にて食べたちゃんこ鍋である。無論、その鍋に収まるのは鬼太郎の親父と小さくなったスプーンおばさんしかいない。

 ここに紹介するのはそのちゃんこ鍋を更に小さくした『豆ちゃんこ』、普通の汁椀に作って食べるものである。

 然し『豆』というと如何にもかわいくて良心的に感じられるかもしれないが、『豆ちゃんこ』と言って実は本物のちゃんことは違う――「フレッシュジュース」のような話ではないが、――。
 本物のちゃんこは『ちゃんこスープ』という専用の材料がちゃんこあり、みその味は押し並べて薄めで一際に香ばしい出しが出ているものである。
 よって少しでもその風合いに近づけるために、みそは少な目にして出しを増量する。出し入りのみそならば出しを別口で揃えることとなる。
 本物のちゃんこスープの出しは地鶏が基で物によっては名古屋コーチンや石垣島の海塩(:ヤマキ『石垣の塩塩ちゃんこ鍋つゆ』の例)などが含まれるという。
 私はみそちゃんこをしか知らないが、その塩ちゃんこや醤油ちゃんこ、生姜ちゃんこなども他にはあるという。よって色々と研究して作るとよいかと思う。ここに紹介するのはみそちゃんこのバッタである。出しは地鶏出しなんて入っておらず、鰹と昆布の合わせ出し入りのみそに昆布出しを増量しただけである。それを如何に薄くて必要充分な濃さの味を出すかがミソである。

●用意するもの――野菜は何れもなるべく多くふんだんに

白菜
人参
大根
春菊
鶏肉
白みそ
出しの素 増量調整用であり、鰹、昆布、炒子(いりこ)の何れでもよい。

<御好により>:生姜 磨り下ろしでも切り身でも良いが磨り下ろしを余り多く入れると滓が浮くような感じになってちゃんこのような神明に透き通るような見た目と喉越しが出ない。よって時間は掛かるが、切り身を能く煮込むのが奨められる。

 野菜等の中心となるのは白菜であり、汁よりも嵩が大きいと見える程にその切り身をどっさりと鍋に入れる。
 人参と大根は輪切りで厚さは好みに依る。私は輪切りを六等分の円周角に分けて切るものを奨めるがこの場合は人参は小さいのでなるべく大きく見せるために二等分でもよい。
 春菊は私は普通のみそ汁にも好く使うがちゃんこには取り分け奨められる。他の菜葉と比べてシャープな匂いが強く、いつものみそ汁とは違うものであるかのように感じさせるからである。
 鶏肉は鶏殻の出しに代わるものとして幾分は鶏の出しが出るがなくてもそれらしい感じは出せるので必ずしも要るものではない。鶏肉を使わない場合は微量のサラダ油をみその汁に能く馴染ませるように混ぜ込む。それにより上昇可能温度が高くなって冷めにくくなる。
a0313715_19523103.jpg 勿論、鶏殻を使って本物のちゃんこ汁に挑むのも良いが、少なくとも関東地方の多くの店には鶏殻は味の素の『丸鶏がらスープ』しか売っていない。弊ブログは味の素を排斥しておりかの社の製品等を出禁とするので他社製のものを入手することができるのでなければ奨めない。偶に香港生まれの『李錦記 鶏がらスープの素』(販売:S&B)やYOUKI(:ユウキ食品)の『中国料理用顆粒ガラスープ』が売っている所もあり、それらを見掛けると「この辺りの土地柄は流石に違う」と思う。大雑把に見た感じでは横浜市内は李錦記を扱う店が多いと見える。

――――
 いつもとは違うみそ汁を作るとおかずや添え物が要らないとさえ思えるので不思議である。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル・モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ・シアトル・タイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ・トロント・スター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ・ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-28 19:33 | Freesia料理 | Comments(0)
【Freesia料理】もやしを使い倒す
 昨今はアベノミクス不況や格差社会論のブームを受けて「貧困層には欠かせない食材」ともテレビ番組などに言われているもやし
 群を抜いて大量に栽培して生産することができるからか、その一袋の単価は29円とか36円などとなっているのが多い。故に費用が助かり金に困っている人の頼りになるという訳であろう。もやしを下回る単価の食材は殆ど見当たらず、チロルチョコレートやうまい棒などしかない。
 もやしは安いだけではなく栄養に富むのも魅力である。詳しい栄養の話は余り好まないので――「この食材はミネラルがどうの、」とか、実際の効果を分かっていて言っているのかと思うばかりである。科学への盲信の一つといえよう。――「もやしを食べると安心」とだけ言っておこう。

a0313715_17562772.jpg そのもやしを生かす、即ち使い倒すにはどんな使い方があるかをこの記事は考える。

 例えば私が昨日と前一昨日(さきおととい)に作ったのは秋に咲く山の幸として名高い榎茸や椎茸と炒め合わせるものであり、先ずはそれを紹介する。

 榎茸と椎茸を、本当は一緒に使おうと思って昨日は椎茸を仕入れて来たのであるが、作り始め、榎茸を入れ忘れていたことに食べた後に気づく。榎茸は多くは袋の量が多くてへたり易いので早めに使うようにしないとならない。前一昨日に榎茸だけのもやしの炒め物をしており、そこに昨日の椎茸を加えて更に香ばしく行こうと思っていたのである。片や、椎茸は元々見た目が荒々しいので少しへたるだけではあまり気にならない。

 椎茸だけではなく二日目に新たに加わったのは生姜である。磨り下ろしの生姜を味の肝にする訳である。

●揃えるもの――量は各々良識と誠意を以て考えること

もやし
人参
榎茸
椎茸
葫(にんにく)
生姜
胡椒
薄口醤油
サラダ油

<御好により>:白胡麻 磨り/煎り、白/黒共可、赤唐辛子、清酒

●作り方

 サラダ油で普通に上記の材料等を炒め合わせることになるが、
人参は細長めの薄切りにするのが良く――薄いと炒まり易く、材料等を入れる時宜を分ける必要がない。――
葫は味よりも香りを添える程だけなので少な目にして生姜と一緒に磨り下ろしにする。生姜は多めにする。

 皿の後に残る汁が旨い。それが旨いと出来が良いということであるが、それが多くなるようにするために清酒を加えて炒め込むのも良い。但し多くなると汁の味は薄くなって旨味は出ないと思われる。
 というか、酒を入れなくても生姜だけで酒のような味と香りがある。

――――――
a0313715_18143075.jpg しばしば聞くのはもやしのキムチ炒めであるが、キムチの味が白菜を離れて散ってしまうので奨められない――と分かるとは、一度作ってみたことはあるということである。――。辛いのが欲しいならばキムチではなく赤唐辛子を炒め出してもやしに馴染ませると良いと思う。キムチはやはり弄らずにその侭食べるべきものである。

 他に思いつくのは茄子とみそ餡かけで炒め合わせるものである。これも唐辛子の出しが能く合うかと思われる。
 但し餡かけを多くすると透明感が出てしまい、茄子の深紫の輝きを薄めることになるので少な目にすることである。また、みそだけのものとの違いをなるべく際立たせず、餡かけ入りとの微妙な風合いの違いを味わうのがミソである。

 赤唐辛子について能く分からない言説には、「赤唐辛子と鷹の爪は違う。」というものがある。何故か、そう思っているらしい人は鷹の爪と銘打たれた物を赤唐辛子や唐辛子とは言わない、飽くまでも「鷹の爪」としか言わない。
 無論そんなことはなく、鷹の爪とは赤唐辛子の雅称であり同じものである。
 尚、私はカイエンペッパーは赤唐辛子のことであるとは今日まで知らなかった。何か凄い香辛料が『カイエンペッパー』の入れ物には入っているのかと思っていた、「海焔ペッパー」みたいに。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。
■CYBER ECOLOGY 2015 ウェブサイト版は⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505444.pnga0313715_14505979.png

テレビ朝日 グッドモーニング 4.55~8.00/月~金
ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-28 18:19 | Freesia料理 | Comments(0)
【英語訳】misato RICHじゃなくても
Even if not the RICH, of misato, or Watanabe Misato
published at 15th July 1985

As if beaten by a sudden thundering my dear's appeared
to let the story turned, for which I've posed as a tragic heroine
Even at me never to do the new dancing steps in the least
the feet onto the right'n onto the left'd have dashed against too many times

Only you're by me and even the wizard ridden on the broom
to get away out this door, so that
never to blink and will be to look each closely

a0313715_18054214.jpgA Chinese café on weekend
even if not the RICH is filled with some dream
In even a dressing-up on some one brooch
A little party, it's no sense as not swinging there

For a moment me found on the pupil of my excelsior dear a shadow in a blue
Never let the eyelashes there wet, me going to come sharp at the window

Little by little, little by little, I feel like getting closer under any griefs alike
The one the most strict on you might be your!self any times

From a phone's crying of a jazz-man
basking in a shower supply,
I want to show my heart I love you――My heart...

As if beaten by a sudden thundering my dear's appeared
to let the story turned, for which I'd posed as a tragic heroine
Even at me never to do the new dancing steps in the least
the feet onto the right'n onto the left'd have dashed against too many times

Only you're by me and even the wizard ridden on the broom
to get away out this door, so that
never to blink and will be to look each closely

A Chinese café on weekend
even if not the RICH is filled with some dream
In even a dressing-up on some one brooch
A little party, it's no sense as not swinging there, hoo!

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。
■CYBER ECOLOGY 2015 ウェブサイト版は⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505444.pnga0313715_14505979.png

テレビ朝日 グッドモーニング 4.55~8.00/月~金
ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-26 18:06 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(0)
【英語訳】misato BREATH
BREATH, of misato, or Watanabe Misato
published at 15th July 1985

a0313715_17323042.jpgI feel like feeling of you as well as doing some breaths,
like feeling of your smiling like the child
There is no one coming and going on the pavement wet in a light rain
Since the mornings terminal a long-way bus's getting to run slow

The accentual letters, either your living way never to yield,
either the collar twisted,
be as it's been for now
Beneath the rain chill, for guarding you,
Might my coat be too much small?

Like as to say "Good night" beyond the telephone
I feel like hearing you that such a life is what we may give over some day

I can think of the days never to see you more eternal
Instead of you, anyone can never be
Even on any times to stumble by some little misunderstandings
you'd let me tougher

Some word of love, as it not told well
At the forthcoming time, looking each closely anytime

Beneath the same sky, basking in a morning lights
The two of us shall be the steady anytime

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。
■CYBER ECOLOGY 2015 ウェブサイト版は⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15241316.png

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-26 17:32 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(0)
【英語訳】岡本真夜 DREAM
DREAM, of Okamoto Mayo
published at 16th March 1996

a0313715_15093446.jpgAH, it has been good to meet you, so me thought by heart
For me should have been in a tears, by only heard your voice
so there's me having been in a smile unawares

For me painful at there alone I had kept myself there on the receiver
I liked to listen to your voice
For I wanted you to hear only my talks at me had never to be in tears
So excuse me

"It would never be what you please that any dream should be fulfilled as simple,"
And there I have a courage

AH, it has been good to meet you, so me thought by heart
For me should have been in a tears, by only heard your voice
There's me having been in a smile unawares

Upon my pocket bell a message of "Get solid"
Me joyous for as much as I liked to cry
Never seen for a long, still, you're so always
stay inner of my mind

a0313715_15114177.jpgSo as to say in our smiling face
that it's feeling so good, anytime
extending the arms from the blue over the sky I'll have looked upon

AH, as I should never be such a tough
I like so to be on any place where I can be shiny
that I should never be able to get away here
Try to get solid for me and you

I will have recalled my mind kept
from the time I came out to this urban town
Anyone will so have something he will never carry out but now
There will so be something he will carry out for the sake of the now

AH, as I should never be such a tough
I like so to be on any place where I can be shiny
that I should never be able to get away here
Try to get solid for me and you

AH, it has been good to meet you, so me thought by heart
For me should have been in a tears, by only heard your voice
There's me having been in a smile unawares

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル・モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ・シアトル・タイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ・トロント・スター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ・ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-26 15:12 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(0)
【英語訳】サザンオールスターズ 涙のキッス
A kiss in tears, of Southern All Stars
published at 18th July 1992

a0313715_20433631.jpgToo tried to make looking closely out by see now straight
Why on a silence and the minds in apart
Never in a tears even if you are bitter at the nights
Like the flower exposed by a rain

It's loving your face exposing as much as you got angry by your very front
Me had to have seen you mutually more
Never be away 'cause my heart to be in pain, for meeting anyone else

A kiss in tears once more, has loved (you) even more than anyone
The last kiss so only once more
in holding you onto my heart

Even on the two of us in quite much of memories smiled every days
The night breeze's calling'em meantime for their love's ending
As any time in grief should pass by
anytime it never present dreams from tomorrow

A kiss in tears once more, has loved (you) even more than anyone
The last kiss so only once more
which I am offering for you

On my going to live in having to have been jilted
As much as I should never get good
has my grief never disappeared

A kiss in tears once more, has loved (you) even more than anyone
Were it on such it should never be traceable in any words
That the destiny on the summers

A kiss in tears once more, has loved (you) even more than anyone
The last kiss so only once more
in holding you onto my heart

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。
■CYBER ECOLOGY 2015 ウェブサイト版は⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_13574441.jpg●近畿地方の緊急地震速報は ダイヤル1008 ABCラジオ

――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。

a0313715_14505444.pnga0313715_14505979.png

テレビ朝日 グッドモーニング 4.55~8.00/月~金
ABCテレビ おはようコールABC 5.00~6.45/月~金
ABCテレビ おはよう朝日です 6.45~8.00/月~金
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-24 20:44 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(0)
【考察英語】案内表示を英語に
 前の3つの『【考察英語】案内放送を英語に』に続き、案内表示を英語にしてみる記事となる。

●鉄道

2 大阪(梅田)、西宮北口、宝塚、今津、京都、天下茶屋 方面

2 on Osaka (Umeda), Nishi-no-miya-kitaguchi, Takarazka, Imazu, Kyoto and Tenga-chaya

1 自由が丘、武蔵小杉、菊名、横浜、元町・中華街 方面

1 on Jiyugaoka, Musashi Kosugi, Kikuna, Yokohama and Motomachi-Chukagai

<解説>:日本の駅の英文表示の粗全てにおいて「方面」は"for"となっているが、誤りではないが、"for"は単に「-へ」或いは「-に」と言うだけのものである。有体にいえば何れも同じことを言っているのではあるが、「方面」と言っているので"on"が言葉の上では正確である。その意は"the 2nd lane is on the way to Osaka,..."である。レッド・ツェッペリンの曲には"Stairway to Heaven"というのがある。
 行ける駅を全て挙げる場合は区切り記号は";"となり最後の"and"は要らないが、方面の表示は凡そのものを適宜に掻い摘んで挙げるだけなので","でよく最後には"and"が要る。"on ...... and"で一つの「方面」が成り立つ訳である。また、前者の阪急の例のように終点を先に示して手前へ言い及ぶ場合も後者の東急の例のように手前及び終点とする場合も"and"が最後につくのは違わない。
 「元町・中華街」は「・」がつくので「元町並びに中華街」であり「元町及び中華街」ではない故に"Tenga-chaya"とは違い、"-"の両側の何れも大文字となる。

 
 優先席の付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切り願います。

Nearby the priority seats, may you turn the boot off of your mobile phone at the time in a crowd.

<解説>:「付近」は"nearby"でも"around"でもよいが「付近は」と言っているので"nearby"がより相応しい。"around"は「付近に(おられる際に)は」という感じになり、語感はやや薄くなる。
 「優先席」と「優先座席」は英語では何れも同じく"priority seats"となる。「座」がつくのは「席」をより格調高く捉えるからであり、そもそもは「座るもの」や「腰掛けるもの」の意ではない。
"the boot off of..."と"of your mobile phone"以降が"off"の後へ回るのはその直接目的語を"turn"と"off"の間に入れると長くなり意味を掴みにくくなるので"the boot"だけを間に入れてのものである。
 「混雑時」を"at the crowded time"や"at a crowded time"とする方は少なくないかと思われるが、そうすると「いつも混雑する」という意味合いは出ず「若し混雑したら」というような意味合いとなる。「混雑時」とは「混雑する時」や「混雑の時」とは違い「必ず混雑する時」の意味になる。尤も、そうすることが望ましいのは混雑すべき時間帯の外においても混雑したらなのではあるが、そこは客の良識に委ねるということで、お願いとしては混雑すべき時間帯についてだけを言うのがよいかと思われる。"at a crowded time"は単純に誤りであり、"at crowded time"が正しい。

御案内 <或いは> ごあんない

a guide <or> for a guidance

 「御案内」を"information"と記してある案内板が偶に見受けられるが、"information"は「情報」であり「案内」ではない。"information"から受ける語感は、保安上の危険も大きいかと思われる。そこに表示してある「情報」の他にも色々とあるであろうとの連想が働き、犯罪行為やテロなどを誘発し易いからである。
 そのように変に知性的な場所、an intelligent placeなのではなく平和的営みの場所、the place for peaceful businessであることを示す上でも、日本語の通りに"a guide"と言う/記すべきである。

この駅止まり 御乗車になれません

to be out of the service from this station, not to get on

この駅まで 御乗車になれません

by this station, not to get on

<解説>:前者は「この駅を出ると仕業を外れます」を意味する。それを約めて「この駅止まり」と言う。
 『【考察英語】案内放送を英語に その1』に説明したように、「当駅止まり」や「当店では」などの「当-」は「この-」を指すものとしては誤りである。

通過

passing

<解説>:しばしば見受けられる"passage"は「通過儀礼」や「折り返し点を通過しました!」のように、通過する、即ち通過されることがよいことであるという意味合いになり、それにより客を多く待たせるというべき処には適切ではない。単に「通過する」の意味で動名詞の"passing"と言うべきである。尚、何が"passing"なのか、主語は明らかなので"a passing (of...)"とする必要はない。

危険物持込禁止

forbidden on brought any dangerous objects

"brought any dangerous objects forbidden"でもよい。
 「自分のしたことがどうなるかを考えなさい」というが、そこでも同じく、持ち込む前及びその時を意味する現在分詞の"bringing"ではなく持ち込んだ後をも含む過去分詞の"brought"と言うのがよい。
 既存の英文表示にはしばしば"prohibited"と記されているものが見受けられるが、"prohibit"では「持ち込んでよい場合もある」という感じになり、これまた臭い。随時に或いは政治的に禁止をしているのではなくいわば倫理として或いは当方の強い願いとしてしてはならないとの意味合いにもよるものなので"forbid"が適切である。

指づめ注意

Attention from broken your finger

閉まる扉に注意

Attention from the door close

<解説>:その"broken"も「危険物持込禁止」の"brought"と同じく、「そうなったらどうなるかを考えましょう」という含みがある。
 "the door close/open"は"closing/opening"や"to close/to open"のように閉まる/開く場合と閉まらない/開かない場合があるか否かを問うものではなく単に閉まる時/開く時、即ち否応なく実際にそうなった時を意味するので不定詞となる。 
 "Attention"のような場合の「御」は"-tion"がそれに当たる。但し「御」がない場合も同じく"Attention"でよい。

●自動車

現金歓迎

welcome on the cash

<解説>:"Welcome on the cash."と記すと現金しか歓迎しない、他は断る場合があるとの意味合いとなるので"welcome on the cash"と小文字で記し構文ではなく語句として記す。
 昨今に、「現金歓迎。」や「暮らしわくわく宣言。」のように構文ではない語句の末に「。」をつけている例が広告にも新聞や一般の文章にも――例えば「安倍首相は来月に訪米。オバマ大統領との会談や議会での演説が予定されている。」などのような――見受けられるが誤りであり、そのような場合、例えば体言止めには「。」をつけてはならない。

 お近くでもお気軽にどうぞ

Welcome even if the nearby in an ease.
<or> Welcome too nearby easy.

 後者の"Welcome too nearby easy."は親しみ易いが田舎臭くもある。「儲からないって?どんと来い!」みたいな感じになる。
 "the nearby"は、実際に近いか近くないかは乗せてみないと分からないので「取り敢えずは客が近いと思う距離」という意味で"a"ではなく"the"がつく。或いは"if not the distant"でもよい。
 "in an ease"は客が気軽に拾うとの意味もあるが、乗せる側が気軽に受けます、歓迎しますとの意味もあり、即ち"in ease"は両者に掛かるために"in your ease"とする必要は必ずしもなく"in an ease"となる。

時差式信号

a signal in gapping the interval

"a gapping signal"でも意味は通るが色仕掛けのような感じを受けるので官僚的に"in gapping the interval"と記すのがよい。
 "to gap"は「差を設ける」の意である。

信号が赤になりました。

The signal got the red.

<解説>:「赤に変わる」ならば"turned into the red"となるが「赤になる」なので"got the red"となる。警察官の手信号ならば実際に向きが変わる、The policeman turns his sight for a red signal。
 信号機が赤くなるのならば"The signal got red."となるが「その表示が」なので"the red"となる。

京都方面近道

a nearer route on the Kyotos

<解説>: 本当に近いか近くないかは必ずしもその通りではない――距離は近くてもそこに多くの車が殺到すれば『近くは』なくなる――ので"the nearer route"ではなく"a nearer route"となる。タクシーの「お近くでも」の場合とは逆となることに注意となる。多分、選択肢がある場合は「近道」の場合のような使い分けになるのであろう。


頭上注意 桁下制限高2.6m

Attention from the overhead: 2.6 metres on the limit of height below the girder

<解説>:"the overhead"或いは"the overheads"には経常費用や間接費の意味もあるらしい。辞書には名詞としてはその意味しか載っていないが形容詞に"the"をつけると名詞になり「頭上」の意になる。
 尤短く収めたい場合には"less 2.6m. for a passage here"とでもなる。

●その他

たばこの投げ捨て禁止

Forbidden on thrown cigarettes away

<解説>:「危険物持込禁止」と凡そ同じである。投げ捨てるたばこは一本であろうと『たばこを捨てること』について言う訳なのでそれを意味する"cigarettes"となる。
 尚、たばこの投げ捨ては禁ぜられてはいない所も多く、その禁止は一般倫理に反するとは必ずしもいえない場合もあるので"forbid"ではなく"prohibit"でもよい。

花を折らないで下さい。

You may never break the flowers here.

<解説>:"here"はあってもなくてもよい。
 そのような場合には取り分け、相手方の意向を問う表現である"please"は不適切である。"Please don't break the flowers here."とすると「宜しければ花を折らないように。」或いは「花を折らないよう宜しく。」となる。
 「お願いします」ならば"May you..."と語順を引っ繰り返す。

 鳩のふんが落ちて来ます。

Feces of doves to come falling.

 そこに鳩がいるものなのかは知らされる人にとっては知ったことではないので"the doves"とはならない。
 その"to"もまた、落ちて来る場合と来ない場合があることを前提とする。"falling down"は"The London Bridge's falling down..."のように、「崩れ落ちる」の意であり、単に物が落ちることは"falling"と言う。「落下」は"falling downward"或いは"falling downwards"となる。
 因みに、"The London Bridge"の歌の日本語訳は「ロンドン橋落ちる(!…)」或いは「ロンドン橋落ちている」となるべきであるが、何故か「ロンドン橋落ちた」となっている。詰めの甘い訳であり、「おーちーたーー」のように伸びる箇所が多くなってリズム感が――「落ちる」でも同じではあるが、――損なわれている。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。
■CYBER ECOLOGY 2015 ウェブサイト版は⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_1412168.jpg●東海地方の緊急地震速報は ダイヤル1332 東海ラジオ
静岡県:FM 78.4 K-MIX


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15111415.png
テレビ朝日 Jチャンネル 16.50~19.00/月~木 15.50~19.00/金
メ~テレ Jチャンネル―UP! 前記の時間の後 18.15~19.00/月~金

a0313715_15411366.png
フジテレビ みんなのニュース 15.50~18.57 <FNN>17.54~18.57/月~金

[PR]
by keitan020211 | 2015-10-15 19:15 | 文明論 | Comments(0)
【考察英語】案内放送を英語に その3
●京王

 間もなく2番線に 準特急 京王八王子行が10両編成で参ります。次は高幡不動に停まります。危険ですから、白線の内側でお待ち下さい。ホームと電車との間が広く空いております。お足許に御注意下さい。

Right off into the 2nd lane the semi-special express bound for Keio Hachiohji's coming in 10 coaches. For the next it is stopping at Takahata-fudo. So you could have a danger from it, that you may wait it for inside the white line. A space between the platform and the train's so spacing. Therefore you may pay an attention on your feet.

<解説>:直前の記事『その2』の小田急の項のものと概ね同じではあるが「2番線」と「2番ホーム」、「お待ちください」と「お下がり下さい」、「空いている所があります」と「空いております」や「お足許」と「足許」などと少し違う。靴の先も少し違う。
 準急や準特急の「準」については、広く用いられている"semi-"は誤りであるとする説もあり、"sub-"が正しいとそれらは主張している。"semi-"は『完全ではない』というような意味であり、『急行や特急の下の』の意には"sub-"とすべきと言うのであるが、場合によってはそれらの区別は然程に明確ではない。『準』、"semi-"には"seminar"<"seminario"に見るように、『一人前の学者の下にある――<その語の場合は>の者への教育』のような意味もある。寧ろ、「準」を『完全ではない』の意味に取ると準急はやがては完全な急行になるということになってしまう。また、"sub-"にも"subculture"、即ち未確立風土のように『確立しているものの他にあって完全ではないもの』というような意味もある。"semi-"と"sub-"の違いはいわば方言の違いという程のものといえる。よって「準特急」も"the semi-limited express"でよい。尚、京王は特急を"the special express"と言う。
 小田急の項の「黄色い線」は"the line in yellow"としたが、「白線」は熟語として確立しているものであり、また"the line in white"と聞くと「雪が積もっている線」のように聞こえるので"the white line"とした。

 1番線に到着の電車は特急列車を待ち合わせします。発車まで暫くお待ち下さい。

The train arraived in the 1st lane is meeting with the special express train. You may await a while until the departure.

<解説>:列車等の待避そのものは"shunting"と言う。客が待避する列車を待ち或いは待避の列車を利用することを含めての「待ち合わせ」は"meeting with"となる。
 「待つ」は発車する時を主に対象とする場合は"wait for"が適切となるが、待つ間を主に言う場合は"await"が適切と思われる。但し後でそれらのことを語る場合は何れにせよ"waited for"となる。待っていたことがなる時に言うならば"awaited"となる。

 間もなく2番線に参ります列車はこの駅は停まりません。危ないですから、白線の内側までお下がり下さい。

The train coming right off into the 2nd lane is not to stop on this station. So you could have a danger from it, that you may draw back by the inside of the white line.

<解説>:通過の場合は"coming at"とも"coming on"とも言わず、"coming in"或いは"coming into"と言う。故に"not to on this station"と言う。
 「内側に」ならば"draw back inside the white line"となるが「内側まで」ならば"draw back by the inside of the white line"、「内側へ」ならば"draw back into the inside of the white line"となる。

 間もなく2番線に参ります列車はどなたも御乗車になれません。危ないですから、白線の内側までお下がり下さい。

The train coming right off into the 2nd lane is what anyone never to get on. So you could have a danger from it, that you may draw back by the inside of the white line.

<解説>:"what anyone never to get on"は"what for no one to get on"でもよいが後者は「乗ろうとする者がいるので制止する」含みが強い感じなので「見ればお分かりいただけると思いますが、」という含みがある前者が宜しい。

 1番線から 急行 橋本行が発車致します。駆け込み乗車は危険ですから、おやめ下さい。

<語法の誤りあり 校正>⇒1番線 急行 橋本行が発車致します。駆け込み乗車は危険ですから、おやめ下さい。
<或いは> 1番線 急行 橋本行が発車致します。駆け込み乗車は危険ですから、おやめ下さい。

The express bound for Hashimoto of the 1st lane's to depart out. So you could have a danger from it, that you may give it up a rushing to get on.
<or> Out of the 1st lane the express bound for Hashimoto's to depart out. So you could have a danger from it, that you may give it up a rushing to get on.

<解説>: 「急行 橋本行は」ならば"is to depart out."となるが、「急行 橋本行が」なので"-'s to depart out."或いは"to depart out."となる。"-'s"がない場合はある場合より後の構文と続く感じが強まる。案内放送はゆっくりと丁寧であることが望ましいので構文等の『間』を充分に取るべきであり、故に"-'s to depart out."がより良い。
 「駆け込み乗車」は"a rushing to get on"、「やめる」の"give it up"には列車を見合わせるとの意味も含まれる。

 本日も京王を御利用いただき有難うございます。間もなく終点橋本に到着致します。JR横浜線と相模線はお乗り換えです。お降りの際はお忘れ物や落し物のないよう今一度お確かめ下さい。本日も京王を御利用いただき有難うございました、間もなく終点橋本に到着致します。

Thank you for your used even today of the KEIO. Right off we are to arrive at Hashimoto the terminal. On the JR's Yokohama Line and Sagami Line were to transfer. As you get here off you may ascertain yours once more so as not to have lost or missed it. It has been thankful for your used even today of the KEIO, right off we are to arrive at Hashimoto the terminal.

<解説>:「JR◯◯線」は"JR ◯◯ Line"でも"the JR's ◯◯ Line"でも"◯◯ Line of the JR"でもよい。その先に主にJRを利用することになる場合の多い東京のターミナル駅の場合は"◯◯ Line of the JR"がよりそれらしくなり、"JR ◯◯ Line"はその名がよく知れている路線の場合に、"JR's ◯◯ Line"はその社との乗り換えが頻繁ではなかったり接続が然程には良くない場合にそれらしくなる。同じく、「東急◯◯線」は"Tokyu ◯◯ Line", "Tokyu's ◯◯ Line"や"◯◯ Line of the Tokyu"となる。東急や西武などには"the"がつかず、JRには"the"がつくのは"JR"の"J"の"Japanese"は固有名詞ではあるがその範囲が広く一般名詞のような感じがより強いからである。よって東急は東京急行と言う場合は、"Tokyo"は範囲が広いので"the Tokyo Express"と言う。然し何れにせよ"of"の後に言う場合は"the"がつく。然し、「サッポロビール」のように単に札幌にあることを意味するもののような場合は"The Sapporo Beer"ではなく"Sapporo Beer"となる。
 『その1』の阪急十三駅の到着の案内の説明では「◯◯はお乗り換えです。」を"On ◯◯ were for a transfer."としたが、この京王橋本駅の説明のように"On ◯◯ were to transfer"或いは"On ◯◯ were to transfer for."でもよい。
 "so as not to have lost or missed it"は未来完了形に準ずるものであり、「降りた後になって、忘れ物や落し物があった――ことにならないようにされたい」の意味となる。"to"は或る時点から見て未来のことを示すからである。因みに「忘れ物や落し物があった際は…」は"As you having anything lost or missed..."となるので前者と比べて見るとよい。

●ファミリーマート

 いつも安心して御利用いただける、ファミリーマート――皆様の御来店をお待ちしております。

Family Mart, you can have here used in a relief as usual――We are ready for everyone of you come.

<解説>:学校は買い食いを禁ずるものであるが、その英語もまた学校が戸惑うものであるかもしれない。英語の教師にそれを訳させると凡そは"Family Mart where you can always take in a relief, we are waiting for everyone of you coming."とか"..., we are welcome everyone of you."となるであろう。
 然し"you can always take in a relief"では「いつでも安心して働けます。」というようになってしまうし、"for you coming"では来るのが当然、「来ますよね!」みたいに馴れ々々しい。然し、"for you to come"では逆に「来る場合はお待ちしていますが、来ない場合はお待ちしません。」みたいに身も蓋もなく余所々々しい。
 "for you come"はいわばそれらの中間であり、もう来ないという方もおられるかも知れないが出来れば来て欲しい、そのためにいつも善処しているとの意味合いになる。多分、旺文社の『ロイヤル英文法』などにもそのような不定詞の用法は載っている。
 "always"は「いつも」と訳せる場合もあるが意味合いとしては「いつでも」、即ち「如何なる時と場合においても」という強い意味合いがある。然しファミリーマートでセブンプレミアムを買いたいと思っても安心しての処かある訳がない。よってそのような場合の「いつも」は「日頃」を意味する"as usual"となる。
 "can have used"と完了形となるのは「安心して利用したと感ずることのできる」の意味となるからである。"in a relief"で小田真也や鹿取義隆が出て来る訳である。
 「待つ」の"waiting for"もまた、「私達はお客さんのためにもうやることやってあるんですよ。早く来ませんかね?」みたいにふてぶてしくも聞こえる、流石に先生方の発想である。「待っている」とは「支度を調える」の意でもあり、「お待ちしております」は"be ready for"となる。潮崎哲也の登場となる。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_20290187.png
    ●ル・フィガロ(フランス パリ)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストン・グローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパ・ベイ・タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ・アンド・メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_14522563.png
    ●ザ・テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-15 14:27 | 文明論 | Comments(0)
【考察英語】案内放送を英語に その2
 3つ前の記事『【考察英語】案内放送を英語に』の続きとなる。

●小田急 その2

 お待たせ致しました。2番ホームに 急行 小田原行が 10両編成で到着します。次は町田に停まります。危険ですから、黄色い線の内側へお下がり下さい。ホームと電車との間が広く空いている所があります。足許に充分御注意下さい。

Your awaited, on the 2nd platforms the express bound for Odawara's arriving in 10 coaches. For the next which is to stop at Machida. You could so have danger from it, that you may draw yourself back inside the line in yellow. There would be some spots which a space between the platform and the train is so spacing. Therefore you may pay an attention on the feet enough.

<解説>:「お待たせいたしました。」が"Your awaited,"なのは『その1』に説明した阪急の場合と同じである。
 「編成」と聞くと"organisation"と思い浮かぶ方も多いかと思われるが、"coach"は元は馬車の車両の意であり、繋いで使うことが前提なので「編成」の意ともなる。因みに、一つも繋いではいないのに『コーチ』と呼ぶバスが東急バスにはある。
 「危険である」或いは「危ない」を"It is dangerous"と言うと常に危ないものなのでしてはいけないと言う意味になる。危険を避けつつ安全に乗られたい訳なので"dangerous"とは言わず、"to have a danger"、即ち『危険がある』と言う。
 「黄色い線」は"the yellow line"でもよいが横浜市地下鉄のブルーラインやグリーンラインと紛らわしいので念のために"the line in yellow"とした。
 "There would be some spots which"の関係代名詞は、"where"とするとそこの外の何処かのことを言っているような感じになり、そこのどの箇所かを言うには"which"とする。"where"はいわば駅の全体のこととなる。
 「空いている」は『空いている所』を"a space"と言うのでそうなっている様は"spacing"となる。「空ける」は"space"、パソコンの文字の空白と同じである。それが「広く」なのは当然ながら空いている場合もあるという含みの場合は"so spacing"となり、本来はあってはならないが心ならずも空いているという含みの場合は"too spacing"となる。「広い」と言って"wide"或いは"wider"ではない。
 足は"feet"であるが、「足許」は"on feet"、「お足許」となると"on your feet"となるが、「お」がない場合は客の足許と言うよりは足場そのものの意味合いとなるので"on the feet"となる。

・既存の英語の案内放送の校正・

Thank you for your taking the Odakyu Line. This train is the express train bound for Hon-atsugi, which is stopping at: Machida; Sagami-ono; Ebina; and Hon-atsugi.
We will soon make a brief stop at Machida, please transfer for Yokohama Line, for the next stop is Sagami-ono.

<訳>:小田急線をお引立て有難うございます。この電車は本厚木行急行列車です。町田;相模大野;海老名;そして本厚木に停まります。
 やがて町田に少しばかりお停まり致します。宜しければ横浜線に乗り換えられ、次に寄るのは相模大野です。

⇒<校正>:Thank you for your using the Odakyu Railways. This train is the express bound for Hon Atsgi, which is to stop at: Machida; Sagami Ohno; Ebina; Hon Atsgi.
Right off it is stopping at Machida. On the (JR) Yokohama Line were for a transfer. For the next from Machida is Sagami Ohno.

<解説>:"using", "On the ◯◯ were for a transfer"と"for the next from"については『その1』の阪急の項に説明した。
 "which is stopping at"は誤りではないが不測の事態には停まれない、即ちそこまで行かない場合もあり得るとの含みを持たせるべきものなので"which is to stop at"と不定詞で言うのがよい。
 停車駅や構成員などの、定常のものとして既に決まっていることにおける名を列挙して言う/記す場合には最後のものの前につく"and"は要らない。但し最後の名を言った後に間をおいてその次の構文と一続きのように聞こえないようにすることが必要となる。
 "We will soon make a brief stop at"は笑止というほかない。「俺達ちょろっと停まりや~す!」と言っているようにも聞こえる。また、"soon"は「早く」とか「やがて」であり「間もなく」ではない。新製品の宣伝などで"Coming soon."と言っているのが時に見受けられるが「いつになるかは分かりませんが、」という感じになってしまい適切ではない。正解の"right off"は"right away"でもよい。鉄道などの乗り物の案内においては"away"がより聞こえが良いであろう。
 他社の鉄道への乗り換えの場合は社名を示すのが作法というもの、そうしないと運賃が別口で掛かることを覚えない人も稀に殊に外人には多く、いるのである。そうではなくても、「全てが小田急だ!」とでも言っているような感じで厚かましく聞こえる。小田急は「世田谷線」とか「南武線」、「田園都市線」などと、その作法を守っていないことが多い。
 "please"は相手方の意思、即ちしたいかしたくないかがそこに問われる場合の語法であり、案内にはなっていない。
 "the stop"は"ちょっとSTOP, MINI STOP"の"stop"であり、そのような文脈では「立ち寄る所」の意となってしまう。「ちょっとSTOP, ODAKYU...おかしいね、さもしいね!」というべきであろう。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル・モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ・シアトル・タイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ・トロント・スター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ・ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-14 20:36 | 文明論 | Comments(0)
【考察英語】案内放送を英語に その1
 「案内放送を英語に」と言うと日本がアメリカの植民地になるのかと思うかもしれないがそうではなく、日本語の案内放送をその侭に英語に訳すとどうなるかの話である。
 鉄道の車内の案内放送は既に日本語と英語の両建による自動放送となっており、例えば小田急や京王、東京メトロなどはそうなっている。
 先日に安倍安保法案の採決を控える夜にその抗議のデモに行った時に地下鉄千代田線の代々木上原~国会議事堂前を乗ったが、その案内放送の英語は最もしっくりと来るものであると感じられて最も良いと思われる。それと比べるとその直通の小田急のは発音が所謂『昔ながらの』日本の英語教育用の外人の声と言う感じがして余り宜しくない。日本をアメリカ――の代理人としての日本の当局――が教育してやるというようなあの声である。京王のもなかなか良く、東京メトロのとどちらが良いかは好みに依ろう。

 先ずは鉄道各社の案内放送の日本語を英語にしてみる。

●阪急●

・只今到着の電車は 特急 神戸新開地行でございます。停車駅は:三宮;花隈;高速神戸でございます。小さなお子様は、お手を繋いで御乗車願います。

――The train just arrived into here is the limited express bound for Shin-kaichi, Kobe. The stopping stations are: San-no-miya; Hanakuma; Kosoku Kobe. For your little child, may you get there on in your hands joined.

<解説>:"just in"或いは"just on"で「只今」となるので「今」と言うが"now"は要らない。
 "The train just arrived into here"の"here"と"may you get there on in your hands joined"の"there"で『列車が来る→列車に乗る』状況の変化が表れる。
 日本の駅名の英文表示の多くは複数の語を別けずに" - "を用いて"Kosoku-kobe"のように記しているが、社名や旧国名を冠する場合はそのようにすると本地名の頭文字が小文字となり本末転倒という感じとなってしまうので"Kosoku Kobe"のように別けて記すのがよい。"Shin-kaichi"や"Kyoto-shiyakusho-mae"のような場合はそのようにしてもよいがそれも" - "を用いる必要はなく、"Shin kaichi"や"Kyoto shiyakusho mae"でよい。
 "in your hands joined"のような「in A done」は「Aを~して」の意である。その"your"は客とその小さなお子様の両者を指す。また"your"はお子様の「お-」でもある。

・お待たせ致しました、6号線 急行 宝塚行 只今発車致します。

――Your awaited, the express bound for Takarazka of the 6th lane is just departing out.

<解説>:「待つ」には"wait for"もあるが、後に"bound for"があり、"for"が重なると冗長な感じとなるので他動詞の"await"を用いる。"Your waited"と言っても自ずとその発音は"Your awaited"と言っているように聴こえる。
 "You awaited"ではなく"Your awaited"となるのは"Your awaited,"は関係節ではなく過去分詞の"awaited"を名詞的に用いて"the express bound for Takarazka of the 6th lane"の前或いは後に付け加えるものとして言うからである。関係節ならば"The express bound for Takarazka of the 6th lane you awaited"となる。
 "Your awaited,"は故に関係節のように単純な説明だけの口調のものではない訳であり、宝塚歌劇の男役のように一際に或いは気持ち雄々しく一場面に語り放つように言うと良い。
 先の"your little child"と同じく、"Your awaited"の"your"は「お-」である。
 "of the 6th lane"は発車の時までは"on the 6th lane"と言うが発車の時になると既に"on"ではなくなる訳なので"of"とする。するとその"of"は後の"departing out"の"out"と合せて"out of"となり、「6号線を発車する」、即ち「6号線を出る」の意となる。
 "is just departing out"は近接未来を表す現在進行形である。

・阪急電鉄を御利用いただき有難うございます。当駅は終日禁煙でございます。皆様の御協力をお願い致します。

――Thank you for your used of the Hankyu Railways. The station would forbid you smoking all day. May everyone of you take it in.

<解説>:"your used of"は過去分詞を用いて『皆様の阪急電鉄の御利用』を名詞的に表すものである。それが動名詞であるからということで"your using of"とすると「きれいにお使いいただき有難うございます。」のように『これから使う』だけの意味合いとなってしまう。そのような場合の過去分詞は過去と現在を主に表すが、それが未来に及び得ることをも表すことができる。
 「当駅」とは「その社の全ての駅の各々」のことであり、全ての駅の一つとして「この駅」のことでもあるという意味であり、単に「この駅」のことではない。よって"this station"や"the all stations"ではなく"the station"と言ってそこに他の全ての駅についてもそうであると連想させる。「この駅」だけを言う場合は、例えば京王電鉄は「この駅は停まりません」と言い、「当駅は停まりません」とは言わない。よって「当駅止まり」は誤りであり正しくは「この駅止まり」(:一般には)或いは「この駅まで」(:阪急)と言う。
 「禁ずる」には"forbid"と"prohibit"があるが、"prohibit"は本来は必ずしも禁ずべきものではないが何等かの意図を以て禁ずるという意味合いがあり、そうではなく少なくともその時の考えとしては恒久的に禁ずる場合は"forbid"と言う。
 "take in"は「お含みおき願います」や「御考慮を願います」というような意味がある。または「理解して引き受ける」という意味もあり、然るに「御協力」となる。「理解して引き受ける」だけを意味する場合は"take it in"ではなく"take in it"となる。『協』の偏の『十』には『十分に』や『叶わしい』という意味がある。

・皆様、本日も阪急電鉄を御利用いただき有難うございます。この列車は特急 京都河原町行でございます。停車駅は:十三と京都の大宮;烏丸です。終点の京都河原町には16時7分の到着の予定です。次の停車駅は 十三 十三でございます。宝塚・箕面方面と神戸方面はお乗り換えです。十三の次は京都の大宮まで停まりません。

――Everyone, thank you for your using even today of the Hankyu Railways. This train is the limited express bound for Kawaramachi, Kyoto. The stopping stations are: Juso and Kyotos Ohmiya; Karasma. At the terminal Kawaramachi, Kyoto, it is scheduled to arrive at 4.07 p.m.. The next stopping station is Juso Juso. On the Takarazukas and the Mino'os and on the Kobes were for a transfer. On the next from the Juso it is not to stop by Ohmiya, Kyoto.

<解説>:一口に「皆様」と言っても"everybody"は「各位」或いは「御前達」のような意味合いとなり、親しみは感じられないので"everyone"が適切である。ポール・マッカートニーもまた"Hello every one, this is Paul McCartney."と言う。
 先の終日禁煙の話の場合は"thank you for your used of"であるが、その場合は皆様が列車に乗ったばかりなので『これから利用する』意味合いとなり、過去分詞の"used"ではなく現在分詞の"using"となる。過去のことについては続く"even today"によって表れる。
 現に多くは「停車駅」は"the stops"と言われておりそれでもよいが、何となくバスの停留所の位の大きさの停車場しか思い浮かばないので日本語の通りに"the stopping stations"と言って欲しいと思う。
 "Kyotos"や"Takarazkas", "Mino'os", "Kobes"は「京都方」や「宝塚方」、「箕面方」、「神戸方」のことである。それを平たく言うと「京都の」などとなる。
 "from the Juso"は"from Juso"でもよいが、「十三に停車した次は」の意味合いがそこにはあるのでそれを表すように"the Juso"と言うと尚良い。
 「まで停まりません」を"it does not stop by"ときっちりと動詞の活用を用いて言うと何となく、停まってもよい筈なのに何故か停まらないらしいというような感じに聞こえる。停まらないと決まっているものなのでそのようにはせず、"it is not to stop by"とbe動詞及び不定詞を用いるのがよい。

●神戸高速●

・2番乗り場に到着の電車は 阪神方面、阪神梅田行直通特急、停車駅は:御影;芦屋;西宮です。

――The train arrived at the 2nd platforms is the direct limited express bound for the Hanshin Umeda, on the Hanshins, its stopping stations are: Mikage; Ashiya; Nishi-no-miya.

<解説>:乗り場に着くことを言うのであり、阪急などのように線路及びその周りに着くことを言うのではないので「2番乗り場」は"the 2nd lane"ではなく"the 2nd platforms"となる。"the platform"ではなく"the platforms"となるのは乗り場の設備の地面が"the 2nd platform"と言うと各々の線路の毎に分かれているかのように聞こえ、面の両側に線路が着くことがあるのを表すには乗り場の設備そのものではなく乗るための場所を意味するように"platforms"と言うべきである。
 "arrived at"と言うのもまた乗り場に着くことを言うのであり線路に着くことを言う(:"arrived in"或いは"arrived into")のではないからである。
 "Hanshins"は先の阪急の例の"Kyotos"などと同じく「阪神方」の意であり、"on"は「方面」の「面」である。即物的に面に着くことは"onto the surface"と言うが即物的ではなく形而上なので"on the ~s"となる。
 「直通する◯◯」は"the direct ◯◯"、「直通すること」そのものは"the passage"と言う。念のために「直に直通する」と言う場合は"the passage directly"或いは"the passage direct"となる。
 "passage"には「通過」の意もある。然ししばしば、「通過」を"passage"と表示している例が見受けられるが名詞の"passage"はどちらかというと「直通」や「通行」などの『+(:プラス)』の物事が思い浮かび――例えば"advantage"や"engaged in"などのように――、「通過」のような『-(:マイナス)』の物事については現在分詞で"passing"と言う/表示するのがよい。
 神戸高速の案内放送は現地で聞くと分かるが、ピッチが速く次々と言うような感じがする。なので阪急や阪神のようにゆっくりと言うものは、「停車駅は」は", the stopping stations..."がよいが、神戸高速のようなものは", its stopping stations"がそれらしくなるものと思われる。聞く側は"the"と聞いてそれが何を指すのかを理解することには"its"と聞く場合よりも若干の時間が掛かる。

・次の停車駅は 高速神戸、神戸ハーバーランド前でございます。高速神戸の次は終点新開地となります。

――The next stopping station is Kosoku Kobe, the skirt of the Harbour Land of Kobe. The next from the Kosoku Kobe is Shin-kaichi the terminal.

<解説>:「-前」は「-の近く」とか「-の辺り」の意なので「前」と言って"in front of"や"before"ではなく"the skirt of"と言う。「宝塚大劇場前」は"the skirt of The Grand Theatre of the Takarazka"、「東京オペラシティ前」は"the skirt of The Tokyo Opera City"となる。

●東急バス●

・毎度東急バスに御乗車有難うございます。この車は三軒茶屋;深沢八丁目;二子玉川経由、高津営業所行でございます。途中お降りの方はお手近のブザー釦でお知らせ願います。次は 道玄坂上 道玄坂上でございます。

――Thank you for your got-board every days on the Tokyu Bus. This car is bound for the Takatsu Office, goes by Sangen-chaya; the 8th town of Fukazawa; Futako-tamagawa. Anyone getting off halfway may call by the buzzer button near at your hand. The next to be Dogen-zaka-ue Dogen-zaka-ue.

<解説>:「毎日」ならば"every day"となるが「毎度」は毎日ではないので「日々の御乗車」、即ち「度」を意味する"days"に「毎」の"every"がついて"every days"となる。「毎度」が挨拶として一般に浸透している関西の阪急などは「本日も」でそうではない関東の東急などは「毎度」なのは不思議である。
 「東急バスに御乗車」は"for your got (every days) on the Tokyu Bus"でもよいが「御乗車」を名詞として捉えたい場合は"for your got-board (every days) on the Tokyu Bus"と" - "で繋いで作る合成語を用いるとよい。元となる動詞は"get on"なので前置詞は何れにせよ"on"となる。
 「Aを経て」は"by A"だけでもよいが、「経て行く」ことをより明らかにするためには"goes by A"とする。
 "Anyone getting off"は"Anyone to get off"でもよいが、必ず降りることは明らかなので"getting off"がよりそれらしくなる。"to get off"とすると降りない場合もあるという感じにも聞こえ得る。
 「お手近」が"near at your hand"なのは向こうでも、本当にその侭同じであるらしい。
 「次は」を"The next to be"とし"The next is"とはしないのは"The next is...,";"The next is...,"とその都度続くとバスは車酔いをし易いし、気が遠くなりそうな感じがするので尤簡単に"The next to be...,"としている。「次はどんな風景が車窓に見えるだろうか?」という感じである。

 参考として、神奈中(:神奈川中央交通)バスは「お知らせがなければ通過させていただきます。」と言うが、それは"As we never having your calls we have to pass there."となる。「させていただく」は"have to do"で表せる。"have"には"have it do"や"have it done"と言う使役動詞の用法があるが、その場合は相手の意思にかかわらず当方だけの意思や決まりとしてすべきことを丁寧に「いただく」と言うだけなので"have to"で使役動詞を連想させるだけでよい訳である。その本意は「通過することとなります。」或いは「通過しなければなりません。」である。

●小田急●

・お下がり下さい。参ります電車は 快速急行 藤沢行です。5番ホーム、足許ランプの点灯している所が乗車口です。二列に並んでお待ち下さい。
 5番ホーム、ドアが開きます。開くドアに御注意の上、前の方から順序良く御乗車願います。

語法の誤りあり 校正→ 5番ホーム ドアが開きます。開くドアに御注意いただき、前の方から順序良く御乗車願います。

――You may draw back here. The train come at is the rapid express bound for Fujisawa. The 5th platforms, there are the entrances for getting on at spots where the foot lamps lit upon. You may wait it for by queuing up in two rows.
The 5th platforms, the doors are to open. Having to pay attention from the door open, may you get on the board by the fore ones in a good order.

<解説>:"You may draw back here."と言われると「ここで貴方にはその列車に乗らないという選択肢もあるのです。」と大真面目に告げられているかのような感じもする。確かに、快速急行に乗らずに急行に乗る選択肢や急行に乗らずに普通車に乗る選択肢もある。そして明らかに乗らないと決めた場合は"me to withdraw"となる。
 神戸高速の項で"the platforms"と"the platform"のことについて説明したが、そこでも同じく、然もそのことが尤分かり易い雰囲気なのではないかと思われる。「5番ホームの皆様(:多数)」と呼び掛けているからである。
 "spots"はそれを初めて聞く人も少なくはなかろうので"at the spots"ではなく――でもよいが、――"at spots"と言うのがよい。然し"foot lamps"は何となく何のためのものかはそこに察しがつきつつある訳で"the foot lamps"でよい。「点灯している」は"lit upon"で「点滅している」は"blinked upon"となる。
 先に東急バスの項で"to get off"と言うと降りない場合もあると言うような感じと説明したが、その"the doors to open"は正に「扉が開かない場合もあります」と言う意味合いが含まれる。故障すれば開かないし、客の何等かの危険を察知すれば開けられないからである。
 「御注意いただき、」は「注意しつつ、」、即ち「注意すること」、「注意しなければなりません」でもあり、"Having to pay your attention,"となる。それを「御注意の上、」とは、「-の上」にはそのような語法はない。「-の上」とは「-を理由として」や「-の見地においては」の意である。

・5番ホームから 快速急行 藤沢行が発車致します。次は代々木上原に停まります。

語法の誤りあり 校正→ 5番ホーム 快速急行 藤沢行が発車致します。
或いは→5番ホーム 快速急行 藤沢行が発車致します。

――The rapid express bound for Fujisawa of the 5th platforms is to depart out, which is to stop at Yoyogi-uehara for the next.
or... Out of the 5th platform the rapid express bound for Fujisawa is to depart, which is to stop at Yoyogi-uehara for the next.

<解説>:阪急の項の説明と凡そ同じ
 阪急の日本語は助詞がないので分かりにくいかもしれないが、直接目的語の「-を」或いは属詞の「-の」は"of"或いは"out of"を用いる。

←クリック投票
ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票 何れか一つのランキングだけでも結構です。
■CYBER ECOLOGY 2015 ウェブサイト版は⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/
■ブログ Keitan 地球を行く は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/keitan020211
●政治家のブログへのリンク ⇒http://www.geocities.jp/keitan020211/linkpage_politicians.htm

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報


a0313715_17314580.jpg●関東地方の緊急地震速報は ダイヤル1134 文化放送


――地震が発生したら先ずは火の点いている所を確認して直ぐに消せる火を消し、物の落下を避ける。


a0313715_15241316.png

ANN 報道ステーション 9.54~/月~金
ANN 報道ステーションSUNDAY 16.30~18.00/日
[PR]
by keitan020211 | 2015-10-08 21:17 | 文明論 | Comments(0)



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...
My Tweets (2 of the accounts)
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
日本の夏には半袖は合わない―..
at 2018-07-22 05:08
洗濯は こまめ か 溜める ..
at 2018-07-21 13:23
【Freesia料理】焙茶の..
at 2018-07-21 11:55
【Freesia健康と美容】..
at 2018-07-14 20:41
【Freesia料理】辛い韮..
at 2018-07-07 15:40
【Freesia料理】夏の湯..
at 2018-07-07 15:31
【Freesia料理】夏の湯..
at 2018-07-07 15:31
【Freesia作法】食事の..
at 2018-06-30 21:11
【弊ブログ5周年】ブログをリ..
at 2018-06-27 20:04
【Freesia料理】蝦(え..
at 2018-06-27 11:37
【Freesia料理】辣油を..
at 2018-06-13 13:02
2018年上半期 南多摩地域..
at 2018-06-05 17:29
【Freesia料理】辣油を..
at 2018-06-05 13:15
東急田園都市線を撮る 長津田..
at 2018-05-23 16:56
京王と小田急 吊り手につかま..
at 2018-05-15 18:18
【Freesia料理】英国風炒飯
at 2018-05-10 14:48
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2018-05-09 03:15
【Freesia料理】レバー..
at 2018-05-06 15:05
【Freesia料理】鶏レバ..
at 2018-05-06 14:56
【Freesia料理】鯖の砂..
at 2018-05-06 14:52
最新のコメント
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング