<   2017年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
今年一年だけではなく半世紀を振り返る――この半世紀の最高の歌、the best songs in this half century
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 誕生日とクリスマスに、自分への贈り物として湯呑と急須の他に、サザンオールスターズの『Southern All Stars』、岡本真夜の『Pureness』とビートルズの『A HARD DAYS NIGHT』を買いました。それと9分袖のセーターを2枚。占めて1580円。
 『Southern All Stars』は1990年(平成2年)の、『Pureness』は1997年(平成9年)の、『A HARD DAYS NIGHT』は1964年(昭和39年)のアルバム。
 お茶で温か。歌で温か。セーターで暖か。
 サザンは温かいというよりは暑いというべきか、でもこのクリスマスの日の関東地方は気温が上がり、明け方はいつもより暖かいというよりは「温寒い(ぬくさむい)」というべき感じでした。
 サザンの『フリフリ'65』、『YOU』、岡本の『Dream』とビートルズの『If I fell』、それらを必ずや手許に収めておきたいという永らくの思いからです。
 実はそれらの3枚とも昔に持っていたことがありますが売り払ってしまい、十数年振りに再び買い収めたことになります。特に『If I fell』は十数年も一度も聴いていなかったとは思えない程にリアルにその音が私の耳に甦ります。元々私は音の記憶力がとても良く、音源がなくても歌の数々を頭の中に正確に再現することができるので無理に買う必要もないのかもしれませんがやはり音源を再生して聴くと違う感慨があります。

 その序に、これまでの半世紀+5年の私にとっての最高の歌々、即ちベストセレクションをここに紹介します。
 「+5年」とは、ビートルズの見参の年が1962年なのでその年からの55年ということ。私の齢が55歳ではありません。実質年齢は31歳(:1986年(昭和61年)生まれ)です。

 歌は世につれ、子から孫へ。

☆はカバー曲。
172.pngは私のカラオケの得意歌。
●1962年(昭和37年)
The Beatles I saw her standing there
  ――was way beyond compare
The Beatles Please please me
  ――it's so hard to reason with you
●1963年(昭和38年)
The Beatles It won't be long
  ――Here I am sitting all on my own
The Beatles 172.pngAll my loving
  ――that I'm kissing, the lips I am missing
The Beatles ☆Roll over Beethoven
  ――and my soul keeps singing the blues
The Beatles 172.pngHold me tight
  ――Don't know what it means to hold you tight
The Beatles Not a second time
  ――You've given me the same old line
Bob Dylan Blowin' in the Wind
  ――How many seas must a white dove sail?
●1964年(昭和39年)
The Beatles A hard days night
  ――who make me feel alright
The Beatles If I fell
  ――and I found that love was more than just holding hand
The Beatles And I love her
  ――Bright are the stars that shine, dark is the sky
The Beatles ☆Rock and roll music
  ――It's got a back beat you can't lose it
●1965年(昭和40年)
The Beatles Yesterday
  ――Now it looks as though they're here to stay
The Beatles Drive my car
  ――but you can do something in between
The Beatles Norwegian wood
  ――So I lit a fire. Isn't it good? Norwegian wood.
The Beatles 172.pngNowhere man
  ――Doesn't have a points of view, knows not where he's going to
The Beatles 172.pngIf I needed someone
  ――Had you come some other day then it might not have been like this
The Rolling stones Satisfaction
  ――when I'm riding round the world and I'm doing this and I'm signing that
The Who My generation
  ――And don't try to dig what we all s-s-say
Herb Alpert Bitter sweet samba
 :ニッポン放送『オールナイトニッポン』主題歌
●1966年(昭和41年)
The Beatles Eleanor Rigby
  ――lives in a dream, waits at the window
●1967年(昭和42年)
The Beatles Lovely Rita
  ――Where would I be without you?
The Beatles 172.pngA day in the life
  ――Nobody was really sure if he was from the House of Lords
The Beatles 172.pngMagical mystery tour
  ――The magical mystery tour is waiting to take you away
The Beatles I am the walrus
  ――Expert expert choking smokers don't you think the joker laughs at you?
The Beatles 172.pngPenny Lane
  ――and the banker never wears the mac in a pouring rain, very strange
The Beatles All you need is love
  ――Nothing you can see, that isn't shown
●1968年(昭和43年)
The Beatles 172.pngBack in the U.S.S.R.
  ――On the way a paper bag was on my knee. Man, I had a dreadful flight
The Beatles Martha my dear
  ――Help yourself to a bit of what all around you, silly girl
The Beatles 172.pngBlackbird
  ――You were only waiting for this moment to arise
The Beatles Piggies
  ――and for all the little piggies' life is getting worse
The Beatles Good night
  ――Now the sun turns out his light. Good night, sleep tight
The Beatles Hey Jude
 :2012年ロンドンオリンピック開会式にてポール マッカートニーが生演奏。
  ――So let it out and let it in. Hey jude, begin, you are waiting for someone to perform with
The Beatles Lady Madonna
  ――Lady Madonna lying on her bed listened to some music played in her head
崎陽軒 シウマイ旅情
●1969年(昭和44年)
The Beatles Only a northern song
  ――you are correct, there's nobody there, and I told you there is no one there
The Beatles Hey Bulldog
  ――You don't know what it's like to listen to your fears
The Beatles I want you (She's so heavy)
  ――She's so...
The Beatles 172.pngHere comes the sun
  ――it seems like years since it's been cleared
The Beatles Golden Slumbers-Carry that weight-The end
  ――Golden slumbers fill your eyes, smiles awake you when you rise
   ※:'feel' is also OK to the 'fill'
デューク・エイセス もくせいの花
 :日本生命CM歌
  ――泥鰌髭(どじょうひげ)は駐在さん 駅長さんに和尚さん
野呂ひとみ 172.png雪ちゃんの唄
 :日本海みそCM歌
  ――今朝も爽やかおみそ汁 嬉しいな 雪ちゃんの味 ああ越中日本海みそ
●1970年(昭和45年)
The Beatles Dig it
  ――B.B.King; and Doris Day...
The Beatles Let it be
  ――An when the night is cloudy there is still the light are shining on me
The Beatles The long and winding road
  ――, I've seen that road before, will never disappear
Paul McCartney The lovely Linda
  ――with a lovely flower's in your hair
Paul McCartney 172.pngMaybe I'm amazed
  ――Baby, I'm amazed at the way you love me all the time
George Harrison My sweet lord
  ――Lord but it takes so long, my lord
Elton John 172.pngYour song
  ――I don't have much money but, boy, if I did, I'd buy a big house where we both could live
●1971年(昭和46年)
Paul McCartney Another day
  ――So sad, so sad, sometimes she feels so sad, alone in her apartment she'd dwell
John Lennon Imagine
  ――above us, only sky
John Lennon 172.pngHappy X'mas (War is over)
  ――And so this is X'mas for weak and strong, for rich and poor ones. The world is so wrong
Eric Clapton Layla
  ――You konw it's just your foolish pride
五木ひろし よこはま・たそがれ
  ――海鳴り 燈台 一羽の鴎
にしきのあきら 空に太陽があるかぎり
  ――愛してる心 愛してる瞳
●1972年(昭和47年)
Elton John Rocket man
  ――and there's no one there to raise them if you did
五木ひろし 港の五番町
  ――小雨の桟橋にちぎれたテープ 「さよなら」のその後は何もない他人に戻りましょう
日本テレビ 太陽にほえろ!
●1973年(昭和48年)
Paul McCartney&Wings Jet
  ――And Jet, I thought the only lonely place was on the moon
Paul McCartney&Wings Let me roll it
  ――You gave me loving in the palm of my hand
Paul McCartney&Wings Live and let die
  ――But if this ever changing world in which we're living makes you give in and cry, say live and let die
Paul McCartney&Wings My love
  ――And when the cupboard's bare I'll still find something there with my love
Elton John Goodbye yellow brick road
  ――Oh, I've finally decided my future lies beyond the yellow brick road
●1974年(昭和49年)
Elton John Don't let the sun going down me
  ――Although I search myself it's always someone else I see
●1975年(昭和50年)
Paul McCartney&Wings Venus and Mars
  ――Red lights, green lights and strawberry wines, a good friend of mine follows the stars: Venus and Mars are alright tonight
Paul McCartney&Wings Rock show
  ――What's that man movin' across the stage? It looks a lot like the one used by Jimmy Page
布施明 シクラメンのかほり
  ――疲れを知らない子供のように時が二人を追い越してゆく 呼び戻すことができるなら僕は何を惜しむだろう
中島みゆき アザミ嬢のララバイ
  ――そして私はいつも夜咲く薊
中島みゆき 時代
 :日本生命CM歌
  ――別れと出会いを繰り返し 今日は倒れた旅人達も生まれ変わって歩き出すよ
フジテレビ FNNニュースのテーマ
TBSテレビ Gメン'75
TBSテレビ JNNニュースコープ
●1976年(昭和51年)
イルカ なごり雪
  ――落ちてはとける雪を見ていた
ピンクレディー ペッパー警部
  ――私達これから いいところ
テレビ朝日 徹子の部屋
●1977年(昭和52年)
松崎しげる 172.png愛のメモリー
  ――美しい人生は言葉さえ置き忘れ 満ち足りた二人を包むよう
石川さゆり 津軽海峡冬景色
  ――さよなら、あなた 私は帰ります 風の音が胸を揺する 泣けとばかりに
ABCテレビ 三枝の国盗りゲーム
日本テレビ アメリカ横断ウルトラクイズ
●1978年(昭和53年)
Paul McCartney&Wings London town
  ――holding conversations that are always incomplete, well, I don't know.
サザンオールスターズ 勝手にシンドバッド
  ――江ノ島が見えて来た 俺の家も近い
中島みゆき 172.png世情
  ――変わらないものを何かに喩えて その度崩れちゃそいつのせいにする
円ひろし 夢想花
 :日本航空CM歌
  ――いつの日かあなたがくれた 野の花がノートにありました
●1979年(昭和54年)
Paul McCartney&Wings Getting closer
  ――Keeping ahead of the rain on the road, watching my windscreen wipers
松崎しげる Sailing love
  ――夜から明日へ逃げ出せるのなら スキャンダラスな二人といわれてもいい
松崎しげる 172.png地平を駈ける獅子を見た
 :西武ライオンズ球団歌
  ――烈しく 雄々しく 美しく 鬣(たてがみ)虹の尾を引いて
さだまさし 関白宣言
  ――お前は俺の所へ家を捨てて来るのだから 帰る所はないと思え これから俺がお前の家
さだまさし 親父の一番長い日
  ――親父の喜びは云うまでもない たとえその役が一寸法師の赤鬼の役であったにしても
サザンオールスターズ 172.pngいとしのエリー
  ――もどかしさもあなたにゃ程よくいいね エリー、my love so sweet
クリスタルキング 大都会
  ――朝焼け静かに空を染めて 輝く陽を受け生きてゆくのさ
八代亜紀 舟唄
  ――窓から港が見えりゃいい はやりの歌などなくていい 時々霧笛が鳴ればいい
ABCテレビ おはよう朝日です 紙ふうせん 172.png朝の空
  ――Good morning, おはよう朝日 故郷の空探します 幼いあの日の思い出と生まれた子供の明日に
テレビ朝日 ドラえもん 大杉久美子『ドラえもんのうた』/『青い空はポケットさ』
  ――はい、タケコプター …あん、あん、あん、とっても大好きドラえもん
  ――青い空はポケットさ 幸せ包むポケットさ
●1980年(昭和55年)
Paul McCartney Waterfalls
  ――And I need love, yeah I need love, like a second needs an hour, like a raindrop needs a shower
John Lennon (Just like) Starting over
 :日産自動車『ティーダ/TIIDA』CM歌;テレビ朝日『マツコ&有吉の怒り新党』主題歌
  ――It's like we both are falling in love again, it'll be just like starting over, stating over
もんた&ブラザーズ ダンシング オールナイト
  ――独り言、吐息一つ、それだけで崩れてしまう
海援隊 贈る言葉
 :TBSテレビ『3年B組金八先生』主題歌
  ――暮れなずむ街の光と影の中 去りゆくあなたへ贈る言葉
ロスインデイオス&シルビア 別れても好きな人
  ――恋人同士に返ってグラス傾けた
谷村新司 昴
  ――ああいつの日か 誰かがこの道を
松田聖子 172.png青い珊瑚礁
  ――俯き加減のlittle rose 花弁触れてほしいの 渚は恋のモスグリーン 二人の頬が近づいてゆくのよ
八代亜紀 雨の慕情
  ――憎い 恋しい 憎い 恋しい 巡り巡って今は恋しい
さだまさし 道化師のソネット
  ――君のその小さな手には 持ち切れない程の哀しみを
五輪真弓 恋人よ
  ――枯葉散る夕暮れは来る日の寒さを物語り 雨に壊れたベンチには愛を囁く歌もない
松村和子 帰ってこいよ
  ――こんなに綺麗な茜空 帰ってこいよ 帰ってこいよ 帰ってこいよ
●1981年(昭和56年)
John Lennon Woman
  ――Woman, please let me explain: I never meant to cause you sorrow or pain
中島みゆき 172.png悪女
  ――土曜でなけりゃ映画も早い ホテルのロビーもいつまで居られる訳もない
寺尾聰 172.pngルビーの指環
  ――そして二年の月日が流れ去り街でベージュのコートを見掛けると…
寺尾聰 HABANA EXPRESS
  ――ハバナの風は今一つの色に染まり出す 燃やし過ぎた恋だからきっと忘れないぜ
雅夢 172.png愛はかげろう
  ――窓ガラス流れ落ちてゆく雨を 細い指先でなぞってみる
杉村尚美 サンセット メモリー
  ――何気なく見送った後ろ姿が 唯一度だけの愛と気づいたあの日
海援隊 172.png人として
 :TBSテレビ『3年B組金八先生』主題歌
  ――思いのままに生きられず 心に石の礫投げて自分を苦しめた愚かさに気づく
京浜ストア あなたの町の京浜ストア
  ――あの町へ この町へ 愉しい暮らしのお手伝い あなたの町の京浜ストア
●1982年(昭和57年)
Paul McCartney Tag of war
  ――we could stand on top of the mountain with our flag unfurled
   ※:'without a flag on furled' is also OK to 'with our flag unfurled'.
Paul McCartney Take it away
  ――Lonely driver out on the road with a hundred miles to go
Paul McCartney Here today
  ――And if I say I really loved you and was glad you came along, then you were here today
Paul McCartney 172.pngBallroom dancing
  ――with the recipe for a lovely day sticking out of my back pocket
Paul McCartney Wanderlust
  ――Dropping a line, may be this time is the wanderlust for me
細川たかし 北酒場
  ――今夜の恋はたばこの先に火を点けてくれた人
サザンオールスターズ 172.pngチャコの海岸物語
  ――烏帽子岩が遠くに見える 涙あふれて霞んでる 心から好きだよピーナッツ抱きしめたい 浜辺の天使を見つけたのさ 浜辺の天使を見つけたのさ
サザンオールスターズ Ya Ya (あの時代を忘れない)
  ――秋が恋をせつなくすれば 独り身のキャンパス 涙のチャペル もうあの頃のことは夢の中へ
松田聖子 赤いスイートピー
  ――心の窓辺に咲いた 赤いスイートピー
井上陽水 リバーサイドホテル
 :フジテレビ『ニューヨーク恋物語』主題歌
  ――若い二人は夢中になれるから 狭いシートに隠れて旅に出る
BOØWY 172.pngNo. New York
  ――シャワーを浴びて wow, wow, wow, コロンを叩き ウィンクひとつで wow, wow, wow, この世を渡る
フジテレビ 笑っていいとも いいとも青年隊『ウキウキWATCHING』
  ――愉しませ過ぎたらごめんなさい 時間通りにcome with me 笑っていいともウキウキwatching
テレビ朝日 テレビ朝日スポーツテーマ 朝日に栄光あれ
テレビ朝日 大戦隊ゴーグルファイブ/Stop the battle
  ――振り翳せ地球剣 スクラム組んで
  ――守れ地球を 守れ平和を戦え大戦隊ゴーグルファイブ
●1983年(昭和58年)
Paul McCartney with Michael Jackson 172.pngSay say say
  ――You saying that my love ain't real, just look at my face these tears ain't drying!
Paul McCartney So bad
  ――Well, it Feels so good. Sometimes it feels so bad. This is worse than anything I've ever had
飯島真理 夢色のスプーン
 :NHKテレビ『スプーンおばさん』主題歌
  ――夢色の小さなスプーン 一滴愛を載せて あの人に、あの人にあげたいの 夢色の小さなスプーン
C-C-B Candy
  ――休日のダウンタウン 君はクール いつか誘いたいよビーチサイド
尾崎豊 15の夜
  ――盗んだバイクで走り出す 行く先も分からぬまま暗い夜の帳の中へ 誰にも縛られたくないと逃げ込んだこの夜に自由になれた気がした 15の夜
ALFEE メリーアン
  ――夜露に濡れる森を抜けて 白いバルコニー あなたを見た
麻倉美稀 What a feeling
 :TBSテレビ『スチュワーデス物語』主題歌
  ――煌めくはmusic 弾むjump and step 熱く燃えるlove forever
●1984年(昭和59年)
Paul McCartney 172.pngNo more lonely nights
  ――May I never miss the thrill of being near you, and if it takes a couple of years to turn your tears to laughter?
Paul McCartney Goodnight princess
チェッカーズ 172.png星屑のステージ
 :TBSテレビ『うちの子にかぎって…』主題歌
  ――星屑のステージ涙を敷き詰めて 約束だねこの歌 俺cry, cry, crying 歌うよ
ALFEE 172.png星空のディスタンス
  ――耳を翳めるのは君の声か 泣いている 叫んでいる 思いは募る
ALFEE 172.png恋人達のペイヴメント
  ――ああ哀しい程自由な夜の中 その瞳で その心で 僕を見つめて
杏里 172.png悲しみがとまらない
  ――抱きしめられて気づいたの 愛がここにないことを
サザンオールスターズ ミス ブランニューデイ
  ――意味のないはやりの言葉と見栄のillusion 教えられたままの仕草に酔ってる
麻倉美稀 ヒーロー
 :TBSテレビ『スクールウォーズ』主題歌
  ――You need a hero 胸に眠るヒーロー揺り起こせ 命より重い夢を抱きしめて走れよ
サザンオールスターズ 海
  ――移り気なあなたにoh, oh抱かれて痺れたちょっとだけで
フジテレビ FNNニュースレポート1130
●1985年(昭和60年)
チェッカーズ ジュリアに傷心
  ――真夏のバケーション 切ないメモリー胸を焦がすよ 髪のリボンほどいたね
チェッカーズ 172.pngTeenage dreamer
 :TBSテレビ『うちの子にかぎって…』主題歌
  ――翼の灯り空消えてく度に 二人心が知らぬ世界に離れてった so sad
中森明菜 ミ アモーレ
  ――抱いて抱かれるからカーニバル キスは命の灯よ アモーレ
小林明子 恋におちて―Fall in love―
 :TBSテレビ『金曜日の妻たちへ』主題歌
  ――Daring, I need you どうしても口に出せない願いがあるのよ
C-C-B Romanticが止まらない
 :TBSテレビ『毎度おさわがせします』主題歌
  ――胸が 胸が苦しくなる 走る涙に背中押されてHold me tight 切なさはhoo, 止まらない
安全地帯 悲しみにさよなら
  ――飾らない言葉で 失くせない心で一つになれる
安全地帯 172.png碧い瞳のエリス
  ――涙運ぶその風が教えてくれるよ あなたに逢うためだけに生まれて来たと
五木ひろし 172.pngそして…めぐり逢い
  ――グラスを揺らす白い指 昔と同じその仕草
岩崎良美 タッチ
  ――愛さなければ淋しさなんて知らずに過ぎてゆくのに そっと悲しみにこんにちは
中島みゆき かもめはかもめ
  ――鴎は鴎 孔雀や鳩や、況してや女にはなれない あなたの望む素直な女には初めからなれない
ALFEE 霧のソフィア
  ――ソフィア せめてもっと深く愛を二人確かめ合えれば ソフィア 涙の滴も虹に変えられた筈なのに
中山美穂 172.png「C」
 :TBSテレビ『夏・体験物語』主題歌
  ――Closed my eyes キスされて閉じた瞳に銀河が残る
BOØWY DREAMIN'
  ――そんな奴等は好きじゃない 俺はそんなに馬鹿じゃない ハートは今ここにある Wow, wow...
クラッシュギャルズ 172.png東京爆発娘
  ――眩しさの太鼓叩いて走れ 嵐の東京 私が噂の爆発娘
フジテレビ FNNスーパータイム
フジテレビ スポーツテーマ(:プロ野球ニュース;中央競馬ダイジェストなど)
テレビ朝日 ANNニュースのテーマ(:ニュースステーションなど)
●1986年(昭和61年)
Paul McCartney Press
  ――Just tell me to press, right there, that's it, yes.
C-C-B Here comes the C-C-B
  ――ギターケースを抱いて街から街へ旅する 夢をワゴンに積んで今夜も愉しいステージ
ALFEE 風曜日、君をつれて
 :全日空CM歌
  ――涙の日々を越えて 恋人よその微笑み、その全て、僕だけに預けて
ALFEE SWEAT&TEARS
  ――Sweat and tears for lonely boys; Sweat and tears for lonely girls: 愛の全てを信じる心捨てるな!
石井明美 172.pngCHA-CHA-CHA
 :TBSテレビ『男女7人夏物語』主題歌
  ――肌を染める薔薇色ecstasy 濡れるルージュ ほろ苦いfantasy
渡辺美里 I'm free
  ――君を愛したことが間違っていることなら 僕はもうこれ以上正しくなくてもいい
渡辺美里 My Revolution
 :TBSテレビ『セーラー服通り』主題歌
  ――交差点では駆け出すけれど手を振る時はキュンと来るね たった独りを感じる強さ 逃したくない街の中で
渡辺美里 Long night
  ――たった一つの夢が見えるから たった一人も勇気に変えたい 昔のままではいられない
渡辺美里 Lovin' you
  ――風に揺らめく炎のように唄う君の烈しさどこにいても感じている Lovin' you
チェッカーズ 172.pngSong for U.S.A.
  ――This is a song for U.S.A. 海を渡る星の群れが夢の道照らし迎えに来る素敵なtonight
チェッカーズ 172.pngOH!! POPSTAR
 :国際スポーツフェア’86春 主題歌
  ――悲しみのベイブリッジさ この橋の向こうに置いて来るのさ 誰でも青春を
河合その子 172.png青いスタスィオン
  ――列車のベルが風に響けばそんな強がりも消える 微笑みながらそっと隠した涙一粒
中島みゆき 172.png見返り美人
  ――自由 自由 酷い言葉ね 冷めた女に男が恵む
TUBE Season in the sun
  ――Stop the season in the sun 夏よ逃げないでくれ もう少しこのままでいたいのさ
おニャン子クラブ じゃあね
  ――じゃあね じゃあね 駄目よ泣いたりしちゃ 四月になれば悲しみはきらきらした思い出
中山美穂 色・ホワイトブレンド
 :資生堂CM歌
  ――だから white night 眠れぬ夜も white lie 貴方の嘘も white blend 淡い過去に消えてしまう
荻野目洋子 Dance Beatは夜明けまで
  ――シャンパンみたいに Dance in the beat
石川さゆり 天城越え
  ――あなた…山が燃える 戻れなくてももういいの くらくら燃える地を這って あなたと越えたい天城越え
オフコース 172.pngもっと近くに(as close as possible)
  ――思い出に頼るような二人じゃ 哀しいけれど先は見えてる
西武ライオンズ 若き獅子たち~We are the Lions
  ――緑の森に今湧き上がる 熱い祈りの大歓声が
フジテレビ FNNモーニングコール 川端健嗣・長野智子 172.png気分ははじけるビーチ
  ――ベルはいつも三度まで 指を伸ばし触れた後 一気に新鮮 朝を始める
●1987年(昭和62年)
吉幾三 172.png雪國
  ――好きよ貴方 今でも 今でも 暦はもう少しで今年も終わりですね
小泉今日子 木枯らしに抱かれて
  ――恋人達はいつか心傷つく度愛する意味を知る 涙優しく
BOØWY MARIONETTE
  ――疑うことをいつからやめたのさ 揃えた爪(ネイル)じゃOh! no, no! とても狙えないぜ
堀内孝雄 172.png愛しき日々
 :日本テレビ『白虎隊』主題歌
  ――愛しき日々の儚さは 消え残る夢 青春の影
南野陽子 秋のIndication
  ――さよなら一つ越えて 素敵な大人(ひと)に少しずつなるために
荻野目洋子 172.png湾岸太陽族
 :テレビ朝日『ニュースステーション』スポーツのBGM
  ――サキソフォン泣くみたいに吹いたね rhythm and blues 沖から明けてく海見ながら
渡辺美里 Milk Hallでおあいしましょう
  ――ジェラシーをすぐ見破られちゃう 私が私らしくいられるように明日天気になれ
渡辺美里 BREATH
  ――愛の言葉はうまく言えないけれど時間の中でいつか見つめ合う 同じ空から朝の光を浴びて二人はきっと綺麗でしょう
渡辺美里 172.pngRICHじゃなくても
 :FM東京『渡辺美里の 風になれたら』主題歌
  ――少しずつ 少しずつ 同じ悲しみに寄り添いたい 君に一番厳しいのはいつでも君自身かもしれない
渡辺美里 風になれたら
  ――僕はいつか苦しみ近づけないための くるり心に壁を張り巡らしてた
ALFEE 172.png君が通り過ぎたあとに
  ――碧い追憶の中 煌めく思い出 誰もが愛を目指す 夢の旅人達よ急がないでくれ Please don't pass me by
ALFEE サファイアの瞳
 :ライオン洗顔料『ページワン』CM歌
  ――抱きしめてsapphire eyes 紅い唇渇いてゆく 汗を絡ませlonely night 深く夜の果てへ
   ※:私はどうしても「汗疹(あせも)かも…Say 'Lonely night'」と聞こえる。
フジテレビ F1 GRAND PRIX T-SQUARE TRUTH
関西テレビ ねるとん紅鯨団 鉄腕ミラクルベイビーズ TALK SHOW
  ――男はちょっととっぽく 女はあーん色ぽく 真紅く燃えた方が勝ち 愛し過ぎちゃ ゆき過ぎてちゃ いつかほんとにいくよ おとっとっとっとと嘘じゃないぜ
テレビ朝日 ニュースステーション
●1988年(昭和63年)
南野陽子 吐息でネット
 :資生堂CM歌
  ――吐息でネット あなたを縛りたいずっと 我がままじゃなくて 舞い散る花が肩に降りるように
南野陽子 秋からも、そばにいて
  ――そっと そっと 愛してるって耳の傍で囁いて 壊れそうな勇気だから包むように抱きしめて
渡辺美里 恋したっていいじゃない
 :UCC上島珈琲CM歌
  ――D-A-T-E 泣いたっていいじゃない ハートは石でもガラスでもない
渡辺美里 Believe
  ――朝一番のホームの冷えた静けさが好きさ 袖の長めのシャツが風にそよぐのが好きさ
渡辺美里 シャララ
  ――内緒にしたいheart break誰にもあるものね
渡辺美里 彼女の彼
  ――恋人の振りをして今日だけは歩いてね 珍しく私へと歩幅を合わせてくれた
渡辺美里 悲しいね
  ――下りの電車明日まではまた会えない 睫毛の先そっと町の灯が点るよ
渡辺美里 10 years
  ――あれから十年も この先十年も 振り向かない、急がない、立ち止まらない
中島みゆき 湾岸24時
  ――もう一度戻るなら時の流れを止めて こんな筈じゃない時の流れに変えて
Wink Sugar baby love
  ――密やかな恋の火を 消さないで…消さないで…
布袋寅泰 C'MON EVERYBODY
 :フジテレビ『夢で逢えたら』の『バッハスタジオII〜ホコ天キングへの道〜』主題歌
  ――Well, when you hear the music you can't still if your brother won't rock, your sister will...Uuh! C'mon everybody
布袋寅泰 GUITARHYTHM
  ――I think of you, hear me cry somewhere you lost watching the sky
藤井フミヤ ONE NIGHT GIGORO
  ――One night gigoro お前の寂しさでこの胸の孤独を消してくれ
●1989年(昭和64年、平成元年)
Paul McCartney My brave face
  ――I've been hitting the town, and it didn't hit back
Paul McCartney This one
  ――There never could be a better moment than this one, this one
プリンセス・プリンセス 172.png世界でいちばん熱い夏
  ――モノトーンの時間がいつの間にか奪って行った心の中のjuvenile取り戻すのよあなたと一緒に
プリンセス・プリンセス M
  ――あなたのいない右側に少しは慣れたつもりでいたのにどうしてこんなに涙が出るの
Wink 172.png愛が止まらない~Turn it into love~
  ――Car radio流れる切なすぎるバラードが友達のライン毀したの
Wink 淋しい熱帯魚~Heart on wave~
 :PanasonicヘッドホンステレオCM歌
  ――I can't...ねえ、こんなに苦しいのにwoh... 何故、何故あなたじゃなきゃ駄目なの?
吉幾三 172.png酒よ
  ――侘びながら手酌酒 演歌を聞きながら 愛してるこれからも 分かるよな、酒よ
美空ひばり 川の流れのように
  ――雨に降られてぬかるんだ道でもいつかはまた晴れる日が来るから
森高千里 ☆17才
  ――熱い命に任せてそっとキスしていい?空も海も見つめる中で
渡辺美里 一瞬の夏
  ――満員電車に今日も揺られながら 街路樹の彩(いろ)に時の早さを知る Somebody knows いつも心は隠さない
渡辺美里 跳べ模型ヒコーキ
  ――路面電車の終点で待ち合わせしたよねあの日も リュックサックに胸一杯の伝えたい気持ちを詰め込んで
渡辺美里 ムーンライトダンス
  ――突抜ける青空にどんな虹描けばいいの 青春て独りぼっち、where have all the flowers gone
渡辺美里 グッドバイ
  ――窓の外には檸檬色の上弦の月 街の灯りが一つ二つ消えてゆく
渡辺美里 White Days
  ――凍てつくような心の中に今祈りの鐘が響くよ 神様人を求めることはこんなにまでも寒いものですか?
渡辺美里 すき
  ――線路沿い真夏の日差し浴びてひまわりが風に揺れている
中島みゆき 172.pngあした
 :KDD CM歌
  ――なにもかも愛を追い越してく土砂降りの一車線の人生 凍えながら二人共が二人分傷ついている、教えてよ
中島みゆき ☆黄砂に吹かれて
  ――あなたに似てる人もいるのに あなたより優しい男も 三十五億程いるのにね…旅人
中島みゆき ☆春なのに
  ――記念に下さいボタンを一つ 青い空に捨てます 春なのにお別れですか 春なのに涙が零れます
Eric Clapton Pretending
  ――Satisfied but lost in love, situations change
Eric Clapton Bad love
  ――Oh what a feeling I get when I'm with you. You take my heart into everything you do
ホークウィングス 福岡ダイエーホークス いざゆけ若鷹軍団
  ――力の限り戦わば勝利は常に此処に在り 輝く空に感激のチャンピオンフラッグ翻れ
テレビ朝日 ニュースステーション 本多俊之『Good evening』
TBSテレビ 筑紫哲也NEWS23 井上陽水
●1990年(平成2年)
サザンオールスターズ 172.pngフリフリ'65
 :フジテレビ『夢で逢えたら』主題歌
  ――粋でパンチの利いたロック君とone, two, three 派手なモードに痺れ濡れてエロティック
サザンオールスターズ YOU
 :日本生命CM歌
  ――忘れ得ぬ君そして大事なbaby love Ohh今でも胸の奥には虹が駈けてゆく
B'z 太陽のKomachi Angel
  ――いざ今宵酔わんI love you my angel 理屈抜きでnow we can say, yeah! yeah!
B'z BAD COMMUNICATION
  ――Hey, hey, 分からないany more 君のこと 意味深な言葉で核心に迫らないで
渡辺美里 Power―明日の子供―
  ――今日もまた朝八時ラッシュアワーの人並みに押されながら急ぐよ
渡辺美里 サマータイム・ブルース
 :明治生命CM歌
  ――夏の海のうねりのように今でも君思っているよ 取り残されたの私の方できっと自由になったのは君ね
谷村新司 三都物語
 :JR西日本『三都物語』CM歌
  ――昨日 今日 明日 変わりゆく私 紅く色づく時めきを誰に告げましょう
Wink Special to me
 :フジテレビ『ワールドカップバレーボール』主題歌
  ――この夢を夜風に乗せ窓辺に届けたい 貴方だけ、そう私の永遠のメインキャスト
石川さゆり ウィスキーがお好きでしょ
 :サントリーウィスキー『角』主題歌
  ――ウィスキーがお好きでしょ もう少し喋りましょ ありふれた話でしょ それでいいの今は
●1991年(平成3年)
渡辺美里 夏が来た!
  ――本当の夏が来た 生きている眩しさ 本当の夏が来た もう友達じゃない君がいる
渡辺美里 JUMP
  ――あの日あの場所で谷間の激しい雨に あの日あの場所で君の熱い歓声が 掻き消されたことを憶えているよ song for you
KAN 172.png愛は勝つ
  ――夜空に流星が聴こえる度に 願いを託し僕らはやってきた どんなに困難で挫けそうでも信じることさ 必ず最後に愛は勝つ
ZARD 不思議ね
 :日本テレビ『マジカル頭脳パワー』主題歌
  ――ああ、時は全てを変えてしまう 癒えなかった悲しみは過ぎた日の幻 不思議ね記憶は空っぽにして壊れたハートをそっと眠らせてin your dream
吉田栄作 V―ヴィクトリー―
 :ニッポン放送『吉田栄作のオールナイトニッポン』BGM
  ――燃えながら熱くなれ何もかも曝け出して 情熱に身を任せ本当の女になれ
尾崎豊 I love you
  ――それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛が白けてしまわぬように
Mariah Carey Emotions
  ――You've got me feeling emotions deeper than I've ever dreamed of
●1992年(平成4年)
Eric Clapton Tears in heaven
  ――I must be strong and carry on 'cause I know I don't belong here in heaven
Eric Clapton Old love
  ――And it makes me so angry to know that the flame still burns
織田哲郎 いつまでも変わらぬ愛を
 :大塚製薬『イオンサプライ ポカリスエット』CM歌
  ――いつまでも変わらぬ愛を君に届けてあげたい どんなに季節が過ぎても終わらないday dream
ZARD あの微笑みを忘れないで
  ――25時砂の上に車停めて口笛吹いたmy home town 温いコーラしかなくても夢だけで愉しかった
ZARD 好きなように踊りたいの
  ――好きなように踊りたいの少し反省するなら戻るかもしれないし戻らないかもしれない Oh...愛情のボルテージを確かめて
ZARD 遠い日のNostalgia
  ――あの時もう少し勇気を出せば君を失わずに済んだかも It's too late 遠い日のnostalgia
横浜ベイスターズ 熱き星たちよ
  ――Oh, oh, woh, woh, 横浜ベイスターズ、熱き星たちよ Let's go! Oh, oh, woh, woh, 横浜ベイスターズ 夢を追い駆けろ
フジテレビ ウゴウゴルーガ『ノンタンといっしょ』
  ――愉しくお出かけ ぶらぶらお散歩 いいことあるかな Hello, hello!
●1993年(平成5年)
Paul McCartney Hope of deliverance
 :日本テレビ『クイズ世界はSHOW BY ショーバイ』主題歌
  ――What it will be like? I don't know. We live in hope of deliverance from the darkness that surrounds us
ZARD 負けないで
 :フジテレビ『白鳥麗子でございます』主題歌
  ――今宵は私と一緒に踊りましょう 今もそんなあなたが好きよ 忘れないで 負けないで ほらそこにゴールは近づいてる どんなに離れてても心は傍にいるわ 感じてね見つめる瞳
ZARD 172.pngStray Love
  ――今愛しているだけで全ては決められない 誰もが通り過ぎてゆく明日が見えない季節
ZARD 揺れる想い
 :大塚製薬『イオンサプライ ポカリスエット』CM歌
  ――揺れる想い体中感じてこのままずっと傍にいたい 幾つ淋しい季節が来ても時めき抱きしめていたいin my dream
ZARD もう少し あと少し…
 :テレビ朝日・大映テレビ『ララバイ刑事』主題歌
  ――気まぐれな九月の雨に白い傘の少女がすれちがう 探してた二人の行方 今はまだ知りたくない
渡辺美里 172.pngBIG WAVEやってきた
 :明治生命CM歌
  ――BIG WAVE 光る海に連れ出して 三回クラクション空に合図して一緒にあの波を捉まえて Woh, woh...
渡辺美里 いつかきっと
 :TBSテレビ『ムーブ』主題歌
  ――眠れぬ夜重ねながら時代という名の揺り籠に揺られて僕等は大人になるのかな
国武万里 ポケベルが鳴らなくて
 :日本テレビ土曜グランド劇場『ポケベルが鳴らなくて』主題歌
  ――気まぐれで構わない 早く私呼び出して あなたの一部が私の全て 二番目でも愛されたい
藤井フミヤ 172.pngTRUE LOVE
  ――君だけを信じて 君だけしかいなくて 僕らはいつも遙か遙か遠い未来を夢みてた筈さ
Wink 咲き誇れ愛しさよ
 :資生堂CM歌
  ――咲き誇れ愛しさよ 真剣な笑顔で飾ろう
フジテレビ 『白鳥麗子でございます』 Torna a Sorrento
  ――Vide 'o mare quant'è bello. Spira tantu sentimento comme tu a qui tiene mente, ca scetato 'o faie sunnà./View the marine what a beautiful. Spread full of sentiment like you've some words, which lets me into some dreams.
テレビ朝日 ニュースステーション 江黒真理 Harmony
●1994年(平成6年)
Mr. Children Innocent world
  ――物憂げな六月の雨に打たれて 君の生きた季節を想って歌うよ 知らぬ間に忘れてた笑顔など見せて 虹の彼方へ放つのさ 揺れる思いを
Mr. Children Crossroad
  ――遠く思い焦がれて張り裂けそうな夜もこの手に受け止める 束の間の悲しみはやがて輝く未来へと続く
中島みゆき 空と君とのあいだに
 :日本テレビ土曜グランド劇場『家なき子』主題歌
  ――君が涙の時には僕はポプラの枝になる 孤独な人につけ込むようなことはことは言えなくて
DEEN 瞳そらさないで
 :大塚製薬『イオンサプライ ポカリスエット』CM歌
  ――瞳そらさないで青い夏の時めきの中で Summer breese 心を伝えて いつまでも君が傍にいてくれると信じてる いつまでも君が傍にいてくれると信じてる
ZARD OH MY LOVE
  ――ほら走り出したわあなたへのプロローグ Oh my love 無意識に髪を伸ばし始めたの
ZARD きっと忘れない
 :フジテレビ『白鳥麗子でございますⅡ』主題歌
  ――きっと忘れないまた冬が来ても思い出抱きしめていたいから 遠く離れても心は止まらない 詮めたい 詮めない 孤独がドアを叩く
ZARD 来年の夏も
  ――時間旅行をしているみたいに景色だけが変わってゆく
ZARD あなたに帰りたい
  ――恋をしたマリオネットのようにただ遠くからあなたを見守ってた 今度会ったら私に気づいてね そしてもう一度悲しい思い出にGood bye
渡辺美里 あなたの全部――tout, tout de toi
  ――初めて恋した日の熱い涙が欲しい あなたの望む海に私はなれなかった 優しさも激しさもこの先ずっと出会えないね
Mariah Carey 172.pngAll I want for Christmas is you
 :フジテレビ『29歳のクリスマス』主題歌
  ――I don't want a lot of Christmas, there is just one thing I need
森高千里 気分爽快
 :アサヒビール『Z』CM歌
  ――二人して彼に憧れてたから 辛いけどOK ビールで乾杯
尾崎豊 OH MY LITTLE GIRL
 :フジテレビ『この世の果て』主題歌
  ――Oh my little girl 冷たい風が二人の体すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ
●1995年(平成7年)
Mr. Children Tomorrow never knows
  ――果てしない闇の向こうにOh, oh, 手を伸ばそう 誰かのために生きてみてもOh, oh, tomorrow never knows
スピッツ ロビンソン
 :フジテレビ『今田耕司のシブヤ系うらりんご』主題歌
  ――誰も触れない二人だけの国 終わらない歌ばら撒いて 大きな力で空に浮かべたら ルララ宇宙の風に乗る
ZARD 172.pngReady, go!
  ――Ready, go! 気まぐれなあいつに振り回されたくないけど 鳴り響くベルにそわそわしてる
ZARD If you give me smile
  ――last night テキーラの苦さに孤独愛し 現実に目が覚めて太陽のシャワー
ZARD ハイヒール脱ぎ捨てて
 :フジテレビ『Rooms』主題歌
  ――白いTシャツ ブルージーンズ そして素顔の私を思い切り抱きしめて
ABCテレビ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
●1996年(平成8年)
松田聖子 あなたに逢いたくて~Missing you~
 :テレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』主題歌
  ――どんなに愛しても叶うことなどない愛もあることなど気づきもしない程あなただけ…
ZARD DAN DAN 心魅かれてく
  ――DAN DAN 心魅かれてく この星の希望の欠片 きっと誰もが永遠を手に入れたい
ZARD 172.png今日も
  ――でも本当に叱ってくれるのはあなただけだから 今日もあなたのことが一番好きでした
フジテレビ めざましテレビ 172.png森高千里 ラ・ラ・サンシャイン
  ――ラ・ラ・サンシャイン ラ・ラ・サンシャイン ララサン爽やかな朝 偶には歯を食いしばり生きてみよう
Eric Crapton 172.pngChange the world
  ――You would think my love was really something good. Baby, if I could change the world
●1997年(平成9年)
安室奈美恵 172.pngCAN YOU CELEBRATE?
 :フジテレビ『バージンロード』主題歌
  ――Woo...思い出からほんの少し抜け出せずに佇んでる 訳もなくて涙あふれ 笑顔こぼれてる Can you hold me tight? It's a party time tonight. Say 'Good bye.' my lonely heart. 永遠ていう言葉なんて知らなかったよね
SPEED White love
 :資生堂『ティセラ』CM歌
  ――果てしない星の光のように 胸いっぱいの愛で今あなたを包みたい
Mariah Carey Butterfly
  ――Blindly I imagined I could keep you under glass, now I understand to hold you. I must open up my hands and watch you rise
大瀧詠一 172.png幸せな結末
 :フジテレビ『Love Generation』主題歌
  ――幸せな結末きっと見つける 今なら言える 素直になれる いつまでも愛してる 今夜君は僕のもの
ABCテレビ おはよう朝日です 岡本真夜 172.pngDREAM
  ――この町に出て来た時の半端じゃない気持ち思い出したよ 今しかできないことがあるよね 今だからできることがあるだろう、woh, woh...
TBSテレビ 筑紫哲也NEWS23 坂本龍一 Put your hands up
●1998年(平成10年)
Every Little Thing Time goes by
 :フジテレビ『甘い結婚』主題歌
フジテレビ めざましテレビ 小松未歩 チャンス
  ――ワープして覘きたいニ十世紀の結末を 女神が微笑むなら身構えない
フジテレビ プロ野球ニュース ZARD MIND GAMES
  ――流星の上の夜空に飛び散るprincess きらきら煌めいてるmind games 時間と空間の中で
フジテレビ FNNスーパーニュース
テレビ朝日 ニュースステーション ゴスペラーズ 靴は履いたまま
  ――最高の夜にしよう 朝が来るまで騒ごう 言い訳は後にしよう 眠れないシンデレラじゃない
br>
●1999年(平成11年)
ZARD 172.png新しいドア~冬のひまわり~
  ――光る夏に生まれた新しい風を受け 眩しい空を幾つも越えてゆきたい 名前なんか知らなくても軽いジョークで笑えたねあの仲間達 また一緒に行こうよ I ('d) remember sweet memories
ZARD 172.pngGOOD DAY
  ――Good bye, and why don't you leave me alone 雨の中をどこまでも歩いた reason to cry
●2000年(平成12年)
倉木麻衣 Delicious way
  ――手を伸ばせばすぐ振り向いてくれるから いつだって笑顔でいたいんだ
倉木麻衣 Love, day after tomorrow
  ――Love, day after tomorrow I wish you knew 曖昧に飾った言葉は要らない
倉木麻衣 Stay by my side
  ――Stay by my side 今始まるこの思い 抱きしめながら歩いてく
MISIA Everything
  ――あなたが想うより強く 優しい嘘なら要らない ほしいのは貴方
テレビ朝日 ニュースステーション 福岡ユタカ NS2000(NEW STREAM 2000)
●2001年(平成13年)
桑田佳祐 白い恋人達
  ――今宵涙こらえて奏でる愛のserenade 今も忘れない恋の歌
ZARD 時間の翼
 :NTT西日本『フレッツISDN』CM歌
  ――時間の翼で蒼い夕暮れを手を繋いで歩いたら温もりが伝わる 今だけは世界でたった二人だけ 信じる気持ち取り戻して都会を往く風のように
B'z ultra soul
 :テレビ朝日『世界水泳』主題歌
  ――本当だらけあれもそれも その真只中暴れてやりましょう そして羽ばたくultra soul
B'z GOLD
  ――欲望にも 期待にも 不安にも 絶対圧し潰されない
フジテレビ めざましテレビ TUBE 月と太陽
  ――ガラス細工 落とすように激しく壊れそう 涙を拭いてjust hold me tight 
フジテレビ めざましテレビ 竹内まりや 毎日がスペシャル
  ――毎日がスペシャル 毎日がスペシャル Every days the spacial days
●2002年(平成14年)
ZARD さわやかな君の気持ち
  ――どうしてだろう空の青さ見る度口に出すのが怖くて… 駆け抜けた季節だけずっとあなたを見ていたよ
倉木麻衣 Fairy tale 〜my last teenage wish〜
  ――行こう fairy tale エメラルドの時空を越えて忘れかけた世界へ
倉木麻衣 Feel fine!
  ――I can feel fine everybody 波のリズムに乗ってもっとずっとこのままで風感じていたい
倉木麻衣 Like a star in the night
  ――暗闇の中波の音が響く 風が冷たい誰もいない海
倉木麻衣 不思議の国
  ――本当は過去も未来もずっとずっとひとつにつながって 君には何度も巡り逢っていたのかもしれないね
テレビ朝日 ニュースステーション Sarah Brightman Sarabande
●2003年(平成15年)
SMAP 世界に一つだけの花
  ――やっと店から出て来たその人が抱えていた色とりどりの花束と嬉しそうな横顔
サザンオールスターズ 涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜
  ――コバルトブルーの涙の海で人魚のような恋に溺れたなら 接吻より甘く永遠より永く濡れた体に愛を下さい
中島みゆき 地上の星
  ――地上にある星を誰も憶えていない 人は空ばかり見てる
●2004年(平成16年)
Mr. Children Sign
サザンオールスターズ 君こそスターだ
 :トヨタ自動車『MORE THAN BEST』キャンペーンCM歌
  ――走り来る影は明日への追い風 永遠に見果てぬ夢 終わりなき夏の情熱の物語 惚れたよ君が魅せたドラマに乾杯
ゴスペラーズ ミモザ
 :トヨタ自動車『アイシス/ISIS』CM歌
  ――ガラスの靴で踊るミモザ 金色の甘いキスを 連れてゆくよ 君がいれば きっと最後の恋さ
Sarah Brightman A question of honour
 :トヨタ自動車『マークX/MARK X』CM歌
  ――And the way that you choose, it's a question of honour
福岡ソフトバンクホークス いざゆけ若鷹軍団
  ――力の限り戦わば勝利は常に此処に在り 輝く空に感激のチャンピオンフラッグ翻れ
テレビ朝日 報道ステーション 松永貴志・矢野沙織 Open mind
●2005年(平成17年)
コブクロ 172.pngここにしか咲かない花
  ――燦然と輝くあけもどろの中に 風が運んで星に変わる そんな日を待っている
サザンオールスターズ LONELY WOMAN
 :トヨタ自動車『シェンタ/SIENTA』CM歌
  ――誰もがonly human. We are all alone さよならの代わりにMerry Christmas
コブクロ 桜
  ――人は皆心の岸辺に手放したくない花がある それは逞しい花じゃなく 儚く揺れる一輪花
James Blunt You're beautiful
  ――I saw your face in a crowded place, and I don't know what to do
●2006年(平成18年)
EXILE ただ…逢いたくて
  ――今逢いたくて…忘れられないまま 過ごした時間だけがまた一人にさせる
Mr. Children しるし
  ――カレンダーに記入した幾つもの記念日より 小刻みに鮮明に僕の記憶を埋め尽くす
コブクロ 君という名の翼
  ――呆れるほど真直ぐに走り抜けた季節を探してまだ僕は生きてる
レミオロメン 172.png太陽の下
  ――失くした心の隙間にあなたの笑顔が広がって音もなく涙零れたんだ
●2007年(平成19年)
Mr. Children 旅立ちの唄
  ――Ah 旅立ちの唄 さあ、どこへ行こう?またどこかで会えるね とりあえず「さようなら」
YUI CHE.R.RY
 :KDDI『LISMO』CM歌
  ――恋しちゃったんだ 多分気づいてないでしょう? 星の夜願い込めてCHE.R.RY ~指先で送る君へのメッセージ
コブクロ 蕾
  ――風のない線路道 五月の空は青く寂しく 動かないちぎれ雲 いつまでも浮かべてた
フジテレビ めざましテレビ アンジェラ・アキ 172.pngAgain
  ――願いは叶えたい、叶えたい、叶えたい あなたと恋したい、恋したい、恋したい もう一度あなたと向き合って 願いは叶うよ、叶うよ、叶うよ
●2008年(平成20年)
Superfly Hi-Five
  ――Every body Hi, hi-five 湧き上がるステージで 誰より君の明日は光るだろう
Superfly 愛を込めて花束を
  ――愛を込めて花束を 大袈裟だけど受け取って 理由なんて訊かないでね
Superfly 1969
  ――遙か1969 夢み続けたサマータイム あの鼓動はここにない
Superfly Oh my precious time
  ――君に見たのは泡沫の夢 白い肌とこの胸を焦がした 夏はまたここを去ってゆくのね
●2009年(平成21年)
フジテレビ めざましテレビ Superfly やさしい気持ちで
  ――愛する人を抱きしめよう、私から 輝きを送りたい 空のように大きな心で 街中がやさしい気持ちで 今日の日を、やさしい気持ちで
JNN THE NEWS 山下達郎 ミューズ
  ――生まれて育ったこの街の空に いつか見た光が戻れるその日まで
TBSテレビ ひるおび
●2010年(平成22年)
AKB48 ヘビーローテーション
  ――I want you! I need you! I love you! 君に会えてドンドン近づくその距離にMAX ハイテンション
Superfly タマシイレボリューション
 :Panasonicアルカリ乾電池『エボルタ/EVOLTA』CM歌
  ――Stand up! monster 頂上へ 道なき道を切り開く時 Stand up! fighter とんがってgoing on, moving on, 戦いの歌未知の世界へタマシイレボリューション
●2011年(平成23年)
テレビ朝日 報道ステーション 森田真奈美・Zak Croxall・Thomas Hartman I am
テレビ朝日 報道ステーションスポーツ KAZSIN MOVE ON
●2012年(平成24年)
いきものがかり 風が吹いている
 :NHKテレビ ロンドンオリンピック 主題歌
  ――風が吹いている 僕はここで生きていく 晴れ渡る空に誰かが叫んだ ここに明日はある ここに希望はある
●2013年(平成25年)
AKB48 恋するフォーチュンクッキー
 :トヨタ自動車『プリウスPHV/PRIUS PHV』CM歌
  ――Come on, come on, come on, come on, come on, 試乗してよ 恋する充電プリウス
きゃりーぱみゅぱみゅ にんじゃりばんばん
  ――鮮やかに恋してにんじゃりばんばん なんだかにんじゃりばんばん bloom, bloom, bloom, 花弁も舞う
きゃりーぱみゅぱみゅ ファッションモンスター
 :ファーストリテーリング GU CM歌
  ――たたふつうに生きたいのに へんなことってつまらないでしょ きめつけないで いい子でなんていたくないって キミもそうでしょ
テレビ朝日 グッドモーニング ケツメイシ Good morning
  ――Good morning 朝の光を浴びて 新たなる日々今日も始まり
●2014年(平成26年)
関西テレビ・フジテレビ Mr.サンデー 林ゆうき BEGINNING
●2015年(平成27年)
いきものがかり マイステージ
 :JRA日本中央競馬会CM歌
  ――僕等はまだ生きてく 愛の欠片をまた探して行く 儚い世界その真中で 命のパズルを今組み上げてく
いきものがかり ラブとピース!
 :テレビ朝日『遺産争族』主題歌
  ――何で愛を歌えないんだ 僕は愛を歌いたいんだ Music 熱い声を Music 届けてくれ Music あなたとなら この世界のど真中で 本気出して歌っちゃいましょう love and peace
フジテレビ めざましテレビ ゆず 172.png終わらない歌
  ――高らかに鳴り響く心つなぐ終わらない歌よ 掲げた夢の旗 どんな世界が待っている どこまでも行こう君となら 終わらない歌 永遠に響け
●2016年(平成28年)
西野カナ トリセツ
  ――これからもどうぞよろしくね こんな私だけど笑って許してね ずっと大切にしてね 永久保証の私だから
ケツメイシ さらば涙
 :DHC CM歌
  ――大丈夫持ってるよ まだその涙に頼ってるの? 新たな自分に会いに行こう 涙乾けば始まる第二章
フジテレビ めざましテレビ 西野カナ 172.pngHave a nice day
  ――頑張れ私 頑張れ今日も 「行ってきます」;「行ってらっしゃい」 happy lucky sunny day 偉いぞ私 負けるな 焦るな 挫けるな そうやって今日だって一生懸命生きてるから I say 'Have a nice day.'
フジテレビ ユアタイムクイック/ユアタイム 桑田佳祐 172.png百万本の赤い薔薇
  ――愛は百万本の赤い薔薇 命ある限りに君の幸せ祈って旅立ちの唄
テレビ朝日 報道ステーション J Squad Starting Five
テレビ朝日 報道ステーションスポーツ KAZSIN Miracle shot
●2017年(平成29年)
フジテレビ めざましテレビアクア 上白石萌音
  ――はらはら散る花弁に紛れてくあなたの背中ずっと眺めてた 
フジテレビ めざましテレビ スピッツ ヘビーメロウ
  ――花は咲いたぜ それでもなぜ 凍えそうな胸 ヘビーメロウなリズムに乗って太陽目指した
フジテレビ めざましどようび SHISHAMO 笑顔のおまじない
  ――どこかに行こう 何かしよう 王子様が連れ出してくれる訳じゃないから

 やっと終了。きゃりぱみゅが登場する辺りからもう頭の中が訳が分からなくなって来ました119.png。でもいつも聴いている去年今年の歌になると何故か落ち着いてきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-28 03:03 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(0)
最も正しい リベラルと保守;左翼と右翼の定義 その7 社会編
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 リベラルな価値ということがしばしば云われます。

 報道や言論のメディアにおいて云われる場合は、既成の価値観に縛られずに現在世代の人々が求めることやものを許容し若しくはそれを公に認める法制度を作ることをいうようです。
 そのような理解は凡そ正しいといえます。
 既成のものが良くないと思っていてそれに反する何かを実現したい際には、それを変える必要があります。それは新しいことを直ちに実行するだけで実現する場合もありますが法制度を変えることを要する場合もあります。

a0313715_04122471.jpg 但しそのようなメディアを通して云われるリベラルな価値の理解は「現在世代」の求めることやものだけを対象としています。そこは理解の狭さです。
 過去には現在にはいないような様々な人々がいたし、未来には現在にはいないどんな人々が生まれて来るか分かりません。
 過去や未来の人々も現在の人々と同じ土を踏み、同じ空気を吸います。
 彼等のことをも考えなければ本当の意味でのリベラルな価値とはいえません。
 勿論、現在世代は過去の人々の思いを充分に知ってはおらず、未来の人々の思いを充分に見通すことはできません。勝手な想像により昔の人はどうであったとかこれからの人はどう思うに違いないとかということは許されるものではありません。そのような決めつけをせずに、現在世代の人々の知識、良心と責任において考えることがどうしても必要です。
 その知識、良心と責任が過去と未来の人々の心を汲むように働くか、それができることが本当のリベラル、自由であり延いては本当のリベラルな価値をもたらします。

 また、現在世代によるリベラルな価値の追求におけるもう一つの問題としては、事柄の切り売りがあります。
a0313715_04154867.jpg 何等かの問題、争点を個別にパッケージングして分野をなし、それが人々にメディアを通して提示されます。
 そうなると、一つ一つの事柄を自己完結的に処理するように考える癖がつき易く、それぞれの事柄をつなぐような深い考えがなかなか生まれて来ないことになります。
 「つなぐ」ことにつながるものは例えば文芸、les arts libérauxです。文芸は人文学とも呼ばれます。
 それを学業として修めた人々は勿論ですが、そうではない人々にも文芸は多少開かれており、それを学ぶことができます。昔は一々本を買わなければならなかったので文芸を知り得るには経済力の格差が壁となっていましたが今はネットがあるので基本料金だけで済み、格差の壁はややなくなって来ています。それを嘘と思うならばネットを生かしていないか生かそうともしていないかです。
 他にあるのは手当たり次第に知識を拾い、それらを自分の頭でつなぐことです。それも今はネットによりかなりでき易くなっています。学業を修めている人も社会人になるとその手に頼ることが多くなります。
 かつて民主党の小沢一郎氏がインターネット端末を全ての世帯に無償で給付するという政策を提案したことがありましたが彼もまた、若し生かせるならば、ネットのリベラルな価値の追求と実現の可能性を広げる意義は大きいと見ているのでしょう。ヨーロッパには眼鏡を全ての国民に無償で給付する国もあるので小沢氏のそれも充分に可能なのですが、インターネットパソコンがまだ自動車のようなステータスシンボルであった時代の提案なので無償給付による普及はその誇りを毀す、苦労してパソコンを買っている人々に不謹慎なりやということで反対されて実現しなかったのかもしれません。
 ネットの普及は前世紀の「事柄の切り売り」による世論を少しずつではあれど変えているといえます。尤も、それによってもまだまだ残る世論の通弊や新たに出て来た問題もあります。

 文芸と似て非なるのが教養、Kulturです。
a0313715_04171703.jpg 教養はそれそのものが事柄をパッケージングすることを根本とするため、事柄の切り売りを助長し易いものです。明治から昭和や平成に掛けて形成されたこの国の教養というものが事柄の切り売りによる歪んだ世論を形成しており、教養という概念はもはやハードディスクの残り滓データにしか残るべきものではありません。教養を身に着けたいと今時に思っている人は少し視点を変えて教養ではない知識を身に着けることを考えてほしいと思います。
 自分の意見が確立していると思っている或る事柄と他の事柄が不和を起こす、平たく言うと現実に著しく矛盾する、何も生まんじゅうろう、それは教養というものにある本質の故です。
 そのようなものである教養の作り出すものは社会の閉鎖的慣行や自由の阻害、本質的無関心などであり、教養はリベラルと相容れるものではありません。
 故に大学の共通科目なども、今は共通科目という名称になっていますが昔は一般教養科目と呼ばれる向きが多くて今もそのように呼ぶ大学があります。この国も年来に少しずつではあれそのような改善がありますが名を変えても実は変わらないこともあったり、まだ教養主義の壁は薄いとはいえないようです。

 リベラルな価値ということに関し、左翼、革新(中道左派)、保守(中道右派)と右翼の見方の違いはどうなのでしょうか?

 『その1』の記事に政治におけるリベラルとは革新と保守の総称であると語りました。
 しかし政治には限られないリベラルな生き方、生活における自由の追求や確保に関しては革新と保守だけではなくそれらの四つの全てがそうでありうるとも。
 とはいえ、それぞれの見方の多少の違いはあります。

 左翼:政治に関しては基本としてはリベラルではない。但し生活におけるより多くの自由を必要とする場合には政治的リベラルに与することもある。
 革新:政治に関しても生活に関してもリベラルを旨とする。但し経済社会と家庭の彼等なりの共通価値を優先し、それに反する自由は認めない。
 保守:政治に関しては基本としてはリベラルな価値よりも法に基づく伝統的統治のあり方を重視する。生活に関しては個人の自由を他者の自由を損なわない限りは無制限に認める。但しそれが損なわれる場合には政治においてもリベラルな価値を優先する。
 右翼:政治に関しても生活に関しても現状の維持を最も優先するため、保守的価値を求めるかリベラルな価値を求めるかは現状に基づいて決める。どちらがどれほどを占めるかは時により違う。

○左翼:政治に関しては基本としてはリベラルではない。但し生活におけるより多くの自由を必要とする場合には政治的リベラルに与することもある。

 共産党はリベラルではないとはしばしばいわれますが、凡そそれと同じ。
a0313715_04202098.jpg 政治に関してだけではなく生活に関してもなるべく伝統の保守を基本とする考え方をします。
 保守的価値に反する人がいる場合には、左翼は理性的説得による保守的価値への回帰を図ります。排除することもなければ保守的価値に反する方へ譲歩してゆくこともありません。但し多くの人々が保守的価値をより自由な在り方に修正することを求める場合には民主集中的議論を通して改めることが認められることもあります。議論もまた理性的説得の一つであり、左翼においては理性的説得が何よりも大切にされます。
 それらを実践し続けることができれば、左翼は或る意味では人間としての「上がり」であるといえるかもしれません。

○革新:政治に関しても生活に関してもリベラルを旨とする。但し経済社会と家庭の彼等なりの共通価値を優先し、それに反する自由は認めない。

 『その3 経済編』や『その6 風俗編その2』の記事に、革新は経済社会と家庭の共通価値をなすと語りました。それに反しない限りにおける自由、リベラルさを政治に関しても生活に関しても追求します。
 安倍政権が集団的自衛権を制限つきで認めることによる安全保障法を制定しましたが、そのような立法は革新的在り方に基づくものといえます。集団的自衛権が制限される部分はその行使が現在世代の経済社会と家庭の共通価値を侵しかねないものであり、そうではない部分が認められた訳です。保守ならそのような立法はせず、集団的自衛権の行使を全く認めないか無制限に認めるかのどちらかです。但し現在の保守はどちらかといえば集団的自衛権の行使を認めるべしと思う向きが多いのでその安保法そのものが保守的であるとはいえないにせよ、安全保障についての国民の世論が少しでも現在の保守に近づいたとはいえましょう。保守であるとはいえないけれど保守に少し近づいた状況は革新、保守と右翼が混然と分かりにくい思想の状況を招いています。故にも弊ブログは今このような解説と批評を物している訳です。
 革新の共通価値は常に変わらないものではなく、革新というからには時代により多少の変化があります。殊に大きく変わったといわれるのは同性愛者、所謂LGBTの権利についての見方です。
a0313715_04223178.jpg 因みに弊ブログは「LGBT, lesbians, gays, bisexuals and transgenders」の語は寧ろ差別的であることに鑑み、「HBT, homosexuals, bisexuals and transgenders」と呼ぶことにしています。取り分け男性の同性愛者を指す'gay'は元は「陽気な」という意味ですが、本質的無関心を陽気ぽく笑ってごまかすという含みがあります。とにかく'gay'とか'LGBT'と言えば同性愛者の権利と名誉に関心があるかのように装える。そのような欺瞞な言葉とそれを用いての運動を認めてはいけません。そしてそのような欺瞞は革新の最も根本に刻み込まれた特徴です。片や'homosexual'は至って科学的な語であり、本来なら合理主義を旨とする革新は率先してそのように呼ぶべきです。保守も基本としては合理主義なのでそのように呼ぶべきです。その内に「HBT48」も出来るでしょう。
 さて、革新はHBTの権利に積極的であるとされます。しかし本当でしょうか?真面目に考えているのではなく、盲判をついて権利の拡張を認めているだけなように見えます。中でも、同性婚を認めるべしとすることが革新の粗統一見解となっており、それに代わり得るHBTの共同生活、平たく言うと同棲を社会的経済的に支援するような法制度の提案などは絶無です。HBTが実際に求めているのは同棲であり男女の夫婦を真似るような結婚ではありません。同性婚はHBTをそのような男女の夫婦による家族及びそれに基づく社会経済の共通価値に陰に陽に収束させようと、染め直そうとする極めて侮辱的政策です。HBTの方々は彼等に騙されて舞い喜んでいてはいけません。
 同性婚への反対の或いは廃止を求めるデモが日本にも世界の様々の国にも起こってほしいと思います。賛成派は人類とその公正な政治の営みを終わらせようとしているとしか考えられません。

○保守:政治に関しては基本としてはリベラルな価値よりも法に基づく伝統的統治のあり方を重視する。生活に関しては個人の自由を他者の自由を損なわない限りは無制限に認める。但しそれが損なわれかねない場合には政治においてもリベラルな価値を優先する。

a0313715_04245111.jpg あちらを立てればそちらが立たず――何を立てるか立てないかの問題は人の世の常です。
 リベラルな価値、自由の追求は必然にそのようなジレンマを生じます。
 ジレンマを取り敢えず無難な状態に収めることができるのが法に基づく伝統的統治です。
 それは政治家だけではなく、人民がそれぞれ自らの分に応じてすべきものでもあります。何よりもまず、自らを治める、それが保守の思想の根本です。
 しかしそれがなかなかできない、出来る筈なのに上手くゆかない人も少なからずいます。なので自らを治めることだけに関心を持つのではなく他者を治めたり他者に治められたりすることを自ら選び取ることも必要です。そのように保守は自律主義でも他律主義でもありません。
 中には最も大きな自由は自然と共に在ることにこそ存すると思う人もいます。一概に保守といえども、自然を志向する保守と自然とは異なる人工を志向する保守があります。しかし何れにせよ、法に基づく伝統的統治を基本とする限りは自然と人工、自然派と人工派との間に致命的敵対は起こらないと考えます。「他者の自由を損なわない限りにおける無制限の自由」を考える際にはそのように「自然派と人工派」の例でしてみると分かり易いかと思います。例えば、やぎを自宅に飼うことは自由の観点から見てどうなのか?それは自然の営みというべきか人工の営みというべきか、権力としてはどう対応するべきか、示唆の多いものといえます。
 法は如何にして出来るか、それについての考え方は時代により変わります。今は民主的政治なので国民の多数が支持する法が正しい法であるとされます。

○右翼:政治に関しても生活に関しても現状の維持を最も優先するため、保守的価値を求めるかリベラルな価値を求めるかは現状に基づいて決める。どちらがどれほどを占めるかは時により違う。

 何を価値とするかは現状がどうであるかにより決まるので、右翼は相対主義であるといえます。
 現状の維持を基本とする右翼ですが、現状を絶対視するのではありません。それは寧ろ革新に多いものです。革新は自分達に有利な現状は絶対視してそれを変えさせません。
 現状と自分とを相対的に推し量り、そこでできることとできないことを見極める、それが右翼の肝です。
 そのような在り方は多かれ少なかれ、左翼、革新や保守にもあります。故にその点は右翼だけが格別に異なるのではありません。私も保守でありながら、その右翼的特徴を重視します。
 しかし右翼は他にはこれという特徴がないのでそれが右翼の最も大きな特色であるといえます。
a0313715_04265990.jpg 平凡、それが右翼です。
 過剰な平凡さはファシズムに転じ易いともいわれます。平凡さが固有の特色ではなく要求するべき全体の価値となるとそれはファシズムになります。すると現状の維持は所謂忖度と呼ばれるようになります。
 絶対的価値が現実に支配していた時代には右翼というものはありませんでした。あったのは保守と左翼、それにそれらのどちらでもない中間層――経済的中間層ではないが、近現代には主に彼等が革新勢力として経済的中間層をなす。――だけです。保守は権力に与する人々或いは権力に関心を抱く人々であり、左翼は権力とは距離をおく人々です。保守と左翼の何れもが主に宗教に基づく絶対的価値を尊重して生きる世界です。現在の右翼に当て嵌まる人々は保守と左翼の何れかでした。
 絶対的価値の支配がなくなり政治的自由の下に相対主義が生まれると、そこに右翼が出来ます。右翼はそこに絶対的価値の支配を逸早く断念し、相対主義に基づく新しい支配の形を考え出しました。それが象徴としての君主制であり、右翼は絶対王政のようなものを支持しません。しばしば勘違いされていますが、日本の象徴天皇制もまた右翼の考えに基づくものであり、絶対的君主制への復古を考えたことなどは一度もありません。その象徴天皇制を今は革新派がもてはやしており、寧ろ極右というべきなのは革新派です。
 尤も、相対主義に基づく象徴天皇制が侵略戦争を招いた訳であり、右翼の発想が必ずしも現実的であるとは限りません。
 よって保守としては一概に象徴天皇制とはいえどももう少し天皇の実際の権力を認めるべしと思います。他のアジアにはそれで先進的且つ自由に良く治まっている国もあります。

 何れにせよ、右翼がリベラルな価値を蔑ろにするというのは根も葉もない噂でして、それぞれがそれぞれなりに社会問題などにリベラルな視点で目を向けています。右翼には余りないのは「共通の関心」です。故にか、今時のように右翼の力の強い時代には価値や関心がばらばらの国民をその侭で治める強い指導力が重視され、国民の合意(コンセンサス)が出来にくいのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_18080681.gif
    ●時事通信(日本 東京)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-14 04:28 | 政治、社会 | Comments(0)
【追悼】辰濃和男 元朝日新聞記者 【英語訳】天声人語 朝日新聞 1983.5.19
辰濃 和男  たつのう かずお
元朝日新聞記者

a0313715_23241574.jpg

1930年に東京に生まれる。
東京商科大学、現一橋大学を卒業。
朝日新聞社においては主に社会部の記者を務め、編集委員と論説委員となる。
1975年より1988年まで朝日新聞の1面の日めくりコラム『天声人語』の執筆を担当。
退職の後は朝日カルチャーセンターの社長を務める。
2017年12月6日に老衰により逝去。

 私が『天声人語』の歴代で最も優れる筆者と仰ぎ見る、昭和を代表する新聞報道人。
 簡明且つ精緻、高潔な文体をなし、岩波新書の『文章の書き方』などの著書もある。
 私はその『文章の書き方』と『天声人語「人物編」』、『天声人語「自然編」』を所蔵。

 この記事ではその辰濃氏を悼み、その『天声人語』の1983年(昭和58年)5月19日の巻の英語訳をお送りします。

Heavenly Voices and Human Words
on The Rising Sun (Asahi Shimbun, Osaka, Japan)
on 19th May 1983

Having turned the pages of a New Zealand's magazine over gave a piece of photograph on my eyes, which is an advertisement of a gardening company, a picture had not any technical skill, just photographed some space of residential quarter in New Zealand casually, still, I thought it the one which could tell various things to me as a piece of picture▼First, so splendid is the air of some flowers bloomed overall. As that had an annotation that it is the Mr. someone's house who got to be the premier of a prize on a contest in gardening, indeed the whitey storied house had some admirable flowers surrounded there. No gate or outer wa0313715_23291827.jpgalls dignified, nor telegraph poles, walls of flowers neatly kept made a partition of the garden and a pavement. The flower walls of houses totally being the town's scene. Flowers of gardens may be either the one
of 'private' or even the one of 'public'▼An enviable, it is the pavements roomy. The width of pavements might have six metres. Two third of which is lawn, this either may be someone which Mr. someone's elaborated. On the skirt of the lawn had some flowers bloomed overall. The pavement is a greenbelt, a flower garden, a playing field, a meeting place for the people, even getting a comfortable strolling path▼Between carriage ways and residences had some opening spaces plenty and wide, it is something necessary. Even to see that spaces for vitalising with greenery or flowers, I think it indeed something necessary for the humaa0313715_23565707.jpgn life. The function of streets is not only the transport. Itself is the precious function to embrace wealthy opening spaces▼As it should be the unmatched business to argue parallel of the country has three million of people and this country, it might be necessary an idea of making streets had some opening spaces, at future urban redevelopment. How to make it out on the streets plenty opening spaces?▼'The White Paper on Utilization of the Lands' this time, sees a suggestion to promote making the street side multistory. However, for producing street side had opening spaces, it would be necessary some fundamental policies such as drastic policies to decrease the price of lands markedly or converting the policy since the incentive of self-owned houses to constructing of public rental residences. Further, no planing of utilisation of lands on the all streets side, the suggestion never signified.

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-13 23:31 | 追悼 | Comments(0)
【書を読む】古谷経衡 「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす
著:古谷経衡
刊:イースト新書(イーストプレス) 2017年12月15日
861円 ISBN978-4-7816-5095-1

 言及されている出来事の数々が新しい。10月の衆議院総選挙のことがもう書いてある。そんなに新しいことについて語る本を読むのは初めてである。
 貧乏にあるとどうしても新品の本を買って読むことが少なくて図書館の本を借りて読んだり古本を買って読むことが多くなる。そうなると本の情報と話題が旧くなる。

 今年の2月の『「意識高い系」の研究』に続く古谷経衡氏の新しい批評の本。

 目次を見ると52の項目と4つのコラムが。書き手も読み手も非常に意欲的で「さて」と楽しみになるが、2時間程で読み終えた感じは物足りないといわざるを得ない。前作までの緻密―?―な論評からすると、少し読み進めた処で本屋の覆紙に隠れる表紙の著者の名を今一度確認してしまった。どう見てもちゃんと古谷経衡と書いてある。本人の評論であることに間違いはなさそうである。

 おしなべて、対象とする読者層を低く見積もっている感じがある。
 性格やあり様は違えど、知識の水準は本書の主題である「道徳自警団」と同等を照準としている感じ。偏差値は50±5で、池上彰の番組を知的生活の中央広場としているような人々。本文の進行も池上彰にそっくり、「「道徳自警団」…というのがいるんですねー。」。また、所々の言い回しが落合信彦に似ている。
 道徳自警団に当て嵌まる人が本書を読む筈は殆どないので、古谷はそれと同等の知識水準や生活水準の人々が或る時に道徳自警団に化けることがないようにすることを考えて記したのであろうか?それとも水準を問わず道徳自警団やその類似のものに対し懸念や敵意を持つ人々の溜飲快哉を期して記したのであろうか?しかし総論は賛成で各論の大半は反対であり、溜飲快哉系の本や記事を読んだ時の違和感を禁じ得ない。

 古谷の結論は:道徳自警団は経済の停滞と共に生まれるものであり、経済成長があれば消散する。豊かになると人は他人のことには構っていられなくなるからである。

 答:×
 道徳自警団の増長は経済とは関わりがない。

 彼は道徳自警団は日本の経済が停滞し始めた'00年代から増長していると云うがそうではなかった昔からいる。数や存在感は殆ど変わらない。
 彼が'80年代や'90年代にはそんな風潮はなかったというのは当時は彼が子供であったから。というか、子供にもそれを知る人は少なくない――:「子供にも分かるでしょう。」ではない。――。
 彼は当時をビックリマンチョコのシール集めの話で語る。チョコを捨ててシールだけを取る――:「実を捨てて名を取る」?――ことや万引の達人がいたなどの話である。
 道徳自警団が'00年代以降に頓に話題と批判になっているのはネット(インターネット)が'00年代に普及を見て彼等のメッセージがネットを通して直接大量に多くの人の目に触れるようになっているから。一つのメッセージが数多くの人に同時に届く。昔はテレビ局などへの抗議などの例にしても個人に対するものにしても、個別であり、第三者の耳目に直接に触れることはなかった。テレビ局は悪質な抗議を受けてもその事実を公にすることはなく、その内容は当局においてのみ知られていた。今はそれをネットが盛り上がっていることを口実にしてテレビ番組で語ることができる。問題意識が形の良し悪しはともかく、広く共有されるようになっていることだけが昔との違いである。昔の道徳自警団の攻撃は個別非公開なのでその被害に遭う人は泣き寝入りをするか運が悪いと割り切るかしかなかった。今はそれを何とか解決することができるのではないかという望みが実際に可能か不可能かはともかく生まれているのでネットもテレビも話題にして本書も出るようになる訳である。

 アメリカのITバブルに始まるネットの普及は全体の好況とはいえないにせよ、独特の局地的経済成長をもたらしており、その経済成長が道徳自警団の可視化の背景となっている。しかしその数や質は昔と殆ど変わらない。

 寧ろ、経済成長は道徳自警団の側もその他も、可処分所得の増加が外食などの交際の機会を増すことにより道徳自警団に遭う可能性は高くなる。その意味では道徳自警団の増長と経済成長とは逆に関わりがあるともいえる。ネットではなく実地で、個別非公開の攻撃がなされる。'80年代は非公開ではありながら、しばしば耳目にしたものである。
 文句をつけたい道徳自警団は自らの経済力のない状況では殆どしない。「金も地位もない奴が偉そうなことを言うな。」などと云われることを懼れるからである。そこから、道徳自警団は発言の可能性や資格を経済力や地位に負うものと考えることが分かる。その発想は「高貴なる者の務め、la noblesse oblige」の流れを汲むものであり、古谷が道徳自警団は左派に多いというのも、その故である。
 彼等が文句をつけるのは自らに一応以上の経済力や地位がある、故に威張る態勢を張ることができるからであり、その対象となる者のそれらは問われない。立場が上の者にも下の者にも他人や子供でさえあればする。身内の大人には殆どしない。但し例外はあり、特に「切れた」時や共同体意識を損なわせるような人に対してはする場合がある。
 共同体意識とはいえども、現実具体的に共同体を構成しているのではない。所謂「想像の共同体」がそれに当たるかと思われる。抽象性の高い共同体的意識という点では意識高い系と重なるものはあり、古谷の道徳自警団と意識高い系は別物であり互いに関係が殆どないというのは誤りである。完全一致ではないが部分一致が多い。
 道徳自警団は意識高い系の一級か二級低いものといえる。
 意識高い系は贋リア充であるが道徳自警団は準意識高い系である。
 道徳自警団は意識高い系のようなパリピ的特色がなく、学歴もやや低い或いはかなり低い人が多い。意識高い系は東大にも慶應にも早稲田にも少なからずいるが道徳自警団は高学歴層には少ない。ものを言うための知識、何を言うためには何処の誰に言えばよいかを教育を通して比較的によく知っているからであると思われる。但し古谷はそこに触れると社会的禁忌とされてそれそのものが道徳自警団の攻撃の対象となりかねないと見て触れないのかもしれない。いわば下層恐怖である。

a0313715_17323594.jpg パリピ的特色がなくて学歴も低い、その負い目こそが道徳自警団のベースロード電源である。
 意識高い系もリア充と比べると同じ思いを持つがそれを他力または自力で――「自力または他力」ではない。――克服している。なのでその価値観や道徳観を道徳自警団と基本としては同じくするが公開であれ非公開であれそのような攻撃をすることはない。寧ろ意識高い系はSNSにおける参加他者の批判は禁物と思う向きが多い。参加者のだけではなく第三者の批判をも極力抑えようとする。例えば安倍政権の諸政策についても、妻の安倍昭恵が意識高い系の仲間であることもあってか、疑義を呈することはあっても攻撃的ではないし支持率が上がると疑義をも控える。
 しかし道徳自警団は負い目を自力でも他力でも克服したことがない。努力しないのではないが努力が報われたと思うことが余りない――その理由は努力の仕方や目的が初めから間違っているからである。――。その負い目と欠乏、不満を補うためには道徳の意識の高さを訴える。見えるものよりも見えないものを追い求め、いわば体力を遣わない精神主義である。よって道徳自警団は霊肉二元論または善悪二元論を思惟思想の基本とする。
 肉体は卑しいものである以上は服飾をも蔑む。衣服は体を覆い隠すものに過ぎず、その目的のためには中古の有名ブランドなどはとんでもない、あくまでも感性のない新品だけを買い求める――不採算の業者の救済または支援のためを兼ねることもある。――。その点も意識高い系との違いである。
 一着に数百円ないしは二千円位までの中古の有名ブランドを好む高学歴の貧乏者である私などは道徳自警団にとってはものを言う資格のない人間の典型のようなものであり、攻撃若しくは被害に遭い易い。
 
 景気が良くなると彼等が実地の交際や遊興に出ることも増えるので彼等を野に放つことになる。とはいえども経済成長や景気を望まない訳にもゆかない。
 故に古谷の提起するように経済成長が自ずと彼等を消散させるとは望めず、道徳自警団を力を以て滅ぼし或いは見逃すことになっても少なくとも避けることを考えなくてはならない。イスラム国と同じことである。意識高い系は先進国における彼等の裏の支援者である。故に日本の意識高い系などの左派もイスラム国の掃討を支持しない、報復は憎悪の連鎖を生むなどと言って野放しにしようとしている。

 そのためには彼等を話題にするだけで溜飲快哉を求めるのではなく、彼等に対する高圧的態度や巧い逃れ方を考える必要がある。いわば昔のオランダの本物の自警団のようになることが必要であるということでもある。権力は道徳自警団を罰してくれないので、人民がそれぞれ彼等を取り締まる自警団になるしかない。
 上手い逃れ方の最たるものは自らの身を彼等のいない世界へ移すことであるが経済力や柵(しがらみ)などの現実の制約があったりしてなかなか難しい。それなどは正に経済成長がその可能性を拡げることであろう。但し経済力だけでは実現せず、それに加えて人間関係の網を変えることが必要となる。それが不可能ならば高圧的態度を要する。どうしても貧しい人の程に恐い。

 また、道徳自警団を予め生まなくするような教育のあり方も重要である。
 おしなべて高学歴には少ない道徳自警団であるが、より低学歴の人々にもその恩恵が及ぶためには少なくとも公立学校を私立的にすることが必要であり、または、無駄な私立学校を潰すことが必要となる。そのためには若し憲法を改正し或いは解釈改憲をするならば公教育を国民の教育の本位と定めるのではなく公教育を私学に準じてその供給の不足を補うものと位置づける必要がある。私立学校は公立学校より贅沢なものなどではなく、私立学校こそが教育の基本である。
 人間は生まれながらにして平等なので負い目が存在する筈もない、そのような国の思想が道徳自警団を生む。安倍政権もその点は戦後民主主義そのものである。憲法を変えてもそこだけは絶対に変えないというような裏を濃厚に感じる。
 そのような思想が負い目の悪質な克服の試みを招く。公の次元においては国民は皆負い目がないことになっているのでその正当な克服の手立てもない。これは古谷も本書に語るが、正当な克服の手立てとは――本当の――民主主義であり、民主主義を洩れなく教え込む教育が必要である。「日本民主主義人民帝国」の樹立である。

 もう一つ、本書の誤りな各論は道徳自警団を中世の魔女狩りや奴隷制度に擬えてそれぞれを否定することである。
a0313715_17335644.jpg 先に道徳自警団を滅ぼし或いは逃れるためにはそれぞれ自らが本物の自警団になることが必要であると語ったが、魔女狩りもまた当時の道徳自警団を滅ぼすためのものであり魔女狩りが道徳自警団のようなものであったのではない。古谷は中世の歴史を「朝日新聞のように」捏造している。
 本書を発売の前に手に入れて読んだという舛添要一前東京都知事が自らのツイッターに言ったりもしているが、何等かの批判の動きを魔女狩りに擬えるのはその批判の正しいか誤りかを問わず、自説の言論による理解を求めようとはしない卑怯な人に多い。「魔女狩り」といえば何か分かるように思っているのである。舛添知事も、そんな卑怯な者である故に事実上の弾劾を見たのである。決して報道メディアや大衆世論の暴走によることではない。
 そもそも魔女狩りが何であるかを知る人は少ない。魔女狩りは「朝日新聞的」歴史の捏造や曲解により事実と本質が歪められて誤った理解が近現代人の歴史観となっている。現実には魔女狩りは正しくまた必要なものであったし、それが道徳自警団と同類視される謂れはない。
 道徳自警団は魔女であり、故に滅ぼし或いは少なくとも逃れなくてはならない。それを「魔女狩り」というのでは彼等が正しくて彼等に苦しめられる人々を悪とすることになる。
 奴隷制度もまた、制度である故に人権の蹂躙も正される余地が今より大きいものであった。使う側にも使われる側にも責任の自覚があった。そんなものはないことになっていて最低資本金1円の今は事実上の人権の蹂躙が正されない。また、云われている程の人権の蹂躙や非人道性もない。奴隷制度を否定する人々には何の正当性もない。奴隷制度は文明的なものであり、奴隷制度の否定は文明に非ざる野蛮である。

 ブリューゲルの『子供の遊戯』についての話も怪しい。
a0313715_17354670.jpg 古谷はそこに「広場で遊ぶ子供の顔は「小さな大人」として描かれている。」と解説するが、そこに描かれる人達が子供であるとは誰も云ってはいない。大人が子供じみたことをしている図であるかもしれず、というか、その方が宗教革命などを経て近代へ進む時代の歴史考証としてしっくりと来る。「そんなんじゃ餓鬼のお遊びだよ。」というのと同じこと、それをモチーフ及び題名にしているのである。但しそういうのを下らない大人、即ち小さな大人と呼ぶこともできる。
 彼は子供の保護の観念は近代に生まれたものというがそんな筈はなく、人類の始まりと共にある。寧ろ近代は公教育や世論、子供の世界などに任せるためにその観念を持たない親が多く、それを少しでも何とかするために国が法令を以て子供の保護を云い出した。よって子供の保護というものを殊更にいう人々はどんな綺麗ごとを述べ立てても国がそのように命ずるから従うということでしか子供を保護しない、子供そのものを何とも思っていない国家社会主義者である。

 そのように歴史を知らない、知る術にも事欠く人々の無知につけこみ或いは怠慢に迎合し、歴史を捻じ曲げることにより訴え掛けようとする古谷はその総論が如何に正しくても「やばいことに手を染めた」という感じであり、問題の本当の改善にはつながらない。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_18080681.gif
    ●時事通信(日本 東京)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-12 17:36 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(0)
最も正しい リベラルと保守;左翼と右翼の定義 その6 風俗編その2
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

 前回の『最も正しい リベラルと保守;左翼と右翼の定義 その5』では性風俗の話に始まり、成人雑誌や文芸についての左翼、革新、保守と右翼のそれぞれの大筋の見方を語りました。
 コンビニエンスストアに成人雑誌を置くことは表現の自由とは何の関係もない。
 性の表現の自由は性そのものの自由を狭め或いは失わせる虞がある。
 昨今の文芸は、左翼と保守が衰退して右翼と革新が主流となっている。

 今回はその他の風俗についてそれらの人々の違いを見ます。

 文芸、殊に音楽においては、右翼と革新が主流となっていることには一つの合理的理由が考えられます。
 それは価格の優位性です。

a0313715_00025629.jpg 勿論、衰退している左翼や保守の音楽人の作品と活動に懸ける熱意と努力の不足はないとはいえません。他が栄えることが自らの栄えない理由に即ちなる訳ではありません。
 但し昨今の日本市場や旧西側諸国の市場は完全競争状態にあります。完全競争市場とは或る売り手が市場を脱落することなしには価格延いては景況の上昇が起こらない経済の膠着の状態のことです。あらゆる物の価格が現状を維持し或いは漸減する傾向となります。
 しかし音楽作品は初めからそのような市場の構造をなしています。レコード、カセットテープ、コンパクトディスク、レーザーディスク、mp3ファイルなどの音楽ソフトウェアの価格は全て常に横並びです。すると著しく購買力の高い消費者を除き、多くの消費者においては一人当たりの音楽ソフトの購買可能数量は粗皆同じになります。どんなに良い音楽が豊富に生まれる時代でも買えるレコードの枚数は同じなので消費者はどのアーティストのものを買うことにするかを決めておかなければなりません。すると、どうしても固定ファンに支えられることが多くなり、様々な人々がとりあえず買って聴いておくことにより高く評価されるアーティストは少なくなります。
 購買可能数量の限界があるために、より多く消費者に訴える余地を作るためには買わずに聴ける機会を作らなければなりません。それが音楽作品をテレビの広告放送(CM)や番組の主題歌に用いる方法です。テレビ放送の試聴は無料なのであらゆる人が聴くことができます。尤も、好きな時に好きなだけ聴くことはできませんが心に残ることは確かです。そこで聴いた作品のアーティストのレコードを買うことに決めれば好きな時に好きなだけ聴くことができます。
a0313715_00062020.jpg 前回の『その5』の記事に'90年代の音楽界は多様ではあるが排除と蹴落としの傾向にあったと語りましたが、元々音楽市場はそのような完全競争市場の構造があります。それが当時は頓に著しくなっていたのです。'80年代以前は売れないアーティストは「負けは負け」と認識して排除や蹴落としに遭う前に退いていましたが'90年代になると「可能性に賭ける」みたいな思潮が強まったために往生際が悪くなって行ったのでしょう。

 '00年代以降はmp3の普及により音楽ソフトの単価が下がり、購買可能数量は増えていますが限界があることには違いはありません。しかし音楽ソフトの程に余地が少なくはなくてもあらゆる物には購買可能数量の限界があり、あらゆる物が完全競争市場になり得て現実に今はそうなっています。

 一般に価格の優位性といえば他と比べ安いことやコストパフォーマンスの高さがいわれますが、音楽ソフトにおいては横並び価格が基本な故にもう少し複雑です。
a0313715_00085430.jpg そこではあらゆる作品が同じ条件で並ぶことになります。するとそこで有利になるのは価格の高い昔は高い単価を出すだけの価値があると思えるもの、価格の低い今は「全体で求める満足/購買数量≒1点の満足」なのです。「>」を望まないのは勿論ですが「<」であってもいけないのです。その理由は「<」は全体の購買価格が釣り上る可能性があるからです。或る1点の音楽ソフトの満足度が期待する水準よりも高いとそのアーティストの作品を買い続けなければならなくなるので音楽ソフトに遣う予算が増す。それを防ぐためには付加価値と満足度の低い革新系や右翼系のアーティストの音楽が好まれる訳です。
 よって今時、'00~'10年代は固定ファンに支えられるアーティストは少なくなる傾向にあります。
 何も負け惜しみではなく、そのような売り方も一つの確立されたものとして存在します。それでも価値と満足がなさ過ぎれば何であれ売れることはない。

 音楽ソフトとはかなり違うのは食べ物、食品です。
a0313715_00113459.jpg 食品の販売単価は允に様々であり、安いものも高いものも、またその組み合わせは無限と思える程にあります。故に食品の購買可能数量は認識しにくく、数量ではなく購買可能費用で捉えるべきものです。同じ費用でもその内訳によるコストパフォーマンスの違いが大きくあります。
 近年にもやしが人気になっていることが新聞の経済面などの話題になり、先日にはもやしの利益率が限りなく0に近くなっていたり赤字になっていたりする事業者が増えていることが報じられました。報道が貧困層の頼みの綱などと云い余りにももてはやし過ぎたことが値上げをためらわせているのかもしれません。

 左翼、革新、保守と右翼はそれぞれ食べ物に関しどんな感覚や考え方を持つのでしょうか?
 食べ物は人民の生存権の確保のためには欠かせない重要な資源であり、政治思想によってもそれを見る目は違いそうです。

 左翼:伝統的に自民族に根づいている食べ物を食べるべし。
 革新(中道左派):安全と経済の許す限りでより豊かで高度な食べ物を食べるべし。
 保守(中道右派):資源の分配可能性に応じて適当な食べ物を食べるべし。
 右翼:各々の経済力に応じて豊かな食べ物を食べるべし。

 それらがそれぞれの食べ物に関し最も重視する事柄です。
 それぞれ他にも重視したり時に考えてみる事柄があります。

◯左翼:伝統的に自民族に根づいている食べ物を食べるべし。

 例えば左翼の考え方は一見は経済力を考えてはいないかのように見えますが左翼にとっても「経済力相応」は第二第三の位に重視する事柄です。しかし経済の土台を確立するためには初めから経済力を問うのではなく先ずは「これだけのものを常に食べたい。」と決める必要があり、左翼はその土台作りを最も重視します。経済格差は上へ開くことは幾らあってもよいが下へ開いてはならないというのが左翼の思想と政策の大前提であり、それが確立されて初めて経済が動いてそれぞれの経済力が出来る訳です。その指標となるのが自民族の伝統です。
 左翼というと革命ばかりが歴史的話題になり、恰も伝統の破壊を価値観としているかのように誤解されていますが革命は伝統の破壊を企図するものでも不可避に付随するものでもありません。

 『粗食のすすめ』などを著している料理評論家の幕内秀夫氏はそのような左翼の鑑のような食べ物観の人物といえます。
a0313715_00135047.jpg 「粗食」といって凡そ紹介されているのは家で少し手間を掛ければできる日本料理です。日本料理を推すと何故か今時は保守と見做されることが多くなっていますが、日本の左翼にとっては最も重視するのは日本料理です。正に生活と経済の土台といえるような素晴らしい粗食料理の数々を知ることができます。
 但し保守の私から見ると、ややナショナリズムの強い食べ物観と感じます。保守はナショナリズムを考慮するべき価値の一つと見做しますが自らは基本としてはナショナリズムには立ちません。幕内氏のナショナリズムからするとパスタも健康的ではない食べ物になります。尤も、御飯物の弁当にスパゲティーやマカロニが入っている――信じ難い…――日本の食糧事情は確かに健康的とはいえず、その点は条件付で支持するという感じです。
 もっとマスコミ的に身近な例では、TBSテレビの『サンデーモーニング』の常任解説者の張本勲氏もナショナリスト左翼といえます。幕内氏も張本氏も良い意味における国粋主義者です。

◯革新(中道左派):安全と経済の許す限りでより豊かで高度な食べ物を食べるべし。

 左翼と比べると一概に左寄りとはいえども、上昇志向を前面に出す考え方といえます。
a0313715_00164818.jpg 左翼もそれぞれの努力による経済的或いは社会的上昇を肯定しますがあくまでもそれぞれの自由と事情に応じてするべしと考えますが、革新は経済的社会的上昇を国民のいわば義務のようなものとして共通の価値とします。如何程の経済力を得ることが望ましいかや如何なる社会的地位に就くことが望ましいかを個人の適性を勘案しながら共通化します。よってその共通価値にそぐわない個人の願いは自由の建前から禁じられることはなくても、事実上は否認されます。そして上昇の義務を果たさない人を排除または隔離する手立てとしての社会保障と福祉を必要と考えます。
 食べ物に関しても、安全と経済の許す限りでそれぞれが食べるべきものを段階的に共通化します。但し経済格差の最小化を志向するため、食べ物の格差も著しく大きくはしません。大きな格差の存在は国民の合意(コンセンサス)を毀しまたはその形成を難しくすると考えるからです。

a0313715_00192505.jpg その共通価値延いては国民合意の形成を食べ物の見地から担うのが大手食品メーカーです。
 中小の食品メーカーを重要ではないと見做すのではありませんが価値や合意の形成の担い手とは認めず、あくまでも個人の趣味に応えるものと位置づけます。国民皆が常々食べるべきものは大手食品メーカーの製品なのです。
 故に、革新派がアベノミクスのトリクルダウン――:大企業の利益が中小企業の利益につながるという経済観――の考え方を批判する際に、そこには大手食品メーカーは批判の対象には入りません。そこで批判の対象となる大企業や大手企業はあくまでも食べられない物の一部に限られます。
 革新にとっては望ましい経済体制は独占資本主義が経済格差の縮小のために修正された形態であり、独占資本主義そのものを否定するのではありません。

a0313715_00211878.jpg 食品の安全に関しては、革新の内にも違いがあります。
 それを殊に重視する人達は食品の安全を守る観点からTPPに反対しました。
 食品の安全と人間の健康を望むことは良いことですが、TPPへの反対には日本の食品は無条件に外国の食品より安全である、外国の食べ物は汚くて危ないという偏見を隠し持っているように見えます。世界の食品の安全を高めよう、そのためには日本の技術力を世界に普及させようという発想にはならず、或る自由貿易協定への反対が先立つのでは信用し得ません。
 逆に、食品の安全を合法たることをしか追求しない、軽視する向きも革新にはあります。合法たるためには規制を緩和すればよい訳であり、革新派においてはおしなべて規制緩和を支持する思潮が強いのが現状です。

◯保守(中道右派):資源の分配可能性に応じて適当な食べ物を食べるべし。

 資源の分配可能性とは主には政治的分配のことではなく民間の生産及び経済活動による分配のことです。但し生産力や経済力の著しく低い地域がある場合には民間に任せずに政治的分配、即ち再分配を認めることがあります。従来の日本はそのような意味における再分配を殆ど行っていません。
 但しそこは左翼と同じく、下へ開く格差は否定しても上へ開く格差は肯定するので生産力や経済力の著しく高い地域のそれを低くすることによる格差の縮小を認めることはありません。
a0313715_00243355.jpg よって東京一極集中ということについても、保守は諸手を挙げて賛成することも反対することもありません。保守は東京の持つ権力や文化的影響力をなくそうとすることには賛成する向きがありますが生産力や経済力をなくそうとすることには反対します。余り大きな声では言えませんが、現職の小池百合子東京都知事のしていることやしたいとしていることは正にそれです。東京の著しく高い経済力は生かすべきであるし、生産力は高いとはいえないのが現状です。すると浮かび上がる東京の望ましい在り方は国際金融都市ということになります。

 民間の生産及び経済活動により、食べ物も各地に分配されます。
 それぞれの土地で手に入る物を食べる、勿論食べられる物だけをですが、それが保守の食べ物観です。
 土地で手に入るとは栽培や捕獲によるものや流通と販売によるものがあります。右翼は更に贈与によるものをそれに加えるかもしれません。しかし保守の経済観においては贈与は想定の範囲外です。因みに贈与のための流通機構として用いられるのは宅配便や郵送貨物便ですが、贈与を経済文化として重視する右翼と贈与を通しての社会的人間関係の維持を重視する革新には繁く利用されても保守は余り利用しません。よって保守の政治家は元々利益の供与や有権者への戸別の訪問を重視しないのですが右翼寄りと革新寄りの政治家が重視するので保守もそこそこ付き合っていたのが昔の自民党です。それが昨今は厳禁の風潮になっているのは革新派の中に社会的人間関係に乏しい人々が増えて来たことにより、彼等の孤立を防ぐためであると考えられます。それを保守も元々然程に意味があるとは思わないので良かろうとして了承したことが「旧い政治」の一掃の気運につながっているのです。
a0313715_00264332.jpg 流通と販売の機構の集中により、日本では東京が最も分配の多い地域となっています。人口一人あたりの分配高については最も多いかどうかは分かりませんが、分配された資源の選択の可能性が最も広いことは確かです。そのような地域においては自ずと実際に食べることのできる食べ物の種類も多くなります。
 今は流通機構の発達により東京などの大都市だけではなく多くの地域において選択可能性は広くなっています。よってそのような現実に鑑みると保守は左翼のように伝統的に自民族に根づいている食べ物だけを推すことはできないと考えます。しかしそれ以外を選ぶにしても、伝統的価値になるべく基づくように選ぶことが経済と生活の安定的維持または発展には重要であると考えます。但しその伝統的価値というものを革新のように国民的価値や合意の形成とその共通化によって示すべきものとはしません。逆に、全くの個人の好みによるべきものともしない。色々な観点を勘案しながら浮かび上がる答を大切にします――但しそれは一時に答を出すような「綜合的判断」ではありません。――。

◯右翼:各々の経済力に応じて豊かな食べ物を食べるべし。

 元々、食い道楽型の最も多いのは右翼です。
 弊ブログは『食通はならず者の最後の拠りどころ』と云いますが、それは『愛国心はならず者の最後の拠りどころ』というサミュエル ジョンソンという18世紀の英国の文学者の格言を文字ってのものです。
 御国自慢といえば粗必ず出て来るのはその土地の食べ物であり、食通と或る種の愛国心は相通じ或いは密接な関わりがあるといえそうです。
 しかし十把一絡げに食い道楽や食通といえども、右翼のそれは年季が入っていることが多いようです。
a0313715_00291318.jpg 先日に共同テレビ/フジテレビの『くいしん坊!万才』の司会をしていた村野武範氏が末期癌を治して久々に小さな公演を開いたことが報じられました。今の癌の治療の技術の進歩と普及の故でもありますが、年季が入っていると食べ過ぎや飲み過ぎから来る癌をも治せてしまうのでしょう。
 しかし私は治すということの前に、少しも癌になりたくはありません。私は少なくとも150年は生きるのが目標です。「150年相当」ではなく物理的に150年です。
 但し健康というものを意識するだけで健康になれるものでもありません。その意味では健康を度外視する右翼の食べ物観やその他の習慣や生き方は蔑むべきものではなく時には参考とするべきものでもあります。
 革新派で革新の消費者に主に支えられている大手食品メーカーが大手たり得るのも健康を度外視する右翼が気にせずに買い求めて使っているからでもあります。革新はそれを合法且つ健康的と思って食べますが右翼は仮令違法でも不健康でも旨ければよいと思って食べます。

 右翼の食べ物観は経済力本位です。
a0313715_00310408.jpg 貧乏者は麦を食い、豊かな者は米を食う。それを初めに言った人は右翼ではなく官僚上がりの保守本流ですが右翼にとってはそれが不磨の大典です。食べ物だけではなくあらゆる物事における選択と判断の基準です。
 弊ブログも幾度か言及していますが、今は麦の価格が米の価格の数倍もします。なので私などは貧乏者なのに麦を食う暮らしをしています。経済力にはやや不相応であるかもしれませんがそれが体に良いので食べているのです。
 右翼もそのような経済力対消費性向の一部の不比例を必ずしも認めないのではないでしょうが、基本としては右翼の経済力と消費性向は比例します。なので今時の金持ちな右翼は麦を食います。

 但し右翼の「経済力本位」には個人の努力の評価の意味合いはありません。
a0313715_00331117.jpg 努力しようとしなかろうと、経済力の違いは必然に生じる。よって右翼は経済力が高ければ努力する好人物で低ければ努力しないならず者であるというような人間の評価をしません。その点も保守としては参考とするべきものと思います。人間の評価はあくまでも人間そのものでしか見ない。但し右翼も保守もなるべく好人物を高い地位に就けたいと思う。それは革新がしばしば人間的に疑問の大きい人物を高い地位に就けていると思うからですが、右翼も保守もそのことを余り大きな声では批判しません。自分も人間的に疑問に思われているかもしれず、故に地位や経済力を逸することになりかねないからです。そのようなことを大きな声で批判する人は大抵は批判される人の仲間内であり、少々の批判をしても謝れば赦されるからしているのです。そんな時にも活躍するのが菓子折などの贈答品ですが、彼等の仲間ではない右翼がそれをしようとすれば料亭に誘う位のことを要します。しかし「奢り」は普通は上の者が下の者にするものなので右翼による料亭の接待は特殊でものものしいものとならざるを得ません。その席では「私が驕っておりました。」と平謝りです。左翼や保守にはそのような発想はないのでひたすら口を閉ざすのみです。

a0313715_00351105.png ――故に、右翼は『一杯のかけそば』のような話が普通に好きです。
 そのようなことになる国は良くない、そんなお話に感動してはいけないという人も少なくありませんが、そのような事実がどこかにある以上はその通りに描き出し或いは報ずることは作家やジャーナリストの義務であるといえます。私などの保守はそれが事実に基づくかどうかを厳正に見極めようとするのが先で感動している暇はなかなかないのが実感ですがそこで逐一見極めようとしなくてもそのようなことがあることを知っている人にとっては即ち感動するのでしょう。

a0313715_00371871.jpg しかし、近年の食い道楽や食通もの、或いは、そこまではゆかなくとも「食レポ」などの食べ物の話題を重視する風潮は右翼の「最後の拠りどころ」とはかなり異なるものといえます。
 昔の村野武範や辰巳琢郎などの時代の『くいしん坊!万才』にはまだ、ならず者の空気が漂っていて見れる番組でした。そういう世界があるのかと理解可能な雰囲気です。しかしそれも今は他の「食レポ」のような軽薄な空気のものになっています。寧ろ、そのような人並みの世界の「食レポ」やテレビCMなどに出ている人の方がならず者そのものという感じがします。愛国心が昔より身近なものになったからでしょうか。一億総中流が一億総ならず者になっている。

 お手軽な愛国心の普及に、今は右翼こそが最も心を痛めているのかもしれません、保守の私は「あーーー!!痛痛痛!!!!、人殺し!」という感じですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_18080681.gif
    ●時事通信(日本 東京)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-06 23:22 | 政治、社会 | Comments(0)
【書を読む】 ニュースでわかるヨーロッパ各国気質
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

ニュースでわかるヨーロッパ各国気質
著:片野優・須貝典子
刊:草思社
1944円 ISDN-9784794220288

a0313715_22221895.jpg ヨーロッパ事情についての本を読むのは二十年振り位となる。私はフランス文学科の卒なので高校生や大学生の頃はその手の本を色々と読んでいた。その頃の私の好きなヨーロッパの国はフランス文学の国フランスとその海の向こうのイギリス、地中海沿いに隣り合うイタリアである。
 それは今も大筋では変わらず、フランス、イギリスとイタリアの他に、アイルランドやデンマーク、カナダ、北朝鮮、台湾、マレーシアが加わっている。社会人になるとアジアへの目が開けて学生の頃までの程にヨーロッパ贔屓ではない。
 その理由は学生の頃から出会う外人にアジアや第三世界の人が多いことと政治経済における日本との関係の視点が加わったことである。殊に中国の経済発展が目覚ましい時代であり――幅があって年齢を曖昧にするには都合が好い史実――、日本を含む東南シナ海に沿う国々を無視することはできないという感じになった。その間に世界におけるヨーロッパの重要性はEUとユーロの発足を見てもめきめきと下がり、これという掴む話題に乏しいのがかの地の現況である。ニュースらしいニュースといえばギリシアなどの財政破綻とそれを見下して今時のヨーロッパの唯一の経済安定の国となっているメルケル政権のドイツだけ。フランスの大統領の存在感は幕下へ落ちようかという勢いにあるし、イギリスもオリンピックをつつがなく終えただけで新しいものを何も生み出していない。イタリアはギリシアの同類と見られている。

 読むと、安倍首相とか東日本大震災が出て来るのでかなり最近に出た本と分かる。
 学生の頃に戻ったような心持で、「安倍首相」と見ると、何か信じられないような感じがする。それに至るまでの時代の変化や私の生涯の変化、それそのものの良し悪しについてはさておき、単純にそのような昔は見たことのない語が出て来ることに眩暈がする。その昔に「安倍首相」といえば『安倍晋太郎が総理になったら』についての夢を語る一部の人達の話である。

 尤も、ヨーロッパの全ての国を一冊に網羅する事情本を見るのは初めてであり、二十年前には同じ形式のものを読んだことは実際にはない。しかし当時の心が甦って来るように感じられる、そんな心を呼び覚ます本なのである。
 しかも新しいのは当時はまだ少ないものであった、東ヨーロッパやロシアを含むヨーロッパについての本。故もあり、その分厚さと寝ながら読む時の重さも丁度好い。本文の書体がリュウミンではないのも嬉しい。リュウミンで書かれていると無条件に時勢に阿る下らない本という印象になる。

 しかし難もある。

 イタリア、フランスやスペインなどの南ヨーロッパの方面の国々についての話が野蛮日本人に永らく受ける「美食家」などのステレオタイプなものばかりであり、また、財政危機にあるイタリアやギリシアについては見下す、日本も財政危機にあるにもかかわらず。
 フランスやスペインについてもどちらかといえば見下し、理解不可能な国という論調に彩られる。取り分けフランスの労働者の「働かなさ」については「フランス人は一日に実質では三時間しか働かない」という他国の批判的ジョークに同調するかのように否定的に描く。
 そこにはフランス製品の品質の高さやそれでもフランス経済が大難なく持っている事実を見る視点がない。品質では今や――或いは昔から?――日本製品に優るともいえるし、それだけの品質と経済や生活の安定をフランス人の三倍も四倍も働いていながら生み出せない日本、残業をなくせとは云うけれど長期休暇(バカンス)を導入しろとは云わない日本人が何をいうのかと思う。折しも今の今、残業時間の上限についての法制化が話題になっているけれど、ぶっちゃけバカンスがあれば残業なんてどうでもよい、家族のためといって残業を控える人が家族に求められる存在になってはいないと云うよくわかっている日本人もいるが。三倍も四倍もの実働時間はそれ以上の在庫のリスクを生じているという単純な事実にも気づかない日本はやはりヨーロッパに劣る国であるといえる。

 片や、中北ヨーロッパについてはおしなべて肯定的である。昔の日本人のヨーロッパ観とは違うのはドイツの杓子定規な気質や冗談の通じにくい気質を否定的に見ないことである。勝てば官軍ということでもあるかもしれないが、もはや他人のことをいえない程に野蛮日本人もまたドイツ人的気質であることがうすうす明らかになってきたからであるかもしれない。ドイツ人の気質については昔のような悪い話もあるがもう少し踏み込み、理解し易い説明になっている。
 そのような中北ヨーロッパ贔屓の論調は著者の須貝氏が弊ブログが日本のスウェーデンと位置づける新潟県の出身であることからのものであると思われる。人間はやはり自分の出身地と相通ずる或いは似ている土地柄を贔屓にする。かつては越後の独立の論もあったといい、若しそうなっていれば今の新潟県は本当にスウェーデンのような国になっていたかもしれない。
a0313715_23414992.jpg そのような感性から見ると、スペイン、フランス、イタリアやギリシアなどの地中海方面はどうしても偏見を隠し切れない対象になる。土地柄は嫌いであるけれど着物と食べ物だけは羨ましい、羨望と軽蔑の相半ばする見方、故に何十年経っても同じような話題の振り方になってしまう。それとセットで「イギリス料理は不味い。」。
 フランス料理もイタリア料理もその基本はイギリス料理にある。全ての皿は英国に通ず。「イギリス料理は不味い。」という感覚ではフランス料理をもイタリア料理をも本当には分からない。そのような見方に立つヨーロッパ事情の本やヨーロッパ論をも読みたいものである。

 因みに私は昼食にワインを飲むことはないが朝食にワインを飲むことはよくある。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_18135641.jpg
    ●AFP(フランス パリ)
a0313715_20290187.png
    ●ル フィガロ(フランス パリ)
a0313715_16210877.png
    ●フランクフルター アルゲマイネ(ドイツ フランクフルト アム マイン)
a0313715_18035419.jpg
    ●共同通信(日本 東京)
a0313715_20324653.png
    ●朝日新聞(日本 大阪)
a0313715_20351165.gif
    ●日本経済新聞(日本 東京)
a0313715_20365208.png
    ●ボストングローブ(アメリカ マサチューセッツ州ボストン)
a0313715_20390867.png
    ●タンパベイ タイムズ(アメリカ フロリダ州タンパ)
a0313715_20405274.png
    ●グローブ アンド メール(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_18190235.jpg
    ●ロイター(イギリス 英国 ロンドン)  
a0313715_14522563.png
    ●ザ テレグラフ(イギリス 英国 ロンドン ウェストミンスター)
a0313715_20590106.png
    ●ジ インディペンデント(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-05 23:49 | 芸術(音楽、文学など) | Comments(0)
【ちょっと知りたいキリスト教】ジャーナリストが失業することは良いことか?――人間の罪について
賊軍を官軍の勝ち組クラブに入れる
賊軍戦没者の靖国神社の合祀に 絶対反対

都合の悪い歴史を覆い隠す
A級戦犯の分祀に 絶対反対

皆様の力で阻止しましょう!

a0313715_18415816.jpg ロバート キャパという20世紀の世界大戦の時代を生きたハンガリーの戦場カメラマンが「私の願いは私が失業することだ。」と語ったことがあるという。弊ブログのフォローブログ『旧民主党支持者の、立憲民主党応援ブログです!!』が最近の記事に言及している。
 キャパ氏は逝去した1954年に日本を毎日新聞社の招待により訪れている。
 キャパ氏の撮る写真が載ってはいないが私は20世紀末に毎日新聞社の発行の『20世紀の記憶』のシリーズ本を何冊か買って読んだ。20世紀を報道写真等と共に「振り返る」ものであり、取り分け戦中戦後の巻は見応えがある。その本を通して初めて知ったことも多い。
 報道カメラマンはジャーナリストに随行することが多くてジャーナリズムの一部を構成するのでここでは報道カメラマンをもジャーナリストと呼ぶ。
 
 「私の願いは私が失業することだ。」――つまり、ジャーナリストが失業することは良いことなのであろうか?
 果ては、ジャーナリストという職業がなくなることは良いことなのであろうか?
 キャパ氏のその言葉はそんな素朴な疑問を呈する。
 その言葉はジャーナリストが要らなくなる世の中が望ましい、即ちジャーナリズムの主な題材である戦争や政治の悪、社会の悪、個人の罪……そのようなものがなくなることが望ましいということであるが、そのようなことがあり得るのかという問いが浮かび上がる。
 因みに、「御免で済むなら警察は要らない。」という言葉とは意味が違う。その言葉は悪いことが「御免」と言えば済む故に警察の要らない世の中を想定するものであり、悪いことがなくなることを想定するキャパ氏の言葉とは根本が違う。

 先ずは私、弊ブログの常々言っていることから見ると、世の悪いことは人々がそれがない世の中というものを想像することができず、人が想像することのできないことは決して実現しない故に世の中の悪いことは決してなくならない。それが良いのか悪いのかについては何とも言いようがない。まだ存在していない未来を良いとも悪いともいうことはできない。人は只、現在までに存在している物事を良いか悪いかいうことができるだけである。

 つまり、キャパ氏の願いは実現しない訳であるがそれは良くないことであるとはいえない。
 尤も、キャパ氏はジャーナリズムが需要に応える供給ではなく、供給が需要を作り出す近現代の状況を批判してそのように語るのかもしれない。軍事兵器にもその供給が需要を作り出している例があるし、昨今の日本における感動ポルノと呼ばれる社会ドキュメンタリーもその一つであろう。何等かの必要や欲望の満足のためにではなく、身や技を見せびらかすための商売、ジャーナリズムもまたしばしばその陥穽に嵌まっている。
 ジャーナリズムが自らの存在を顕示するためではなければ、人間の罪はなくなるものではない以上はジャーナリストが失業することは望ましくはないのである。

a0313715_18492671.jpg キャパ氏の出身のハンガリーの宗教はカトリック教会が六割、カルヴァン派が二割にその他と、キリスト教が殆どを占める。
 キリスト教もまた人間の罪はなくならないといい、キャパ氏の言葉はキリスト教がヨーロッパ世界において相対化されて来ていた20世紀の前半の時代の思潮を反映するかのようである。ハンガリーは彼の晩年に共産化が興り、ハンガリー人民共和国という共産主義国家になったためにキリスト教の存在意義は更に下がった。
 それでもヨーロッパ人の多くが人間の罪を題材とするジャーナリズムの存在意義を疑わない中、ジャーナリズムを相対化するかのようなキャパ氏の見方は新しい思潮を物語るものといえる。脱宗教と脱ジャーナリズムが人間の世界を幸福にするという。
 その流れに棹差すかのように見えて水を差したのはイギリスのロックバンドビートルズのジョン レノン、「わしはキリストよりも有名よ!」と'60年代に語り、'70年代には「天国がないと想う」と歌う。――一見はキャパ氏の時代を受け継ぐかのような印象であるが実はその逆を、人間の罪は決してなくならないということを語りまたは歌っていた。キリスト教のものの見方をキリストと呼ばれるイエスよりも分かり易く伝えたので、自らをキリストよりも有名なりと云うのは尤もなことである。

 何故キリスト教は人間の罪は決してなくならないというのか?

 そのことは旧約聖書の創世記の初めに記されているとされるが、先ずはその解釈が難しくて書そのものの由来も一つのものではなく二つの別の書物の併合されたものであるといい、その決定的理由を探り出すことはなかなかできない。
 キリスト教においてしばしばなされるその説明は「人が神に背いたことが罪の初めである。」という。
 しかし神の存在を信じない人にはその説明は何も訴えんじゅうろうである。ないものに背くことはできないからである。
 先日にフランシスコローマ司教が偽善的キリスト者よりは無神論者がましであると語ったと報じられている。珍しく真面なことを言う、彼がローマ司教になってから初めて正しいことを語った言葉である。それは一般論からしてもキリスト教の観点からしても正しい。但し偽善的キリスト者というものがどんなものであるかは人それぞれに見方が違い、本当は偽善ではないものが偽善と見られることもあるのでその手の言葉はキリスト教に対する嫌悪や迫害を招いて自らの首を絞めることになりかねない危うさがある。尤も、そこでは自らがキリスト教の者である故にキリスト者について言ったまでであり、それをあらゆる宗教に読み替えることもできる普遍性はある。

 そのカトリック教会は元々、神の存在を認めない無神論者にも分かるような「罪」の概念がある。キリスト教においてそれと同じものがあるのは罪の告白をして赦しを得る秘跡――:キリスト教の枢要をなす七つの礼典――のあるギリシア正教会と聖公会だけであり、プロテスタントとも呼ばれる諸派にはない。諸派は「人が神に背いたことが罪の初めである。」ということをしか云わない。キリスト教にはキリスト者ではない人々のことについては分からないので干渉しないという考え方の徹底の故でもある。キリスト教はキリスト教にとっての罪のことだけを思えばよいというのである。故に諸派のキリスト者にとってはイスラム国などのようなイスラム過激派のしていることは「罪」ではなく「迷惑」として斥ける対象でしかない。自分達への迷惑を「悪の枢軸」とするのが昨今のキリスト教諸派圏の思潮である。
 旧教と総称されるカトリック、ギリシア正教と聖公会もまた「人が神に背いたことが罪の初めである。」とはいうが「キリスト教はキリスト教にとっての罪のことだけを思えばよい」という考え方はない。宗教を問わず問うべき人間の罪というものはあると見る。
 キリスト旧教における罪の概念は「人が自ら罪と思うことが罪である。」というものである。どんなことであれ、悪いと思えば悪い、悪くないと思えば悪くない、至って単純な原理である。
 そこには罪は人が作り出すものであり神が作り出すものではないという前提がある。何か罪という実体があって神がそれを作り出したのではない。人が罪を作り出すことができるのは神が人を自由な意思と責任のあるものとして造ったからである。自由の行使が罪を生むことがあるという。しかし神はそれでも人の自由を剥奪せずに罪を生みながらも自由を持ち続けることを望むことにした。故に世の中に悪いことがあり続けるのは神の望みからなっていることなので決してなくなることはないという。
 罪は実体をなすものではない以上は全てのものが実体として善となりまたはあり続けることができるといい、それを保証するものが洗礼の秘跡を一とする七つの秘跡であるとされる。それがないと保証されはしないが自らが善となりまたはあり続ける意思があればそれが可能であるという。

a0313715_18525427.jpg 罪は実体をなすものではないという見方は「罪を憎みて人を憎まず」とは全く異なるものであるといえる。
 「罪を憎みて人を憎まず」は罪を実体と見做すことが前提である。実体のないものを憎むことはできない。罪を幾ら憎んでも罪は何の反応を示しもしない。
 世の中には善なる実体と悪なる実体が存在してそれらが互いに戦うものであるという見方から出た観念が「罪を憎みて人を憎まず」である。そのような見方を善悪二元論といい、キリスト教はそのような見方には立たない。
 善悪二元論からすると、人の悪を救い善を勧めるためには実体としての悪を離れさせて善の側へ迎え入れるということになる。善の側とはしばしば、というか粗必ず、自分達の側であるというのが認識である。
 尤も、キリスト教には或る悪い物事に対する緊急避難ということでの「悪を離れさせる」という考え方はある。但しそれもその悪い物事を実体としてではなく実態、即ち特殊な状況としか見ない。故に或る戦争を特殊な状況として否定することはあり得ても戦争そのものを否定することはキリスト教にはない。

 ジャーナリズムも、或る日に或る所で起こっている特殊な状況を特殊な状況として見て伝えることが目的のものである。決して実体として存在し続ける悪を「相変わらずですね。」と云うためのものではない。
 そのような目的に日本のジャーナリスト等が適うようになることは可能であるだけではなく本来は向いている。
a0313715_18544111.jpg 日本の伝統宗教である神道はキリスト教の「神に造られたものは全て善である。」という信仰ととても近いものがある。少なくとも神社の佇まいには徹頭徹尾、善をしか感じない。そこで人が自由な意思と責任を新たにして世に漕ぎ出す。
 また、仏教はそもそも善悪を問わない信仰である故に、善悪二元論はない。仏教にとっての善悪とは人それぞれの生から出る煩悩に由来するものであり、仏は煩悩を解き放つ。その信仰は或る一方を善とも悪とも決めつけず或いは双方の善悪の何れをも問う公正中立や不偏不党に資し得る。
a0313715_18571870.jpg ジャーナリズムは決してキリスト教圏という特殊な世界に生まれただけの特殊な存在であって他がキリスト教圏の価値観に屈服や忖度を強いられることによってしか普及しないものではない。
 しかし日本のジャーナリズムにはしばしばそのような海の向こうへの屈服や忖度の念があるので、この陸における屈服や忖度をどうすることをもできずにいる。「今度の件」も実体として歴史的に存在する悪の派生なのでどうにもならない、詮めるしかないであろうとなる。物事を追及をする側の程にそのような傾向が強い。

 善悪二元論は日本だけではなく、歴史を権力闘争を主眼として見る歴史観を持つ国に普及し易い概念である。
 権力闘争はどの国や地域にもあるが、それが歴史を巡る関心事の最も大きなものとなると闘争し合う者やそれを支持し或いは抵抗する人々を善の側と悪の側に分けて見ることになり易い。
 権力には様々な固有性があり、何が権力というものであるかは一概にはいえない筈であるが、権力闘争史観からは権力はいつでも同じの実体であるかのように見える。それを奪る者とそれを支持する人々が勝ち組であり他は負け組であるという世相の認識もそこから生まれる。
 古くはアフリカのとんでもなく黒い地域など、植民地支配の虞に晒される地域に善悪二元論が信じられていた所が多い。日本も同じような理由がその一因であろうが、昔のものではなく今も信じられ続けているのは珍しい。例えば
安倍自民党 対 野党 というのもその一つであり、政治論がさようにも野蛮なものとなった時代は当の日本にも今までにはなかった。

 キリスト教におけるいわば最終解脱(マハーヤーナ)とは世の罪に思いを致して祈り続けることであり、思いを致すものがなくなればキリスト教の徳もなくなってしまう。
 しかし罪を作り出したり擁護してはならない。
 ――「じゃあどうしろというんだ?」と思うならば善と悪を固定的実体と見做して善の側への到達と加入を目指す二元論的発想の影響が強いということである。

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック投票

a0313715_15074081.png●weathernews 地震情報



■NEWS of the WORLD


a0313715_19444519.png
    ●ル モンド(フランス パリ)
a0313715_1946890.png
    ●リベラシオン(フランス パリ)
a0313715_18080681.gif
    ●時事通信(日本 東京)
a0313715_19485112.png
    ●読売新聞(日本 東京)
a0313715_19504029.png
    ●毎日新聞(日本 東京)
a0313715_201454.jpg
    ●ザ シアトルタイムズ(アメリカ ワシントン州シアトル)
a0313715_19541757.png
    ●ザ トロントスター(カナダ オンタリオ州トロント)
a0313715_19555015.png
    ●ザ ガーディアン(イギリス 英国 ロンドン)
[PR]
by keitan020211 | 2017-12-05 18:58 | ちょっと知りたいキリスト教 | Comments(0)



keitanこと渓香が政治、社会、文明論、生活などについて語るブログ
by keitan020211
カテゴリ
全体
お知らせ
政治、社会
文明論
生活
Freesia料理
芸術(音楽、文学など)
ちょっと知りたいキリスト教
追悼
非公開の記事:~2018年6月
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
My Tweets (2 of the accounts)
フォロー中のブログ
プラハなchihua**hua
日本がアブナイ!
A Lake Mirror
ひつじのお散歩
楽なログ
+deja+
* Colorful W...
Lovely-Jubbl...
HANA*HANA
*Photo Garden*
Berry's Bird
Sora*Koto
Night Flight...
BARON MAMA*S
Yuruyuru Pho...
Roaming people
ひつじのお散歩2
外部リンク
ファン
ブログジャンル
検索
最新の記事
インスタ映えは意識高い系では..
at 2018-08-07 13:36
【Freesia料理】わさび..
at 2018-07-29 11:25
日本の夏には半袖は合わない―..
at 2018-07-22 05:08
洗濯は こまめ か 溜める ..
at 2018-07-21 13:23
【Freesia料理】焙茶の..
at 2018-07-21 11:55
【Freesia健康と美容】..
at 2018-07-14 20:41
【Freesia料理】辛い韮..
at 2018-07-07 15:40
【Freesia料理】夏の湯..
at 2018-07-07 15:31
【Freesia料理】夏の湯..
at 2018-07-07 15:31
【Freesia作法】食事の..
at 2018-06-30 21:11
【弊ブログ5周年】ブログをリ..
at 2018-06-27 20:04
【Freesia料理】蝦(え..
at 2018-06-27 11:37
【Freesia料理】辣油を..
at 2018-06-13 13:02
2018年上半期 南多摩地域..
at 2018-06-05 17:29
【Freesia料理】辣油を..
at 2018-06-05 13:15
東急田園都市線を撮る 長津田..
at 2018-05-23 16:56
京王と小田急 吊り手につかま..
at 2018-05-15 18:18
【Freesia料理】英国風炒飯
at 2018-05-10 14:48
【ちょっと知りたいキリスト教..
at 2018-05-09 03:15
【Freesia料理】レバー..
at 2018-05-06 15:05
最新のコメント
文化という名の非合理主義..
by たま at 21:16
元号のために様々な莫大な..
by 1 at 21:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:49
山本七平の「空気の研究」..
by コッホ at 10:15
花王のHP見ても、ミュー..
by ミューズ at 12:03
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 13:04
宮崎哲弥が明確に左とかあ..
by あえ at 17:15
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:37
ミューズって花王なんです..
by とくとく at 18:56
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 15:21
おー、ちょっとビックリ!..
by コッホ at 10:09
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 12:20
なるほど! なるほど!..
by コッホ at 11:34
コメントをいただきありが..
by keitan020211 at 16:38
わたしは英語が出来ません..
by コッホ at 10:21
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 11:49
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 19:23
あはははは。その小賢しさ..
by ぱよぱよち~ん at 21:27
コメントをいただき有難う..
by keitan020211 at 12:12
安倍自民は保守の欠片..
by blue at 23:50
最新のトラックバック
ニューヨーク在住で超富豪..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
EU諸国中英国への投資残..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
庶民の通信手段の力に気づ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
無理やり解決をつけた従軍..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
巧妙なNHKの大本営擁護..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
山本太郎議員の単刀直入質..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
今回の統一地方選は投票し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
記事ランキング